※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 

「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。
 

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<

一緒にいて落ち着く人に出会うと「彼とは運命的な繋がりがあるんだろうな…」と感じる女性は非常に多いです。

恋愛はドキドキわくわくが普通だと思っていると、しっとりした雰囲気を醸し出してくれる男性に特別感を抱いてしまうからでしょう。

しかし、居心地の良いい人は必ずしも運命の相手というわけではないので注意してください。

今回は、魂の伴侶に出会った時だけに見られるサインなどを用いて、赤い糸で繋がれた人を見極める方法をお教えします。

一番大切なことは、気を使わないで過ごせてラクチン…と感じたからといって魂の伴侶だと思い込まないこと!

お相手に対して「この人は他の男性にはない心地良さがある…」と思ったら、本当に運命の人なのかを確かめなくてはいけません。

これから紹介する見極めポイントを彼に当てはめれば、居心地が良いだけの人なのか、前世から繋がりのある相手なのかがハッキリするでしょう。

本日のメニューはこちら

本当に運命の人?この人と何かあるという直感?一緒にいて落ち着く人の特徴

何でも言えるから気楽・ストレスを感じない


思ったことがすぐに言葉や態度となってあらわれる男性と違い、女性は異性を前にすると相手に気遣いをしてしまいがち。

女友達には「それってどうなの?おかしくない?」とズバッと突っ込めるのに、男性の前では「??え?おかしいよね?でも言えない…」という状態になる女性が多いです。

特に彼氏や好きな人の前では嫌われたくないという心理が強くなり、いつもだったら口にしないと我慢できないほどのことでもグッと言葉を飲み込んでしまう場面が増えます。

それが一般的な男女のお付き合いの形だと思っていると、何でも言える人に出会った時に

「この人と一緒にいると物凄く気楽!男なのに何も気を使わなくていい!」

「こんなにストレスを感じずに一緒にいられる人は初めて!」

こんな喜ばしい感情が芽生え、それが「こんな感覚になったことない…これって…運命の人に違いない!」という確信へと変わっていきます。

何でも言える関係は、コミュニケーションをとることで愛情を深めていく女性にとって非常に重要な要素です。

外見がタイプでも会話が盛り上がらないと相手への愛情が冷めていくのが女性の恋愛スタイルなので、何でも言える相手と巡り合うと「この人と一生一緒にいたい!」と思うのも自然なことです。

喧嘩になってもすぐ仲直りする・忘れられる


恋人同士になると他の人よりも距離が近くなるので衝突が増えます。

お互いが意地っ張りだと仲直りまでに何週間もかかる、一応は仲直りをしたけれど気まずいまま…なんてカップルもいるでしょう。

しかし、一緒にいて落ち着く人とは喧嘩をしてもすぐに仲直りできるか、時間の経過と共にトラブル時の気まずい雰囲気そのものがなくなって「気付いたら喧嘩したの忘れてた」という状態になります。

喧嘩をすること自体はストレスだとしても、後に引きずらないのでそこまでの苦痛を感じません。

恋人同士の関係を決定づけるのが「衝突があった時」で、楽しくデートしている時には何も問題がなくても、ひとつのトラブルが生じた時にどう対処するかで2人の未来は大きく変わります。

居心地の良い人と付き合っていると、トラブルが発生した後にスムーズに問題解決できるので破局の危機を迎えることが滅多にありません。

安定した関係を持続させられると「このままこの人と結婚したい!だって彼は私の運命の人だから!」という心理になりやすいです。

実際に、恋人になってからあっという間に結婚をしてしまうカップルにはこのパターンが多く、運命的な繋がりがなくても居心地の良さを重視して幸せを手に入れることができます。

ただ、この場合には本物の運命の人とは結婚できなかったということです。

沈黙があっても気まずい雰囲気にならない


付き合い始めのカップルの悩みとして多いのが「デート中にシーン…となった時どうして良いか分からない」ですよね。

気心が知れた間柄になれれば沈黙が怖くなくなりますが、初期の頃の沈黙はたった5秒だったとしても何分もシーンとした状態が続いている感覚に陥るほど憂鬱なもの。

特に、相手への気遣いをするタイプの人は「私が何か言うべき?でも何を話せば良いの?」と自分が何かしなくては!と焦って強いストレスを感じます。

でも、一緒にいて落ち着く人とは、親しくない段階なのに沈黙への恐怖感がないのが特徴。

ずっと喋りっぱなしというわけではなく、会話と会話の間にはシーン…という時間が流れますが、そこに不穏な空気はありません。

自然な雰囲気で会話の合間の時間が流れていくので「どうすれば良いの??」という心配とは無縁。

いつもナチュラルな状態で会話を楽しめれば、「こんなに会話がスムーズにできる人は初めて!彼は私にとってなくてはならない存在!」と思えてくるでしょう。

「友人には言えないことも彼になら話せる…」という関係のカップルはこのパターンが多いです。

真面目な悩みを彼氏に相談できるのは、沈黙が怖くないからです。

本心をさらけ出してシーン…という状態になると「あれ?私の発言マズかった?引かれちゃってる?」と心配になるのが普通なので、沈黙が怖い関係性だと悩みを打ち明けられません。

だけど、沈黙があっても気まずくない相手なら、正直な気持ちをストレートに打ち明けられます。

悩み相談から恋人に発展したカップルは、「沈黙があっても気まずくない!なんでこの人はこんなに落ち着くの?運命的なものを感じる!」という流れでお付き合いが始まります。

嫉妬心が芽生えず愛情を信じられる


一緒にいて落ち着く人を言い換えると「心を乱されない人」です。

恋人ができると、ハッピーな反面「別の女に奪われたら大変!」「浮気してたらどうしよう…」という心配をしなくてはいけません。

少しでも自分以外の女性と関わっていることを知ると「なに?どういう関係?」と思うのが普通ですし、「友達だよ」と言われてもどこか腑に落ちない気持ちを抱えるでしょう。

居心地の良い人は、そんなモヤモヤした感情を抱かせないのが特徴。

怪しい行動をとらないからモヤモヤせずに済むというカップルもいれば、「元彼に対しては嫉妬深かったけど、今回の彼は女の子と話してても何とも思わないな~」と何故か嫉妬心が芽生えないケースも。

それに「浮気してるかも?」「私って愛されてるのかな?」という疑心暗鬼になることもないのが居心地の良い人とお付き合いする良さ。

激しい愛情表現がなくても浮気を疑う気持ちは湧いてこず、「いつも私を好きでいてくれる」と安心して過ごせます。

余計なことでイライラせずに済むので、強いストレスを抱えることもなく「あ~快適!このまま彼と結婚してのんびりと奥様ライフを送りたいな~」という心理になるでしょう。

ドキドキしないけど一緒にいたいと思える


普通の恋愛はドキドキと胸が高鳴るところからスタートするもの。

これまでは「ドキドキ=恋愛」という感覚でいたのではないでしょうか?

でも、居心地の良い相手との恋愛は少し違います。

付き合い始めの時期なのにドキドキせず、「なんで?」と思うものの、「一緒にいたい」という気持ちも共存します。

これまでは、ドキドキして「好き!もっと近くに行きたい!」と思って関係を深めていったのに、居心地の良い人を相手にすると「そこまで近くに行きたいとは思えないけど、離れてるよりは一緒にいたい…」と、いつもとは違った種類の感情を抱くことで不思議な感覚になる女性が多いです。

「トキメキとかはあんまりないんだけど、何故か一緒にいたくなっちゃうんだよね~」とあなたが思っているのなら、彼は一緒にいて落ち着く人で間違いないです。

これまでの恋愛とは明らかに違う雰囲気なので戸惑うかもしれませんが、ドキドキしなくても引き寄せられる異性がこの世には存在します。

彼はあなたと出会うべき宿命を背負っている人なのでしょう。

ただ、それが男女関係としての繋がりかはまだ分かりません。

あなたとご縁があることは確かですが、友達レベルの繋がりだけだという可能性が残されています。

一緒にいて落ち着く人は何かを感じる異性なのになぜ運命の人ではない?

居心地の良さは彼の心の広さが原因だから


一緒にいて落ち着くとあなたが感じる理由は2つあります。

1つ目はあなたが気にしている通り、お相手と赤い糸でつながっているから。

2つ目は彼の人間としての器が大きいから。

つまり、彼が先回りして、あなたにとって居心地の良い状態を作ってくれているということ。

年上男性など人生経験が豊富な相手との恋愛や、女慣れしている人と恋愛している場合には2つ目の理由で心地良い!と感じている可能性が高いです。

この場合には、あなたは「彼は赤い糸の相手!」と思っていても、彼は「俺が頑張ってるから彼女は満足してくれてる!良かった!」としか思っていないので、魂の伴侶ではありません。

どちらに当てはまるかは彼に聞いてみないと分かりませんが、「そういえば彼はもてなし上手だし、女の扱いが上手い!」とピンときた場合には、彼の努力により今の居心地の良い状態が作られていると考えられます。

運命の人との出会いはエネルギーを消耗するものだから


かけがいのない人との出会いの一番の特徴は、エネルギーを消耗すること。

恋愛と聞くと一見楽しくてハッピーなイメージを抱くかもしれませんが、それは普通の恋愛だけに当てはまります。

運命の相手と関わる必要性があるのは自分自身を成長させるなど、何らかの課題があるからです。

惚れただとか、キスしたいとか、そんな簡単な理由ではなく自分自身の魂をレベルアップさせるためにお互いを必要とするため呑気な気分ではいられません。

どんな試練が待ち受けているかは個々人で異なりますが、共通しているのは運命の人と一緒にいる時間はふわふわと楽しいだけではないこと。

一緒にいて幸せなはずなのに、不安で仕方ない、やり残したことがある気がして落ち着かない…こんな感情を抱くのが普通の恋愛との違いです。

よって、ぼんやりと「は~落ち着くわ~」とぬるま湯につかっているような感覚になる相手は、赤い糸で結ばれているとは考えにくいです。

その人があなたにとって良い影響を与えてくれる大切な存在だというのは間違ってはいませんが、それは運命的な繋がりとは別物です。

安心感があるのは人間的な相性が抜群なだけだから


今説明している「運命の人」というのは魂の伴侶、つまり唯一の相手のことを指しています。

しかし、実際には友達レベルでご縁のある人も存在します。

魂の伴侶は宇宙の中でたったひとつですが、友達レベルで関わる宿命を背負っている人はこの世に何人もいます。

親友として仲良くなった女友達、人生を変える存在になった憧れの人、何故か知らないけど心に残り続ける過去の同級生、など。

様々な関係の人が該当しますが、どの人もあなたの心に変化を与えた重要な存在であることは同じ。

あなたの魂が成長するためには、唯一の存在である魂の伴侶と共に友達レベルで魂と繋がる人々も必要だからです。

人は恋人との関わりだけで成長するわけでなく、社会の中のたくさんの人と色々な接触を持ちながら大きくなっていきます。

だから、一緒にいて落ち着く…と感じた相手とは友達レベルのご縁があるのは確かです。

そこまで感じられる人はそう多くはないので、彼とあなたには何らかのご縁があるのでしょう。

でも、友達レベルの繋がりと魂の伴侶との繋がりは似て非なるもの。

人間的な相性が抜群で「彼と過ごす時間は最高!」と思えても、それがそのまま運命の人である確証にはなりません。

長く一緒にいると落ち着くと感じるのが普通だから


あなたと彼が長い付き合いで、「この人には何も気を使わないで良いからラクチン!」と思っているのだとしたら、それは時間と共にお互いを深く知り合った功績です。

長く恋人同士でいることはそれだけで素晴らしいことですが、時間をかけたからといって深く分かり合えるわけではないので、「ラクチン!」と思えるまで良い関係を築けたのは、あなたと彼のどちらもが良好な関係作りのために努力したからです。

ただ、この場合には赤い糸での繋がりではなく、努力によって得られた絆です。

2人の間に強いつながりがあるのは事実ですが、魂の伴侶ではありません。

だけど、努力で絆を強めることができたカップルは、運命的な繋がりがなくても結婚して幸せになれることが多いです。

お相手に対して「居心地が良い!」と感じているのなら、運命に関係なくこのまま自信を持って付き合いを続けてくださいね。

彼が運命の人ではない場合には、これから先にかけがえのない人と巡り合うはず。

赤い糸の人以外と付き合うことも大切な経験なので、運命的な出会いの時が来るまでは今の彼氏との良い関係をキープしましょう。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

一緒にいて落ち着く人だけど運命の人ではなかった体験談を紹介

彼氏に惚れ込まれて大事にされていただけだった


彼とは付き合い始めの頃から妙な居心地の良さがあって。

これまでに10人以上の人とカップルになったけどこんなことは初めてだったので、「ついに赤い糸の人と巡り合えた!」って有頂天になってました。

デートは毎回、私が行きたかった場所ばかりを提案してくれるし、食事をする場所もばっちり!

それに私が何も気を使わなくても会話をリードしてくれるから、何を話そう?なんて悩みもありませんでしたね。

運命の人って一緒にいて落ち着く人なんだな…って、彼と出会って初めて実感しました。

そんな状態が3ヶ月ほど続いた後、彼の友達と話す機会があって…そこで、衝撃の事実を知ったんです。

彼は私の好みを調べるためにSNSのチェックはもちろん、私の友達とも連絡を取り合ってて、それを元にデートコースを決めてたみたいで。

居心地がこんなにも良かったのは、運命のおかげではなく全て彼の努力の賜物だった…というわけです。

何も知らずに彼ばかりに苦労を掛けてたと思うと悪いことしたという罪悪感を感じましたし、運命だって浮かれてたのは私だけだったんだ…とちょっとがっかりしました。

彼は私を喜ばせようと必死だったんでしょうね。

(32歳/女性/美容ディーラー営業)

すごく気が合って喧嘩のない仲良し関係だったけど…


私たちは友達から「喧嘩しないカップル」として有名でした。

別に似た者同士ってわけじゃないのに、何故か喧嘩にならないんですよね。

彼も私も短気だしワガママ同士だしで、友達とはしょっちゅう喧嘩してるのに、何故か彼とは言い争いになることが滅多になくて。

彼氏なのに喧嘩にならないって不思議だな?と思って、私が我慢してるのかな?とも考えたんですが、何でも自由にさせてもらってるし、喧嘩にならない理由は分かりませんでした。

仲良しカップルとして一度も喧嘩のないまま2年間付き合ってて、これだけ息が合うってことは赤い糸で結ばれてたりして…?と思い始めて結婚を意識するようになりました。

でも、いざ一生を共にするか?という視点で考えた時にどうしても踏ん切りがつかなくて…。

仲良しなのは良いんだけど、私たちが一緒にいる意味って何だろう?と思えてしまったんですよね。

で、結局は「結婚はできない」と私から切り出して別れました。

彼とは友達同士で今も仲良しですよ。

(24歳/女性/歯科クリニック受付)

疲れている時に癒してくれる人を求めてしまった


仕事も家族関係も友人関係も全てが上手くいかない時があって…頼る人を求めて婚活パーティーに参加して、そこで出会ったのがKさんです。

Kさんは見た目はカッコよくないんだけど誠実な人です。

婚活パーティーでは出会えないタイプだったので、私からお願いして連絡先を交換しました。

Kさんと一緒に過ごす時間は「癒される」という言葉がぴったり。

私が何も考えなくても全てエスコートしてもらえたからすごく楽でした。

そのせいか、「一緒にいて落ち着くし、こんなにも心地良い相手だということは、Kさんと私は運命的な繋がりがあるのかも?婚活パーティーでKさんみたいな人と出会えるなんて奇跡的だし!」と思ってましたね。

そして、Kさんと付き合ってから仕事や家族間のトラブルが良い方向に向かっていき、私はやる気を徐々に取り戻していきました。

元々仕事人間なので、仕事への意欲が出始めると恋愛そっちのけで熱中してしまうんですけど、私の態度が変わったことでKさんが不満を持ち始めて。

「もう俺の助けは必要ないのか?」って言い出したんです。

運命の人だからこれからも本当の私を理解してくれるって思った矢先の出来事だったので、とにかくびっくりして「ちょっと待って!きちんと話し合おう」と持ち掛けたんですが、「話したら、前の君に戻ってくれるのか?」と聞かれて・・・

そこで気付いたのは、精神的に弱ってたせいで選ぶ人を間違えたのかな?ということ。

その一言を聞いた途端に運命的な繋がりを感じられなくなったのでお別れしました。

(26歳/女性/美容サロンエスティシャン)

一緒にいて落ち着くだけの人にはない!運命の人と出会った時のサイン

はっきりと分かる前兆があった


赤い糸で繋がれた人との出会いは人生を変える重大な出来事なので、はっきりと分かる前兆があることがほとんど。

出会いの日を迎える前に「なんだか最近はいつもとは違うことばかりが起こる」とピンとくる人もいれば、後になって初めて「あれって前兆の一種だったんだな」と気付く人まで様々。

予兆があっても気付けるかどうかはその人自身のアンテナ感度にかかっているので、稀に全く気付けないままで運命の人と知り合っていた…というケースもあります。

でも、彼との出会いを振り返ってみれば何らかの前兆に気付けるはずです。

全く何も前兆がなくいきなり2人の関係が始まったと思える人はいないと思います。

もし彼が魂の伴侶なら、何らかの前兆が起きているはずなので、当時のことをよく想い出してください。

もし、「振り返って考えても一切予兆は見られなかった!」と思えたのなら、赤い糸の相手ではなく一緒にいて落ち着くだけの人かもしれません。

自分が女なんだと改めて感じる


魂の伴侶の特徴は男女で対になっていること。

異性に性的関心を抱くのであれば、あなたの運命の人は男性です。

それに対して友達レベルでご縁があるだけの人は性別に関係なくいるので、彼と一緒にいる時に「私って女なんだな」と感じたら魂の伴侶と出会ったサインです。

自分が女だということは言われなくても分かっていることですが、男に女性として大切に扱われたり、彼を「男らしい」と思う場面に出くわしたりすると、「彼は男、私は女」ということを改めて実感させられるはず。

運命の人とは男女セットになっているため、女性的役割と男性的役割の違いに気付かされることが多いです。

単純に彼が重いものを持ってくれて「私にはできないことができる…当たり前だけど彼って男なんだな」と思ったり、いつもは冷静なのに彼の前では甘えてしまうと「私にもこんな可愛い一面があったんだ…私って意外と女っぽい一面があるんだ…」と思うなど。

色々なパターンがあるでしょうが、性別の違いを強く実感させられたのだとしたら、彼は一緒にいて落ち着くだけの人ではなく赤い糸で結ばれた相手です。

それに対して、「彼と私は男とか女とかの関係ではない、まるで女友達と一緒にいるみたい」といった感覚が芽生えたら、魂の伴侶ではなく居心地が良いだけの相手だと考えられます。

楽しいのにどこか不安・心配


一緒にいて落ち着く人と出会った時には、楽しいし居心地が良くて最高!という気分になると思いますが、その時に少しでも不安があったか思い出してください。

何もかもがパーフェクト!と表面的には思えても、心の片隅にちょっとでも苦しみに近い感覚があれば運命の相手と出会ったサイン。

運命の人と出会うと、最終的には結ばれるべき宿命なので、「ずっと一緒にいるんだろうな…」という予感がしつつ、「このまま何もトラブルが起きないはずはない…」と根拠のない不安が芽生えて、「彼を失うのでは?本当にずっと一緒にいられるのか?」と気がかりになるからです。

赤い糸の相手と結ばれる前には乗り越えなくてはいけない壁がいくつもあります。

だから、運命の人と出会うと、これから大変なことが起こる予感がして、「彼を大好きなのは本当だけど、なんか怖い…」と尻込みした状態になります。

感情をコントロールできない


赤い糸で繋がれているかけがえのない人との出会いでは、感情をコントロールできないのもサインのひとつ。

ただ、難しいのはどんな形の恋愛であれ冷静さを失うのが普通なので、一緒にいて落ち着くだけの人との出会いでも「この人の前だと素の自分でいられるし、何でも口にしてしまって感情のコントロールができない」という状態になること。

感情のコントロール具合で判別するのは少し難しいです。

判別方法をイメージで伝えると、心が躍るように浮かれてウキウキするのは居心地が良いだけの人で運命的な繋がりはありません。

でも、一緒にいる時に心の中に小さな雪の塊ができて、話を進めるうちに雪の小さな塊が雪肌を転がり落ちて大きな雪玉が出来上がっていくような感覚になったら赤い糸で繋がれている証拠。

まるで坂道を転がり落ちる時のように勢いがどんどん増し、自分では止められない!と感じるのが特徴です。

最初は小さな心の波だったとしても、徐々に揺れ幅が大きくなり自分の意志とは関係なくどんどん好意が強まった時には魂の伴侶であると考えて良いでしょう。

未来がなんとなく見える


未来が見えるのも運命の人と出会った時のサインですが、これは頭で考えてイメージできるかどうかではないので注意してください。

彼との幸せな未来を考えて様子が頭に浮かんできても、それはサインではありません。

そうではなく、急に頭の中に何十年後かの彼とあなたの姿が思い浮かぶというものです。

また、そのイメージは幸せそうにしている様子だけでなく、もっとリアルです。

彼がお爺さんになっていて介護していた…夫婦喧嘩をして彼が物凄く怒っていた…など知りたくもない未来が見えてくることがあります。

通常、好きな人との未来を思い浮かべる際には、幸せいっぱいな様子が頭に浮かぶと思いますが、魂の伴侶の場合は幸せなものだけではないのが違いです。

出会った時に考えてもいないのに勝手に未来の2人の姿が見えた場合には、高確率で彼はあなたの運命の人です。

運命の人と出逢うとどうなる?一緒にいて落ち着く人が運命の人だと分かる瞬間

大きなトラブルに見舞われた時の対応


最初は一緒にいて落ち着くだけの人だと思っていたのに、大きなトラブルに見舞われた時の対応を見て「この人は心地良いだけの人ではない。私の魂の伴侶だ!」そう気付くケースがあります。

赤い糸で繋がれている人は、最悪の状況になってもご縁が途切れずに関係が続くことが多いです。

だから、あなたが大きなトラブルに見舞われた時に、これで彼との関係は終わり…と思えても前世からのご縁がある人とは繋がり続けます。

例えば、急病で1年間の長期入院を余儀なくされた時に、「1年も病院で過ごさないといけないってことは振られちゃうかな…」と思ったとしても、彼は「なんで?入院したからって僕たちの関係は何も変わらないよ」とケロっとしている、など。

もしくは遠距離になって滅多に会えない関係になったのに、それに対して不平不満を言うわけでもなく今まで通りスムーズにお付き合いを続けられた…などがあります。

あなたがピンチに陥った時の彼の対応を見れば、魂の伴侶としての特別な絆があるかどうかがハッキリするでしょう。

別れを経験して2人の関係が変わった


一緒にいて落ち着くだけの人だと思っていても運命的な繋がりがあれば、復縁後には全く違う関係がスタートします。

一度別れて初めて「落ち着くだけの人ではなく、彼は運命の人だった」と気付く女性が結構います。

赤い糸でつながっていない人は、破局後に復縁した後、最初の時と同じような関係が再び始まるのが違い。

もし、過去に破局して復縁した経験があるのなら、破局前後の変化の有無を確認すれば見分けがつくでしょう。

赤い糸で繋がれている相手との出会いでは、1人になった時に問題を解決するという目的があります。

そのため、通常の恋愛での別れとは少し違った道筋を経験することとなり、2回目の関係再開時には2人共が以前とは別人のように変化しているはず。

「これまでは喧嘩ばかりだったカップルが話し合いで問題を解決できるようになった」

「結婚への意欲が違い過ぎて衝突ばかりだったのに、復縁後は2人の足並みが揃ってスムーズに結婚準備ができた」

などの出来事があれば、お相手は魂の伴侶である可能性が高いです。

友達関係になったらしっくりこない


運命の人だと分かる瞬間のひとつが、恋人から友達に変化して違和感を抱いた時です。

赤い糸の相手だと、友達関係になった時に「なんか違う…」と心がモゾモゾズルでしょう。

一緒にいて落ち着く人と付き合っていると、「恋人って言うよりも仲の良い友達みたい…」という感覚を覚える人もいますが、この場合には、高確率で運命の相手ではありません。

ただ、付き合っている時には友人のようだと思っていても、男女を意識する機会が見えていないだけのケースもあるので判断が難しいかもしれません。

最も分かりやすい判別方法は、恋人関係を完全に解消して友人同士の付き合いを始めること。

この時には一切恋愛感情を持ち込まないようにしてください。

恋人から友人になると、友達以上恋人未満の関係になる男女がいますが、それでは見分けができないので注意しましょう。

魂の伴侶は対になって一生を添い遂げるパートナーなので友人同士だとどこかしっくりこない感覚になります。

逆に友人として物凄く良い関係を築けていると感じた場合には、赤い糸で繋がれた相手ではないということ。

現実にいる友達夫婦と言われるさっぱりした愛情で繋がれているカップルは、魂の伴侶ではないけれど婚姻関係を結んだパターンが多いと思います。

でも、友達夫婦は穏やかな繋がりで長く良い関係を持続でき、幸せな家庭を築けます。

運命の人と結婚しないと幸せになれないというわけではないので、友人同士のほうが関係が良い場合には、熱く燃え上がる関係を目指すのではなく、友達の延長線上のような関わりをする男女関係になるのもアリです。

彼に対して別の人にはない居心地の良さを感じているのなら、友達みたいなカップルの在り方で幸せになる方法も検討してみてくださいね。

プラトニックな関係でも仲良しでいられる


一緒にいて落ち着く人に対しては激しく燃え上がる感情を持ちにくいので、付き合っていくうちにプラトニックな関係になるカップルもいます。

この時に、体の関係がなくなったり頻度が少なくなっても良いコミュニケーションが取り続けられれば、それはかけがえのない運命の人だということ。

心地良いだけの人だと、プラトニックな関係になった後に徐々に心の距離が離れていき最終的には上手くいかなくなるでしょう。

プラトニックな関係でも上手くいくのは、赤い糸で繋がれた者同士は魂レベルでの深い繋がりがあるので肉体での繋がりがなくても心を引き止められるからです。

若い世代だと、今すぐにプラトニックな関係を検討するのは難しいと思いますが、彼が運命の人なのかを確かめたいのであれば、エッチの回数を少な目にすれば多少は判断材料になるでしょう。

1回でもエッチをお断りしたら激怒された、険悪ムードになった…なんてケースは運命的な繋がりがない可能性が高いです。

ハッキリと断定できるわけではありませんが、参考程度に取り入れてみてください。

愛されている自信が理由で嫉妬心がそこまでない


一緒にいて落ち着く人に対しては嫉妬心が湧かないケースが多いものですが、これには2つの理由が考えられます。

1つ目は相手への愛情がそこまで強くなく、心のどこかで「浮気されたら別れればいいや」と思っているから。

要は、彼をたいして好きではないから嫉妬心が強くならないのです。

この場合には、お相手とは赤い糸で結ばれていません。

嫉妬欲は愛情量を測るひとつに目安になります。

人はさほど好きではない人に対しては無関心になりやすく、「浮気されたらどうしよう」などと不要な心配をしません。

その人が目の前にいる時には「私だけを見ててほしいな」とは思っても、目の前にいないと思い浮かべる時間がほとんどないからです。

それに対して何よりも好きだというほどに惚れ込んでしまうと、一緒にいる時はもちろん離れている時も片時も相手のことが頭から離れないので、心配になって仕方ありません。

その結果、考えても答えは出ないと分かっていても「浮気してるかも?」とモヤモヤしてしまうのです。

だから「不必要な嫉妬心が芽生えずにラクチン!」と思っている人の一部は、赤い糸で繋がれているせいで嫉妬心が芽生えないのではなく、単に愛情の量が少ないだけです。

嫉妬心が湧かない2つ目の理由は、相手からの愛情に自信が持てて「浮気なんてするはずない!」と思えるから。

この場合には運命的な繋がりがあるケースが多いでしょう。

「四六時中彼のことを考えてしまうのに、浮気するとは思えない…」そんな感覚があったら赤い糸で結ばれた相手である可能性が高いです。

一緒にいて落ち着く彼氏が果たして本当に魂の伴侶なのか?を確かめたい方は、どうして嫉妬心が芽生えないのかを考えてみてください。

単純にそこまで好きではないのかも?と思えたら、それは前世からの繋がりのある相手ではないのでしょう。

逆に「絶対に愛されているという確信があるから安心できる」と思えたら運命の人だということです。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「一緒にいて落ち着く人が運命の人ではなかったとしても大事にしよう」

占い師 ミミコ
居心地が良いだけの人と運命の人との見分け方について説明してきましたが、あなたが「一緒にいて落ち着く…」と感じられるのなら彼と相性が良いのは間違いありません。

運命的な繋がりがない場合は彼とは今世限りのご縁かもしれませんが、それでもあなたにとって必要な人であることは確か。

居心地が良いと感じる相手であれば、あなたを幸せにしてくれる可能性が高いです。

運命の人だという確信を持てた方はもちろん、あの人は居心地が良いだけの人だったみたい…という結果になった人も彼を大切にしてくださいね。

【期間限定・7月5日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事