※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

「不倫をしていた彼と復縁をしたいけど、どうすれば良いんだろう?」

相手が既婚者となると、なかなか周囲の人には相談をする事が難しいと思います。

仮に相談が出来たとしても、ただただ正論を言われてしまったり、頭ごなしに止められたりと、的外れなアドバイスをされる事も多いのでは無いでしょうか。

そんな秘密の恋愛で悩んでいる女性の為に、この記事では、既婚男性と別れてしまった後、相手はどんな気持ちを抱くのかや、その気持ちを武器にして距離を縮めるアプローチの仕方などを紹介しています。

また、不倫関係が配偶者にバレてしまっている時の対処法や、既婚者同士の復縁方法などのナイーブな問題に関しても詳しく解説しているので、既婚者の彼との関係に悩んでしまっている人は、是非読んでみてください。

本日のメニューはこちら

不倫が終わりを迎えてしまう原因や理由

嘘をつき続けることに疲れたから


不倫は未婚者同士の恋愛と違って、嘘をつかなくては成立しない関係です。

最初は隠れて会う密会ムードを楽しんでいたとしても、長く続けるうちに嘘を隠し通すことに疲れてきます。

既婚者が家族に嘘をつかなくてはいけないのはもちろんのこと、妻子ある男性と恋愛している未婚者も周囲の友達に不倫の事実を隠していることが多いでしょう。

既婚者ほど嘘をつく必要はないとはいえ、周囲の友達が恋愛話で盛り上がっていると、自分の彼氏は家庭があるとは堂々とは言えません。

不倫が社会の中でタブー視されているため、恋人以外には嘘ばかりついている生活になってしまうのが辛さ。

恋心のドキドキ感が嘘をつく苦しみを上回っている時期は、「誰にも言えない関係だけど、私には最愛の人がいる…」と思えるので、続けていけます。

しかし、どちらか一方でも、これ以上嘘で塗り固められた生活をするのは嫌だと思うと、終わりを迎えます。

それ以外にも配偶者にバレそうになり、嘘に嘘を重ねるような状況になると、しんどさが急激にアップします。

小さな嘘であれば、罪悪感を持つことなく平気だったとしても、バレたらとんでもない大きな嘘をつくのは精神的なストレスにつながるからです。

ただ、不倫経験が豊富になると、嘘をつくことに慣れてしまい、よほどのことがない限り嘘ばかりの生活でも気になりません。

しかし、不倫経験が少なかったり、性格的に隠し事が嫌いだったりすると、嘘に疲れて早い段階で別れたくなってしまいます。

相手に飽きてしまったから


非日常の刺激だけを求めている場合には、新鮮味がなくなるとサヨナラを言い渡されてしまいます。

いわゆる遊びの浮気というパターンで多く、気持ちがこもっておらず、一時の快楽のために付き合っているケースです。

両方ともが後腐れのない関係を望んでいるカップルもいれば、一方は本気で恋人だと思っているのに、残った一方はただの遊び、というカップルもいます。

刺激目的の場合には、最初から別れる覚悟がついているので、あっさりと別れ話をされるのが特徴。

いつも通りに食事をし、エッチをして、まるで日常会話のひとつのように「あ、今日で会うの終わりにするわ」と告げられます。

時には、全く深刻な素振りも見せずに、笑い話のような感覚で告げられるかもしれません。

すでに冷めていて用無しだと思っているため、相手の気持ちを思いやることがなく、自分本位な別れ話をされたら刺激目的で浮気相手に選ばれたのでしょう。

また、別れ話を全くせずに急に連絡が取れなくなった場合にも、飽きたからコンタクトをとらなくなった可能性があります。

話をするのさえ面倒だと感じると、ある日突然連絡が全く取れなくなり一方的に捨てられてしまいます。

本気になり不倫関係に耐えられなくなったから


最初は軽い火遊びのつもりだったのに、本物の愛情を持つようになると、精神的に耐えられなくなり別れを選ぶカップルもいます。

気楽に会えて、日々のストレス解消をするだけのつもりだったのが、体を重ねるうちに本気になってしまい、このままでは家庭が崩壊する…という危機感を持ち、大人の判断をします。

本来なら本気になったのならもっと一緒にいたいと思うようになりますが、不倫に溺れることだけはしたくないという価値観のある人は、真剣になりかけている自分を発見すると早めに別れるという行為で自分を守ろうとします。

これ以上好きになっても決して結ばれるわけではないと分かっていると、傷の小さなうちに引き返そうと思うからです。

このケースに当てはまるのは、過去に泥沼になった経験を持つ人で、同じことを繰り返したくないという思いで、自ら別れを選びます。

しかし、本気の愛情が残っているので、決意を固めても別れたくなくなって別れ話の途中で関係を再開してしまうカップルも多いです。

優柔不断な性格の人だと別れるまでに数か月の時間がかかり、別れることはできても最愛の人と離れなくてはいけない経験で心に深い傷を負います。

家族や友人にバレたから


家族にバレて突然終わるケースでは、配偶者以外にも親や友達にバレて反対されるというパターンもあります。

配偶者に事実を知られたら、婚姻関係を解消させられてしまうかもしれないので、すぐにやめて浮気相手とは会わない生活に戻るでしょう。

また、誰にも言えずに不倫関係を続けていた場合には、親や友人に見つかって、「既婚者ではなく普通の未婚者と恋愛をしろ」と説得されることが珍しくありません。

不倫で娘が不幸になることを恐れた両親は、必死になってやめるよう説得してきます。

友達の場合には、そこまで口出ししないかもしれませんが、不倫に良いイメージを持っていない人の場合には、親切心から説教めいた発言をしてきます。

最初は鬱陶しく感じているだけだったとしても、何度も話を聞かされているうちに不倫のデメリットを強く意識するようになり、別れた方が自分のためになるのかも?と意識が変化していきます。

周囲から反対されることが多い不倫関係の場合には、祝福される機会が滅多にありません。

そのため、説得に耐え切れずに別れを選ぶカップルがたくさんいます。

次のステップに進みたくなったから


通常の恋愛は、お付き合いから始まって結婚へとステップアップができます。

結婚した後は家庭を築き子供をもうけ…と人生の階段を上っていきます。

しかし、不倫関係の場合には同じ場所で留まることしかできません。

時間が経過しても、二人の結びつきが強くなっても、ステップアップは不可能です。

いつまでこの関係を続けなくてはいけないんだろう…と、どちらか片方でも思い始めると関係がギクシャクし始めます。

一緒にいても楽しさよりも、今後への不安を感じるばかりになり、いい加減不倫をやめてステップアップできる恋愛をしたいと思うようになると、何もかもが上手くいきません。

特に多いのは、独身女性と既婚男性のカップルで、女性が結婚を意識した時です。

このまま、2番目の女のままで一生を終えるのだろうか?と思うと、不倫関係に嫌気がさしてきて相手男性への愛情が残っていても別れたくなります。

距離が離れてしまったから


不倫関係では一緒に生活をすることができないため、転勤や引っ越しで距離が離れて別れるケースも多いです。

例えば、配偶者の転勤について行かねばならなくなれば、相手とはもう会うことができません。

自分が転勤になった場合でも、結婚するわけにはいかないので、遠距離恋愛となり終わりを迎えます。

稀に、離れていても2~3時間の距離なら頻度を落として関係を続けるカップルもいますが、そこまで時間とお金をかけて会いたいと思えるような不倫相手がいることは滅多にありません。

不倫の場合には遠距離では難しいので、住んでいる場所の距離が遠くなるきっかけがあると、それを理由に別れることになるでしょう。

別れた不倫相手と復縁したくなる心理

時間が経つと久しぶりに会いたくなる


不倫相手と普通の恋愛相手との違いは優先順位の高さです。

恋人が生活の中で大半を占めるほど優先順位が高いのに比べ、浮気相手はそこまで優先順位が高くありません。

家庭や仕事以外の空いた時間で会うという生活をしているため、忙しくなるとすぐに会えない日々が続き、そのまま終わってしまいます。

それでも家庭のことや仕事で忙しいと浮気相手のことを思い出す余裕もなく、毎日があっという間に過ぎていきます。

しかし、ふと暇な時間ができると「最近あの子に会ってないな」と思い出し、なつかしさと共に復縁したい気持ちになってきます。

忙しさが原因で会わなくなっている場合には、関係を解消した後に、喪失感を抱く間もなく時間に追われていることが多いので、復縁に抵抗感がありません。

時間がないという理由で別れを告げられた側は寂しさで毎日泣いてばかりの日々を過ごしていたとしても、忙しくしていた側は悲しみに浸る暇もない生活を送っています。

だから、復縁への気持ちも軽い感覚。

そこまで深刻な想いではなく「暇だからまた不倫でもしようかな~」という気持ちで復縁を望みます。

本気で愛する人と一緒にいたくなる


嫌いになって別れたのではないカップルが多いのが、不倫の特徴。

これ以上好きになったら困ると思って関係を解消している人達もいるので、「本気で愛する人と一緒にいたい」と思うようになれば復縁を望むのも自然なことでしょう。

一度は理性で別れを選択したとしても、本気で好きな人がいるのに離れている状態を続けるのは難しいです。

どちらもが愛し合っており深い信頼関係で結ばれているようなカップルの場合には、浮気がバレるというリスクを冒しても会いたいと思えて復縁したくなります。

また不倫関係に戻るのはダメ!と自分に言い聞かせるほど余計に復縁したくなる


不倫関係はしてはいけないことをしている自覚があるので、ダメだと思えば思うほど余計に復縁したくなります。

これは、カリギュラ効果というもので、見てはいけないと言われると余計に見たくなるという心理です。

「閲覧注意」と書かれていたり、モザイクがかかっていると欲望が高まることがあると思いますが、それこそがカリギュラ効果です。

不倫そのものにネガティブなイメージがあるため、やめなくてはいけない!と強く思う人が多いです。

しかし、禁止されるものほどやってみたくなる心理が働き、復縁したくなってしまいます。

特に頭で物事を考えて行動するタイプの人は、相手のことが好きだという感情よりも「不倫はいけないこと」「不倫はもうやめなくては!」という道徳心ばかりを考えてしまうので、カリギュラ効果により復縁したくてたまらない状態に追い込まれてしまいます。

非日常な出来事がないと退屈な毎日に耐えられない


一度は関係を終わらせたものの、次の相手がいない状態になると、代り映えのない退屈な日常を繰り返すだけになってしまいます。

しばらくは不倫相手のいる贅沢な状態に慣れてしまっていたため、退屈な日常がどれほど苦痛であるかを忘れていた人も、別れた後に何も刺激のない日々のつまらなさを再確認します。

しばらくは、仕方がないと思って退屈な日常を繰り返し、別の楽しみを探すことに労力を使いますが、恋愛の高揚感に勝るものはないと気付くと、復縁したい気持ちが高まります。

もう一度非日常を取り戻そう!と思い始めると、過去の女性のことが頭から離れません。

また、非日常な出来事は性的なことも含まれます。

配偶者とはこんな事はできない、と思うような大胆なことをしたり、魅力的な女性を抱くことは男性にとって非常に意味のあること。

不倫相手との性的な関係を懐かしんで復縁への意欲を燃やす男性は少なくありません。

別の不倫相手を探すよりも復縁するほうがいい


不倫の特徴はバレてはいけないこと。

既婚者は常にリスクを抱えて浮気しています。

だから、気軽に別の相手を探すことができず、手あたり次第に声を掛けると世間に浮気の事実がバレるリスクが高まります。

どうにかして安全に不倫相手を作り出したいと思った既婚男性は、過去の女の中で相手をしてくれそうな人を探し出します。

その結果、元カノと復縁して相手になってもらおうと思うようになるのです。

こういったパターンでは複数の女性に同時に声を掛けていることも多く、自分から復縁したいと言ってきた割に雑なアプローチをされるのが特徴です。

本気でやり直したいのか、適当なのか判断に迷う場合には、単にリスクを最小限にしたいために復縁したいと言われている可能性があります。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

既婚男性が別れた後抱く未練はこんな気持ちです

心の拠り所が無くなってしまい寂しい


不倫をする既婚男性に多く見られるのは、結婚生活があまり上手くいっていないという状況です。

結婚をする理由は人それぞれですが、ほとんどの男性が家庭に癒しを求めています。

仕事や職場の人間関係などで疲弊しているにも関わらず、家庭でも肩身の狭い思いをしているとなれば、それらの場所とはまた別の所で癒しを求めてしまうのは、仕方の無い事とも言えるでしょう。

ただ、一般的に不倫は良く無い事とされている為、立場的に家庭を優先しなれけばいけないという罪悪感や義務感を感じています。

また、仕事や家庭の逃げ場を、他人を巻き込んでまで不倫という形で作っているにも関わらず、その関係に慣れてしまうと、いつの間にか女性に対する感謝の気持ちを忘れてしまうのです。

その為、別れる間際にはその場所に救われていた事に気付けず、別れた後に、不倫相手の女性に救われていた事に気が付くというケースがあります。

そして、不倫関係が無くなり普通の日常に戻った時、不倫相手の女性が心の拠り所だった事を思い出し、別れなければ良かったと未練の気持ちを抱くのです。

しかし、少し難しい問題であるのが、不倫関係が仕事や家庭よりも重いものになってしまった時です。

例えば、不倫をしているよりも仕事や家庭に身を置いている方が楽だと感じてしまった場合、リスクを犯してまで不倫をする意味が無くなってしまいます。

言ってしまえば、既婚男性は逃げ場がたくさんあるので、その場所が辛いと感じればいつでもどこかに逃げてしまうのです。

既婚男性に未練の気持ちを抱かせる為には、付き合っているメリットや居心地の良さを感じさせる事が大切になるでしょう。

もっと大切に出来ていたら…と後悔


不倫をする理由は人それぞれですが、中には本気で不倫相手の女性を愛している男性もいるでしょう。

しかし、立場や状況を考えると不倫相手の女性を優先し続ける事が出来ず、おざなりにしてしまうという事もあると思います。

その為「彼の状況は分かっているけど、わたしを優先して欲しい」という気持ちから、関係が複雑に絡み合って別れに至ってしまった、という方もいるのでは無いでしょうか。

不倫において一番難しい問題は、優先したい事と優先するべき事が違うという事です。

また、女性側からすると、優先して欲しい事と優先される事が違う為、それぞれの行動や気持ちに大きなズレが生じて、関係が上手くいかなくなります。

お互いが「どうして分かってくれないんだろう」という気持ちを抱き続ければ、その関係を悪だと感じるようになり、別れを選んでしまいます。

しかし、男性側からすると、行動で示す事は出来ないけど、本当はもっと大切にしたいという気持ちがあるのも確かです。

女性側の苦しい気持ちを読み取りきれずに「まだ大丈夫、もう少し経ってから行動に移す」と関係の終着点を先延ばしにし過ぎて、別れてから「行動に移すのが遅かった」という事に気付くのです。

不倫相手の女性を大切にしたい気持ちは既婚男性の中にもあるので、彼なりにあなたをもっと大切に出来ていれば、と別れた事を後悔しているはずです。

人生には、失わないと気付けない事がたくさんあります。

あなたが別れてから復縁をしたいと願うように、彼もあなたを失った事で、何を大切にすべきだったのかを知り、別れた事を後悔しているでしょう。

あなたが振られた後、実は既婚者男性はこう動きます

妻子を今まで以上に大事にする


あなたが不倫相手の既婚男性に振られた後、彼は今まで以上に妻子を大切に扱うようになるでしょう。

しかし、これは行動面でのことで、心とは裏腹なことが多いです。

不倫をしている状態だと、どれだけ妻との関係が冷めきっていたとしても罪悪感を抱くのが普通なので、「不倫して妻に悪いことをした…」という気持ちが強くなり、何かで埋め合わせをしないと気がおさまらない…と思った男性は分かりやすい方法で妻や子供を大切にします。

例えば、休みを取って旅行に連れて行ってあげる、サプライズでプレゼントをあげるなど、不倫前にはしなかったようなことを家族にしてあげるようになります。

これは彼にとって罪滅ぼしをしているということになるので、家族サービスをしている時の彼の表情は明るく誇らしげであることが多いでしょう。

もし、あなたが不倫相手が家族と一緒に居るところを見たら「すごく幸せそう…」といったイメージを持つと思います。

しかし、家族サービスをしている時の彼の心の中は別れた不倫相手のことでいっぱいになっていることが多いんです。

表面的には良い父親、いい夫を演じていたとしても、「どこか心が満たされない…でも、家族のためにしっかりしないと!」と無理に自分を励ましています。

必要以上に仕事に励む


不倫相手と別れた男性は、何かをしていないと気が紛れないので不必要に仕事を忙しくします。

不倫相手と別れて寂しいと思っても、独身男性のように気軽に他の女性と付き合うわけにはいかないので、既婚男性は逃げる場所が仕事場しかありません。

家庭が円満で妻との仲が良ければ家庭に癒しを求めるのでしょうが、不倫をする既婚男性は妻との関係に不満を抱いていることが多いので、必然的に仕事をするしかなくなってしまうんです。

何かしていないと別れた不倫相手のことを思い出して、悲しい気持ちになってしまうので、「とにかく何も考えたくない!」と思っている男性は、仕事ばかりをして家には帰って寝るだけ…といった生活を送るようになるでしょう。

無意識に新しい相手を探してしまう


不倫をする既婚男性にとっては、不倫の非日常感は忘れられない魅力があります。

結婚をするとドキドキを感じられることがほとんどなくなり、子供が生まれると妻を女性として見られない…と感じる既婚男性も大勢います。

しかし、男性は女性以上に異性を必要とします。

妻とは体の関係を持たなくなった場合を含めて、ときめきたい…という気持ちで家庭以外の場所を求めてしまうのです。

そんな男性が不倫すると、つまらない日常が一気にバラ色になります。

独身時代のような刺激のある時間を得ることができるのが不倫なので、既婚男性にとっては非常に大きな意味があります。

そのため、一度でも不倫を経験してしまうと「もう一度あの非日常感を味わいたい…」という思いで頭が一杯になってしまいます。

生きがいを失い淡々と毎日を送る


結婚をしている男性にとって不倫は唯一安らげる時間で、不倫相手に会うことだけを生きがいにしている男性も多いものです。

不倫相手の彼女だけが自分を大切にしてくれる、彼女に会えると疲れがとれる…など他のものでは代用できないと思っているので、不倫関係が終わってしまうと、生きがいを失って抜け殻のようになってしまいます。

今までは、彼女に会うことだけを目標にして過ごしてきた既婚男性は、不倫相手と会う時間が無くなり目標を失ってしまうのでしょう。

特に不倫がバレそうになって、別れたくないけれど別れるしかなかった…というケースではこういった状態になりやすいです。

心のどこかでは、不倫関係を続けたかった…という強い未練を抱えているので、新しいことを始めるような気力も持てず、ただ淡々とやるべきことだけをする…という毎日を送ります。

お酒やギャンブルなどに逃げる


不倫で日常のストレス発散をしていた既婚者の男性は、お酒やギャンブルなど恋愛以外でストレス解消できるものに逃げます。

いつもはそこまでお酒を飲むタイプではなかったとしても、仕事と家族の相手だけの生活では楽しみを見いだせず、夜に1人で深酒をしてしまう…という男性も多いです。

不倫相手を失った喪失感で深酒になりやすく、お酒の量がどんどん増えてしまうこともあるでしょう。

ギャンブルに関しても、寂しさが原因で行っているので勝っても楽しめず、徐々にかける金額が大きくなるなど急激にのめり込んでしまう男性も珍しくありません。

体の関係を持つ相手がいなくて困る


不倫関係は体の関係を重視していることが多いので、不倫する相手がいなくなったことで夜の相手がいなくなって困る既婚男性もいます。

不倫をしていても妻とも体の関係が定期的にあるという人もいますが、不倫をしている男性は妻とは長い期間関係を持っていないという人も多いでしょう。

そのため、不倫相手がいなくなると誰とも体の関係が持てない…という悩みを抱えることになります。

男性にとっては、体の関係が持てる人がいないというのは深刻な問題なので、相手が欲しくて仕方ない!という状態になってしまいます。

どうしても耐えられない!という衝動が強くなると、既婚男性は体目的での出会いを求めて行動するようになるでしょう。

離婚して迎えに行く…その言葉の裏にはこんな本心があった

どうしても彼女を手放したくない


離婚して迎えに行くという男性の中には、本気で彼女のことが好きで、妻を離婚する覚悟を決めている男性もいます。

そういった男性の特徴は、自分で決めたタイミング以降は相手女性との連絡も取らないようにすること。

今から離婚を成立させるまでには、不倫をしていることがばれてしまうと、妻との関係が不利になってしまいます。

真剣に離婚する気持ちがあるからこそ、離婚が成立するまでは我慢しようという決意を持つことができるのです。

不倫をしている相手からこのセリフを言われた時には、彼が真剣にそう思っているかを見極めることが重要。

もし、彼が本気で離婚を考えていてくれるのであれば、あなたも覚悟をして彼の離婚が成立するまでおとなしく待っていなくてはいけません。

彼と離れている期間に寂しいからと言って他の男性と付き合い始めてしまうと、離婚して迎えに来てくれた彼とやり直すことができなくなるからです。

彼の気持ちが本気だと思った時には、彼の様子をしっかりとチェックして、本気なのかどうかを確かめておきましょう。

離婚できるかどうかは分からないけど…


妻に対しても彼女に対しても同じように好きだという気持ちを持つ男性は、離婚できるかどうかは分からないけれど、迎えに行きたい気持ちは本気なんだ…という気持ちでこの言葉を口にします。

不倫関係になっている男性の中には罪悪感を抱えながらも、好きな感情を抑えられないタイプの人がいます。

常に女性を本気で好きになってしまう性格の男性で、妻も彼女もどちらもが大切で手放したくありません。

しかし、世間一般的には、不倫はいけないこと。

罪悪感に負けて彼女とは別れたほうが良いのでは?と自分を責める気持ちが出てきます。

その際には、本当に好きだということを彼女に分かってもらうために、離婚して迎えに行くから…というセリフを使います。

発言に嘘の気持ちはないけれど、妻と離婚できるかどうかは分からないし、妻のことを捨てることもできないと考えているのでしょう。

こういったパターンでは、一緒にいる時には彼女のことを大切にしてくれますが、最終的には妻を選ぶことが多いので、離婚する可能性は低いと考えられます。

本当にそう思っている


既婚男性が、女性に対して「離婚するから…」という時には、何も疑いなくそう思い込んでいるというケースもあります。

今後を深く考えないタイプの男性に多く、相手の女性と過ごす時間も悪くないと思っているので、そのうちに今の妻とは離婚できたら彼女と一緒になりたいな~という軽い気持ちです。

現実的にどうこうしようと思っているわけではなく、自分の中の世界でぼんやりとイメージをしている感じでしょう。

だから、本気で離婚をしようと思っているわけではありません。

具体的に離婚をどのように成立させるかなどは全く考えておらず、いつかそうなってくれるはず…という願望に近い気持ちです。

しかし、本人は嘘をついているわけではないので、相手女性に対する気持ちは本物。

彼女とまた一緒にいたいと思っているから、このセリフを口にするのでしょう。

不倫をしていることに罪悪感を抱かずに、好きな女性のことを一番に考えるタイプの男性は、このような気持ちでこのセリフを言っていると考えられます。

不倫関係を終わらせることに関しても、そこまで真剣に考えておらず、彼女への気持ちが冷めて新鮮味が感じられなくなったから、一度別れて、また機会があったら付き合えばいいか…という程度の感覚です。

彼が物事を楽観的の捉える性格の場合には、このように適当な気持ちで、離婚して迎えに行くというセリフを使っているのかもしれません。

このセリフで彼女を引き止められる


不倫をしている男性の中には、絶対に離婚をするつもりはなくても、離婚するから…という人もいます。

その場合には、離婚という言葉を出しておけば、女性が期待して好きでい続けてくれるという確信をもっているからです。

女性はきちんとした婚姻関係を結びたいと思っている人が多いので、不倫関係に疲れた女性は離婚してほしいと願うようになります。

でも、そのセリフを言うと不倫関係が終わってしまう危険があるので女性は我慢して自分の気持ちを抑えます。

そんな時に相手の男性が離婚するから…と言ったら、やっぱりこの人ともっと一緒にいたいと愛情が強まるでしょう。

男性はそれが分かっているので、離婚する気はなくても、相手女性の心を引き止めておくために「離婚して迎えに行く」という言葉を口にするのです。

不倫関係が終わっても彼女を自分に引き止めておけば、またすぐに関係を持つことができるという目的で、このセリフを使ったということです。

他にも不倫関係になっている彼女がいる場合や、できるだけたくさんの女性をつなぎとめておきたいと思っている男性はこういった理由でこの言葉を使います。

嘘でもこう言うしかない


不倫関係になっていると、どろどろとした状況になり、お互いの気持ちが感情的になってしまっていることがあります。

そのような時には、興奮している女性を落ち着けるために男性はこのセリフを使います。

とりあえず、こうやって言い訳をしておけば彼女も落ち着いてくれるだろうと思って言っているので、本当に離婚する気は全くありません。

ただ、彼女を満足させるためなので、きっと彼女がこう言ってほしいと思っているはず!という推測でこのセリフを思いついたと考えられます。

その場の状況を良くするためだけのセリフなので、こういったケースでは男性には好きだという気持ちがほとんど残っていないでしょう。

もし、別れる時にあなたが大騒ぎをして別れを渋ったなど、状況が悪かった時にこのセリフを言われたのであれば、彼の本心ではなく、その場を収めるために使われた言葉だという可能性が大きくなります。

未練を武器にして距離を縮める方法

新しい恋人の存在を匂わせる


既婚男性は、独身男性よりも比較的気持ちの誘導がしやすい傾向にあります。

結婚をしている時点で、女性から恋愛対象として見られなくなる事が多いので、自分を恋愛対象として見てくれる女性に対しての執着心が増すからです。

その為、新しい恋人の存在を匂わせるなどの、相手の気持ちが高揚するように仕向けると、彼はあなたを取り戻そうと何かしらのアクションを取ってくるでしょう。

もし「そんな事をしてしまったら、関係が終わってしまうかもしれない」という心配があるならば、恋人が出来たとは言わず、好きな人や気になる人がいると言ってみてください。

その後に「だけど、あなた程は好きになれない」などと、彼を必要としている事を示せば、彼の方から歩み寄ってくれるはずです。

彼の執着心を上手に操り、彼の心をあなたの所に取り戻しましょう。

彼の立場を責めずに復縁をする


不倫関係にあった男女が別れる原因で最も多いのが、どちらかがそれ以上の進展を求めてしまった事によるすれ違いです。

特に既婚男性は、不倫相手の女性には聞き分けの良さを望んでいる為、少しでも我儘を言われてしまうと、関係を断とうとしてしまいます。

どれだけ愛し合っていても、自分がしてあげられる事以上を求められてしまうと、一緒にいる事に限界を感じてしまうのです。

ですが、本当は一緒にいたい気持ちや、彼女さえ理解してくれれば交際を続けたいという気持ちはあるので、復縁をする事は出来ます。

彼は、あなたとの交際を続ける事によって、家庭や仕事を失ってしまうのではないか、という恐怖に怯えています。

「一緒にいたいけど、大切な物を失いたくない」という思いが大きいので、まずは、あなた自身には彼の大切な物を壊す意思が無い事を伝えましょう。

あなたと彼が上手くいかなかった原因は気持ちのすれ違いだけなので、きっとあなたの元に戻って来てくれるはずです。

素直に復縁をしたいと伝える


不倫をする既婚男性は、結婚生活にはない刺激を、不倫に求めている事が多いです。

別れた直後は、不倫をしていた罪悪感から解き放たれますが、しばらく経つと刺激がない日々に物足りなさを感じるようになります。

「本当は復縁をしたいけど、既婚の自分が復縁をしたいとは言えない」と、一応自分の立場をわきまえているので、復縁に対しては遠慮がちです。

なので、彼が日常に物足りなさを感じているような気配がある場合は、あなたから素直に「復縁をしたい」と告白をしてみてください。

「こんな自分のところに戻ってきてくれた」と嬉しさを感じた彼は、あなたとの復縁を快く受け入れてくれるでしょう。

もし、それでも彼が復縁をOKしてくれない場合は、あなたとの関係を少しネックに感じてしまっているかもしれません。

例えば、別れ際に重い言葉を言ってしまったり、彼の立場を苦しめるような行動をしてしまったりと、彼を困らせる行動や言動をしてしまっていませんか?

思い当たる節があるならば、それらを撤回する言動や行動をとってみてください。

あなたと復縁をしたいけど少し怖いな…と復縁に迷っていた彼も、あなたの甘い誘惑に負けて、復縁をする気持ちになってくれるでしょう。

既婚男性の未練を引き出す心理学の活用法

好きだと伝えよう「返報性の原理」


既婚男性の心を取り戻したい時には、返報性の原理を活用しましょう。

返報性の原理とは、相手に何かしてもらった時にはお返しをしなくてはいけない気持ちになるというものです。

つまり、あなたから相手男性に好意を感じさせることができれば、彼もあなたに好意を返してくれるということ。

好きだと言えばいいだけなので、すぐに行えるのがメリット。

好きだというセリフを口にしない方の場合には、最初は恥ずかしくてできない…と抵抗があるかもしれません。

しかし、普段好きだと言わない女性から好きだと言われたら、男性はドキッとします。

既婚男性の場合には、妻との関係も落ち着いてきて、誰からも好きだと言われていない人が多くなります。

そんな状況の中で普段は好きだと言わないあなたの口から好きというセリフを聞いたら、もう一度やり直したい…という気持ちになるでしょう。

ギャップを見せる「ゲインロス効果」


既婚男性の未練を引き出す方法としてはゲインロス効果もおすすめ。

ゲインロス効果は、分かりやすく言うとギャップを利用して男性の心をつかむ方法です。

ゲインロス効果は、日常的にもよく使われており、男性の意外な一面を見て急に好きになってしまったという経験をした女性も多いはず。

ギャップがある人は男女問わず人気が出るというのもゲインロス効果が働いている証拠なのでしょう。

既婚男性との関係を再開したいのであれば、普段とは真逆の女性を演じてみてください。

例えば、いつも甘えてばかりの関係だったのであれば、自立したカッコいい女性に見えるような態度や服装を心がけて。

いつもとは違うあなたの姿を見た相手男性は、新しい女性に出会ったような気持ちになり、もう一度あなたのことを手に入れたいと思うようになるでしょう。

いつもは真面目で固いイメージだった女性は、大胆に自由奔放な女性になってみてください。

いつもの自分の殻を脱ぎ捨てて思い切って新しい女性になったつもりでイメージチェンジをすると、自分自身にも新しい発見があり、楽しみながら彼の気持ちを取り返すことができます。

弱みをアピール「アンダードッグ効果」


男は放っておけない女性が大好きです。

オレが助けてあげないと…と思うと、その女性に惹かれ始めている証拠。

その効果をアンダードッグ効果を言います。

男性には庇護欲があり、自分がだれかを守っていることで男を感じて満足できます。

普段は家で奥さんの尻に敷かれているような男性は家の外で庇護欲を満たそうとします。

いつもは家庭の中で小さくなっている男性にとって、弱みを見せられた女性は特別な存在。

彼の前で弱みを見せて、心をつかみましょう。

この時には、できると思っていたことで弱みを見せると男心を刺激することができます。

運動が得意で活発な性格だけどおっちょこちょいなど、男性がかわいいな…と思える部分で弱みを見せるようにしてください。

「ダブルバインド」を使って


ダブルバインドは質問の仕方に工夫をする方法です。

イエスかノーかの質問をするのではなく、A or Bという聞き方をすれば、彼はノーということができません。

復縁をしたい時には、復縁をするかしないかで質問をすると、彼にノーと断られてしまいます。

そのため、今度AかBに行かない?といった誘い方をすれば、彼は自然とAかBを選んでくれるので、デートをすることができます。

日程を決める時にも、ダブルバインドを使うと彼が空いている日を教えてくれます。

土曜日か日曜日どっちにする?という質問をして、彼に空いている日を選んでもらいましょう。

常に彼にノーと言わせないことで、彼はあなたと一緒にいることが当たり前に感じられるようになり、いつの間にかやり直すことができていた…という結果になるかもしれません。

気が合うなと感じさせられる「ミラーリング」


彼と会うことができた時にはミラーリングを使いましょう。

ミラーリングとは鏡に映った時のように、相手と同じ動作をすること。

相手がした動作を同じようにするだけで、マネされた相手から「気があうな」と思ってもらえます。

不自然になってしまうと逆効果なので、あくまでさりげなく行動に移しましょう。

家では性格の不一致で妻との関係が上手くいっていない男性にはミラーリングが効果的。

自分を分かってくれる相手がいないと思っているので、ミラーリングで気が合うと思わせられれば、癒しを与えてくれる女性だと思ってもらえます。

彼と一緒にいる時間がとれないと実践が難しくなりますが、彼の近くに行く機会があった時にはぜひ試してみてください。

ミラーリング効果を使う時には、彼の視界に入る場所で行うのもポイント。

あなたが彼の動作を真似ていても、それが彼に気付いてもらえなかったら意味がありません。

できるだけ彼の近くに行き、彼の視界に入る場所でミラーリングを行うようにしましょう。

「ピークエンドの法則」で最後の印象をよくする


ピークエンドの法則は、出来事の絶頂期と最後にあったことが強く印象に残るというものです。

つまり、今までにたくさんの出来事があったとしても、それを全て覚えているという訳ではなく、出来事の中で一番嬉しかったり悲しかったりしたことと、最後の場面だけが強く印象に残るということ。

既婚男性との思い出を振り返って、最後に険悪なムードで別れてしまった場合には、彼の心の中にはあなたとの関係全てが険悪だったかのようなイメージになっているかもしれません。

それでは復縁をするのが難しくなるので、まずは彼の中であなたの印象がよくなるようなアピールをしてみましょう。

復縁をしたいのであれば、がむしゃらに「やり直したい!」と訴えるのではなく、「〇〇の時は楽しかったね」と良い思い出をイメージしてもらいます。

これだけで、彼の中のあなたの印象が大きく変わります。

良い印象をたくさん残すことができれば、それだけ別れた時の険悪なムードを忘れることができるでしょう。

彼と直接会うことができるのであれば、別れた時の悪いイメージを払拭してもらうためにも、彼と過ごす時間を作って、楽しいことをするのもおすすめ。

あなたと一緒にいる時に、楽しくて幸せだと彼が感じたら、それがそのままあなたのイメージとして残ります。

実は復縁したい既婚者男性が出すサイン

一人で行動している様子をSNSにアップ


復縁したい既婚者男性は、家族はいるけど1人で行動していることを元カノに伝えるためにSNSを使います。

週末や平日の夜など家族と一緒にいるはずの時間に、ひとりでお出かけをしたり趣味の時間を楽しんで、それをSNSにアップします。

しかも、「1人」という部分を強調した文面もセットで投稿していることが多いでしょう。

どこかに行ったことを自慢げに語るというよりは「既婚者だけと1人で寂しいです」という雰囲気を醸し出すような投稿が増えるはず。

それでも元カノからの反応がない場合には、もっと分かりやすく「夫婦喧嘩になりそう」「妻を怒らせてしまった」など夫婦が上手くいっていないことをそれとなく投稿してくるでしょう。

強がりを言って平気な素振りを見せる


既婚者男性は結婚しているというプライドがあるせいか、素直に復縁したいと言ってこないことがあります。

自分には妻がいるのに、浮気したいと女性に近づくことへの罪悪感も関係しているのでしょう。

素直に復縁したいと言えない既婚者男性は、わざと「女はもうこりごりだよ」「女ほど面倒なものはないな」など強がりともいえる発言をしてきます。

内容だけを聞くと「もう浮気しないってことなんだな」と思うかもしれませんが、これは彼のやせ我慢です。

実際には、妻以外の女性と関わりたくて仕方ないのに、それをストレートに出すことができないのです。

女性から振られてしまって悔しいと思っている時にも、このように心とは裏腹のセリフを口にする男性が多く、本人は強がって男らしいところを見せれば彼女がまた近寄ってきてくれると思っています。

本当に女に興味がなくなったら、女のことを口にすること自体がなくなるでしょうから、わざわざ強がりを言っているということは女への未練があるということです。

しかも、元カノであるあなたに聞こえるように言う場合には、復縁したいサインだと思って間違いないでしょう。

自分からは連絡してこないけど返信が早い


既婚者の男性は不倫に後ろめたい気持ちがあるので、自分からは連絡をしづらいのが特徴です。

本当は元カノとたくさんやり取りをして癒してほしいと思っているものの、既婚者という立場があるため、思った通りには行動できません。

だから、メールやlineを頻繁にチェックして、元カノから連絡があったらすぐに返信し、なるべく長くやり取りを続けたがります。

あなたが連絡をするといつも早い段階で返事が来て、しかも最後に質問をされるなど、やり取りを続けたがっている時には、復縁したいサインの可能性が高いです。

自分の話をするだけでなく、あなたの発言に質問をしたり、優しく「うんうん」と相槌を打ってくれて丁寧な対応をしてくれる場合には、関係をやり直したいと思っているのでしょう。

聞いてもいないのに自分の予定を話す


既婚者男性は、相手から「一緒に行きたい!」と言ってもらうため、自分の予定をわざわざ伝えてきます。

単純に誰かと話したいという欲求もあるのでしょうが、「今週末は〇〇に行こうと思っている」など、聞いてもいないのにスケジュールを明かしてくる場合には、あなたが一緒に行きたいと言ってくれるのを待っているのです。

本当は復縁したい元カノの予定を聞き出したい気持ちでいっぱいですが、それをすると既婚者が女性を口説くことになってしまうから避けたい…と既婚男性は思います。

でも、どうしても元カノとデートしたい気持ちがあるので、自分の予定を彼女に伝えてデートできるよう仕向けます。

あなたの興味があるような場所にばかり行くとアピールしてくる時には、高い確率で復縁したいと思っています。

奥バレ・旦那バレしている時の対処法

不信がられる行動や言動はしない


これは、不倫がバレそうな時やバレているけど、まだ釈明の余地がある時の対処法です。

不倫をすると、大抵の人が配偶者に罪悪感を感じると思います。

そして、その罪悪感から逃れる為に、普段はしない行動や言動をしてしまいがちです。

例えば、配偶者が喜ぶような事をしたり、急に連絡がマメになるなど、良かれと思ってした行動が、逆に配偶者を不信がらせてしまい、不倫がバレるというケースです。

女性は不倫や浮気に敏感と言われていますが、それは超能力的な敏感さではありません。

一般的に、女性よりも男性の方が不倫や浮気をしやすいと言われているので、女性は常に警戒をしています。

直感的に気付くのでは無く、いつもと違った様子を感じて、もしかして浮気をしているのでは?と頭を働かせるのです。

なので、罪悪感からいつもと違う対応をする事や、もちろん帰りが遅い日が続くなどの習慣が変化していけば、どれだけ浮気や不倫の証拠を消しても配偶者は気付くでしょう。

これ以上配偶者を怪しませたり踏み込ませたりしたく無い場合は、とにかく不倫をしていなかった時と同じ行動や言動を取る事が大切です。

状況が落ち着くまで会わない


配偶者に不倫がバレれば、もちろん信用を無くします。

最初は大ごとにはならなかったとしても、いつ裁判沙汰や社会の信用をなくすような事態に発展してもおかしくはありません。

もし、配偶者にバレてしまっても交際を続けたいという場合は、一旦状況が落ち着くまでは会わないようにする事をお勧めします。

不倫がバレてしまった直後は、配偶者の警戒心がマックスになっているので、その状況で会ってしまうのはとても危険です。

GPSをつけられている可能性もありますし、場合によっては探偵などを雇われている可能性も考えられます。

また、会ってしまえば、相手の香りが染み付いてしまったり、故意ではない物理的な証拠(髪の毛や化粧品の付着など)が残ってしまう事もあります。

一刻も早く配偶者の警戒心を解きたい、不倫相手に会いたいと思うなら、とにかく会うのはやめましょう。

信用を回復する為には、信用が出来る行動や言動を取る以外に方法はありません。

配偶者からの信用が回復して、疑われる状況では無くなった時に、もう一度不倫関係を続けるのかを考えましょう。

証拠や手掛かりなどを残さない


不倫によって生じる問題で一番怖い事は、配偶者にバレてしまった時です。

不倫がバレただけでは大きな問題にはなりませんが、不倫によって離婚をしてしまった場合は話が別です。

不倫相手の配偶者に慰謝料を請求される事もありますし、もし、離婚をして不倫相手と結婚をする事が出来たとしても、配偶者との間に子供がいれば、養育費を支払う事になるでしょう。

金銭的な困窮だけではなく、社会的な成敗を受ける事も考えられるので、とても窮屈でしんどい思いをする事になります。

配偶者にバレてしまった以上、そうなるリスクがある事はどう頑張っても覆せないので、とにかく不倫をした証拠やそれを決定づける手掛かりなどの、物理的な物を全て処分してください。

思い出だと思って、メールやLINE、デートで行ったお店のレシートを取っておく事もやめてください。

社会的な制裁を受けるのは、いくら愛する人がいたとしても、辛いものです。

一度の過ちで人生の歯車を狂わさない為にも、まずは不倫相手との繋がっていた証拠を消しましょう。

既婚男性と独身女性カップルならこうすれば復縁できる

一途に思い続ける


既婚男性と復縁をしたい時には、一途に思い続けて、けなげな姿をアピールしてみてください。

不倫をする男性は妻への気持ちが冷めていることが多く、純粋に好きだという感情に飢えています。

恋愛に対しても期待できないと言った気持ちを持っていることがあるので、あなたが一途に思い続けていることを知ったら、昔を思い出し純粋な気持ちの魅力に心を奪われてしまうでしょう。

自分だけをこんなにも好きでいてくれていると男性に感じさせることができれば既婚男性との復縁が叶うでしょう。

連絡を一切しない


既婚男性は家庭があっても寂しさを抱えている人が多いのが特徴。

あなたと別れてからも、家族はそばにいるのに寂しいと感じているでしょう。

また、別れを渋っていたあなたから連絡があるはずだと思い込んでいる既婚男性は、あなたから全く連絡がないと分かると焦りを感じ始めます。

連絡をしない日が何日も続くことで、徐々にあなたのことが気がかりになってきて、我慢できずに自分から連絡をしてしまうかも。

そこですぐにやり直したいというと、彼に断られてしまうので、復縁したいというのは少し待って。

連絡が来てもそっけない返事で対応して、彼の気持ちが戻るのを待ちましょう。

少しずつ積極的にあなたのことを誘ってきてくれたのであれば、彼はあなたとやり直したいと思っているはず。

彼の出方を見てから復縁のお願いをしましょう。

上手に甘える


既婚男性は女性から甘えられるのに弱いです。

妻とは関係が冷え切っている場合など、他の女性に甘えられる経験がほとんどないので、甘えられるとつい心が動いてしまいます。

甘え上手な女性はもちろんですが、普段はあまり甘えないようなタイプの女性にもこの方法がおすすめ。

女性に甘えられて嬉しくない男性はいないと言えるほどなので、どういったタイプの男性が相手だったとしても、一度思い切って甘えてみてください。

ただし、別れている関係の場合には、べたべたと甘えるのはやめておきましょう。

別れているという距離をとったうえで甘えた態度を見せると、男性はその女性を自分のものにしたいと思います。

すでに自分のものになっている対象には興味を見せないので、少し距離をとっておくのが効果をアップさせるコツ。

少しよそよそしい態度で彼を突き放しておきながら、ある時に急に甘えた様子を見せれば、男性はその変化に気付き、自分を頼ってくれている!と嬉しくなります。

聞き役に徹する


聞き役に徹して既婚男性に居心地よく過ごしてもらう方法も復縁に最適です。

既婚男性は話を聞いてくれる相手に飢えているだけでなく、本音が言える相手がいないという人もたくさんいます。

そんな状況で毎日誰にも言いたいことが素直に言えないという葛藤を抱えているので、上手に話を聞いてくれる女性に出会うともっと話を聞いてほしいと強く思います。

聞き上手になるポイントは、ただ彼の話を静かに聞くのではなく、彼が興味を持っていることについて調べておき、彼がおっ!と思うような質問をすることです。

たった一つだけでもいいので、彼がこの人に話をすると楽しい!と思わせられるような質問を考えておきましょう。

独身女性はココに注意!復縁が遠のくNG行動

相手の都合を考えずに連絡する


独身の女性だと24時間を自分のためだけに使えるので、不倫相手だった男性の忙しさが理解できないことがあるかもしれません。

全ての既婚者が忙しいというわけではありませんが、一般的に独身の頃の何倍も忙しくなる男性が多く、年齢が上がるにつれて仕事での役割も増えるため多忙を極めます。

そうすると、不倫相手のために使える時間はほんのわずかしか残りません。

そんな状況なのに、不倫相手だった彼女が頻繁に連絡をしてきたら、既婚男性は、関係を完全に終わらせて二度と連絡が取れないような状態にしたくなってしまいます。

ただでさえ忙しく、さらに不倫相手がいたということを隠しておかないといけない立場なので、不倫関係だった彼氏に連絡をする時には十分すぎるほどの配慮をしなくてはいけません。

不倫相手との復縁を叶えたいのであれば、彼のほうから連絡があるまで一切連絡をしないようにするくらいで丁度良いくらいなんです。

既婚男性が相手の場合には、それくらい連絡を少な目にすることが大切です。

連絡をしないと忘れられてしまうかもしれない…と思うかもしれませんが、既婚者が相手の場合には、既婚者の都合優先で連絡をするようにしてください。

人前で配慮のない態度をとる


不倫相手だった既婚者と顔を合わせる機会がある女性は、周囲の人からどう見られているかも考えておく必要があります。

他の人が見ている前で、不倫相手だった彼氏にべたべたするなど配慮のない行動をとってしまうと、一気に彼に嫌われてしまい復縁できなくなってしまいます。

彼にとっては不倫をしていたことがバレるのが一番怖いことです。

あなたにとってはやり直したい元彼だったとしても、彼は周囲の人からは家庭のある男性だと思われているので、誰も不倫をしているとは予測していないでしょう。

それなのに、あなたがやり直したいという一心で、彼に馴れ馴れしい態度をとってしまうと、それが理由で彼が疑われてしまうかもしれません。

既婚男性にとって不倫がバレることほど怖いものはないので、あなたへの気持ちが残っていたとしても「こんな危ないことする女とはもう付き合えない…」と思われて、復縁が絶望的になってしまいます。

彼の妻や家族に嫉妬する


不倫をしていると、彼の妻や家族に嫉妬してしまう気持ちが芽生えると思いますが、復縁を叶えたいのであれば、嫉妬している気持ちは隠しておいたほうが良いでしょう。

不倫が始まったばかりの頃であれば、不倫相手の妻や家族に嫉妬する彼女の姿を見て「俺のことを必要としてくれているなんて嬉しいな」と感じていた男性だったとしても、別れた後に不倫相手から嫉妬されると鬱陶しく感じてしまうんです。

過去に彼と一緒に居る時に妻や家族に嫉妬するような発言をして「そんな嫉妬するなんてかわいいね」と言われた経験があると、また嫉妬しているというアピールをすれば彼の気持ちを取り戻せるかもしれない…と考えてしまうかもしれませんが、別れた後の嫉妬は厳禁です。

むしろ、彼の妻や家族に対して気遣うような発言をするなど、思慮深いところを見せたほうが相手からの印象が良くなります。

結婚に関する話をする


既婚者の男性にとって最も嫌な話題のひとつが、結婚に関することです。

不倫相手の独身女性と結婚はできないという負い目があるので、独身女性が結婚の話をすると内容に関わらず「もうこの話はしたくないな」と感じる既婚男性が多いです。

直接「結婚して欲しい」という話はもちろんダメですし、「友達の結婚式に行ってきて~」という話や「芸能人の〇〇が結婚した」など直接は関係なくても結婚に関する話題は避けておいたほうが安全です。

「この女性ともう一度付き合ったら結婚をせがまれそう…」と思われると復縁が遠のいてしまいます。

不倫をしている男性本人が意識していなくても、結婚に関する話題が出てくるだけで「なんとなく不快」と思うことがあるので、彼との話では結婚に関する話題を出さないようにしましょう。

可哀想な自分をアピールする


独身女性と既婚男性の組み合わせでは、幸せにしてあげられないという理由で既婚者の男性が独身の女性に対して罪悪感を持っていることが多いです。

特に真剣な気持ちで相手女性を好きだと思っている場合には、「自分が既婚者だということで離婚をして再婚という大変な手続きを行わない限り彼女を幸せにできないんだ…」と複雑な心境を抱えています。

独身女性のほうも、大事な時間を使って不倫相手と一緒に居ると思うと「先の見えない恋愛に振り回されて私って可哀想!」と思ってしまいがちなので「私の時間を返してよ!」といった発言をしたくなることもあるでしょう。

だけど、可哀想な自分をアピールすると、不倫相手の女性を幸せにすることができないと感じている既婚男性にもっと強いストレスを与えてしまいます。

すでに独身女性のあなたに対して「悪いことしてるな…」という気持ちがあるので、さらに責められたら「もう彼女との関係は完全に終わらせたほうが彼女のためになる」と思われて、復縁できる可能性をなくしてしまいます。

既婚者同士ならこう復縁しよう

本気同士なら、一生を添い遂げる覚悟を決める


既婚者同士で不倫をしている場合、その関係はかなりリスキーなものになります。

家庭を失うだけでは無く、社会的地位を失う可能性もありますし、それ以前にたくさんの人を傷付けるでしょう。

もし、既婚者同士でもその不倫が本気なら、しっかりとけじめをつけて、再婚をする事をお勧めします。

離婚は決して悪い事ではありません。

人間なら間違いを犯す事はたくさんありますし、一生同じ人を愛し続けるという事は、とても難しく奇跡のような話です。

結婚や家庭などに縛られると、どうしても視野が狭くなってしまいます。

やる前から無理だと諦めてしまったり、縛られている事に慣れすぎて、檻の外には違う世界や自由がある事を忘れてしまいます。

誰かを深く傷付けてしまう前に、それに関わる人の傷が最小限で済む方法を選択してください。

子供がいるなら、成長を待って復縁をする


既婚者同士の不倫で一番ネックなのは、既に配偶者との間に子供がいる事です。

不倫関係においてはネックというだけなので、何があっても絶対に子供の心を傷付けてはいけません。

もし、子供がいても不倫関係を続けたい場合は、子供がある程度成長をしてから復縁をしましょう。

幼少期は、色々な面で親の助けを必要としますし、子供の頃に背負った傷は、大人になってからも残る事が多く、不倫や浮気などを知った時のショックもかなり大きなものになります。

もしかすると、相手も既婚者で子供がいる家庭を持っている場合は、子供の事を考えた上で、不倫関係を終わらせたのかもしれません。

ですが、ある程度子供にも物心がついてしまえば、親が不倫や浮気をしていたとしても、ショックを受けつつも何と無く受け入れてくれるでしょう。

また、配偶者も、子供が小さい頃に不倫をされてしまうと「まだ子供が小さくて手の掛かる時になんで?」と、一層怒りを募らせます。

さらには、周囲の人間からも嫌煙される恐れがあります。

親は子供を育てる義務があります。

あなたが欲しいと思って生まれた子供の人生を、あなたの我儘で壊す事は許されません。

多方面からの反感を買わない為にも、まずは子供を育てるという責任をしっかりと果たして、それから復縁をする事を考えましょう。

配偶者に理解を得る


今の時代は、昔よりも不倫をする人が増加傾向にあります。

恐らく、アプリなどで気軽に異性と知り合える事や、SNSの普及に伴って、連絡が取りやすくなっている為、逢い引きしやすいなどの理由が考えられます。

また、ネットではすぐに不倫に関する情報や、顔や名前を明かさずとも他人の意見を聞けるので、賛同者を得やすかったり、自分だけではないんだと罪の意識を感じづらくなっているという事もあるでしょう。

不倫を許せない人にとっては、とても辛い状況ですが、裏を返せば、賛同者が得やすいというメリットもあります。

そして、今までは完全に悪とされていた不倫も、状況や環境さえ整えば、実は不倫をしたいという人が増えているのも事実です。

という事は、不倫をしたいと思っているのは自分だけではなく、配偶者も不倫をしたいと考えているかもしれないという事です。

最近では、配偶者の不倫を認めているカップルや、複数人と同時交際をする新しい愛の形なども認められつつあります。

もし、今の状況で復縁をする事が難しかったり、これ以上嘘をつきたくないと思うのであれば、お互いの配偶者に理解をして貰うのも一つの手だと思います。

ダブル不倫の復縁はココに注意!既婚者同士のNG行動

既婚男性が困る時間帯に連絡をする


既婚者同士で不倫をしていると、お互いの都合が理解できるので不倫関係が上手くいっている時には2人のルールを守って付き合いを続けられ、ることが多いでしょう。

しかし、不倫関係が破綻してしまうと、すぐに新しい相手を見つけにくい既婚女性は不倫相手ともう一度やり直したいという気持ちが強まり、相手の既婚男性が困る時間帯に連絡をしてしまうことがあります。

家庭がうまくいっていないというストレスを抱えている既婚女性が不倫に走ってしてしまうことが多いので、不倫関係が上手くいかなくなると冷静さを失いやすいんです。

既婚の女性は毎日家事や育児、仕事などで忙しいと、不倫相手と会っている時だけが幸せな時間だと感じてしまい不倫にのめり込んでしまいます。

そのため、不倫相手の男性と別れた後に感感情が高まって、相手の既婚男性が困るような時間帯でも聯絡をしてしまうことがあります。

既婚者同士で不倫をしている男性は、バレないように付き合いたいということを最優先していることが多いので、少しでも迷惑になることや不倫がバレそうな行為をしてしまうと、それが原因で復縁できなくなってしまうんです。

既婚者同士の不倫をしていた場合には、相手の置かれている状況を忘れて感情的な行動をしてしまうのは危険です。

必ず既婚者男性のことを一番に考えて行動するようにしましょう。

自分ばかりが大変だと訴える


既婚者の女性が不倫をしようと思うと、家族に知られないよう気を付ける必要があるので、様々な苦労があると思います。

しかし、それは相手の既婚男性も同様なので「私ばかりが大変」といった感じの発言は避けておいたほうが良いでしょう。

別れた不倫相手を取り戻したいと思うと「私はこんなに頑張ってあなたと会う時間を作っているのに!」と相手に不満をぶつけたくなる場面があるかもしれませんが、不倫の復縁の場合には少しでも相手を責めてしまうと、「もうこんな大変な不倫はやめたい…」と男性に思われてしまいます。

独身者の恋愛のようにいつか結婚するというゴールがないのが不倫の特徴で、普通のカップルよりも関係が壊れやすいんです。

だから、復縁を叶えるまでは彼を責めることはしないようにし、大変な思いをしているのはお互い様だと思うようにしてください。

その上でさらに「忙しいのに私に会う時間を作ってくれてありがとう」と元不倫相手に感謝の気持ちを伝えるようにしてください。

自分ばかりが大変だと訴えるよりも、思いやりのある態度で接したほうが復縁の可能性を高めることができます。

自分の夫との話をして嫉妬させようとする


既婚者同士の不倫の場合には、お互いがお互いの家族に嫉妬しやすいので、夫の話を出して彼の気持ちを取り戻したい!と考える女性もいます。

しかし、夫の話を出されると不倫相手の男性は「旦那に負けた!」と感じ、もう話をするのもイヤだと思われてしまう危険があります。

どうしても自分のものにしたいという独占欲がかなり高い男性なら、夫の話を出す作戦が効果的かもしれませんが、できるだけ配偶者を褒めるような話は出さないようにしたほうが安全です。

既婚者の男性は不倫相手よりも妻や夫のほうが立場が上で、いざとなったら家族を優先させるのが普通だということを身を持って知っています。

だから、そもそも夫と張り合おうと思っていないことが多く、夫の話をして嫉妬させようと思ってもそれがうまく作用することは少ないでしょう。

他にも不倫相手がいるとほのめかす


不倫相手に嫉妬させて復縁を成功させようと思うと、他にも不倫相手がいるとほのめかしたくなるかもしれませんが、1人の人とだけ関係を長く続けたいと思っているタイプの男性には逆効果になってしまいます。

不倫をする既婚者の男性には2タイプあって複数人の女性と関係を持ちたいと思っているタイプと、不倫とはいえ1人の女性と深くつながりたいと思っているタイプのふたつです。

1人の女性としっかりと付き合いたいと思っている男性は、不倫をしている女性が他の男性とも関係を持っていると知ると冷めてしまいます。

1人の女性とだけ不倫したい男性は、本当は独り占めしたいのにできないという葛藤を抱えているので、たくさんの男性を渡り歩くような女性とは関係を持ちたくないと思っているんです。

もしも、彼が1人の女性とだけ深く付き合いたいと思っているタイプの場合には他の男性の話をするのではなく、けなげに待ち続ける姿勢をアピールしたほうが復縁できる確率を高められるでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「不倫はお互いの条件を確認したうえで冷静に復縁戦略を立てるべき」

占い師 ミミコ
色々な状況での不倫相手との復縁の仕方をご説明してきましたが、大切なのは、感情だけで動かないという事です。

不倫は、人を傷付ける凶器にもなりますし、自分自身が傷付く処刑台にもなりかねません。

お互いが求めている条件や、相手の優先したい事と自分の優先して欲しい事の折り合いがつくのかをしっかりと見極めて、どう復縁をしていくのかを考えましょう。

感情だけで動いてしまうと、必ず誰かが苦しい想いをします。

そんな最悪な結果にならない為にも、お互いが同じ分だけ歩み寄り、我慢をして、良い関係を築けるように頑張ってください。

【期間限定・12月8日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事