忘れられない女と聞くと、映画の中にいるような素敵な女性だけに限られてしまうような気がしまうかもしれませんが、男性は何人かの女性が常に頭に残っていると言います。

つまり、特別な女性はもちろんのこと、一生のうちに忘れられない女性が何人かいるということ。

今回は、どのような女性が男性の心を引き付け忘れられない女として、心に残り続けるかについて考えてみましょう。

女性自身は何も特別なことをしていなくても、男性のとっては大きな魅力に感じられることがあるのが男女の違い。

女性目線ではなく男性目線で考えることで、あなたも大好きな人の忘れられない女性になれる可能性があります。

また、大好きな人と別れてしまった場合には、できるならばやり直したいと思いますよね。

そんな時にも、彼にとって忘れられない女になっておけば、復縁がスムーズに成功するというメリットがあります。

男性は付き合った女性のことを長く思い続けるという特徴がありますが、相手の女性によっては比較的早く心の整理がつき、ほぼ完璧に忘れ去ってしまう女性もいれば、結婚をしてからもずっと頭に残っているような女性も存在します。

ここでは既婚男性が忘れられない女性の特徴や、男性が忘れられない女性にする連絡、忘れられない女性と復縁したいと思った男性の行動についても説明をします。

本日のメニューはこちら

男性が元カノや好きだった女性を思い出すタイミング

元カノに似た人を見つけた時


何年も前に別れて、すでに顔をはっきりと覚えていないほどの関係になると、元カノの全体像ではなく印象的だった部分をピンポイントで覚えている状態になります。

そんな時に、元カノと似た姿かたちをした女性を見つけると「あれって○○?」と目を疑いたくなるほど似ている女性に出会うことがあります。

これは、記憶が薄れてきているからで、実際には少しも似ていないのに、彼自身の頭の中にいる元カノ像と一致した女性を見つけたからです。

男女に関係なく誰でも長く顔を合わせていないと徐々に記憶がすり替わっていき、自分にとって都合の良いように記憶を変化させていきます。

だから、瓜二つに似ているわけではない人も「元カノそのもの!」と思うほどそっくりに見えてしまい、しばらくは目で追いかけてしまいます。

見た目が似ている人以外にも、服装の雰囲気が似ている、話し方が似ている、好きな話題が似ている、など様々なパターンがあるでしょう。

印象的な出来事があった季節


元カノと一緒に過ごした時に印象的な出来事があった時には、その季節になる度に元カノのことを思い出します。

例えば、lineで背景に桜が舞う時期があり、「今日のlineは桜が舞ってるね」という話から始まって「実はうちのおじいちゃんが亡くなった時も桜が舞ってて…桜を見るとおじいちゃんのことを思い出すんだよね」と言った会話をしていたとすると、桜を見るたびにその時の会話を思い出しつつ、元カノはどうしてるのかな…と過去の恋人のことを懐かしく思います。

「彼女と一緒に海に行き、買った焼きそばをその場でこぼしてしまった」なんて思い出があると、海に行くたび元カノを思い出します。

海と焼きそばがセットになっている時には、思い出が昨日のことのように感じられるでしょう。

季節の象徴となっているような、桜、海、紅葉、雪景色などに関連付いた思い出は、別れた後に何度も彼女を思い出すきっかけになります。

普通にデートしただけでは、そこまで印象は残っていないかもしれませんが、彼の頭に強く残る出来事を体験している場合には、数年後まで繰り返し元カノのことを振り返るでしょう。

元カノの私物を見つけた時


彼の家の中にあった元カノの私物を見つけた時も、なつかしさと共に過去の女のことを考えるきっかけになります。

過去の女性からもらったプレゼントを大事にとっているタイプの人は、プレゼントを見るたびに贈ってくれた女の顔を思い浮かべますが、あると思っていなかった私物を見つけた時には、プレゼントよりも強い気持ちを持つのが違いです。

プレゼントは、そこにあることが分かっているので心の準備をしながら思い出すことができますが、ふとしたところから出てきた彼女の私物を発見した時には相当の驚きがあります。

「こんなところに元カノに貸してもらった本が…」という出来事があれば、予期せぬ出来事に心を動かされて、しばらくは頭の中が元カノでいっぱいになってしまいます。

最初は元カノの顔を思い出しているだけだったのが、「どうしてコレを忘れたままにしてたんだっけ?」など、過去を振り返り始めると、時間がいくらあっても足りません。

ふとしたことがきっかけで思い出した出来事は、考えないようにしようと思ってもぐるぐると考え続けてしまうのが特徴。

「そういえば、あの時に元カノが家に来て、こんな話をして…」と過去の出来事のひとつひとつを丁寧に思い出すことになります。

元カノと約束していたことが達成された時


付き合っていた頃に、「筋トレして体脂肪率を20%まで下げる!」などと元カノに宣言をしていたようなことがあると、目標が達成された時に「元カノにも教えてあげたいな…」と思う男性が多いでしょう。

目標のために努力をしている最中に関係が悪くなり別れてしまうと、その後は努力を辞めてしまおうかと一度は思います。

しかし、男の意地があるため中途半端な状態のままで中断してしまうのは悔しいと思うと、ひとりでコツコツと努力を続けることになります。

頑張っている時の彼の励みになっているのは、別れた元カノに「途中で辞めずに男らしい!」と思われることなので、目標が達成できた時には元カノに褒めてもらいたくてたまりません。

どうしても成果を伝えたいと思った男性はSNSに目標達成できたことをアップしたり、わざわざ用事を見つけてメールしてきたりするでしょう。

友達の元カノを見かけた時


自分の元カノを見かけた時も思い出すきっかけになりますが、久しぶりに友達の過去の女性を発見した時にも思い出に浸ってしまう男性が多いです。

特に男同士で協力して落とせた女性だったりすると、様々な思い出が頭を駆け巡ります。

「あの時、俺は〇〇と付き合ってたんだよな…ダブルデートしたの楽しかったな」などと友達の元カノ達を見ながら自分の過去を振り返ります。

こういったケースになりやすいのは、別れてから一度も元カノを見ていない時です。

元カノの姿を目で確認することができないため、友達の過去の女性の変化を見ながら「あの子も大人っぽくなってるんだろうな…」と想像を膨らませるのです。

年末に家族とゆっくりしている時


1年の振り返りをする年末の時期になると、その年に別れた彼女のことを絶対に思い出しています。

元カノ以外の事も頭には思い浮かぶでしょうが、付き合っていた彼女と別れるという出来事は誰にとっても大きな出来事なので、何度も過去の女性の顔を思い出してしまうでしょう。

特に去年の年末は一緒に過ごしていたのに、今年は別々…なんていう時には去年の思い出があるので元カノことが頭から離れません。

また、周囲の人々も1年の振り返りをしているため、12月の後半になってくると毎日のように別れた彼女のことを思い出します。

そして極めつけはカウントダウンの瞬間。

なんとなくしんみりとした気分の中で「なんで、あの子のこと振っちゃったんだろう…」と後悔してしまいます。

新しい彼女を探している時


前の彼女と別れてから次に付き合う人を探す時の比較対象は元カノです。

「この子は元カノよりも顔がタイプ。でも、話があんまり合わないな…元カノと話してた方が楽しかったな…」と何かにつけて元カノが登場します。

別の女性と比較している時には、元カノのことが好きだという意識ではなく、単純にスペックを比較しているという気分。

だけど、他の女性と元カノを比べるうちに「元カノみたいな女の子って意外といないんだな」という事実に気付くと、何となく別れたのが惜しくなってきます。

ただし、元カノの欠点にうんざりしていて別れたケースだと「元カノに比べたら、どの子もいい子ばかり!」と思われてしまうこともあります。

結婚するかどうか迷う時


付き合っている彼女と結婚しようかどうか迷った時に、男性はそれまでに付き合った彼女を全て思い出しています。

結婚は男にとっては窮屈なもの。

今後1人の女性としか関係を持てず、家族を支えるという重圧に耐えなくてはいけません。

できれば結婚はもう少し先延ばしにしたい…と迷う気持ちがあると、今の彼女とは結婚しないほうが良いのでは?と思えてきて、過去の女性達と比べる作業が始まります。

誰でも、今までに付き合った人の中で最高の相手と結婚したいと思っているので、過去の女よりも出来が悪い女性とは結婚したくないと思えてしまうのです。

彼女にべた惚れで、結婚前に過去を振り返る暇なんてないという男性はごくわずかでしょう。

ほとんどの男性が「本当にこの子と結婚しても良いのか?」と迷いながら結婚準備を進めています。

そして、入籍するその日がくるまで過去の女性達のことを何度も思い出すのです。

忘れられない女と忘れられる女の違い

男性がどれだけ心を奪われたか


男性が忘れられないと思う女性は、自分でもコントロールできないほどに好きな気持ちが強くなってしまった相手です。

これは女性も同様ですが、「好き」と一口に言っても程度は様々。

少し好き、からどうしようもないくらい好きまで、相手によってかなり感情の幅があるでしょう。

また、同一の相手に対しても時期によって気持ちが変化するのが普通です。

多くは最初の段階で最も気持ちが燃え上がり、徐々に気持ちが落ち着いていきます。

途中でもう一度すごく好きになったり、急に気持ちが冷めてしまったりすることもあるでしょうが、常に一定レベルで好きな気持ちが持続することは稀でしょう。

そして、好きで付き合っている関係でも、そこまで好きではないまま時間が過ぎる相手もいます。

これは、相手から告白をされて付き合うことになったパターンに多く、特に男性は女性から告白をされたら、よほど嫌いではない限り、お付き合いをしてみるという人もたくさんいます。

付き合うことに対する感覚の違いで、女性は付き合う相手は好きな男性と思っていることが多いのですが、男性はそうではありません。

基本的に女性は全て好きという感覚があるので、よほど嫌いか無理と思えなければ、とりあえず付き合ってみるという形が存在するのです。

そこで付き合ってから相手女性のことを好きになっていくこともあるでしょうし、中にはそこまで好きではないけれど、そのまま付き合いを続けるとい人もいます。

男性は遊びで付き合っているわけではなく、真剣な気持ちだとしてもこのようなパターンで女性と付き合うことがあるということを覚えておきましょう。

そのため、男性自身がそこまで心をひかれたわけではない相手に対しては、付き合っている時には相手のことをしっかりと好きだと思っていても、分かれた後は比較的早い段階で記憶からなくなってしまいます。

こう言ったケースとは逆に、男性自身がどうしても手に入れたいと強く望んだり、自分で気持ちが抑えきれなくなるほど相手女性のことが好きだと思った女性は、別れてからどれだけ時間が経ったとしても忘れられずに記憶の残り続けることになります。

常に成長し続ける女性かどうか


男性が忘れられないタイプの女性は、常に目標を持っており、その目標に対して努力をし続けている女性も含まれます。

こういった女性は、恋愛関係にある間も男性を優先順位のトップに持ってくることが少なく、自分の目標を優先させて時間を過ごします。

そのため男性としては自分を一番に扱ってもらえないという不満な気持ちを持つのですが、それが強烈に印象に残ります。

他の女性は男性に気を使って自分の趣味よりも付き合っている男性を優先させることが多いのに、その女性は自分の目標を優先。

どこかで悔しいという気持ちがあるので、その相手女性にだけは絶対に負けたくないという気持ちも抱くようになります。

そのため通常はカップルで一緒にいる時には安らげる関係を望む男性が多いものですが、目標を持っている女性と付き合っている時にはライバル関係のようなカップルになることが珍しくありません。

この時に、同じ目標を求めて(仕事のライバルなど)しまうと、2人の関係が上手くいかなくなりますが、ここでは女性の目標と男性の目標は全く別のものであることが多いので、それぞれが同時に目標への努力を続けても支障がでません。

それどころか、女性に刺激を受けて男性は大きく成長をするきっかけを得られることも。

一緒にいる時には、時間がなく一般的なカップルとは違う雰囲気をもっていたとしても、それが男性にとっては新鮮に映ることも多いのでしょう。

また、女性が成長している姿をリアルタイムで見ることになるので、男性は常に向上心を持って過ごすことができます。

このような女性と一緒にいる時の男性の心理は非常に活性化しており、毎日やりたいことが次々と出てくる感じです。

例えると男友達と一緒にいる時に近いのかもしれません。

でも、成長を続ける女性との時間は、男同士で過ごす時間とは違った良さがあるということで男性の記憶に強く残り続けるのでしょう。

成長をしなかったり、向上心がない女性の場合には男性と一緒にいる時の時間もただ何となくだらだらと過ごしてしまいがち。

たまにはそういった時間も必要ですが、いつもそれでは男性も飽きてしまいます。

また女性が成長している姿を全く男性に見せないパターンもよくありません。

女性の仕事が忙しすぎる場合などは、女性は仕事面において成長を続けていますが、一緒にいる時間が短すぎると男性はその成長を見ることができません。

こういったケースでは、仕事が忙しいという理由でなかなかデートができず、やっと久しぶりに会ったと思ったら彼女が成長して別人の様になっていたと感じ男性は寂しさを強く感じてしまいます。

男性は女性が成長した結果だけを見たいのではなく成長している過程を見たいと思っているからです。

付き合っていない関係の女性であれば会わないうちに大きく成長していることに感動を覚えるでしょうが、付き合っている時は別。

常に彼女のことは自分が一番知っていたいと思うのが男性心理です。

そのため彼氏が知らないうちに大きく成長してしまうことは男性の心が離れてしまう危険があるということを覚えておいてください。

成長することはとても良いことですが、彼氏がいる場合にはできるだけ彼氏と過ごす時間を持ち、成長の過程を彼氏に見てもらいましょう。

そうすることで彼氏に好意的な気持ちをもってもらえますし、最終的には忘れられない女性だと思ってもらえるようになります。

別れた後に相手に固執しない


男性は付き合っている時のことだけでなく別れた後の彼女の様子を見て、それが強く印象に残ることもあるようです。

別れた後は嫌いになって別れたのだとしても、男性は女性に追いかけてきてほしいと思っています。

でも、予想よりもあっさりと別れられてしまうと、男性は心に深い傷を受けます。

男性は付き合っている女性にとってなくてはならない存在になりたいと思っているので、女性があっさりと「あなたなしでも平気」のような態度をとると、今までに付き合っていた時期に自分を頼ってくれたのは嘘だったのか?と過去のことまで気にし始めます。

そうなると、もう彼女のことが忘れられないという状態に入り始めています。

付き合っている時に、あまり男性を頼らずにあっさりとした付き合いをしてきた彼女であれば、そのような態度をとられてもそこまで気になることはないでしょうが、付き合っているころは「あなたがいないと生きていけない」などと言っていた女性が、分かれた途端に力強く自分自身でしっかりと自分の道を歩みだしている姿を見ると男性はそのギャップに驚くとともに、その女性の本当の強さを目の当たりにすることになります。

その結果、自分の全く知らない彼女がいた!という気持ちになり強く印象に残るのでしょう。

ここで大事なことは女性が冷たい態度をとることとは違うという点です。

嫌いになった相手に冷たくされるのはよくあることで、ただ単に嫌いな気持ちをストレートに出しただけであれば男性はそこまでそのことについて意識することはないでしょう。

そうではなく、彼女が別れたという問題点をしっかりと1人で受け止めて対処しているという姿勢に彼氏は心を打たれるのです。

別れは辛い現実ですが、そこから目を背けずにきちんと問題を見つめて自分のこととして対処していく女性の姿を見た時に、男性は心を強く動かされるということでしょう。

別れ話をした時に、男性がどうして別れたいと思っているかを正確に理解し、それに対して真面目に向き合い、必要があれば別れても仕方ないという答えを出せる女性はそう多くはありません。

普通は別れたくないと泣いてしまったり、別れるのは嫌だと大騒ぎしてしまうことでしょう。

このような一般的な対応をする女性は男性の心には残りません。

別れ話をされた時や、分かれた後の態度でも男性の心に残るかどうかが変わってくることを覚えておいてください。

個性があるかどうか


男性が女性を見ている時に思うことは、女性は同じようなものを好きになるということです。

男性は唯一の価値に惹かれるので、他の人とは違ったものを持ちたいと思いますが、女性はみんなと同じものを持つことが安心します。

ファッションやグルメなど、女性はどれだけたくさんの人が良いと言っているかで物事を判断するので、多くの女性はそこまで個性的なものを好みません。

しかし、時に自分の好きなものを第一に考える女性もおり、そのような女性に出会った時に男性は新鮮な感覚になるようです。

個性が男性が理解できる範囲を超えていると、ただの少し変わった女性という印象で終わってしまいます。

男性自身がなるほど!と思えるようなセンスを発揮した個性を持っていれば、男性から一目置かれるような女性だというイメージを与えることができ、男性の心に長く残り続ける女性の仲間入りをすることができるでしょう。

反対に何でも他の人に合わせて物事決めるような女性は男性から見るとありきたりな印象になってしまうので、そこまで記憶に残らず、他の女性と同じようなままですぐに忘れ去られてしまいます。

女性はあまり強い個性を出し過ぎると男性に嫌われてしまうのではないか?という不安を持つことが多いので、好きな人の前では個性を出すよりも無難さを強く押し出したいと思うようです。

しかし、あまり無難に傾いてしまうと男性がすぐ忘れてしまう女性になってしまう恐れがあります。

どうしても好きなものがある場合には思い切って男性にもこれが好きだということを伝えてみましょう。

同じものが好きなのではなくても、好きなものを知ってもらえれば自分がどのような女性なのかをアピールすることもできますし、それでセンスが良いと彼氏に思ってもらえれば、印象を強くすることができるでしょう。

いつも味方になってくれるかどうか


男性が一生忘れられない女性はどのような状況に置かれても自分の味方になってくれた女性です。

女性の中には男性がお金持ちだったり、仕事がうまくいっている時だけにちやほやし、状況が悪くなると見向きもしなくなる人がいます。

そういった女性が多いので男性は女性に不信感を抱いていることがあり、成功して状況が良い時だけ近寄ってくる女性を信じていないということもあります。

そのため、男性にとって自分が苦境に陥った時でも助けてくれる女性は貴重な存在。

いつもは、大変な時に助けてくれるのは身内などに限られていた男性が初めてつらい時に女性に助けてもらうことがあると、それは一生忘れられない思い出になります。

状況が悪い時に男性の味方をすると、時には相手の女性にも迷惑だと思えるような出来事が起こることもありますが、そういった問題が生じても引き続き態度を変えず味方でいてくれることがあれば、彼女への信頼感は絶対のものになるでしょう。

男女の仲を超えた関係になることができるので、男性はいつも味方をしてくれた女性のことを一生忘れることはありません。

男性からモテるかどうか


男性が別れてから長い時間が経っても覚えているのは、とにかくモテモテだった人です。

いわゆる高嶺の花のような存在で、とても自分が付き合えるとは思っていなかったのに、相手から告白されてお付き合いを開始した場合などが当てはまります。

男性にとってモテるかどうかは非常に重要です。

女性は自分が好きになったらそれで十分だと感じるのに対し、男性は自分の彼女の周囲からの評価を気にします。

特に、モテる女の子を彼女にすることは一種のステータスなので、他の人も付き合いたいと思っているような人を彼女にできると、彼女自身への好意というよりも「他の男に勝った!」という思いが強くなり、その時の成功体験の喜びが忘れられずに、人気のあった彼女との時間を何度も振り返ってしまいます。

それに対し、モテないタイプの場合には、特別感をそこまで感じないので、別れた後にすぐに忘れてしまうことが多いでしょう。

また、男性が覚えているのは、男性から人気がある女なので、女社会で人気者だった人と付き合った時にはそこまで記憶には残りません。

逆に女社会では不人気な人だったり、そこまで顔が良くなくても、何故かモテるようなタイプの人は、別れてからも記憶に残りやすいという特徴があります。

同性から見ると、「そんなにモテる理由が分からない…」と思えても、何故かモテる女というのが存在します。

彼女達は男好みのルックスをしているか、男扱いが抜群に上手いかのどちらかなのでしょう。

男からすると、他にはない何かがあると感じられるので、たくさんの人にモテるだけでなく、長く記憶に残り続けることができるのです。

こういったタイプは本人が自覚なく行動していることが多く、一見しただけでは他との違いがないように見えるのも特徴的で、同性同士だと感じ取れない男心をくすぐる何かがあるということです。

例えば、男性がぐっとくるような声をしている、しぐさが色っぽい、視線の使い方が上手、など同性には分からない魅力がある女性は、男性の心に長く残り続けます。

予想外の行動をするかどうか


男性は女の子と一緒にいると「なに考えているのか理解できない…」とは感じるものですが、付き合っていくうちに段々と理解していき、いつもこういうこと言ってるから、今回も同じように思っているんだろうな…と相手の気持ちを推測できるようになります。

しかし、突拍子もないことをする人が相手の場合には、「前はこうだったから…」という方法で行動を先読みすることができません。

いつも「何をしだすか分からない…」というドキドキ感を持てる相手と一緒にいると、ありきたりな毎日が刺激的に感じられて印象に強く残ります。

特に冒険好きなタイプの男性の場合には、退屈しない相手だということでいつまでも記憶に残り続けるでしょう。

しかし、予想外の行動をする相手と一緒にいると疲れてしまったり、様々なトラブルが頻繁に起こることで「もう別れたい…」と思う人も多く、あまりにも予想外のことばかりを繰り返す女性とは早々に破局するという結果を迎えてしまいます。

その場合には、短期間しかお付き合いができなかったことで「もう少し彼女のことを深く知りたかったな…という未練につながり、より強く記憶に残り続けることとなります。

中には、ちょうど良いバランスで毎日に新鮮な驚きを与えられる人もおり、そうすると「こんなに楽しい女の子とは一生一緒にいたい!」と思うようになります。

こういったケースだと、長く付き合い続けることができ、いつも予想外の行動を繰り返すので、倦怠期にならずに良い関係をキープできます。

普通は付き合っていると飽きてしまうので、倦怠期にならない人は、他とは違うということで心に残り続けます。

男は女以上に刺激を好むので倦怠期に悩んでいる人が多いんです。

過去に倦怠期で大変な思いをしている人ほど、いつまで経っても飽きることのない女性に強い気持ちを持ちます。

それに加えて予想外の行動をする人自身も変化が好きなタイプなので、長く関係を続けずにすぐに別の相手と関係を持ちたがることも記憶に残る理由です。

付き合っている時に自由奔放に振舞われて、彼女のほうから去って行ってしまった…というパターンになると、確実に記憶に残ります。

これに対して、男性自身が彼女のことを全て予測できるようなワンパターンな言動を繰り返していると、特に印象に残らないので、別れた後にすぐに忘れられてしまいます。

また、言動がワンパターンだと、付き合い始めの頃は楽しく過ごせても、徐々に飽きが出てしまうので、お付き合い自体も長く続けることが難しいでしょう。

悪いところを指摘する


男性は他の人が言わないようなことまでビシッと言ってくれる女のことも忘れることができません。

これは、ただ口うるさいだけとは一線を画す人のことです。

普段から、あれこれ悪いところを指摘されたら、不快に思った男性は彼女に良い印象を抱けずに、すぐに別れたいと思ってしまうでしょう。

しかし、普段は細かいことは何も言わず自由にさせてくれていて、ここぞという時だけにビシッと悪いところを指摘されると、指摘されてムカッとなりながらも彼女の深い愛情が感じられて、別れてからも忘れられない存在になります。

悪いところを指摘して思い続けられる女になるのは、指摘が的外れではないということも重要です。

問題にぶつかった時には、男性と女性の価値観の違いで、女性の意見が男性からすると「とてもじゃないけど受け入れられない…」と思えてしまうことがよくあるんです。

しかし、いつまでも記憶に残り続けるような女は、指摘された男性が思わず「悔しいけどその通りだな」と感じるような的を射た内容の発言をします。

「なるほど!」と強いインパクトを覚えるので、その時の衝撃が心に残り続けて「彼女のことをいつまでも思い出してしまう…」という結果になります。

指摘をしても内容がイマイチで「余計なこと言うなよ」と思われた場合や、普段から男性に何も反論しないような女だった場合には、心に残り続けることは難しいでしょう。

結婚したいと思えるかどうか


男性は付き合っている時に結婚を意識した相手に対しても、「別れて何年も経ってるのにまた思い出してしまった…」という感情を抱きます。

女性は好きになると割と早い段階で「この人と結婚したらどうなる?」と意識することが多いのに対し、男性は結婚のことをそこまで考えずに付き合っています。

むしろ、責任を伴う面倒なものだという認識があるので、好きだと思っても結婚はしたくないと思うことが多く、よほどの女性でないと結婚したいとは思わないほどです。

また、適齢期になると男性も「そろそろ結婚したいな」と思うようになりますが、そういった時期に結婚したいと思った相手はそこまで印象に残りません。

結婚願望を持ってもいない若い世代だった頃に「結婚したいなんて思ったことないけど、彼女となら結婚したくなってきた」と思えるほどの感情を抱かせることができた女性は、心に長く残り続けます。

男性は結婚を考えずに年齢を重ねることが多いので、大人になって初めて結婚を意識させた人の存在が大きいんです。

その時の相手とは結婚をしなかったとしても、最終的に結婚相手を決める際にも「そういえば、俺が初めて結婚を意識した相手は今頃どうしているのかな…」と、いつまでも覚えています。

反対に、付き合っている時に「そこそこ好きだけど、結婚はないかな…」と思われていた場合は、別れてから、すぐに彼氏に忘れられてしまうでしょう。

男性心理をよく理解している


驚くほど男性心理をよく理解している人も印象に長く残り続けます。

男心を理解している人は、男兄弟が多いなど小さな頃から身近に男の子がいて、日常的に男性の言動に慣れている人に多いです。

ただし、兄弟がいても深く理解しようという意識がないと無理でしょうから、元々相手の気持ちを察するのが上手なタイプでもあるのでしょう。

男性心理をよく理解している人と一緒にいると、「なんでも聞いてくれそう」「本音が言える」と居心地の良さを感じ、他の女性と一緒にいる時とは違う感覚になります。

また、通常なら女が引いてしまうような話もきちんと聞いてくれて、一緒に盛り上がってくれるので「話していて楽しい!」という思い出があるのも違いです。

他の人にはできないような会話をして楽しかったという思い出があると、ふとした拍子に「彼女元気にしてるかな?」と記憶がよみがえります。

それ以外にも、男同士では通じる話が女性には理解してもらえなかった経験をするたびに「あの時の彼女なら一緒に笑ってくれただろうな」と、今カノと比較してしまいます。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

男が一生忘れられない女のたった1つの条件

自分の芯を持っている


男性が女性を見る時に、一番大切にすることは女性自身が自分の芯を持っているかどうかです。

芯がある女性というと自己アピールが強く、自己主張するタイプの女性だと勘違いされることがありますが、そうではありません。

自分の芯があっても控えめでおとなしい女性もたくさんいますし、芯があることとそれを外に主張することは別の問題です。

芯があるというのは、ないものにも振り回されない軸があるということ。特におとなしそうに見えて芯がしっかりしている女性を見ると男性は強く惹かれるだけでなく、心にその女性の印象が強く刻まれる傾向があります。

これは同時に、芯を持つ女性になることがそれほど難しいということも意味するのでしょう。

簡単に芯のある女性になれるのであれば男性もそこまで魅力を感じることはありません。

滅多にいない存在が芯のある女性だからこそ、自分の軸がしっかりしている女性に出会った時に男性は特別な感情を抱き、他の女性とは違う!ということで忘れられない女だと思うようになるのです。

自分にはない本物の強さがあると男性から見える


芯のある女性は男性か見ると少し羨ましい存在でもあります。

それは男性が社会の中で常識に縛られることが多いから。

男性は男社会の中で仕事を中心にした人間関係の中に身を置くことが多く、価値観が同じような人が多く集まる場所に居ることが多くなります。

もちろんすべての男性がそうというわけではありませんが、女性と比較すると妊娠や出産がないので、最初に社会人になった時にできた人間関係のまま年齢を重ねることが多くなります。

女性は仕事以外にもいくつものコミュニティに属していることが多く、男性よりも様々な価値観に触れやすいという特徴があります。

そのため、男性は仕方なく周囲の合わせて生きている傾向があり、常識を守らなければいけないという息苦しさを持っていることも。

だから、物事を判断する時の基準が常識的に正しいかどうかという基準になりやすく、それ以外の判断をしたくてもできないという場面が多くなります。

そんな生活をしている男性の前に自分の価値観で物事を判断する芯のある女性が表れると、自由さと自分を貫く強さに憧れのような気持ちを抱くのでしょう。

特に自分のしたいことを我慢している男性にとっては芯のある女性は自由で、本物の強さを持つ特別な存在に思えるようです。

芯のない女性は、いつも男性に合わせてしまう


芯のある女性と一緒にいると男性は常に刺激を受けて、自分ももっと自分の価値観を大事にしようと思えてきますが、芯のない女性と一緒にいるとそういった刺激を受けることができません。

芯のない女性は基本的にすべてを男性に合わせるので、男性からすると最初は居心地がよく感じます。

なんでも自分のことを優先させてくれる存在の女性と一緒にいると、自分がこの世で一番偉くなったような気分になれるので、男性は自分が大きくなったような気持ちにもなれるのでしょう。

しかし、同じようなことが続くと男性はだんだんとその状況に飽きてしまいます。

いつも男性に合わせてばかりということは、男性がすべてを決めなくてはいけないということ。

いつも自分が決めなくてはいけない状況が面倒になってきたり、新しい意見を聞くことができないので同じことの繰り返しになるのも飽きてしまうのでしょう。

また、自分が決めるということは新しい世界を見る機会がないということ。

毎日に驚きがないだけでなく、張り合いがなくなってしまうのです。

それ以外にも、男性は多少の争いを好むもの。

相手女性が違った意見を出した時にそれを説得することができれば女性に勝った!という楽しみを得ることができます。

しかし、女性が全手を男性に合わせていると、男性は女性を説得したり自分の意見を通して満足感を得たりする機会を失ってしまいます。

このような理由で男性は芯のない女性と共にいるとつまらなさを感じてしまうのでしょう。

一生忘れられない女になれる、彼から愛される方法

彼が苦しんでいる時に支える


好きな人と楽しい時間を過ごすのが好き!と思うことが多いと思いますが、一生忘れられない女になりたいのであれば、楽しい時よりも苦しんでいる時に一緒にいてあげるのがおすすめです。

人によっては苦しんでいる時には1人でいたいと思うタイプの人もいるので、その場合には遠くから見守るようにして、気持ちだけでも支えているところをアピールしましょう。

楽しい時にカップルが一緒にいるのは当たり前なので、別れた後にそこまで深く印象に残りませんが、苦しい時に助けてくれた人は男女関係なく覚えていることが多いです。

特に、彼女が支えてくれるタイプだと、別れてからも苦境に立つたびに「こんな時に、元カノがいたら…」とすがる気持ちになり、過去の女性のことを忘れることができなくなります。

苦しい時の人間の心理は、平常時とは全く違うんです。

楽しい時には感情が高揚しているだけですが、苦しい時には不安が強まり強いストレスを感じるので、時間が経っても記憶に残り続けるという違いがあります。

楽しい思い出は時間と共に徐々に薄らいでいきますが、苦しい時の思い出は時間が経っても鮮明に覚えているという人が多く、苦しい時に助けてもらって安堵した感情は一生にわたって持ち続けることのできる種類の感情です。

だから、苦しい時こそ献身的に彼のサポートをしてあげてください。

苦しい時を一緒に乗り越えた関係になれれば、忘れたくても忘れない存在になれます。

定期的に離れる時間を作る


定期的に距離をとって離れる時間を作っている場合も、彼の心に長く居続けることができます。

これは、「普通の女性はずっと彼氏と一緒にいたがるのに、彼女は他とは違う!」と思うからです。

特に恋愛初期に定期的に離れる時間を持つと「彼女は俺のこと好きじゃないのかな?」と心配するので特別な感情を抱くようになります。

それに加えて、付き合っているのにべったりな関係にならないことで、いつまでも新鮮な一面を残して置けるというのも男性の心に残る理由です。

長く付き合っているのに、まだ自分が知らない一面があると思うと、「不思議な人だな…」という印象を抱きますし、「もっと相手のことを知りたい!」という思いを持ち続けられるでしょう。

さらに、未知の部分を残したままで別れてしまうと、知らない部分に何が隠されていたのかが気になって、別れてからも忘れることができません。

付き合っていた期間が長かったのに、まだ知らない部分が残されていた…というケースの場合には、年々経っても相手男性の心の中に残り続けることができるでしょう。

遠慮する気持ちを持ち続ける


付き合っている期間が長くなるにつれて、徐々に遠慮のない関係になると思いますが、どれだけ親しくなっても遠慮する気持ちを残しておくと、忘れられない女になることができます。

普通は親しくなると遠慮しない関係になり、それが原因で喧嘩になってしまうんです。

なんでも言い合える関係になると居心地がよくはなりますが、全てを相手に伝えてしまうことで意見が分かれた時にはトラブルの火種になってしまいます。

しかし、言いたいことは言いつつも喧嘩にならないよう、遠慮する気持ちを持って彼を優先して考えることができれば、いつまでも心の中から消えない存在になれます。

遠慮する気持ちというのは、常に相手を一番に考えるという意味です。

もっとわがままを言いたいと思っても、「そこまですると彼の迷惑になってしまうかも?」と彼の気持ちを考えて行動するようにしましょう。

不必要によそよそしくしなくても良いので、心の中で彼を優先して考える癖をつけておけば、思慮深い人だと思ってもらえて彼の心に残り続けられます。

こんな別れ方をすると元カレにとって忘れられない女になれる

反論せずに別れを受け入れる


彼が別れ話をしてきた時には、一切反論せずに話を聞くようにしたほうが印象が良くなります。

別れたくない!と思うと、様々なことを言いたくなると思いますが、とにかく言葉を発することは我慢するようにしてください。

彼は別れを切り出したら彼女が反論してくることを予測しているので、何も言わないあなたを見て「どうして?」という気持ちになるはずです。

でも、別れを簡単に受け入れていると思われると「彼女は俺のこと好きじゃないんだな」と思われてすぐに忘れられてしまうので、反論はしなくても、彼のことがまだ好きだという意志を伝えるため、彼の目をしっかりと見て話しを聞きましょう。

「何か言いたげな表情をしているな…」と彼に思わせることが目的なので、意志が伝わるような真剣な表情を心がけてください。

彼はあなたが何かを言いたそうにしていることに気付いたら「どう思う?」などと質問してくるでしょう。

しかし、彼に何を聞かれても発言はしないようにしてください。

何も言わない彼女の姿を見ることで「彼女の本心が分からない!」と思わせられれば、別れてからも「あの時の元カノは何を考えていたんだろう…」と疑問を持たせることができます。

謎を残すことで時間が経っても忘れることができない存在になっていきます。

別れた後の彼の幸せを願う


彼に好印象を残して忘れられない女になる方法が、別れた後の彼の幸せを願う方法です。

別れ話をして話し合いが終わったら、別れ際に「幸せになってね」と一言伝えておきましょう。

別れ話をした後に、まさかそんなことを言われるとは思ってなかった男性は、別れた彼女への気持ちが少し変化します。

「泥沼になるかも!?」と思っていた別れ話だったのに、最後に自分の今後のことまで考えてくれている女性だと分かれば、「もう少し付き合っても良かった…」と別れ話をしたことを後悔させる効果も期待できます。

この方法はとことんいい人になることが大事なので、別れ話でも彼を責めるようなことは一切言わないほうが良いでしょう。

彼にすがらずに幸せだけを願って離れると、あなた自身の中に心残りな気持ちが出てくるかもしれませんが、感情のままに振舞うと「面倒な女だ」と思われて、彼の中でのあなたの印象が悪くなり、「あんな女のこと思い出すのも嫌だから、さっさと忘れよ」と思われてしまう危険があるんです。

だから、いつまでも覚えていてくれる女になるためには、彼自身が何度も思い出したいと思えるような存在にならなくてはいけません。

自分がしたいことをするのではなく、彼がして欲しいと思っていることができるようになれば、彼にとっての忘れられない女になることができます。

別れた後に一通だけ連絡をして音信不通状態にする


別れた後には何があっても連絡をとらない作戦も、心に残り続ける女になれる可能性がある方法です。

この方法はとにかく何があっても、絶対に連絡をとらないのがコツです。

連絡をとらない方法を効果的に使うには、別れる時の態度も重要。

別れ話をされても、まだ好きだという気持ちを伝えて、「できれば連絡だけでもしてほし」と願いしておきましょう。

もしかしたら、もう関係ないから連絡をとりたくないと言われるかもしれませんが、本当に必要な時以外には連絡しないから…とお願いすれば、許してくれるでしょう。

連絡をしてもいいという約束をし、別れてから数日経ってから「いつまでも〇〇くんは私にとって一番の男だからずっと覚えていると思う」など、気持ちを正直に伝えるメールやlineをして、その後は一切連絡をしないようにしてください。

自分から、別れた後も連絡をしたいとお願いしてきた女性が一通だけの連絡で音信不通になってしまったら、彼のほうから連絡をとりたくなるでしょうし、連絡があっても返事をしないようにしていれば、彼の中で忘れられない存在になれます。

連絡があると返信したくなるでしょうが、ここで返事をしてしまうと全く効果がなくなってしまうので、何があっても返信しないという姿勢を貫きましょう。

男が自分から振ったのに忘れられない女の共通点

別れた後の立ち直りが早い


男が自分から振った場合には、女を泣かせてしまう・女に悲しい思いをさせてしまう…という負い目があります。

これは、男が女を振ることで、女は泣いて悲しむはず、という前提があるからです。

しかし、いざ別れ話をしてみたら、その時には悲しそうにしていたのだとしても翌日からいつも通りの様子で生活しているのを見ると「え!?別れても平気?」と意外性に驚きます。

あまり悲しまずに、すぐに立ち直っているところを見ると少し安心するものの「俺のことたいして好きじゃなかったてこと?」と腑に落ちない気持ちも持つでしょう。

中には「なんだよ!振られたクセに落ち込みもせず!かわいげのない女!」と逆ギレする男もいます。

自分が振って優位に立とうと思っていたのに、思い通りにストーリーが進まずにくやしさでいっぱいなのです。

でも、そんな男性ほど、最初は「あの女イライラする!」と思っていても、次第に「悔しいから、もう一回惚れさせたい!」と好意を抱き始めます。

最後まで本当のことを言わなかった


男性は自分のことを言わない女性にも未練を感じます。

女性はおしゃべり好きで、自分の話ばかりになる人が多いのに、知りたいと思うことに限って答えてくれないような女性は、いつまでも興味が尽きません。

でも、単純に口数が少ない女性というわけではありません。

何も話さない女性は「何を考えているか分からない。話しても面白くない」と言われてしまうことがよくありますが、ミステリアスな女性は男性が一番知りたい事柄に限って上手に情報をコントロールします。

普段は陽気でお喋り好きなのに、「今まで何人の男と付き合ったの?」という質問だけには答えないなどメリハリをつけて質問に答えます。

「過去の恋人はキスが上手で…」など男性が、「その先は?」と食い付いてしまうような話題を出しつつも、最後までは教えません。

破局して会話する機会が無くなった後も、「あの時の元カノの話を続きが聞きたい!」と思うと、いつまでも気になってしまいます。

破局後に大きな変身を遂げた


別れた後に見違えるほど美しくなったなど、良い方向に変化した元カノは「惜しいことをした!」と男性に思わせられるので、いつまでも想ってもらえます。

破局後に短期間で綺麗になった場合も当てはまりますし、何年かかけて別人のように変化したケースも多いです。

特に10代の後半に付き合っていて別れたカップルだと、20代に入ってから、同じ人だと思えないほどの変化を遂げることがよくあります。

彼女の本当の良さを見つけ出すことができなかったと悟った男性は「逃がした獲物は大きい!」と強く後悔することになります。

変化は外見だけでなく内面も重要です。

子供っぽく自己中な性格だった女性が、周囲への思いやりがある大人の女性に変身しているところを見ると、今の彼女だったら振らなかったのに…と過去の行為を悔やんでしまうでしょう。

付き合っている時に一緒に成長した


共に時間を過ごした際に、同じペースで成長した経験をしていると男性は彼女のことを忘れることができません。

一緒に資格取得のための勉強をしたなど、目標に向かって励まし合った経験のある女性はいつまでも頭に残り続けます。

特殊な努力を必要とするものではなくても、「2人とも寝坊ばかりで遅刻魔だったのに、朝に時間通りに起きられるようになった」など、人から見たらたいしたことがないようなことでも当人にとっては思い出深いことです。

共通の目標に向かって努力し、2人で成長できたという経験をした女性は、男性に振られても尊敬の念を抱き続けてもらえます。

女性としてだけでなく、人間として努力できる人は、別れた後も機会あるごとに思い出してもらえるでしょう。

忘れられない元カノだけが持っている意外な特徴・共通点

自信がある分野でも謙虚


男性が忘れられないと感じる女性は程良い謙虚さを持っています。

自信のある女性は誰が見ても輝いて見えるものですが、男性は自分の彼女が輝きすぎていると気後れしてしまうんです。

これは、カップルの片方が輝きすぎていると、残りの一方は引き立て役のような扱いをされることが多いからでしょう。

女性は自分の彼氏が自信満々だと「誇らしい!」と嬉しい気持ちになりますが、男性は自分の彼女が自分以上に輝いていたり自信満々だったりすると、「女に負けた…」という気分になってしまい、卑屈な気持ちが強まってしまいます。

だから、忘れられないと思える元カノは自信がありつつも、ほどよく謙虚で男性を卑屈な気持ちにさせないバランス力を持っています。

ネガティブ過ぎる女性は何に対しても自信が持てず、一緒にいる男性を暗い気持ちにさせてしまいます。

それに対してポジティブ過ぎる女性も男性にとっては居心地が悪いものなのです。

しかし、このバランスが上手にとれている女性は少ないので、自信がある分野でも謙虚な姿勢を忘れないような女性と付き合った経験があると、別れてからも「元カノが忘れられない…」と思うようになるでしょう。

自信がある分野でも謙虚な女性は向上心がありつつ自慢ばかりしないのが特徴で、一緒にいる彼氏をやる気にさせるパワーを持っています。

自信がある分野でも謙虚な性格の女性と付き合ったことがあると、「元カノと一緒にいた時は仕事で疲れても、明日も頑張るぞ!と思えたな…」と過去を思い出して、復縁したいと思う男性が多いです。

人の話を聞くのがうまい


忘れられない元カノは例外なく人の話を聞くのがうまいです。

これは男性相手だけでなく女性が相手だった場合も同様。

人の話を聞くのがうまいというのは、単に話を聞いているという状態とは違います。

話をするよりも聞く方が好きという性格上の問題ではなく、忘れられない元カノは、相手がもっと話したくなるような雰囲気作りが上手なんです。

だから、彼女のことを何とも思っていなかった人でも、話をした途端に彼女に好意を抱くことがしょっちゅうあり、たくさんの人から話をしたいと思われている女性が多いでしょう。

付き合った男性に対しても、彼が話していて楽しい!と思えるような対応をするので、別れた後も「この話は元カノに話したいな…」と男性が思うようになります。

例えば昇給をした話などであれば、「元カノに話をしたら自分以上に喜んでくれて、最高の笑顔を見せてくれるんだろうな…」と思うと、どうしても元カノに話を聞いてもらいたくなってしまうのです。

また、人の話を聞くのがうまい女性は、聞いているだけでなく自分の話をするのも上手なことが多いです。

でも、自分の話といっても相手に合わせた話題を提供できるのが特徴。

最初から自分の話をべらべらと話すのではなく、まずは相手の話を聞きます。

その内容に関連している自分の話をするので、話をしている相手にとっても興味のある内容の話で盛り上がることができるというわけです。

このように、忘れられないと思われる女性は、人の話を聞く能力に長けています。

男性を褒める技術がすごい


忘れられない元カノになれる女性は、男性の褒め方が非常に上手。

ただ「かっこいい!」と褒めるのではなく「いつもは〇〇だけど、今日は△△だから雰囲気違うね!どっちも似合ってるけど…私は今日のほうがカッコいいと思う!」と、他の人はしないような褒め方をするので、男性は嫌でも頭に残ります。

褒められることで良い気持ちになる男性がほとんどですが、ただ褒められるよりも自分に合った内容で褒められたほうが強く印象に残るんです。

忘れられない女性は、褒めるタイミングや使い方も絶妙で、普段から簡単に褒めるようなことはしません。

割と厳しめな発言が多いと見せかけて、ここぞという時にさりげなく男性を褒めるのが彼女のテクニック。

いつも厳しいことを言われているから、急に褒められたという意外性に男性はドキッとさせられ、彼女のことが頭から離れなくなります。

褒める技術がすごい女性は男性にとって忘れられない元カノとなるでしょう。

普段はゆるく、いざという時に強い


忘れられない女性はキリっとしているような雰囲気がありながら、実はちょっとゆるい…という人が多いです。

いろいろなことが器用にできるからそうは見えないのに、一緒にいると「彼女のゆるさに癒される」と感じる男性が多いのが特徴。

一緒にいる時に無駄な気を使わなくて良いので、疲れている時などでも彼女と過ごしたい!と男性に思わせる魅力があります。

こういったタイプの女性は、居心地が良いからずっと一緒にいたいと思わせる力があり、結婚したい!と男に思われるタイプです。

しかし、ただゆるいだけでなく、いざという時には強さも兼ね備えていることがポイントで、困った事態になっても明るさを忘れません。

例えば、誰かが病気になってしまい辛い状況になっていても、落ち込んで終わるのではなく、必ず物事を前向きに捉えて病気になったことの中から良かったことも見つけ出します。

「早めに分かってすぐに治療を開始したから大丈夫だよ」などと、病人を上手に励ますことができるので、一緒にいる男性はいつも彼女の強さに元気がもらえます。

それでいて普段は居心地が良いゆるい感じの雰囲気なので、男性がずっと忘れられないと思うのも無理ありません。

男性は忘れられない女性にこんな連絡をしてくる

間違いLINE


男性は忘れられない女性がいると、もう一度付き合いたいというよりも、何とかして少しでも関わりを持ちたいという気持ちを持つようです。

そのため、先のことまで深く考えずに、とりあえず関わりを持ちたいと思って間違えたふりをしてlineをしてきて、そのまま会話を続けようとします。

この時の間違いlineの内容はたいしたものではなく「○○げんき~?」や「今度また飲みに行こうな!」のような、あっさりとした内容のものが多いでしょう。

男性は忘れられない女性と関係を持ちたいと思っているものの、何を話せばよいか分からない状態だからです。

特に用事があるわけでもありませんし、話したいことがあるわけでもない。

でも、忘れられない思い出をもう一度体験したいというような気持ちで連絡を取りたがります。

もしも、元カレから突然このようなlineがあった時には、落ち着いて当たり障りのない世間話をしてみてください。

もしかしたら本当にただの間違いである可能性もあるので、最初から必要以上に警戒することもないでしょう。

何度かやり取りを繰り返して、間違えた謝罪以外の話を相手がしてくるようであれば、間違いではなくあなたと連絡を取りたいと思って、lineをしてきた可能性が高くなります。

思い出の場所のお土産を渡す


元カレが過去にあなたと一緒に行ったことのある場所のお土産を持ってきたり、再びその場所に行った話などをしてきたりした時には、あなたのことが忘れられないのかもしれません。

誰かとお付き合いをしている時に行ったことのある場所に何らかのきっかけで再度行くことがあったとしても、その時のことと思い出すことはあっても、それを相手に伝えることは滅多にないからです。

元カレがわざわざあなたに連絡を取ったということはそれだけ印象が強く残っているからなのでしょう。

また、もしかしたらどうしても忘れられないと思っているので、再び関係をやり直したいと思っているのかもしれません。

元カレにとってそれほどまでに思い入れがあるということは、あなたとの思い出の場所は彼にとって特別なものになっているのでしょう。

あなたと別れてからもずっとその場所が忘れられなかったというパターンもあるでしょうし、たまたまその場所を訪れてあなたの印象をはっきりと意識し出し、どうしてももう一度話がしたいと思ったパターンも考えられます。

男性は何かのきっかけで急に過去のことを昨日のことのように思い出し情熱的な気持ちが蘇ってくることがあります。

あなたとの思い出の場所が刺激となり彼にあなたと付き合っていた時のことを思い出させたのでしょう。

○○詳しかったよね?と質問する


しばらく連絡を取っていなかった元カレが、あなたの得意分野に関して「○○について詳しかったよね?」と聞いてきた時も、元カレがあなたのことを長い期間にわたって忘れていない証拠です。

付き合っていた頃は彼女が何が得意なのかは知っているのが当たり前ですが、普通は別れた後はそんなことは忘れてしまいます。

しかし、あなたの得意なことがよほど彼にとって印象に残っているのであれば、別れてから長い時間が経過したとしても、彼はあなたの得意な分野を覚えているでしょう。

場合によっては、その分野の話が出るたびにあなたのことを思い出しているのかもしれません。

普通の人ができない部分で得意なことがあったり、得意なレベルがずば抜けていたりして、男性が驚くほどの腕を持っているのであれば、それが強く印象に残り、あなたのことが忘れられないという結果になってもおかしくありません。

だから、別れてから時間が経っているのに、あなたの得意分野のことで問題が起きた時に助けてほしいという気持ちになってあなたに連絡をしてきているのです。

この場合には、もう一度やり直したいと思っている可能性もありますし、もしかしたらそこまで深く考えておらず、困った問題点を解決してほしいと思っているだけとも言えます。

しかし、今は付き合う気がないと思っていたとしても、あなたのことを思い出したということは、完全に忘れることはできなかったということ。

さらに、わざわざ元カレのほうから連絡をしてきたという事実から考えても、あなたに好意的な気持ちがあることは確かでしょう。

もしも、その元カレにまだ気持ちが残っているのであれば、このチャンスに関係を深めておけば、また頻繁に連絡を取り合うような関係になれる可能性があります。

一生忘れられない女には決してしない連絡

しつこい連絡


1人の女性に固執するタイプの男性は、別れた後に未練があると、いつまでもしつこく連絡をしてくることがあります。

しかし、相手が一生忘れられない女性だった場合には、しつこく連絡をしてくることはないでしょう。

これは、いつかやり直せるチャンスがあるなら、その機会にはもう一度彼女と付き合いたいと思っているからで、彼女に嫌われたくないという強い気持ちがあるためです。

男性もしつこく連絡をしたら、相手女性が引いてしまうことは理解しています。

でも、彼女という関係になってしまうと遠慮がなくなり、自分のしたいことは何でもしてもいいような錯覚をもってしまい、しつこく連絡をしてしまうのです。

忘れられない女性は他の女性とは違うという感覚があるので、男性にとってどうしても手放したくない存在。

彼女という関係になっても、嫌われないようにしなくては!という自制心が働くのです。

ましてや、彼女と別れた後なら、余計に彼女の気持ちが心配。

もう顔も見たくないと思われては困るので、女性が嫌がるようなしつこい連絡は控えるという行為をとるでしょう。

連絡をするにしても、相手の都合が良さそうな時間帯に何件か連絡するのみということが多いはずです。

酔った勢いで連絡してくる


男性がよく行うのが酔った勢いで好きな女子に連絡を取る方法です。

これは、お酒に酔っていることで気が大きくなり、いつもよりもテンポよく会話できるようになるからです。

普段口下手で女性と話すのが苦手な男性はこの傾向があるでしょう。

でも、本気で好きになった相手や忘れられないと感じている女性に対しては、うっかりしたことを言わないようにしなくては!と思っているので、しらふの時に連絡をするように心がける男性が多いです。

これは、忘れられない女性をそれだけ大事な存在だと思っているからです。

その時の勢いだけで楽しく話せれば良いというわけでなく、もっと心の底から彼女と分かり合いたいと思っているので、お酒を飲んでの会話はしないほうが良いと思っています。

それに忘れられない女性の発言のひとつひとつを覚えておきたいと思っているので、頭がはっきりとしている時にこそ会話したいと思っているのです。

適当な相手ではないからこそ、お酒が入っていない状態で関わり合いたいと思うのでしょう。

他の女性の話をする


別れた彼女に嫉妬させたくて、他の女性の話をする男性が多いですが、忘れられない女にはそんなことはしません。

どうしてかというと、そんなことをして、忘れられない女が本気にしてしまったら、もうやり直せなくなってしまうからです。

少しでも可能性が残っているなら、忘れられない女性ともう一度関係を持ちたいと思っている男性は、わざわざ嫉妬させるような発言はしません。

また、忘れられない女が自分の元から去って行ったら、連絡を取ることさえできなくなる可能性があります。

彼氏彼女の関係ではなくてもいいので、わずかでも彼女とつながっていたい…そんな強い気持ちがあるので、彼女が誤解するような発言は極力しないようにします。

別れた彼女と友達関係のようになってしまった時には、特に深く考えずに新しい女性の相談をすることがあると思いますが、忘れられない女と友達関係になっている時でも、他の女性の話はしません。

まだ忘れられない女への気持ちが残っていることをアピールしたいと男性は思っているので、別の女性を好きだと思われたくないのです。

もう別れてしまった関係なので、もう一度付き合ってとは言えないけれど、まだ好きだということに気付いてほしい…そんな複雑な男心が隠れています。

忘れられない女はいつまでも男性にこういった気持ちを抱かせるのが特徴です。

強引に食事に誘う


忘れられない女を食事などのデートに誘いたいと思っている男性が多いですが、他の女性にするような強引な態度はとらないでしょう。

これは、忘れられない女をそのように扱うと、デートはできても、その後やり直せる可能性が下がると男性が思っているからです。

強引にデートに誘われた女性はとりあえずデートはしてくれるでしょうが、そこで期待以下の内容だったら相手男性にがっかりします。

そこまでして強引に誘ったくせにこの程度の内容のデートなら来なければ良かったなと女性に思われてしまうと、以後のデートは断られてしまう危険が出てきます。

もし、期待以上のデートをして彼女を満足させることができれば、最初は無理やり誘われたとしても、次ももう一度デートしても良いかな…と思えますよね。

男性はデートの内容で女性の態度がこのように変わることを知っています。

だから、絶対に女性を喜ばすようなデートができると思えないと軽々しく誘うことができないのです。

相手がそこまで大事な女性ではない場合には、とりあえず誘ってみて、ダメだったら別の女にすればいいと思っているので、多少強引にデートに誘うことができてしまいます。

しかし、忘れられない女はそういったレベルではないので軽々しくデートに誘うことができず、彼女からデートしたいと言ってくれるのを待つという流れになるのでしょう。

ふざけた話


忘れられない女性と話しをする時には、男性は非常に緊張します。

他の女性のように単純に楽しいという感覚ではなく、この女性は特別だと思えるので、どこか心が引き締まってしまうのでしょう。

だから、いつものような軽いノリでのふざけた話はできないことが多いです。

忘れられない女性のタイプによっては、多少は軽い話もできるのでしょうが、そこでも男性は忘れられない女性に嫌われないかとビクビクしています。

表には出さないでしょうが、男性は大切な女性に嫌われることを最も恐れているので、面白い話をした時に笑ってくれなかったらどうしよう、イマイチだと思われたら恥ずかしいといった感情を持っています。

だから、ふざけた話はなるべくしないようにしようと思いますし、しても彼女からのウケがいいと思える自信があるものだけにするでしょう。

他の女性に比べて、真面目な話が多いという時には、相手が忘れられない女だからという可能性が高いです。

忘れられない女だけど自分からは連絡できない…男ならではの理由や心理

思い出を汚したくない


忘れられない女性と一口に言っても、まだ好きな気持ちが消えない相手だけでなく、思い出だけで満足しきっているタイプの相手もいます。

男性は手に入らないような女に夢中になりますが、過去の経験で満足しきってしまうと「俺にやれる事はやった」という気持ちになり、物語を完結させたくなります。

これは、頻度としては稀ですが、本人がベストを尽くしこれ以上の結果は出せないと思えるほどの経験をした時に現れる感情です。

全てをやり尽くした関係の相手との思い出は、綺麗なままで残しておきたいと思うのが男のロマンティシズム。

今さら、過去の思い出をほじくり返しても、あの時以上に関係が良くなるとは思えないので、自分からは近づかずに遠くから眺めているだけとなります。

彼女には惹かれているけれど、現実的に考えて付き合うのは不可能(既婚者や年齢が離れすぎているなど)だと思える関係の時には、こういった理由で何も行動に移さないことが多いでしょう。

自分に自信がない


忘れられない女にもう一度コンタクトをとりたくても、自信がない男性は動き出せません。

このケースに当てはまるのは、女性が男性から非常にモテるなど、自分のものにするには困難を伴う時です。

平均以下レベルの女子だったら、すぐに振り向かせることができるという自信のある人でも、女性のランクが上がりライバルが増えると途端に不安が強くなり、自信が持てなくなってしまいます。

忘れられないタイプの女性は人気がある人が多いので、いつもは積極的な性格の男性でも消極的な一面を見せることがあります。

万全の準備を整えてから連絡したい


完璧主義の男性は、忘れられないいい女に見合う男になってからアプローチを開始したいと思っています。

適当な方法では振り向いてもらえないことが分かっているため、次は自分が彼女の立ち位置までランクアップすれば成功するはず!という目論見があります。

こういったケースでは別の女性と付き合いながらも、記憶に残り続けている女性を心で追いかけていることがあり、彼女と同じくらい過去の忘れられない女性も気になっています。

かといって今の彼女と一緒にいるのも落ち着けて心地良いと感じているので手放したくはなく、心の中には同時に二人の女性が存在します。

忘れられない女は彼にとっては男としてもモチベーションを上げてくれる存在だということなのでしょう。

女に追いかけてもらいたい


忘れられないと思いつつも、「アイツには負けたくない」と思っている女性に対しては、追う立場になるのは癪だという理由で自分からは連絡できません。

いわゆる男のプライドが関係しており、自分から連絡すると相手に負けてしまったような気持ちになるからです。

かといって、忘れられない存在の女性なので、常に心の片隅に残っており、ことあるごとに何度も過去の女を思い出してしまいます。

女から見ると、もっと素直になればいいのに…と思えるかもしれませんが、男性は自分から負けを認めるくらいなら好きな人が手に入らなくても構わないと思うほどにプライドを大事にします。

通常の恋愛でもそうですし、忘れられない女が相手だった場合でも、それは同様。

どれだけ好きになって手に入れたいと思っても、自分から追いかけるのではなく女に追いかけてもらいたいと思う男性は多いものです。

結婚しても覚えてる…既婚男性が忘れられない女性の特徴


結婚をしてからも男性は過去に付き合っていた女性を忘れられないことがよくあります。

これに対して女性は、過去に何人の男性と付き合っていたとしても結婚をする時には、過去の男性はほとんど忘れています。

女性にとって結婚は一大イベントなので、過去の男性のことを考えている余裕がないせいもあるでしょう。

しかし、男性は結婚に対する思い入れが女性ほどは強くなく、むしろ結婚をすることで今後のプレッシャーを感じ、現実から逃げたい気持ちになっている人もいるほど。

そんな時にはつい過去の女性のことを思い出し、忘れられない思い出を振り返ってしまうのでしょう。

ここでは、男性が結婚をしても忘れられない女性について説明をしていきます。

料理が上手い


結婚をしても男性が忘れられない女性は料理が上手で、自分好みの料理をたくさん作ってくれた女性です。

手作りの料理は男性にとって特別。

理性ではない部分で惹かれてしまうので、別れてからも、あの料理がもう一度食べたい…といった気持ちになります。

また、料理は技術というよりも、雰囲気や好みが一致していることが大切なので、一流の腕がなくても男性自身がおいしいと思えるようなものを作っていたり、イベントの時に手作り料理でお祝いをしたりしたという思い出に残っているかどうかが問題です。

あなた自身はそこまで料理が得意だと思っていなかったとしても、男性があなたの料理を楽しみにしていたのだとすれば、あなたの料理のことを覚えているかもしれません。

また男性は自分のリクエストに応えて料理を作ってもらうのが好き。

例えば今日は何が食べたい?と聞いてもらえて、その時に答えた料理を作ってもらえると、心の底から満足します。

付き合っていた頃にそういったやり取りをして、あなたの手料理を彼氏に食べさせていたのであれば、今も覚えていてくれているかもしれません。

また、今付き合っている彼氏に、自分のことを忘れないでいてほしいと思った時にも料理は有効です。

一生剣舞彼の好みに合わせて料理を作ってあげれば、料理の味だけでなく献身的に料理を作ってくれるという印象を彼に与えることができます。

味覚は強く頭に残り続けるので、彼の胃袋を掴むことができれば、忘れられない女だと思ってもらえるでしょう。

居心地が良い


結婚をした男性が思うことは女性との相性はフィーリングが大切だということです。

生活を共にすると好きだという気持ちだけでは問題を簡潔できないことが増えてきて、それよりも一緒にいても疲れない、といったような感覚を重要視するようになります。

男性は女性にときめきを求めますが、それも結婚をすると少し変わります。

年齢的な要因も関与して、だんだんと男性も女性と一緒にいて落ち着けるかどうかに重点を置くようになるからです。

そうすると、過去に付き合った女性の中で、一緒にいて特別なドキドキ感はなかったけれど、妙に気が合って何時間でもリラックスして一緒にいられた相手のことを思い出します。

それまでは、特別な女性だとは思っていなかったとしても、結婚という経験をすることで男性自身の気持ちの変化が訪れるからです。

体の相性が良い


結婚をすると通常は結婚相手以外と体の関係を持つことはありません。

そのような状況に置かれて、今後1人の女性とずっと関係を続けていくのかと思った時に男性は、今までで体の関係が最も良かった女性のことを思い出します。

本能的な部分を満たしてもらえる女性は男性にとって特別な存在です。

結婚相手の女性のことがどれだけ好きだったとしても、体の相性が一番よかった女性のことは忘れることができないでしょう。

女性にとっても体の相性は大切ですが、男性は女性以上に体の相性を重視します。

それだけ男性にとっては、体の相性が重要な存在だということ。

また、体の相性とは別でその男性にとって初めての相手となった女性のことも覚えている男性が多いです。

初めての経験は非常にインパクトが強いので、一生忘れることがないのでしょう。

片思いの期間が長かった女性


既婚男性が忘れられないと思うので多いのが、片思いの期間が長かった相手です。

これは、自分のモノにできずにモヤモヤした気持ちを長く抱えていたということで、印象に残りやすいからでしょう。

付き合っている時と片思いの時の一番の違いは相手が自分のことを好きかどうか分からないということ。

付き合っている関係になるまでは、相手の気持ちが分からずに強い不安を抱えたり、もう辛いから好きになるのをやめよう…と思ったりと、辛いことのほうが多いです。

付き合い始めると一緒にいて幸せ、デートが楽しみ、など良い感情のほうが多くなりますが、片思い中は辛いことだらけ。

でも、だからこそ片思い期間のことは記憶に残りやすく、何年も片思いをしていた相手だったりするとまず忘れることはできません。

さらに、片思いが長かっただけでなく、それからお付き合いできるようになった相手だったとしたら、手に入れた時の喜びもひとしおで、簡単にお付き合いできた相手とは違った気持ちを持ちます。

苦労して手に入れた女性のほうが印象に残るので、片思い期間が長かった相手は、男性の心にいつまでも残ります。

相性が悪いと思ったら、途中から息が合うようになった


男性は相性が徐々に良くなった相手もよく覚えています。

直観で相手を好きになると、なぜか相性が良いと思い込んでしまいますが、実際に付き合ってみたら予想と違って、相性が悪かった…というがっかりな結果になることがあります。

ここまではよくあることですが、ここからさらに関係を続けて、今度は思っていた以上に相性が良いと感じられる関係に変化していくことがあるんです。

こういったケースで一番驚いているのは、当人同士です。

最初は相性が良いと信じて付き合い始めたのに、相性が悪いと知り一度はかなり深く落ち込みます。

でも「相性が悪くても好きだ!」という気持ちをお互いが持ち続け、努力をした結果、最高の相性になるほどに関係を良くできたのだから印象の残らないはずありません。

こういった経験は滅多にあるころではないので、その相手女性のことは一生忘れられなくなるでしょう。

何度か駄目になって復縁を経験している


既婚男性が思い出すのは、何度か別れを繰り返し、そのたびに復縁した女性です。

ここで重要なことは男性が本気で相手のことを好きだったこと。

好きではない相手なら何度でも別れと復縁を繰り返しても、そこまで印象に残りません。

だけど、自分が好きだったのに別れなくてはいけない…という辛い経験をし、そこから努力をして復縁、さらにもう一度付き合いを続けたという経験は単純に付き合い続けている関係よりもドラマティックです。

まるでテレビの世界の中のような付き合い方だったな…という気持ちで、男性は結婚後も元カノのことを思い出しているでしょう。

それに、別れを経験すると、彼女への気持ちが変わり、さらに復縁することでもう一度相手への気持ちが変化するので、別れと復縁を繰り返していると、普通に付き合っているよりも長く相手と一緒にいるような感覚になってしまうんです。

例えば、普通に3年付き合うよりも、3年の間に別れと復縁を経験すると5年くらい一緒にいるような気持ちになります。

これは、たくさんの出来事があることで二人の関係性がそれだけ深くなるということでしょう。

その結果、他の女性よりも濃い時間を過ごせたような印象を持つので、男性は別れてからも復縁を経験した元カノのことが忘れられません。

寂しい時のなぐさめ方があたたかい


既婚男性が思い出す女性は、寂しい時にあたたかくなぐさめてくれた女性です。

年齢と共に孤独感を強く感じるようになるので、付き合っていた若い頃は彼女のあたたかさにそこまで魅力を感じません。

しかし、年齢と重ねた時に1人でいてふと寂しくなると、あの時の元カノは自分の心を上手に温めてくれたな…と過去を振り返って、彼女とまた一緒に過ごしたいような気持になります。

若い時とは好きになる女性のタイプが異なってくることが多いので、過去には気付けなかった元カノの魅力を再発見して「忘れられない…」という気持ちになる男性もいるということです。

若い時は活発で元気のある女性のほうが一緒にいて楽しいと思っていたとしても、年齢を重ねると優しく癒してほしい…と思う男性が増えます。

こういったケースでは、過去には元カノが優しく癒してくれるタイプだったのに、何でその良さに気付けなかったんだ…と少し後悔する気持ちもあるのでしょう。

笑顔のバリエーションが多い


結婚をしてからも男性が覚えている女性は笑顔がとても魅力的な女性が多いでしょう。

結婚をすると普段の生活に追われて、笑っている余裕がないことが増えます。

そんな時に男性は、いつもにこにこ笑顔だった元カノが懐かしくなります。

それだけでなく、表情豊かで笑顔のバリエーションの多い女性は見ていて飽きない魅力があるんです。

にこにこしながらもコロコロと表情が変わる女性と付き合っていた頃、どの笑顔を見ても心があたたかくなった思い出を持っているのでしょう。

女性の笑顔に強く惹かれる男性が多いものですが、その中でも表情が豊かで様々なタイプの笑顔を使い分ける女性は心に残ります。

ニコット笑うのも可愛らしいし、思いっきり大笑いをする明るい彼女も好き…と笑顔のバリエーションが多いほど、好きの種類も増えていくからです。

男性が心に残るようなたくさんの笑顔を持つ女性も、結婚をしても忘れられない女性のひとりです。

忘れられない女と復縁したい!その時男が取る行動

正々堂々と復縁を申し込む


忘れられない女性がいる時に男性がとる方法としては、正々堂々と復縁を申し込むことが一番多いかもしれません。

男性は過去に強くこだわるので、どうしても忘れられない!と思ったらアプローチせずにはいられないからです。

相手女性がすでに結婚をしているなどアプローチできない理由がある場合には、男性も正々堂々とは申し込めないでしょうが、それでも何らかの方法で彼女に近づいていくパターンが多いでしょう。

男性にとって忘れられない女性の数は少なく、中には1人もそのような女性がいないという男性もいます。

そのため、男性にとってはたった1人の忘れられない女性がいるということになるケースが多くなり、そうなると他の女性と付き合っていても忘れられない女性のことが頭から離れないということになってしまいます。

そのような状況のままでお付き合いを続ける男性もいますが、恋愛に対して真剣な気持ちを持つ男性であれば、相手に本気になれない状況に嫌気がさしてしまうことが多いと考えられます。

その結果、今付き合っている女性と別れて、忘れられない女性に正々堂々と復縁したい!と告白をすることになるのでしょう。

偶然を装って出会ったような素振りをする


彼女に新しい彼氏がいる、すでに結婚してしまったなど正々堂々と忘れられない女性にアプローチできない男性がとる方法が、偶然を装って忘れられない女性と出会ったふりをすることです。

彼女の行動範囲を調べるなどして、できるだけ忘れられない女性との接点を多くするような努力をします。

すぐには顔を合わすことができなくても、何度かチャレンジを繰り返していれば、そのうちには偶然彼女と顔を合わす機会に恵まれるでしょう。

その時に彼女にいい感じで話しかけることができれば、そこから連絡を取り合うような関係になれます。

もちろん彼氏や夫がいることが分かっているので、最初は友達という関係からスタートをすることになりますが、そこから2人の関係が深くなっていく可能性もあります。

彼氏や夫から奪い取ろうという強い意志をもって、忘れられない女性にアプローチをする男性もいますし、そこまでは意識していないけれど、できればそうなってほしいという願望をもって忘れられない女性に近づく男性もいるでしょう。

どちらのパターンだったとしても、忘れられない女性のことを諦めたくないという男性の心は同じです。

SNSでアプローチする


忘れられない女性との連絡が取れない状況になっている時に男性がすることは、SNSを使って忘れられない女性に近づく方法です。

今までにSNSをしていることを知っていれば、自分も始めてみた、などの理由を付ければSNS上でのやり取りをすることが可能になります。

もし、過去にブロックされていたりするのであれば、新しいアカウントを取得するなどして彼女に近づく方法もあるでしょう。

彼女がSNSをしているかどうかを知らない場合には、忘れられない女性の周囲の友達に聞いて、彼女のアカウントを探して接近する男性もいます。

SNSでならば気軽な付き合いから開始することができるので、相手の女性も1対1で連絡を取るよりも気が楽だと思って関係を持ってくれることが多いからです。

そして、時間をかけて徐々に彼女と再び仲良くなれれば、復縁を成功させたいと男性は思っているのでしょう。

友達として関係を続ける


忘れられない女と復縁したいと思った男性は、恋愛関係ではなくてもつながりを持ちたいと思い友達関係を続けます。

もし、過去に友達ではなかったとしても、別れてからも頻繁に顔を合わしたり会話をしたりして忘れられない女との接点を持ちたがるでしょう。

中には、わざわざ「友達として関係を続けてほしい」とハッキリと女性に伝える男性もいます。

今すぐに恋愛関係に戻れなかったとしてもいいので、どこかで彼女とつながりを持ち続けたい!男性がそう思うのは、忘れられない女性と一緒にいると他の女性では満たされないと思っていたものが満たされると感じるからかもしれません。

どうして忘れられないのかというと、それは他の女性に感じる不満がないからなんです。

彼女のことは好きだけど、もう少し優しければ完璧なんだけど…といった小さな不満を抱えている男性が多いです。

だけど、忘れられないと感じる女は、そういった小さな不満を男性に感じさせません。

これは、それだけ相性が良い相手であるとも言えますが、欠点が気にならなくなるほど本気で好きだという意味でもあるでしょう。

それだけ好きな気持ちが強いので、友達関係でもいいから忘れられない女性と一緒にいたいと思うのです。

連絡をしてもそっけない態度をとる


忘れられない女と接する時には男性は複雑な気持ちを抱きます。

中には好きな気持ちが強すぎて、どう対応したらいいのか分からなくなってしまう男性もいるほど。

だから、忘れられない女から連絡があった時に、緊張のあまりそっけない態度をとってしまうことがあります。

男性自身ももっと彼女に気に入られるような態度をとりたいと思っているのですが上手くいかないという状況です。

そういった態度をとってしまったことで自己嫌悪に陥り、余計に態度が悪くなってしまうという悪循環になることもあります。

こういった時には、男性はもうこれ以上下手なことをしてしまわないうちに、忘れられない女との会話を終わらせてしまおうと考えて、話の途中なのに急に彼のほうから話を終わらせてしまうこともあります。

こういった態度をされた女性は彼に悪い感情を抱きますが、それが分かっていても彼はこれ以上失態を見せられないと思うのです。

忘れられない女にもう一度好きになってほしいという思いがあるからこそ、こういった結果になってしまうのでしょう。

愚痴を言うと本気で慰めてくれる


忘れられない女にもう一度好きになってほしいと思っている男性は、彼女からのヘルプ要請を待っています。

彼女が困っている時なら、怪しまれずに彼女の手助けをすることができ、それがきっかけでもう一度彼女の心を取り戻せると思っているからです。

だから、普段は彼女の話を聞いているだけしかできない男性は、彼女が愚痴を言ったり、困っていることを話したりすると、急に本気になって慰めてくれます。

そして、手助けすることはないかを聞いてきたり、もっと話を聞くよと言ったりして親身になって優しくしてくれます。

これは、普段隠している欲求が現れている行動で、今がチャンスと思って積極的になっているのです。

ここで忘れられない女性が彼のことを頼るような行動をすると、彼はもっと本気を出して彼女を助けようとしてくれるでしょう。

付き合っていた頃の話を何度もしてくる


もう一度忘れられない女とやり直したいと思っている男性は、付き合っていた頃の話を何度も繰り返します。

これは男性自身が意識せずに行っていることが多く、彼女との思い出が楽しすぎたために忘れられないのです。

思い出話をして彼女にもやり直したいと思ってもらいたいと思っているのではなく、本気で楽しかった思い出だから何度も口にするのです。

この時には、男性は忘れられない女性との思い出を空想して幸せな気持ちになっています。

もう一度彼女と付き合いたいと思っていると、自然と過去の良い思い出を思い出してしまうのでしょう。

もちろん思い出話をして彼女もその気になってくれたら嬉しいとは思っているでしょうが、それよりも自分自身が楽しくて思い出を振り返っているという感じです。

また、思い出話をしている時に彼女が一緒に盛り上がってくれたら、チャンスだと思った男性は一気に復縁話を進めることがあります。

良い思い出の話をしている時の男性の気持ちは復縁したくてたまらない気持ちがピークなので、今すぐにでも彼女と復縁したいと思って行動にでるでしょう。

付き合ってないのに忘れられない…そんな女の特徴

誰とも付き合いたくないと思っている


男性が告白をした時に「誰とも付き合う気はない」という理由で断られた女性は、その後も印象に残りやすいです。

周囲は彼氏が欲しいと言っている女性ばかりなのに、誰とも付き合わないというポリシーを持っていることで、他の女性とは何か違うという特別感があるからでしょう。

また、告白を断られる時に「誰とも付き合わない」という理由を出されたら男性は何も言えなくなってしまいます。

他に好きな男性がいる、あなたのことが好きではないなどの理由は予測していたでしょうが、まさか誰とも付き合わないと言われるとは思ってもみなかったはず。

予想外の答えをされることで驚きもあって、より印象的になるのです。

また、誰とも付き合わないということは、誰のモノにもならない女性だということ。

その自立した姿にも男性は魅力を感じます。

誰のモノにもならないような女を手に入れてみたいという本能が刺激されるからでしょう。

支配欲が強い男性は、誰にも落とせない女性を自分のモノにしたいという気持ちが強いので、こういったタイプの女性がいると忘れられなくなります。

自由な価値観を持っている


今までに見たこともないような自由な価値観を持っている女性も、男性から見ると忘れられない存在になることが多いです。

これは、男性自身が色々なものに縛られていることが多いことが原因でしょう。

育てられる時に、男なんだからもっとしっかりしないと、男は○○ができて一人前!のようなことを言われ続けていると、その通りにしなくてはいけないような義務感を感じます。

そして、大人になる頃には、それが当たり前の価値観になってしまっているので、○○すべき!という自己暗示にかかってしまっています。

それに気づかせてくれるのが、新しい価値観を持っている女性。

今まで自分が考えたこともないような価値観でのびのびと生きている女性の姿を見て、男性は自分自身の考えをもう一度見つめ直すことになります。

ただ女性を好きになるだけでなく、自分にきっかけを与えてくれた存在として、彼女のことが忘れられないと感じるようになります。

男性に嫌われることを怖がらない


女性は基本的に男に嫌われるのを恐れていることを知っているので、男に嫌われても平気!と強気の態度の女性を見ると、他の女とは違う!と印象に残ります。

こういった女性の特徴は決して自己主張が強いというわけではないということ。

ただの自己主張の強い女性は、忘れられない女にはなりません。

男性が忘れられないと感じる女は、自分に正直に生きているだけなので、相手に何かを強要することはありません。

ただ、自分の意見を変えてまで男性に好かれなくてもいいという断固とした考えがあるのです。

だから、普段話しをしている時には、特別なところはないのに、何かの話になると絶対に自分の意見を曲げないという頑固さを見せます。

でも、人に自分と同じ考えを押し付けるのではなく、自分の意見はこうだと伝えるだけなので、周囲に人に迷惑をかけることはありません。

他の女性はこんなことしないのに…と思った男性は、その女性のことをもっと知りたいと思っていくでしょう。

特に、自分も彼女と同じ考えを持っていた時には、自分の気持ちを代弁してもらったような気持ちになり、彼女への興味が増していくはずです。

男性に好かれるかどうかで考えを決めるのではなく、自分の軸で物事を決める女性は、男性にとって忘れられない女性になるでしょう。

男顔負けの仕事をする


男性は仕事では女に前たくないという気持ちを持っているので、男顔負けの仕事をこなしてしまう女性を見ると、悔しいという気持ちと共に、どんな女性なんだろうという好奇心を持ちます。

通常は仕事で競ってくる女性には好感をもちませんが、仕事が本当にできる女性は男性に敵対心がないので、男女関係なく平等に接します。

そういったところに好感をもった男性は、性別を超えて彼女に興味を持つようになります。

どうしたら仕事そんなに仕事ができるのかということを知りたいと思うだけでなく、彼女の人間としての素晴らしさが心に残るのでしょう。

仕事ができるだけでなく、会社内で他の人とも上手くやれている女性を見ると、男性はずっと忘れられなくなってしまいます。

男が忘れられなくなる女と体験した体験談・エピソード

いつも僕のことを振り回す彼女


彼女と初めて出会ったのは合コンでした。

最初は普通にかわいい女の子だな…と思って付き合い始めましたが、一緒にいると思ってた以上に自分の考えがハッキリしているということが分かりました。

気の強い女は好みじゃなかったんで、別れようかな~とも思ったのですが、何となく彼女の魅力に惹かれて別れ話をすることができなかったんです。

でも、僕のほうから好きになることはないだろうと思っていたのに、気づいたら自分が彼女に合わせてばかりで…いつも振り回されている感じでした。

どうしてかと思って、考えてみたら気が強いように見せかけて甘え上手だったんですよね。

だから、デートの日にちを決める時も本当はこっちに合わせてほしいと思っていても、上手に甘えてお願いされるから、ついつい彼女の都合に合わす形になって…。

最初はそれに不満を抱いていたんですが、付き合いが長くなるにつれて彼女が甘えてお願いしてくるのが楽しみになってきてしまったんです。

お願いをする時だけ甘えるなんてずるいと思うのですが、女性にお願いごとをされるのって男にとっては心地いいものなんですよね。

だから、振り回されながらも彼女と一緒にいるのはすごく楽しくて。

あんなに上手にお願い事をしてくる女性は他にはいないので、今でもその女の子のことを忘れることができません。

(29歳/男性/郵便局勤務)

料理上手で気の利く元カノ


結婚前に付き合っていた元カノは、とにかく料理が上手で家庭的。

その時には、そこに価値を感じなかったんだけど、今はあんな女の子と結婚すれば良かった…なんて思います。

料理は毎日食べるものだから、やっぱり重要な要素ですね。

それに、ただ料理上手というだけでなく、味覚の相性も良かったんです。

味付けの好みや好きな種類の料理が違うと、いくら料理上手でも嬉しくないじゃないですか。

やっぱり自分が食べたいと思えるものを作ってくれる女性に魅力を感じますね。

その時の彼女は季節ごとに違った料理を作ってくれて、寒い時はあたたかいもの、暑い季節にはさっぱりしたものなど、本当にその時に食べたいものがすっと出てくるんですよ。

あれほど良い思いをさせてもらったのは、その元カノと付き合っていた時だけです。

料理が上手な女性は他にもいましたけど、彼氏が食べたいと思っているものをいつも提供してくれたのは彼女だけ。

いつも彼女と一緒に食卓を囲むのが至福の時だったから、今でも食事時になるとよく彼女のことを思い出します。

このまま一生彼女のことを忘れられないと思いますね。

(37歳/男性/銀行勤務)

時には厳しいアドバイスをしてくれた元カノ


過去に付き合ったことのある元カノの話ですが、彼女はとにかく話していて楽しい女性でした。

聞き上手でもあり話し上手でもあるという感じで、どんな話をしても興味を持ってくれるところが嬉しかったですね。

女性と話をしていると、どうしても話のペースが違ったり、興味のあることが一致しなかったリで話が盛り上がらないことが多いんですが、忘れられない元カノだけは違いました。

普通に話をしているだけで、ずっと話が尽きないような感じで、話題探しに困るっている悩みを持ったことがないんですよね。

それに、悩みを相談すると、すごく一生懸命に解決策を考えてくれて…時には厳しい一言なんかもあったりしましたが、それが逆にありがたかったというか…。

普段から一緒にいるから自分のことをよく理解してくれていて「〇〇くんには、それは無理だと思うよ」ときっぱり言ってくれるんです。

そうすると、僕も自分が思っていたことに自信が持てて…いつも彼女の言葉に背中を押してもらっていたという感じです。

自分の悩みを相談した時に、まるで自分事のように考えてくれる女性には出会ったことがなかったので今でもよく思い出します。

それに、仕事で行き詰まるといつも彼女のことを思い出し、こんな時にあの子だったらどうしろって言うかな…と考えるんです。

だから、もう一度元カノと付き合いたいと思うことがよくあって。

なんであんなにも自分に合っている女性と別れてしまったのか…と後悔しています。

(31歳/男性/公務員)

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「男が忘れられない女性の特徴はシンプルです」

占い師 ミミコ
男性が忘れられなくないと思う女性は、一見特徴がないような平凡に見える女性が多いです。

タレントのように容姿が可愛かったり、特殊な能力があったりする女性ではなく、男性は一見普通に見える女性の中にドキッとする部分を見つけると、それが強い印象となって忘れられなくなるからです。

だから、あなたも自分では意識していない部分で男性を魅了し忘れられない女性になっているのかもしれません。

男が忘れられなくなる女性の特徴は実はとってもシンプル。

自分自身に中に芯を持ち、自分らしく生きている女性です。

そのうえで、男性自身の気持ちを盛り上げるような+αの魅力を兼ね備えることができれば、大好きだと思っている男性が「一生忘れられない…」と思えるような女性に変身できるでしょう。

もし、男性から忘れられない…と思ってもらいたいのであれば、男性に合わせるだけでなく、自分の考えをしっかりと持てる女性になってくださいね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事