※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

「別れたくない」と一か八かで送ったLINEすらも既読無視をされてしまうと、頭の中が真っ白になってしまいます。

待てど暮らせど返ってこないLINEに、ハッキリしない状況が続けば、心にはたくさんの負担がかかってしまうでしょう。

しかし、別れの間際になるとレスポンスが遅くなる男性は意外と多く、恋をする女性の悩みの一つとなっています。

「こっちもどう対応すれば良いのか分からない」と頭を抱えている方のために、この記事では大事な別れ話のメールやLINEに返信をしない男性心理や、喧嘩したあとのLINEを既読無視されてしまった場合の、別れるケースと別れないケースを詳しく解説していきます。

また、別れたくない気持ちを隠して「さようなら」とLINEを送ったら既読無視されてしまったときの元彼と仲直りをする方法や、別れ話の連絡をしても全然返信をくれない彼からレスポンスをもらう方法もご紹介しています。

「既読無視をされてしまったから復縁は無理かも」と悩んでいる方向けに、今からでも別れたくない彼女になる方法もお教えします。

あなたの努力次第でこの絶望的な状況をひっくり返すことは必ずできるので、この記事でしっかり勉強をして、大好きな彼の心をもう一度掴めるように頑張りましょう。

本日のメニューはこちら

大事な話なのに…別れ話のメールやLINEに返信しない男の心理

彼女の気持ちが変わるのを待っているから


別れ話のメールやLINEに返信をしない男性心理としては、彼女の気持ちが変わるのを待ちたいという希望が影響していることがあります。

「別れることになってしまったけど、本当は別れたくない」と考えている男性は、YESともNOとも返事をしたくありません。

YESと言ってしまえば別れる結果になってしまいますし、NOと言うのは女々しくて男らしくないと考えているからです。

「少し距離を置いて彼女が寂しさを感じれば、やっぱり別れたくないと考えを改めてくれるかも」と女性が心変わりをして「別れたくない」と言ってきてくれるのを期待しているのです。

もし、連絡の内容があなたからの「別れよう」という言葉で終わっていたり「ちゃんと話そう」という別れ話をするような雰囲気で終わっているのであれば、彼が別れの危機を感じて連絡を無視している可能性はあるでしょう。

また、普段から口下手だったり、素直に気持ちを話せないタイプの男性だと「別れたくない」という気持ちを伝えられずにいるのかもしれません。

あなたは「反応がないということは、もう終わりなのかも」と最悪なパターンを想像してしまうかもしれませんが、今一度彼氏の性格を思い返してみてください。

大切な話にレスポンスを返さないような、無責任な人でしょうか。

あなたが持つ彼のイメージがこのまま自然消滅をするような性格じゃないのであれば、別れに対して戸惑いを感じているだけです。

「拒まれたらどうしよう」という恐怖心もあるとは思いますが、勇気を出してもう一度あなたから連絡をしてみましょう。

めんどくさいから


別れ話のメールやLINEに返信をしない男性心理としては、別れ話をするのがめんどくさいと思っていることがあります。

恋愛をする男の人は、交際中と別れ間際の態度や対応が全然違くなることが意外と多いです。

分かりやすいことですと、付き合っているときは食事代を出してくれたのに別れるときは払ってくれなくなったというような、彼女をエスコートしなくなる傾向があります。

交際をしているときは「嫌われたくない!もっと好かれたい!」という気持ちから紳士な対応をしてくれるですが、別れるとなればもうジェントルマンでいる必要がないからです。

結婚をすると「もう自分のものになった」という安心感から本心を出しはじめる人がいるように「もう自分のものじゃないから」と急に大切にしなくなるのです。

恋人じゃなくなった女性が傷付こうが関係ない、返信をしないことで苦しんでいようとめんどくさいから動かない、と考えています。

人の痛みが分からないような人間なので、いくら情で訴えかけてもレスポンスは返ってきません。

部屋の合鍵を返すことや、荷物をとりに行きたいと物理的な用事を作るか、しつこいぐらいに連絡をして重い腰を上げさせないと動こうとしないので、相手からのアクションは期待せずにあなたも心を鬼にして対応するようにしましょう。

決断ができていないから


別れ話のメールやLINEに返信をしない男性心理としては、別れるかどうかの決断ができていないために返信をしかねていることがあります。

連絡を返して欲しい側からすると「答えが出てなくても良いから反応が欲しい」と思ってしまいますし、マメな人からするとレスポンスがないことに不信感を感じてしまうかもしれません。

しかし、良くビジネスで使われる言葉に「報告・連絡・相談」というものがあるのはご存知ですか?

このフレーズは部下が上司に仕事の経過を報告して情報を共有することや、必要事項を連絡して状況の報告をすることをサボらないために使われる言葉です。

別れ話には関係ないように思えますが、逆説的に考えるとこの言葉が広く使われている=「報告・連絡・相談」をできない人が多いということに繋がります。

「結果だけ報告すれば良いや」と自分の中で勝手にルールを作ってしまうので、相手にどういう状況かを報告することができないのです。

意外とビジネスの場でも「検討します」という一言を連絡できない男性は多いので、仕事よりも責任のない恋愛だと尚更レスポンスが遅くなってしまうのでしょう。

もし、彼氏が普段から報告や連絡をマメにするタイプじゃないのであれば、単純に返信をする内容がないから連絡を無視している可能性は高いかもしれません。

あなたの連絡を意図的に無視しているわけではなく、答えが出るまで連絡を返さなくても良いと思っているか、そもそも連絡を返さなければいけないという概念がないことも考えられます。

「彼の性格だったらありえる」と少しでも思い当たる節があるなら、一度相手の状況を確認するLINEを送ってみることをおすすめします。

キープしておきたいから


別れ話のメールやLINEに返信をしない男性心理としては、関係を曖昧にしてキープをしておきたいと考えていることがあります。

別れるとハッキリ言わないことでいつでも戻れる状況を作っておき、次の恋人候補が現れてからあなたと別れようとしているのかもしれません。

「別れると言っていないなら、ただの浮気」だと思ってしまうかもしれませんが、相手は「別れないともハッキリ言っていない」と言い訳をしてくるでしょう。

あなたが「別れよう」と連絡をしてしまっていれば確かに男性側の言い分が正しいですし「別れたくない」と連絡をしていても「別れてると思った」と言われてしまえば、それ以上責めることはなかなかできません。

今の彼女以上に素敵な女性がいなければ「別れてない」と言って戻れば良いだけと思っているので、あなたの気も知れずに今頃どこかで尻尾を振っているかも知れません。

ただ一つ言えるのは、このタイプの男性は人の気持ちや痛みが分からない鈍感な人間なので、これからもあなたのことを平気でふり回してきます。

あなたがそれでも彼と一緒にいたいと思うのであればなにも言いませんが、彼と一緒にいてもしあわせになれないと思う気持ちがあるなら関係を絶ちましょう。

自分の都合だけで動き、相手の時間や気持ちを消費させてしまうことを想像できないような人とは一緒にいてもしあわせになれないので、次の恋に進むことをおすすめします。

別れ話を既読無視してから3日経った頃の彼氏の心理

これで別れ話が終わると良いな~


別れ話という大事な内容を既読無視する男性は、別れ話に対して強い嫌悪感を持っていて「これで別れ話が終わると良いな~」と思っています。

別れ話が好きな人は滅多にいないと思いますが、「恋愛は2人で行うものだから嫌なことでも相手のためにしなくてはいけない」と思う人と、「恋愛は自分が幸せになるために行うものだから嫌な思いをしてまでするものではない」と思う人に分かれます。

恋愛関係を捉える際に、主人公の設定が「自分と相手」なのか「自分」なのかの違いです。

自分が恋愛関係の主人公だと思っていると、相手はその他大勢でしかないので、そこまで重要視しません。

そうすると、既読無視をして相手が悲しんでいるだとか、相手に悪いことをしたという感情が芽生えないのです。

もしくは、芽生えても「まっいっか!」で流せる程度。

主人公である自分は別れたいと思っていて、とにかく別れ話を終わらせたい一心。

本人は既読無視をしたことをさほど覚えておらず、「別れ話を早く終わらせて次の恋に向かいたいな~」ということしか頭にありません。

3日経つと「3日も経ったんだから、そろそろ他の女の子をデートに誘っても良いよね」と別れ話を完全に終わらせている人もいます。

ヤバい!返信しないまま3日も経ってしまった!


3日も放置するなんてありえない!と思っている女性が多いかもしれませんが、仕事が多忙な人は「悪気はないのに気づいたら3日も経ってたんだよ~」ってことが結構あります。

別れ話は人生を左右する重大な出来事ですが、仕事も人生の軸になる重要な存在です。

人によって仕事への打ち込み方に差があるので、何よりも彼女優先!と考える人がいる一方で、彼女を幸せにするために仕事を第一に考えないと!と思っている人もいます。

結婚を考えるほど真剣なお付き合いをしていると、仕事で手を抜いて収入が下がってしまうと彼女を幸せにできなくなるからです。

女性が考える以上に、男性は仕事への比重が重いです。

集中しないと失敗するリスクが高まる職種だったりすると、忙しすぎて別れ話への返信が3日できないことなんてざらにあるでしょう。

もし「次のデートは和食か中華どっちにする?」などの簡単に答えられるものなら即答できますが、別れ話だと返信内容を考える時間が必要です。

このパターンは彼女を真剣に愛している時によく見られます。

男性自身も日々の生活で精一杯だと、「彼女を大事したいけど、大事にする余裕がないんだよ!」とキャパオーバーな状態に泣きたくなることもあるのです。

我慢すればあの子を忘れられるかも


別れ話をしたとはいえ、モヤモヤと煮え切らない想いを抱いている人は、心を鬼にして既読無視を貫こうとしています。

「本当は感情に任せて彼女と話をしたいけれど、ここで逆戻りすると前には進めないから!」と返信したい気持ちを抑えているのです。

別れ話をしたのに別れきれずにダラダラと付き合い続けた経験がある、嫌いになって別れるわけではない、といったケースでよく見られるパターンで、既読無視している男性自身も迷いと辛さを抱えています。

別れ話をしたとはいえ、離れてみると彼女が懐かしくなり、もう一度前の関係に戻りたい…と思う男性は多いものです。

しかし、理性的な性格だと「情に負けてはいけない!正しい選択をしないと!」と、自らを励まして彼女を忘れようとします。

既読無視をした時点では決意が固かったとしても、3日も経つ頃になると「返信しようか…いや!だめだ!」を何度も繰り返しているので疲弊している状態です。

今さら何て言えば良いんだろう?


何となくな気分で既読無視した人は、「そのうち返信しようと思ったけど、今さらなんて言えば良いか分からない…」と、行動したいのに動けない状態に置かれています。

普段からマメに連絡をしない男性は、別れ話だったとしても「なんて返事したらいいか分からないから、明日にしよ」と軽い気持ちで既読無視します。

これは、関わりたくない!という確固とした意志があるわけではなく、なんて言って良いか分からないからメッセージが送れないだけ。

女性からすると、別れ話の時くらい頑張ってメッセージを考えてよ!と思うかもしれませんが、意外とこの手の男性は多いです。

元彼が、「そんなことくらいで泣かないでよ」「これくらいで怒るのおかしい」などと言うだったら、このパターンに当てはまる可能性が高いです。

一言で言うと、女の感情に疎いタイプ。

発言するたびに「あり得ない!」と彼女に非難される経験が多いと、メッセージ内容を決められずに既読無視でやり過ごしたくなるのでしょう。

彼がこのタイプの場合には、女性が気を利かせて「絶対に反論しないから本当の気持ちを教えて」と言ってあげないと、そのまま関係が終わります。

やっと時間できたから返信内容を考えよ!


別れ話を3日も既読無視されて落ち込んでいる人は、男は自分勝手な生き物だという基本を思い出してください。

あなたは「既読無視されて3日も経った…」と絶望的になっているかもしれませんが、そんな相手の気持ちはお構いなしに「やっと時間できたから彼女に返事しよ!」とけろっとしてる人もいます。

このタイプの場合には、何らかの返事を必ず送るはずなので、数日間既読無視が続いたとしても待っていれば返事がきます。

ただし、自分がやる気になって返事を送る前に「どうしてメッセージくれないの?ひどい!」「こんな大事な話を無視するなんて最低!」と彼女のほうから連絡があったら「え?僕はどうしたらいいの?何も言わずに静かにするべき?」と思って返事を控えてしまう可能性があります。

待っていてくれたら真摯に対応しようと思っていたとしても、いきなり責められたらメッセージが送れなくなるのも当然です。

焦って彼を責めると、送られてくるはずだったメッセージをおじゃんにしてしまうので注意しましょう。

もう少し彼女の出方を見てみよう


3日目だと「もう少し彼女の出方を見たい…」と思う人もいます。

これは、自分から動いて恥ずかしい思いをしたくないと思っているからです。

本当は彼女と話し合いたいと思っていても、自分から積極的に動いて「もう未練はないからさようなら」と言われて惨めな思いをするのが嫌なのです。

「まだ別れたくない!」とすがってくれるなら返事をしてもいいけれど、そうでないならこのままオレが振った形でカッコよく終わりたいと思っています。

もしくは、「別れたいと思ったけど撤回したい。だけど彼女の気持ちはどうなんだろう?」と今後がはっきりと定まっていないことが原因で動けずにいる可能性もあります。

その場合には彼女からの連絡が途絶えたら「やっぱりやり直すのは無理か…」と、別れ話撤回を諦める結果となるでしょう。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れ話を既読無視してから1週間経った頃の彼氏の心理

これで完全に別れられた!すっきり!


早く別れ話を完結させたかった男性は「1週間も経ったし、これで元カノは別れ話に納得したはず」と、面倒なことが終わって喜びを感じます。

とにかく時間と手間をかけたくないので、平穏無事に事が済んでホッとしているのです。

過去に別れ際に揉めてストーカー行為をされた場合などは、同じことを繰り返したくないので、「もしかしてしつこくされたらどうやって対応すればスムーズに終わらせられるかな…」と心配していた男性もいます。

そんなタイプの人は、1週間が経過して心の底から安堵し「これですっきり!」と清々しい気持ち。

元彼がこのタイプだった場合には、ここまでの1週間の間に重い連絡が立て続けにあると「この子と付き合ったの間違いだったな…」と全ての過去を否定されてしまいますが、何も連絡をしなければ「引き際の良い子で良かった」と多少イメージは良くなります。

復縁希望の方は、1週間の過ごし方が今後を大きく左右することを覚えておいてください。

本当にこれで良かったのか!?


別れたいのか別れたくないのかが自分でもはっきりと分からない人の場合には、「別れ」という決断に不安を覚えて「本当にこれで良かった!?」と迷います。

1週間前は「絶対に別れるから、これ以上メッセージは送らない!」と覚悟を決めても1週間何も連絡がないと「え!?このまま俺たち終わり?」と覚悟が揺らぐものです。

連絡があれば、何度か立ち止まるチャンスができるので感情の整理をしながら話を進められますが、既読無視をした後に何も反応がないと一度も振り返るきっかけがないので、「これでいいの?」と不安が強まるからです。

人はひとつの決断を下す場合に、反復行為をすることで意志を固めていきます。

しかし既読スルー後に彼女からの連絡がないと反復行為が行えないため、「別れたらダメな気がする」と意識が変化します。

返信する最後のチャンスだけど言葉が見つからない


本心では何らかの返事をしたいのにできずに先延ばしする男性は「1週間も経ったから今が最後のチャンス!でも、やっぱりなんて言ったらいいか分からない…」とモヤモヤを持続させています。

別れ話という内容が問われる場面では、時間が経つほどに返しづらくなるのが特徴。

3日後に連絡できなかったのであれば、1週間後も無理でしょう。

忙しさが理由で返せなかった人は、一時的に時間ができたものの、再びハードな毎日に戻り連絡どころではない状態に戻っていることも。

「あ~もう1週間だよ!今すぐに返さないと彼女が離れてしまう!」と焦りつつも、かける言葉が見つかりません。

もっと忙しい人だと、1週間経ったことすら気づかないまま時間だけがどんどん過ぎていきます。

やり直したいなら謝るべき?でも嫌だな…


1週間が経つと「別れたい!」という意識が変化して「やり直したくなってきた…」と思う男性もいます。

その時に真っ先に思うのが「やり直すのなら僕は謝らないといけないんだよね…謝るくらいなら復縁は止めておこうかな」です。

男は女に頭を下げることを嫌います。

謝るくらいなら別れた方がマシ!と思っている男性が多いのは事実で、喧嘩別れをしても自分からは絶対に謝罪しない人も珍しくありません。

この場合には「謝罪」と「復縁」を天秤にかけて、謝るという絶対にしたくない行為をしてでも手に入れておきたい女だ!と思えれば、彼が「ごめんね、反省してるからもう一度やり直さない?」と言ってくるでしょう。

しかし、よほどのことがない限り自分からは謝って来ない男性が大半です。

一瞬やり直したい気持ちが芽生えても「いやいや!謝るのイヤだから、このまま別れよ!」という結果になることがほとんど。

このタイプの男性は、彼女から「やり直したい!」とお願いされたら、あっさりと復縁します。

彼が謝罪を嫌がるタイプかどうか思い出してみてください。

どうして元カノは連絡してくれないんだろう


不思議なことに自分から別れ話をしたにも関わらず「どうして元カノは連絡してくれないんだろう…」と思う男性もいます。

恋愛に受け身なタイプが多く、「彼女が優しくしてくれないから浮気したくなった」などと、相手のせいにして自分の行動を正当化します。

そのため、既読スルーをされても僕が好きなら何度でも連絡をすべきだし、連絡もしてこない女は彼氏を大事にできないダメな奴、という感覚でいます。

付き合っている時に何でも彼女のせいにするような傾向があった場合には、あなたから特別なアプローチがないことに不満を持っているのかもしれません。

何をされても彼女なら彼氏に連絡するのが当たり前と思っているので、彼女が傷ついているなんて思っておらず、連絡したくてもできない女心には気付いていないでしょう。

このパターンの場合は、あなたが「ごめんなさい」と謝らないと、彼はずっとへそを曲げたまま。

一見めんどくさそうに見えますが、あっけらかんとした感覚なので、あなたが歩み寄りさえすれば機嫌を直してくれるでしょう。

ただし、万事がこの調子で振り回され続けないといけないのが問題です。

今後も何かにつけて「オマエが悪い」と言われることが予測されるので、正直な気持ちを伝えることをおすすめします。

既読スルーが答え!もう別れた!と勝手に決めてしまう彼氏のタイプ

過去に既読スルーでしか別れたことがない


過去に既読スルーでフェードアウトする別れ方しか経験がない男性は、「いつものことだから!」と言う理由で既読無視します。

彼にとっては別れと既読無視はセットになっているので、深い意味はありません。

理由を問うと「だって別れたいんだから返信するわけないよね」と平然とした顔で述べるでしょう。

「好きだから一緒にいるのがカップルで、好きじゃなくなったら無理してまで付き合う必要はない」という価値観があるせいか、付き合ったり別れたりするハードルが低いのが特徴。

「良いな!」と思えば彼氏彼女の関係になるけれど、「飽きた…」と思えば連絡が来ても返さずに徐々にフェードアウトさせます。

「何となく遊ばれてる気がする…」「私の他にも女がいそう」「本気じゃないのかも?」と感じたら、彼はこのタイプなのかもしれません。

このタイプの男性と復縁したい場合には、深く追い詰めずに彼が声を掛けてくれるのを待っていてください。

追いかけると逆効果になるタイプなので、追ってくるまで待つしか方法はありません。

女性の心を理解するのが苦手


女性は既読無視をされると傷つきますが、それを理解できない鈍感タイプも既読スルーで別れを伝えようとします。

細かいことにこだわらないタイプで「これくらいで傷つくはずないよね」と思っているのが特徴。

また、滅多に本気で人を好きにならないせいか、恋愛相手への執着が薄い傾向があります。

「興味が無くなったから連絡するの面倒なんだよ」がこのタイプの本音で、あっさりと恋人への熱が冷めて全てが煩わしく感じます。

ラブラブの時にはいつまでも彼女と一緒にいたいと思っていても、状況が悪化して自分にとってデメリットしかないと思えると、別れ話での面倒なやり取りをする気力が湧いてこないのです。

女心を理解しようと努力している人もいますが、ほとんどは「女ってなに考えてるか分かんない…」と疑問に思ったままで理解しようという意欲が少ないです。

一度恋心が冷めると、徹底して邪魔に感じてしまうようで、既読無視だけでなくすぐにブロックする人もいます。

行動力がなく問題を先送りする性格


「やらないといけないの分かってるけど、明日でいっか…」と何かと問題を先延ばしにするタイプも、タイミングを逃して返信できず既読無視で終わりを告げがちです。

このタイプは、「きちんと返事しないと!」という誠意があるものの、行動に結び付けることができません。

心の中に「何も返事しないのはダメだよね」という感情と「でも無視しとけば別れたいって理解してもらえるよね」という感情が混在しているのです。

これは性格もありますが、仕事や趣味、その他のアクシデントで多忙な場合など、置かれている状況が関与しているケースもあります。

ただ、別れ話という大事な話であれば、仕事や趣味、アクシデント等で忙しくても一度は返事をするのが普通です。

既読スルーのままで一切返信が来ずに終わりを迎えたのであれば、忙しいという理由よりも、問題を見ないフリして先送りする性格の影響が大きいでしょう。

女にきついことを言われるのが嫌い


既読無視で別れる男性は、総じて女にうるさいことを言われるのを嫌います。

別れ際に相手女性が「別れたくない!」「どうして別れるなんて言うの」と言われると面倒だと感じるのでしょう。

そこから「別れたいのは他に好きな人ができたから?やっぱり浮気してたの?」と自分が責められる流れになると「今すぐこの場から立ち去りたい!」と思うほど。

過去に別れ話で元カノから嫌なことを言われて、「あんな思いをするくらいなら既読スルーで逃げ切ろう…」と思うようになった男性もいるでしょう。

実際に、別れ話をした途端に攻撃的になる女性もいます。

「あんたなんてこっちから願い下げだよ!」と言い放されたり、「あんたのケチなとこ大嫌いだった」と捨て台詞を吐かれるので、それを聞きたくないという理由で既読スルーを使うのです。

喧嘩して既読無視された後別れるケースと別れないケース

連絡の仕方で変わる!別れるor別れない


彼と喧嘩をしてから連絡を既読無視されてしまったとき、そのあとの連絡の仕方で二人の未来は大きく変わります。

既読無視をされたときにやってしまいがちな連絡を追撃してしまうという行動ですが、このすれ違いから別れるカップルは残念ながらたくさんいます。

「大切な話なんだから返信するのは当たり前」としつこくしてしまったり、不安や別れたくないという気持ちが先走って、彼氏からの「別れないよ」という言葉を求めすぎてしまう女性が多いからです。

既読無視=連絡を返したくない(もしくは返せない)という意思表示なので、彼の気持ちを察することをせずに連絡をしてしまうのはとても危険です。

「早くこの状況から抜け出したい」と次の一手を出したくなる気持ちも分かりますが、一度立ち止まって「どうして返事が返ってこないのか」を考えるようにしてください。

ここで立ち止まれるのか立ち止まれないのかで、あなた達カップルが別れるケースになってしまうのか別れないケースになれるのかが変わってきます。

既読無視をされている現実を受け入れて、これからどう行動していけばレスポンスをもらえるのか、より良い選択をしていきましょう。

一つアドバイスをするのであれば、別れないケースのカップルは互いの気持ちを尊重することができています。

連絡をするにしても、無理に答えを聞き出そうとするのではなく「気持ちの整理ができたら連絡をして欲しい」と、相手のペースを乱さないことを意識しているということです。

関係が親密になると連絡のペースや距離感が自分優先になってしまいがちですが、しっかりと相手のことを考えたアクションを起こせるようにしましょう。

謝れるかどうかで変わる!別れるor別れない


彼と喧嘩をしてから連絡を既読無視されてしまったとき、あなたから謝れるかどうかで二人の未来は大きく変わります。

単純なことですが、二人が意地を張り合い続けていれば自然消滅は避けられません。

別れたくないのであればあなたから謝罪をすることが、一番波風を立てずに問題を解決できる方法です。

また、あなたから謝った方が良い理由に「彼から謝って欲しい」という考えを持つのはあまりおすすめができないということがあります。

「謝って欲しい」と思ってしまうと、どうしても相手に期待をして、期待通りにならないことにフラストレーションを感じてしまうからです。

ストレスのない人間関係を築くために必要以上な期待をしないというのは、メンタルの安定を保つには有効な方法です。

恋人に対して不満ばかり感じていれば、良好な関係は絶対に築くことはできません。

上手くいくカップルといかないカップルの違いには、相手への期待値も大きく関係しているということです。

もとを辿れば、あなたが既読無視をされて落ち込んでいるのも、彼に期待をする気持ちがあるからではないですか?

「大切にして欲しい」「彼から謝って欲しい」という気持ちも分かりますが、期待ばかりせずに、相手の期待に応えてあげる行動が必要なときもあるということを知っておきましょう。

SNSの更新の仕方で変わる!別れるor別れない


彼と喧嘩をしてから連絡を既読無視されてしまったとき、SNSの更新の仕方で二人の未来は大きく変わります。

男性はSNSに依存をしている女性にあまり良い印象を持たない傾向があります。

関係が上手くいっていれば目をつぶれる部分ではありますが、多少の嫌悪感を感じているときだと嫌な気持ちを増幅させる要因になってしまいます。

彼に存在をアピールするために必要以上にSNSを更新したり、恋人と別れたことを匂わせる投稿や「彼氏がいなくても平気」というような内容を書くのは絶対にやめましょう。

寂しさや愚痴をこぼすような投稿も男性は嫌がるので、これ以上関係を悪化させたくないのであれば微妙な期間中のSNSはノータッチにすることをおすすめします。

「この投稿なら彼も喜んでくれるかも」と思っても、世界中の人がチェックできるネット上に公開すること自体が信じられないと考えている男性もたくさんいます。

バチバチと火花を散らして対立するよりも冷戦状態を保った方が仲直りはしやすいので、火に油を注ぐようなことはしないようにしましょう。

周りの人への対応で変わる!別れるor別れない


彼と喧嘩をしてから連絡を既読無視されてしまったとき、周りの人への接し方で二人の未来は大きく変わります。

彼氏と共通の知り合いがいる場合、友達に喧嘩の愚痴や悩み相談をしたくなることがあると思います。

どうしても怒りが収まらなかったら共感を得たくなることや、彼の性格を知っている人からアドバイスが欲しくなることもあるでしょう。

一人でストレスを抱えるのは良くないので他人に話しをすること自体は悪くないのですが、共通の知人に話してしまうと二人の関係を悪化させるリスクを伴うことは避けられません。

例えば、空気の読めない人だとあなたが愚痴をこぼしていたことを彼に告げ口をしてしまったり、片方の話を信じすぎてもう片方の人に対する対応や態度が露骨に悪くなることがあるからです。

愚痴を人伝いに聞いてしまえば良い気持ちにはなりませんし、二人の間で起こった問題を外野の人間に話されることを嫌う男性もいます。

また、恋人の喧嘩や不仲で良くあるのが、それぞれの話が食い違ってしまうというトラブルです。

このすれ違いはどちらかが嘘を話すということではなく、それぞれ立場が違えば思うことも違いますし、性格や価値観が違えば恋人に対する見方も違ってしまいます。

彼のことを知らない友達に話せば違和感を持たれることはありませんが、共通の友達に話してしまうと「彼女が話してることと違うよ」と火に油をそそぐ事態になりかねないのです。

既読無視という露骨に距離を置きたい空気を出されている状態に追い討ちをかけるようにトラブルが発生してしまえば、そこから二人の関係を挽回することはとても難しくなってしまいます。

少し苦しいかもしれませんが、彼との仲が悪いときこそ共通の知人に二人のことを話すのはやめましょう。

逆に、この状況を上手く使えば彼氏との仲をとり持ってもらえる可能性もあります。

「喧嘩をしてしまったけど、彼氏のことが大切」と人伝にして彼の耳に入れることができれば、相手から連絡をもらえるかもしれません。

リスクがある反面、彼氏と共通の知り合いがいるということは恵まれた環境でもあるので、上手に付き合っていくようにしましょう。

別れたくないけど「さよなら」と送ったら既読無視…彼と仲直りするには?

電話で本音を話す


彼氏に別れのLINEを既読無視されてしまっているときは、電話で本音を話して仲直りをしましょう。

別れたくない気持ちを隠して「さようなら」と送っているということは、少なからず意地があったり、まだ話せていない気持ちが残されていると思います。

あなたが別れたくないと思っているのであれば、正直にその気持ちを彼に伝えてください。

拒まれたらどうしようと本音を話すことに怖じ気づいてしまうかもしれませんが、このまま本当のことを話さずにいれば絶対に後悔をする結果になります。

彼への想いを募らせたままモヤモヤと毎日を過ごすよりも、きちんと想いを伝えてから前に進む方があなたのためになるはずです。

なんの進展もない平行線をたどる関係を続けていくぐらいなら、行動を起こして仲直りをする可能性を高めることをおすすめします。

ただ、LINEで「やっぱり別れたくない」と送ってしまうと相手が「言うことがコロコロ変わって情緒不安定だな」と不信感を感じてしまうことが考えられます。

そのLINEもさらに既読無視をされて身動きがとれない状況になりかねないので、本音は電話で話した方が良いでしょう。

あなたに少しでも非があるのであれば謝罪をして、意地を張って「さようなら」と送ってしまったこと、本当は別れたくないということを話してください。

また、電話口の声が明るいのであれば少し世間話を交えたり、機嫌が悪そうなのであれば早めに本題を切り出したりと彼の態度次第で対応を変えると良いと思います。

声色が優しいなら「俺も悪いところがあった」と彼も反省をしているかもしれませんし、声色が冷たいならまだ喧嘩の熱を引きずっているのかもしれません。

事前にある程度相手の態度を予想して、話し方や伝えたい内容を考えておくと良いでしょう。

「返したい物がある」と口実を作って直接会う


彼氏に別れのLINEを既読無視されてしまっているときは、物のやりとりを口実にして会える機会を作りましょう。

LINEやメールは簡単に気持ちを伝えられるというメリットがある反面、言葉に重みを持たせるのが難しいというデメリットもあります。

直に話したときの反応と画面越しの反応がまったく違うこともありますし、返信がもらえなければやりとりが成立しないという難点も生じてしまいます。

できれば「ちゃんと話をしたい」と会う約束をとりつけるのが一番良いのですが、既読無視をされている以上「会いたい」とは言いづらいこともあるでしょう。

とにかく会って話せるシチュエーションを作るのが重要なので、物のやりとりを理由にして直接話せる場を設けてください。

「顔を合わせて冷たかったらどうしよう」と思ってしまうかもしれませんが、あなたのことを相当嫌いになっていない限り、男性が極端に冷たくなることはありません。

相手に情があれば心を動かせるチャンスはありますし、もし冷たかったとしてもあなたの気持ちをしっかりと伝えれば考えを改めてくれる可能性は十分に残されています。

喧嘩の件はあなたから頭を下げて、これから二人が上手くやっていくために頑張りたいことをプレゼンテーションしてみてください。

例え彼が100%悪いとしても、このタイミングで「あなたが悪い」と言ってしまうと怒りを助長させるだけになってしまいます。

ここは男性の怒りを収めることを優先して「わたしが悪かったから仲直りをしよう」と提案することが関係を修復するには一番の近道になるでしょう。

しばらく時間を置いて連絡をする


彼氏に別れのLINEを既読無視されてしまっているときは、しばらく時間を置いてから連絡をするようにしましょう。

恋人から「さようなら」と連絡がきているのに返信をしない心理としては別れを受け入れているか、怒っていることを伝えたくて無視をしているかの二択です。

どちらの状況であっても、すぐに「やっぱり別れたくない」と連絡をしてしまうと相手が嫌悪感を感じる可能性はとても高いです。

「良く考えないでさよならと言えるような人なんだ」と幻滅されるかもしれませんし「言うことが二転三転して疲れる」と呆れられてしまうかもしれません。

こうなってしまうと嘘でも「さようなら」と言ってしまった側に非があるので、ここからいかに誠意を伝えられるかが重要になってきます。

そのためにはすぐに「別れたくない」と言うのではなく、時間をかけて考えた結果「別れたくない」という答えが出たことを伝えなければいけないのです。

少し想像をして欲しいのですが、仕事で一度取引を断られた会社があったとします。

しかし、そのあとすぐに「やっぱり取引をします」と言ってくる会社と、たくさん悩んでから「やっぱり取引をします」と言ってくる会社があったとしたら、あなたはどちらに好意を感じますか?

おそらく大体の人が前者の会社に対しては「だったら最初から取引をすれば良いのに」と感じるのに対して、後者の会社には「悩んだ結果うちの会社を選んでくれた」と感じるはずです。

結果は同じでも、自分のことをたくさん考えて悩んでくれた相手に対して、人間は「嬉しい」と感じたり「大切にしなきゃ」と愛おしさを抱くようになるのです。

別れ話のメールやLINEに返信しない彼氏から返事をもらう方法

否定をしないようにする


別れ話のメールやLINEにノーリアクションの彼氏から返事をもらうためには、相手を否定せずにもう一度連絡をしてみましょう。

この状況でレスポンスを返してこないということは、あなたが送ったLINEに対して彼氏がマイナスな感情を抱いている可能性があります。

連絡の内容に納得がいかなければ返事をする気は起きませんし、いくら待ち続けても返信がくることはないでしょう。

この負のループから抜け出すためには、男性に「仕方がないから反応をしてやるか」と思わせて、返信をさせるように仕向けるのが一番シンプルで簡単な方法です。

絶対に彼のことは否定せず、できれば下手に出ながら相手を肯定すると確実に男性は気を良くして返信をくれるようになります。

例えば「わたしのせいで喧嘩になっちゃってごめんね。いろいろ考えたんだけど、あなたの言ってることが正しいと思う」というような、もうこれ以上は怒ることができないLINEを送ってしまうのです。

そうすると単純に連絡を返さないままでいる理由がなくなるので、男性は返信をせざるを得ません。

自分の非を認めるのは悔しい気持ちもあるかもしれませんが、仲直りをしたいのであれば、ときには片方が我慢を覚えることも必要です。

喧嘩の原因はこれから少しずつ解決していけば良いので、まずは彼と和解ができることを目標に頑張りましょう。

情に訴えかける


別れ話のメールやLINEにノーリアクションの彼氏から返事をもらうためには、相手の情に訴えかけて返信がもらえるように誘導をしてみましょう。

二人が長い付き合いであったり、男性が優しい性格であれば、必ずあなたに対して情が生まれています。

返信をしないようにはしていますが、実際には冷たくすることに罪悪感を感じているのです。

恋人特有の情を上手く使い、彼の良心に訴えかけることができれば確実にレスポンスをもらうことは可能です。

コツとしては「返信をしなくて申し訳ない」という気持ちを彼に抱かせるということです。

返信が欲しいということを伝えるのも「良い加減反応してよ」と言ってしまうと反応する気を余計に失わせてしまいます。

しかし「仕事にも支障が出ているから、そろそろちゃんと話がしたい」と伝えれば、さすがに返信をしなければという気持ちになりませんか?

また、嫌味な言い方にならないようにするというのも大きなポイントです。

「あなたのせいで夜も眠れないから連絡をして」と言うのと「眠れない日が続いているから連絡が欲しい」と言うのでは、伝わり方にかなりの差が生まれます。

男性から「可哀想だから返信をしてあげよう」という気持ちを引き出すためには、しおらしい女性を演じることが大切です。

「何かあった?」と心配をする


別れ話のメールやLINEにノーリアクションの彼氏から返事をもらうためには、返信がこないことを心配してみましょう。

いつもはレスポンスがくる人から反応がなければ、事故や病気など身の安全を心配してしまうのは当然です。

気まずいから返信をしてこないということは百も承知ですが、リアクションをもらいたいのであれば心配をするふりをして彼に「変な勘違いをされてるから、さすがに反応しよう」と思わせるのです。

いくらシカトを決め込んでいても、安否を確認する連絡を無視しようとは思えないはずです。

また、彼を心配するそぶりを見せることであなたの誠意を伝えられるというメリットもあります。

「無事だよ」と返信がきたら「めちゃくちゃ心配しちゃったよ」と彼氏を気がかりにしていることを伝えましょう。

そうすることで「こんな状況でも俺のことを気にしてくれていたんだ」と男性にあたたかい気持ちを抱かせ、そのままの流れでLINEのやりとりができるかもしれません。

「とにかく返信が欲しいけど、難しいことはしたくない」という方には、とてもおすすめの方法です。

既読無視されてからでも間に合う!別れたくない彼女になる方法

聞き手に徹する


別れたくない彼女になりたいのであれば、彼の気持ちを聞いてあげることに徹しましょう。

彼氏が既読無視をしてしまう心理は彼女とは話したくないという気持ちを露骨に態度として出していることが考えられます。

では、男性はどうして女性に話をしたくないと思ってしまうのでしょうか。

おそらく大よその理由が、自分の話を聞き入れてもらえないと思っていたり、話しても無駄だと感じているからです。

彼があなたと話をすることにストレスを感じているのであれば、そのストレスをとっぱらってあげれば良いということになります。

途中でさえぎるようなことはせず、相手の話を最後までしっかりと聞いて納得をしてあげることが大切なのです。

ただ「話が聞きたい」と伝えるだけでは「どうせ聞いてくれないくせに」と思われてしまうかもしれません。

あなたの誠意を伝えるためには「絶対に嫌な気持ちにはさせないから、あなたの本音を話して欲しい」と誠実さを見せるのがポイントです。

自分の気持ちを話してスッキリした男性は、ちゃんと話を聞いてくれたあなたに対して絶対にポジティブな印象を持ちます。

話を聞くことで二人のわだかまりが解消できれば、彼から見たあなたは「別れる必要がない彼女」になるので、自然とよりを戻す流れにさせることができるのです。

自分の悪かったところを認める


別れたくない彼女になりたいのであれば、自分の悪かったところは素直に認めるようにしましょう。

まずは喧嘩の原因がなんだったのかをしっかりと考えて、あなたにも非があるのかをジャッチしてください。

もし、自分にも悪いところがあるということを自覚しているのなら、その欠点を直せるのかどうかをさらに考えましょう。

直せないというのであれば、彼とよりを戻すのは難しいかもしれません。

なんとか復縁を叶えたとしても再び同じ理由でぶつかり合ってしまうときが必ずくるからです。

大好きな彼のためだったら頑張れるというのであれば、具体的にどう直していくのか計画を練っていきましょう。

具体案が決まったら、その報告を彼にしてみてください。

「悪いところを直すと言うだけで仲直りができるの?」と思ってしまうかもしれませんが、この方法で確実に男性の心を揺らがせることができます。

「悪いところが直るなら別れなくても良いかな?」と別れを踏みとどませることができますし、こんなに自分のことを好きでいてくれる女性を無下に扱えないからです。

ただ、口だけで直すと言っても信じてもらえないので、絶対に欠点を直すという意思を強く持っていることを伝えなければいけません。

「どこが悪いのか」「どうしていかなければいけないのか」「そのためにはどんな努力をするのか」を明確に話して、あなたがどれくらい本気度なのかを知ってもらうようにしましょう。

彼のことを褒める


別れたくない彼女になりたいのであれば、彼を褒めるということを心がけましょう。

彼氏と学校や職場が同じである場合、二人が付き合っていることを周りの人が知っている状況があると思います。

もしあなた達カップルがそうであるなら、彼の悪口は絶対に言わず、何かコメントをしなければいけないのであれば褒めることだけを意識してください。

コミュニティが同じであると気まずくなることを懸念したり、共通の知人から別れたことを突っ込まれたら嫌だという気持ちを抱いてしまいます。

意地悪な恋人だと嘘のような噂を流したり、相手が居づらくなるように仕向けることもあるくらいです。

おそらく彼も心の中で「別れ話もロクにできない最低な男と悪口を言いふらされたらどうしよう」と考えています。

そんなときに、同僚から「二人は別れたんだね。でも、彼女がお前のこと褒めてたよ」と言われたらどうでしょう?

既読無視をされても自分に好意を持ってくれる女性の健気さを知れば、男性は確実に後ろ髪を引かれます。

こんな状況でも元カレを褒められる無垢な彼女を絶対に手放したくないと思うので、彼から「別れたくない」という気持ちを引き出すことができるのです。

ポジティブ思考を貫く


別れたくない彼女になりたいのであれば、ポジティブ思考を貫くようにしましょう。

落ち込んでいることをネットに書き込んだり、恋愛に依存しているような様子を見せてしまうと男性は確実にドン引きをします。

多少自分に依存をしてくれるぐらいであれば可愛いと思えるかもしれませんが、恋人と別れたことでこの世の終わりぐらいネガティブになる女性に対しては「別れて正解だったかも」と、今後一切の関わりをなくすことも考えられます。

過剰に「彼氏がいなくても大丈夫」アピールをするのはおすすめできませんが、悲しいことがあっても仕事を頑張ろうとしていたり、目標を持って生きていく元カノを男性は羨ましいとすら思うでしょう。

辛いことを乗り越えて頑張っている女性はとても魅力的に見えますし、男性はそんな気丈な人を奥さんにしたいと考えます。

「こんなに素敵な女性と別れるのはもったいない」と彼に思わせることができれば、相手から別れを訂正してくれるはずです。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「別れ話を既読無視する心理は1つではない」

占い師 ミミコ

大切な話を既読無視する男性心理から仲直りをする方法までお話をしてきましたが、いかがでしたか?

あなたと彼の性格や価値観が違うように、男性同士でも同じ考え方を持つ人は存在しません。

悲しくて既読無視をする人がいれば、ムカついて既読無視をする人もいます。

既読無視をする理由は必ずしも一つではありませんし、男性全員が同じ理由で既読無視をする訳ではないことを知っておきましょう。

あなたが「男性なら絶対に怒っているから返信をしないんだ」と思っていても、そんなことはないということです。

あまり気を張りすぎずに少し肩の力を抜いて、彼がどうしてレスポンスを返したくないのかを見極めるようにしてください。

一度は愛し合った二人なら、相手の気持ちを汲み取ることはそう難しくないはずです。

恋人の連絡を無視する側も苦しい気持ちを感じています。

彼の心にのしかかる重みも早く取り除いてあげられるように、もう少しだけ頑張って、この山を乗り越えていきましょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事