※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

復縁を叶えることができた後は、それで終わりではありませんよね。

復縁をする前は復縁をすることがゴール目標でしたが、復縁を叶えた後は復縁がスタート地点になります。

復縁後に彼と良い関係を築き、ラブラブでい続けるための重要ポイントのひとつが、彼との連絡頻度を適切に保つこと。

お付き合いを再開させたとはいえ、最初に付き合っていた頃と、復縁後では状況がかなり違います。

一度別れるという経験をしたので、それを生かして同じことの繰り返しにならないよう十分に気をつける必要があるからです。

ここでは復縁後の彼氏の気持ち、復縁後に不安になったら考えること、復縁後にラブラブになれる連絡頻度を紹介します。

復縁をした後は意識して関係を築いていくことがとても重要。

この記事を読んで、復縁後の彼の気持ちをよく理解してください。

本日のメニューはこちら

復縁後の彼氏はこんな気持ち

復縁して良かったのだろうかと迷う気持ち


復縁が叶った後に彼氏が一番に思うのは「復縁して本当に良かったのだろうか」という迷いの気持ちです。

特にあなたが復縁に積極的で、あなたの気持ちを受け入れる形で、復縁を成功させた場合には、彼氏は自分の意志で復縁をしたのか、あなたに合わせただけなのかの判断がつかない状態です。

復縁をしたということはあなたへの気持ちが残っていたということになりますが、好きだという気持ちがあるからと言って復縁をしたほうが良い場合と悪い場合があります。

お互いに好きあっていたとしても、一緒にいて幸せではないと感じるようなパターンの場合には復縁をしないほうが良いこともあります。

そういった可能性を考えてしまうと、どうしても復縁をしたことに対する不安のような気持ちが芽生えてしまうのでしょう。

迷う気持ちは、復縁してから初期の時期に強く感じますが、最初だけであれば大きな問題にはなりません。

しかし、この不安な気持ちを長いこと持ち続けてしまうと、復縁をした後に彼女のことを信じられないような気持ちになってしまい、関係が上手くいかないことがあります。

復縁できてあなたが喜んでばかりいると、彼は不安な気持ちを相談することができずに、そのまま不安を増大させてしまう恐れがあります。

復縁という夢を果たして嬉しいのは分かりますが、自分だけのことを考えるのではなく、彼が復縁後に不安になっていないかの配慮をするようにしましょう。

もしも、彼が少しでも不安を抱えているようであれば、その気持ちに寄り添うようにしてください。

無理に彼の不安を聞き出す必要はありませんが、彼が不安を持っているということに気付いていれば、自然とその気持ちを尊重した態度がとれるでしょう。

復縁したら前とは違う関係を築きたい


復縁を果たした彼氏の中には、過去の思い出が強烈に残っています。

女性は復縁後のことに夢中かもしれませんが、男性は同じことを繰り返したくないという気持ちになっていることが多いです。

一度別れて、やり直し、もう一度別れるなんてことになったら周囲へのメンツが丸つぶれになってしまうからでしょう。

女性は好きな男性と一緒に慣れたことで、嬉しい気持ちで胸がいっぱいになりますが、男性は好きな女性のことだけでなく周囲にどう見られているかを非常に気にしています。

普通にお付き合いを開始しただけであれば、特別な問題はありませんが、復縁は違います。

別れた経緯を知っている人が周りにいますし、その後やり直すまでのことも知られてしまっています。

同じ女性と何度も別れたりひっついたりする男はなんとなくダサい、というイメージを持つ男性が多いので、復縁した自分に対して自信がなく堂々とできないような気持ちなのでしょう。

そのため、周囲へのイメージ作りのためにも、一度失敗をしてやり直した後には、次こそは完璧なカップルになりたいと高い理想を持ってしまうのです。

女性はそこまで理想を追い求めないので、「次は上手くやれたらいいな…」くらいの感覚ですが、男性はそれでは満足できません。

自分が理想とするカップル像になれるような夢を抱いているので、復縁後には前とは全く違う関係を築きたいと考えている男性が多いのでしょう。

復縁できて彼女のことをもっと好きになった


復縁をして久しぶりに彼女と一緒に長い時間を過ごした時に彼氏が考えることは、やっぱり彼女は自分にピッタリの女性だ、彼女のことが本当に好きだ、などと好意的な感情を抱きます。

これは別れていた期間があることで生じる気持ちで、今まで毎日付き合っているのが当たり前の時には、なかなかこういった気持ちになりません。

しかし、別れてから復縁までの間に時間があると、彼女との時間が恋しく感じるようになり、このような気持ちが生じます。

ただ、男性はこういった気持ちを1人の女性に持ち続けることが難しく、復縁してから時間が経つと、段々とこういった気持ちが薄らいでいってしまうのです。

この時に彼氏に長く愛されたいと思ったら、自分で新鮮な魅力を彼氏に与えられるような努力をするしか方法はありません。

常に新しい魅力ばかりを探さなくても大丈夫なので、長期間同じ状態が続かないように気をつけてみてください。

例えば、半年に一度はヘアスタイルを変えるなど、細かな部分でも彼氏に新鮮な印象を与えることができます。

復縁してからラブラブの状態を続けたいと思った時には、彼が復縁して初期の頃に感じたようなトキメキを与えられているかを常に意識しておいてください。

意識するだけで、彼から見たあなたの見え方が大きく変わるので、定期的にマンネリの自分になっていないかを確認しましょう。

次こそは上手くいくはず!


男性は女性以上に変化に弱い生き物。

別れたり復縁したりと言った変化で、心に傷を作っていることがあります。

しかし、男性は別れた時の傷をこれからの関係で修復できることを知っています。

特に、楽観的な性格の男性だと、「次は絶対に別れずに上手くやっていけるはず!」という期待を大きく持つようです。

そのため、復縁をした直後には必要以上に気合いが入り過ぎて、その状態が長く続かないことがあります。

もしも、復縁直後にいつもにはないほどのやる気を見せている時には、最初からそんなに頑張らないでいいので、長い目で見てのんびり関係を作っていこうと提案してみてください。

そうすれば、彼も冷静になって、ゆっくりと関係を築くことに集中できます。

こういったタイプの男性は、復縁初期に頑張り過ぎてしまい、現実とのギャップを強く感じて、一気に彼女への気持ちが冷めてしまう恐れがあるのです。

だから、彼の気持ちが極端になっていないかを確認し、あまり過度に期待ばかりが膨らまないように声かけをしていきましょう。

彼の気持ちを落ち着かせることができれば、彼の期待通りの良い関係のカップルになることができるでしょう。

復縁後すぐの距離感を上手に調整してラブラブに付き合うコツ

短期間で前の仲良し度に戻ろうとしない


復縁後すぐの時期にやってしまいがちなミスは、すぐに前と同じ仲良し度に戻そうとすること。

離れていた時期には、カップルに戻れたら、こんなデートして、彼とこんな会話をして…と夢が膨らんでいるでしょうが、一気に仲良くなるとすぐに倦怠期がやって来ます。

復縁後は関係の変化があったことで、些細な出来事でドキドキします。

でもそこで勢いに任せてラブラブな関係まで進めてしまうと、幸せのピークがすぐにやって来て、そして後は下降線をたどるだけ。

「復縁してすぐの頃は楽しかったけど、1ヶ月経った今は刺激がなくてつまんない…」そんな状況になってしまうのです。

関係を持ち始めた初期のドキドキはいつかは必ずなくなります。

しかし、復縁後は既に知っている間柄ということで、見知らぬ関係からスタートさせた時よりもハイスピードで刺激を感じなくなるのが違い。

せっかく元サヤに戻れたのだから、復縁直後の貴重な時間を慈しむようにしてください。

毎日ドキドキできるのは今だけの特権です。

復縁後のラブラブを長続きさせるコツは、いつまでも刺激を感じられるように全てを知り尽くさないようコントロールすることです。

素直に思っていることを話す


復縁できてすぐの時期は、恋人関係に戻ったとはいえ、まだ完全にはお互いを分かり切ってないのが特徴。

離れていた時期に何があったかを全て把握しているわけではありませんし、会話の量が少ない時期が続いていたのなら、話をするだけで緊張して疲れてしまうこともあるでしょう。

そんな状態の時には、自分がどう感じているかを分かりやすく素直に話すのがおすすめ。

男性は表情の変化や雰囲気で相手が感じていることを察するのが苦手なので、言葉にして伝えたほうが良いです。

例えば、「元サヤには戻れたけれど、しばらく忙しいからデートは月に1回だけにして欲しい」と思っていたのなら、彼がデートのお誘いをしてくる前に自分から「しばらくデートは月に1回位でもいい?ちょっと忙しくて。ごめんね」と話しておきましょう。

他にも「〇〇君ともう一度恋人になれたから毎日lineしたいけど、あんまり連絡し過ぎるのは良くないと思って…だから我慢するね」と言っておけば、「この子はそんなこと考えてたんだ…」と彼が知らなかった事実に気付いてくれるはずです。

復縁後すぐは、今後の関係作りの基礎となる重要な部分です。

最初に素直に話せる関係性を作っておけば、これから先も何でも相談し合えるカップルになります。

前の時には素直になれなくて別れてしまった人達は、復縁直後が過去を挽回するチャンス。

自分から積極的に思っていることを話し、どんな距離感で付き合っていけば良いかを日頃から話し合えるカップルを目指してください。

持ちつ持たれつの関係を目指す


復縁してすぐの時期は元恋人が再び恋人になるという変化が多い時期。

変化が多い=ストレスがかかるということなので、気分の浮き沈みが激しくなりがちです。

あなたも彼もそれは同じなので、余裕のある側が余裕のない側に合わせて過ごすようにしましょう。

急に不安になった彼がたくさん連絡をしてきたら、優しく話を聞き安心させてあげるのが一番です。

一度別れたという苦い過去を持っているのが復縁の特性。

もう一度恋人に戻れても、様々な心配をしてしまうのが普通です。

だから、「どうしても落ち着かない…」という不安に耐えられなくなったら、彼に甘えてもOK。

でも、彼も同じように不安定な時期だということを忘れずに。

お互いが持ちつ持たれつの関係で復縁直後を乗り切れれば、これまでよりも強い絆で結ばれたカップルになれますよ。

前回の関係性と比較しない


復縁が成功すると、恋人時代に戻るので、前回の関係性と比較したくなるのも分かります。

でも、「前は、もっとたくさん好きって言ってくれたのに」「○○君なんか変わったね。前はそんな冷たいこと言う人じゃなかった…」と比較ばかりするのはダメです。

過去を完全に忘れるのは無理だとしても、それを口に出して言うのは止めましょう。

元サヤに戻ったということは、相手が同じということなので、お付き合いが再開したと同時に過去と同じ関係に戻れると思っている人がいます。

しかし、相手は同じでも、時間が経過すれば人は変化します。

過去に付き合っていた頃の彼と今の彼は別人だと思っておいてください。

離れている期間がたった1ヶ月だったとしても、その間に彼の価値観を大きく変える出来事があったかもしれません。

見た目の変化がないからといって、前に付き合っていた時と同じだと思わないようにしましょう。

年単位の時間を空けて復縁した場合には、「これだけ長い時間が経ったんだからお互いに変わったよね」と自然と思えるものですが、期間が短いと「前と同じだよね」と思い込んでしまうのが問題です。

短時間だったとしても、恋人と別れて独り身になった彼は、恋人時代には経験できないような体験をしたはず。

好きで付き合ったガールフレンドと別れたという出来事は、それだけでも彼の人格に多大な影響を与える大事件です。

心に傷を残したままであれば、復縁できても不安が付きまとうでしょうし、「やっぱり彼女を信頼できない…」と1人で悩んでいるかもしれません。

そんな時に彼女に「なんで前と同じようにしてくれないの?」と言われたら、やり直したことを後悔して別れたくなってしまいます。

復縁後は、ゼロに戻った関係をひとつひとつ積み上げていくようにしてください。

前の関係性は過去のモノだと思って、今とは切り離して考えることが大切。

「前は前!今は今!」と思って、過去に囚われ過ぎないようにしましょう。

敢えて連絡しない時期を作る


復縁すぐの時期の距離感を適切に保ちたい人は、敢えて連絡を取らない時期を決めてしまうのも良いですよ。

連絡頻度に差がある2人の組み合わせの場合には、ルール設定をしてしまうのが一番。

ルール設定が、トラブルの予防策として役立ちます。

多いのが、女性からばかり連絡をして、うんざりした男性に嫌われるというパターンですが、水曜日は「ノー連絡デー」と決めてしまえば、「連絡したいけど、どうしよう…」と悩む時間を持たずに済みます。

距離感を上手に保つのは簡単ではないので、ケースバイケースの対応ばかりしていると「こんなに連絡したらまた嫌われちゃうかも?」といったことばかりが気になって恋愛を楽しめなくなるんです。

だから、もしもあなたが復縁後の距離感の取り方に悩んでいるのなら、彼と話し合ってルール設定をしましょう。

決めてしまえばルールに従えば良いだけなので、不要な心配に振り回されることなく恋愛を楽しめます。

そうすれば、イライラする頻度を少なくできるので、自然とラブラブカップルになれますよ。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

復縁後の距離感に不安になったら考えること

自立しあえない関係はうまくいかない


復縁後に彼氏との距離感に不安になった時には、自分がしっかりと自立できているかどうかを考えましょう。

カップルは2人で関係を作っていくものですが、お互いが1人でもやっていけるよう自立していることが大切。

どちらかがいなくなったら困るような関係ではなく、それぞれが自立できているのが理想です。

その上で、2人でより良い関係を作ることができれば安定した関係を築くことができます。

自立するというのは精神的な自立がメインです。

彼氏がいないと生きていけないとなんとなく感じるのは良くても、彼氏と一緒にいない時に何もできないようではいけません。

彼氏がいないと生きていけないほど彼氏のことが好きだと思うのと、自立できていないのは違います。

どれだけ彼氏のことを大好きだったとしても、彼氏がいない時間は自分一人でしっかりと楽しめるように、気持ちを整えておきましょう。

特に彼氏ができると、その人のことで頭がいっぱいになってしまうような性格の女性は、精神的に男性に依存しやすく、彼氏との距離が離れるとすぐに不安になってしまいがちです。

一時的には彼氏が相手をしてくれて、距離が近い状態で関係を築けたとしても長い目で見ると、彼氏が徐々に離れてしまう可能性が大きいです。

いつまでもあなたの面倒を見られるというわけではないので、彼氏の重荷になってしまわないよう、自立するようにしましょう。

彼氏との距離感が遠いと感じた時には、彼氏のことで頭が埋め尽くされている状態なので、別のことを考えるようにすれば、少しは気が紛れます。

また、彼氏に依存している自分に気付くことも非常に重要です。

自分が自立できていないと知ることで、意識的に自立に向けた行動がとれるようになるので、最初は気付くことからスタートです。

それから、自分の時間を楽しめるように少しずつ努力をしていきましょう。

自分は不安でも彼は全く不安を感じていないかも


彼氏との距離感に悩んだ時には、彼氏は自分とは違った感じ方をしている可能性があることを思い出しましょう。

当たり前ですが、彼氏はあなたとは違う人間なので、距離感の感じ方も違います。

一般的に男性は1人の時間をとても大事にします。

それ以外にも、彼女と過ごす時間だけでなく男友達と共に過ごす時間も同じように優先させたりと、女性と少し違う特徴があります。

女性の場合には、付き合っている彼氏ができると、常に彼氏と一緒にいたいと思う人が多いですが、男性はそういった気持ちになる人は少数派です。

そのため、彼女ばかりがもっと彼氏と一緒にいたいと感じ、男性はもっと1人でいる時間を確保したいという気持ちになることがあります。

つまり、あなたがもっと彼氏と近い距離感で過ごしたいと思っていても、彼氏はもっと距離感をとって過ごしたいと思っているのです。

2人の関係を良好に保つためには、2人気持ちの歩み寄りが必要。

どちらかだけに合わせてしまうと、もう片方の不満が溜まり、関係が悪くなってしまう危険があります。

あなたがもっと距離感を縮めたいと思っているのであれば、それを彼氏に伝えてみて、彼氏はどう思っているのかを聞いてみましょう。

その上で、お互いが満足できる距離感を見つけてみてください。

距離感に不安を持つ解きには、相手が何を考えているのか分からないという不安を抱くことが多いです。

どれだけ考えていても相手の気持ちが分からない時には、素直に彼氏に聞いてみると、相手の考えていることが分かって気持ちが落ち着くことがあるので、彼氏に距離感について聞いてみると良いでしょう。

復縁後は距離感が遠いのが普通


復縁を成功させた後は、再び彼氏とお付き合いが始まるということで、最初に付き合った頃に戻ったような気持ちになる人が多いのですが、復縁後の関係は最初にお付き合いを始めたものとは全く別物だと思っておきましょう。

復縁をしたということは、以前にお付きをしていたということ。

つまり、お互いに相手のことをよく知っているということです。

別れてから再び付き合うまでに時間が長いと、知らない一面が増えていることもありますが、全くのゼロからの関係ではありません。

そのため復縁直後は一時的に距離が近くなったとしても、時間とともに距離をとるようになるのが普通です。

これは復縁だけに限った話ではなく、普通に付き合いを続けているカップルの場合も同様で、付き合っている期間が長くなると自然と距離をとるようになります。

この時の距離の取り方の変化が、2人のどちらかにとって不満があるような進み方をすると、距離感で不安を持つようになることがあります。

例えば、彼氏はまだ距離感の近い関係を望んでいたけれど、気持ちが落ち着いてきた彼女のほうは距離感をもっと離したいと思っていると、彼女の希望に沿って距離感を離してしまうと、彼氏は不満を抱きます。

そういった問題を抱えた時には、関係を少しやり直して2人が満足できる距離感をとるようにすれば、すぐに問題は解決します。

そして、この時に覚えておきたいことは、距離感が離れても関係が悪くなったわけではないということ。

少し寂しさを感じることがあるかもしれませんが、付き合いが長くなると距離感が遠いのが普通です。

距離感をとりながらも良い関係を築けるのが、理想です。

連絡頻度や、連絡事項の内容などは段々と淡々としたものになっていきますが、それをそこまで心配する必要はありません。

彼氏のことを信用する


彼氏との距離感で悩んだ時には、彼氏のことを信じられない気持になっているせいもあるでしょう。

もしも、彼氏のことを心の底から信頼できていれば、多少のことでは不安になりません。

どこかで「彼氏は本当は私のことを好きではないのではないか?」などの疑いの気持ちがあるから不安になってしまうのです。

距離感がなんとなくしっくりこないという時でも、一緒にいる時に彼氏があなたのことを大切に思ってくれているのが伝わってきたら、それを信頼しましょう。

彼氏への好きだという気持ちが強過ぎると、それが不安に変わってしまうこともあるので、不安を持った時には、自分はそれだけ彼氏のことを好きなんだと自分に言い聞かせるのもおすすめ。

不安は悪い気持ちからだけ生じるものではなく、あなたの彼氏への気持ちがそれだけ強いということの裏返しでもあるのです。

そういった意味での不安であれば、そこまで心配することなく、自分の気持ちに正直になりましょう。

彼氏のことを好きだと思うからこそ、不安になるのだと分かれば、心配し過ぎても仕方ないような気持ちになってきますよね。

人を好きになると、距離感に違和感を持つだけで不安になるのは当たり前。

彼氏のことを好きなのだから、ある程度の不安を持つのが普通。

あなただけでなく、たくさんの人が同じような気持ちを抱えています。

恋愛をしている時はこういった気持ちになるのは仕方ないと思って、気持ちを落ち着けましょう。

復縁後ラブラブになれる連絡頻度

復縁後に2人で連絡頻度について話し合った


復縁後の連絡頻度によってラブラブになれる確率は変わってきますが、カップルごとに特性が違うので、この連絡頻度なら絶対にラブラブになれるというものはありません。

しかし、これだけは確実なのは、彼氏と彼女どちらもが満足する連絡頻度にするには2人で話し合いをする必要があるということです。

どれだけ付き合いが長くても、お互いのことを分かっていたとしても、その時々によって適切な連絡頻度が違ってくるので、その都度2人で良く話しあいをすることが大切。

一度に長時間の話をしても、状況が変われば適切な連絡頻度がかわってくるので、折に触れて話し合いの機会を作る方法がおすすめ。

短時間でもいいので、今の連絡頻度に不満がある場合には話し合いの時間をとれないかを彼氏に相談しましょう。

男性は連絡頻度について、そこまで不満を持つことがないので、女性側から話し合いの時間を作るようにしないと、話し合い自体が全くないという状況になりがちです。

男性は忙しいなどと理由をつけて、話し合いをしてくれないこともあるので、その時には自分が不満に思っていることだけは分かりやすく彼氏に伝えるようにしましょう。

それだけでは彼氏が理解してくれるかどうか分かりませんが、何も言わないよりはマシです。

また、彼氏に分かりやすく自分の意見を伝えるためには、「もっと連絡して!」というのではなく「連絡が少なくて寂しい」と自分の気持ちを言うようにしましょう。

頭ごなしに「連絡をして!」と指図されるような言い方をされると、男性は機嫌を損ねてしまいます。

相手を不快にさせないような言い方をすれば、あなたの気持ちを彼氏も分かってくれるでしょう。

別れる前の連絡頻度を参考にして決める


連絡頻度を決める時の基準になるのが、別れる前にどの程度の連絡頻度だったかです。

結果的に別れるという結論になったのだから、別れる前の連絡頻度には少し無理があったと考えられます。

もし、頻繁に連絡を取り合うような関係で結果的に別れることになった場合には、復縁後にはその頃よりも少し連絡頻度を少なめにすると上手くいく可能性が高まります。

連絡頻度が多いほうがラブラブになれるというわけではないので、連絡頻度を少なくして様子を見ましょう。

彼氏の連絡頻度を無理に変えてもらわなくても、あなたからの連絡を少し減らすだけで自然と連絡頻度が少なくなることがあるので、試しに連絡する回数を調整してみてください。

一日中頻繁に連絡を取り合う関係は、時間が豊富にある学生時代にはできても社会人になると難しくなることがあります。

環境によって連絡できる回数が変わってくるので、いつでも同じでなくてはいけないという思い込みを捨てて、その時に2人に最適な連絡頻度を考えてみてください。

別れる前に連絡する回数が非常に少なく、コミュニケーション不足が原因で別れてしまった場合には、復縁後には連絡頻度を多くしたほうが関係が上手くいく可能性が高まります。

連絡頻度は単に連絡事項を伝えるだけでなく、2人の気持ちを結び付けるものでもあります。

連絡頻度が少ないカップルの場合には、連絡をする内容も淡泊になりがちで、用件以外の連絡をしないというカップルもいます。

それで関係が良好に保たれているのであれば問題ありませんが、どちらかが寂しさを感じている時には、用件だけでなく相手を思いやる話や、お互いの気持ちを伝えあうような内容も連絡し合ってみてください。

男性がそういったことをしてくれない場合には女性が分からだけでも行ってみると、徐々に男性も気持ちを伝えてくれるようになります。

男性に無理にたくさん連絡してほしいと伝えると関係が悪くなってしまうことがあるので、希望を伝えた後には自分から連絡回数を多くするのが良いでしょう。

そうすればその気もちが彼氏に伝わり、今よりもラブラブ関係になることができます。

付き合っている期間が長いほど連絡頻度は少なめでOK


付き合っている期間が長い場合には連絡頻度が少なくなってもラブラブの関係を作ることができます。

それは、連絡の回数ではなく連絡をする時の内容に気をつける方法です。

長く付き合っていると、一日中連絡を取り合うのも難しくなってしまうので、疲れをためずに彼氏との関係をラブラブにするには、連絡する時にいつもは言わないような一言を盛り込んでみるのです。

付き合いが長くなり、相手に好きだと言わなくなっているカップルなどは、連絡をするついでに「好き」という気持ちを伝えたり、相手をねぎらう言葉を入れるなど、付き合い始めの頃に戻ったつもりで、気持ちを素直に伝えてみてください。

復縁後で既に何でも知っている間柄のカップルほど、この方法は効果的です。

lineなどで、日常的なやり取りをする時に思い切って、彼氏を褒めるセリフを入れてみましょう。

男性は褒められるのが好きなので、長い付き合いの彼女から急に褒められたら驚きはするでしょうが、かなり嬉しい気持ちになるはずです。

連絡頻度をあげなくても、内容にこだわることで、復縁後にラブラブの関係を作ることができますよ。

その時々によって柔軟に連絡頻度を変える


連絡頻度によってラブラブになれる確率が変わりますが、適切な連絡頻度を考える時に忘れてはいけないことは、その時々に応じて連絡頻度を変える必要があるということです。

常に同じ連絡頻度を維持しなくてはいけないということはないので、柔軟に考えて連絡を取り合ってみてください。

2人の関係が上手くいっているのであれば、自分が寂しい気持ちになった時に連絡頻度が一気に増えてしまっても、彼氏はそれを受け入れてくれるでしょう。

また逆の展開になった時にも、ラブラブな関係ができていれば、あなたは彼氏の気持ちを受け入れることができますよね。

この時に大切なことは、連絡頻度が急激に増えたり減ったりした時に相手に甘えたことに感謝の気持ちを忘れないようにすることです。

自分の気持ちに応じて自由に連絡頻度を変えることは大きな問題ではありませんが、その時には相手に多少の負担をかけている、相手の時間を奪っているということを自覚しておいてください。

それだけの自覚があれば、相手に対する感謝の気持ちが自然と出てくるでしょう。

そして、一時的に相手に負担をかけてしまった時には、「この前はごめんね」と一言を添えておけば、相手も納得できます。

ここで、自分のわがままに付き合うのが当然という意識でいると、いくらラブラブの関係だったとしても、徐々に彼氏の気持ちが離れてしまいます。

連絡頻度によってラブラブでいられるかどうかが変わるとはいえ、頻度だけにとらわれずに、関係が良くなるような努力をするようにしましょう。

やり直した後エッチしない彼の本音

一時的な気分で復縁してしまった


関係をやり直した後に彼氏がエッチしない時には、一時的な感情でなんとなく復縁にOKしてしまった可能性があります。

彼女から何度も復縁を申し込まれてこと終わりきれずにやり直すという選択をしてしまった時には、彼氏の気持ちが彼女に向いていないことがあるからです。

それ以外にも、なんらかの原因でなんとなく復縁をしてしまった場合には、できればやり直すと決めたのを撤回してもう一度別れたいと思っているかもしれません。

その可能性がある時には、このままの関係を続けていても上手くいかなくなるのは明白なので、彼氏に正直な気持ちを聞いてみましょう。

彼氏もあなたに聞かれるのを待っているのかもしれません。

そして、もしも彼氏が復縁したのは間違いだったという気持ちを持っている時には残念ですが、一度復縁を諦めて、彼氏の気持ちが変わるのを待ちましょう。

ダラダラと関係を続けて、もう一度別れることになると、その次の復縁はかなり難しくなってしまいます。

そうなる前に一度関係をやり直し、彼との関係をリセットするのがおすすめです。

復縁にOKしてくれたということは、彼の気持ちも復縁に前向きにはなっているということです。

ただ、彼の気持ちの高まりが、今の時点では不足していたと考えられるので、もう少し彼の気持ちが復縁に向けて盛り上げってくるのを待ちましょう。

あなたから、彼へ積極的に働きかけるのも良いと思います。

ただ、彼に復縁を焦らせないことが大切。

早くやり直したいと焦らせてしまうと、男性の気持ちが復縁に対して消極的になり、そのまま関係が終わってしまう危険があるからです。

新鮮さが足りない


復縁をする前には彼女のことを好きだと思ったけれど、いざ関係をやり直してみると新鮮さに欠けるので、男性がエッチをする気にならないということもあります。

特に付き合いが長かったり、同棲・結婚をしているなど生活を共にしていると、男性はこういった気持ちになりやすいです。

ここで大事になるのがエッチ以外では関係が上手くいっているかどうかです。

もしも、エッチ以外でも2人の関係が冷めきってしまっていれば、その時には関係を一からやり直す必要があるでしょう。

完全に彼の心が離れてしまっている可能性があるので、関係を見直しましょう。

逆に、エッチ以外では関係が良いという場合にはそこまで心配する必要はありません。

単に女性としての魅力をあまり感じなくなっているだけの可能性が大きいので、少し色気を出すような作戦を考えれば大丈夫。

長く付き合って新鮮さに欠けるカップルにおすすめなのは香りを上手に使うことです。

今まで何も香りを身に付けていなかった場合には、好みの香りをつけるようにするだけで、男性には新鮮にうつります。

香りは目に見えないものですが、少し使うだけで大きな効果を出せることがあります。

お気に入りの香りを2人で探すのもいいですし、その日の気分で香りを使い分けるのも楽しいでしょう。

香りを使ってラブラブな関係を目指してくださいね。

復縁後はもっと気持ちが盛り上がると思っていた


男性は過度に女性に期待してしまうことがあるので、復縁するまでの期間が長いと、「復縁してからの関係は凄くいいものに違いない!」と妄想が膨らんでいることがあります。

そのような場合には、いざ復縁をしてみると、付き合っていた頃と同じような毎日が続くことにがっかりした気分になるようです。

特に男性が女性への気持ちを持ち続けており、復縁を心待ちにしていた場合にこのパターンになりやすいです。

もしも、彼氏が復縁をしてからエッチをしてくれない時には、どうしてかをさりげなく聞いてみるのもいいかもしれません。

直接聞くのが恥ずかしい時にはlineなどを使えば、それとなく聞くことができますし、彼氏も口頭よりも答えやすいでしょう。

この場合の対処法としては、彼氏に復縁したらしたいと思っていたことを聞いて、できるだけ希望に沿うようにしてみてください。

男性は女性が想像もしていなかったことを夢見ていることがあるので、できることであるなら希望を叶えてあげてください。

期待していたような時間が過ごせると分かれば、彼の気持ちも盛り上がってくるでしょう。

また、女性自身もできるだけ彼氏がその気になるよう、女性としての魅力アップができるよう、身なりなどに気を使ってみてください。

少しの努力で、男性に新鮮さを感じさせることができるので、色々なことを試してみましょう。

カレへ電話・line・メールする時にそれぞれ気をつけること

電話をする時には、本当に電話の必要性があるのか確かめて!


復縁をしたら、「いつでも彼氏の声が聞きたい!」と思ってしまう女性がよくしてしまうのが、暇さえあれば彼氏に電話してしまう行為です。

これは、普段2人がどれくらい電話を使うかにもよりますが、男性は電話が苦手だと思っていることが多く、頻繁に電話をかけ過ぎると、復縁をしなければ良かったという気持ちを男性に持たれてしまう危険があります。

特に電話はlineやメールと違って、リアルタイムでのやり取りをする必要があるので、忙しい生活を送っていると彼氏が負担を感じやすくなります。

もちろん、きちんとした理由がある場合には電話をしても構いませんが、ただ声が聞きたい、なんとなく寂しいから電話するといった使い方はやめておいたほうが賢明です。

彼氏から電話がかかってきた時も、注意が必要。

もっと話がしたいからといって電話を長引かせてしまうと、彼氏がもう電話をしたくないと思ってしまうでしょう。

彼氏が少し物足りないと感じるくらいで、電話を切り上げておくと、彼氏はまたすぐに電話をしたくなるかもしれませんし、少なくとも電話をするのに躊躇するような気持ちを持たれることはありません。

ラブラブな関係を築きたければ、彼氏が少し物足りないと感じるレベルを目指してみてください。

電話は短め、少なめにしておくと、復縁後に良い関係が築けますよ。

遠距離恋愛など、直接会える機会が非常に少ない時には、電話を活用する機会が増えるかもしれませんが、彼氏の生活を一番に考えて電話をかける時間を決めるなど細かな配慮をしながら、電話をかけるようにしてください。

一日に何度もLINEする時には、しつこくなり過ぎないように!


lineはカップルによって使う頻度が大きく変わる連絡ツールです。

用件だけのやり取りをするカップルもいれば、朝の挨拶から寝る時の挨拶まで会話のようにlineをやり取りするカップルもいます。

lineを使う時のポイントは、彼氏の使用頻度に合わせることです。

あなたが友達と一日中lineを使うような生活をしていても、彼氏は滅多にlineを送ってこないのであれば、不必要に多くならないようにしたほうが彼氏の負担になりません。

ただ、中には自分からは送信をしないけれど、彼女のlineを見るのが好きというタイプの男性もいるので、復縁できたのであれば、もう一度彼氏に直接聞いてみるといいでしょう。

この時には、彼氏が気を使ってあなたに合わせていないかも気にして男性の本心を聞き出すようにしてください。

男性のほうが復縁に積極的だった場合には、復縁後に彼女に嫌われないように気を使っている時があるので、彼が本心ではどう思っているのかを知ることが重要です。

復縁して最初に無理をしてしまうと、その後に無理が重なり、また上手くいかなくなってしまう危険があるからです。

自分も無理をせず、彼氏も無理をしない妥協点を探してください。

また、復縁直後はlineの回数が多く、徐々に数が少なくなっても、彼氏の気持ちが冷めたわけではないので、落ち着いて過ごしましょう。

そうすればラブラブの関係を作ることができるでしょう。

メールは相手の使い方に合わせて使う


メールは全く使わないという人から、連絡手段の中心がメールという人まで様々です。

メールを使う時の注意点としては、普段あまり使わない人はメールの着信があっても気付かないことがあるということです。

他の人とメールのやり取りをすることが滅多にないと、メールが届いていてもそれに気付かずに返信が遅くなってしまうことがあります。

そのような時には、あなたもメール以外の連絡方法に変えるなどの対策をすると、彼との連絡がとりやすくなるでしょう。

相手に、すぐに返信をしてほしい、すぐに連絡がとれる状態でいてほしいと思うのであれば相手がよく使う連絡ツールを使うのが一番の早道です。

相手に、自分のやり方を押しつけるのではなく、自分が相手のやり方に合わせるほうが復縁後の関係が上手くいき、ラブラブになれます。

メールはlineと違ってすぐにチェックしたり、すぐに返信したりするような使い方をしない人が多いのが特徴。

特に、世代が上がるにつれて、すぐに返事をする人の割合が少なくなるので、返信速度にこだわらないことも大切です。

復縁後に結婚できるカップルの特徴

前回とは違う関係を築いている


前は女性が男性に依存する関係だったけれど、やり直した後はお互いが自立して依存しない関係に変わった…など、前回とは違う関係を築いているカップルは結婚できます。

なぜなら、前回と同じ関係を築いてしまうと、同じ失敗を繰り返す結果になるからです。

一度も別れずに結婚できたカップルと復縁を経験しているカップルの違いは、失敗経験があるかないか。

失敗したということは、どこかに問題点があったから関係が長続きしなかったのです。

その問題点を無くさない限り結婚までたどり着くのは無理でしょう。

とはいえ、過去に付き合った相手と別の関係を築くのは非常に難しいです。

価値観や性格が多少変化するとはいえ、全く別の人と恋愛するわけではないので、意識せずに過ごしていると同じミスを繰り返すリスクが高まります。

復縁後に結婚できたカップルは「同じことは二度と繰り返すまい!」という覚悟があり、前回とは違う関係が築けるよう地道な努力を欠かしません。

別れていた期間の辛さを忘れていない


復縁に成功したカップルが、その後に関係を長続きさせられるかどうかは「別れた時期への思い」に左右されます。

例えば、「もう元サヤに戻れたから、何も問題ない!良かった!」と過去を全て忘れてしまうと、高確率でダメになります。

これは過去の失敗を活かせていないということ。

復縁活動中は「彼に振り向いてもらう!」という目標があるので、別れた原因を忘れずに過ごせていた人でも、やり直せた途端に安心して別れた理由が頭から抜け落ちてしまうことが多いんです。

好きな人の心を手に入れると、それで満足してしまって「過去の失敗を見なくても上手くやっていける!」と間違った自信をもってしまうからでしょう。

しかし、過去の出来事だったとしても、関係が破綻した別れの理由を忘れてはいけません。

もっと言うと結婚できた後も忘れないようにしないと、離婚の危険性が高くなってしまいます。

今はラブラブで幸せだとしても、「離れて過ごした時間は寂しくて辛かったな…」という感覚を忘れないようにしましょう。

結婚準備の壁を乗り越えられる


結婚は2人が「結婚しようね」と合意するまでに一つ目の壁があり、その壁を越えても「協力して結婚準備を進めていく」という次の壁がやって来ます。

それくらい結婚準備は大変で、準備段階に揉めて別れるカップルが多いんです。

結婚するかしないかで別れたカップルは特に要注意。

結婚への意欲が低い側が結婚に対するネガティブイメージを持っているため、結婚準備でのトラブルが再破局につながりやすいです。

「そろそろ結婚しとかないとな…」と覚悟を決めて復縁したものの、結婚準備に入ってから「やっぱりお前とは無理!」と喧嘩別れするカップルは少なくありません。

結婚というゴールにたどり着けるのは、2人共が結婚への意欲があるだけでなく、最後まで足並みを揃えられたカップルだけです。

恋心以外の条件が揃っている


復縁後に結婚までできるカップルは、様々な条件が整っているのも特徴。

好きだけでは叶えられないのが結婚の難しさで、例えば復縁はできても彼がリストラで会社をクビになった…というトラブルと重なると、結婚への意欲があっても結婚を諦めるか延期にするカップルがほとんどだと思います。

これは運のようなものなので、努力でコントロールできませんが、復縁後に次々とトラブルが起こる…という場合には、結婚は諦めたほうが良いかもしれません。

彼は結ばれるべき相手ではなかったのでしょう。

本来は別々の人生を歩む相手だったはずなのに、運命のいたずらで復縁に成功してしまっただけと思ってください。

逆に復縁後に結婚までが驚くほど順調に進むカップルもいます。

過去に結婚への考え方の違いで別れた経験があっても、運が良ければ復縁後にはノートラブルで幸せなゴールを迎えられます。

中には、不妊症で子供ができないという理由でフラれた女性が、復縁後に自然妊娠して幸せな結婚ができた…という例もあります。

復縁後カレと結婚したいなら心がけるべきこと

新しい一面を見せられるよう努力する


復縁が叶った後は彼以外にも目を向けるのが結婚を叶える秘訣です。

なぜなら、復縁活動中には彼以外の全ての楽しみを諦めていた女性が多いからです。

行動する目的全てが、彼の心を取り戻すことに結びついていたのではないでしょうか?

でも、復縁後にその感覚のままでお付き合いをしていると、早々に再破局します。

今までは元カレという遠い存在だった彼が、今カレという近い関係になったのであれば、あなたから一方的に彼を見るのではなく、彼に「もっとこの子を見ていたい!」と思わせなくてはいけません。

そのためには、毎日一緒にいても飽きない工夫をすることが大切。

一番良いのは、恋人関係以外の顔を見せられる趣味などを持つこと。

恋人としての顔以外の一面を見せて新鮮さを保ちましょう。

普段とは別の顔を見せられるものであれば何でもOKですが、一緒に楽しめる共通の趣味なら、頻繁に別の一面を見せられるのがメリット。

しかし、効果が高いのは彼が知らない世界の趣味に取り組むこと。

普段は可愛らしい彼女だとしたら、ボルダリングでカッコいい姿を披露するなど、「この子にはこんな一面があったんだ~」と新鮮な驚きを与えられれば彼の愛情をキープできるでしょう。

また、この方法はやり取りのマンネリ化を防げるという良さもあります。。

いつも一緒に食事をしていると「今度のデートでは何を食べる?」という会話しか持てませんが、「ボルダリングの仲間と珍しいお店に行ってきたから、今度行ってみない?」「ボルダリング上手になりたいから肉体改造のために高タンパクな食事がとれるレストラン探そうよ!」などと新しい話題のきっかけにも使えます。

復縁活動中に新しい趣味を始める時間的な余裕が持てなかった方は、元サヤに戻れた後には新しい何かを始めてみてください。

破局前と同じことで何度も揉めない


復縁できた後に再破局を予防したい人は、揉め事が起きた時に「この問題って過去にもあったっけ?」と振り返りをしてください。

恋人同士になれば、意見が一致しないなどで揉め事が起こるのが仕方ありません。

でも、過去に別れにつながるような揉め事を復縁後にも繰り返していると、結婚を遠ざけるので注意が必要です。

揉め事の種類はカップルごとに様々ですが、一度でも破局に結び付いた原因は、彼が「どうしてもこれだけは許せない」と思っている事柄と一致します。

あなたは、こんな些細なことで?と思っても、彼にとっては何よりも感情を逆撫でされる出来事だった可能性があります。

例えば、彼が背が低いことを気にしているのに「○○君はちびっこだからね~」と言ったら、あなたは冗談のつもりでも彼は心に深い傷を負っているかもしれません。

それが嫌で別れたというのに、復縁後に何度も身長のことでいじられると、「コイツ別れても何にも変わってないな…一生このままなんだろうな」と今後に期待できなくなるのが問題。

明るい未来を感じさせない人とは結婚したいと思えません。

やり直した後は、過去に彼が嫌がっていたことをしていないか意識して過ごしてください。

過去に彼に指摘された言動を封印できれば、結婚できる確率が上がります。

お互いの信頼関係を安定させる


復縁後には「もう彼を二度と離さない!」と思うが故に、彼に執着してしまう女性が多いのが事実。

一度ダメになったという恐怖感から縛り付けたくなるのでしょうが、それが結婚を妨げる大きな要因になるということを覚えておいてください。

復縁できたのなら彼を信じて、敢えて距離をとるくらいの精神的余裕を持つことが大切。

別れの原因によっては「また浮気してるのでは?」と疑いたくなる場面があると思います。

しかし、そこで感情のままに「浮気してる?」と言ったら、浮気の過去がある彼に罪があるとはいえ、「何度も責められるのイヤだから別れようかな…」と思われてしまうでしょう。

復縁はできても信頼関係を取り戻せないカップルは多いものです。

信頼関係が安定していないと、恋人にはなれても夫婦にはなれません。

また、1人で頑張るよりも2人で協力したほうが良い信頼関係が築けます。

あなた自身が彼を信じるよう努力することも重要ですが、時には「別れた時のショックがまだ消えない」など正直な気持ちを彼に話しましょう。

信頼関係を取り戻すのは時間がかかる作業なので、気長に取り組んでください。

本音で正直に話し合えるようになれば、徐々に信頼関係が安定してくるはずです。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「復縁後ラブラブになれるかは不安との付き合い方で決まります」

占い師 ミミコ
復縁をした後にラブラブになれるかどうかは、彼氏を信用できるかどうかにかかっていると言っても良いでしょう。

復縁をするまでは、復縁できれば全てが上手くいくような気持ちになりますが、実際に復縁が成功すると、また別の問題が生じてきます。

その時に大切なことは復縁をしてくれた彼氏の気持ちを信じて、必要以上に不安にならないこと。

もし、復縁してからの彼氏の態度が予想と違ったとしても、落ち着いて話し合いをするようにすれば、大体は上手くいきますよ。

復縁直後は特別な時期なので、あなたの気持ちも彼氏の気持ちも大きく変化する時期です。

その後に、関係は徐々に落ち着いていきますが、連絡頻度などが少なくなっても、それだけで焦る必要はありません。

ここで彼氏を責めてしまうようなことがあると関係が悪くなってしまい、再び別れてしまうという結果になってしまう危険も…。

ラブラブの関係になりたければ、自分の中に生じた不安という気持ちと上手に付き合っていってくださいね。

その上で彼氏のことをこれまで以上に大切にすることができれば、復縁後にラブラブな関係を築けると思います。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事