※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

元彼へのイライラや鬱憤を抱えている女性が多いのは、恋をしている時の心理が特別な証拠。

世の中にはクズ男がたくさんいるので、最低な行為を見ただけではここまで苦しい思いはしないはず。

対象が元カレになると「サイテー」だけでは済まされない感情が芽生えるのは、自分自身が一度は好きになった相手だからです。

「あんな男を好きになった自分に何か一言言ってやりたい!」と思うと、後悔と腹立たしさが混同したイライラが火山のように噴き出てきますよね。

今回は、元彼にイライラする・ウザい…と感じている方のために、元彼を忘れたいのに思い出してムカつく時の処方箋をお教えします。

実は、自分自身への腹立たしさが原因で、元彼にネガティブな感情を抱いていることが多いんです。

今回紹介する内容は、憎いと感じる元になりやすい出来事、イライラに囚われやすい女性のタイプ、元彼を忘れたいのに忘れられないメカニズム、ムカつきを乗り越える方法、気持ちを切り替えられる思い出です。

イライラしても良いことはないと分かっていても、そう簡単に憎しみを捨て去れないのが人間です。

それに、いつまでも憎しみが残っていると、どう対処して良いか分からずに困ると思います。

過去の恋人にネガティブな感情を抱くのは自然なことかもしれませんが、負の感情を持つと消耗しますよね。

今の状況に疲れ切っているのなら、憎しみを手放す方法を試してみましょう。

心の中のドロドロを吐き出せれば、毎日がもっと爽やかになりますよ。

本日のメニューはこちら

元彼にイライラする、うざい、憎い!と感じる元になりやすい出来事

金銭的なトラブルがあった・続いている


感情的なトラブル以上の嫌悪感を抱きやすいのが、金銭的な問題が原因となって元彼にイライラしてるパターンです。

交際中にお金を貸したのに、返してもらえずに別れた、お金を返して!と言えなかった、別れてからも平気な顔でお金を貸して!と言ってくる、など様々。

状況の違いがあったとしても、金銭的なトラブルを抱えていると、貸したお金のことを思い出すたびにため息が出てしまうでしょう。

これは、金銭という目に見えるもので、自分が受けた被害が可視化されるからです。

「ブス」と言われたという理由と、10万円貸して返ってきていないという理由を比べると、お金が絡んでいるほうが損をした量がはっきりと分かります。

「ブス」と言われた時の傷つき方は人それぞれですが、「10万円」の持つ価値は、よほどのお金持ちでない限り共通しています。

だから、10万円貸したという事実があると、10万円「も」損をした!と受けた被害の大きさを実感し悲しみが増すのです。

また、金銭的な原因が深刻化しやすいのは「お金を返さないのは人間として最低」という先入観があることも関係しています。

元々金銭感覚がルーズな人は、お金を返してもらえなくてもイライラしませんし、貸した事実を忘れることがあるほどです。

そのため、お金を貸した恨みが忘れられないのは、真っ当な金銭感覚があるとも言えます。

「人にお金を貸してもらったら10円でもすぐに返さないと!」と思ってしまう厳しい金銭感覚を持つ人は、彼氏に貸した金額が低くても「お金を返さないなんて…」と、いつまでもネチネチした感情を抱えると思います。

返事を返さず暇な時だけ連絡してくる


あなたが連絡をした時には無視するくせに、暇な時には「飲みに行こうよ!」などと言ってくる行為もイライラの原因になります。

そもそも、別れてからも頻繁に誘ってくる元彼は不信感を抱かれやすいです。

これは、「自分から別れようって言ってきたくせに、別れてからも食事や飲みに誘ってくる…。私って都合のいい女?」と女性は感じるからです。

女性的には正式なお付き合いをするのがベストな関係だと思っているので、付き合ってもいないのに用事のある時だけ呼び出されることに抵抗感を抱くのでしょう。

ましてや、こちらから出した連絡に返事をしないくせに、暇な時だけ誘ってきたら、都合よく扱われた女性がブチ切れてしまうのも分かります。

でも、こういった行為をする男性は珍しくありません。

彼らは相手が不快感を抱いている、迷惑だと思っている、失礼な行為をしているという意識はなく「連絡しただけなのになんでぷりぷり怒ってるの?元カノって短気なのが欠点だよね」くらいの感覚で、相手が悪いと思っています。

だからこそ、「人をバカにした態度をしてムカつく!」とあなたのイライラがおさまらないのです。

少しでも謝罪の言葉が見られたり、悪いと思っている様子が見受けられれば、「この人にも良いところがあるから…」と納得させられますが、全く悪びれる様子なく連絡してくるので「仕返ししたい!」と思うほどに強い怒りを感じるのでしょう。

体だけの関係を求めてくる


体だけの関係を求めてくる男性は、「女の子と付き合う=エッチすること」くらいの感覚なのが特徴。

「好き」「恋人を大事にしたい」という感情は欠如しているか極端に少ないです。

彼らの中にはエッチ以外の目的がないため、交際中もベッドの外では関心を示してくれない…などの葛藤を抱えていたケースが多いでしょう。

男性のほとんどが、女の子と一緒にいる最終目的として「性行為」をイメージしていますが、「女が男と一緒にいる理由はエッチだけではない」という女心を理解しようとするかしないかの差です。

別れた元カノに体だけの関係を求めてくる男性は、元カノを「モノ」としか見ていません。

だから、悪気なく「セフレになろうよ!」と言えるのです。

体だけの関係を求められて相手がどんな気持ちになるかは頭にないのでしょう。

もしくは、「この子に悪いな…」と多少は思っても、「でも、元カノなら許してくれるよね」という甘えがある。

または、「でも、嫌われても構わない相手だからダメ元でお願いしてみよう」と思っているかのどちらかです。

こんな感じで、自分を見てもくれない男に体だけの提供を求められると、女性としての価値が低下した気がして傷ついてしまうでしょう。

新しい彼女を自慢する・比較する


元カノに勝ちたい!と思っているプライドの高い男性は、新しい彼女の自慢をしてきたり、「オマエと違ってあの子は~~」と、今カノと前カノを比較します。

聞いてもいないのに事細かに今カノを自慢してくる、わざと見える場所でイチャつく…といった場面に遭遇すると、怒りが爆発しそうになるでしょう。

新しい彼女がスタイル抜群の美女(明らかに自分よりもランクが高い)だと悔しさでいっぱいになりますが、最もたちが悪いのは、自分以下のランクの女とイチャイチャしてるところを見た時。

「あんな女に負けたのか…」と思うと、世の中全部を恨みたい気持ちになってきます。

「私よりもランクが低い女なのに彼に愛されて幸せそうな顔をしている…ということは私はあの子よりもレベルが低いってこと!?どういうこと?間違ってるよね!」と怒りの矛先をどこに向けて良いか分からないからです。

また比較されるという行為は、根深い恨みにつながりやすいものです。

幼少期に兄弟姉妹と比較された嫌な思い出を覚えている人が多いのではないでしょうか。

兄弟姉妹よりも関わりの深い恋人に比較されるという扱いを受けると、元彼だけでなく新しい彼女への憎しみも芽生え、負の感情が何倍にもなっていきます。

悪い噂・嘘の情報を流される


別れた後に「アイツはベッドの上では俺の言いなりだった」「寝ている時のいびきが酷い」など、他人に知られたくないことを言いふらされた場合も、元彼に最悪の感情を持つでしょう。

恋人にしか見せない顔があるのが普通ですが、それは2人だけの秘密にしておくのが恋愛のマナーです。

でも、過去の恋人を陥れたいと思う人は、別れた後にわざと一番知って欲しくない情報を世間に公表します。

こういったケースの特徴は、あなたと彼の両方が相手に憎しみを持っていること。

「私は何もしていないのに彼が悪意のある噂や嘘の情報を流している」といったケースでも、自覚なく彼を傷つけたことがきっかけで、彼はあなたを陥れようと思うようになった可能性があります。

お互いに慈しみ合いたいと思っているのなら、彼は悪意ある行動をとらないでしょう。

卵が先か鶏が先か…の議論のように、どちらが先に相手を傷つけたかを確定するのは難しいです。

分かっているのは、あなたと彼の両方に相手への強い憎しみがあるという事実。

そして、状況が悪化すると、嘘の情報を流されてありもしないことで周囲からの評価を下げる結果になります。

でも、そこであなたがやり返すと、逆上した彼はもっとひどい手を使ってくるでしょうから、対戦するのはおすすめできません。

我慢していた・犠牲になっていたことを思い出した時


自分の感情を押し殺してお付き合いを続けていたケースだと、交際中のストレスを思い出しただけでイライラすることがあります。

「彼はそんな私の苦しみに全く気付いていない…」「あっちは別れた後すぐに吹っ切れて楽しそうな毎日を過ごしているのに、私は毎日彼を思い出してイライラしっぱなし…」と、片方だけが憤りを募らせているのが特徴。

女性が気を使って我慢したり、言いたいことも言えずに過ごしているのに気付いていない男性はたくさんいます。

全く不満を口にしない女性もいれば、折に触れて「そんなこと言わないで」と訴える女性まで様々ですが、どちらにしても相手男性に意志が通じていないのが共通している点。

このタイプの女性は「友達カップルもこれくらいは我慢してるし…」と自分を納得させてお付き合いを続けますが、別れた後に「我慢してたのバカみたい…」と急に無力感に襲われます。

これは、自分が犠牲になってまで相手に合わせていたことが無駄だったと思えるから。

この場合には、上手く意志を伝えられなかった自分自身へのイラつきもあるのでしょう。

元彼へのイライラに囚われやすい女性のタイプ

次の恋愛が上手くいっていない


元彼にどれだけ失礼な行いをされても、次の恋が上手くいっていて「何も見えないくらい幸せの真っただ中!」という状態だと、そこまで気になりません。

よほど実害があることなら問題になるでしょうが、お金を返してもらっていなくても、今が幸せだと「ま、いっか!」と流せてしまうもの。

だけど、次の恋が上手くいっておらず幸せを感じられる瞬間がないと、どうしても過去に固執してしまいます。

中には新しい彼氏ができている人もいますが、彼氏がいることと幸せはイコールではありません。

恋人がいてもいまひとつ好きになれない、前の人よりも条件的に劣っている、無関心な人で愛情が感じられない…など不満のあるカップルはたくさんいます。

そういった場合には、過去の恋人に悪い感情を抱きがちです。

ましてや、彼に振られた後に誰もお相手がいない、別の人に告白したら断られた…などの場合には、今の恋愛が上手くいっていないことを元カレのせいにしたくなるものです。

きっぱり断れずに曖昧な関係を続けている


元彼に対して何らかの感情を持っている女性は、関係が途切れずにつながったままなのが特徴。

関わりがあるといっても、良い関係ではなく、不都合を感じる形での付き合いで、「断りたいけど断れない…」という葛藤を抱えている人が多いです。

あなたの反応が絶望的なほどではないので、「元カノも嫌がってないんだろう…」と思えれば、暇な時には連絡をしたくなるでしょうし、「あの子に声をかけてみるか」と彼が思うのも自然なこと。

心の中では殴り倒したいほどの憎悪があるのに、彼に誘われると断れない…そんな女性は、行動とは裏腹に元カレへのイライラがどんどん増していきます。

元カレが大好きで全力で愛していた


お付き合いをしていた時に、恋人が大好きで全力で愛し、全てを捧げていた…という女性も、別離後に不満を感じやすいです。

なぜなら、愛し合っている時と、別れた後の関係のギャップの大きさに違和感を持つからです。

交際中は何も見えなくなっていて、彼に夢中だったのでしょうが、冷めてしまうと当時の自分の行動が無益に思えてくるのでしょう。

自分の全てを捧げた存在に拒否されると、愛情の大きさと同じ量の憎しみが芽生えます。

私はこんなにも愛しているのに!と思うと、相反する感情が芽生えるのも無理もないことです。

特にドロドロした思いを抱くのが、「オマエの顔はタイプじゃない」「鬱陶しい女は嫌い」など、優しさの欠片もない言い方で拒否された場合。

惨めさと切なさで胸が押しつぶされて、自分自身の悲しみを癒すために彼への憎しみが芽生えます。

本当は彼に愛してもらって傷ついた心を癒したいけれど、愛されるのは無理だと分かると、彼を恨むことでしか傷の痛みを和らげる方法がないのでしょう。

本音を言えずに遠慮してしまう


元彼に本音を言えずに遠慮してしまう女性もイライラをため込みやすいです。

言いたいことが言えないのだから鬱憤が貯まるのは当然です。

どうしてストレートに表現できないかというと、「全ての人に嫌われたくない」と思う八方美人な性格か、彼への好意から「好きな人に嫌われたくない」という心理が働くかのどちらか。

八方美人タイプで元彼以外の人にも本音が言えずに悩むことが多い場合には、今後も人間関係で悩み続けないよう元カレに意志を伝えることを目標にしましょう。

すでに別れてしまったとはいえ、恋人同士という過去があるならあなたと彼はかなり親しい関係です。

友達よりも親密だったと考えられるので、本音を言いやすい相手でもあるんです。

最も近い関係なのが血のつながった家族、その次が恋人なので、友達には全てを打ち明けられなくても恋人だった人になら言えるかもしれません。

ひとつだけでも意思表示ができれば、恐らくイライラが随分軽くなるはず。

元彼をまだ好きで「嫌われたくない」と思えて何も言えなくなる場合には、まずは自分自身の気持ちに気付くことが大切。

「私ってあの人をまだ好きなんだ…じゃあモヤモヤするのも当然だよね…」と納得できてしまえば気が楽ですよ。

誰にも相談できずに1人で悩みを抱え込んでいる


元彼に対する負の感情が芽生えているのに、それを誰にも言えずに1人で抱え込んでいる女性もストレスを感じやすいです。

中には、誰かにこの話を聞いてほしい!と思っている本心に気付けていないこともあって、無意識に「なんで私は元カレにこんなにイラついてるの!?」と辛い状況にはまり込んでいることがあります。

元彼がたいして問題になるような行為をしてこないのに、ムカつく!と言う場合には、あなた自身が気持ちを吐き出せていないせいかもしれません。

些細なことでも過去の恋人がしたことは気に障るものです。

それを誰かにサラリと話して「本当に最低な男だよね~」と笑って終わらせられれば、そこまでドロドロな感情を抱くことはありません。

でも、誰にも言えずに悶々としていると、問題行為ではなくても大ごとに感じてしまうのでしょう。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

実は自分への腹立たしさ!元彼を忘れたいのに忘れられない心のメカニズム

無関心になりきれない


人は関わりのあった人を見ると脳が反応する仕組みになっています。

全く知らない人だったら、命を失いそうになっていても「かわいそう…」くらいの感覚でしょうが、隣に住んでいる人だと、元気だった頃の顔を思い出して涙が出てきますよね。

さらに、最も近い関係の家族が命を失いそうになっている場合には、何も手につかないような状態にまで追い込まれてしまうでしょう。

これは、相手への愛情の有無だけでなく、単純に知っているか知らないかの違いです。

深く知り合っていれば、相手が心底憎くなっても放置できずに気になってしまうのが普通。

元彼は恋人同士にまでなった間柄なので、今現在好きでも嫌いでも、無視できない存在だと言えます。

特に家族や親戚に強いつながりを感じる価値観の人は、過去の恋人への思いを断ち切りにくいです。

「ご縁があった人は大切にすべき!」と言う価値観が根付いているので、憎らしいほどに嫌いになった男性でも無関心にはなり切れません。

それに対して、「家族だからって特別視しない…」という価値観の人は、付き合いのあった元カレをあっさりと忘れることができ、「私とは関係ない人だから」という理由で何をされてもイライラしにくいです。

自分よりも幸せそうで悔しい


「この人を幸せにできるのは私だけ!」という自負が芽生えるのも恋人関係の特徴。

過去に自分が尽くしてあげて幸せそうな顔を見せていた男性が、自分以外の要因で幸せになっていると悔しさを覚えるのも普通のことです。

誰しもが、「別れた元恋人に負けたくない!」「見返すために相手よりも幸せになりたい!」「相手に私は幸せだって見せつけてやりたい!」と思います。

ただ、自分よりも幸せそうで悔しいという理由のポイントは「自分よりも」という点です。

つまり、自分が幸せ度「1」だったら、彼が幸せ度「3」でも憎らしくて仕方なく思います。

でも、自分の幸せ度が「8」あれば、幸せ度「3」の元カレを見てもなんとも思わないのです。

この類の感情は絶対的ではなく相対的なものなので、彼の幸せ度は同じでも、憎しみを感じたり感じなかったリするということ。

問題の本質は、自分の幸せ度が彼よりも低いことです。

自分の幸せ度が「10」でマックスの場合には、よほどのことがない限り、彼にイライラすることはなく、すぐに忘れてしまえるでしょう。

逆に幸せ度が最低レベルの「1」だと、彼に新しい恋人がいなくても、「楽しそうに友達と話してるの見るだけでムカつく!」という状態になり、いつまでも彼が忘れられません。

最低だと思いつつ愛情が残っている


好きの正反対は無関心と言われるように、好意がひとかけらも残っていないのであれば、最低な行為をされても「鬱陶しいな」とぼやきたくなるくらいで、無視できるはずなんです。

あなたが元カレの一挙手一投足に心を乱されているのなら、どこかに愛情が残っているのでしょう。

嫌い、憎い、ウザいという感情と、恋心が共存するのは珍しくありません。

交際中の時点でも、同時に相反する感情を持っている人もいるほどなので、別れた後に複雑な心境になるのは人として普通のことだと思っておいてください。

「私はアイツが大っ嫌い!恋心なんてこれっぽっちも残っていない!」と本音を隠してしまうと、余計にイライラが増します。

嫌いな心と愛情が同時にあることを認めれば、それだけで怒りの熱がシューッと冷めていく実感を得られるはず。

怒りの元になっているのは、彼の行為そのものではなく、あなたが本心を隠していることでのストレスかもしれません。

少しは彼に未練があるかも?と思った人は、素直に自分の感情を受け入れてあげましょう。

忘れられない人は、彼に多少の愛情が残っている可能性が高いです。

自分の間違いを認めたくない


仮に最低の男だったとしても、彼とお付き合いすると決めたのは自分。

その決断が間違っていたと思うと、悲しくなりますよね。

過去にしたことが間違っていたと認めたくないと思うのは正常な心理でしょう。

特に借金癖がある、浮気ばかりする男、セフレがいた、など世間一般的に評価が低い人が相手だと、過ちを認めると何かに負けた気がして悔しくなります。

付き合い始めの頃から「あんな男と付き合うのやめなよ~」と言われ続け、「私はこの人が好きだから後悔しない!」と言い張っていた場合には余計に認めたくないはず。

「あの時にみんなの言う通りにしておけば良かったのかな…」と一瞬は思いますが、「いやいや!私の決断は間違ってなかったはず!」と失敗にはしたくない気持ちが勝ります。

その結果、過去の恋愛に決着がつかず、いつまでも「あの人と付き合ったのってどうだったんだろう?」とモヤモヤ考え続けてしまい、忘れることができません。

そうすると何度も何度も思い出すので、イライラする機会も自然と増えてしまいます。

寂しいから何かで気を紛らわしたい


彼と別れてから夢中になれるものがないと、繰り返しだけの毎日につまらくなり寂しさを感じ始めます。

新しい恋が順調で意識の全てを新しい彼氏にもっていければ、過去の恋人なんてすぐに忘れられます。

だけど、新しく好きになれる人が見つからない、別の人に告白してもフラれた…こんな状況だと、恋に夢中になれません。

仕事や趣味などで気を紛らわせれば多少は良いのでしょうが、恋愛以外にはそこまで夢中になれない…という女性が多いものです。

その場合には「恋人がいない生活って寂しい…」となり、元彼のことくらいしか考えることが出てきません。

何かで気を紛らわしたい…と思った女性は、元彼を必要以上に思い出して、「あの人は別れ際に酷いことを言った」「付き合っている時も大事にしてくれなかった…」と次々と不満が噴出するのが特徴。

彼に何かされたからというよりは、失敗ばかりの自分の人生に嫌気がさして元彼に八つ当たりしてしまうのです。

何かに怒っている時だけは退屈さから抜け出せるので、夢中になれる何かが見つかるまでは、暇つぶしの手段として元彼との思い出を利用します。

時々なら次第に記憶が薄れていくでしょうが、頻繁に思い出してばかりいると、いつまでも忘れられずに未練を抱くこととなります。

元彼にイライラするムカつきを乗り越えるための方法

元カレの情報が目に入らないよう徹底する


元彼への憎しみが消えない人は、思い出さないように一切の情報をシャットアウトしたほうが良いです。

そんなの当たり前…と思う人が多いかもしれませんが、いつまでも忘れられずにモヤモヤしてる人は無意識のうちに彼の情報を追っているので注意してください。

「あんなサイテーな奴!」とムカつくのは多少の愛情が残っているからで、イライラするということはあなたは意識せずに彼を追い続けているのです。

だから、「彼を忘れようとしている」と言いつつもSNSをついつい見てしまう…なんて人が多いんです。

本気で忘れようと思ったら、連絡先を削除して、SNSは全てブロック、彼の友達とも距離をとる、くらいのことをしましょう。

また、「彼を見ないようにしよう」と思うと、余計に意識が元カレに向いてしまうので、存在そのものを考えないようにするのがコツ。

頭の中に元カレの顔が浮かんで来たら「思い出さないようにしよう」と思うのではなく、「私はこの人をもう忘れてる」と自分に言い聞かせてください。

何度もこの工程を繰り返すうちに徐々に記憶から消えていくはずです。

嫌なら断る・意志をハッキリと伝える


元彼から連絡が来たり、お誘いがある人は即答で断るようにしましょう。

サイテーなヤツ!と思っていても、お声がかかると嬉しいですよね。

ましてや、一度は恋人になった人なので、無視されるよりは誘われ続けるほうが望ましく感じるのも分かります。

でも、今のままの状態を続けていると、ずっと彼にイライラするばかりか、これ以上傷つけられてしまった場合にはあなたにとってデメリットの方が大きくなります。

彼から誘われて嬉しい(メリット)と、話をするとムカつく・傷つけられる(デメリット)を天秤にかけ、デメリットのほうが大きければきっぱりと断ったほうがあなたのためになります。

「そんなこと分かってるけど、意志がはっきりと伝えられない…」と思った人は、最初から諦めてしまっているのが問題です。

どうしてはっきりと伝えられないか考えたり、できることを全てやりつくしましたか?

ハッキリ言えないのは、嫌われたくないからでしょう。

「嫌われたくない」の優先度が「イライラをなくしたい」よりも高ければ、イライラを手放すのを諦めて嫌われないような対応をするしかありません。

その場合には、ずっと彼が忘れられず、新しい恋にも打ち込めず…たくさんの悪い結果をもたらします。

そんな結末になるのがイヤなら、努力してきっぱり断るしか方法はありません。

怖いのは最初だけだから大丈夫です。

一度断ってしまえば「意外と簡単なことなんだな…」と思えて、抵抗感がなくなりますよ。

過去のデメリットを取り返す方法を試みる


彼にお金を貸したままで悔しい…という場合などは、お金を貸したというデメリットを挽回できる方法はないか考えてみてください。

例えば、お金にルーズな人とお付き合いしたことで、「金銭トラブルを起こしそうな人を見極める力が付いた」なら、それがあなたが得たメリットです。

それに、金銭トラブルに巻き込まれる前に予防できるようになった…という結果があるのなら、人生経験を積む勉強代を払ったと思えば多少は納得できますよね。

また、お金を取られた!と思うと悔しさが増すので、「彼にお金を渡すという選択を自主的にとった」と思ったほうが良いです。

「お金を渡すと彼が喜んでくれて私をたくさん愛してくれる…だから私は自分で彼にお金を貸すと決めた」と思うのです。

「彼に愛されて幸せな時を過ごすため」というのも、お金を貸す立派な目的です。

彼のようなタイプの人とだと、お金を渡さないと幸せな時を維持できなかったかもしれませんよね。

そんな人と恋人関係になれる機会は滅多にありません。

「お金と引き換えで幸せがもらえることもあるんだな…」と思えれば、それが人生経験となってあなたの人間性を深めてくれます。

すぐには役立たなくても、長い目で見たら今の経験が何かを解決する時の手助けをしてくれるはずです。

元カレと真逆なタイプと付き合う


彼に傷つけられた心を癒す方法が、真逆のタイプの人と付き合うこと。

「今までは奢らされてばかりだったのに、新しい彼はいつも私に奢ってくれる…大事にされるっていいな」と、逆の立場になったことで傷が癒され、刺々しい感情を消し去ってくれます。

傷が癒えるということは、あなたの幸せ度がアップしたということなので、彼への憎しみが相対的に軽くなるのがひとつ目のメリット。

ふたつ目のメリットは、彼と真逆なタイプと一緒にいると、「奢ってくれるのはありがたいけど、上から目線なのが気に障る…元カレは、いつもご馳走様!って言ってくれてもっと可愛かった…」と元彼の良さに気付くきっかけになること。

どんな人にでも良い面と悪い面がありますよね。

それに、最低な男だと思っていたとしても、好きになったのは元カレがあなたの好きなタイプだったからです。

その部分を忘れて「あんな最低野郎とは真逆の人と付き合ってやる!だったら絶対に幸せになれるはず!」と思って行動すると失敗します。

真逆タイプが本気で好きなら元カレを好きになっていなかったはずなので、それを覚えておいたほうが良いです。

自分自身の本心に気付ければ自然とイライラが和らいできますよ。

元カレはそんなにクズ?良いところもあったな…と気持ちを切り替えられる思い出

初めてデートした時のドキドキ感


別れた後の元恋人には悪い感情を抱くのが普通なので、初めてデートした時のドキドキ感を思い出してみてください。

お互いに気を使って会話をしていた初々しい時期もありましたよね。

恐らくその当時から彼は今と同じような感じだったのではないでしょうか?

男性は基本的にあまり変化しないので、今は「ムカつく!」と思っていた部分を見ても「こういうところが好き!」とあなたは思っていませんでしたか?

初めてデートした時のドキドキ感を思い出せば、彼への正直な気持ちが蘇ってくるはず。

「お金がないんだよね~」って包み隠さず教えてくれた彼を見て「私が出すから良いよ!」って言いたくなったかもしれません。

クズな男だったとしても、自分が好きになった人なのだから「私はこの人のこういうところが好き!」と胸を張りましょう。

過去の自分を認めてあげられれば、気持ちがずっとラクになりますよ。

彼の希望を満たしてあげた時のキラキラ笑顔


イライラがおさまらない人は、彼の望むものを与えた時にキラキラ笑顔が見られたことを思い出しましょう。

「エッチさせて!」と言ってきた彼に、「良いよ」と了承した時には飛び上がって喜んでくれたのでは?

エッチが終わった後には冷たくなってしまったのだとしても、あなたのOKをもらって心底喜んだのは彼の本心です。

それが彼なりの愛情表現だったのでしょう。

あなたはそのキラキラ笑顔見たさで、ついつい彼を甘やかしていませんでしたか?

でも、恋人関係はそれで良いんです。

愛する人の喜ぶ顔が見たい…これが愛の原点です。

あなたがしてあげたことで、彼が喜んでくれた…そんな幸せな思い出を振り返っていれば、付き合った経験も悪くなかったな…と思えてくるはずです。

彼と付き合う前のもどかしい時期


元彼との経験に後悔している人は、付き合う前の時期を思い出してください。

どちらから告白したかはカップルによって違うでしょうが、付き合う前のもどかしい時期があったのは共通しているのではないでしょうか?

あの人私のこと好きなのかな?という不安と期待の入り混じった時期を過ごして、交際するという決断をくだしたはず。

迷っても、「この人とお付き合いしたい!」と決意を固めて交際をスタートしましたよね。

その時の自分の決断は正しかった!と誇りを持ちましょう。

今となっては、「最低の男…」と思ったとしても、それは付き合ってみないと分からなかったこと。

付き合う前から「最低なヤツ!」と思っている人はいないので、試しに付き合ってみたらちょっと失敗した…なんてことがあるのが人生です。

結婚でさえ、してみないと分からない…と言われるものなので、恋人同士のお付き合いは、成功と失敗は半々だと思っておけばOKです。

あの時にチャレンジしたから、こんな貴重な経験できたんだな…と思えれば、元彼への憎しみが薄れていきますよ。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「元カレにイライラしてる人は忘れている感情を取り戻そう」

占い師 ミミコ
元カレにイライラするのは、あの人がサイテーな男だから!そう決めつけてませんか?

確かに彼にも悪い部分があるかもしれません。

だけど、そこばかりに気をとられていると、過去の経験に悪いイメージを植え付けてしまいます。

サイテーなところだけでなく、少しは良いところもあったからお付き合いしたんですよね?

だったら、良い部分に目を向けてイライラを軽くしましょう。

ドロドロな感情が少なくなれば、そのうちに彼を忘れられます。

印象を悪くすればするほど、頭にこびりついてしまうので、良いイメージにしてスパッと忘れられる状態にするのが彼を忘れる秘訣ですよ。

ちょっと考え方を変えてみれば、色々な事実に気付けるはず。

彼への負の感情を捨てて、爽やかな毎日を取り戻しましょうね!

【期間限定・1月19日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事