※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

男は女と別れてから初めて相手への気持ちを見つめ直すことを知っていましたか?

恋人のことで頭が一杯になる女性と違い、男性は恋愛中に彼女以外のことに気をとられがちです。

「男友達が付き合っている女の子よりも俺の女のほうがかわいい」など、対外的なことに気をとられてしまうので、恋人で頭が占領されている状態にはなりません。

そのせいで、一緒にいる時間は長くても相手に集中することができず、何故か付き合っている彼女を邪険に扱ったり、優しさに甘え過ぎてしまうのが男性心理です。

恋人関係だというのに相手を大事にできない男性は、付き合いが上手くいかなくなり破局を迎えます。

そして、彼女がそばにいない状態になってやっと「元カノがいないのが、こんなに辛いなんて!」という本心に気付くのです。

女から見ると、だから付き合っている時にもっと大事にすれば良かったのに…と思ってしまいますが、恋人だけに集中することが難しいという男性独自の特徴があることを知りましょう。

これから、元カノがいなくなってから大切さに気付く男性の特徴を紹介するので、元彼が当てはまっていないかチェックしてみてください。

もし、いなくなった後にあなたの大切さに気づいていたのだとしたら、復縁できる可能性が高まります。

今回は、元カノの大切さに気づくのはいつもいなくなってから…という男性の心理と、破局したことを悔やむ時、復縁方法について説明します。

元カレは私を失ったことをどう思っているのかな?と気になっている人は、ぜひこの記事を読んで彼の気持ちを推測し、復縁のための行動を始めましょう。

好きな人ともう一と関係を再開させるためには、相手に合わせた方法にすることが大切です。

彼が、平気な顔をして別れ話をしていたのに、別れてから後悔をするタイプなら今回紹介する方法が一押しです。

ぜひ、試してみてくださいね。

本日のメニューはこちら

元カノがいなくなってから大切さに気づく男性の特徴

男としての自信があり過ぎる


なぜ男はカップル関係が解消してから、彼女の大切さに気づくかというと、自身を過大評価しているからです。

男女を比べた時に、生物的に弱い存在である女性は不安を感じやすいのに対し、男は女よりも恐怖を感じにくいという特徴があります。

一般的に、女性は危険なシーンに出くわすと「怖い!」と感じて拒否したくなりますが、男はスリルを「楽しい!」と感じます。

つまり、女性よりも男のほうが不安や恐怖を感じにくいということ。

ふたりの関係性においても、その違いがあらわれるため、女性から見ると「男はなんで理屈抜きに自信ばっかりあるの?」と思えることがあります。

さらに、平均以上に自信を持っている性格の男性は、女性の何倍もの自信があり、恋人はいつまでも自分のものでいてくれると思っています。

そのため、多少の事をしても自分の元を離れて行かないだろうと気持ちが大きくなり過ぎて、彼女のことを大事にすることができません。

酷い扱いをされた女性が別れを切り出しても、「別れたってアイツは俺のところにすぐ戻ってくるはず」くらいにしか考えていないので、すぐに別れ話に了承するでしょう。

しかし、いなくなった後、急に現実が襲ってきて後悔する羽目になります。

振られた彼女がすぐに次の彼氏を作る、自分抜きでも毎日楽しそうに過ごしている、といった経験をして、すでに自分だけの女ではないことに気づくのです。

こういったケースは性格が原因になることもあれば、男性自身が恋愛で成功ばかりしている時にも起こりやすいです。

例えば、絶対に落とせないと思っていた女性をゲットすることができた時には「僕って結構モテる?」と調子にのってしまうのが男です。

ほんの小さな成功体験だったとしても、それが男としての自信を高めるきっかけになると、調子にのり過ぎて付き合っている彼女を大事にできなくなり、雑に扱ってフラれたり、別の女に乗り換えようとして自分から別れ話をすることもあります。

そして、彼女がいなくなってから誰にも相手にされない現実を目の当たりにして後悔する結果になります。

人の気持ちは簡単には変わらないと思っている


1人の人を長く愛せるタイプの男性は、そんな簡単に心変わりはしないはず、という先入観を持っています。

恋愛感情の持ち方は非常に個人差が大きく、穏やかな愛情を長く持ち続けられるタイプの人は短期間にそこまで燃え盛ることはありません。

でも、一気に好きになって一気に燃え尽きるタイプの人は、穏やかな愛情の持ち主の何倍ものエネルギーを短期間で消費します。

このタイプは好きになるエネルギーはあっても、長く続けることができないので飽きてしまって恋愛が長続きしません。

彼が長期的に愛情を持てる性格だと、別れてすぐには別の人と好きになれるわけがないと思っているので、いずれ元サヤに戻れるだろう…という予感を持っています。

そういった男性は1人の女性と何年も長く付き合うことが多く、離別と復縁を繰り返していることも珍しくありません。

だから、一度は別れることになっても短期間の冷却期間を置けば、またすぐに元カノは僕のところに戻ってきてくれる!と確信しつつ別れを選びます。

元カノも同じように長く愛情をキープできるタイプなら、やり直して関係を深めていくでしょうが、短期的にしか愛情を維持できないタイプだと、別れてからすぐに次の男性を見つけて新しい恋をスタートさせるでしょう。

それを見て、人の気持ちはそう簡単には変わらないと思っている男性は驚きと共に後悔することになります。

女性心理に疎く自分の物差しで考えてしまう


女心を全く理解していない、いわゆる鈍感なタイプの男性も別れてから彼女の大切さに気づく1人。

付き合っている頃から、とにかく彼女のやることなすこと全てが理解できないのがこのタイプの特徴。

女心に疎くても、頑張って女心を理解したいという意欲があれば、付き合っている時に努力することができますが、「女の考えていることなんてどうせ分からないし…」と諦めてしまっているタイプだと、付き合っている時の彼女への扱いが雑になります。

女と男は違うから仕方ないと諦めていると、彼女が自分の理解できない反応をしても「何故?」とは思わずに「面倒そうだから適当にごまかしとくか…」という方向に意識が向いてしまうからです。

いつも自分の物差しでしか物事を見れない人と一緒にいると、カップルとして愛し合っていたとしても、女性は強い孤独感を抱いてしまうでしょう。

そうすると、段々と付き合い続けるのが苦しくなって、彼女は別れたくなってきます。

関係が上手くいかなくなった時に男性が危機感を持って心を入れ替えれば、関係を修復できますが、「また意味の分からないこと言い出した…」程度の感覚で聞き流されてしまうと「もう無理!」と思われて振られてしまうでしょう。

そこでも「やっぱり女は理解できない」としか思えないと彼女を追いかけることもなく、徹底的に嫌われてしまいます。

しかし、彼女がそばにいなくなり寂しくて仕方のない体験を経験して、もっと彼女の気持ちを考えてあげれば良かったのかも!?と後悔が大きくなっていきます。

女は男よりも低い立場の存在だと思っている


女は常に男に従うべきという価値観を持つ人は、女性が自分から離れて行かないと思っています。

女性のほうから好きになってお願いして付き合い始めたカップルに多く、男性が全ての主導権を握っているのが特徴。

食べたいものもデートコースも彼氏優先で決定し、彼女は彼の後について行くという関係性です。

お互いがこの関係に満足していれば、カップルとして長続きするでしょうが、女性が不満を感じていると、「彼のことは大好きだけど、こんな扱いされるのイヤだな…」と感じ関係を終わらせようとします。

だけど、いつも自分でリードしてきた男性は、女性が自分から離れると言い出したことを許可できず、別れに了承しません。

別れることもできずに都合よく束縛されていると感じた女性は、どうにかして彼氏と別れようとして作戦を練り、彼への嫌悪感が増していきます。

この段階になっても、彼女は自分のものだと思っている男性は「アイツは俺に惚れてるから」と思っているため、女性の本心に気づけません。

最終的には、「顔も見たくないくらい大嫌い!」とこき下ろされるほど嫌われて愛想を尽かされます。

そこまで来ても「俺に口答えするなんて生意気な女!」と思ってしまうので、自分を顧みることができません。

また、彼女が別れを切り出すのではなく、男性が軽い気持ちで「お前はもう必要ないから」という理由で関係を終わらせることもあります。

反論しても意見を聞いてもらえないことを知っている女性は、すんなりと別れを受け入れてカップル関係が解消します。

しかし、いなくなってみると彼女がいかに自分に合わせていてくれたかがじわじわと感じられるようになり、未練が増していきます。

本心を知ろうとせずうわべのセリフを信じ込んでしまう


女性が気を使って発言しているお世辞に気づけずに勘違いしてしまう男性も、別れてから後悔することになります。

基本的に女性はその場のムードを悪くしてはいけないという協調性があるので、心の中では「それはちょっと同意しかねるけど…」と思っても「そうだね!」と笑顔で対応することが多いです。

特に付き合い始めの時期はまだ本音が言えず、彼氏彼女の関係でも女性が一方的に遠慮して彼氏の話に合わせてあげることもあるでしょう。

それから、段々と深く知り合うようになり、うわべのセリフだけでなく本音のやり取りをするようになるのが普通ですが、中にはなかなか本音で言い合えないカップルもいます。

どちらかだけが遠慮して言えない…というカップルもいれば、双方が遠慮し合って会話が全然盛り上がらない…というパターンもあります。

年齢が若く恋愛経験が少ないカップルによく見られる関係性ですが、男性が本音を知ろうとせずに、セリフだけを信じ込んでしまうと、彼女が気を使って話をしているのに気づくことができません。

でも、一緒にいる時には不快に思われないようニコニコ過ごしているので、「彼女は俺と一緒にいて楽しんでくれているみたい。いつもデートで楽しそうな顔しているし…」と彼氏は勘違いしてしまいます。

そのまま女性が本音を言えない関係だと、本音の付き合いができないという理由で関係がギクシャクして長続きせずに破局してしまうでしょう。

最後に彼女が本心を伝えると、今まで自分が思っていた予想とは大きく違うことに気づき、男性はショックと後悔の気持ちでいっぱいになります。

自分勝手な解釈をしがち


男性全般に多いのが、彼女の発言を自分勝手に解釈してしまうことです。

人間関係では、相手の言いたい意図を正確に把握できないとトラブルの元になります。

自分勝手な解釈をしてしまうことの弊害は、違う価値観を受け入れることができないことです。

誰でも同じ価値観を受け入れることは簡単です。

特にカップルが関係を始めた時には、共通点ばかりに目が向いてしまうため、違う部分に気づきにくいのが特徴。

しかし、深く分かり合っていくうちにすべての価値観が一致しているわけではないことに気づきます。

そこで真に相手の言いたいことを理解しようと試みることができればいいのですが、共感力の乏しい男性は自分勝手な解釈をしてしまいがちです。

例えば、彼女が冗談で「そのうちに旅行したいね!」と言ったことを「これはお泊まりデートがしたいアピール!?」と勘違いして勝手に旅館の予約を入れてしまいます。

そして、彼女にサプライズ旅行をプレゼントしますが、そんな気のなかった女性は「泊まりなんてまだ無理だよ」と困惑。

これを笑い話として二人が楽しめれば、勘違いをしても仲良しカップルでいられますが、度を越した勘違いをされた場合や、都合よく解釈されてばかりな出来事を繰り返していると、温度差ができて破局してしまいます。

自分勝手な解釈をしてしまう男性は悪気はないのに、女性との関係がいつも上手くいきません。

「前の時も同じ感じで破局したし、今回もまたダメになるなんて…なんで僕は彼女を大事にできないんだろう…」と、元カノがいなくなってから自分自身を責めたい気持ちになるでしょう。

男性が失ってから彼女の大切さに気づく時10つ

彼女の一言から生きる気力をもらっていたと実感する時


男性にとって女性から言われる一言は、女が予想できないほどの価値があります。

女性は「お疲れ様」と言われても、そこまで心が温まることはないかもしれませんが、男は好きな人から「お疲れ様」と言われるだけで、全ての疲れが吹っ飛びます。

内と外の線引きが明確なのが男性の毎日で、仕事をしている時とプライベートの違いがハッキリとしています。

女性も仕事とプライベートは別だと思うでしょうが、その何倍も区切りが鮮明なのが男社会です。

だから、好きな人からの「お疲れ様」の言葉を聞いた途端に、精神が安らぎモードになり心が穏やかになっていきます。

全てにおいてがこの調子なので、「彼女がいると辛い仕事も頑張れる!」と思える男性が多いんです。

でも、破局して優しい言葉をかけてくれる人がいなくなると、生きる英気を養うことができません。

なんとか仕事は終わったものの、誰にも心落ち着く一言をかけてもらえない生活を繰り返しているうちに、「俺ってなんのために仕事してるんだっけ?」と思えてきて生きる気力が失われていきます。

そこで初めて「今まで仕事に全力投球できてたのは、あの子の『お疲れ様!』があったからなんだな…」という事実に気づきます。

日々の些細な事を誰にも言えない時


聞き上手な彼女がいると、日々の生活の中での些細なことを何でも聞いてもらえます。

付き合い始めのうちは「これはあの子の好きそうな話題だから教えてあげよう!」と相手に合わせて話す内容を考えていたとしても、付き合いが長くなると一緒にいる時には何も考えずに好きな発言ができるようになります。

独り言のようなことでも口にできる関係というものは、心の底から安心できるものです。

同棲をしていたりして、一緒にいる時間が長いと、テレビやネットを見ながらたわいもない話をしていると男性の心が癒されて心地良いと感じるでしょう。

ただ、それが当たり前になっていると、特別なことには思えなくなるので、そこまでの価値があるようには思えなくなります。

中には、毎日刺激もなく退屈な会話だな~と感じている人もいるでしょう。

家族のような気を使わない関係は、慣れてしまうとありがたみが感じられなくなるのが特徴です。

平凡すぎて幸せがあることに気付けないと、マンネリ化した彼女に飽きて他の女性に刺激を求めるようになります。

そこで欲求にブレーキを掛けられれば破局を回避できますが、勢いで関係を持ってしまうとカップル関係は上手くいかなくなり、フラれるか、自然と二人の距離が離れていくでしょう。

一時の遊び感覚で最愛の人をなくした男性は、ひとりきりでシーンと静まり返った部屋での生活を始めて、毎日のたわいもない会話が自分を癒してくれていたことに気づくのです。

時には、テレビに向かって独り言を言ってしまい、それに誰も反応してくれないことで、より一層強い孤独感が湧いて来ます。

そんな時には、元カノへの切ないほど苦しい想いを抱きます。

辛いことがあって慰めてほしい時


仕事で失敗してしまった時など辛いことがあった時には、男は何も言わなくていいからただ女性に抱きしめてほしいと思っています。

男にとって女性は帰りたくなる場所。

社会という厳しい場所で戦わないといけない男性は、女性に癒しや慰めを求めています。

これは、女以上に社会の中で責任を感じている男性が多く、小さな頃から「俺は男だからしっかりしないと!」という価値観を植え付けられているからです。

周囲から「男なんだから泣いたらダメだよ」などと言われて育ってきているため、弱みを見せることに抵抗感があります。

そんな男性でも好きな人と二人きりになっている時には素の自分に戻れます。

弱みを全てさらけ出しても受け入れてくれる…と安心できる相手が彼女です。

しかし、彼女と別れてしまうと、辛いことがあっても自分ひとりだけで対処せねばなりません。

会社の愚痴を言うために仲の良い同僚と一緒に飲みに行っても、帰ってくると現実は何も変わっていないことを再確認し、明日からも現実が嫌になってきます。

こんな時の男性の頭に浮かぶのが、これまでに付き合ってきた女性達。

過去の女の思い出を振り返りながら、ひとりで寂しく眠ることになりますが、強いストレスを受けている時には夜中に目を覚ましてしまい、そのたびに元カノのことを考えてしまいます。

寝不足のまま朝を迎え、いかに自分にとって元カノが重要な存在だったかを思い知らされるのです。

誰も自分のことを好きになってくれない時


新しく好きになった女性ができたから、彼女に飽きたから、などの理由で自分から振った男性は、新しい恋が上手くいかない時に「なんで僕は、あんなにいい子を振ってしまったんだろう…」と激しく後悔します。

調子にのってしまうのが男性の特徴なので、特にモテない人ほど少し自信をつけると彼女をぞんざいに扱うようになります。

「俺も頑張れば女を落とせるんだから、今の彼女で満足せずにもっとハイランクな女をゲットしたい!」と思うのが男です。

それまでは彼女を手に入れるのに夢中になっていたとしても、目的が達成されると、そこで一瞬彼女への熱が冷めてしまい他の女性に意識が向いてしまいます。

ここで冷静さを取り戻せないパターンでは、すぐに別の女に手を出してしまい、過去の恋人にも新しい女性にもフラれるという結果になります。

「今回はたまたまダメだっただけ!」とさらに別の女性にチャレンジしては失敗してを繰り返しているうちに、「このまま誰も彼女になってくれないかもしれない…」とようやく今後への不安を持ち、元カノへの未練が出てきます。

こうなるまでの時間には個人差がありますが、なかなか気付けないタイプだと半年以上の長い時間を要することもあるほどです。

人生初めてのモテ期を迎えたと勘違いしてしまうと、モテる男になったわけではないことに気づけずに、何人もの女性にアプローチして失敗を繰り返さない限り現実に気づけません。

掃除や食事の準備などに苦労した時


彼氏が独り暮らしをしていて、彼女が家事を積極的にしてくれていたパターンでは、別れてからの生活に不便を感じ元カノ大切さを実感します。

掃除や食事の支度、洗濯などは小さなこととはいえ毎日なので1人でやろうとすると大変です。

1人暮らしを長く続けている人はシングル生活の時には家事がさほど苦ではないでしょうが、彼女が家事をしてくれる生活に慣れてしまうと家事の大変さを忘れてしまいます。

そうすると、「もっと丁寧に掃除してよ」「またこのメニュー?この前と一緒じゃん」など彼女の家事労働への不満を口にするようになるでしょう。

最初は「うわ~掃除してくれたの?ありがとう!」「〇〇ちゃんの作ってくれたメシはウマいね!」と感謝の気持ちを口にしていてくれたから頑張っていたのに、せっかくしてあげても不満しか言われないようになると、彼女のやる気が益々なくなっていき、手抜きし始めます。

それを不満に思った彼氏が指摘するという悪循環に陥ると関係は終わり、破局を迎えます。

彼女と別れた彼氏は、自分が掃除するまでは散らかるだけの部屋で生活せざるを得ず「掃除するのってこんなに大変だったんだな…元カノはよくやってくれてたよな…」と彼女のありがたみを感じます。

彼女の一途な気持ちを思い出した時


彼女が彼一筋で彼を大切にしていたカップルは、別れてから強い後悔を抱きやすいです。

女性以上に自分だけを見てほしいと思っているのが男。

男は一途に愛されると嬉しいものなのです。

でも、付き合っている期間が長くなると、一途に愛されることの価値の高さを感じられなくなります。

むしろ、「ちょっと束縛がキツイな」と思うようになり、もっと気楽な付き合いをしたくなる男性が多いです。

カップル間のつながりが濃くなると、「重いのは嫌だ…」と思う人が多いため、一途な想いは誤解されやすいのです。

そこで、何かでパーッとした気持ちになりたくなった男性は、一途な彼女を放置して男友達と遊んでばかりになります。

遊び以外にも、仕事や趣味などに没頭することもあるでしょう。

これは、一途な女性は何をしても気持ちが離れて行かないと高を括っているからです。

言い換えると、一途な女性に甘えているということ。

「俺よりもアイツの好きな気持ちのほうが強いから、多少のことでは気持ちが離れない」と思っているのです。

しかし、一途に愛し続けている女性は彼に放置されたことで、寂しさが強くなり彼への気持ちが冷めていきます。

その結果何となく険悪なムードになり2人の関係は終わりを迎えます。

一途な彼女がそばにいなくなったことで、男性は開放された気分になりしばらくは独り身生活を満喫します。

次第にのびのびとした気分に飽きてくると、ふと「あんなに一途に愛してくれた女性は元カノだけだったな」「またあんな風に俺だけを求めてくれる女性と付き合いたいな」という気持ちに変化していきます。

欠点だと思っていたところに良さを見出せた時


付き合っている期間が長くなると、最初は好きだった部分が欠点に見えてきます。

例えば、「のんびりしている性格が落ち着く~」と思っていたのに、長く一緒にいると「いつもダラダラしてて怠け者な性格が嫌い!」と変わっていくのです。

長所と短所は表裏一体と言われるように、見方によってその人の良い部分が欠点にもなりえます。

カップルでいるといつも同じ部分ばかりを見せられることで「またか…」と思うと、不快な感情を持ってしまうのは誰でも同じ。

男女関係なく、長く付き合った相手には悪い感情が強くなりやすいです。

そこで、話し合いをするなどして欠点を修正するような努力をすれば、カップルを長続きさせることができますが、何もせずに感情に任せていると「そういうところが嫌いなんだよ!」「それはこっちのセリフ!」とお互いに嫌な部分にばかり目が向き喧嘩別れしてしまいます。

だけど、別れて離れてみると「また元カノとのんびりした時間を過ごしたい…あんなに落ち着ける女性は他にいない!」と彼女の欠点だと思っていたところの本当の良さに気づきます。

元カノ以上に相性の良い相手はいないと思った時


付き合うという関係になるということは、多少なりとも相性の良さを感じていたということ。

フィーリングは条件では判断できないものなので、理屈抜きに相性が良いと感じられる相手は貴重です。

好きになり始めた時には「この人には何かピンとくるものがある!」と運命的な出会いを感じられたとしても、現実を共にしているうちに、最初のロマンティックな雰囲気が失われていきます。

毎日同じような会話を繰り返していると、相性は良いのか悪いのかなんて考えることがないからです。

相性の良さは、相性が悪い人と付き合った時に初めて気づくことができます。

別の人と付き合った時に当たり前だったことが当たり前ではないと知り、元カノと俺ってめちゃくちゃ相性良かったんじゃない?と思うと、過去を思い出し後悔の念が出始めます。

最初はぼんやりとした感覚しかありませんが、新しい女性とお付き合いを始めてから、何度も「今の彼女よりも元カノのほうが俺には合ってるみたい…」という経験を繰り返すうちに、元カノと相性が良いという予感が確信に変わっていきます。

そうすると、今の彼女と一緒にいても元カノのことばかりを考えるようになってしまうでしょう。

自分の全てを受け入れてくれていたことに気付いた時


元カノが全てを受け入れてくれる心の広さがあった場合も、別れてから未練を持ちます。

酔って醜態をさらしても嫌な顔せずに介抱してくれた…愚痴を言っても明るく励ましてくれた…などの思い出があると、別れた後にそこまでしてくれる女性はいないのだと知り元カノの貴重さに初めて気づきます。

それまではしてもらって当たり前だと思っていたことが実は贅沢だと思うと、過去の女性への好意以外に感謝の気持ちも持つようになるので、かなり強い種類の感情です。

例え見た目は好みではなかったとしても、自分をさらけ出せる存在に出会うと人は誰でも心惹かれていきます。

しかし、男性は見た目を非常に気にするのが女との違い。

どうしても他の友達に自慢したい彼女が欲しいと思うと、どれだけ尽くしてくれていても見た目が平均以下なことばかりに不満を抱いてしまいます。

冷静に考えれば、見た目以上の価値があることを忘れてしまうと、見栄えの良い女性を求めて男性は浮気をして彼女を自分から捨ててしまうことさえあります。

そこで今度はキレイな彼女を手に入れたとしても、チヤホヤされるのに慣れている女性は男性に厳しいです。

いつもワガママを聞き入れなくてはならず、自分が弱い部分を見せると「そんな男の人はタイプじゃない、だらしない」などと蔑まされます。

常に彼女好みの強い男でいることに疲れてくると「元カノは、俺の悪いところも弱いところも全て受け入れてくれる貴重な女性だったんだな…」と彼女の価値にやっと気づきます。

病気やリストラなどで立場が悪くなった時


男性は肩書きで判断されることがあるので、社会的地位が高いと女がたくさん寄ってきます。

お金持ちになれば女性だけでなく、男性からも声を掛けられることが増えるでしょう。

自分の地位がランクアップしたことを理由に彼女を振った男性は、今の自分にふさわしい女性と付き合いたいと思っています。

そこで本気で愛しあえる女性を見つけられれば幸せになれますが、中には彼の社会的な地位やお金目当てで付き合いたいと考える女性もいます。

そういった人にとっては彼の地位やお金が目的なので、リストラや病気で地位やお金が無くなると離れて行きます。

そこで初めて、男性はおかねや地位の儚さに気づきます。

自分に魅力があってランクの高い人と付き合えていたと思っていたのに、実際は金目当ての人が近寄ってきただけ。

そう考えると、「豊かになる前に付き合っていた元カノは、金目当てではなく俺のことを真剣に愛してくれていたってことだな…」と過去を振り返ります。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

いなくなってから気づくタイプの男性と復縁する方法

当時流行っていた曲が聞ける場所に一緒に行く


いなくなってから気付くタイプの男性と復縁する時には、音楽を上手に利用しましょう。

音楽は言葉以上に心を揺さぶります。

よく聴いていた曲が耳に入ると、当時の記憶が一気に蘇る人が多いのではないでしょうか。

聴覚を刺激する作戦を使えば、元カレに過去に戻ったような気分になってもらえます。

そこであなたと一緒にいた時の幸せな時間を思い出してもらえれば、そのまま良いムードで復縁を成功させることができるでしょう。

この方法で重要なのは、2人で一緒に聴いた思い出の曲がかかっているような場所を探すことです。

単に付き合っていた頃の音楽ではなく、2人で一緒にライブに行ったアーティストなどにすると効果を最大にすることができるでしょう。

ライブなど生の演奏が聴けて、場のムードも盛り上がる場所だったら高い確率で彼を感動させることができ、復縁の成功率がかなり高いです。

ただ、思い出の曲によってはライブでは聴けない場合もあるので、無理な場合にはカラオケでも大丈夫です。

他には、一緒のイヤホンで片耳ずつ音楽を聴くのもおすすめ。

ひとつのイヤホンをふたりで使うことで一体感が高まり、何となくロマンティックなムードに持っていけます。

音楽を使った作戦ではタイミングも重要。

気持ちが盛り上がっている様子が感じられたら、チャンスを逃さないよう思い切って「復縁したい!」と伝えてみてください。

もしくは、彼が何か言いたそうにしていたら、少し甘えてみるなどして彼が話しやすいようにしてあげましょう。

SNSの投稿数を増やし、彼に視界に入り込む


いなくなってから気付くタイプとやり直す場合には、今のあなたの様子をできるだけ彼に見せて、彼が過去を思いだす時間を増やすと効果的です。

「元カノってイイ女だったんだよな」と感じ始めている男性の気持ちを今以上に高めたければ、何度も姿を見せて彼があなたのことを思いだす時間を増やせばいいのです。

過去のこととは関係ない内容でいいので、彼がチェックしているであろうSNSに頻繁に投稿するようにしてください。

SNSを利用する時のポイントは必ず画像を投稿することです。

SNSの種類によっては文字だけでも投稿できると思いますが、男性は文字を見ても女性のことをさほど思いだしません。

もっと直接的な情報が得らえる写真を見て初めて「あ!元カノだ!」と心に印象を残すことができます。

文字だけだと、内容を読まずにスルーされてしまう恐れがありますが、画像付きにしておけば嫌でも目に入ります。

SNSを見るたびに元カノの姿が視界に入ってきたら、何度も過去を振り返りあなたの良さを再確認してくれるでしょう。

何度もあなたのことを考えているうちに、我慢できなくなった彼が話かけてきますよ。

付き合っていた頃の元カレの行為を話題に出す


別れてから彼女の良さに始めて気付くようなタイプは、付き合っていたころの自分の行いに反省しているので、過去を思い出す発言をすると彼の気持ちを動かせます。

この方法のポイントは男性によってセリフを使い分けること。

一つ目は「あの時大事にしてくれなくて悲しかった…」と彼の罪悪感を使ってやり直してもらう作戦。

二つ目は「付き合っていた頃に〇〇くんが~~してくれたよね。すごく嬉しかったから今でも覚えてる!」と褒めて、彼をその気にさせる方法です。

彼が、罪悪感を持っており反省してもう一度やり直したいと思っている時には。一つ目の方法を使って、罪悪感をさらに刺激しましょう。

過去への罪悪感というよりも、あなたの魅力を再確認してもう一度付き合いたいと思っている様子が見られる時には、二つ目の方法を使ってください。

どちらを使えば分からない場合には、ポジティブなイメージのある二つ目の方法を使えばOKです。

新しい彼女について質問する


新しい彼女について質問する方法は、あなたの良さを彼に思い出してもらえるチャンスを作る作戦です。

なんとなく今の彼女には夢中になれない…という雰囲気のことを言っていたら、積極的に新しい彼女について質問してみてください。

「今の彼女は和食好きなんだよね~」と彼が不満を漏らしたら、すかさず「〇〇くんはハンバーグとか洋食が好きなのにね!前に行った△△美味しかったよね!」と今の彼女よりも彼を理解しているところをアピールすると効果的です。

彼の好みや価値観に賛同し、一番の理解者だと思わせることができれば、新しい彼女がいてもやり直すことができるでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「彼の後悔が大きいほどやり直せる確率は高くなります」

占い師 ミミコ
いなくなってから元カノの大切さに気づく男性の特徴は、過去への後悔があることです。

なんで付き合っていた頃に彼女を大事にできなかったんだろう…と思っているので、その頃の記憶を呼び覚まし、復縁への意欲をアップさせてあげましょう。

後悔をしているということは、元彼の中でモヤモヤとした感情が渦巻いているということ。

後悔があるだけだとやり直したいとは言いづらいので、あなたが上手く状況をコントロールして、彼に復縁したくてしょうがない!と思ってもらえるように誘導してください。

そうすれば、もう一度大好きな人と一緒に過ごせるようになりますよ。

【期間限定・12月8日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事