「元カレとよりを戻したいけど、なにをすれば良いか分からない」

いろいろな復縁コラムを読んでもイマイチ参考になるものがなくて悩んでいませんか?

まっさらな状態の恋愛よりも、お互いの気持ちが複雑に絡み合った関係は、修復をするのも一筋縄ではいきません。

二人にあてはまる復縁プロセスが見つからず「もう無理かも」と諦めかけている方のために、この記事では「どんな状況でも100%復縁が成功する方法【冷却期間を取って沈黙→きっかけ作り→告白】」をお教えしたいと思います。

まずはじめに、復縁をするためには知っておかなければいけない、別れたあとの男性心理と有効な冷却期間の取り方をお話ししていきます。

次のステップとして、どんなシチュエーションでも活用できるLINEやメールを活用して元彼とデートをするまでの関係になる方法、告白の前にしておきたい準備を詳しく解説します。

そして最終段階では、あなたの「よりを戻したい」という想いが必ず彼に届く告白の仕方も紹介しているので、絶対に復縁を成功させたいと考えている方は、ぜひ最後まで目を通してみてください。

本日のメニューはこちら

復縁を100%成功させたいなら知るべき!別れた元彼の心理

「すぐに恋人へは戻れない」と思っている


恋人と別れたばかりの男性に復縁を求めても「すぐに恋人へは戻れない」と拒絶をされてしまうので、気を付けましょう。

この感情は一時的なモノなので、絶対に復縁ができないと思っていたり、あなたを嫌いになったわけでもありません。

ただ、失恋直後の男性は元カノに対して嫌悪感を感じやすく、心のざわつきが収まるまでは連絡を絶ったり、距離を置きたいと考えている人が大多数です。

無理に干渉をせず彼の気持ちが落ち着くときを待てば、連絡を返してくれるようにもなりますし、別れたときほど復縁への抵抗もなくなっているはずです。

しかし、男女では気持ちのサイクルがまったく違うため、元カレがこの感情にたどり着くまでには数ヶ月かかることもあります。

復縁が叶えられない女性は、男性がナーバスになっている時期に猛アタックをしてしまい、相手から嫌われてしまうという失敗がとても多いです。

別れてからすぐにアプローチを開始すると、される側は「本当にしつこい」と壁を作ってしまうので、無理に心の扉をこじ開けようとすることだけはしないでください。

この「男性が冷静になるまでの時間=冷却期間」ということを頭に入れておきましょう。

別れを告げている側にも多少の未練はある


恋人と別れたばかりの男性は、自分から別れを告げていても多かれ少なかれ未練を感じています。

順風満帆には行かずとも一度は好きになった相手なので、すべてを嫌いになるということは絶対にありえません。

表面上は別れるという選択をしていますが「本当は好きなところもたくさんある」と、未練を心に秘めている男性は多いのです。

なので「振られた側だから復縁を切り出せない」とマイナス思考になりすぎず、「好きになってくれたことはあるんだから大丈夫!」とポジティブに捉えるようにしましょう。

しかし、それだけをピックアップしすぎて「どうせわたしのことを嫌いになれないんでしょ?」と強気になってしまうのは違います。

たしかに心の底から嫌いにはならないかもしれませんが、付き合い続けられないほど「好きなところ」より「嫌いなところ」が勝ってしまっているのは事実です。

自分の欠点を棚に上げるような女性とは誰も付き合いたいとは思えないので、ポジティブさを隠すつつましい気持ちは必要です。

あなたを嫌いになれない彼の気持ちを利用するのではなく、心から「彼女とよりを戻したい」と思ってもらえるように頑張りましょう。

他の女性を見てみたいと思っている


恋人と別れたばかりの男性は、元カノとは距離を置き、他の女性を見てみたいと思っています。

理由は「久しぶりの独り身を満喫したい」「しばらくは遊びたい」と遊び半分かもしれませんし、「次の彼女とは結婚をしたい」「もう失敗はしたくない」と真面目に恋愛をしようとしている場合もあるので、一丸には説明できません。

また、そもそも彼女との別れの原因が「もっと他の女性を見てみたい」と、結婚へのスタンスが慎重になっていることもあるでしょう。

しかし、彼女に対して「もっといろんな女性と恋愛をしたい」と言うのはあまりにも失礼なので、本当の理由は話さず、なんとなく別れの理由をごまかしている男性も中にはいます。

もし、元彼が真剣に破局の理由を話してくれないのであれば、浮ついた気持ちがあるのかもしれません。

「彼が新しい出会いを求めているかもしれない」と聞くと、復縁をしたい側は焦ってしまいますが、「もっと良い相手がいるかも」と新しい出会いを求めている人ほど、良い人と出会えないことが多いので安心をしてください。

むしろ、歳を重ねると理想が高くなってしまったり、「前の彼女よりもレベルが高い女性と付き合いたい」という気持ちから、独身をこじらせてしまう男性も少なくありません。

「やっぱり彼女が一番だった」と別れたことを後悔する人もたくさんいるので、元カレが浮ついているからと落ち込んだり、それを阻止しようと無理に気を引かせるのは嫌われる原因になるのでやめましょう。

「絶対に連絡をとりたくない」とは思っていない


恋人と別ればかりの男性は「もう絶対に連絡はとりたくない」とは思っていません。

別れた直後はレスポンスが遅かったり、冷たい態度をとられてしまうこともあるとは思います。

しかし、元カノを嫌いになったからそっけなくしているのではなく「感情の波が激しいから連絡はとりたくない」という本音と「彼女のことは傷つけたくない」という優しさを上手く表現できず、突き放すようにしてしまったり、LINEを無視してしまうのです。

「今は(感情的になっているから)連絡をとりたくない」と思っているだけなので、冷却期間をしっかりと作ることができれば、レスポンスを返してくれるようになります。

よそよそしい元彼の態度を見ると「もう連絡はしない方が良いんだ」と思ってしまうかもしれませんが、単純に二人の波長が合っていないだけなので落ち込まなくても大丈夫です。

ただ、男性特有の複雑な心理を理解できていないと無神経にLINEを追撃してしまったり、一方的に気持ちを押し付けてしまう人が稀にいるので、常に自分の行動を見直すことを意識するようにしましょう。

まずは沈黙。復縁に繋がる冷却期間の取り方

SNSで元彼を挑発するようなことは言わない


せっかく設けた冷却期間を無駄にせず復縁をするためには、SNSで元彼を挑発するような発言はしないようにしましょう。

復縁願望のある女性が犯してしまいがちなのが、彼と連絡をとれない期間中「SNSで失言をしてしまう」という行動です。

たとえば「独り身最高!(あなたがいなくても平気なのよ)」と遠回しに彼を煽るような投稿をしたり、元カレを批判するような発言をしたりと、TwitterやInstagramを楽しむ以外のツールとして使うのは避けたいところです。

破局後しばらくの間は、お互いが相手の身振り手振り一つ一つに敏感になっているので、どんなにささいな投稿でも自分を意識している様子が垣間見えれば絶対に匂いを嗅ぎつけます。

あなたが何の気なしに書いたことでも「もしかして俺への嫌味?」と過剰に反応をしてしまったりするため、まったく彼に関係がない投稿でも「勘違いをさせないか」を想像するようにしてください。

もちろん心の狭い男性ばかりではありませんが、元彼が疑い深いタイプかもしれないと考慮をして二人の関係が安定しない間は、SNSを使用するのは控えた方が良いかもしれません。

また、共通の知り合いが多い場合は第三者に「あのカップルがSNSで喧嘩をしている」と変な噂を流されてしまったり、彼と仲が良い人物から「元カノが悪口を書いていたよ」と告げ口をされてしまう可能性もあります。

火のないところに煙は立たないと言いますが、今の時代は火がないところにも煙が立ってしまいます。

「元彼との関係をダメにするリスクを抱えてまで、この発言をする必要があるのか」をその都度しっかりと考えて、気持ち良くSNSを使うようにしましょう。

成長した姿をいつでも見せられるようにしておく


せっかく設けた冷却期間を無駄にせず復縁をしたいのであれば、いつなにがあっても良いように成長した姿を見せる準備をしておきましょう。

一度別れてしまうと「好きな気持ち」だけを抱いていても復縁をすることはできません。

付き合うのがはじめてのカップルであれば通用しますが、よりを戻すとなると「好きな気持ち」をもっと具体的に示さなければいけないのです。

たとえば「別れの原因を解消してストレスなく交際が続けられる環境を整える」だったり「自分磨きを頑張って彼が自慢をしたい彼女になる」ということです。

とくに性格や価値観のような内面に関しては、一日や二日で急速に成長させられるものではありません。

まずは「理想の自分」や「理想の関係」をイメージして目標に近づくための方法を考えたり、二人が別れに至った経緯や原因を分析してみましょう。

分析をしたことで自分の欠点に気づくことや、問題点を見つけて落ち込むことがあると思います。

しかし、それは決して悪いことではありません。

ダメなポイントに気がついたということをポジティブに変換すると、改善をすれば彼との交際が上手くいく確率が上がるということです。

失恋の直後で少しツラいかもしれませんが、自分磨きをする時間を作ったり、いろいろな人に会って視野を広げてみたり、あなたが思いつく限りの努力をしてみてください。

元彼と会わない時間を上手に活用して、いつでもアプローチを開始できる準備をしておけば心にも余裕が生まれて、より魅力的な女性に見えるはずです。

また、彼のことを想って努力をしたということが伝われば、相手は確実に心を動かされます。

好きな人のために変わろうとする気持ちは、最大限の「好きな気持ち」を表現する方法だからです。

成長をするのはとても大変なことですが、ここで挫けず踏ん張れば元カレとの復縁まであと一歩なので、明るい未来を想像しながら頑張りましょう。

逆に「連絡をとりたい」と思ってもらえるように仕向ける


せっかく設けた冷却期間を無駄にせず復縁に繋げるためには、元彼から「連絡をとりたい」という気持ちを引き出すのも一つの方法です。

別れを告げた側よりも弱い立場の別れを告げられた側は「どうすれば連絡を返してもらえるか」と、どうしても相手の顔色を伺ってしまいます。

たしかに今は不利な状況かもしれませんが、冷却期間を上手く利用すれば、あなたと彼の立場を逆転できるかもしれません。

いろいろな性格の男性がいるので「絶対に連絡がもらえる」とは言い切れないのですが、情に弱いタイプの男性と執着しやすいタイプの男性は、かなり誘導がしやすい性質だと言えるでしょう。

たとえば元彼が情に弱いタイプなのであれば、繋がっているSNSで何気なく弱音を吐いてみたり、共通の友達から「落ち込んでいたよ」と吹聴をしてもらったり、遠回しに彼の気を引くような状況を作ってみます。

自分の意向よりも他人の気持ちを優先してしまう優しい性格の彼は、ツラそうにしている元彼女を見放すことができず、連絡をしてしまうのです。

別パターンの執着しやすいタイプの元彼は、SNSや共通の知り合いの力を借りて「元カノがすごい良い女になっている」という風の噂を彼の耳に入れてみます。

すると自分の欲求を優先しがちな性格の彼は「どれだけ素敵な女性になっているんだろう」という興味を抑えきれず、元カノに連絡をしてしまうのです。

このように相手の性格と性質をコントロールすれば、最終的には元カレから「復縁をしたい」と言わせることもできます。

しかし、執着心が強い男性には、情で誘い出す作戦は効きません。

逆に、情に弱い男性には、執着心を引き出す作戦はあまり効果がないでしょう。

なぜかというと、執着型の男性は己のしあわせが優先なので、元カノを心配することに生産性やメリットがなければ「気にかけても無駄」と心を動かされないからです。

情にもろい型の男性は己のしあわせよりも他人のしあわせが優先なので、魅力的になった元恋人を見ても「今度は絶対にしあわせになってね」と復縁を頭によぎらせることがないのです。

彼がどちらのタイプなのか判断するのは少し難しいかもしれませんが、しっかりと見極めて二人に合ったアプローチの方法を選んでください。

復縁の失敗談を研究して、反面教師にする


せっかく設けた冷却期間を無駄にせず復縁に繋げるためには、復縁の失敗談を研究して反面教師にしてみましょう。

「人の失敗談を参考にするのは心苦しい」と思ってしまうかもしれませんが、人のふり見て我がふり直せという言葉があります。

改善点を見つけたいときや失敗を回避するためには、経験談を洞察して同じことを繰り返さないようにするのが一番の近道なのです。

復縁が叶えられなかった方に失態のポイントを尋ねると「冷却期間を置かなかった」という声や、真逆の意見では「時間をかけすぎた」と反省をしている方もいらっしゃいます。

また、時間以外のことでは「素直になれなかった」と復縁をしたい気持ちを伝えきれずに後悔をしている人や、「元彼には直接言われなかったけど、今になって考えると気持ちを押し付けすぎていた」という声も多く聞こえます。

身近な人から話を聞くのもアドバイスがもらえて良いのですが、ネットで体験談を探してみるのもおすすめです。

二人の状況や年齢、性格によって復縁ができなかった理由がさまざまなので、男性から見た「復縁」についても知れますし、「そういう考え方もあるのか」と視野を広げることもできるはずです。

仕事の休憩時間や、寝る前などの空いた時間に復縁体験談を調べて、少しだけでも読んでみてください。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

自然なきっかけで連絡し、元彼とラインやメール・デートできる関係になる

あなたの気持ちが落ち着いたタイミングで連絡をしてみる


元彼とLINEやデートができる関係になるためには、あなたの気持ちが落ち着いたタイミングで連絡をしてみましょう。

「わたしの都合で良いの?」と思うかもしれませんが、この時期をおすすめするのにはしっかりとした根拠があります。

じつは、女性が冷静になったタイミング=男性が元カノを恋しく感じるタイミングがほぼ同時期のため、あなたのタイミングに合わせて欲しいということなのです。

恋人に振られた女性は別れの直後に強く「復縁をしたい」と望みますが、次第に気持ちが落ち着いていくと、それに比例するように元彼への想いを薄れさせていきます。

一方、恋人を振った男性は別れの直後は開放感に満たされますが、一人をお腹いっぱい楽しむと反動で孤独の寂しさが際立ち「復縁をしたい」と望むようになります。

この正反対の感情の波を利用すると、女性が「もう次に行こうかな」と前を向きはじめたときが、よりを戻しやすいグッドタイミングになるということです。

しかし、男女間に起こる波長のズレを知らないまま、復縁を試みて失敗をする人が圧倒的に多いため「復縁は上手くいかないもの」という間違った認識が広まっているのです。

今は連絡をしたい気持ちをグッとこらえて、復縁願望が薄れた頃にLINEをしてみてください。

ただ「元彼と復縁をしたい」という気持ちよりも「新しい恋をしたい」という気持ちが強くなった場合は、無理に昔の恋人を好きでいる必要はありません。

どんな形であれ、あなたが前に進もうとする勇気が一番大切です。

直球に「彼女いないの?」と聞いてみる


元彼とLINEやデートができる関係になるためには、直球に「彼女いないの?」と聞いてみましょう。

まずは、たわいもない内容のLINEからやりとりをスタートして、あなたとの連絡を嫌がっていないかを確認します。

そこまで険悪なムードでなければ「元気?」と軽いノリで送っても良いですし、連絡のしづらさが残っている場合は、なにか業務連絡を作って連絡してみても良いと思います。

復縁の気持ちを匂わせると相手は引いてしまうので、彼にプレッシャーを与えないような軽いノリで接すると返事がしやすいはずです。

会話のキャッチボールが続いたら、少し勇気が必要になりますが「そういえば新しい彼女できた?」と会話の流れで聞いてみましょう。

元彼から「できてないよ」と返信がきたら「そうなんだ!わたしも~!今度サビしい者同士で飲もうよ!」と元恋人同士としてではなく、パートナーがいない仲間として遊ぶことを提案してみてください。

ここまでド直球にこられると相手は下心を感じにくく「友達としてなら良いか」と会うことを快諾してくれます。

「彼女ができた」というレスポンスがきた場合は無理にデートに誘おうとはせず、相談役に徹しましょう。

ツラい状況にはなりますが、彼の恋愛事情を把握すれば、臨機応変に対応をすることができます。

また、相談役として上手く立ち回れば「やっぱり元カノの方が良いかも」と彼女候補にしてもらえる可能性が高まります。

元カレに新しい恋人がいるのか、いないのかは絶対に知っておかなければいけないことでもあります。

その答えによっては復縁が可能なのかや、作戦を練り直すための大きな判断材料になるので、デートに誘わないにしても彼女の有無は聞いておくようにしましょう。

彼に「頼られている」という意識を芽生えさせる


元彼とLINEやデートができる関係になるためには「頼られている」という意識を芽生えさせるようにしましょう。

男性は基本的に女性から頼られることを嬉しいと感じる生き物です。

そのため頼ってくる相手が元カノでも「俺のことを頼ってくれているんだ」と分かれば放っておくことができません。

LINEを返してくれなさそうな人でも相手の得意分野や没頭している趣味に絞った質問をしてみると、確実にレスポンスが返ってきます。

ただ、自分で調べれば分かるような簡単なことや、元彼が分からないジャンルの話をしてしまうと「なんで俺に聞くんだよ」と思われてしまうことがあります。

それどころか「自分で調べることもできないの?」とバカにされてしまったり「わざわざ答えられない質問をしてくるって、俺のこと嫌いなの?」と気持ちを落ち込ませてしまう可能性もあるので、質問内容にはじゅうぶん気を配るようにしてください。

あなたのLINEに彼が食いついてくれば「もっといろいろ話がしたいから」とデートに誘ってみたり、「助かったからお礼がしたい!」と会う口実を作るのも良いでしょう。

きっかけ作りが成功したら友達からカップルになるための準備をする

「良い女友達」止まりにならないようにする


元彼との関係が進展して復縁まであと一歩のときは「良い女友達」止まりにならないように注意をしましょう。

別れ方が絶望的なカップル以外は、気心が知れているだけ友達に戻るまではスピーディーだと思います。

しかし、互いに警戒心がないことが落とし穴になり、復縁をするまでに至らなかったカップルが意外と多いのです。

付き合いが長かったり、恥ずかしいところも見せている関係だと「今日は気合を入れなくても良いか」と気が抜けてしまう日があると思います。

ですが、あなたは「別に良いや」と思っても、彼は「いつでも女性らしくいて欲しい」と思っているかもしれません。

着飾ることが照れくさくても、せめて恋人に戻れるまでは初心に戻り、ファッションやボディケアに気を配るようにしましょう。

外見以外でも仕草や話し方に気をつけて、異性として意識できなくなるような振る舞いは避けるようにしてください。

友達に戻ることができても恋愛対象として見られなくなれば、今までの努力が水の泡になってしまいます。

よりを戻せば気を緩めて良いというわけではありませんが、まずは復縁ができるまでを目標にして気を抜かないように頑張りましょう。

付き合っていたときとは違う一面を見せる


元彼との関係を友達からカップルに進展させるための準備として、付き合っていたときとは違う一面を見せるようにしましょう。

「違う一面」というのは、女性としての魅力を伝えることや、ギャップを見せることではありません。

もちろん異性として意識させることも大切なのですが、一番重要なのは「彼に指摘されていた欠点は直す」ということです。

元カノから友達にまでランクアップすることができたのであれば、男性も心のどこかで「復縁をするのもアリかも」と思っています。

しかし、一度失敗をしているので相手も「本当によりを戻しても大丈夫か」と慎重になっています。

そんなときに男性がチェックをするポイントが「彼女の欠点、別れの原因が改善されているか」なのです。

女性脳よりも理論的である男性脳は、好きという感情だけでは動かず、復縁をするメリットや交際が長続きする確証がなければよりを戻そうとはしません。

元彼自身に「復縁をしても大丈夫だな」という確信を持たせられない限り、友達以上の関係に進展することはできないので、二人が上手くいく根拠や、別れの原因を改善したことをどんどんアピールしてください。

あなただけが「大丈夫!」と思っていても、相手に伝わっていなければ意味がありません。

変わったことを実際に態度で示したり、ときには言葉で伝えたりと工夫をこらして、彼から「復縁をしたい」という気持ちを引き出せるように誘導していきましょう。

彼の良き理解者になる


元彼との関係を友達からカップルに進展させるための準備として、彼の良き理解者になることを忘れずにしておきましょう。

そもそも、あなたはどんな理由があって恋人が欲しいと思っていますか?

単純に「好きな人と一緒にいたい」という方や「しあわせな時間や気持ちを共有したい」など、人それぞれの想いがあるとは思いますが、そのうちの一つに「理解者が欲しい」という気持ちもあるのではないでしょうか。

「家族や友達よりも、もっと深く自分を理解してくれる人と生涯を共にしたい」と、あなたも一度は思ったことがあるはずです。

もちろん男性にもそう思う瞬間があり、その条件を満たしてくれる相手に対して「恋人になりたい」と強く感じというのは、男性でも女性でも変わりません。

なので、元彼と復縁をしたいのであれば「彼の良き理解者になる」ことが近道となり、大切なことなのです。

「元カレは理解者が欲しいなんて思ってない」という場合でも、今から彼の気持ちを変えることは可能です。

良き理解者のあなたを側に置くメリットを十分に伝え、元彼の中に「彼女と一緒にいたい」という気持ちを芽生えさせましょう。

心に余裕を持つ練習をする


元彼との関係を友達からカップルに進展させるための準備として、心に余裕を持つ準備をしておきましょう。

恋人とはいえ、我慢をさせていないかと気を使ったり、ときには自分が我慢をしたりと、人と関わっていく上での最低限のマナーは必要です。

しかし、一緒にいることが当たり前になってしまうと「なんで分かってくれないの?」と理解の強要をしてしまったり、小さなことが許せず態度に出してしまうことがあります。

まったくしないようにはできませんが、心に余裕のある人は我慢をすることも上手です。

もともと上手く気持ちをコントロールできる人もいますが、大人になってから自分の機嫌を自分でとれるように成長する人もたくさんいます。

ですが、付き合ってから心に余裕を持とうとしても、その日からできるようになることではないので練習が必要なのです。

よりを戻す前から心の狭さが伝わってしまう、あるいは「心に余裕がないところが全然成長していないな」と思われてしまえば、確実に復縁を嫌がられます。

束縛や干渉を嫌う男性は、やることなすことに文句を言ってくるパートナーと「一生を共にしよう」とは思えないからです。

また、よりを戻してから「心が狭いな」と思われてしまえば、せっかく復縁ができたのに別れてしまう可能性も出てきます。

広い心を持つことは生きていく上でも絶対に損ではないので、あなたの人生を豊かにするためにも、今のうちから気持ちにゆとりを持つ練習をしておきましょう。

いよいよ告白。どうしても復縁したい想いが元彼に届く告白のしかた

彼の心に響きそうな言葉を選ぶ


あなたの復縁をしたい気持ちを元彼にしっかりと伝えるためには、彼の心に響きそうな言葉を事前に選んでおきましょう。

たくさんの努力を積み重ねて、ようやく告白ができるまでに状況が進展したにもかかわらず、告白という名の大イベントが無計画のままでは上手くいくものもいきません。

「告白」は終着点ではなくスタート地点です。

今まで「どんな風にLINEをすれば彼は応えてくれるだろう」と試行錯誤しながら前に進んできたように、告白の言葉を選ぶのも「どんな風に伝えれば彼の心を動かせるだろう」と彼を想い、考えてみてください。

気持ちが伝わりやすい言葉や、男性が喜んでくれるフレーズはたくさんありますし、「絶対に告白が成功するセリフ」のようなテンプレートを使えば考える手間も省けて楽かもしれません。

しかし、誰かが決めた言葉であなたの本心が伝わるでしょうか。

同じ重量の想いを抱いていても、選ぶ言葉で伝わり方や結果は180℃変わります。

一年間思い続けた男性に対して「ずっと好きだった」とだけ言うのと、「どうしても忘れられなかった」と言うのでは、気持ちの重さが違うように感じませんか?

もちろん告白に使いやすい言葉や、気持ちが伝わる言葉を参考にしてもらっても大丈夫です。

ただ、それに頼り切らず「あなたの気持ちが的確に伝わる言葉」と「それを受け取った人が心を打たれる言葉」がピッタリ重なるフレーズをあぶり出して、告白の言い回しを考えてみましょう。

相手の状況や気持ちも汲み取ってあげる


あなたの復縁をしたい気持ちを元彼にしっかりと伝えるためには、相手の状況や気持ちを汲みとることも忘れないようにしましょう。

まずは、彼の恋愛へのモチベーションがどのような状態なのかを判断します。

仕事が大変な時期や、プライベートが忙しそうなのであれば口には出さなくても恋愛をするモードではないかもしれません。

復縁自体が嫌なわけではなくとも、彼女が要らないと思っていれば「ゴメンナサイ」と言われてしまいます。

逆に、大変なときでも「彼女に支えて欲しい」という気持ちがあれば、上手くいく可能性もあります。

これに関しては「こうすれば絶対に大丈夫」と言い切れる問題ではないので、自分で判断をするようにしてください。

また、すでに新しい彼女がいたり、「絶対に復縁はしない」と言われているなど、振られることが想像できる場合も告白をすることはあまりおすすめできません。

溢れ出しそうな想いを伝えたい気持ちも分かりますが、断る側も気力がいりますし、空気を読まずに告白をしてしまえばイラつかせてしまうことも考えられます。

もし、振られるのは覚悟で前に進みたいのであれば「返事はいらないから!」と声をかけるなどの気遣いを忘れずに行いましょう。

あなたの気持ちを素直に伝えれば復縁はうまくいく


あなたの復縁をしたい気持ちを元彼にしっかりと伝えるためには、ありのままの想いを話すことが大切です。

元彼との関係や年齢、性格によっては素直な気持ちを伝えることが照れくさいと思う方もいらっしゃるでしょう。

振られたときのことを想像すると躊躇してしまったり、今後の関わりを考えると「無難な感じで伝えよう」とリスクを避けたくなるのも分かります。

「好きな気持ちがあればなんとかなる!」と綺麗ごとを言うつもりもありません。

しかし、一度は恋人になっている以上、性格やルックスに関する最低限の好みはクリアしているはずなので、あとは元彼に対する真剣な想いが伝われば恋人に戻れる可能性が高いのです。

その際に伝えなければいけないことは好きな気持ちだけでなく、好きだから具体的に頑張ったことや、彼とよりを戻すために改善したところを伝えるようにしましょう。

気持ちを確かめ合う告白というよりは、あなたの真剣さや、二人が上手くいくというプレゼンをすると考えた方が良いかもしれません。

歳を重ねれば重ねるほど「自分と向き合ってくれる人」の存在は大きくなるので、大人な男性であれば煙たがることなく、あなたの気持ちを受け取ってくれるはずです。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「復縁成功できるかは冷却期間・きっかけ作り・告白のしかたで決まります」

占い師 ミミコ

復縁をするまでのプロセスをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

冷却期間をしっかりと設けて、彼を不快にさせないきっかけを作り、あなたの想いをちゃんと伝えられる告白ができるかでよりを戻せるかは決まります。

復縁をするための近道や確実な方法をお話ししましたが、大切なのは二人に合った復縁の方法を見つけることです。

どれだけ効果的な言葉を使っても彼の性格やシチュエーションに合っていなければ、復縁をすることはできません。

とても心苦しいのですが、性格や状況に関しては本人同士にしか分からないことなので、サポートが仕切れず申し訳ない気持ちでいっぱいです。

「本当にこの選択で良いのかな」と不安になりすぎず、あなたが彼を想う気持ちを信じて、しあわせな未来を切り開いてくださいね。

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事