カップルが関係を解消する時には、大きなエネルギーが必要になりますよね。

別れるという行為は精神的な疲労感が大きいので、別れの直後はそれぞれが疲れ果て、恋愛に対して悪いイメージを抱えている…ということが多いでしょう。

しかし、それほどまでに大きな決断をしたというのに、別れてすぐに復縁してしまうカップルも存在します。

すぐにやり直せたのは良いことですが、あまりに短期間でやり直せてしまうと、これから先の関係はどうなるの?こんなに簡単に復縁できて大丈夫なの?という不安が出てきてしまうでしょう。

復縁には時間がかかるというのが定説になっているので、レアなケースに当てはまってしまうと、先例が少なく今後の展開が読めないからです。

今回は、そんな方のために、別れてすぐに復縁したらどうなるのか?ということについて、深く考えてみます。

まずは、別れてすぐに復縁できるカップルの特徴をあげるので、あなたと彼氏がどのケースに該当するのかをチェックしてみてください。

すぐに復縁できてもあまりよくないパターンもあるので、その場合にはまたすぐに別れてしまわないよう注意すべきことを守るようにしましょう。

他にも、別れてすぐに復縁するメリットとデメリットを紹介し、すぐにやり直した場合の彼との関係、短期間で復縁できるケースの道のりについて説明します。

別れたばかりという方もすぐに復縁できる可能性があるので、最後までしっかりと読んでくださいね。

別れてすぐ復縁できるカップルの特徴

2人とも別れに納得している


別れてからすぐに復縁できるパターンには何種類かありますが、最も理想的だと言えるのは、関係を終わらせることに納得をして別れ、その後新しい関係を築くために復縁をするパターンです。

この場合には、別れるまでの経過が重要です。

どちらかが一方的に別れを決めたのではなく、別れたいという話があってから、何度も2人で話し合いを繰り返し、それぞれが別れるという選択がベストだと納得をしてから別れています。

ここまでしっかりと話し合いをした場合には、もう二度とこの人とはやっていけないという諦めの気持ちを持つ人と、私がこの人を好きになったのは間違いなかったという気持ちを持つ人に分かれます。

前者の場合には、好きだという気持ちが完全になくなり、別れるのがベストだと覚悟を決めてから別れているので、復縁したいと思う可能性自体が低いです。

恋愛に終止符を打って次の出会いに目を向けている状態で別れるので、お互いに未練なく新しい恋をすぐに始めるという流れになるでしょう。

しかし、後者の場合には、話し合いをすることで相手への愛情が深まり、今は離れるという選択をすることに納得はしているものの、付き合い始めの頃よりも相手への気持ちが強まっている状態。

しかし、別れるという選択肢が出ている以上、一度は離れる必要があるとお互いが納得しているということです。

嫌いになって別れるのではなく、離れたほうが双方のためになるという気持ちで別れを選ぶのです。

この場合には、別れたとはいえ、相手との関係をより良くするために距離をとったという意識が強いので、比較的短期間で復縁することができます。

別れる前にしっかりと話し合いを行うと、別れた後に自分がどうしたいのかがはっきりとします。

それは、あなただけでなく男性にとっても同じこと。

話し合いをせずに別れてしまうと相手への感情的な気持ちだけが残り、自分が本当にどうしたいのかが見えてきません。

話し合いをしっかりと行ってから別れたケースでは、別れた後に自分がどうしたいのかが明確になっているので、復縁したいようなしたくないような…といったぐずぐずした状態にはなりにくいのです。

話し合いをしてお互いに納得した状態で別れた後は、「二度と復縁しなくてもいい!」という覚悟を持つか、もう一度彼との関係をやり直すために別れという選択をするかのどちらかの流れになるでしょう。

別れる前に本音を言い合った


別れる時には険悪なムードになることが多いと思いますが、そこで本音を言い合えたかどうかが今後に大きく関わってきます。

最後の最後まで本音を言わずに、建前だけの会話で済ませてしまうと、別れた後に相手の気持ちが把握できず不安を抱えたまま復縁のための努力をすることになります。

でも、別れ話をした時に、全てをさらけ出して本音で言い合ったカップルは、一段深いレベルの繋がりを得られます。

本音を言い合うと、相手の心を傷つけてしまうこともありますし、相手に不快感を与えてしまうこともあるので、その時は気まずい空気になってしまうこともあるでしょう。

しかし、そんな経験をしてから別れると、離れてみて冷静になってから、相手がどう思っていたのかを理解しやすくなるというメリットがあるのです。

言われた直後はムカッとしても、後になって考えてみると、「その通りだったな…」と反省するようなことがありますよね。

それと同じで、全てをさらけ出して言い合いをしたカップルは、別れてからお互いがどう思っていたかを再確認し、そこで相手の気持ちに同意できればすぐに復縁できます。

しかし、本音を知ったことで逆に距離が離れてしまうカップルも存在します。

「知らなければ良かった…」というようなことを言われてしまうと、やり直すまでに気持ちの整理をする時間が必要になり、復縁にかかる期間が長くなります。

別れの理由が気持ち以外のものだった


少し特殊なパターンになりますが、気持ち以外の理由で別れを選択した場合にも、短期間でやり直すことができます。

例えば、遠距離や仕事が忙しい、家族の都合などの理由で別れたケースです。

こういった場合には、相手のことが好きだという気持ちが残っているので、別れた後に「やっぱり元カノが必要だ!」という気持ちが出れば、すぐに復縁することになります。

ここで大事なことはお互いが好きな気持ちを残しているかどうか。

片方だけが好きでも、もう一方が気持ちが冷めてしまっていてはやり直すことができません。

遠距離恋愛をしている時には、嫌いではなくても距離が離れることで、「もう元カノとは付き合わなくてもいいや…」と気持ちが冷めてしまうことがあるからです。

距離の問題が解決すれば、問題なくすぐにやり直せるでしょうが、距離の問題が残っているままだと離れた気持ちが戻ってきません。

気持ち以外の理由で別れた時には、その後相手の気持ちが戻ってくるかどうかは賭けのようなもの。

その時に彼がおかれている状況や精神状態などによって、どちらに転ぶかは分かりません。

そのため、気持ち以外の理由があるからと言って安易に別れてしまうと、そのまま復縁できなくなる可能性もあるので注意が必要です。

でも、お互いのことを嫌いになって別れるパターンに比べたら、短期間でやり直せる確率は高いと言えるでしょう。

衝動的に別れた


その時の勢いで衝動的に別れた場合にも、すぐにやり直せる可能性があります。

これは忙しい日々が続いて何となく一緒にいる時間がとれないまま、関係が悪くなってしまった…というようなケースです。

恋愛は気持ちの盛り上がりの波が一致することが重要なので、付き合っている時に何となくタイミングがずれてしまうと気持ちが冷めてしまいます。

しかし、そういったすれ違いだけの場合なら、気持ちが残っているので、別れてもすぐにやり直すことができます。

問題はすれ違いが長期化すると、好きだという気持ちも完全になくなってしまうということ。

もしも、タイミングがずれているだけでなく気持ちまでも消え失せてしまっているのであれば、自然消滅のような形で別れ、その後は復縁することはないでしょう。

しかし、付き合ってから間もない時期で、最初は仲良しだったのに、なぜか急に盛り上がらなくなり、お互いにしっくりこない…という理由で別れてしまった場合には、もう一度やり直せる可能性が高いです。

付き合ってから時間が経っておらず、まだ関係が浅いカップルに多いパターンで、深く知り合う前に別れてしまっているので、好きだという気持ちが残っているからです。

こういった場合には、タイミングのずれで別れたもののすぐにもう一度やり直したい気持ちのほうが強くなってきます。

だからと言って、簡単に復縁ができるというわけではありませんが、別れた後に時間を置くことでお互いのタイミングのずれを修正することができればスムーズに復縁することができるでしょう。

大ゲンカして感情が高ぶっている時に別れた


大ゲンカをして感情が高ぶっている時に別れた場合も、気持ちが落ち着けば仲直りと同時にやり直すことができるでしょう。

喧嘩別れをしてしまった時は、他の理由に比べて復縁できる確率が高いと言われていますが、喧嘩に発展する原因をはっきりとさせておくことが重要です。

喧嘩の後に仲直りをして関係を深めていくのは自然なことです。

しかし、別れたいと思うほど感情が高ぶるような喧嘩をしてしまうということは、普段のお付き合いで相当の不満を抱えているケースが多いでしょう。

喧嘩もコミュニケーションのひとつとして活かせている場合はいいのですが、普段の不満を爆発させるために喧嘩になっているのだとしたら問題は深刻です。

そういった場合には、喧嘩したけど仲直りできたから結果オーライ!で済ませてしまわずに、不満の原因そのものに目を向けないと、いずれ決定的な別れの場面となってしまう危険があります。

まずは、喧嘩をしている時のあなたの気持ちを振り返ってください。

喧嘩の原因だけで気持ちが高ぶっているなら大丈夫ですが、日ごろのイライラが頭に浮かぶようだったら危険なパターンです。

また、あなただけではなく彼氏が日頃の不満をため込んでいないかもチェックしておいたほうが良いでしょう。

どちらかが過度に不満をためており、それが原因で喧嘩がヒートアップしているような雰囲気が感じられたら、問題は喧嘩ではなく日頃の不満です。

この場合には、すぐにやり直せたとしても、その後の関係を上手く築くことができません。

別れてもすぐにやり直せたからと言って安心しきってしまわずに、彼との関係をもう一度よく考え直してください。

本当は好きなのに別れた


恋愛関係は好きならうまくいくわけではないというのが難しさ。

どれだけ好きな気持ちがあっても別れなくてはいけなくなることがあります。

お互いに好きな気持ちがあっても、その気持ちが強すぎて、一緒にいれないことへの不満が募り「別れたい!」と思うことがあります。

また、好きすぎて浮気を疑ってしまったり、束縛がきつくなり、関係がぎくしゃくしてしまうこともあるでしょう。

こういったパターンは2人の距離感が近すぎるのが原因です。

若い年代のカップルに多く、恋愛経験が少ないと相手のことだけしか見えなくなり、こういったトラブルが起こりやすいです。

恋愛をしていると興奮状態になるので、どうしても冷静ではいられなくなってしまうのでしょう。

しかし、このような理由で別れた時には、お互いが経験をすることで成長をしていくので、すぐに復縁できる可能性が高いです。

嫌いなのではなく好きな気持ちが強すぎたり、相手との距離の取り方を間違えてしまったことが分かれの原因なので、問題を解決するのが簡単なんです。

自分で好きな気持ちをコントロールできるようになれば、復縁した後の関係も上手くいきます。

ここで大事なことは、自分の何がダメで別れたのかをはっきりと自覚しておくこと。

自分で問題意識を持てなければ、復縁しても同じことを繰り返してしまいます。

そのため、好きすぎて別れてしまった場合には、どうしたら彼との距離を適正に保てるのかを自分で考えて努力することが大切です。

その問題をクリアーできれば、別れた後に短期間でやり直すことができ、彼との関係もより良いものになるでしょう。

別れてすぐ復縁するメリット

精神的ダメージが少ない


別れてからすぐに復縁できた場合に最も良いことは、精神的なダメージが小さいこと。

恋愛関係において別れてからやり直すまでの期間ほどストレスが大きいものはありません。

もう一度やり直したいのに、相手は振り向いてくれない…という辛い期間が短ければ、心の傷もそこまで大きくはならないでしょう。

精神的なダメージが小さくてすむということは、今後の恋愛関係にも大きく影響してくるんです。

あまりに深い傷を負ってしまうと、それがトラウマとなり相手のことを信用できなくなってしまいます。

復縁に長い時間をかけて成功すればいいのですが、中には時間をかけても上手くいかないこともあります。

その場合には好きな人に振り向いてもらえなかった悲しさと、時間をかけたのに目標が達成できなかったという無力感で立ち直るまでに長い時間がかかってしまいます。

また、その後に新しく好きな人ができても本気で好きになるのが怖いという感情を持ってしまうこともあります。

別れてすぐに復縁できれば、こういった辛い経験をせずにすむので、恋愛に対してマイナスな感情を持つことなく、心から恋愛関係を楽しむことができます。

トラウマを抱えていると、相手のことを好きな気持ちがあっても素直に「好き」だと言えなくなってしまう女性が多いです。

でも、精神的なダメージが少なければ、やり直せた後に彼に対して素直に気持ちの表現ができるので、2人の関係が上手くいくでしょう。

お互いの愛情を再確認できる


別れてから、短期間で復縁ができたということは、「相手も自分のことを本気で好きでいてくれたんだ…」という自信につながります。

別れという辛い経験をした後は相手に対して不信感を抱いている状態ですが、それからすぐにやり直せれば、相手を信頼することができます。

「別れた後に自分のところに戻ってきてくれた…」と思えれば、この人と頑張って関係を続けていこうという前向きな気持ちにつながります。

別れと復縁という経験を通してお互いの愛情を再確認することができれば、復縁後の関係がより良いものになっていくでしょう。

タイミングを逃して復縁できなくなるリスクが小さい


復縁はタイミングが非常に重要です。

そのため、お互いに好きだという気持ちがあっても、何となくタイミングを逃してしまったという理由だけで、その後一生やり直すことができなくなってしまうことがあります。

そういったケースもあることを考えると、とりあえずすぐに復縁をしてしまっておけば、タイミングを逃すというリスクは減らせます。

ただし、急いで復縁してしまうと、その後の関係が上手くいかなくなるという別の危険が出てきます。

だから、別れてからとりあえず復縁をしてしまうという作戦もアリとはいえ、復縁できたことに満足してしまわないようにしてください。

復縁できても、その後にもう一度別れてしまうカップルも一定数いるので安心しきってしまわずに、別れの原因を振り返ることが大切です。

本来の復縁すべきタイミングよりも早くやり直すことができたケースの場合には、関係を修復してからも努力を怠らないようにしましょう。

別れる前と同じ雰囲気で付き合える


別れてから時間をかけずにやり直せると、関係が途絶えている期間が短いので、付き合っている時と同じ雰囲気で付き合えるというメリットがあります。

これは復縁までに時間がかかった場合と比べると分かりやすいメリットです。

別れてから長い時間が経ってしまうと、気持ちが変化するだけでなく関係性が変わるので、恋人関係特有の空気感がなくなってしまうことがあるんです。

そうすると、復縁はできても「一緒にいてドキドキしない…」という新たな問題が生じ、恋愛関係が上手くいかなくなってしまいます。

短期間でやり直せた場合には、相手との雰囲気がそこまで大きくは変わらないので、復縁後に違和感を抱くことが少なく、仲良しだった頃のラブラブな雰囲気を取り戻しやすいでしょう。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

別れてすぐ復縁するデメリット

別れ癖がつく


別れてすぐ復縁する最大のデメリットは、別れ癖がついてしまうことです。

これは深刻な問題なので、すぐに復縁ができた人はよく覚えておいてください。

人間は成功体験があると、それを基準にして物事を判断してしまうので、簡単にやり直せると思うと、その後に何か嫌なことがあった時にすぐに別れに逃げてしまいます。

恋愛関係においては距離をとることが非常に重要ですが、別れるというのは距離を置くこととは大きく違います。

距離を置くことは問題を解決するために努力をしている状態ですが、別れを選ぶというのは問題から目を背けている状態です。

別れることで、もう問題を直視しなくても良くなるので、トラブルが生じた時に逃げ道になってしまうのです。

ここで、復縁するために問題を解決しておく必要があれば努力することができますが、何もせずに復縁が叶ってしまうと、問題を先送りしたままで関係を再開させてしまいます。

だから、その時はお互いに苦労せずにやり直せて良かったと思っていたとしても、またすぐに同じ問題が出て別れを繰り返すことになるでしょう。

他人同士が共に過ごす恋愛関係では、相手との関係を続けるための努力が必要不可欠です。

別れてからすぐに復縁が成功したとしても、「二度と同じことを繰り返さないようにしよう!」という気持ちを持ってください。

そうしないと別れ癖がついて、彼との関係が上手くいかなくなるリスクが高まります。

惰性で関係を続けてしまうリスク


相手への気持ちを十分に確認せずに、短期間で復縁をしてしまうと、本当は好きではないのに惰性で付き合い続けてしまう可能性があります。

別れた後は自分の気持ちを見つめ直す重要な時間。

その時間をとらずに復縁してしまうと、本当は好きではないのに「誰かと付き合っていたいから…」などの理由で関係を復活させてしまいます。

一時的には彼氏ができて満足できるかもしれませんが、その幸せは長くは続かないでしょう。

また、とりあえずで彼氏を作るという行為は本当に好きな人と出会えるチャンスを逃していることにもなるんです。

独り身なら数多くの異性との出会いが期待できますが、彼氏持ちという身分になってしまうことで出会いのチャンスは半減します。

その間に運命の相手を見逃してしまっている危険があるということです。

相手の気持ちを疑ってしまう


別れてすぐにやり直した場合には、「数日前までは私に対して敵対心を持っていたのに態度がコロッと変わった…」と感じ、相手の気持ちが分からないという種類の不安を抱えることがあります。

別れる時に酷い仕打ちを受けたようなケースに多く、彼の態度が豹変したことで、本心はどっち?と思ってしまうのでしょう。

女性は感情的になると態度が変わることが多いものですが、男性はそこまで大きく態度が変わることが少ないです。

そのため、別れ話の時に、今までに見たことのないような彼の一面を見てしまうと、まるで知らない男性を見たような気持ちになり、彼のことが分からない…と思えてきてしまいます。

彼が再び優しくしてくれて復縁できたものの、また豹変するかもしれないという不安を抱き始めると彼と付き合い続けるのが怖くなってしまう女性もいるでしょう。

復縁までに時間が経っていれば、彼の態度が別れた当時と大きく違っていてもそこまで気になることはないのでしょうが、別れてからの期間が短いと、変化の大きさに戸惑ってしまうのも無理ないことです。

相手の気持ちを疑い始めると恋愛関係は上手くいきません。

こういった問題を抱えてしまうと、復縁はできても仲良しに戻ることは難しいでしょう。

元彼と別れてすぐやり直したその後

もう別れないようにしようと決意が固まった


元カレと別れてすぐにやり直した場合には、別れを経験したことで、もう二度と同じことを繰り返さないようにしよう!という強い気持ちが持てます。

こう思えるのは、別れたことを後悔しているからです。

彼を失うという経験をして、始めて別れの持つ意味の大きさを実感し、彼がいなくなることの恐怖を体験することができたのでしょう。

別れた後に、彼がそばにいないことを肌で感じることで、あなたの中での彼の存在の大きさを感じることができます。

人は頭で考えているだけでは、決意を固めることが難しいので、痛い思いをして決意がやっと固まったということでしょう。

こういった思いを持つことができたカップルは、復縁後に関係が良くなり長くお付き合いを続けることができます。

しかし、2人ともが同じように思っていることが大事で、どちらか片方でも「別れてもすぐにやり直せる」と油断してしまうと、上手くいかなくなります。

あなたが短期間で元カレと復縁できた時には、自分だけが決意を持つのではなく、彼にも同じ気持ちになってもらえるよう一言釘をさしておくと良いですよ。

「次に別れたらもうやり直せない気がするから、二度と別れないようにしようね」と言っておけば、彼の気持ちも引き締まるでしょう。

彼氏の愛情表現が変わった


別れてから短期間でやり直した場合で、彼氏のほうが別れたことにショックを受けていると、それまでよりも彼女を大事にしなくてはいけないという思いが芽生えて愛情表現が変わることがあります。

特に愛情表現が苦手な男性は、彼女と別れるという経験をしたことで、どうして付き合っている時に「好きだ」という気持ちを表現しなかったんだろう…と後悔します。

男性は言わなくても分かってくれるはずという気持ちがあるので、女性に甘えてしまって愛情表現をせずに過ごしてしまいます。

でも、彼女がいない期間を経験することで、あの時に自分がしっかりと彼女をつなぎ止めることができなかったから別れにつながったということを自覚し、復縁後は同じ後悔を繰り返さないようにきちんと言葉で愛情を示すようになるのです。

これは彼氏が本気であなたのことを好きだという証拠です。

別れた後に、彼氏からの愛情表現が増えたり、より大切にしてくれている実感が持てた場合には、以前よりも良い関係を築けるでしょう。

冷めたカップルになった


別れと復縁を短期間に経験することで、恋愛感情がヒートダウンし冷めた関係になってしまうカップルもいます。

これは、これからの関係がどうなるか分からないという恋愛の不確かさがなくなってしまうことで、結果が見えてしまい、恋愛に夢中になれなくなってしまったことが原因です。

別れは辛いものですが、別れてしまうかもしれないという緊張感があるからこそ恋愛を楽しむことができ、関係が上手くいっている時には楽しさを感じられるのです。

でも、別れてもすぐにやり直せるということが分かってしまうと、「これからずっとこれを繰り返すのか…」といった気持ちになり、どうなるか分からないというワクワク感がなくなってしまいます。

好奇心旺盛なタイプの人がこのように気持ちになりやすく、刺激のなくなった恋愛につまらなさを感じるようになります。

どちらか一方だけでも、このような気持ちになってしまうと2人の仲が冷めてしまい徐々に上手くいかなくなってしまうでしょう。

距離を置いて付き合えるようになった


今までに距離の取り方が間違っており、四六時中一緒にいたようなカップルの場合には、別れを経験することで、距離の取り方が上手になることがあります。

復縁までに時間がかかると、離れている時間が長いので、もう一度イチから関係をスタートさせるという流れになりやすいものですが、短期間ですぐにやり直した場合には、恋人関係の時の雰囲気が残っています。

だから、付き合っていた頃の過ごし方を反省して、丁度良い距離感をつかめるようになるのです。

距離を置いて付き合えるようになれば成熟したカップルに一歩近づけます。

自分たちにとってほどよい距離感をとることができれば、今後も長く関係を続けていくことができます。

期間別:一度別れてから復縁までの道のり

別れてから復縁まで1日しかかからなかった


わずか一日で復縁を叶えてしまうようなケースは、短時間の間に目まぐるしく関係が変わるのがポイントです。

1日で関係をやり直すことができるパターンは滅多にあることではありませんが、勢いで別れてしまった時によく見られます。

また、お互いに別れたいと思っていたわけではなく、それまではラブラブだったようなカップルに多いでしょう。

一緒に過ごしている時に、ふとしたことがきっかけで喧嘩になって別れてしまうこともありますし、冗談のつもりで別れを口にしたら、それが現実になってしまうこともあります。

例えば。ふざけて冗談を言い合っている時に、いつもなら笑って済ませているようなことが、機嫌が悪い時には許せなくなり売り言葉に買い言葉で別れることを決めてしまうのです。

この時には2人ともがまさか本当に別れるとは思っておらず、現実に起こっていることを受け止められていない状態。

でも、どちらかの気持ちが興奮してしまうと、別れの流れを止めることができずに、そのまま本当に別れるという選択をしてしまいます。

その後、2人は離れて1人になって別れを真剣に考えます。

ここで、どちらかが歩み寄りの姿勢を見せた場合には、この後1日で復縁が成功することがあります。

しかし、どちらもが意地を張り続けていると、このまま長く離れたままになってしまい、最悪の場合にはやり直せないまま関係が終わってしまうこともあります。

そのため、このようなケースで勢いで別れてしまった場合に、やり直したいと思うのであれば、できるだけ早く彼に謝罪をするなどして別れを後悔していることを伝えたほうが良いです。

男性は女性に頭を下げることを嫌うので、最初はあなたから謝罪をするほうが復縁できる可能性が高まります。

時間が経ってしまうとお互いにタイミングを逃し、余計に話がしにくくなるので、復縁したい!と思ったら元カレにコンタクトをとるようにしてください。

そこであなたのほうから歩み寄る姿勢が見られれば、元カレも感情的に行動してしまったことを反省してやり直したいという気持ちを持ってくれるでしょう。

別れて1週間でやり直すことができた


別れてから1週間ほどでやり直せるケースは、本当は好きなのに別れてしまった場合に多く見られます。

別れた後に連絡を取り合わずにじっくりと考える時間を設けたカップルに多く、別れる時には険悪な雰囲気だったとしても、離れている時間をとることで冷静になれ、本当は好きだったという気持ちに気付くことができてやり直すことができるのです。

しかし、ここで離れている時間を設けないとやり直すことが難しくなります。

好きだけど別れなくてはいけないカップルの場合には、とにかく1人になって考える時間が重要。

カップル時代に距離が近すぎて1人になれないことが別れの最大の原因だからです。

あまりにも一緒にいすぎると、好きだから一緒にいたいと思う気持ちがなくなっていき、義務感を感じながら共に過ごすようになっていきます。

こうなると、2人の関係は上手くいきません。

だからこそ、別れてからは連続して離れている時間を作るようにしましょう。

別れた後に、一緒にいれない寂しさや、彼女彼氏の大切さを再確認していければ、本当の気持ちに気付けます。

1週間という期間は離れているには短すぎる長さなので、場合によっては10日ほど連絡を取り合わずにいたほうが良いカップルもいます。

そして、長く離れている状態を体験して、お互いがもう一度やり直そうと思った時に連絡を取り合えば、自然と気持ちが一致してスムーズにやり直すことができます。

1週間で復縁が成功する場合には、その後の関係のとり方も重要です。ここで、またすぐにべったりな関係に戻ってしまうと、同じことの繰り返しになってしまいます。

やり直せたからと言って油断せずに、距離の取り方について彼ともう一度話し合ってみてください。

1週間目の彼とは別人のようになっているはずなので、復縁後は話し合いも冷静に行えるようになっているでしょう。

別れて1ヶ月かけて復縁を叶えた


別れてから1ヶ月かけてやり直すことができた場合には、通常の復縁のように冷却期間を設けて上手くいった場合と、全く冷却期間を作らずにやり直すことができた場合の2パターンが考えられます。

冷却期間を設けた場合は別れてから会わない時間をつくることで気持ちの整理をつけて、それから丁寧に関係を再構築していくという流れで復縁が成功します。

この時には、冷却期間が終わってからの行動が重要です。

短期間でやり直せる場合には復縁のための行動が元カレの気持ちにぴったり一致しているのが特徴で、元カレが「すぐにでもやり直したい!」と思えるような効果的な行動をとれた場合に、1ヶ月という短い期間で復縁が叶います。

これは冷却期間の過ごし方にも関係しており、より効率的に復縁ができるよう早めに気持ちを切り替え、復縁のための計画を入念に練った場合にできることです。

相当の努力をしないと難しいでしょうが、うまく元彼の気持ちにマッチした行動がとれれば1ヶ月でもやり直すことができます。

もうひとつの方法である、冷却期間を設けないパターンは、別れる時にしっかりと話し合いをしたカップルに多いでしょう。

すでに2人の間で冷静な話し合いが行われているので、冷却期間を設けなくても落ち着いた状態で復縁を始められます。

また、相手がどうしたいのかまで把握できているのもこのケースの特徴。

別れてから建設的な会話をすることができ、2人で一緒に問題解決に向けて行動できます。

その結果1ヶ月という短い期間で復縁が叶うというわけです。

しかし、どちらかの気持ちが冷めてしまっていると1ヶ月での復縁が難しくなるので、短期間でやり直せるのは、どちらにも好きな気持ちが残っている場合に限られてくるでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「別れてすぐ復縁する時は元彼の本気度を確かめて」

占い師 ミミコ
別れてしまったショックが癒える前に復縁ができると、もう一度付き合えてよかったという安堵の気持ちが大きくなるでしょうが、それだけで終わらせてしまわないことが大切です。

すぐにやり直すことができたカップルは、その後同じことを繰り返してしまう可能性が高いので注意をしておきましょう。

また、元カレがどういった気持ちで復縁したのかもチェックしておいたほうが良いですよ。

一時的な相手が欲しいだけで復縁してしまう男性も多いので、彼の本気度を確かめてからやり直すかどうかを決めてくださいね。

短期間で復縁をした場合には、その後の関係作りをどうするかが非常に重要です。

きちんと問題と向き合って、彼と長く良い関係を続けてくださいね。

【期間限定・10月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事