※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

好きな気持ちを持ち続けている男性とよりを戻したいと思った時には、最初のlineを上手く使うことが大切です。

もちろんlineだけでなく面と向かって話し合いをすることも大切ですが、別れてしまった場合には、なかなか一緒に過ごす時間がとれないことが多いでしょう。

そんな時にはlineを効果的に使うようにすれば、思っている以上にスムーズに復縁を進められる可能性があります。

lineは文章でのやり取りになりますが、メールなどと比べると会話に近い形式でコミュニケーションをとることができるので、使い方を間違えなければ、元彼の気持ちを「やり直してもいいかな…」といった方向に向けることができます。

それまでは復縁はありえないと思っていた男性でも、元カノとの関係を考え始めてくれる可能性も出てくるでしょう。

また、「復縁してもいいけれど、どうしよう…」と迷う気持ちがある時にも、最後のひと押しとしてlineが効果的に働くことがあります。

ここでは、まず最初にlineを受け取った時の元彼の気持ちについて説明するので、あなたが送ったlineで元彼の気持ちがどのように変化するのかをイメージしながら読んでみてください。

lineを送る時には、自分の伝えたい事を分かってもらうだけでなく、元彼の気持ちを復縁に向けて動かさなくてはいけません。

そのため、ただ言いたい事をlineするのではなく、元彼目線に立って文章を考えることが重要。

しっかりと元彼の気持ちがイメージできるようになっておけば、復縁を成功さられます。

様々なパターンの最初のlineについて説明するので、復縁の方法に悩む方はぜひ参考にしてください。

その次には、よりを戻せるline例文、NGなline、元彼がlineで話したい内容について紹介。

もしも、lineで失敗してしまった場合には、最後に書かれている挽回する方法を試してみてください。

本日のメニューはこちら

最初のラインを受け取って元彼はこう思う

別れてから最初のline「まだ俺のこと好きなのかな?嬉しい!」


別れてから、最初に元カノからlineがあると、元彼は自分が元カノにとってまだ大事な存在なのだと感じます。

特に男性側からlineを送っていて、なかなか元カノの返信がなかった場合には、返信があったという事実でまず嬉しい気持ちになるでしょう。

反対に、元彼のほうからは全く連絡をしておらず、元カノ側から一方的にlineが来た時には、元カノへの気持ちが冷めてしまっていたとしても、やはり好意的な気持ちを抱くでしょう。

今は好きではなかったとしても、わざわざ自分に向けて女性がlineをしてくれたというのは、男性にとって喜ばしいこと。

女性の場合には好きではない男性からlineが来ると、がっかりした気分や好きな人ではなかったと残念になる気持ち、もしくは送ってきてほしくないという気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、男性は基本的に女性からlineをもらうと良い気持ちになります。

何度もしつこくlineされると嫌な気持ちになる男性もいますが、最初のlineに限って言えば、ほぼすべての男性が嬉しいという気持ちを持つはず。

特に別れてすぐの時期には、元カノに追いかけて来てほしいと思っているので、嫌いになって別れたとしても、lineがあったという事実に関しては、良い印象を抱くでしょう。

ただ、lineの内容によっては、もう一度好きになりそうと思うか、絶対に関係を持ちたくないと思うかが大きく分かれる時期です。

別れてから最初のlineはそういった意味では今後を決める重要な位置づけ。

感情的になって、勢いで最初のlineをすることだけは避けなくてはいけません。

もしも、ここで大きな失敗をしてしまうと、その後の復縁できる確率が大きく下がってしまう危険があるからです。

でも、上手に活用することができれば、復縁がとんとん拍子で進んでしまうという嬉しい結果になることも。

元彼の性格や別れた原因によって、ベストなline内容は変わってきますが、慎重に内容を考えるようにすれば、あなたの真剣な気持ちが元彼に伝わるでしょう。

長い冷却期間があけて最初のline「元カノの気持ちが分からない」


別れた後に全く連絡をとらない冷却期間を設けた場合には、かなり長い期間関係を絶っている状態からlineするというケースになることもあるでしょう。

別れて最初のlineとの違いは、冷却期間は別れた時の感情が薄まり、全く違った気持ちになっていることが多い点です。

特に冷却期間に意識的に元カノことを忘れるようにしたり、新しく何かを始めたりして自分磨きをしている時には、見た目と共に精神状態も大きく変わります。

そのため、付き合っていた頃とは違った受け取り方をする男性が多く、どのようなlineを送ればいいのか難しいのが特徴。

平均して言えるのは、離れていた時間が長い場合には、どのような内容のlineを送っても、元彼は「元カノの気持ちがはっきりと分からない」という気分になる可能性が高いということ。

これは、事前に元カノが今どのような状況に置かれているかを知らないのですから、ある意味当然とも言えでしょう。

「元カノが何を考えているのか分からない」と聞くと、悪いイメージを持つかもしれませんが、マイナスの感情というよりは、判断しかねるという気持ちに近く、どのような内容のlineだったとしても、最初のlineだけで気持ちが決まってしまうようなことはありません。

ただし、よほど酷い内容だった場合には、時間をかけても改善されていないのだと烙印を押されてしまい、わずかに残っていた復縁の可能性をさらに少なくしてしまう危険もあります。

冷却期間を置いてから最初のlineでは、それだけで復縁の可能性を大きく上げることはできませんが、確率を一気に下げてしまう恐れがあるので、悪いイメージを持たれないよう、とにかく無難な内容に徹するのがおすすめ。

一度で、すぐに復縁を成功させようと狙うのではなく、まずは復縁への道のりの第一歩として挨拶程度のlineを心がけてください。

久しぶりに再会した後の最初のline「元カノとの復縁もアリだな…」


別れてから何度かlineなどのやり取りをしていたとしても、直接顔を見ない関係になってしまったというパターンもありますよね。

そんな時には、lineを何度していたとしても、久しぶりに再会した後の最初のlineは元彼にとって特別な位置づけになります。

lineをする時には文字を見ながら相手の顔を想像しているので、久しぶりにあなたの顔を見た元彼の中では、今までのlineと顔を見た後のlineが違って見えるからです。

例えば、あなたが別れてからヘアスタイルを大きく変えていたとしたら、あなたとのlineをする時には、今までとは違った顔をイメージしてlineの文面を読みます。

それだけで、同じことを言ったとしても、元彼の受け取り方は違ってきます。

もし、あなたが魅力的に見えたのであれば、顔を見てから最初のlineを受け取った元彼はドキドキした気持ちになるでしょうし、言葉のひとつひとつの持つ意味が重く感じられるかもしれません。

顔を合わせた時に、あなたから好意的な態度をとられた場合には、なんてことない文面でも、これは自分のことを好きだという意味なのかな?と言葉の先の意味するものを考えることもあるでしょう。

それまでは淡々とした気持ちで、あなたからのlineを見ていた元彼も、顔を見た後のlineで一気にあなたへの気持ちが強くなる可能性があります。

そのため、顔を合わせた後のlineは非常に重要。

ここで、元彼の気持ちを自分に引き付けることができれば、元彼のほうから復縁したい、と言ってくれるかも。

しかし、やり過ぎてしまっては逆効果なので、少し控えめにしながら彼への好意的な態度が伝わるようなlineをしてみてください。

そうすれば、元彼からの良い返信が期待できますよ。

復縁したいと伝えて最初のline「復縁するかどうするか決めよう!」


元彼と連絡を取り合っていたり、直接顔を合わせていたりする時で、あなたがやり直したいと思っていることを元彼が知らない場合には、復縁したい気持ちを伝えてから、最初に送るlineも元彼の印象に強く残る存在です。

今までは別れた元カノというだけの存在だったあなたが、もしかしたらもう一度付き合う相手になるかもしれないと思うのですから、特別に意識してlineを読むでしょう。

それまでは他の人と同じような位置づけだったのが、たった一人の大切な存在になる可能性があると分かったのですから、元彼も真剣にあなたのlineを見ます。

そのため、復縁したい、まだ好きな気持ちがあると伝えた後のlineは少し特別感を持たせた内容にするのがおすすめ。

元彼に気持ちを伝えた後に少し気まずい感じの雰囲気になってしまった場合には、良い雰囲気を取り戻すために、いつも通りの明るい文面を意識してください。

それで、復縁したいと言われて緊張状態に合った元彼の気持ちをほっと安心させることができます。

反対に好きだと言った時に元彼もまんざらでもないというムードだった場合には、もうひと押しで復縁が成功するかもしれないので、少し思いきった内容のlineを送ってみても良いでしょう。

元彼はあなたが復縁したいと思っていることを知り、その後にどんなlineが来るかをドキドキしながら待っています。

ここで送るlineが分かれ道になることもあるので、よく考えて内容を決めてください。

ブロック解除から最初のline「もう一度やり直してみてもいいかな…」


別れた時や別れた後に元彼にブロックされてしまって連絡が取れない状態が続くこともありますよね。

そんな時に、何らかの理由で元彼がブロック解除をしてくれて、再び連絡が取れる関係になった時の最初のlineも大切。

元彼はあなたとの関係を完全に終わらせようとしてブロックをして距離を保っていました。

しかし、ブロックを解除したということは、別れた時の嫌な気持ちが大分和らいできていると考えられます。

そうは言ってもブロックをした事実は消えないので、好意的とは思えない感情も残っているでしょう。

そんな元彼の気持ちをなんとか復縁に向けるためには、元彼の気持ちを十分に配慮したline内容であることが望ましいです。

付き合っていた頃と同じようにずうずうしい態度をとってしまうと、やっぱり復縁は無理と思われてしまいますし、最悪の場合には再度ブロックされてしまう可能性も。

そういった事態を避けるために、まずはlineの内容が元彼に失礼になっていないかを確認してください。

ブロックされていた状態から一気に復縁に持っていくのは難しいので、まずは元彼と連絡を取り合っても良い関係になってもらうことが先決。

そこから関係を修復できれば、復縁できる可能性も十分にあるでしょう。

最初のlineを送って、それを読んだ元彼がもう一度やり直してもいいかな…とぼんやりと思えるような内容を心がけてください。

すぐに好きだから復縁したい!というのではなく、元彼がlineをして良い気持ちになれるような内容にしなくてはいけません。

あなたが言いたい事ではなく、元彼が話たいと思っている内容のlineになるように、話し方に気を付けてみてください。

できるだけ、元彼が好きな話題になるよう注意してlineするようにして、元彼に好意的な気持ちを持ってもらいましょう。

復縁のためにラインを送るとこんなメリットがあります

顔を合わせるよりも素直に話せる


lineの一番の良さは顔を見て話す時よりも素直になれること。

これは全ての人に共通する特徴ではないでしょうか?

ラブラブでひと時も離れたくないカップルだと、一緒にいる時に何でも言い合えるかもしれませんが、そんな恵まれた状況でいられるのは一時期だけです。

どのカップルも最初はラブラブで「他の人には言えないことでも、彼になら言えちゃう!」という関係を経た後は、「本当はこういうところを直してほしいけど面と向かってだと言いにくいな…lineでさりげなく伝えとこ」という事柄が増えていくはず。

さらに関係が悪化して破局を迎えたのだとしたら、気まずいのが普通なので「元カレを目の前にすると何も言えなくなってしまう…」という状況になりがち。

誰にでもキツイことを言えてしまう性格でも、やり直したいと思っている相手を前にすると別人のように小さくなってしまう人もいます。

でもlineなら顔を見ずに発言できるので、気まずいという事実は変わらないものの対面よりは素直に気持ちを伝えられます。

長く付き合っていたカップルだと「好き」はもちろん「もう一度付き合いたい」という大事なセリフさえ、気恥ずかしくて口にできない…という人もいるほど。

男性もそれは同じで「本当は〇〇への未練が残ってるけど、そんなみっともないこと言えないよ…」と思ってたりします。

そんな2人の場合には、顔を合わせて会話するだけだと、何時間話しても素直になり切れないままで、一番言いたいことを言えずに会話が終了。

それよりは、ちょっと恥ずかしいことも言葉にできるlineを活用したほうが復縁成功に近づけるでしょう。

会話内容を振り返ることができる


口頭での会話は記録に残せないのがデメリット。

会話終了後に「あれ?私ヘンなこと言ってなかったかな?」と不安になることはありませんか?

特に、相手の様子が途中から不機嫌になった時には「私の発言が原因?」と思いながらも、何の話をしたか覚えていないと原因を突き止めることができません。

記憶の中にある会話を振り返っても、全てを完璧に覚えていることはまずないので、結局は原因が分からないままで放置…とするしかないのです。

だけど、lineなら会話が終了した後すぐに振り返りができ、それだけでなく数か月前の会話まで見返すことができます。

これは実は結構すごいことで、なぜなら全ての内容が残っていれば彼の心理を捉える上での大きな手掛かりになるからです。

こんな感じの話題を振るとノリが悪くなるんだな…ということだけでなく、この時間帯はお話したいムードじゃないみたい、長々と話をするのは嫌いなんだな、などlineの履歴から得られるものは非常にたくさんあります。

この記録をしっかりと活用できれば、対面での会話だけよりもずっとスムーズにやり直せるはずです。

相手の時間を奪わない


相手が忙しい時にもlineのメリットは大きいです。

対面で会うのはもちろん、電話などはリアルタイムで会話をせねばならず忙しい人にとってはその時間さえももったいなく感じるからです。

大好きな恋人が相手であれば忙しい時間の合間を縫ってでも話す時間を確保したいと思うでしょうが、元カノにはそこまで時間を使いたくないと思うのが事実。

会って話す時間を作ってくれるのは、彼が復縁にかなり乗り気になってきてから…というカップルが多いと思います。

問題はその状態に持っていくまでが大変だということ。

だから、彼にとって負担の少ないlineで関係を少しずつ修復し、元カレがやる気になってきたら「会って話がしたいな~」と持ちかけてみれば、復縁までの道筋がスムーズに進みます。

深夜に帰ってきて、早朝から出勤…なんて生活を続けている元カレに連絡するのは気が引けますが、「お疲れ様!寒くなったから体調気を付けてね」と夕方にlineするくらいなら、負担をかけずにアプローチできます。

「自分ペースで時間を使いたい!」と思っている相手の場合には、lineを使ったほうがやり直せる確率がグッと高くなります。

返事を考える余裕がある


lineはうっかりミスを防げるという点でも優秀です。

これは、復縁を希望するあなたにとっても、元カレにとってもメリットがあります。

元サヤに戻りたいと思っている男性を前にすれば「好きになってもらえるよう良いところを見せないと!」と緊張してしまうのが普通なので、人によっては話を盛り過ぎたり、うっかり嘘の発言をしてしまうことも…。

本当は行ってもいないのに元カレの興味を引こうとして「ずっと前だけど、そこ行ったことあるよ~」と言えば、その時は良くても後で嘘がバレたら悲惨です。

lineなら、返事を考える余裕があるので「嘘ついちゃいたいけど、そんなことしても困るの自分だよね」と冷静になって行動をセーブできます。

それでも失敗を犯すことはあるでしょうが、対面の会話よりは数を減らせます。

そして、男性にとっても返事を考える余裕があるというのは大きな意味があります。

気を使わなくていい同性同士と違って、異性とのやり取りは返事に困ることが多いです。

女性に比べると男性は圧倒的に会話量が少ないので「えっ?そんな質問してくるの?それはいったい何のために?」と会話の意味が分からないことがよくあるからです。

顔を合わせて話していると、答えに困った男子は「俺そろそろ行くわ」とその場を離れてしまうので会話が終了。

しかし、lineなら考える時間を持てるので、時間をおいてから返事を返してくれれば会話を続けられます。

また、知らないネタ(新しい流行りものなど)の話題になると「俺の知らない話だ…でも、プライドが邪魔をして、教えて!とは言えない…」と男性は思うので、会話を終わらせてしまうことが多いです。

lineなら分からない話題になった時にこっそり調べることができ、男のプライドを守りながら会話を続けられるのもメリットです。

写真や動画を共有しやすい


lineは会話をしながら写真や動画、気になったコンテンツなどを共有できるのも良さ。

一緒にいる時に「この前沖縄行ったんだ~写真見て!」と見せても、その場で見るだけで終わり。

lineで「沖縄に行った時の写真だよ」と、送信すれば、元カレは何度もあなたの写真を見れます。

もしもダイエットに成功して水着姿に自信を持てるようになったのなら、何度でも写真を見てほしいと思いますよね。

一緒にいる時にパッと写真を見ただけではスタイルに変化があったことに気付けないけれど、lineの写真をゆっくりと見る時間があったら「あれ?元カノ、痩せた?」とダイエットの成果に気付くはず。

同じように「この動画凄い良かったよ」とlineでおすすめして、それが彼の心に響けば「あの動画観て感動した!」と返事が来る可能性があります。

一緒にいる時に「見て見て!」というよりも、lineで写真や動画を送るほうがしっかりと見てもらいやすいというメリットを上手に使えば、復縁成功率を上げられます。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

よりを戻せる最初のline例文

短文で会話の糸口になるもの


よりを戻したいと思った時に送るlineの大原則は、会話が続くような内容であることです。

こちらからどれだけ気持ちのこもったlineを送ったとしても、相手が返信したいと思えるような内容でなければ、復縁につなげることができません。

ただ用件を伝えるのが目的であれば、内容が分かりやすければそれで問題ありませんが、復縁が目的の時にはそれでは不十分です。

もちろん分かりやすい内容にすることが大切なのですが、それだけでなく、受け取った相手が思わず返事をしたい!と思える雰囲気のlineにしましょう。

具体的には、サッと読めて頭を使わなくても全文が理解できるlineがおすすめです。

また、最初に言いたい事を全て網羅してしまうと、こちらからも会話のキャッチボールをしづらくなってしまう恐れがあります。

自分の中で気持ちを整理してlineの文章を考えることは大切なことですが、考え過ぎると自己完結した文面になってしまい、会話のキャッチボールになりにくい流れになってしまうからです。

だから、言いたい事がたくさんあったとしても最初は、話しのとっかかりだけをlineしましょう。

そこで元彼からの返信によってどのような話をするかを決めていければ、元彼も会話にしっかりと参加してlineを続けることができます。

よりを戻すという重大な目的がある時には、最初に言いたい事をまとめて全て元彼に伝えたいと思うかもしれませんが、lineでそれをすると、元彼が間違って受け取ってしまう危険もあります。

相手との会話を通して言いたい事を少しずつ伝えたほうが、あなたの気持ちがストレートに伝わるので、小分けにして言いたい事を言うようにし、その際は元彼がきちんと理解できているかも確認しましょう。

自分ばかり連続で送信し、元彼から何も反応がない場合には話の意味が分かってない可能性があるので、どれくらい理解しているかを途中で聞くなどして、少しずつ話を進めてください。

特に話をするのが苦手で、lineも少ししか送ってこないような男性が元彼の場合には、一方的に聞いているだけで自分の意見を言えない状況になっていることがよくあります。

そういった男性が相手の場合には、途中で何度か質問を挟むようにすることをおすすめします。

間違いを装って


「元彼とやり直したいけれど、最初のlineを送るきっかけがない!」そう思った時には、他の人と間違えたフリをしてlineしてみてください。

何度も使える方法ではありませんが、彼とのlineを復活させる突破口として使える技です。

ただし、わざとらしい感じになってしまうと彼氏に不快感を与えてしまいますし、男性とのやりとりを感じさせる内容を送るのもNGです。

自分以外の男性とやり取りをしていると思えば、当然嫌な気持ちになりますし、ましてや復縁をしたいとは思わないからです。

そのため女友達に送るような内容で、間違ってしまうと訂正しないといけないようなものが最適。

例えば、「明日の〇〇の準備できたよ」といった感じで、何らかの用事を伝える内容であれば、元彼が「そのままスルーわけにはいかないな…」と思ってくれます。

間違えて送られてきたことを教えてあげないと、明日の〇〇という用事で元カノやその友達が困ることになると思うからです。

そう思った元彼は「間違えてline来たけど」とあなたに返信をしてくれるでしょう。

ここで、大切なことは、すぐにお礼をlineをしてから、待ってましたとばかりに会話を始めないことです。

急に話を始められると、元彼はそれが目的だったのかと思い騙されたような気持ちになってしまうかもしれません。

最初にお礼のlineをしてから1時間ほどおいて、「さっきはありがとう…」と別の話を持ち出すなど、時間を空けてから会話を開始してください。

そして、その時の会話はあくまでさりげなく、短めの会話だけにしておきましょう。

最初から長々とやり取りをしてしまうと、元彼がうんざりしてしまうかもしれないので、最初は短めでこれから少しずつやり取りを増やしているような感じが良いでしょう。

別れたことを後悔している内容


元彼と別れた後に送るlineは基本的に元彼を責めるような内容はダメです。

lineの内容は自分自身の判断や行動について触れる内容になるように心がけましょう。

男性は自分がした行為について女性にジャッジされると嫌な気持ちになる人が多いですし、別れのイメージをさらに悪化させてしまう危険もあります。

そのため、主体となるのは自分(元カノ)にして、別れたことを後悔するようなlineを送り、やり直したい気持ちを伝えると良いでしょう。

特に感情的になって別れ話をしてしまった時には、この方法が効果的です。

一時の感情で相手と別れるという選択をしてしまった時には、誰でも後悔の気持ちを持ちますよね。

その気持ちを正直に「なんで私はあんなことしちゃったんだろう」「あの時の自分は少しおかしかったみたい…」「本心にはないことを口走ってしまったことを後悔してる」など、今と別れた時とは気持ちが違うということを元彼に分かってもらいましょう。

そうすれば、別れは勢いで決まっただけの結果で、お互いにまだ好き会っている事実に気付くことができます。

できれば、後悔しているだけでなく、「これからはあのようなことを繰り返さないようにしたい」など、復縁後に同じことはしないよう努力するという内容も加えられると、元彼が「やり直しても良いかな…」という気持ちになりやすいと思います。

思い出話をする


復縁を成功させたい時には、元彼とのlineは明るい雰囲気にするのが基本。

付き合っていた頃の楽しい思い出の話を出すと、元彼も「あの頃に戻りたいな…」と思ってくれます。

会話に登場させやすいのは、過去に付き合っていた頃に話題になった場所の話です。

「あの時話に出た〇〇に行ったよ」といった内容であれば、元彼も男友達と話しているような気軽な気持ちで話ができ、会話が盛り上がるでしょう。

この方法を使う時のポイントはあっさりと話すこと。

ずっと覚えていたという感じで話を出されると、少し重い印象を与えてしまいます。

別れてからもずっと好きな気持ちを持つのは悪いことではありませんが、それを重いと感じる男性もいるので、元彼がどのように思っているか予測がつかない時には、まずは軽めに会話を始めましょう。

「そういえば!」といった雰囲気でその話題を出せば、偶然を装って思い出話をすることができますよ。

最初に彼の反応を良くしておけば、その後、「あの頃は~だったね」と付き合っていた頃の話につなげることができます。

そうすれば元彼が「幸せなあの頃にもう一度戻ってもいいかも…」という気持ちになってくれるでしょう。

よりを戻したいなら送ってはいけない最初のlineはこれ

復縁を強引に押しまくるライン


よりを戻したい時に最初に送るラインは読む人の立場を考えて内容を決めましょう。

いくらあなたが復縁したいという気持ちが強かったとしても、それを強引に押しまくるような内容のlineは絶対に止めてください。

あなたは自分の気持ちを持ち彼に伝えたいと思っているのでしょうが、それを元彼が望んでいるとは限らないからです。

もしかしたら、今は別れた時のことを考えずに穏やかに過ごしたいと思っているかもしれませんよね。

そんな時に一方的に復縁したい!と強く気持ちだけが書かれたlineが来ても、彼は迷惑に思うだけ。

それだけで終われば良いのですが、もしかしたら一度でもそんなlineが送られてきたら、関係を断ち切りたいと思われてしまうかもしれません。

だから、最初は自分の気持ちをlineにいれたとしても、ほんのわずか少しだけ、一言だけにとどめておくだけにしましょう。

「別れて悲しい」程度であれば、気持ちを伝えながらも、彼にプレッシャーを与えずにすむ言い方です。

でも、相手男性によっては、これだけでも重いと感じる人もいるので、使う時には十分注意をしてください。

自分の気持ちを伝える時に、全てを言いたい!と思うと長文になってしまうと思いますが、長文で復縁を押しまくるlineは非常に危険です。

ブロックされてしまうこともあるので、それだけはしないよう気を付けてくださいね。

自分の気持ちだけを述べたline


男性は女性からのlineをもらった時に一番に気にすることは、自分のことをどれだけ労ってくれているかです。

自分のことを気遣ってくれる女性に男性は強く惹かれます。

女性は自分の気持ちだけのlineを女性同士で送って話が盛り上がることが多いですが、男性は相手の内容ばかりだとつまらないと感じる人が多いのが特徴。

そのため、元カノ自身のことだけが列挙されたlineを見ても気持ちが盛り上がらず、なんとなくで読む程度の扱いをしてしまうことになるでしょう。

これでは、元彼にやり直したいと思わせることはできませんよね。

元彼の中の「復縁したい」という気持ちがわずかしかない時には、lineをきちんと読んでもらうことすらできない恐れがあるので、必ず彼自身についての内容を加えるようにしてください。

できれば文章の初めに「寒くなったけど〇〇くんは風邪ひいてない?」など彼を気遣う文章から始めて、「私は風邪ひいてないけれど、〇〇くんが風邪ひいていないか心配になって…」という感じで、元彼のことが中心になるような内容のほうが、彼の気持ちを引き付けることができるでしょう。

ストレート過ぎる言い回し


元彼の復縁への気持ちをなくしてしまうlineのひとつが、「やり直そうよ~」「復縁しない?」といった軽過ぎるノリのlineです。

言いたい事は伝わりますし、重さもないのですが、これでは軽過ぎて、本当にやり直したいと思っているかどうかが伝わりません。

このような態度でlineが来ると、「復縁に対して真剣な気持ちがないんだな…俺は彼女にとってその程度の男だってことだな…」とイメージがかなり悪くなってしまいます。

普段から、このような言い回しで用件を伝える癖があったとしても、復縁の話題だけはもう少し誠意が伝わるlineにしたほうが、男性をその気にさせることができます。

短文で用件をストレートに伝えたいのであれば、その前に彼との関係をかなり良くしておく必要があります。

既に彼もやり直しても良いかな…ともい始めているのであれば、最後のひと押しとしてはこういったlineも効果があるかもしれません。

しかし、彼との関係がまだ不安定で、相手の気持ちがどのような感じか分からない段階で、このような軽々しいlineはやめておいたほうが良いでしょう。

スタンプだけ送る


女性のlineではスタンプだけで会話が成立することがありますが、元彼と復縁の話をする時にはスタンプだけを送るのはやめましょう。

男性は女性が好むようなスタンプをかわいいとは思いますが、内容をしっかりと理解できているわけではありません。

普段から元彼と同じ種類のスタンプを使っていた場合には、彼もスタンプだけで言いたい事を理解してくれるかもしれませんが、復縁という大事なシーンでは少しの誤解が命取りになってしまうことも。

安全に復縁を進めたいと思っているのであれば、突然スタンプだけを送りつけて、彼に言いたい事を解釈してもらおうと期待するのはやめましょう。

誤解のないように、丁寧な文章で言いたい事を伝えるのが基本です。

元彼に復縁したいと思わせるつもりが…返事が来ないライン

内容がわざとらしい・不自然


やり直したいと思っている相手に良い印象を与えようとすると、「〇〇君はカッコいい」「誰よりも素敵」「世界で一番尊敬してる」等の褒め言葉を多用し過ぎる女性がいます。

男性が喜ぶ褒め言葉を使うのは間違いではありませんが、元カレが「わざとらしい…」と感じる類の内容は送らないほうが良いでしょう。

どこからが不自然だと感じるかはかなり個人差があるので、付き合っていた頃を思い出して彼に合わせた内容にしてください。

事務的なやり取りがメインで敬語を使うことが多いカップルだとしたら、急に褒め言葉ばかりが並ぶlineが来た時に「これ、なんて返事したらいいの?」と元カレを困惑させてしまいます。

付き合っている時にlineでいちゃいちゃしたことがない関係の場合には、彼が困るほどのわざとらしい内容は避けたほうが安全です。

敬語ばかりのやり取りをしているカップルは、普通の文章の中に「いつもありがとうね。すごく感謝してます」「頼りにしてます!いつも助けてくれてかけがえのない存在です」みたいな感じで好意を忍ばせる程度にしたほうが返信しやすいでしょう。

褒め言葉も伝え方が大事なので、lineを受け取った彼がどう思うかを基準にして文章を考えてください。

すぐに返事をしないといけない内容


勢い余ってメッセージを送る癖がある人は「わーー!どうしよう!!困った!」と、すぐに返事をしないといけない内容のlineを送ってしまうことがあります。

元カレとの関係が徐々に良くなってきて、もう少しで復縁できそうというムードになると、恋人同士の感覚でこのような緊迫感のあるメッセージを送ってしまいがちです。

この時に元カレがやり直す決意が固まっていれば「どうしたの?大丈夫?」と構ってくれるでしょうし、「困った時に僕に助けを求めてくれて嬉しい!」と喜ばすこともでき復縁に有利に働きます。

だけど、そこまで熱意がない場合には「え?今忙しんだけど、これなに?」と思われ、どう返事をして良いか分からないままで時間が経ち「今さら返事できないし…スルーでいっか」となってしまいます。

最悪の場合には「この前既読スルーして気まずいから、しばらくline送るのやめとこ」と彼の心があなたから離れてしまうことさえあります。

他にも、男性をドキドキさせようとして「今日会えない?」みたいな内容のlineをする人もいますが、これも止めたほうが良いです。

すぐに返事をしないといけない内容は男にとってかなりの負担で、「面倒な女だな~」と最悪の印象を与えてしまいます。

元カレが全く興味のない話題をハイテンションで話す


付き合っていた時、あなたの話を彼が「うんうん」と聞いていてくれたケースで多いのが、自分だけが興味のある話題をハイテンションでlineしてしまうミスです。

恋人同士の時には自分に興味のない話でも、恋人が楽しそうに話しているのを見ているだけで楽しいものです。

それに「今はパンケーキに夢中なんだ。次のデートはパンケーキのお店を探しておこう!」とデート計画のリサーチの役割もあります。

しかし、破局したら自分に興味のない話をされても、元カレにとっては何もメリットがなく「意味が分からない」の一言しか感想が出てこないでしょう。

普通なら相手が興味のない話を振ることは少ないでしょうが、「過去に私が楽しそうにしてたのを見て喜んでくれたから、また無邪気な様子を見せれば振り向いてくれるはず!」と思って、付き合っていた頃と同じことを復縁活動でしてしまう女性がいます。

この方法で絶対に失敗するわけではありませんが、成功率はかなり低いのでおすすめはできません。

仕事関連で議論が必要な話を振る


ビジネスネタで盛り上がることの多かった人は、復縁活動中も「このネタは元カレが興味を持つはず!」と期待して議論が必要な話題を振ってしまうことがあります。

恋人同士の時にはいちゃいちゃタイムがあるからこそ、ビジネスネタで固い話をしても楽しさを見出せたのでしょうが、破局後は違います。

男性が女性との会話で最も重要視するのは、色気や癒し。

職場仲間との会話のような色気のない話はしないほうが復縁成功率が高まります。

会社の人でもできるような話題で、わざわざ元カノにレスポンスしようと思えないので、もう少し艶っぽい話題にチェンジしましょう。

だからといって彼が返したくなるような話題が思いつかない!という人は、せめて最初に「〇〇君はこの分野に詳しかったよね?いつも話してて『さすが○○君は頭が良いな!』って感心してたから、今回も少し質問したいんだけどいい?」と、元カレを喜ばす内容を入れてから話を始めれば、レスポンスが来る可能性が上がると思いますよ。

人間関係の愚痴


悩み相談は復縁作戦でよく使われる方法ですが、人間関係の愚痴になってしまうとスルーされるかもしれません。

女子特有のドロドロしたやり取りに嫌気がさしたり「女ってよく分かんない…」と何も言えなくなる男性のほうが多いからです。

人の悩みを聞くのが好きで、相談されるとイキイキとして答えてくれるほどの相談好きならまだしも、普通レベルの人だと、人間関係の愚痴は聞きたくないと思うでしょう。

男性が女性の相談に乗るのが好きなのは、基本的に落としたいと思っている女性に近づくため。

その時には、相談に乗るのが楽しいと思っているわけではなく、愚痴を聞いてあげれば相手女性からの好感度が上がるという目的があるからです。

復縁したいと思っているわけでもない元カノが相手の場合には、人間関係の愚痴を聞かされても「そんなの俺に関係ないし」と冷たくあしらわれてしまうでしょう。

優しい性格の人なら「そうなんだ~大変だね」の一言くらいは返してくれるかもしれませんが、そこで「そうなの!それで・・・」と話が長くなると、それ以上返事をしたいとは思わなくなります。

誕生日や記念日を最初のラインきっかけにして復縁できるケース・できないケース

復縁できる:ささやかにお祝いする


バースデーや記念日は、長く連絡を取っていなかった元カレにコンタクトをとる絶好のチャンス!

でも、やり過ぎると必ず失敗に終わるので注意が必要です。

復縁できるパターンは、ありきたりですがささやかに控えめにお祝いをする方法。

大好きな恋人だったら大げさなほどにお祝いしてもらったほうが嬉しいのが男心ですが、別れた彼女に大々的なことをされると「怖い…ストーカーされそう」と身構えてしまうからです。

特に誕生日や記念日に固執する女性は男にとって「しつこそう…」という印象を与えます。

これは、男性的には誕生日や記念日の重要性がそこまで高くないため、「たかが記念日にそこまで夢中になる女って…」と理解不能なイメージがあるせいでしょう。

誕生日や記念日がチャンスであることは確かですが、この作戦なら元カレが絶対に喜んでくれる!という確固たる自信がある場合以外には、「お誕生日おめでとう!素敵な1年になりますように」くらいのささやかなlineにしておいたほうが無難。

lineならスタンプで可愛らしさを強調したり、個性を出したりできるので、アピールするのはそれくらいにしておきましょう。

復縁できる:バースデーカードと風船でお祝いする


元カレが誕生日登録しているのなら、バースデーカードを送る方法も使えます。

誕生日前日にバースデーボードの通知がくるはずなので、タイムラインをチェックしておいてください。

そこから簡単にバースデーカードを送れますが、これは他の人にも見えてしまうので、元カノであるあなたが送るのであれば「非公開」設定にしておいたほうが良いですよ。

もしくはカードではなく「いいね」のように風船を送ることもでき、これなら他の人からは見えないので安心です。

風船をタップした回数が相手に表示される仕組みを使って、年齢の回数分の風船を送るなど一工夫した方法でお祝いすると「元カノのお祝いの仕方は他の人と違ってセンスあるな!」と思わせることができます。

復縁できる:元カレだけの記念日に連絡する


バースデーや記念日にlineを使って復縁を叶えるきっかけ作りをしたいのであれば、元カレだけに関する記念日に連絡するのがおすすめです。

例えば、元カレが昇進した記念日や、元カレが難関試験に合格した記念日など。

カップルの記念日に連絡が来ても「今さら過去の記念日の話をされても…」と思う人でも、自分だけの記念日に連絡が来たら「そうそう!3年前の今日、昇進できたんだった!よくそんなこと覚えてたな~」と上機嫌にさせることができます。

彼が頑張って何かを達成できた日には良い印象を持っているでしょうから、高い確率で「覚えててくれたんだね!ありがとう!」と返事が来ることが期待できます。

そこから雰囲気良く会話が進めば、やり直せるまでもう少しです。

復縁できない:記念日に興味がない


誕生日や記念日にlineを使って関係を深めたいと思った場合には、そもそも元カレが記念日に興味を持っていたかどうかを思い出してください。

付き合っていた頃もあなたに合わせて仕方なく記念日を祝っていただけなら、何をしても「記念日だから何かするっていうのが意味不明。やっぱりこの子とは合わないわ…」とやる気をダウンさせてしまいます。

記念日に女子が盛り上がるのがこの上なく面倒だと思っているタイプの場合には、「記念日だから~」という理由でlineを送らないほうが復縁できる可能性を残しておけます。

復縁できない:許可なく豪華なプレゼントを準備した


「誕生日だから!」と意気込んで勝手にプレゼントを用意すると復縁成功率を下げる恐れがあるので注意してください。

友達同士で可愛い物を贈り合う文化のある女子とは違って、男性は物をもらうことに抵抗を覚えます。

もちろん好きな子からなら問題はありませんが、元カノとなると「贈り物に怨念がこもってそう…」と良い印象を抱きません。

豪華なプレゼントを贈っても大丈夫なのは、復縁できる確率がかなり高そうで、元カレが好意を持ってくれている場合のみ。

どう思われているか分からない段階なのに豪華なプレゼントを贈るのは止めておきましょう。

元彼が別れた元カノとラインしたくなる話題

別れてからランクアップしたこと


元彼とのlineを復縁にプラスにするためには、元彼がlineしたい!と思う内容にすることが一番大事!

誰でも自分が話たい話題なら乗り気になりますよね。

基本的には元彼自身の話をするようにして、特に彼がランクアップした事柄についての説明を求めるのがおすすめ。

例えば、仕事で昇格したり、何かの資格試験に受かったりなどの良い情報があれば、それらについて尋ねるような内容にすれば、元彼が喜んで話をしてくれます。

これらのことは常に情報を探していないと話題に出すことができませんが、付き合っていた頃に目標にしていた事柄を確認するという方法なら、元彼とのlineで話題に出すことができます。

「前にTOEICの勉強してたけど、どうだった?私も勉強始めたんだ~」といった感じなら、元彼がぜひ話したい!と思って返信をくれるはず。

ここで重要なのは、「私も始めたから教えて!」といった雰囲気にすること。

実際に同じことを始めたのでもいいですし、同じことを始めていないにしても「興味があるから教えて!」と言えばOK。

男性は自分が好きなものを女性に教えるのが好きなので、喜んで色々と相談にのってくれるでしょう。

付き合っていた頃に元彼がずっと努力していた事柄を思い出してlineしてみてくださいね。

付き合い始めの思い出


2人が付き合った当初のことを話すと、忘れていた思い出を元彼に思い出させることができるでしょう。

復縁をする時には、どうしても別れた時のことが一番になりがちで、悪いイメージがつきまとってしまいますが、付き合い始めの頃を思い出すと幸せな気持ちが戻ってきて初心に帰って物事を見ることができるようになります。

特に告白をされた時、付き合い始めたきっかけなどは何度思い出しても、毎回良い気分になれるもの。

別れた彼女が「最初にデートの時に〇〇に行ったの思い出してたよ」といった内容のlineを送ってきたら、男性は思わず胸が締め付けられるような気持ちになります。

別れたことは残念なことでも、それまでには幸せな時間があって、その頃のことを思い出しているということは、もう一度あの頃に戻りたいと思っているということ。

それを「やり直したい」というストレートな言い方をせずに、少し曖昧にして伝えることで、男性は奥ゆかしさを感じ、元カノの良さを再確認したような気持ちになります。

復縁したい!ではなく「またあの時みたいに〇〇くんと一緒にいたい…」と思っていることをにおわせるようなlineを使ってみてください。

強く気持ちを押し出すのではなく、控えめにやり直したいと思っていることを伝えるのがポイントです。

くだらない話題


lineを頻繁に送るようなタイプの元彼の場合には、彼がいつも送るような「お腹減った~」などの意味のないようなlineに合わせた使い方もおすすめ。

こういったやり取りをするのが好きな男性は常に女性に構ってほしく、何でもいいので一言言ってほしいと思っています。

そのため「お腹減った~」といったlineがあれば「今は何食べたいの?」など彼に質問をしてみると、そこから会話が続くことがあります。

こういったくだらない話は友達にはしづらく、親しい間柄の彼女などにしかできないという男性が多いものです。

そのため、ひとつひとつに丁寧に答えてあげることができれば、「もう一度付き合いたい!」と彼に思ってもらえます。

lineをしたいと思っているけれど、そこまで友達が多くなく、line相手が少ない男性や、何でも話したいと思うタイプの男性はこういったやり取りができる女性に惹かれます。

彼のペースに合わせなくてはいけないので、少し大変かもしれませんが、毎回ではなくても、自分ができる範囲内でlineのやり取りをするだけでも、十分に効果があると思います。

最初のラインで失敗しても復縁できる挽回方法

彼を不快にさせた後は短文の謝罪lineをして冷却期間を置く


最初のlineで元彼の機嫌を損ねてしまった場合には、すぐに短文の謝罪lineをすることをおすすめします。

元彼の性格によっては機嫌が悪くなるとlineを無視してしまう人もいるでしょうが、それでも気持ちが落ち着いた時に、謝罪のlineが来ていることが分かれば、少しは気が収まるはず。

謝罪lineが長くなると、さらに彼の気分を悪くさせてしまうので、基本的には謝罪文だけの短文にしてください。

また、ここで言い訳を書くと、余計に状況が悪くなることがあるので、まずは謝りたいという気持ちだけにとどめましょう。

無理に難しい言葉を使う必要はないので、悪かったと思っている気持ちが伝われば十分です。

謝罪lineに返信がないと、もう一回同じような内容のlineを送りたくなるかもしれませんが、連続で送るのは絶対にやめましょう。

男性は連続して自分の言いたい事を伝える女性に、あまり良い印象を持たないので、時間が経つのを待って、彼からの返信を待ちましょう。

何も言わずに元彼との距離を離す


最初のlineで失敗をして、それに対する謝罪をしようと思ったけれど、動揺して何を言ったらよいか分からなくなっている時には、思い切ってそのまま何もしない状態にしておきましょう。

何かを言わなくては!と思うと焦って余計に心にもないことを言ってしまうことがあるので、謝りたい気持ちとは裏腹のことをlineしてしまう危険があるからです。

元彼を怒らせてしまったのであれば、怒りの感情が落ち着くまでに時間がかかるので、それから謝罪をしても大丈夫!と自分を落ち着けてみてください。

気持ちに余裕ができれば、元彼にどのように謝ればいいかが分かってくるでしょうし、急いで変なことをlineしてしまうよりも元彼の中のイメージが良くなります。

普段から失言をすることが多い女性は、この方法がおすすめです。

ブロックされてしまった場合には他の連絡方法を試す


もしも、最初のlineをしてブロックされてしまったかもれない…?という状況になった時には、共通の友達がいるのであれば、それとなく彼の様子を聞いてみるのが良いでしょう。

直接聞くと彼の機嫌がもっと悪くなってしまうことがあるので、時間をかけてゆっくりと確認してもらうのがおすすめ。

すぐに結果を知りたいと思って強引に彼に聞き出そうとすると、ブロックされただけでなく、それ以外の連絡手段も絶たれてしまう可能性があります。

メールや電話など他の連絡手段が残っていれば、共通の友人がいなくても、自分自身で連絡をとることができる可能性を残せます。

どうしても、元彼と連絡がつかない状況が続くのが耐えられない!今のモヤモヤした状況から抜け出したい!と思った場合には、勇気を出して別の連絡手段で彼と話し、自分がした失敗の謝罪をしましょう。

その時に、気持ちがしっかりと伝わればブロックを解除してもらえる可能性も出てきますし、そこから復縁につなげることもできるでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「最初のラインがうまくいけばスムーズに復縁できる」

占い師 ミミコ

lineは対面での会話とは違った良さがあるものです。

普段は恥ずかしくて言えないようなことでも、lineなら言えることがありますよね。

だから、lineを使う時には、いつもと同じように用件を伝えるのではなく、少し工夫をして元彼の気持ちを復縁に向けるような使い方をするといいですよ。

特に最初のlineは重要。

最初のlineで彼の気持ちが大きく変わることがあるので、彼が今どのような気持ちになっているかをよく考えてlineをしてみてください。

また最初のlineをした後の対応も大切なのでフォローを忘れないで。

常に元彼の気持ちを想像し、このlineを受け取ったら彼はどう思うかを考えて行動することができれば、復縁の可能性を高めることができるでしょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事