※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

「わたし達の別れ方でも、復縁の冷却期間は必要なの?」

数ある恋愛コラムを読んでも自分達に当てはまるケースがなく、どうすれば良いのか分からないと悩んでいませんか?

もしかするとその別れ方、連絡しないのは逆効果かもしれません。

よりを戻すために沈黙を貫いた方が良いのか、連絡をした方が良いのかで悩んでいる方のために、この記事では沈黙が復縁にとって逆効果になってしまう理由や、連絡をしないとそのまま復縁ができなくなってしまう別れ方を詳しく解説しています。

また、一切連絡をしてこない元カノに男性が感じることや、別れてからSNSも更新しなくなった元カノに感じることもお話ししていきます。

頑張って冷却期間を設けて元カレから連絡がきたのに復縁ができないケースもご紹介しているので、これから復縁を叶えるための行動に役立ててください。

本日のメニューはこちら

沈黙が復縁にとって逆効果なのはこんな理由

冷たい人だと思われてしまう


復縁をするための沈黙が逆効果になってしまう理由には、元彼に冷たい印象を与えてしまうということがあります。

お互いの気持ちを落ち着けたり、感情の整理をつけるために距離を置くことはとても大事ですが、最低限のやりとりは必要です。

友達でもなく家族でもない恋人という特別な関係を築いたのであれば、それ相応の対応はしておかなければいけません。

感謝があるなら「ありがとう」と伝える、喧嘩をして別れてしまったのであれば「ごめんなさい」と申し訳なく思っている気持ちは伝えておくなど、長い時間で感じた思いは伝えておくということです。

「復縁をするためには冷却期間を作らなきゃ!」と焦って、別れた日から連絡をしなくなってしまえば、男性は「いきなり音信不通って、冷たいなぁ」と確実にあなたを冷酷な人だと勘違いしてしまいます。

あなたにも逆の立場になって考えてみて欲しいのですが、別れたくなさそうにしていた彼氏からすぐに連絡が途絶えれば「その程度の気持ちだったの?」と思ってしまいませんか?

距離を置こうとすること自体は間違ってはいないのですが、冷却期間を設けるのにも準備が必要です。

連絡をしない期間を作りたいのであれば「少し気持ちに整理をつける時間が欲しいから、しばらく連絡するのはやめるね」と事情をハッキリ言っておくことや「LINEを続けているとあなたも気持ちが落ち着かないと思うから、少し距離を置こう」と相手を思いやっている姿勢を見せることが大切です。

あなたが良かれと思ってとった行動でも、ちゃんと言葉にしないと伝わらないことはたくさんあります。

たとえば電車で席を譲るときも、ただ席を立ち上がるだけでは「席を譲りたい」と思っているあなたの気持ちは伝わりません。

席を譲りたい相手に対して「どうぞ座ってください」と声をかけて、はじめてあなたの優しさが伝わるのです。

人は人の気持ちを読み取ることが意外と苦手なので、あなたの愛が分かりにくい沈黙を無理に貫くよりも、気持ちをしっかり伝えてから心地良い沈黙の時間を作ることをおすすめします。

「もう俺のことはどうでも良いんだ」と思わせてしまう


復縁をするための沈黙が逆効果になってしまう理由には、相手に「もう俺のことはどうでも良いんだ」と思わせてしまうということがあります。

あなたが気持ちの整理をつけるために距離を置いていたとしても、彼がそのことを理解していなければ単純に連絡をとりたくないだけだと思われてしまうかもしれません。

「連絡をとってしまうと心が乱れてしまいそうだから丁度良いや」と考えられる人もいれば「こんなに短期間で前に進めるなんておかしい」と否定的にとらえてしまう人もいるのです。

別れたいとは思っていても実際に離れると寂しかったり、かまって欲しいと思ってしまう男性も中にはいます。

思いのほか不安定な男心を察するのは難しいかもしれませんが、復縁を考えているなら別れたあとでも相手の心のケアをするのはとても大切です。

急な沈黙に動揺をした元カレが「俺のことなんて」と思ってしまわないように、彼のためを思って距離を置いているということを伝えるようにしましょう。

だらしない人だと思われてしまう


復縁をするための沈黙が逆効果になってしまう理由には、あなたがだらしない人だと勘違いをさせてしまうということがあります。

長い期間付き合っていれば、別れてからも連絡をとり合わなければいけない場面があると思います。

お互いの家に置いてある物を返したり、一緒に住んでいたなら契約上の手続きもあるでしょうし、家族や友達にも紹介をしている仲なのであれば二人だけの問題ではなくなってしまうこともあるでしょう。

必要な話し合いが終わっていないのに連絡を返さなかったり、沈黙期間に突入してしまえば相手は不信感を感じて「連絡も返さないでダラダラとなんなんだ?だらしない」と思ってしまいます。

彼のことを思い出してしまうから連絡はとりたくないという気持ちは分かりますが、必要な連絡とやりとりはすべて完了させた上で距離を置くようにしてください。

相手が真面目だったりきちんとした性格の場合、あなたと連絡がとれず、なかなか関係が終わらせられないことをストレスに感じます。

あなたが気づかないところで問題が発生しているかもしれないので、冷却期間に入る前に一度「なにかやりとりし忘れてることとかない?」と男性に聞いてあげると良いと思います。

最後の印象が「だらしない人」になってしまえば必然的に復縁も難しくなってしまうので、なるべく良いイメージで別れられるように気をつけるようにしましょう。

寂しさから他の女性に気持ちが向いてしまう


復縁をするための沈黙が逆効果になってしまう理由には、寂しさから他の女性に気持ちが向いてしまうということがあります。

「彼から別れようと言ってきたんだから寂しいと感じるはずがない」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

たとえ男性から別れを告げてきている場合でも生活の節々に彼女を思い出せば寂しいと感じますし、どれだけ誠実な彼でも女性と連絡をとりたい気持ちは芽生えます。

しかし、そんなときに元カノが相手をしてくれなければ、男性は他の女性に気持ちを向けることしかできません。

仕事や恋愛以外のことで気を紛らわそうとする人もいらっしゃいますが、恋愛が原因の心のスキマは恋愛で埋めようとする人もいます。

男性の方が遊びの恋愛には本気になりにくい傾向はありますが、人間は弱っているときほど心が動かされやすい生き物です。

ノーマルな状態であれば好きにならない異性に対しても、恋愛モードに入っていれば好きになってしまうというイレギュラーなことも起こりかねません。

あなたが復縁をするために続けていた沈黙があだになって、彼の異性に対する関心が拍車にかかってしまうことも考えられます。

お互いが冷却期間を必要としているのであれば距離を置いた方が良いですが、そうじゃないのであれば無理に連絡をとらないでいる意味がないので、最低限のレスポンスはすることをおすすめします。

一切連絡しないとそのまま復縁できなくなってしまう別れ方

喧嘩をしたまま別れる


喧嘩をしたまま別れてしまった場合、連絡をしないという思いやりがあだになって復縁ができなくなってしまうことがあります。

別れ際に喧嘩をしてしまうと自分の気持ちが落ち着くまでにも時間がかかりますし、相手がどう思っているのかも分からないので連絡がしづらいでしょう。

「別れた直後だし、連絡をしてしまうともっと怒らせちゃうかも」と思ってしまうかもしれませんが、長い目で見たときにLINEを一通送っておくのと一切連絡をしないのでは数ヶ月後に大きな差ができています。

確かに喧嘩をしてからまだ感情の整理がついていないときに相手の怒りを逆なでするようなことを言ってしまうのは間違いです。

しかし、別れて何ヶ月も経ってから「あのときはごめん」と謝られても、彼は「今さらなに?」と思ってしまいますし、下手をすればおさまっていた怒りが再燃してしまう可能性もあります。

あなたがすでに復縁をしたい気持ちを抱いているのであれば、早いうちに元カレへ謝罪のLINEを送っておくことをおすすめします。

喧嘩の内容を追求するのではなく、喧嘩をしてしまったことを反省している気持ちやこれからも仲良くしたいと思っていることを伝えましょう。

お互いに今すぐには普通に戻れないと思うので「気持ちが落ち着いたら連絡をします(連絡をしてください)」と添えると、時間が経ってからでも関係を修復することができます。

トラブルは生ものなので、なるべく鮮度の高いうちに対処をしておくことが大切です。

別れの原因があなたにある


別れの原因があなたにある場合、連絡をしないという思いやりがあだになって復縁ができなくなってしまうことがあります。

自分のせいで破局をしてしまうと彼に対して過剰に気を使ってしまったり、欠点を知られている恥ずかしさから連絡がしにくいかもしれません。

しかし男性からしてみると、別れの原因が自分にあるのになにも連絡をしてこない彼女に対して「反省していないのでは?」と感じてしまいます。

あなたも傷ついているでしょうし気持ちを癒す時間が必要だとは思いますが、元彼の気持ちにもしっかりと配慮をしてあげましょう。

彼に指摘された別れの原因を改善したい気持ちがあるのであれば「言われたところを直せるように頑張るね」と向上心があることを伝えてください。

間違った時間の置き方をして、同じ内容のLINEを数ヶ月後に送っても受け取った相手は「気づくの遅くない?」と思ってしまうからです。

別れてからすぐにこのLINEを送っておけば「少し時間が経ってからまた会いたいな」と思ってくれるかもしれませんが、別れてからうんともすんとも言わない元カノに男性が会いたいと思う可能性は限りなくゼロに近いでしょう。

あなたに原因があるということが100%腑に落ちていなくても、今の状態から彼の考えを変えることはかなりの難問です。

復縁をするための試練だと納得をして、男性が「また会っても良いかな」と思える連絡をしておきましょう。

お金を借りている


元彼からお金を借りている場合、連絡をしなくなれば確実に復縁はできません。

金銭的なトラブルが原因で壊れた関係は戻すことが難しく、巻き込まれた側の不信感もとても大きいものです。

今すぐに返す余裕がないのであれば、期限を決めるか謝罪のLINEを送りましょう。

「返せないから」「気まずいから」と連絡を先延ばしにしてしまう気持ちは分かりますが、連絡をしなければお金を返す意思がないと思われてしまいます。

彼に「もうお金は諦めて、一切関わらないようにしよう」と思われてしまえば一生復縁を叶えることはできません。

関わりたくないということは連絡先を消されてしまったり、ブロックをされてしまう可能性が高まるということです。

返したい気持ちはあると誠意だけでも伝えて、関係を遮断されないような行動をとるようにしましょう。

別れ際ヒステリックになってしまった


彼との別れ際でヒステリック気味になってしまった場合、連絡をしないという思いやりがあだになって復縁ができなくなってしまうことがあります。

恋人が別れを決めるとき、お互いが納得をして離れることなどなかなかできません。

どちらかにまだ好きな気持ちが残っていれば、別れを拒んでしまうことや相手の気持ちを引き止めるために泣いてしまうこともあると思います。

それは仕方のないことですし、過去は変えられないので今さらどうすることもできませんが、あとからフォローをするという気遣いは必要です。

終わり良ければすべて良しという言葉があるように、中身がどれだけ酷くても終わり方や結果が良ければ良い印象として残りやすくなります。

しかし逆説的に考えると、中身がどれだけ良くても終わり方が酷ければ悪いイメージが残ったままになってしまうということです。

あなたが「付き合っているときは楽しかったから大丈夫」と思っていても、彼の中にある思い出は「楽しいこともあったけど本当はヒステリックだった彼女」として記憶に刻まれてしまうのです。

元彼に良い思い出として覚えていてもらうためには「最悪な別れ方」で締めくくるのではなく「別れ方は最悪だったけどちゃんとそのあとフォローをしてくれた」という記憶を残す必要があります。

男性側も彼女を泣かせてしまったことを申し訳ないと思っているので、あなたからアクションを起こさないと彼も連絡をすることができません。

取り乱してしまった気まずさのまま沈黙に突入してしまうのではなく「泣いてしまってごめんね」と一言声をかけてから冷却期間を設けるようにしましょう。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

復縁に効果なし!失敗する沈黙の仕方

何度も連絡が来ているのに全く返事をしない

交際関係にあった相手には、別れてからも連絡せざるを得ない状況になることが多いです。

大抵は連絡が取れないと困るような内容です。

よくあるのが、忘れ物や貸し借りしたものをどうするか。

別れるつもりで付き合っているわけではないので、予想外の物を相手の家に置き忘れてきてしまったり、本人が置きっぱなしにしていることに気付いていないことさえあります。

その場合には、どちらかが連絡をして、相手方に置き忘れてきたものをどうするかの相談をしなくてはいけません。

そのために連絡をしているのに、「今は距離をとりたいから!」という一方的な理由で連絡がつかない状態になったら、元彼は復縁を考えるどころか、あなたを人として最低だと思ってしまうでしょう。

彼から連絡が何度もある場合には、どうしても連絡しないといけない用事がある場合がほとんどです。

好きか嫌いか以前の問題なので、何度も連絡があった場合にはせめて用件を聞いてください。

ブロックや着信拒否をしていると、友人を通じて話がしたいと言われると思います。

その場合にも頑なに元カレを拒否するのではなく、用件を聞き男女の仲ではなく人としてのコミュニケーションを取らなくてはいけません。

真面目な性格で「復縁を叶えるためには、彼と一言も口を聞かない冷却期間を設けなければいけない!」と思い込んでしまう人が、こういったミスを犯しやすいです。

本人の復縁への熱意が高いほど、それ以外の物事が見えなくなってしまうので注意しましょう。

盲目的な状態で沈黙期間を作ると逆効果になることを覚えておいてください。

顔を合わせた時にあからさまに避ける

不器用タイプに多いのが、元彼と会った時に失礼なほど顔を背ける行為をしてしまうこと。

誰だってあからさまに避けられたら良い気持ちにはなりません。

感情表現が苦手で、普段から「なんか…怒ってる?」と友達に言われる人は、元彼を傷つけるような冷たい態度をとりがちです。

あなた自身が失礼な行いをしている自覚がなくても元彼がそう思っていたら、付き合いたいどころか「これ以上傷つく前に元カノと完全に離れたい…」と感じるでしょう。

まだ未練がある場合には、「ここまで徹底的に嫌われてることが分かったら、潔く忘れられる!」とあなたを吹っ切る材料にされてしまうかもしれません。

一番恐ろしいのが、プライドの高い男性が相手の場合。

「女のクセに俺を避けるとはいい度胸してるな。悔しいからやり返してやろう」と良からぬ方向に話が進んでしまう恐れさえあります。

この手の男性は、付き合っていた頃に撮った恥ずかしい写真をバラまくなどの悪質な嫌がらせをしてくることも珍しくありません。

沈黙を貫くことは大事ですが、復縁目的なのであれば彼からの印象が悪くなってしまっては本末転倒。

常に彼からどう思われているかを考えて行動しましょう。

日によって沈黙のルールが異なる

日によって沈黙ルールが変わる気分屋タイプも失敗しがちなので要注意です。

気分屋の女性は、昨日は挨拶を返したのに、今日は無視、という感じで日によって対応の仕方に差があるのです。

これは男性に非常に嫌われるパターンで「訳が分からない女だから関わるのやめよ…」と恋心が消失してしまいます。

日によって態度を変えられると「どういうこと?」と思うだけでなく、「今日は返事してくれるのかな?それとも無視される?」とビクビクした思いを抱えることになります。

そんな状態だと、自分からは声を掛けたくないですよね。

せっかく復縁できるチャンスがあっても台無しにしてしまう行為なので、日によって大きく行動を変えるのは絶対に止めたほうが良いです。

彼があなたに良い感情を抱いていない場合には、本格的な復縁活動に入る前にブロックされる可能性が高く、何もやり取りできずに仕方なく彼を諦めなくてはいけなくなります。

日によって沈黙ルールが変わるパターンになるのは、普段から機嫌が良い時と悪い時の差が激しい人に多いです。

その日の気分で相手への態度を変えることが当たり前になっていて、態度に統一性がないことに鈍感になっているのが原因。

沈黙期間でも無意識のうちに態度にバラつきが出てしまうのでしょう。

自覚なく行っていることが多いので、「言われてみると私もそうかもしれない…」と心配になった人は気を付けてください。

思いやる態度が見られない

沈黙期間は復縁を叶えるために重要な位置づけですが、思いやる態度が見られないとデメリットの方が大きくなります。

例えば、彼が酔っぱらった時に連絡をしてきたとします。

そこで「連絡しないでって言ったよね?」と冷たく突っぱねてしまうと、ほろ酔いでいい気分だった元カレは「なんだよ…たまにはいいじゃん!冷たい女!」と思ってしまうでしょう。

「今この状況で、これを言ったらあの人しょんぼりしちゃうだろうな…」と思えたら、たまには優しくしてあげたほうが復縁できる確率が高くなります。

元彼の性格によって、どこまで思いやってあげたほうが良いかは異なりますが、男性にとって元カノは全てをさらけ出せる貴重な存在です。

男性は女性に癒されないと頑張れないところがあるので、時には元カレに付き合ってあげてください。

何度か相手をしてあげて、それが2人の関係に悪い影響を与えていると思えた場合には、彼と連絡の仕方について話し合いましょう。

一方的に冷たくすると、寂しがりやの男性は離れてしまうので注意してください。

大勢で一緒にいる時に彼だけ無視する

彼と共通の友達がいる人は、大勢で一緒にいる時には元カレに対して分け隔てなく他の人と同じ対応をしてください。

別れてから日数が経っていない、元彼を好き過ぎてまともに顔を見れないなどの理由で精神的な余裕がないと、他の人と元彼への態度が大きく異なり、それが彼を傷つける要因になります。

大勢で一緒にいる時に1人だけ態度を変えられたら嫌ですよね。

気まずい…と思うのは分かりますが、沈黙後に復縁を叶えたいのなら、大人の対応をしなくてはいけません。

個別での会話は控えるようにしていたとしても、大勢で一緒にいる時には他の人と同じ雰囲気で彼にも話しかけるようにしてください。

どうしても元カレと完全に離れていたいと思うのなら、友達も含めて関わらないようにするしかありません。

彼と友達の両方に説明をして、冷却期間が終わったらまた仲良くしてほしい旨を伝えておけば、誤解されずに距離をとれるでしょう

決定的な一言を言ってしまう

恋愛は一瞬の出来事が未来を大きく変えます。

沈黙期間をしっかりととりたいあまり、彼の心にグサッと刺さる一言を発してしまった時には復縁の成功率が大きくダウンすることを覚えておいてください。

例えば「近寄らないでよ!」とキツイ口調で言ったり、「今は話したくない」と冷たく言い放った時などです。

元カレのタイプによって何を言ったらアウトになるかの境界線が変わってくるので、あなたがどう思うかではなく彼がどう思うかを配慮した上で発言しなくてはいけません。

相手が「この子とはやっていけない…」と思う発言は避けないと復縁は難しいです。

男性は女性に言われたたった一言が原因で、恋心が冷めてしまうことがよくあるんです。

女性以上に繊細でナイーブなので、思いもよらない一言が原因で復縁の可能性をゼロにしてしまう危険があることを知っておいてください。

特に、冷却期間を必要とする破局後初期の段階だと、少しのすれ違いが予想以上に大きな影響を与えてしまいます。

別れたばかりだとあなたもいっぱいいっぱいなので細かい部分まで気を配る余裕がないかもしれませんが、できる限りソフトな言葉と言い方を用いましょう。

一切連絡しない元カノに彼氏が感じること

男性的だと感じる


別れてからも一切連絡をしてこない元カノに対して「サバサバしていて男っぽいな」と男性は感じます。

サバサバしている女性が好きという男性もいらっしゃいますが、時にはしおらしくいて欲しいという願望を抱いているのが男心です。

泣きすがられるのはめんどくさいと思いつつ「別れたくない」と涙の一つや二つは流してくれたらと思っているのです。

別れてからも「寂しい」と連絡がくることを期待していたり、自分をいつまでも好きでいて欲しいという淡い期待を抱いています。

しかし、実際にはLINEの一通も送ってこない彼女となれば男のロマンは一瞬で消え去ります。

彼が孤独を感じていても女性側から連絡がこなければ「寂しい」とは言いにくいでしょうし、自分よりも男っぽい元カノに引け目を感じてしまうでしょう。

将来を見据えると恋人には女性らしさや母性は持っていて欲しいと考える男性は多いので、男勝りすぎる女性は自然と結婚相手からも除外されてしまいます。

あなたが寂しくてシクシク泣いているときも、連絡がないことで「彼女は別れても平気なんだな」と勘違いをしているかもしれません。

すべての悲しさをぶつけるのは良くありませんが、彼の気を引く程度に伝えるなどの緩急は必要です。

実は次の相手がいたのでは?と勘ぐってしまう


別れてからも一切連絡をしてこない元カノに対して「実は次の相手がいたのでは?」と男性は勘ぐってしまいます。

彼女にまだ自分への好意が残っていることを察した彼氏は、別れてからも連絡がくることや「よりを戻したい」と言われることをある程度覚悟しています。

しかし、自分に未練を感じているはずの元カノから全く連絡がこなければ、彼はそのことを不審に感じるようになるのです。

色々と思いを巡らせたあと、どうしても音信不通になる理由を見つけられない男性は「もう新しい彼氏ができている説」を浮上させます。

男性の方が元カノの次の恋愛に対しての興味や執着が強いので、どんどんと妄想を膨らませた元彼は「実は、付き合っているときから浮気をしていたんじゃないか?」とまで思うようになってしまいます。

女性からすると少しぶっ飛んだ思考回路かもしれませんが、もしあなたが逆の立場だったら、自分に未練がある元カレから急に音沙汰なしになれば不自然に感じませんか?

なにごとも順序や段階というものがあり、特に気持ちの変化に関しては段階を飛ばしすぎるとおかしいと感じさせてしまうのです。

本当はあなたが連絡をするのをものすごく我慢していても、彼と顔を合わせなければそのことは絶対に伝わりません。

身に覚えのない浮気疑惑を持たれないためにも、次の恋愛に向かっていないことだけは伝えておいた方がいいでしょう。

「音沙汰なしが逆に怖い」と恐怖心を抱く


別れてからも一切連絡をしてこない元カノに対して「音沙汰なしが逆に怖い」と恐怖心を抱きます。

すんなりと別れることを承諾していれば良いのですが、泣いて拒んでしまったり、強い執着心を見せたまま別れてしまうと彼に恐怖感を抱かせてしまうことがあります。

「なにか猟奇的なことをされたらどうしよう」と愛が憎しみに変わってしまうことを想像してしまうからです。

恋愛に限らず、一つのことに異常に固執している人を見ると傍観している側の人間は怖さを感じてしまいます。

そして、その人が突然パッと執着することをやめたとき、より一層恐怖心が増すのです。

例えば、仕事で同じクレームを言い続けている人がいたとしたら少し怖さを感じてしまいませんか?

それから急にクレームを言わなくなり静かになったら「次はなにをしてくるの?」と余計に警戒をしてしまうはずです。

この現象と同じことが恋愛では起こりやすく、異性の問題だとストーカーや憎しみからくる狂気的な衝動に駆られてしまう人が多いのです。

あなたにそんな気がなくても、自分に未練を抱いていた彼女が一切連絡をしてこないとなると男性は「忘れた頃になにかしてくるのでは?」と思ってしまいます。

もし、彼が恐怖心を抱いてしまえば連絡先をブロックされてしまったり、一生会えなくなる対策をされかねません。

元彼の警戒を解くためにも、相手が安心できる程度の連絡はしておくのがベターでしょう。

「もう俺に未練はないんだ」と諦めてしまう


別れてからも一切連絡をしてこない元カノに対して「もう俺に未練はないんだ」と諦めてしまいます。

元彼に復縁をしたい気持ちがあっても、彼女からなんのコンタクトもなければ「未練があるのは俺だけか」とアプローチをする気が起きないのです。

恋愛がはじまるときも、ある程度お互いに好意があることに気がついているからアクションを起こそうとするはずです。

まったく脈がない人に対して積極的にアピールをしようとは思えませんし「恋人になれそうな人」と「恋人になれなさそうな人」だったら、無意識に前者を選んでしまいませんか?

復縁をする気がない彼に対してしつこくアプローチをすれば嫌われてしまいますが、多少の好意が残っていることは匂わせておかないと完全に恋愛対象から外されてしまいます。

「確実に自分のことを好きな女性」と「絶対に自分のことを好きになってくれない女性」よりも、「好意は持ってくれているけど、核心はついてこない女性」に男性は心を惹かれます。

「好きなの?好きじゃないの?」と気になってしまうからです。

一切連絡をしなくなってしまえば彼の気を引くことはできないので、軽いジャブは打ち続けた方が復縁は上手くいくはずです。

復縁したくてsnsを更新しない元カノに感じること

生存確認ができなくて不安になる


元カノが別れたあとにSNSを更新しなくなると男性は「ちゃんと生活しているのだろうか?」と不安になります。

昔よりもSNSが普及されているおかげで今は直接連絡をとり合わなくても友達の近況を知れる環境になってきています。

写真や投稿をアップしたことがきっかけで久しぶりの友達と会う約束をするなんてことも日常茶飯事です。

それくらい離れて暮らしている人の状況を把握しやすくなっている反面、SNSを更新しなければ関係が疎遠になってしまうという問題も起きているのです。

SNSを更新しない=人と距離を置きたいと考えている、プライベートが謎すぎて誘いづらいというイメージを持たれてしまいます。

また、みんなには見せられないくらい生活が荒れてしまっているのでは?と思われてしまったりと私生活が見えない分、勝手な憶測をたてられかねません。

「別れた恋人のことを忘れたいのであればSNSはチェックしない」という心がけはマストですが、逆に考えると「SNSが更新されなければ忘れられてしまう」ということになります。

最初のうちは元彼もあなたのSNSをチェックしていると思いますが、更新がされないことに気がついた彼は徐々に興味を失っていきます。

関心もない上に連絡もしづらいと思われてしまえば彼との距離は遠ざかる一方なので、ほんの日常の一コマだけでもSNSにアップをしておくと良いでしょう。

「SNSを更新できないほど落ち込んでいるのか」と重荷に感じる


元カノが別れたあとにSNSを更新しなくなると男性は「SNSを更新できないほど落ち込んでいるのか」と重荷に感じてしまいます。

別れた直後に病んでいるような写真をアップしたり、センチメンタルに浸っている投稿をしてしまうのは復縁には逆効果というのは耳にしたことがあると思います。

男性に引かれてしまうような書き込みをしてしまうぐらいなら更新をしない方が無難ですが、音沙汰がなさすぎても「なにも手につかないぐらい病んでしまっているんじゃないか」と責任を感じてしまうのです。

あなたも、いつもは普通にSNSを楽しんでいる友達とギクシャクしてしまうようなことがあり、急に更新が途絶えてしまったら「自分のせいかも」と思ってしまいませんか?

自分との揉めごとで生活のルーティーンを崩してしまう友達を「そこまで気にされると重いなぁ」と感じてしまったり「もう深く関わらないようにしよう」と思ってしまうはずです。

落ち込む気持ちに無理やりムチを打ってまで近況を報告する必要はありませんが、元カレの気を引きたくてわざと更新を止めているのであれば、逆効果になっている可能性もあるということを覚えておきましょう。

「忙しいのかな?」と遠慮をしてしまう


元カノが別れたあとにSNSを更新しなくなると男性は「忙しいのかな?」と遠慮をしてしまいます。

SNSは人との距離感を縮めるためにはとても使い勝手の良い手段です。

普段は連絡をとり合わなくてもSNS上で「今度会おうよ!」と久しぶりの人と会うこともできますし、お互いの近況を把握していれば気軽に誘い合えるというメリットもあります。

しかし、全くSNSが更新されないと「忙しいのかな?」と誘うことへのハードルが高くなってしまったり、そもそも会える人リストの中に入れてもらえず疎遠になってしまうことも考えられます。

関係が遠ざかってしまえばしまうほど会うことへの抵抗感や他人のように感じてしまうので、親しみやすい距離感を保つことを意識するようにしましょう。

避けられている気持ちになる


元カノが別れたあとにSNSを更新しなくなると男性は、避けられているような気持ちになってしまいます。

写真や投稿を更新しないだけではなく、彼のSNSもチェックをしていない様子だと「存在を消されてるのでは?」と思わせてしまうかもしれません。

今はコメントやいいね!のような意思表示だけではなく、投稿をチェックをしていることが必然的に伝わる足跡のような機能も追加されているので、自分への関心度がより分かりやすくなっているのです。

元彼に未練があることを悟られたくないがために投稿を見ないようにしていたり、そもそも彼のアカウントを非表示にしているのであれば勘付かれてしまう可能性もあるでしょう。

それだけでは止まらず、元カレには知られないように新しいアカウントを作ったのにバレてしまったようなことがあれば、確実に相手からは「避けられている」と思われてしまいます。

いくら別れているからとは言っても分かりやすく拒絶をされれば男性も傷つきますし、関わる気を失ってしまうでしょう。

復縁をしたいと考えているなら露骨に嫌っている雰囲気を出す必要はないので「なにも気にしてませんよ」と余裕を見せるぐらいの気持ちでいると良いと思います。

放置したら元彼から連絡きた!…それでも復縁できないケース

彼に新しい恋人ができていた


元カレから連絡がきても、彼に新しい恋人ができていて復縁が叶えられないケースがあります。

これは放置をしたことが完全に裏目に出てしまったパターンです。

よりを戻すためには冷却期間が必要なこともありますが、相手の性格を見極めて本当に距離を置いても良いのかを判断することが大切です。

男性が気の多いタイプであったり、モテるのであれば付かず離れずの距離感を保っていないとすぐに次の恋愛に向かってしまいます。

女性に好かれることを自覚している男性は来るもの拒まず、去る者追わずであることが多いので、去ってしまえば興味がなくなってしまうのです。

都合の良い女性になってしまうのはおすすめできませんが、彼と復縁をしたいのであれば対等なポジションにいた方が良いでしょう。

新しく恋人ができても連絡がとれる友達以上恋人未満の関係に成り下がるのではなく、新しい恋人がいても連絡がとりたくなる心を許せる人として彼のそばにいるということです。

そのためには別れてからも変わらず連絡をとり続けられる余裕と堂々とした対応をする必要があるのです。

別れてからなにも成長をしていない


元カレから連絡がきても、別れてからなにも成長をしていないがために復縁が叶えられないケースがあります。

これは冷却期間を置くことだけに夢中になってしまって、そのあとのことを考えていなかったパターンです。

お互いの気持ちを落ち着ける時間は大切ですが、冷静になれただけではよりを戻すことはできません。

別れてしまったということは付き合い続けられない理由があったということなので、その理由を解消しないことには復縁をしようとは思えないはずです。

よりを戻すためには元彼と連絡をとらない期間中にしっかりと破局の原因を研究して、また一緒にいたいと思ってもらうためにどれだけの努力ができるのかが大きなカギとなってくるのです。

もし、相手が別れ際にあなたの欠点や別れの原因を指摘してくれているのであれば、彼は「ちょっとは成長しているかな」という期待を込めて連絡をしてきているかもしれません。

しかし、元カノがなにも変わっていない様子であれば、男性は心の中で「成長していないなら復縁はできないな」と思って、今度こそ見切りをつけられてしまいます。

放置をするのであれば無計画で行動するのではなく、距離を置いている時間が無駄にならないよう計画的に復縁をするためのアクションを起こすようにしましょう。

女性として見られなくなっている


元カレから連絡がきても、女性として見られなくなっていて復縁が叶えられないケースがあります。

別れの時点ですでに恋愛対象から外れてしまっているか、別れてから他の魅力的な女性を見たことで「元カノの女子力は低かった」と異性として見てもらえなくなってしまったパターンです。

女性として意識できなくなってしまった場合、どれだけ冷却期間を設けてもよりを戻すことはかなり難しくなってしまいます。

もう一度女として見てもらうために努力をするか、異性という垣根を越えて人間力で勝負をするかの二択しか残されていません。

もし、彼に振られた原因の中に女性としての魅力を感じなくなったという理由があるとすれば、しっかりと対策をしておく必要があります。

刺激やトキメキがなくても「やっぱり彼女が良い」と思ってもらうためには、下手に駆け引きをしようとするのではなく、芯の通っている凛とした態度を心がけるようにしましょう。

彼女ヅラをしてしまう


元カレから連絡がきても、彼女ヅラをしてしまったがばかりに復縁が叶えられないケースがあります。

男性からコンタクトをとってきてくれるということは嫌われている可能性は低いのですが、相手が復縁をしたいと思っているとは限りません。

友達として関わりたいだけであったり、ちょっと思い出したからと深くは考えずに連絡をしてきている可能性も十分にあります。

復縁をしたい側は連絡をとっていない期間も彼のことを考えていたのでいつでも恋人に戻れる身構えでいますが、相手は「ずっと連絡をとっていなかった元恋人」として接しているので、急に距離を詰められると引いてしまいます。

「連絡もとってなかったし、別れてから結構な月日が経っているのに、まだ彼女気分なの?」と、勘違い女として認定されてしまうでしょう。

別れてからも頻繁にコミュニケーションをとっていたのであれば多少親しげにしても問題はありませんが、一度縁が遠のいているのであればちゃんと距離感の線引きはした方が良いでしょう。

放置するだけでは復縁できないケース用:沈黙&アプローチの効果的な組み合わせ方

沈黙しつつ挨拶と世間話だけはする


破局後は離れたほうがいいとはいえ、毎日顔を毎日合わせる関係だと困りますよね。

その場合には、挨拶と世間話だけはする沈黙期間にしてみましょう。

顔を合わせているのに無視をする間柄が続くと、いつの間にか声さえ掛けられない関係になるのが問題。

そうすると、冷却期間を終えていざ復縁活動を始めようと思っても「昨日までは顔を見ても挨拶もしなかったのに、いきなりなんて話かければいいの!?」と思えて、行動に移せません。

そのまま関係が終わってしまうのは悲しすぎるので、最低限の関わりを持ちつつ、今までよりは距離をとる方法を試してください。

中には世間話はナシにして挨拶のみの関係にしたほうが良いカップルもいます。

なぜなら、挨拶だけならよほどのことがない限り、それ以上会話が深まることはありませんが、世間話は一度してしまうと予想外に長引いて途中で話を止め辛くなるからです。

結果的に話す時間が長くなってしまうと、一定の距離感を保つのが難しくなるので冷却期間としての意味が薄れてしまい復縁成功を遠ざけてしまいます。

「どこで話を止めたらいいか分からなくなりそう…」と思うのであれば、挨拶だけに止めておいたほうが安全です。

顔を会わせた時に挨拶さえしていれば、沈黙が終わった後に自然と会話を再開させることができるでしょう。

基本的には避けて会えた時は喜びアピール


「もう僕を好きじゃないのかな?」と彼に誤解されそうな場合には、基本的には彼と関わりを持たないようにしつつ、顔を会わせた時には素直に喜ぶようにしたら良いでしょう。

この方法は、言葉では何も言わないようにしなくてはいけません。

「会えて嬉しい!」「もっとお話ししたい!」などと言葉で伝えると、離れている意味が無くなってしまうので、何も言わずに笑顔を返す程度にしておいてください。

笑いかけられれば「好きかどうかは分からないけど嫌われたわけじゃないみたい…」と、彼の心を引き止めておけます。

女性にニコッと微笑みかけられたら、「絶対に元カノは俺をまだ好き!」と思い込む男性のほうが多いくらいなので、態度で少しアピールしておけば大丈夫でしょう。

笑顔だと露骨過ぎるかも?と思った人は、目があったら恥ずかしそうにパッとそらす方法を使いましょう。

「別れたばかりの元カノが僕を見てる!」と思えば期待するのが男性心理です。

ただし、表情が重要なので、睨む視線使いにならないよう気を付けてください。

少し可愛らしさが残るよう意識すると丁度良いですよ。

冷却期間中にちょくちょく連絡を入れる


彼が寂しがりやだったり、プライドが高くて連絡を完全に無くしたら機嫌が悪くなりそうな場合には、冷却期間中にもあなたからちょこちょこ連絡を入れてください。

この時には、回数は少ないものの中味は男性を喜ばせる内容が適しています。

回数を増やすと沈黙の効果が薄れるので、最小限にしつつ彼を満足させてあげないといけません。

そんな時は「今日のお昼は何食べた?」など、色気のない会話はNG。

「昨日〇〇君の夢見ちゃった~」など、読んだだけでドキッとするような内容が最適です。

距離をとるのが重要な時期なので、「好き」「一緒にいたい」などの分かりやすいアピールは禁止ですが、「急に○○君のこと思い出した」「○○君が元気かどうか心配で…」くらいはOK。

できるだけ短めのやり取りに止めつつ、あなたの印象が深く残るようにすれば離れている間も彼を繋ぎ止められます。

定期的な状況報告会を行う


沈黙期間を作る時にはルールをいくつか決めておくと案外上手くいきます。

おすすめなのは、別れた後も定期的に近況報告会を行うこと。

最悪のムードで別れた時には提案しにくいかもしれませんが、あなたが振られたケースだったら「別れたいのは分かった。だけど、2週間に1回だけ連絡しても良い?」とあらかじめ連絡する間隔と回数を約束してもらい、冷却期間に入ってからも定期連絡を続けるのです。

これなら連絡する時期が決まっているので、元彼も変に気を使う必要なくやり取りをしてくれるはずです。

最初にルールを決めておけば連絡する時にアレコレ悩む必要もありません。

それに、定期的に連絡があると分かっていれば、連絡が必要な問題が起きた時も「次の連絡きた時に言えばいいか…」と彼を安心させることもできます。

彼があなたをひどく嫌っている場合には、2ヶ月に1回にするなど連絡する間隔を長くすれば「たまになら良いか~」と了承してくれるでしょう。

しかし、定期連絡を使う場合には無駄話をしないようにしなくてはいけません。

ここで不必要なやり取りが生じると沈黙の効果が無くなります。

沈黙に徹すると決めた期間中は、必要最低限のやり取りだけにしましょう。

彼にこんなサインや兆候が見えたら沈黙&アプローチ期間を終了しよう

2人で決めたルールを破ってまで連絡が来る


別れる時や冷却期間中に「連絡は2週間に1回だけにしようね」と2人で決めていたのに、そのルールを破ってまで元彼から連絡があったら、彼の心があなたに向いてきた証拠。

一度だけのルール破りでは判断できませんが、続けて3回以上ルールに従わない連絡があったら、そのまま復縁に持ち込んだ方が良いでしょう。

特にあなたが振られたケースでは、彼の心が戻ってきたタイミングを逃すと次のチャンスはやって来ないかもしれません。

ただし、急激に連絡が増えた時には少し怪しんだ方が良いです。

デートしたい!会いたい!と焦っているのなら、体の関係をのぞんでいる可能性が高いです。

付き合っている時にも、エッチしたくなった時だけ優しくなる、甘えてくるなど態度が豹変する男性だったとしたら、復縁したいのではなく体目的だということ。

過去の彼の態度を思い出して、あなた自身で判断してください。

ただ、体目的だったとしても彼の要望通りに会わないと復縁は難しいので、とりあえずはデートするなりして彼の望みを叶えてあげましょう。

もし体の関係を迫られた時には、「きちんとやり直して、時間をかけて仲直りしてからね」と言えばOK。

すぐには体を許さずに復縁と交換条件にすれば上手くいきます。

連絡した時の反応が変化した


あなたは復縁希望で元カレは復縁したくない場合には、連絡をした時の彼の反応はあまり良くないと思います。

そもそもやり直したいと思っていないので、返信速度が遅い、または既読・未読スルーされることもあるでしょう。

そんな状態だったとしたら、連絡した後の反応を見て沈黙期間の長さを決めてください。

まず、返事が50%以上来ないのであれば、まだ沈黙を続けたほうが良いです。

その状態で彼にアプローチをしても、さらに無視されるだけです。

あなたが連絡した時に80%以上の確率で返事が来るようになったら、沈黙の終わりに向けて準備を進めましょう。

でも、付き合っている時の返信速度よりも遅い場合には、もう少し様子を見たほうが良いです。

例えば、仕事中以外はほぼ即レスなタイプなのに返事までに12時間以上かかる場合など。

冷却期間中は連絡回数自体が少ないはずなので、それにさえ返事が遅いということはその程度にしか関心がないということ。

もう少し離れる時間をとって「元カノがいないの寂しいな」と思わせなくてはいけません。

冷却期間をとり始めた頃に比べて、明らかに返信速度が速い、マメに返事をしてくれるようになった、と実感できたら沈黙を終えても大丈夫でしょう。

顔を会わせた時にボディタッチが増える


沈黙期間でほとんどコンタクトを取っていないのに、ボディタッチが増えたと感じた時も彼はあなたに関心を抱いています。

しかし、好きだと思うと触れたくなるのは自然なこととはいえ、体目的で利用されないよう注意しなくてはいけません。

見極め方は、ボディタッチを拒否された後に再度触ってくるかどうかです。

ボディタッチをされた時にはさりげなく体の距離を離すなどして彼の反応を見てください。

それでもお構いなしにべたべたと触ってくる場合には、体目的なので冷却期間を続けたほうが良いです。

拒否されて少し悲しそうにしている、「…そんなに嫌?」と遠慮気味に聞いてくる、その後は触る行為を控える、といった場合には、あなたへの好意が戻り始めていると考えられます。

1回だけでは判別が難しいので2~3回は様子を見て慎重に決めてください。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「復縁したいなら連絡しない方がいいと決めつけてしまうのは危険です」

占い師 ミミコ

連絡をしないことが復縁の逆効果になるお話をしてきましたが、いかがでしたか?

たしかによりを戻すためには冷却期間という名の連絡をとらない時期を作った方が良い場合もあります。

別れた直後の男性は一人になった開放感を楽しんでいたり、感情の浮き沈みが激しいので下手に刺激をしてしまうと連絡が取れなくなるほど嫌われてしまう可能性があるからです。

しかし、二人の関係性や元彼の性格によっては、連絡をしないことが逆効果になってしまうこともあるのです。

「どんな恋愛コラムにも連絡はしない方が良いと書いてあるから」とすべての話を鵜呑みにして、決めつけてしまうのはとても危険です。

カップルの数だけ出会いや別れに十人十色のストーリーがあるようにベストな復縁の仕方もカップルによって違います。

手当たり次第に復縁方法を試すのではなく、距離を置く必要があるのか、気持ちを一方的に押し付けてはいないか、彼がどう感じているのかをしっかりと考えて行動をするようにしてくださいね。

今がどんなに辛い状況でも相手のことを思いやった行動を積み重ねていけば、関係を修復することはそう難しくないはずです。

あなた中心の恋愛にならないように、二人がしあわせになれる方法を探し当てれば、幸福に包まれる日が必ず訪れるでしょう。

【期間限定・12月8日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事