ツインソウルに訪れるサイレント期間の本当の意味を知っていますか?

ツインソウルは魂同士で惹かれ合う関係ですが、出会ってから魂が統合するまでの間に、必ずサイレント期間を挟まなくてはいけないと言われています。

これは、サイレント期間を過ごすことによってお互いの魂が成長するからで、サイレント期間がないとできない種類の成長があるためです。

だから、どれだけ関係が上手くいっているように見えるカップルだったとしても、本当の意味で魂を結合させるためにはサイレント期間を経験しないといけません。

今回はツインソウルに訪れるサイレント期間の全てをまとめた内容となっており、サイレント期間とは何か、ツインソウルである元彼とサイレント期間に入った時の過ごし方、サイレント期間の終わりに現れる前兆、サイレント後に体験すること、サイレント期間の長さの違いについて説明します。

元彼がツインソウルなのに、離れて行ってしまった…という悩みを抱えている人は、サイレント期間に入ったという可能性が高いです。

ツインソウルの元彼が離れてしまうと、信じられないくらいに落ち込んでしまうかもしれませんが、サイレント期間なのであれば元カレは戻ってきます。

それに、サイレント期間はカップルにとって必要なものだということが分かれば、ツインソウルの元彼と離れていても適切な行動がとれるようになれますよ。

この記事を参考にして、ツインソウルの元彼が戻ってくるのを待ちましょう。

本日のメニューはこちら

ツインソウルに訪れるサイレント期間とは

どちらか一方が離れることを望む


ツインソウルの訪れるサイレント期間とは、ツインソウルのどちらか一方が離れることを望む時期です。

ツインソウル同士が出会うと、他の人には感じたことのない気分になり、強く惹かれ合って関係が急展開することが多いでしょう。

普通は徐々に相手のことを好きになりますが、ツインソウルの場合には出会った瞬間に恋に落ちることもあれば、昔からの知り合いだったにも関わらず、ふとしたきっかけで急に強い好意が芽生え関係が深まることもあります。

最初の始まり方に違いはあっても、お互いが「こんな気持ちになったのは初めてだ。この相手は他の人とは何かが違う」と感じるのが特徴で、普通の恋愛とは違った種類の感覚を抱くことになります。

そのため、関係の深まり方が通常とは違い、一気に深いレベルまでつながってしまうことが多く、その勢いに気持ちがついていかない側が、「こんな体験したことがないから,自分の感情がどうなってしまうか予測できない…どうなるか分からない状態は怖い。このまま関係を続けていていいんだろうか…」と不安を抱くようになります。

この気持ちを冷静に捉えて「自分は今後の関係に不安を抱えている」と自覚している人もいれば、漠然とした不安を感じて「よく分からないけれど、このまま関係を続けていくのは嫌だ」と自分の気持ちに気付けない人もいます。

どちらのケースだったとしても、そのまま付き合っていくことに抵抗を感じているという点は共通しており、不安や恐怖心に耐えられなくなった側のツインソウルは、相手と距離をとりたがります。

最初は、付き合うことに不安のない側のツインソウルは「いつもと比べると少し様子がおかしい?」と違和感を抱く程度ですが、その時には恐怖心のあるツインソウルは少し離れたことで気持ちが落ち着くような変化を感じています。

離れたほうが恐怖感が少ないと実感したツインソウルは、ある日急にツインソウルである相手の元から離れて行きます。

このように、片側だけが相手と距離をとりたいと思っているのがサイレント期間の特徴で、残された片側と離れて行った側で気持ちが大きく違うのがポイントです。

サイレント期間が終わると関係が変化する


ツインソウルにとってサイレント期間がなぜ重要かというと、離れていることでお互いの魂を成長させることができるからです。

ツインソウルが出会うと、魂同士が磨かれる関係になるので離れている時よりもより一層魂を成長させることができますが、離れていないと成長できない部分もあるのが難しいところです。

これは、魂のレベルと上げるためには、段階を踏まないといけないことと深く関係しています。

ツインソウルは最初は別々の場所で生まれてきて、各自で魂のレベルを高める努力をし、その後ツインソウル同士が巡り合うことでさらに魂を磨き合います。

しかし、共に時間を過ごした後には、1人にならないと達成できない課題が生じてくるのです。

魂のレベルを高めるためには様々な課題をひとつずつクリアーしていく必要がありますが、離れたり引っ付いたりを繰り返しながらでないと、問題を解決できない仕組みになっています。

だから、ツインソウルとの出会いでは、どちらか一方が離れて行くサイレント期間を過ごすことが必須であり、サイレント期間を終えてからがツインソウル同士の関係の本番とも言えます。

サイレント期間を過ごす前は好きな気持ちが強まる一方だと思いますが、サイレント期が終わると単純な「好き」ではなく、複雑な「好き」という気持ちに変わります。

サイレント期間を終えると、「好きだからずっと一緒に居たい」⇒「好きだけど一緒に居なくても平気」、「好きだからいつも私を優先させて行動してほしい」⇒「好きだけど相手の自由は尊重したい」など、相手に対する気持ちが変わってくるでしょう。

特別な理由がなく急に訪れる


サイレント期間の始まりはカップルによって様々ですが、多くのケースでは特別な理由がなく突然ツインソウルが離れて行ったという流れになっています。

通常は好きなもの同士が一緒に居る関係から離れるには何らかのきっかけがあります。

喧嘩別れのこともあるでしょうし、どちらかの欠点に我慢できなくなったといった場合もあるでしょう。

しかし、ツインソウルのサイレント期間は昨日まではいつも通りな感じで仲良しだったのに、今日になったら連絡が急に途絶えた…など、残された側のツインソウルにとっては驚くような展開になります。

せめて離れていく理由だけでも分かったら対処のしようがありますが、離れたいという気持ちを持つソウルメイトはそれを相手に隠しているので、残される側は気持ちに気付くのが難しいのです。

勘の良い人の場合には、相手が何か不安な気持ちを抱えているという異変に気付き、少し距離を置くなどの対応をする人もいるでしょう。

しかし、サイレント期間に入る前のツインソウルの気持ちは多少のことでは、元には戻りません。

一度心の中に生じた不安は消えることなく、どんどん大きくなるので、どんな方法を使っても気持ちを取り戻すことはできないんです。

だから、残される側のツインソウルが相手の気持ちの変化に気付いたとしても、不安に押しつぶされそうになったツインソウルは、もう1人のツインソウルの元から急に去って行ってしまいます。

努力しても関係を戻せない


ツインソウルのサイレント期の特徴は、離れて行った相手に対して何をしても効果的にはならないということです。

例えば、急に連絡がとれなくなったツインソウルに対しては、どんな内容のメッセージを送ったとしてもそれが効果的に働くことはほとんどなく、何度も連絡をしても一向に返事がないという状況になります。

それ以外にも、顔を合わす機会があり一生懸命話しかけたりしても、相手の態度が変わることはなく冷たい対応をされてしまうでしょう。

は、ツインソウルが離れて行く原因が表面的な理由ではなく、魂レベルで抱えている問題だということと関係しています。

言葉で何か訴えても届くのは頭の中の意識までです。

もちろん必死になってツインソウルに気持ちを分かってもらおうとすれば、多少は心にも響かせることができますが、さらに深く魂の元にまで感情を届けることは容易ではありません。

人間ができるような努力では魂の抱えている問題を解決できないので、何をしてもツインソウルの元には訴えたい気持ちが届かないのです。

だから、サイレント期間に入ると、急に去って行ったツインソウルに対してあれこれと様々な方法で何とか元の関係に戻ろうと試みても、状況が変わらないままで過ごすことになります。

置いて行かれた側の苦しみが大きい


ツインソウルのサイレント期間は去られた方も混乱した気持ちを抱えていますが、置いて行かれた側のツインソウルの苦しみが大きいことも特徴です。

ツインソウルと出会うと「この人に巡り合うために生まれてきたんだ」という満足感を抱くことが多く、ツインソウルと出会ってしまうとツインソウルのいない日々には戻れなくなります。

特にサイレント期間は残された側のツインソウルの好きだという気持ちが最高潮に達している時にやってくるので、いないと困ると思っている人に去られる悲しみは相当のものです。

ツインソウル同士のカップルの場合には、付き合い始める前も他の人よりも強い感情を抱くものですが、付き合い始めてからの感情の高まりは人生で初めてだと思えるほどの刺激の強さがあります。

どうしてここまで刺激的に感じるかというと、ツインソウルは魂の隙間を埋めてくれる存在のため、恋愛感情の「好き」とは少し違う感覚になるからなんです。

ツインソウルに出会うまでは、魂の一部に隙間があることでどことなく満たされない思いを抱えています。

でも、ツインソウルと出会って一緒に居るようになると、隙間がなくなり「もう何も必要ない…」と満たされる気持ちになります。

普通の恋愛だと好きな人ができるとドキドキしますが、ツインソウルの場合にはドキドキだけではなく充実感を得られるのが違いで、何もしていなくても毎日が楽しく感じられるようになります。

こういった種類の刺激は非常に心地良く、他のことでは感じられない種類の感情なんです。

だからこそ、ツインソウルが離れて行った時の苦しみが大きくなり、置いて行かれたツインソウルは立ち直れないほどの苦しみを抱えてしまうことになります。

ツインソウルの元彼とサイレント期間に入った時の過ごし方

ランナーは自分の感情が整理できずに困惑する


ツインソウルがサイレント期に入った時に去っていく側のことを「ランナー」と呼びます。

カップルによって男女どちらがランナーになるかはそれぞれですが、男性のほうがランナーになるカップルが多いと言われています。

ランナーはツインソウルに出会ってからサイレント期に入るまでに気持ちの変化に戸惑って、逃げるようにしてツインソウルの元を去っていきます。

この時のランナーの気持ちとしては「好きなんだけど、一緒に居てはいけないような気がする」といったもので、自分自身でも困惑しているのが特徴です。

ツインソウルに出会うと一気に感情の変化が訪れて、そのスピードに心がついていけないと、ランナーとなって相手から離れたくなってしまうのでしょう。

ランナーは自分の気持ちを整理できていないのが問題なので、1人になって自分の気持ちを見つめ直す時間が必要です。

しかし、訳が分からない状態になって十分な説明もせずにツインソウルの元を去ってしまっているケースが多いため、相手のツインソウルから「どうして急にいなくなったの?」と責められてしまいます。

1人になって気持ちの整理をつけるために離れているのに、相手のツインソウルから話しかけられてしまうといつまで経っても気持ちが混乱したままです。

そうすると、その状態に嫌気がさしたランナーは相手を完全に遮断して1人の時間を確保しようとします。

その結果、ツインソウルの元彼が全く連絡をしてくれなくなった…という結末を迎えてしまうのでしょう。

チェイサーはツインソウルの気持ちが理解できないことに苦しむ


ツインソウルがサイレント期間を迎えた時、離れていく側の「ランナー」に対し、置いて行かれる側、相手を追う側を「チェイサー」といいます。

ランナーは男性がなることが多いということから、必然的にチェイサーは女性のほうが多めです。

チェイサーは大事にしていたツインソウルがサイレント期間になって離れて行ってしまうことで、「なんで?」「どうして?」と相手の気持ちが理解できないことに苦しむ時間を過ごします。

サイレント期間は突然始まることが多いので、去っていく相手の行動の理由がつかめないのでしょう。

チェイサーがサイレント期間を迎えた時にすべきことは、相手の立場に立って物事を考えてみることです。

「どうして急に私のそばからいなくなるの?」と相手を非難するのではなく「元カレの気持ちになって考えてみよう」と視点を変える必要があります。

しかし、いないと困ると思っているツインソウルがある日急にいなくなるのだから、落ち着いて考えられるようになるまでは相応の時間をかけなくてはいけません。

無理に自分の感情を押し殺して元彼の気持ちを考えようと思っても、それでは本当の元彼の気持ちを理解することは難しいでしょう。

なぜなら、ツインソウルの場合には頭で考えて関係作りをするのではなく、感覚を研ぎ澄ますことが大切だからです。

お互いに魂レベルで惹かれ選っているのだから、無理をして理性で動くようになると関係は上手くいきません。

だから、チェイサーになったら、ツインソウルがいなくなって悲しんでいる自分自身の気持ちを認めてあげましょう。

ツインソウルが去って行ったら、何もできないほどに落ち込むのは普通のことです。

そこまで大切に思える人に出会えたことに感謝をしつつ、自分を慰めてあげてください。

突然ツインソウルが去って行ったことで傷ついている自分を受け入れることができれば、次は自然とツインソウルである元彼の気持ちに目が向くようになります。

そういった段階を経ると、ツインソウルに出会った後に一気に相手を好きになって戸惑っている元彼の気持ちが理解できるようになるはずです。

魂同士が強く惹かれ合っているところを想像する


サイレント期に入ると苦しみが強く、どうにかして早く苦痛から解放されたいと思うと、目先のことに囚われてしまいがちです。

例えば、元彼から連絡がなくて辛いから、コンタクトがとれるようもっとたくさん連絡してみよう…という行動をしてしまいます。

しかし、これでは1人になりたいと思っている元彼から余計に嫌われてしまいます。

そのため、辛いという感情を遠くから眺めるようにしてみてください。

イメージとしては宇宙から地球を眺めるような感じです。

あなたと元彼の魂が別々の場所で生まれてくるところから想像しましょう。

離れていた魂が時間をかけて徐々に近づき、しばらくは引っ付いた状態で過ごしています。

しかし、その後片方の魂だけが離れて行き、残された魂は傷ついて悲しんでいます。

これが今のあなたと元彼の状態ですが、遠くから眺めていると惹かれ合っている魂同士はいずれは統合するのだと信じられる気分になってきませんか?

今は一時的に離れている状態ですが、強く惹かれ合っているツインソウルなのだから、一緒に居るべき時がやってきたら自然と魂同士が近付いていくはずです。

目に見えている場面ばかりを考えると、元彼に冷たくされた…などネガティブな感情でいっぱいになってしまい、サイレント期間に魂を成長させることができません。

魂を成長させることがサイレント期間の目的なのだから、魂の成長が遅れるとそれだけ長く元彼と離れてないといけないということです。

サイレント期間を縮めるためにも、目の前で起こっている現実の姿だけを見ることはやめましょう。

頭の中であなたと元彼の魂が惹かれ合っている様子を想像し、今後の展開に期待するようにしてくださいね。

余計な情報をシャットアウトする


ツインソウルのサイレント期間に入ったら、できるだけ余計な情報はシャットアウトさせておきましょう。

これは感覚を鈍らせないためです。

たくさんの情報が頭の中に入ってくると、そちらに気をとられて自分自身の感情を冷静に見つめることができなくなります。

テレビやSNSなどたくさんの情報に触れるのが毎日の当たり前になっているかもしれませんが、ツインソウルのサイレント期間にはできるだけ情報は入れないほうが良いです。

当たり前のようにたくさんの情報を取り入れていると頭が情報の処理だけで疲れてしまい、ツインソウルの波長を感じ取るセンサーが鈍ってきます。

ツインソウルである元彼の気持ちをしっかりとキャッチするためにも、頭を不必要に疲れさせず、常に感性を最高の状態に整えておくことが大切です。

静寂の中でゆっくりと深呼吸をしながら頭を空っぽにしてみましょう。

ここで無理に元カレのことを考えると気持ちが乱れてしまうので、何も考えないようにして感性を研ぎ澄ませてください。

毎日こういった時間を作ることで、気持ちが安定していきます。

そうすればツインソウルである元彼の波長を捉えやすくなり、元カレがあなたのことを思い出す頻度も増えてくるでしょう。

何度もあなたの顔が頭に浮かぶようになれば、元彼はあなたの元に戻りたいと思うはずです。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

ツインソウルのサイレント期間の終わりに現れる前兆

夢にツインソウルが登場し予想外の結末を迎える


ツインソウルのサイレント期が最終段階に入ると、夢に元彼の姿が何度も登場することがあります。

夢の中の出来事なので忘れてしまっている人もいるでしょうが、サイレント期が終わりそうな場合にはほとんどの人がツインソウルの夢を見ます。

そして、その夢の結末が予想外の結果になっていることに驚くはずです。

予想外の結果というのは、例えば、今までは元カレが夢に出てきても酷いことをされて自分が悲しい思いをして終わり…という夢ばかり見ていた人が、夢の途中まではいつもと同じような展開を見せていたのに、最終的には元カレと笑い合う関係になれて夢が終わる…など夢の話の流れが大きく変わるということです。

夢は深層心理を表すので同じような流れになっている夢を見ることが多く、何度も元カレに振られる夢を見たり、元彼と喧嘩をしてしまう夢ばかりを繰り返し見るといったことが起こります。

しかし、サイレント期間の終わりが近付いてくると、いつもとは真逆の結末になることが多く、目が覚めた時に不思議な気持ちになります。

これは、お互いに魂の成長が目標値まで近づいているからで、それが夢となってあらわれているのです。

頭痛や眠気など体調不良に似た症状があらわれる


ツインソウルのサイレント期間が終わりに差し掛かると、頭痛や眠気といった一見体調不良に似た症状があらわれます。

これは、ツインソウルと離れていることで感性が磨かれたからでしょう。

ツインソウルと付き合っていると感性が鈍っても気づかなくなってしまうことが多いので、サイレント期間には鈍った感性を取り戻すという役割もあります。

感性が元通りに鋭くなるとツインソウルである元彼の感情をキャッチしやすくなるだけでなく、その他の物事にも敏感になります。

そうすると、普段は気にならないような小さな変化まで感じ取ってしまい、その状態に体が慣れるまでは頭痛や眠気といった症状がでてしまうことがあるんです。

次第に体が慣れていくので頭痛や眠気といった体調不良のような症状は軽くなっていき、症状が全く見られなくなる頃にはサイレント期間は終わりを迎えているはずです。

急にモテるようになりお誘いが増える


ツインソウルのサイレント期間を経験すると、これまで以上に成長をする人が多いので、人としての魅力がアップして異性からモテるようになりお誘いが増えます。

サイレント期間全般で以前よりもモテるようになった?と感じる人もいますし、長いサイレント期間を過ごしていて最終段階で突然たくさんの異性から誘われたという人もいます。

サイレント期は苦しい思いをする時間でもありますが、考え方を大きく変わるチャンスでもあるので、内側から輝き出すような魅力を身に付ける人が多いです。

外見の美しさはそれほど変化していなくても、内側から魅力的なオーラを発することができると、自然と人に好かれるようになります。

異性からモテるようになったという変化以外にも、同性からの人気も高まることが多く、最近は友達関係のトラブルとも無縁だな…と思った時もサイレント期が終わりに近づいている証拠です。

たくさんの人を引き付けることができる魅力を兼ね備えることができたということは、それだけ魂も著しく成長しているということなのでしょう。

夜に眠る前に充足感に包まれる


ツインソウルのサイレント期が終わりそうになると、夜に眠る前の気持ちに変化が起こります。

それまでは寝るのが惜しいような気持ちがしていたのに、サイレント期間の終わりがけになると夜の寝つきが良くなり、眠る前から充足感に包まれて心地良さを感じるようになります。

充足感というのは、もう足りないものは何もないという感情で、一日の過ごし方に心残りがないという状態です。

寝る前に何となく惜しい気がしてスマホを触ったりしてしまう時期を過ごしていたとしても、サイレント期間が終わりそうになるとツインソウル同士の魂は既に一緒に居るような状態にまでなっているので、心残りだと思う感情が出てきません。

そして余計な事を心配をする必要がない状態に変化しているので、ツインソウルの元彼と付き合っていた頃のように満足した気持ちで眠ることができるでしょう。

眠りに入る時に、いつもとは違って心が満たされている…と感じた時にはサイレント期間の終わりが近付いているということです。

ツインソウルがサイレント後に体験すること

普段は合わないような場所で再会する


サイレントが終わると、自分も元彼も普段は行かないような場所で再会することがあります。

いつも顔を合わせているような場所ではなく、たまたま足を運んだような場所で、偶然がいくつも重なって再会を果たすのが特徴で、あなた自身も会うとは予測していなかったような場所で元彼と出くわすことがあるでしょう。

元彼も同じようにまさか会うとは思っていないような場所なので、偶然にも再会した時には、今までにはない雰囲気で会話が始まると思います。

普段は会わないような場所で再会する時というのは、波長がぴったりと一致していないと無理なんです。

時間や場所が少しでもずれてしまうと再会できないわけですから、ほぼ完全と言えるほどあなたと元彼の波長が合わさっているということです。

だから、普段は合わないような場所で再会した時には、話をしないでも相手の感じていることが伝わってくるような不思議な感覚を覚えると思います。

お互いが同じような気持ちになっているので、交わす言葉の数は少なかったとしても、「元彼と心の深い部分でつながっている…」と思えるはずです。

音信不通だったツインソウルから連絡がある


音信不通状態が続いているカップルの場合にはサイレントが終われば、元彼のほうから連絡がきます。

これは、サイレント期間を経験したことで、元彼が自分自身の気持ちの整理をつけられて、やっぱりツインソウルと一緒に居たいという気持ちになったからです。

そもそもツインソウルのことが嫌いで離れて行ったわけではないので、気持ちを落ち着けることさえできれば、元カレはツインソウルである相手と一緒に居たいと思うはずなんです。

ただし、元彼からの連絡が途絶えているにも関わらず、残されたツインソウルが一方的に連絡を送り続けているようなケースだと、音信不通のツインソウルから連絡が来るまでにかなり長い時間を必要としてしまいます。

これは、ツインソウルからの連絡が来ることで元カレが1人の時間を十分にとることができなかったのが原因で、魂を成長させる時間がなかなかとれないからです。

サイレント期間にじっくりと自分自身の気持ちを見つめ直し、どうしてツインソウルと離れたいと思ったのかの答えを導き出せないと、サイレント期間を終わらせることができません。

それに、普通の相手と違ってツインソウルは特別な存在なので、ちょっとした接点があるだけで気持ちが乱れて、冷静に物事を見ることができなくなってしまうんです。

そのため、離れているのに何度も元カノと接点を持つような状況に置かれているとサイレント期間が長引く傾向があります。

ツインソウルの気持ちを理解できるようになる


サイレント期間にお互いのことをじっくりと考える時間を持てると、サイレント以前に比べて、相手の気持ちが理解できるようになります。

ツインソウルは感覚が似ているので、サイレント以前は自分と同じような存在として相手を見てしまいます。

ツインソウルと出会うとあまりの相性の良さから、全ての価値観が一致していると思い込んでしまい、私がこう思うんだから彼も同じように思ってくれているはず!と早合点してしまい本当の相手の気持ちに気付くことができません。

しかしサイレント期間を経験することでツインソウルだとはいえ、完全に同じ魂の持ち主ではないのだから、私と彼は違う意見を持っているということに気付けます。

そうすると、自分と同じという思い込みを手放すことができるので、常に相手はどう思っているんだろう?と推測しながら過ごすようになります。

そういった関係作りをしているうちにツインソウルの本当の気持ちに気付けるようになり、口で説明しなくても相手の言いたいことがなんとなく分かる…という関係になっていきます。

離れていても近くにいる感覚がある


ツインソウルがサイレント期間を過ごすと、魂のレベルが上がり結びつきが強くなるので、物理的な距離が離れていても、近くにいるような感覚を持てるようになります。

元彼の姿が見えない、連絡も取っていない、という状態でも彼は私のことを考えてくれているという気持ちでいられるようになり、一緒に居ない時にも隣にいるように思えてきますます。

これは、サイレント期間に様々な経験をすることで、魂から発せられるエネルギー量が増えているからです。

サイレント期期間経験した後はより強いパワーのある魂に成長しているので、離れていても相手に存在を伝えることができるようになるんです。

サイレントを経験する前は、一定の距離以上離れてしまうと、相手の魂がどこにいるかを察知できなくなり、離れていると感じると不安が強くなってしまいます。

でも、サイレント期間を終えると、離れていても相手に自分がどこにいるかを知らせることのできる力を手に入れます。

だから、距離が離れていても魂同士はツインソウルがどこにいるか分かるようになり、不安な感情を抱くことなく落ち着いて過ごせるようになるのです。

ツインソウルのサイレント期間が短い・長い時の意味

成長する速度が速いとサイレント期間は短い


サイレント期間が短い場合は魂の成長速度が速い場合がほとんどです。

成長速度を上げる要因としては、どれだけサイレント期間の重要性を理解しているかが挙げられます。

あらかじめ離れている時間が必要だと分かっていると効果的な行動がとれますが、なんで離れないといけないの?と思っていると、魂の成長を促すような行動をとることができません。

サイレント期間は頭で考えて行動するだけでなく、意識を自分自身に向けてじっくりと見つめ直す時間も必要です。

こういった時間は意識しないとなかなかとれないものです。

いつまでも去って行ったツインソウルを責めていたり、過去に戻りたい…など後ろ向きな気持ちで過ごしていると、魂の成長速度が遅くなり、サイレント期間が長くなってしまうでしょう。

辛い気持ちの整理に時間がかかるとサイレント期間は長い


サイレント期間の長さを左右する要因のひとつが、辛い気持ちの整理の仕方です。

ツインソウルが離れてしまうと誰しもが辛い気持ちを抱きますが、ここでスムーズに気持ちの整理をつけて新しい一歩を踏み出せるようになると、サイレント期間は短くなります。

しかし、辛い気持ちの整理は非常に難しく、上手に整理できる人はわずかです。

また辛さの大きさによってもかかる時間は変わってきますが、サイレント期間に入る時期が本来予定されているタイミングよりも大幅に遅れてしまうと、辛い気持ちが大きくなりがちです。

これは、ツインソウルがサイレントに入ることは最初から決まっていることで、適切な時期にスタートさせたほうが色々な意味で無理がないからです。

元々ツインソウルが魂を結合させるためには、サイレントは必要な存在なので運命に組み込まれています。

でも、予定されているタイミングでサイレント期間を開始しておかないと、本来は離れているべき時期にも付き合いを続けてしまい関係が予定以上に悪くなります。

こういった状態になってからサイレント期間に入ると、通常の何倍もの辛い気持ちを持つことになり、容易には気持ちの整理をつけることができません。

その結果、サイレント期間も長くなってしまい、全ての予定が後ろ倒しになってしまいます。

サイレント期間がないカップルもごく稀にいる


サイレント期間は全てのツインソウルに必要な過程ですが、稀にサイレント期間を設けなくても関係を上手く保てるカップルもいます。

しかし、これは目に見えている形ではサイレント期間がないように見えているだけで、魂同士は距離を置いてお互いに高めあっている状態を作り出せているだけです。

肉体的なレベルではお付き合いを続けていたとしても、魂のレベルで距離をとれれば形としては付き合っている状態のままでサイレント期間をやり過ごすことができるのでしょう。

様々なパターンがありますが、遠距離恋愛などで会う回数が少なかったり、付き合っていると言っても精神的にお互いが自立している場合には、サイレント期間がほとんどないような見え方をすることがあります。

遠距離恋愛の場合には一緒に居ることが少ないので、デートとデートの間隔が空いた時にサイレント期間が終わってしまうことがありますし、自立した関係の場合にも各々が別のものに夢中になっている時にサイレント期間を終了させてしまっていることがあるんです。

こういったケースの最大の特徴はサイレント期が非常に短いということです。

短期間のうちにサイレント期間を終えられるような条件が全て揃っているカップルは、魂同士が離れる時間を持てれば付き合いを続けたままでサイレント期を終えることができます。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「ツインソウルにとってサイレント期間は魂が統合するための大切な試練です」

占い師 ミミコ
サイレント期間と聞くと、ツインソウルに去られて悲しい…という悪いイメージを持つ人が多いかもしれませんが、サイレント期間は魂が結合するための大切な試練です。

サイレント期間でツインソウルと離れている時には、こんなに苦しい思いをするのは嫌だと感じるでしょうが、終わった後には、ツインソウルとより良い関係を気付けるようになるんです。

それにサイレント期間の最中は自分自身の気持ちと向き合うことで、ツインソウルの元彼への愛情が深まるチャンスでもあります。

サイレント期間を乗り切って、彼との関係をより良いものにしてくださいね。

【期間限定・8月18日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事