※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

離婚寸前で別居中の旦那さんとの関係に悩んでいませんか?

一度は好きになった相手ですし、叶うのであれば仲良く一緒に暮らしていきたいと誰もが思うはずです。

しかし、旦那さんから連絡がこなかったり、日々の忙しさに追われてしまうとなかなか復縁をしようと切り出すことができません。

「彼から連絡がこないということは、もう復縁は無理かも」と落ち込んでいる方は、一緒に解決していきましょう。

この記事では、別居中の男性が送っている生活や、離婚寸前で別居をしている夫の男性心理と連絡をしてこない理由を徹底的に解説しています。

また、別居を解消してもう一度やり直せるタイミングや、復縁に向けての話し合いのきっかけを作る方法もご紹介しています。

「夫婦間のことだと周りには相談がしづらい」と一人で抱えてしまっているのであれば、最後まで目を通してみてください。

全てを読み終わる頃には、ちょっとだけでもあなたの心が軽くなっているはずです。

別居中の夫はこんな生活をしています

家事ができない旦那は「後悔」を感じている


あなたの夫が家事ができない人であるならば、後悔の気持ちに駆られている可能性が高いです。

別居をするということは、料理に洗濯に掃除など、全ての家事を自分でしなければいけません。

一人暮らしの経験があれば仕事をしながら家事をすることは当たり前なので問題なくこなすことができますが、一人暮らしの経験がなかったり、あなたと一緒に暮らしているときの家事を全て丸投げしていた旦那さんなのであれば、その大変さに心がすり減っていることでしょう。

洗濯物が綺麗に洗われていること、あたたかいご飯が食べられること、本当はとても幸せなことなのですが、人間は当たり前になると感謝の気持ちを忘れていきます。

ですが、思わぬところで経験をした別居暮らしが、彼の心を育てているはずです。

「こんなに大変なことを奥さんは一人でしていたんだ」と、今まできちんと感謝をしてこなかったことや、あなたを大切にしていなかったことを後悔するようになるのです。

同じような味付けのコンビニ弁当には飽きますし、溜まっていく洗濯物を見ると目をつぶりたくなります。

もし、旦那さんがこの気持ちを感じているのであれば、悪いことばかりの別居ではなかったと思えてきませんか?

彼が後悔をしているならもう一度やり直す余地は十分にあるので、別居を解消できるように次のステップに進めていきましょう。

料理ができる旦那は「楽しさ」を感じている


人間は、食に対する関心が高い人と低い人の二種類に分かれます。

特に料理が好きな男性は食べ物への関心が強いことが多く、場合によっては毎日欠かさず料理をしている主婦の方よりも強いことがあります。

というのも、主婦の中には料理が好きではないけど作らなければいけないから作っているという方もいると思います。

家族のためには頑張れるけど、自分が食べるだけならなんでもいいと思っている方は多いのではないでしょうか。

それに対して、別居中で自分のご飯だけしか気にしなくても良いはずの旦那さんが、毎日欠かさず自炊をしているとしたらどうでしょう?

もちろん節約などの理由もあるでしょうが、意外と料理が楽しくて自炊をしているという方は少なくないのです。

自分の好きなものが食べられて嬉しいと思っていたり、そのような男性はマメな人が多いので他の家事もたいして苦に感じていません。

むしろ今まで気になってたけど口出しができなかった掃除の仕方や、好みの柔軟剤やシャンプーを選ぶのが楽しいと思っていることもあります。

また、人は食欲が満たされると幸福度が上がると言われています。

食欲というのは満腹度だけではなく、そのとき食べたい食事や好きな食べ物を食べれたという満足感も含まれます。

毎日の食事が楽しみになって、一人暮らしを楽しんでいる可能性はあるでしょう。

しかし、一人での食事を寂しいと感じることもあるでしょうし、食欲だけでは満たされないこともたくさんあります。

これから先、家族でしか満たすことができないしあわせを増やしていけば、もう一度やり直すことはできるはずです。

お酒が好きな旦那は「自由」を感じている


あなたの夫がお酒を呑む人であるならば、別居生活に自由を感じているかもしれません。

結婚をしていると自由に呑みに行けなかったり、酔っ払って家に帰ることを引け目に感じてアルコール量にセーブをかけていた旦那さんもいらっしゃると思います。

お酒が好きな人は、呑まない人の想像をはるかに超えるぐらいお酒を呑むことが好きなので、思い通りに飲酒ができないことをとてもストレスに感じています。

一人暮らしで気兼ねなく酔っ払える環境になったことで、羽を伸ばしている可能性は十分にあるでしょう。

ただ、本当に歯止めの効かない人はお酒が原因で仕事や人間関係に悪影響を及ぼすこともありますし、アルコールに依存してしまうこともあります。

もしかすると、あなたとの関係に思い悩んでお酒に頼ってしまっているということも考えられます。

本当に末期になってしまうと人生を狂わしかねないので、旦那にはそうなって欲しくないという気持ちがあるなら、なるべく早めに別居を解消することをおすすめします。

「また一緒に暮らし始めたら旦那がストレスを溜めてしまうかも」と思ってしまうかもしれませんが、お酒のせいで体を壊してしまうよりは絶対に良い選択です。

逆に、健康管理ができるのは家族の特権なので、取り返しがつかなくなってしまう前に彼を説得させられるように頑張りましょう。

家族が好きな旦那は「寂しさ」を感じている


あなたの夫が家族を好きだと思える人であるならば、寂しさを感じている可能性が高いです。

「うちの旦那は家族を大切にしてくれなかった」と思う方もいらっしゃると思いますが、大切にすることと好きなことは別です。

もちろん、好きだから家族を大切にできるという器用な男性もいますが、好きだけど上手くいかないという不器用な男性もいます。

「家族」という関係に甘えてしまって、気を使うことを忘れてしまったり、少しぐらい雑に扱っても良いやと思ってしまうことは誰にでもあります。

たとえ家族という密な関係であったとしても所詮は他人同士なので、傷付けないように接しなくてはいけませんし、お互いを思いやれないと一緒に生活はできません。

しかし、それが分からずに「家族だからなんでも許してくれる」と思ってしまう人は意外と多いのです。

彼が「家族は好きだけどあまり大切にしてくれなかった」という旦那さんであるならば、ちゃんと大切にできなかったことを今頃になって後悔しているはずです。

当たり前にみんなでご飯を食べていたこと、何気ないことで笑い合えたことを思い出しては「一生このまま独りで生きていくのかな?」と孤独を感じています。

離婚寸前で別居したなら夫はこう思っている

「どうしてもっと上手くやれなかったんだろう」



あなたから離婚を切り出して別居生活をしているのであれば、彼が「どうしてもっと上手くやれなかったんだろう」と思っている可能性があります。

奥さんから別れを告げるということは、おそらく思いやりのある結婚生活を送れなかったことや、家事や子育てに旦那さんの協力が得られなかったことが原因だと思います。

また、夫の浮気が原因で離婚を決意した方もいらっしゃることでしょう。

「離婚寸前だし別居もしているし未来がない」と考えてしまうかもしれませんが、結婚生活や嫁に対して彼が不満を感じていなければ、離婚をしたいと思っている可能性は低いです。

むしろ、離婚を告げられて別居を余儀なくされたことで、あなたの大切さを身にしみて感じているかもしれません。

今は上手くいっていないかもしれませんが、一度は「結婚をしたい」「一生一緒にいたい」と思った相手です。

結婚をしたということは、ある程度お互いを良き理解者だと思えたから一生を共にする選択をしたはずです。

お互いがその気持ちを忘れていなければ、今からでも結婚生活を立て直すことはできます。

旦那さんを許せない気持ちもあると思いますが、失敗は誰にでもあることですし、人生は経験をしないと分からないことだらけです。

「もうこの人とは無理だ」とは決めつけず、彼が成長をするきっかけが自分の成長にも繋がると信じて、もう一度やり直す決心がつけられると良いと思います。

「早く次の相手を見つけよう」


お互いが離婚を考えていて別居生活をしているのであれば、彼が「早く次の相手を見つけよう」と思っている可能性があります。

あなた自身、心のどこかで「旦那が悪かったから結婚生活が上手くいかなかった」と相手のせいにする気持ちがありませんか?

夫婦揃って別れの意思があるということは、彼にもその気持ちがあるということです。

もちろんどちらか一人が悪いわけではありませんし、男性側にダメなところがあったことも分かります。

しかし、きちんと話し合いをしていなかったり、向き合うことを避けるように別居をしてしまっている場合は、自分の悪かったポイントを自覚していないことが多いです。

そのため、結婚生活が上手くいかなかったことは相手のせいにして「もっと良い人が見つかれば、しあわせな結婚ができる」と、相手を変えて再婚をすれば上手くいくと勘違いしてしまうのです。

スムーズにストレスのない生活を送るためには、相性はとても大切です。

ズボラな人と潔癖な人の相性が良いとは言えませんし、もし価値観が全く違うのに結婚をしたのであればそもそもその選択が間違いだったのかもしれません。

ですが、いくら相性が良いカップルでも、自分のダメなところを直したり、相手に合わせることを心がけたりすることは絶対に必要です。

あなたの中に少しでも「これからはお互いを思い合っていこう」という気持ちがあるなら、勘違いをしている彼を止めてあげましょう。

「もう結婚はこりごり」


夫から離婚を告げられて別居をしているのであれば、彼が「もう結婚はこりごりだ」と思っている可能性があります。

男性が別れたいと言う場合は、結婚生活にメリットを感じていません。

あなたとの生活を苦に感じていたり、金銭的に自由になりたいと思っていることが大半です。

仕事を生活の軸にしている男性にとって、結婚や家庭は癒しであって欲しいという理想があるからです。

しかし、実際の結婚生活はしあわせなこともありますが、自由に使える時間やお金がなくなったりと、縛られることや大変なこともあります。

それが悪いということではなく、その覚悟ができていないのに結婚をした旦那さんに問題があるのです。

彼の考え方を変えて「やっぱり結婚をして良かった」と思わせるためには、これから先、あなたの努力がたくさん必要になってきます。

結婚に適応ができない男性が悪いのは百も承知なのですが、そんな彼とでも結婚生活を続けたいのであれば、相手に「結婚生活のメリット」を感じさせなければいけません。

あなただけが頑張るような結婚はあまりして欲しくないので、できるだけウィンウィンな関係でいられるような解決策を探していきましょう。

「浮気相手と一緒になろう」


夫の浮気が原因で離婚を考え、別居をしているのであれば、彼が「離婚をして浮気相手と再婚をしよう」と思っている可能性があります。

夫婦関係や結婚生活でどうしても切り離せないのが、配偶者の異性問題です。

いくら自分がしないようにしていても、されないように頑張っていても、浮気をする人はしてしまいます。

もともと女癖が悪かったり、付き合っているときに浮気をされた経験があったりと、思い当たる節があるという方もいるのではないでしょうか。

もし、旦那さんの浮気癖がネックになっているなら、正直なところあなたが許した上で彼が今後浮気をしないことを信じるしか道はありません。

浮気をしない男性も世の中にはいますし、それでも今の夫を選んだのであれば半分はあなたの自己責任です。

しかし、一番厄介なのは浮気をするような人ではないのに浮気をしてしまったというパターンです。

この場合は浮気相手の女性を本気で好きになっていたり、不倫相手の口車に乗せられている可能性があります。

「嫁よりも彼女が良い」と本気で思っていそうな雰囲気があったら、相手の女性に慰謝料を請求することや「離婚をしても良いけど財産は折半、さらに慰謝料を請求する」と伝えてみてください。

お子様がいるのであれば、成人するまでは養育費を払う責任があることも話しましょう。

奥さんにバレるような不倫を持ちかける女性は大概このような知識が浅かったり、詰めが甘いことが多いので、ほとんどの女性は逃げ出します。

独身女性からしてみれば、離婚経験があって子供がいる、貯金もなく毎月養育費を払い続ける男性ほど条件の悪い人はいないからです。

相手の女性が旦那さんを諦めれば、盲目になっていた彼も目が覚めるはずです。

浮気をした夫を許せない気持ちもあるとは思いますが、彼があなたと離婚をして道を踏み外すことがないように、しっかりと手を引いてあげてください。



占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別居中の夫から連絡なし…その理由と心理

機嫌を伺っている


別居中の旦那さんから連絡がこない場合、相手があなたの機嫌を伺っていることが考えられます。

夫婦が離れて暮らすぐらい大きな問題が起こっていれば、どれだけ頭の悪い男性でも事の重大さに気付くはずです。

ただ、自分の欠点を反省していても「もう許してもらえないかも」と、謝る勇気が出ないのかもしれません。

あなたから別居を提案していれば、許してもらえるまで連絡はできないと思っている可能性は十分にあるでしょう。

離婚をしたいわけでもなく、あなたに見切りをつけているわけでもなく、単純に奥さんから「おとがめなし」と言われることを待っている状態です。

執着がなくなっている


別居中の旦那さんから連絡がこない場合、あなたに対する執着がなくなっていることが考えられます。

そもそも連絡がマメなタイプじゃないのであれば、別居をしたからと言って連絡がマメになるということはありません。

彼が「絶対に離婚はしない」と言っているなら話は別ですが、相手もそれなりに受け入れているなら連絡をしてくることはないでしょう。

あとは、別居をしたことですでに離婚をしたような気持ちになっていて、報告や連絡をしなくても良いと思っている可能性もあります。

あなたが「連絡がこない。なにを考えているんだろう?」とモヤモヤしている一方で、彼はなにも考えていません。

家族に対する執着が消えてしまっているので、夫からやり直そうという連絡がくることは期待しない方がいいでしょう。

連絡を待っている


別居中の旦那さんから連絡がこない場合、あなたからの連絡を待っていることが考えられます。

別居の原因が夫側にあったり、もともと彼が控えめな性格であるなら受け身になっている確率は非常に高いです。

自分のせいで怒っている奥さんに対して「許して欲しい」と言える旦那さんはなかなかいません。

ほとんどの男性が「感情を逆撫でしたくないし、許してくれるのを待とう」と思って「許す」の一言を待っています。

また、あなたが原因で別居に至ってしまっていても、彼が控えめな性格であれば「別居をしたいと言ったのは俺なのに、戻ってきてと言えない」と悩んでいることも考えられます。

時間が旦那さんの背中を押してくれて、あなたに連絡をくれれば良いのですが、このまま無駄に時間が過ぎてしまうかもしれません。

もし、彼と一緒にいた長年の勘で「許してくれそうな気がする」と思うのであれば、一度あなたから連絡をしてみてはいかがでしょうか。

これからのことを考えている


別居中の旦那さんから連絡がこない場合、あなたとの将来について考えている途中で、まだ連絡ができない状態なのかもしれません。

夫婦の問題はどちらかの頑張りだけでは解決できないこともありますし、はじめてのことも多いので慎重になってしまう場面もあると思います。

あなたが別居中に離婚をしたくないという答えを出したように、彼もこれから先どうすれば上手くいくかを考えています。

最初から離婚をするつもりで結婚するカップルなんていませんし、ほとんどの人ができれば離れずにいたいと思うはずです。

お互いがどう変わればしあわせな生活をしていけるのか、どんな言葉を奥さんにかければやり直せるのか、一生懸命に考えています。

逆に、どうすれば円満に別れられるのかや、このまま離れてしまった方がいいのではないかと考えている可能性もあります。


あなたが旦那さんと離れたくないと思っているのであれば、彼にどんなことを言われても打ち返せる言葉を考えておく準備はしておいた方がいいでしょう。

別居解消して復縁できるタイミング

最初から期間を決めておく


別居をするにあたって一番解決が早いのが、最初から離れて暮らす期間を設定しておくということです。

半年から一年、子供が学校を卒業するまでなど、お互いの気持ちや考えがまとまるのにかかる時間を想定しておきます。

一緒に住んでいると冷静になれない、感情的になってしまうという問題があるので別居を選択しているはずです。

離れて暮らせば色々と見えてくることもあるでしょうし、感じることもたくさんあると思います。

離婚をしようと考えていたけど、やっぱりやり直したいと思うこともあるでしょう。

ただ、なんとなく別居をしてダラダラと時間を過ごしていては意味がありません。

冷静な判断ができないまま離婚をするという間違いを起こさないための別居なので、この間にたくさんのことを考えなければいけないのです。

金銭的な問題やお子様がいれば片方に負担がかかってしまうことも考えられるので、別居をする際に期間を決めておくことは大切です。

期間を決めず、すでに離れて暮らしている場合は、一度夫婦でいつまで別居をするのかを話し合うことをおすすめします。

その際に、期間が終わったら離婚をするかしないかの答えを出すのではなく、離婚をせずに上手く関係を修復する方法を話し合おうと提案しておきましょう。

そうすることで、彼は離れている間に「離婚をすること」を考えるのではなく「離婚をしなくても済む方法」を考えるようになります。

二人の大人が上手くいく方法を考えて、それをお互いが実践し合えれば復縁をすることは難しくないはずです。

あなたの気持ちに整理がついたら


別居の原因が夫にあったり、奥さんから別居を提案したのであれば、あなたの気持ちに整理がついたタイミングで別居を解消しましょう。

「早く別居を解消しないと離婚になってしまうかも」と焦る気持ちがあるかもしれませんが、別居を考えるほどの問題を抱えたまま再び一緒に暮らすことができますか?

このまま問題を解決せずに、しあわせな結婚生活を続けることができるでしょうか。

一方通行に思いやるだけの夫婦生活は成立しません。

それは片方の好きな気持ちだけでは上手くいかないという意味ではなく、あなただけが無理をすることや頑張り続けてもいずれ壊れるときがきてしまうということです。

気持ちに無理やり整理をつけて復縁をすることや、夫に「戻ってこい」と言われたからと相手の言うことを聞き入れる必要はないのです。

あなたの中に「復縁をしたい」と言う気持ちがあるのであれば、どうすれば上手くやっていけるのか答えが出たときを別居解消のタイミングにしましょう。

旦那さんには、そのタイミングまで待って欲しいということを伝えて、それと同時に「あなたもどうすれば上手くやっていけるのかを考えて欲しい」とお願いをしてください。

ひとまず奥さんの離婚への気持ちが薄いことは分かれば、別居解消の催促をしてくることもないはずです。

ただ「離婚はしない」と断言してしまうと、調子に乗ってなんの解決もしないことが考えられるので、最後のチャンスという念は押しておいた方が良いと思います。

夫がどう行動してきそうなのかを考え「念には念を」を心がけるようにしましょう。

夫が戻りたいと言ってきたら


別居の原因があなたにあったり、夫から別居をしたいと言われたのであれば、別居を解消するタイミングの選択権はあなたにないと考えましょう。

率直に言ってしまうと、旦那さんの気持ちに整理がついたときが別居解消のタイミングです。

「片方の気持ちだけで別居や離婚を考えるのはおかしい」と思ってしまうかもしれませんが、片方に無理をさせて結婚生活を送ることは正しいのでしょうか?

もし、あなたに「夫の意思も尊重したい」という気持ちがあるなら、彼が戻りたいと言ってくれるときを待ちましょう。

その間に、あなたはあなたなりにどうすれば夫婦関係をやり直せるのかを考えるようにしてください。

ただジッと旦那さんの帰りを待つのではなく、彼が戻って来てからのことを前向きに想像してみましょう。

そして、解決策を見つけることができたら、彼にそのことを伝えるようにしてください。

「帰って来て欲しい」と一方的な気持ちを言うのではなく「二人がやり直せる方法を色々と考えたので、チャンスが欲しい」とお願いをするのです。

できれば「二人で頑張っていこう」というニュアンスの方が良いのですが、間違っても「あなたが頑張って」という、旦那さんに責任を押し付けるような言い方は絶対にやめましょう。

まずは夫婦がやり直せる方法をしっかりと考えた上で、あなたの気持ちを旦那さんに伝え、それを聞いた彼の気持ちに整理がつくまでが別居解消までに必要な時間です。

焦る気持ちもあるとは思いますが、今ここで無理に復縁をしてこの先何十年も苦しい思いをするのと、今踏ん張って一生彼としあわせに暮らすのと、どちらが二人のためになるのかをしっかりと考えてみてください。

子供の将来を考えた末で


お子様がいるのであれば、別居を解消するタイミングを子供の成長に合わせるというのも一つの手だと思います。

まだ小さいなら幼稚園を卒業するタイミング、小学生や中学生だったら学年が変わるタイミングを目安にすると「別居を解消したい」と話しやすいのではないでしょうか。

一人で子育てをするのは本当に大変ですし、もし共働きで奥さんが子育てをしている状態なのであれば、別居をした理由がどうであれ子供のために一緒に住むことは検討しても良いはずです。

「お父さんがいなくて子供が寂しがっている」と伝えても、ひとまず子供のために別居を解消して、夫婦のことはゆっくり考えようと提案してみるのも良いかもしれません。

ただ、夫婦の関係が子供に悪影響を及ぼす環境であるなら、別居を解消するのはやめましょう。

例えば、二人の価値観の違いから喧嘩が絶えなかったり、夫がDVをしてくるなど、過激な環境で育った子供は心に深い傷を負います。

ドラマや映画で良くみるような、素行が悪くなる、親に反抗をするという目に見えることだけではありません。

大人になってからも精神病を発症するリスクが高くなったり、アダルトチルドレンという大人になってからも生き辛さを感じて、幼少期の心の傷を引きずっている人もいます。

子育ては、成人させれば終わりというわけではありません。


性格や価値観までを操ることはできませんが、なるべく子供に辛い思いをさせることなく育てるのが親の責任です。

成人をしてからも子供の人生は続きますし、育った家庭環境で人間性は大きく変わります。

そこで育つしかない子供は、無抵抗で心に傷を負い、問題に気が付かないまま大人になっていくのです。

子供に辛い思いをさせないためにも、たくさんの選択をできる大人のお二人が、一番良い解決策を見つけられるように力を合わせてください。

話し合いのきっかけの上手な作り方

夫の話を聞いてあげる


話し合いのきっかけを上手に作るためには、まずは夫の話を聞きたいという姿勢をとるようにしましょう。

人間は、話を聞いてもらえると少し無理なお願いでも聞いてしまう傾向があります。

それはなぜかというと、話を聞いてもらう=してもらったという気持ちが強まるので、無意識に自分も相手の話を聞いてあげなければという気持ちになるからです。

この心理を上手く使うことができれば、旦那さんの話を聞いてから奥さんの話をするという流れを作ることができます。

夫婦の話し合いが上手くいかないことが多いのは、それぞれが「自分の話を聞いて欲しい」という気持ちが前に出過ぎてしまうためです。

心のどこかで「自分の意見を押し通さなければ、肩身の狭い結婚生活を送らないといけない」と思ってしまうのでしょう。

確かに自分の意見を聞いてもらうことも大切ですが、お互いが気持ちよく生活をするためには二人が納得のいく答えを出さなければいけません。

また、ディベートという異なる立場に分かれて討論をする場合には、先攻の話し手よりも後攻の話し手の方が有利とされています。

先攻は、ただひたすら自分の考えを話さなければいけないのに対して、後攻は相手の話を聞いた上で話を展開することができるからです。

その討論の場でも大事だと言われているのが、話を聞く力です。

いくら話すことが得意だったとしても、相手の意見を全く理解せずに反論をしてしまえば「この人はなにを言ってるんだろう」と思われてしまいます。

旦那さんの話は聞きたくないとシャットダウンするのではなく、まずは相手の気持ちを聞いてからあなたの気持ちを話すことを心がけてみてください。

話し合いは何回かに分ける


話し合いのきっかけを上手に作るためには、話し合い自体を何回かに分けるようにしましょう。

お互いの気持ちを聞き合えば、その都度思うことや考えたいことはあると思います。

旦那さんの意見を聞いて「それは嫌だ!」とその場で反論するのではなく「気持ちは分かったから、少し考える時間が欲しい」と次の話し合いに持ち越すのです。

話し合いを何回かに分けようという提案を最初からしてしまうのも、解決をしたいという誠意が伝わるので良いと思います。

もし、いきなり話し合いをするのは嫌だと言うのであれば、何度か普通に食事をするだけでも緊張感がほぐれるはずです。

人間は、会う時間を長くするよりも、会う回数を増やした方が好意的な気持ちが高まると言われています。

別居はしていても、お互いの人間性を好きになって結婚をしているはずですから、普通の会話をするぶんには楽しいと思えるはずです。

「やっぱりこの人といるのは楽しい」と思えれば、話し合いに挑む気持ちを柔らかくなると思うので、試してみてください。

食事をしながら話す


話し合いのきっかけを上手に作るためには、食事をしながら話をするようにしましょう。

人間は、食事をしながら話をすることでご飯の美味しさや楽しい時間がポジティブな印象となり、交渉かしやすくなると言われています。

これは心理学でも立証されていたり、ビジネスシーンでは接待や打ち合わせを美味しいご飯屋さんで行うようにしていたりと、実用性の高いものです。

ただ淡々と話し合いをして交渉が決裂してしまうよりも、良い雰囲気で話し合いをした方が絶対に価値のある時間になるはずです。

「何度も話し合いの時間を作れない」という方は一回の話し合いで旦那さんを説得させたいと思っているでしょうし、貴重な機会を無駄にしないためにもどんな雰囲気で話し合いをするかも大切にした方がいいでしょう。

具体的な解決策を話し合う


話し合いのきっかけを上手に作るためには、具体的な解決策を話し合うようにしましょう。

あなたの気持ちをぶつけるのではなく、どうすれば夫婦仲が改善されるのかをしっかりと話し合うのです。

男性と女性とでは、話し合いに対するモチベーションが全く違います。

女性は感情をぶつけたり、話を聞いてもらうために話し合いをするのに対し、男性は議論をするために話し合いをしようとします。

なので、ただあなたの気持ちを話すためだけに話し合いをしてしまうと、彼が「この不毛な話し合いはなに?」と思ってしまう可能性があるのです。

そうなってしまうと、男性は「あんなに無駄な時間を過ごすなら、話し合いはしたくない」と完全にシャットダウンしてしまいます。

あなたの辛い気持ちを理解して欲しいという気持ちは分かりますが、話し合いだから議論をして答えを出したいという男性の意見は間違っていません。

ここは弱音を吐きたい気持ちをグッとこらえて、しっかりと今後の解決になる話し合いをしてください。

また、夫に話し合いをしたいと連絡をするときも「話したいことがある」と言うのではなく「これからどうしていくかを決めたい」と議論をする意思があることを伝えると良いでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「たとえ離婚前提でもやり直せる余地はあります」

占い師 ミミコ

別居問題についてお話をしてきましたが、いかがでしたか?

少しシビアなことも言ってしまいましたけど、あなたの頑張り次第で二人の関係を立て直すことは絶対にできます。

どんな夫婦でも上手くいかないことはありますし、周りの人には話せない問題や悩みも抱えています。

自分達だけがダメなんだとは考えずに「みんな大変だけど、上手くいってる夫婦もいるし大丈夫」と考えるようにしましょう。

家族以外の人とこんなに長い時間を親密に生活をするのがはじめての方ばかりでしょうし、誰だって経験がなければ失敗をします。

大切なのは、その失敗とどう向き合って、どう乗り越えようとするかです。

理想を言うとどちらかが頑張りすぎることなく、夫婦の秤を均等に保つことができる結婚生活を送って欲しいです。

素敵な旦那さんと支え合いながら、しあわせな人生を歩めるように頑張ってください。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事