※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

「運命の人」と聞くと、ふたりは絶対離れない!というイメージを持つかもしれませんが、実は運命の人とは一度は別れると決まっているんです。

運命の相手なのだから、一緒に居るのが自然なんじゃないの!?と不思議な気持ちになりますよね。

今回は、運命の人とは必ず一度別れるのはなぜか?について考え、離れる原因とまた出会う時の再会方法について説明します。

運命の人と別れることに納得できないのは、運命の人と出会う本当の意味を少しはき違えてしまっているのかもしれません。

運命の人に特別な魅力を感じるのは、一緒に居ると楽しいといった表面的なことが理由ではなく、それとは別の本当の理由があるからです。

運命の人と出会う理由は、あなたの魂を成長させ、人としてステップアップするためであって、目先の心地良さのためではありません。

だから、あなた自身の成長に必要なのであれば、運命の相手だったとしても別れを経験しなくてはいけないんです。

あなたも運命の人と別れることがあったら、ここに書かれていることを思い出し、別れの本当の目的を果たすようにしてくださいね。

本日のメニューはこちら

運命の人は実際に存在する?誰にでもいる?必ず出会えるの?

結ばれるべき人が存在する理由


赤い糸で繋がれた人は必ず存在します。

なぜなら、人は不完全な生き物で、補い合える相手が必要だからです。

自然界を見渡した時に、「私も動物みたいに本能のままに生きられたらな~」と思ったことがありませんか?

お腹が減ったら食べ物を探し、眠くなったら寝る、そして子孫を残す…それが自然界の掟です。

人間以外の生物は、子孫を残すことを最優先させる一生を過ごすのが普通。

だけど、人は本能だけでは生きていけない動物です。

この世に生まれてきた意味が後世に遺伝子を残すだけなのであれば、こんなに苦しまないでしょうし、もっと淡々と生きていけるはず。

でも、現実は?

小さなことにクヨクヨしたり、些細な出来事が心に残り続けて眠れない…など人は毎日の中で葛藤を抱えて生きています。

だからこそ、人生を乗り切るために運命の人が必要で、結ばれるべき人と対になることで充足した時間が過ごせる仕組みになっているのです。

また、人の特殊性は、自然界の動物の中で自ら命を絶つのは人間だけという点にも表れています。

それは、他の動物と同じような体の造りを持っていたとしても、人間だけは精神状態が特殊なせいです。

人類は知能が発達して構造が複雑になり過ぎた結果、1人では社会の荒波に耐えられない心の脆弱さを生み出してしまったのでしょう。

知能の発達による文化や文明の発生という良い側面と、精神的な弱さのデメリットはセットです。

弱さをカバーするために神様が与えてくださったのが運命の人。

赤い糸でつながれた人と一緒にいると安心するのは、こういった理由があるからです。

ただ、難しいのは出会える確証がない点。

本来なら自然と引き寄せられるはずですが、出会えないままで人生を終えることも珍しくありません。

誰にでも絶対にいるが…


結ばれるべき運命の人は誰にでも絶対にいますが、性別や年齢などが丁度良くマッチするかどうかは別問題。

対になる仕組みにはなっていても、国籍が違ったり、住んでいる場所が遠かったり、年齢に大きな開きが出ることも多々あります。

こればかりは人の手でどうこうできるものではないので、運命を受け入れるしかないでしょう。

出会えないままで人生を終える人は、最期の時に結ばれるべき相手が頭に浮かぶと言われていますし、今世で出会えた場合には、その人の姿が頭に浮かびます。

しかし、誰が本物の運命の相手かは命が尽きる瞬間になるまでは分かりません。

また、異性だけでなく同性同士が対になることもありますが、社会通念上、女と男でワンセットと考えられているため、同性の場合には気付かずに人生を終えることがほとんど。

小さな頃から女の子は男の人と結婚するものだと周囲に言われ続けていると、同性の結ばれるべき人に出会っても「この子とはびっくりするくらい気が合うけど、友達だし赤い糸でつながれているわけじゃないよね」と思ってしまうからでしょう。

それに、年齢が著しく離れているパターンも「こんなに年の差があるんだから、まさか特別なご縁があるわけじゃないよね…」と運命を信じられず、気付けないことが多いです。

本物の結ばれるべき人を見逃さないためには、先入観を全て取っ払って相手を見なくてはいけません。

そのため、生まれたばかりの無垢な心を持ち続けている人は巡り合った瞬間にすぐに感づき、決して相手を間違えることはないと言われています。

全ての人にこの力が備わっていれば苦労しないのですが、実際はそこまでの純粋な心を持つ人は全人口の中の僅か1%程度。

99%の人は既存の価値観に染まっているので、見逃してしまいがちです。

結婚はしないケースが多い


運命の相手と聞くと、既婚者の方は「配偶者が赤い糸でつながれた人なのか知りたい!」と思いますよね。

だけど、赤い糸の人と結婚できる人は稀です。

これは、離婚率が高いことが証明していると言えるでしょう。

日本人の離婚率は35%と言われており、計算方法によって実際の離婚率に多少の違いがあるとはいえ、離婚する夫婦が多いのは事実です。

離婚に至らなくても「本当は離婚したいけど、経済的な理由で離婚できない」「子供が大きくなるまで離婚は我慢する」という夫婦は山のようにいます。

運命の人と結婚できたのなら離婚率は高くならないはずですし、離婚したいほど仲の悪い夫婦がこんなにも増えないでしょう。

それに、運命の人と出会えると「結婚なんかしなくても満足」と感じる人が多いのも特徴。

現在の日本における「結婚」は、人生を共にする人を1人に決めるという意味合いと同時に、法的な側面が大きいです。

例えば、子供を作るのなら戸籍上の手続きをしておかないと…と思う人が多いのではないでしょうか?

でも、運命の相手と出会った人はそういったリアルな事情よりも精神的な満足感を重視するので、「結婚」という形にこだわらずに共に人生を歩むことが多いのです。

出会いの時期は人それぞれ


運命の人がいると分かると「いつ出会えるんだろう?」と思うでしょうが、残念ながら出会いの時期は人それぞれで決まっていません。

ひとつ言えるのは、第二次性徴を迎えてからのパターンがほとんどだということ。

第二次性徴を迎えるまでは運命の道筋が確定していないので、結ばれるべき人と出会っても引き寄せられることはないでしょう。

この世に生を受けてからしばらくの間は、未来がはっきりと決まっていない状態。

背負ってきた宿命があるとはいえ、まだ確定はしていません。

でも、第二次性徴を迎えて思春期に入る頃になると、人間関係が変化し恋愛感情が本格化してきます。

これも、結ばれるべき人を嗅ぎ分けるために備わっている能力のひとつ。

それまでは人に対してぼんやりとした感情しか抱かなかったのが、思春期を迎えると「この人を深く理解したい」「この人を自分だけのものにしたい」「この人の肌を触れたい」などの新しい感情が芽生えます。

こうした感情こそが運命の人を見極めるために必要なもので、自分以外の誰かを激しく求める気持ちが強くなると、結ばれるべき人をキャッチしやすいです。

そのため、「他者への関心が強い」人は赤い糸でつながれた相手を見極める力が平均以上あり勘が鋭いです。

逆に「他人への関心が薄い」タイプの人は、運命の人と出会っても気付かないことが多く、一生独身を貫くだけでなく人との関わりを最小限にした人生を送るでしょう。

運命の人には特徴がある!運命の相手の簡単な見分け方

楽しい話をしているのに胸が締め付けられる


運命の人を見分ける最も確実な方法は、その人と話をしている時に胸が締め付けられるかどうかです。

恋心を持った人と一緒にいるとキュンと胸が締め付けられる感情を抱いた経験があると思いますが、運命的な繋がりがあると大笑いするような話をしているにも関わらず胸が非常に苦しくなります。

これは体に異変が起きているわけではなく、精神的な感情の高ぶりなので、人によって感じ方が違います。

一般的には「胸が締め付けられる」という表現を用いることが多いですが、人によって「息ができない」「お腹があったかくなる」「手足がムズムズする」など非常に差があります。

共通しているのは、他の人と一緒にいる時には感じられない種類の感情だということ。

初めて結ばれるべき人と触れ合ったり、話をした時には「え?なに?この感覚?」と不思議な気持ちで一杯になる人もいるようです。

これまでに感じた経験の無い不思議な感情が芽生えた時には、その人が運命的な繋がりのある人かもしれません。

外見は好みでないことが多い


運命の相手というと白馬に乗った王子様のイメージで「一目見た時から恋に落ちる!」と思い込んでいる人もますよね。

でも、実際は少し違います。

中には一目惚れをするほどタイプど真ん中の人もいるようですが、大半は「ちょっとこの人はナシかな…」と恋愛対象から外してしまうギリギリのラインです。

分かりやすいのはイケメン好きな女性。

いつもは顔で男を選ぶのが当たり前なのに、「顔は好みじゃないけど目が離せない」という人に出会ったら結ばれるべき相手なのでしょう。

外見の良さで異性に惹かれるのは動物としての本能です。

より優秀な遺伝子を残すために優れた外見の異性を好ましいと思うようセッティングされているからです。

でも、結ばれるべき相手は遺伝子を残すために存在しているわけではないので、外見は関係ありません。

また、いつも内面重視で男性選びをするタイプだと、そもそも外見を気にせずに相手を見ているので、普通に好きになった人と運命の相手との区別が難しいかもしれません。

ただ、内面重視派の人でも「さすがにこの人はないだろう…」と思えるほど第一印象が良くない人とは親しくなることが少ないですよね。

もしかしたら、その中に結ばれるべき人が隠れている…という可能性は捨てきれません。

知れば知るほど好きになる


結ばれるべき相手の特徴は、知れば知るほど好きになること。

恋心を持つ瞬間は意外とどうでもいいことが多いものです。

その人を詳しく知らないのに、ふとした拍子に急激に好きになることがありますよね。

でも、そこから色々なことを知っていくうちに「なんか思ってた人と違う…」と冷める相手もいると思います。

その場合には、その人は御縁のある人ではありません。

運命的な繋がりがあると、知れば知るほどどんどん好きになり、不思議なことに一見欠点に見えるところが「かわいい!」「カッコいい!」「素敵!」と思えるのです。

理由は分かりませんが、いわゆる波長が合うということと関係しているのでしょう。

全く同じことを他の人がすると「鬱陶しい」と思うのに、彼がすると「放っておけない!」と構ってしまう…という経験がありませんか?

それは、彼がそれだけ特別な存在で、赤い糸で結ばれているからかもしれません。

手を繋いだ時のフィット感が抜群


体の感覚で見分ける方法は、手を繋ぐことです。

手を繋ぐと一口に言っても、ギュッと強く握る方法もあれば、フワッと包み込まれるような方法もありますよね。

運命の相手だと手を繋いだ時に、「手が触れているだけなのに、すごく気持ちが良い」と感じるはず。

仮に手に汗をかいていてちょっとべたべたしたとしても、運命的な繋がりがあるとそれさえも心地良く感じます。

逆に「なんかこの人の手の繋ぎ方はイマイチ…」と心がときめかない場合には、結ばれるべき人ではありません。

しかし、手を繋ぐ方法はドキドキしている時など冷静になれない状態では、見極めに失敗する可能性が高いので注意してください。

恋愛関係になっていると、「かわいいよ」などと嬉しいことを言われて心が浮足立っている状態が多いと思います。

そうすると結ばれるべき人ではなくても「手を繋いだらドキドキする!」と興奮してしまうのも当たり前。

そうではなくもっと落ち着いた状態で、しっかりと手の感覚を感じ取ってください。

手の皮膚感覚を研ぎ澄ませて、精神を手に集中させましょう。

そして、彼のことをフラットな状態で見るようにしてください。

「カッコよくて大好き!」と思っていると冷静な判断がくだせません。

「この人が運命の相手だったらいいな~」と贔屓目で見るのも厳禁です。

心を平静にしてから手を繋いで、結ばれるべき人かどうかを確かめるようにしてください。

目が合ってもそらせずに見つめられる


目と目がばちっと合うと、ちょっと恥ずかしい気持ちになって目をそらせてしまう人が多いと思いますが、運命の人だと目と目が合った時にそのままじっと見つめることができます。

恥ずかしいという感情を持つこともあるようですが、それよりも「目をそらせない…」という感情が強くなります。

体が勝手に反応してしまうので、頭では「ずっと見てると思われると嫌だから目をそらせたい!」と思うものの、身体がその通りには動かないという状態です。

身体が思ったように動かせなくなるのも、結ばれるべき人と出会った時によく見られる症状です。

意識的に行動するのではなく魂のレベルで惹かれ合っているので、このようなことが起きるのでしょう。

ステップアップさせていくタイミングが一致する


人は誰かと知り合った後に、徐々に関係をステップアップさせていきます。

恋愛関係の場合には、話をする関係から、手を繋ぐようになり、キスをして…という感じで、少しずつステップアップしますよね。

この時のスピード感は人によって違いますが、相手が運命の人だとステップアップさせるタイミングが一致して不快な思いをせずに済みます。

どんなスピードで関係を深めていけばいいかに正解はなく、会ったその日に体の関係になる人達もいれば、1年間付き合っても手を繋ぐだけというケースなど様々。

だから、最初は「この人が好き」と思っても、いきなりキスをされて「こんな早くキスするのイヤだな・・・」と思ったり、いつまでも関係が平行線のままで「いい加減キスくらいしてよ!」と思うことがあります。

このようにステップアップするタイミングがしっくりこない場合には、結ばれるべき人ではないということ。

運命の人なら「そろそろキスしたいな」と思っている頃に、ちゃんと相手がキスをしてくれて違和感を抱くことがないからです。

自然と関係が深まった相手は運命的な繋がりがある可能性が高いです。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「幸せのレシピ」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

運命の人とは一度別れる事になるスピリチュアルな理由

本来はまだ出会う時ではなかったから


運命の人と本来はまだ出会う時期ではない時に付き合い始めてしまった時には、一度は別れることになるでしょう。

この場合の理由は簡単で、単に付き合うべきタイミングではなかったからです。

運命の相手とは意気投合することが多いので、何らかのきっかけで予定よりも早く出会ってしまうと、本来一緒に居るべき時ではない時期にお付き合いを開始してしまうことがあります。

運命の人と一緒に居たほうが成長が早まるとはいえ、それはお互いが必要としているベストなタイミングで付き合い始めた時に限られます。

だから、まだ一緒に居るべき時ではない時期に付き合い始めてしまうと、それは運命の相手ではない男性と付き合っている時と同じような状況になっているということ。

一緒に居て楽しいと思えるほどには好きになりますが、しょせんその程度までです。

だから、運命の相手以外の男性と付き合っている場合と同じような感じの関係にしかなれないでしょう。

そのため、普通のカップルのように、付き合っているうちに「なんかちょっと思った人とは違うかも?」と感じたらすぐに別れてしまう程度のつながりしか持てません。

この時には相手が運命の人だとはいえ、別れた後に「忘れられない…」という感情を抱くことは稀です。

通常は運命の相手だったら別れた後もずっと頭に残り続けるものですが、お互いがまだ未成熟な状態で付き合っているので、そこまでの感情を抱けないからです。

このような理由で別れてしまったカップルは、一度関係を完全に終わらせた後に再び出会い、違った形で関係を始めることになります。

運命の人に釣り合うほどに成長していないから


運命の人と出会った時にふたりの成長度合いが違う時にも、別れなくてはいけなくなります。

これは、運命の相手に釣り合うほどに成長していないことが原因です。

成長速度には個人差がありますが、その人なりに年齢を重ねるごとに自分のペースで成長を続けて大人になっていきます。

しかし、途中で何らかの事情で成長が遅れてしまったり、不足している部分を持ったまま大人になってしまうことがあり、そういった場合には運命の人を満足させられるほどの女性になれていません。

相手男性にとっても運命の人は特別なので、運命の女性と一緒に居ると「僕の人生にとってこの女性が絶対に必要だ」と思えるはずですが、成長度合いが不足していたり、成長が欠けている部分があると相手にそこまでの気持ちが持てません。

その結果、成長速度が遅い側だけが相手への気持ちが強まり、片思いのような状態になって別れてしまいます。

この場合には、成長が遅れている側が運命の相手に見合う成長を遂げなくては、関係を再開することは難しいでしょう。

本当の自分を取り戻すため


運命の男性と出会っているのに別れるのは、本当の自分を取り戻すためでもあります。

人は自分の軸になる魂を持って生まれてきます。

この魂は生まれてきた時には全く穢れのない状態で、本当の自分そのものの姿をしていますが、人生経験を積むうちに現世での価値観に包まれていくので、本来の魂の姿とは違った形になっていくのが普通です。

例えば、本当は絵を描くのが何よりも好きなのに、絵を描いているだけでは生活できないので、絵を描くことよりも他の能力を磨くために時間や意欲を費やす…といったことです。

こういったことを繰り返して年齢を重ねるのが一般的なので、大人になる頃には本当の自分(魂)がどんな姿をしているのかが分からないだけでなく、本当の自分がいることさえ忘れてしまっています。

しかし、運命の人と一緒に居ると徐々に本来の自分に気づき始めます。

そして、本来持っていたはずの欲求に気付くと、今度は本当の自分を取り戻すための時間が必要になります。

これは、本当の自分に気付かせてくれるのは、運命の相手だったとしても、そこからさらに自分を取り戻すためには1人になって頑張らないといけないからです。

運命の相手は本当の自分に気付かせてくれる貴重な存在です。

しかし、本当の自分がいるということに気付いてしまったがために、自分を取り戻すための時間が必要となり、1人の時間を確保するために運命の人とは別れなくてはいけなくなります。

運命的なつながりがあるかを再確認するため


運命の相手とは強いつながりを感じることが多いとはいえ、目には見えないものなので本当に赤い糸で繋がっているかどうかがはっきりしないこともあります。

これはつながりを信じられるかどうかという問題で、どれだけ相性の良い相手と出会っても「この人は運命の相手ではないのかもしれない…」と疑う気持ちが出てしまうと、つながりを信じられなくなってしまいます。

そのため、カップルのどちらかだけが「この人は運命の相手だ」と思っていたとしても、もう片方が「運命の人だという自信が持てない…」となってしまい、気持ちに温度差が出てしまうことがあるんです。

そういった場合には、本当に運命的な繋がりがあるのかどうかを再確認するために、別れるという選択をすることになるでしょう。

付き合っている時に相手のことを嫌いになって別れるのではなく、好きな気持ちに自信が持てなくなり別れを選ぶケースがありますが、この場合には「一度離れて相手が本当に運命的な繋がりのある人なのかを確認したい…」という深層心理が隠れています。

自分でも別れる理由が説明できない…という心理状態になっている場合には、心の奥底では「別れて運命を試してみたい」と思っているんです。

近くにいると運命の相手かどうかが見えにくくなるので、離れてみて初めて「やっぱりこの人と一緒に居ないとだめだ」と再確認でき、再び付き合い始めるカップルも多いです。

運命的な繋がりが信じられなくて別れを選んだ場合には、確認作業を経験することで、再会してからの関係がより強固となるのが特徴です。

そのため、別れを経験したことで運命的な繋がりがあると確信を持った後のカップルは、多少のことでは別れたいとは思わなくなります。

運命の流れが予想外に変わったから


運命の人は前世から縁が合った人ですから、今世でも巡り合うことは決まっています。

しかし、いくら運命の相手だからといって、絶対に出会えるというわけではありません。

なぜなら、生まれた時に背負ってきた運命があっても、生きているうちに様々な影響を受けることで運命の浮き沈みの波が大きく変わってくることがあるからです。

運命の流れは膨大な量の偶然の積み重ねなので、ちょっとの狂いがあると、それがきっかけになって未来を大きく変えてしまいます。

例えば、彼に本来は言うはずではなかった一言を口にしてしまい、そのたった一言がふたりの今後を大きく変えてしまうようなことがよくあります。

運命の流れを予想外に変えてしまう出来事は些細なことだというのが特徴で、毎日の生活の中にありふれているような出来事ばかりです。

逆に、運命の人に対して「もう別れたい」と言うなど、影響の大きな発言は運命の中でタイミングが狂うことは滅多にありません。

こういった決定的な出来事は運命の中で固定されているので、よほど特別な事情がない限り間違ってしまうことはないでしょう。

でも、いつもは「おはよう」と言われたら笑顔で返事をするのに、その日は気分が優れずに不機嫌な返事をしてしまう…などの小さな出来事は、運命の中で度々予定外の変化を起こしています。

大体はそういった小さな変化は微調整されるので、運命そのものを狂わすことはありませんが、時には運命を狂わす小さな変化が立て続けに起こり、一緒に居るはずだった運命の人と別れる結果になってしまった…というケースもあります。

運命の人と一度離れることになる原因やきっかけ

価値観の違いで喧嘩が増える


運命の人と一度離れることになる原因として最も多いのが、価値観の違いが原因で喧嘩が増えることです。

これは、価値観が違うといっても「何を考えているか理解できない」という種類のものではなく「普段は分かってくれるのに、なんでこの点に関しては同意してくれないの?」という種類の価値観の相違です。

運命の男性と出会うと「驚くほど価値観が似ている!」と思う女性が多く、同じ考えを持っている部分に惹かれていきます。

しかし、価値観が一緒だという思い込みがあると、「何を言っても賛同してくれるはず」という期待が大きくなってしまうのが問題です。

友達には「その考えは間違っているよ」と言われても納得できるような事柄でも、運命の相手から意見を否定されると「あなただけは分かってくれると思っていたのに…」と期待値が高かった分だけ落ち込んでしまいます。

いくら運命の相手だからと言っても、自分以外の人間なので考えが異なることはよくあることですが、期待が大きくなり過ぎると、少しのことでも「予想と違った…」とがっかりしてしまいます。

そういったことを繰り返しているうちに、「何度も期待外れのことをされるから別れたい」という気持ちになってしまうのでしょう。

別の異性に興味を持ってしまう


運命の人と付き合っている時には意外にも他の異性に目移りしてしまうことが多いです。

これは、運命の相手と一緒に居ると安心しきってしまうことと関係しています。

普通の恋愛関係だと、両想いになってからも相手に嫌われてしまわないかな…という緊張感を持った状態で関係を深めていきます。

しかし、運命の男性と出会うと「探してたのはこの人だったんだ…他の人とは比べ物にならないくらいしっくりくる…」と心が満たされるような感覚になり、一緒に居る時の緊張感がなくなります。

運命の人とは結ばれるべき関係なので、他の男性に比べると関係が安定しているのが違いで、カップルによっては過度に落ち着きすぎてしまうことがあります。

多少のトラブルがあっても、大きな喧嘩に発展することがなく、仲直りもスムーズにできてしまう…そんな関係になっていると相手を疑うこともなく、緊張せずにお付き合いを続けられます。

しかし、この安定感があることで恋愛のドキドキ感は減少してしまうため、他の異性に目移りしてしまうのです。

その結果、「確実に一緒に居られるという安心感が強すぎるとつまらない…」と感じるタイプの人は、刺激を求めて他の異性との時間を持ちたくなってしまいます。

これは本気で好きになるというものではなく、ただの火遊びのようなものですが、他の異性のことを考えていることが付き合っている相手に知られてしまうと、カップルとしての関係は破綻してしまうでしょう。

恋愛に集中できない


運命の人と別れる理由のひとつには、恋愛に集中できないというものもあります。

運命の人と出会うことで、切磋琢磨する機会が増えお互いが成長していくと、恋愛に集中できない時期がやってくることがあります。

これは、運命の人と一緒に居ると1人になってやるべきことがあることに気付くからで、やるべきことを自覚するようになると、付き合っている相手のために時間を使うことに苦痛に感じるようになります。

時間は有限なので「恋愛に時間を費やしていると本来自分がすべきことに十分な時間を使えない…」と感じるようになると、彼氏彼女とのデートをキャンセルして自分がしたいことに夢中になっていきます。

こういった関係になってもお互いが1人の時間の重要性を理解できていれば、距離を離した関係でカップルとしてやっていけますが、どちらかが不満を持ってしまうと「もっと一緒に居てくれないと嫌だ」という理由でトラブルが発生してしまうでしょう。

運命の相手と出会うと、魂のレベルを高めるためにやるべきことに気付いてしまうケースが多いです。

そうすると、恋愛だけに集中することは難しくなり、関係をうまく保てなると別れる結果となってしまうのです。

なぜだか分からないけれど一緒に居ると恐怖感を抱く


運命の人と付き合っていると、「なぜだか分からないけれど、このまま一緒に居るのは怖い」と感じて離れてしまう人もいます。

これは、運命の相手に出会うと今までには知らなかった感情が芽生えることが原因で、一言で言うと「どこまで好きになるか想像ができなくて怖い」という潜在意識の表われです。

この感情は、未知の体験に対する恐怖心です。

今までの恋愛では経験したことがないほどに相手を好きになることで、初めての経験に戸惑いと不安を感じます。

運命の人との恋愛が始まると「こんなに1人の女性に夢中になってしまっていいのかな…なんか怖い…」という気持ちが出てきます。

これは、初めての自分の感情に困惑し、自分で自分を制御できなくなるような気分になってしまうから怖いのです。

これまでも異性を好きになったことがあるとはいえ、過去の恋愛経験とは全く違った感情を抱いている自分に驚き、今後の予測が立てられなくなると怖くなってしまうのでしょう。

こういった感情を持って恐怖感に耐えられなくなると、「好きだけど一緒に居てはいけない気がする…」という理解しがたい理由で別れを選ぶことになります。

離れてもまた出会う!運命の人と別れた後再会までに辿る道のり

離れていることに気楽さを感じる


運命の人は相性が良いとはいえ、ぴったりと一致し過ぎると今までの恋愛パターンとは違うことで疲れてしまうことがあります。

運命の男性といると「一緒に居て楽しいんだけど、あまりにうまくいきすぎて、なんか信じられない」という気持ちになることがありますが、その状況が続くとうまくいきすぎて疲れるという現象が起こります。

物事は何でも成功する時と失敗する時の両方があるのが普通なので、いつも成功ばかりを繰り返す人間関係だと違和感を持つのが正常な感覚です。

運命の人とは付き合い出した頃からスムーズに関係を深められるし、嫌なことも何も言わないし、全てが理想通り!といった感じのことが続きます。

そうすると、感覚が一致し過ぎてちょっと重たく感じてしまい、たまにはうまくいかないようなことがあってもいいのにな…と贅沢な感情を持ってしまいます。

あまりに幸せな出来事ばかりが続くと、そのうちに信じられないような不幸が襲ってくるのではないか?という不安を抱く時がありますよね。

運命の人と付き合っている時は、まさにそのような感覚で、いつか大喧嘩をして急に別れてしまうかもしれない…などと余計な事を考えてしまい、幸福続きな状態に疲れてしまうんです。

運命の人と付き合っている時に、そのような疲労感を感じていると、別れた後に「離れているほうが気楽だ…」とどこかほっとした気持ちになります。

これは運命の相手とは特別に相性が良いことを実感すると「絶対に一緒に居なくてはいけない」という重圧のようなものを感じることも関係しています。

どこかで相性の悪さを感じると「運命の人ではないから、別れちゃってもいいかな」という言い訳ができますが、運命の人との相性の良さを実感すると「絶対に別れてはいけない気がする」という重圧を自分にかけてしまい、段々と息苦しさに耐えられなくなります。

だからこそ、運命の人と別れてしまった後は「付き合い続けないといけないという重圧から解放されてすっきり」という感情が出てくるのでしょう。

好きな気持ちに自信が持てない


運命の相手と離れていると気楽だと感じても、運命の人は他の男性よりも特別な存在であることには変わりないので「やっぱり元彼のことが好きだな~」という気持ちが徐々に戻ってきます。

しかし、付き合い始めの頃のような「すごい好き!」という気持ちとは少し種類が変わってきていることに気付き、「これって本当に好きなのかな?」と、好きな気持ちに自信が持てなくなります。

これは「好き」の種類が変化しているからで、知り合った当初のような勢いのある好意ではなくなったことを意味しています。

離れてみて初めて、ただの勢いで好きになっていたわけではないと気付き、彼への本当の愛情を持っていることを自覚します。

でも、勢いのある好意に比べると、本当の愛情は穏やかです。

他の男性にはこんな穏やかな気持ちで好意を抱いたことがない女性は「元カレのことが好きなのか好きじゃないのかどっち?」と自分の気持ちに自信が持てません。

だから、この時期は「元彼が好きだけど自信がないから、やり直したほうが良いのかどうか迷う…」とどっちつかずの日々を過ごすことになります。

このまま離れていたくなる


元カレへの好きな気持ちに自信が持てないと、「このままやり直すのはやめにしてずっと彼とは離れた状態でいよう…」という気持ちを持つようになります。

この時点では、すでに元カレは他の男性とは明らかに違うということに自分自身で気付いており、「復縁をした後に再度運命の男性を失いたくない…」という心理状態です。

他の男性との恋愛では別れた後に「別れてすっきりした!次の恋愛しよ!」と思えるのに対して、運命の人だと別れた後に好きな気持ちが再燃してきて「どうしてもまた一緒に居たい…」と思うのが違いです。

自分にとってどうしても必要な存在である運命の相手と離れていることに辛さを感じるようになると、「こんなつらい思いをするのなら、もっと気楽な恋愛のほうが良いから適当に好きになれる人を探そう」という気持ちが芽生えてしまいます。

しかし、運命の人のことは簡単に忘れることができず、離れている辛さは徐々に強くなっていきます。

元カレとやり直したい気持ちはあるけど、その後にもう一度彼を失ってこれ以上傷つくのは嫌だ」と葛藤を抱えた状態になると、やり直すための勇気を持つことができません。

恐怖を乗り越えて再チャレンジする決意がつく


元カレとやり直したいけど傷つくのは嫌…という日々を過ごしているうちに、彼のことが本気で好きだという確信が持てるようになると「また傷ついても良いから、もう一度元カレとやり直したい!」という決意する瞬間がやって来ます。

このタイミングは人それぞれで、徐々にやる気が戻る人もいれば、ある時急にやる気がわいてきて再チャレンジする決意がつく人もいます。

どちらにしても、運命の人とやり直すという決意が持てると、そこからは関係が急展開することが多いです。

なぜなら、運命の相手とは波長が似ているのが特徴なので、女性側が「やり直したい!」と決意を固めたタイミングと同じ時期に男性側も「元カノともう一度頑張ってみよう!」と決意していることが多いからです。

ふたりのタイミングが一致していれば、そこからはあっという間に話が進んで、すぐに元サヤに戻った、という事例も珍しくありません。

ただ、やり直したい!と決意するタイミングは一緒だったとしても、そこから行動に移すまでには時間がかかる人も多いので、決意してから実際にやり直せるまでに長い時間を要することもあります。

運命の相手とスムーズに再会が果たせない…など、やり直すまでに時間がかかってしまうカップルは、決意をしたタイミングまでは一致していても、その後の行動で運命の人とのずれが生じていることが原因です。

別れた相手が運命の人ならば同じような時期にやり直す決意を持てているはずなので、後は行動レベルでもタイミングが合う時を待っていれば、気持ちを再確認した運命の人と再び出会えるでしょう。

運命の人なら必ず結ばれる…訳ではない!?運命の相手なのに一緒になれないケース

何度も運命の相手を勘違いした


結ばれるべき人なのに一緒になれないケースで結構多いのが、過去に相手を何度も勘違いした場合です。

本物かどうかを見誤るのは珍しいことではありませんが、回数が多過ぎるといざ本物に出会った時にも上手くいかないことが多いようです。

これは、何度も失敗することで、運命の流れが狂ってしまったせいでしょう。

なんとなく「この人かも!?」と思う程度なら問題ないのですが「絶対この人に違いない!」と確信すると思いの強さで運命に歪みが生じます。

偽物を本物だと信じ込み過ぎると、その思いを実現させようと運命の流れが狂ってくるのです。

思い込んだ強さが少しだけなら軌道修正できますが、何度も本気で間違えてしまうと修正が不可能になり、結果として本物を見逃してしまう…ということです。

好きな気持ちを押し殺した


相手が既婚者だったり、親友の彼氏だったりすると好きな気持ちを押し殺してしまうことがあると思います。

その場合にも、運命の相手とは一緒になれません。

本当はつながりを感じていたのに、無理に感情を押し殺すことで引き合う力が弱くなるからです。

恐らく本物の運命の相手なら、既婚者だろうと親友の彼氏だろうと、相手もあなたが気になっていたはず。

あなたもそれが分かったからこそ感情を押し殺したのだと思います。

なぜなら、好きになってはいけない相手の場合には片思いのほうが都合がいいからです。

既婚者に恋をしても片思いなら一方的に好きなだけなので問題ありません。

だけど、お互いが惹かれ合って両想いになってしまうと様々な問題が生じます。

不倫になってトラブルを起こすよりは片思いのままのほうが好都合ですよね。

でも、運命の相手だと確実に両想いになってしまうので、親友の彼氏と両思いになったら親友を失う結果になるでしょう。

それが分かっているから、多くの人は「運命の相手だ」と分かっても心を押し殺します。

そうすると、あなたに惹かれていた相手の心も徐々に離れて行き、結果として一緒になることはできません。

別の人と比較した


「恐らく運命の相手なんだろうな~」と思いながらも確信が持てずに、周囲の人と比較ばかりしているケースも一緒にはなれません。

人と比べる行為は、2人のつながりを弱めるからです。

あなたの中の意識が運命の相手以外に向き、さらに比較するということは疑いの感情を持ったということ。

このやましい感情が問題です。

心底相手を信用していないと、たとえ運命的な繋がりがあったとしても2人は上手くいきません。

人を疑う、比較するという行為は魂の輝きを失わせる存在。

疑ったり比較したりする前までは、キラキラと輝くあなたの魂に惹かれていたとしても、疑われて比較されるうちにあなたの魂の輝きがなくなっていることに気付いて、徐々に離れて行くのです。

こういったケースだと、無意識のうちに行われていることなので彼自身も「何故だか分からずあなたに飽きた…」と感じて去って行くでしょう。

頭では疑ったり比較しているつもりはなくても、心のどこかに疑いや比較したい気持ちが潜んでいると運命の相手と一緒に慣れないので注意してくださいね。

運命の人ならまた会えると信じてたのに…実は勘違いだったケース

初めて好きになった男性だった


これまでに恋愛経験が乏しく、そこまで男性のことを好きになったことがない場合には、初めて好きになった男の人に対して「運命の人だ!」と勘違いしやすいです。

これは、単に経験値が少ないことが原因で、恋愛に慣れていないと恋愛感情を持った相手が他の人とは違った存在に思えるからです。

これまでは好きだとは言っても友達レベルの感情しか抱いたことがないと、恋愛感情を持った相手を特別だと思ってしまうのも無理はありません。

これはほとんどの人が通る道で、誰もが初めて本気で好きになれる男性に出会った時には「運命の人かもしれない…」と感じます。

しかし、本当の運命の相手と最初に出会える人は稀なので、別れた後にほとんどの人が「運命の相手だと思ったのに違ったみたい…」と後で思うことになります。

精神的に弱っている時に出会った


自分が精神的に弱っている時には正常な判断ができなくなっているので、普通に好きになっただけの相手を運命の人だと勘違いしてしまうことがあります。

うまくいかないことが続いたり、体調が悪い時に優しくされると、相手の男性が輝いて見えてしまうので、この人は他の男性とは違う!と思い込んでしまいます。

これは、精神的に弱っている時には何かにすがりたい気持ちになっているので、正常な状態の時に比べると恋愛に依存してしまうことが原因です。

辛いことから逃げるために恋愛を利用しているということで、恋愛相手にも過度な好意を寄せてしまいます。

でも、本当は恋愛相手のことが大好きなのではなく、単に辛い現実から目を背けたかっただけなので、別れてから冷静に戻った時に「運命の人かと思ってたけど、たいして好きじゃなかったみたい…」と間違いに気づきます。

条件で好きになった人


異性を好きになる時に条件で好きかどうかを決めてしまう女性は、運命の人を間違えやすい傾向があります。

運命の相手は望んでいる条件を兼ね備えていないこともあるので、条件で男性を選んでしまうと運命の人に巡り合える可能性も下がってしまうのです。

例えば年収1000万円以上で背が高くて…といった条件だけで異性を見ていると「私の望む条件を全て備えている!これは運命の相手だ!」となりやすいですが、実際の運命の相手は「条件的にはタイプじゃないのに、好きになってしまった!どうしよう!」という感じの相手であることが多いです。

頭で考えているような条件と、運命の人は全くの別物なので、条件だけで運命の人探しをしていると、なかなか運命の男性には出会えないでしょう。

それに、条件だけで好きになった人は、別れた後お互いすぐに忘れてしまいます。

だから、「条件が揃っている彼は運命の相手だから離れてもやり直せるはず!」と思って別れを決めても、別れた後にはお互いの気持ちがどんどん離れてしまい、やり直すことはできません。

相手にお願いされて好きになった


自分が好きになったわけではないのに、相手男性から誘われているうちに好きな気持ちになった…という関係の場合にも運命の相手ではない可能性が高いでしょう。

運命の人と出会ったからといって確実に自分から好きになるわけではありませんが、運命の相手ならお願いされても付き合おうと思わないことが多いんです。

運命の相手との関係性としては、強く惹かれ合って物凄く好きになるというもの以外に、気にはなるけれど好きになれないと感じる関係性が挙げられます。

これは運命の人が相手だと、出会うべき時ではない時期に関係を深めようとすると反発し合ってしまうからです。

でも、普通の男性だと、惹かれ合うパワーが弱い分、反発する力も弱く、「何度も好きだから付き合って」といわれているうちに好きになって付き合うことがあります。

最初は好きじゃなかったのに、徐々に相手男性のことを好きになっていくので「これは運命の人だ…」と思ってしまうのでしょうが、しつこくお願いされて付き合った場合には、別れた後にそこまでの感情が残っていないことがほとんどでしょう。

元彼のほうも付き合う前は運命の女性だと思って必死にアプローチしてきたのでしょうが、付き合ってみて「運命の女性じゃなかったみたい」と落胆して別れているので、やり直すことはまずありません。

運命の人と別れた後再会しやすいようにしておくべきこと

一人だけで過ごす時間を持つ


運命の人と別れてしまった時には、とにかく1人で過ごす時間を作って自分を成長させておかなくてはいけません。

運命の人と離れるのは、成長が不足していることがほとんどなので、相手に見合う女性になれるよう、様々な努力をする必要があります。

何をすべきかは個人によって違いますが、大切なことは1人で目標達成までの努力をやり遂げることです。

運命の人とは一緒に居るのが自然な関係なので、ふたりで協力して乗り越えられるものであれば1人きりで頑張る必要はありません。

しかし、別れるという結論が出たということは、1人で達成すべき何かの課題があるということ。

ここで友達などの手助けを得てしまうと、このまま成長できずに運命の人と再会できる時期がどんどん先延ばしになってしまいます。

時には友達などと一緒の時間を過ごすのも良いですが、意識的に1人になれる時間を確保して自分の気持ちを見つめ直すなど、1人の時にしかできないことをやりましょう。

困ったことがあるとすぐに人に頼ってしまう癖のある人は特に意識して1人の時間を作るようにしてくださいね。

凝り固まっている考えをほぐす


運命の人と別れる原因は、余計な先入観をなくすためでもあります。

運命の人とずっと一緒に居られなかったということは、凝り固まった考えを持っていて、運命の相手の魂に拒絶されてしまった恐れもあるんです。

だから、先入観を持ちすぎていないかを再確認してみてください。

あなたが本来持っている価値観を信じて、先入観をなくし、柔軟な考え方ができるようになっておきましょう。

そうすれば、魂を高いレベルにキープできるようになるので、相手男性に受け入れてもらえます。

凝り固まった考えの中には、世間一般で言われているような常識も含まれます。

これが普通だから…これが常識だから…と思い込んでいると、考えが凝り固まっていることに気付けません。

世間一般で言う常識があなたにとって意味のあるものであるならば、そのまま信じ続ければいいのですが、時には常識と呼ばれているものを信じることで、考えを狭めてしまっていることがあります。

だから、これが普通だって思ってたけど、本当にそうなのかな?と自分が信じ込み過ぎていないかを疑ってみましょう。

見方を少し変えるだけで全く別の価値観に気付くことがあるので、物事を様々な角度から見つめるようにすることが大切です。

凝り固まった考えは自分では気づいていないこともあるので、ゆっくりと時間をかけて自分自身を振り返ってみてくださいね。

自分の気持ちに正直になる


運命の相手と再会するためには、自分の気持ちに正直になることは必要不可欠です。

ほとんどの人が大人になるにつれて自分の気持ちを抑えることが当たり前になっていきます。

しかし、自分の気持ちにフタをしてしまっていると運命の人が横に居ても気づくことができないでしょう。

なぜなら、自分の気持ちに正直になっていないと、運命の相手を嗅ぎ分けるセンサーが鈍ってしまうからです。

魂のレベルでつながっている運命の人を察知するためには、いつも気持ちが透き通った状態でなくてはいけません。

気持ちを抑えて過ごしていると、本当は本音が言いたかったのに…などと濁った感情が多くなり、感性が鈍ってきます。

そのような状態だと、すぐ近くに運命の人が近づいて来ていても前兆に気付くことができずに再会するチャンスを見逃してしまうのです。

自分の気持ちに正直になると、段々とアンテナが鋭くなるのが分かるはずです。

元カレとの再会の前兆を見逃さないためにも、正直な気持ちに嘘をつかないようにして毎日を過ごすようにしましょう。

周囲への感謝の気持ちを持つ


運命の人と別れた後は悲しく辛い気持ちになることが多いと思いますが、運命の人に巡り合えたことに対する感謝の気持ちを強めておいてください。

これは、感謝の気持ちに包まれている状態にすることで、あなた自身の魂を高めるためです。

この場合の感謝するというのは、誰か特定の人に対してではなく、この世の中全てに感謝の気持ちを持つということです。

この世の中で起こっている事柄は目で見えていることだけが関わっているのではなく、目には見えないエネルギーの動きも関与しています。

ここで言う感謝の気持ちというのは「祈り」にも似たものです。

運命の人がこの世にいることや、運命の男性と出会って付き合うことができたこと、に感謝の気持ちを持ち、これから彼と再会できるよう祈ってみてください。

祈りには確かな力があるので、心の底から感謝の気持ちを持って祈ることができれば運命の相手と再び出会うことができるでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「運命の人なら必ず結ばれる。「一度別れるのは運命だったんだね」そう笑いあえる未来を目指そう」

占い師 ミミコ
運命の人と別れてしまうと喪失感が大きいので、他の男性との別れよりも精神的な負担が大きくなる傾向があるんです。

でも、運命の相手との別れの必要性を知っておけば、別れることに対して前向きな気持ちを持てるようになるでしょう。

運命の人と離れてしまった時には、「運命の相手なのだから必ず結ばれる」と信じることが最も重要です。

ここで余計な感情を抱いてしまうと、せっかく運命の人と再会できても関係を良くすることが難しくなってしまうからです。

だから、自信を持って運命を信じてくださいね。

あなたが強い気持ちを持ち続けることができれば、必ず運命の相手と再会できますよ。

いつか「一度別れるのは運命だったんだね」と笑いあえる日のことをイメージしながら過ごしてくださいね。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事