「彼と復縁した後はできれば結婚したい!」そう思っている人も多いでしょう。

別れてもやり直したいと思えるほど好きな男性であれば、一生そばにいたいと思うのも不思議ではありません。

ただ復縁をするだけでなく、結婚という夢を叶えたいのであれば、彼との復縁をする時にいくつかのことに気を付けておく必要があるということを知っておいてください。

なぜなら、恋愛関係では上手くいっていても、結婚関係になると関係が悪くなってしまうカップルが多いからです。

恋愛と結婚はつながりが深いものですが、違いも多いということをよく覚えておきましょう。

元彼とやり直すだけなら、恋愛関係のことだけを考えていればOKですが、結婚となると話は別です。

それに、恋愛関係のことしか考えずに復縁してしまうと、結婚できないだけでなく、結婚はできてもその後の関係が悪くなり離婚してしまう…というリスクが高くなります。

せっかく大好きな元彼と結婚できても、また別れるなんてことになったら困りますよね。

だから、結婚を考えている相手と復縁をする場合には、やり直す前から結婚後のことを想定して行動することが大切。

今回は復縁から結婚したカップルの体験談、結婚するきっかけになったこと、復縁からの結婚が上手くいくコツなどについて説明します。

復縁後に結婚をしたいと思っている方は、しっかりと読んで復縁の計画を立てる時に役立ててください。

ここに書かれている方法なら、復縁を叶えるだけでなく、結婚までの道のりをスムーズに進められます。

また、復縁をした後に結婚までにかかる期間についても解説するので、これからの彼との時間を想像しながら読んでください。

復縁から結婚しました!復縁結婚を叶えたエピソード

体験談1:遠距離恋愛で別れた彼氏と復縁


彼とは同じ会社に勤めていたことが理由で知り合いました。

しばらくは、楽しく付き合っていたのですが、彼に転勤辞令が出て遠距離恋愛になってしまったんです。

それからは、月に一回会えれば良いほうで、仕事が忙しくなった彼と3ヶ月間一度も会えないなんてことが続いていました。

私も異動願いを出してはいましたが希望が叶うことはなく、仕事は忙しくなる一方で完全なすれ違い生活になってしまいましたね。

一緒にいる時間がとれないことで私はモヤモヤとしていたのに、彼は私との付き合いを面倒だと感じていたようで、気持ちの温度差も大きくなっていることを感じ、そんな関係に我慢できずに私から別れを切り出しました。

彼は「少し考えさせて」という返事をしたまま、会話する機会もなく自然消滅のような形で関係が終わってしまい…。

その後は、新しい彼氏を探したりしていたのですが、なかなか出会いもなく独り身を楽しむしかないか…という気持ちで過ごしていました。

そんなある日、私にも転勤辞令が出て彼と同じ赴任先に転勤になったのです。

今さら彼と顔を合わすのも気まずい…と思いましたが、仕事なので断るわけにもいかず、彼には何も連絡せずに新しい場所での仕事が始まりました。

彼と会ったら、彼は私に連絡をしていないことを後悔していたようで、すぐに食事に誘ってくれました。

その時は復縁する気持ちは私も彼も全くなく、ただ一緒に仕事をする上で関係にけじめをつけたいという理由で食事をしたんです。

それからは完全に仕事仲間の関係に戻りましたね。

その後一緒にいる時間が増えるうちに付き合っていた頃のような雰囲気になり、自然と彼とやり直すことになりました。

今度は普通のカップルのように週に何度かデートをするような付き合いを続け、それから8か月後に結婚しました。

(34歳/女性/通信会社勤務)

体験談2:お互いに未熟だったことが原因で別れて…


彼と知り合った時はまだ20代前半で、お互いに子供同士のような付き合いでした。

でも、同い年だったので付き合っていてすごく楽しくて、彼とはいろいろな経験を共にしてきましたね。

ただ、若さゆえに喧嘩が絶えず、何度も険悪なムードになり、ついには大喧嘩をして別れてしまったんです。

共通の友人が多かったので、彼がその後どうしているかの情報が入ってきましたが、お互いに新しい相手ができたりして、彼のことは完全に過去の事になっていました。

30歳の誕生日の時に女友達がパーティーを開いてくれたのですが、そこで元彼のうわさを聞く機会があり、急に懐かしくなって元彼に連絡してしまったんですよね。

パーティーの最中だったので、他の友達も一緒にいて勢いがついちゃって…。

それまでは彼のことを忘れてたんですけどね。

でも、連絡をとったら気持ちが高ぶってしまい、気付いたら私のほうから彼をデートに誘ってました。

彼も軽い気持ちでOKしてくれて会うことになったのですが、デートの日は久しぶりに会った彼が大人になっていて驚きましたよ。

彼は以前とは別人のようでした。

一緒にいても喧嘩のような雰囲気になることもなく楽しくデートは終了。

その後に私からLINEで「もう一度付き合わない?」と聞いたら、「とりあえず今付き合っている人いないから友達からなら…」と彼が言ってくれて関係が復活しました。

それからは、別人のようになった彼氏と喧嘩することもなく順調にお付き合いが続き、3年付き合ってから結婚しました。

(38歳/女性/アパレルショップ勤務)

体験談3:心変わりをした彼氏とやり直して結婚


私は小さな頃から結婚願望が強く、彼と付き合い始めた頃から結婚したいということを彼によく話していました。

当時はまだ20代前半だったということもあり、彼は真剣には聞いていなかったようですが、私は本気で早く結婚したいと思っていたんです。

でも、彼は結婚に対してまだまだ先のこと…のように思っていたので、私が何かにつけて「結婚したら~」という話をするのにうんざりしてたみたいです。

そういった気持ちのすれ違いが原因で、彼が私以外の女性を好きになってしまい、私は振られてしまいました。

しばらくショックで彼を責めたい気持ちでいっぱいでしたが、数か月かけて気持ちの整理をつけました。

その後に別の男性と付き合ったのですが、また同じような理由で上手くいかなくなってしまい、結婚するのって難しいなと思うようになったんです。

でも、友達は次々と結婚していき、ある時出席した友達の結婚式で元彼と再会しました。

その時は彼には新しい彼女がいたようですが、まだ結婚をしておらず、相変わらず結婚する気はまだないみたいでした。

でも、2次会に行った時に話をしたら、新郎から結婚の話を聞いて結婚に対する興味がわいてきたと言ってました。

彼と話しをしているうちに、私が結婚したいと思っていたことを思い出したようで、「まだ結婚したいと思ってるの?」と聞かれ、冗談で「結婚したいから、相手になってよ」と言ったら、何となくいい感じの雰囲気になり、それから連絡のやり取りが始まったんです。

でも彼には別の彼女がいたので、しばらくは友達関係のまま。

それから2か月ほどして彼は別の女性と別れて、私に「結婚前提に付き合わないか?」と言ってくれました。

もちろん私はすぐにOKを出し、そこからは早かったですね。

半年後には入籍してました。

(29歳/女性/飲食店勤務)

復縁から結婚したきっかけ

時間の経過で価値観が変わった


別れた時から時間が経過して、お互いの価値観が変わったことが原因で復縁から結婚までがスムーズにいくことがあります。

結婚は単に好きという気持ちだけでなく、将来像がはっきりしていないと踏み切ることができないという難しさがあります。

特に男性は責任を強く感じるので、何となく一緒にいたい程度の気持ちでは結婚をすることができないでしょう。

そのため、結婚適齢期と言われる年齢になって初めて「結婚しても良いかな…」と思う男性が多いです。

男性は女性のように出産のタイムリミットがないので、そこまで早く結婚をする必要がありません。

また、1人の女性だけに縛られてしまうことを嫌う傾向があるので、同じ年齢同士で付き合っていると、彼女だけが結婚をしたがり、男性は結婚への意欲が低いというカップルが多くなります。

男性は女性がどれだけ結婚したいと言っても、それだけで結婚への価値観が変わることはまずないでしょう。

男が「結婚したい!」と思うのは同性から結婚の話を聞いた時。

特に結婚をして幸せそうにしている男友達を見ると、羨ましいという気持ち以外に「負けてはいられない!」という気持ちを抱くので、急に結婚に意欲的になることがあります。

そういった変化が起こるためには時間が必要です。

別れてから復縁をするまでに結婚適齢期に入るなど、年齢が上がることで結婚への価値観が変われば、復縁をした後に自然と結婚の話が出てくるでしょう。

これは女性に対しても言えることで、若いうちは「仕事を頑張りたい!」など家庭以外のことに夢中になる女性が増えてきています。

結婚をする時にはタイミングが大切。

2人の結婚したい欲が丁度一致したタイミングで復縁できれば結婚できる可能性が高まります。

結婚をしたくて復縁する時には、彼がどれくらい結婚をしたいと思っているかをそれとなく聞いておけると安心です。

まだ彼が結婚に対して消極的な気持ちしか持っていないのであれば、やり直すタイミングを少しずらしたほうが良いかもしれません。

偶然の再会


復縁をするつもりはなかったのに、偶然再会をしてしまった場合にも復縁後に結婚できる可能性が高いです。

復縁をするつもりで彼と一緒に過ごせるような努力をしているわけでもないのに、偶然に出会うと、その瞬間に一気に気持ちが盛り上がります。

狙って会ったわけではないという点に関して、心のどこかで「運命の相手なのかもしれない…」と感じる人もいるでしょう。

偶然に再会すると言っても、同じ会社など顔を合わせる確率が高いところでは意味がありません。

旅行先など、まさかここで!という場所での出会いだということが重要です。

自宅から遠く離れた場所で同じ時間にそこにいる、という偶然に驚いた2人は意識し合うような関係に戻ることが多いでしょう。

これは、偶然のハプニングという要素が元になり、相手を好きだという気持ちが強くなるということです。

偶然の再会を果たしたカップルは復縁することが多く、その後結婚をすることが多いです。

どれだけ努力をしても復縁は難しそうだと感じていたのに、旅行先で元彼と予期せぬ出会いをし、そのまますぐに結婚したというケースもあります。

別れの原因が解消した


別れた時に問題となった原因がしっかりと解消されているカップルも、やり直した後に結婚することができます。

恋愛関係よりも結婚をしたとのほうが一緒にいる時間が長いので、小さな欠点への不満が溜まりやすいというのが恋愛と結婚の違い。

結婚する前の恋愛段階の時期にどれだけ欠点を無くしておけるかが重要なのです。

相手への欠点に不満を抱えたままの恋愛関係では、結婚しても上手くいきません。

しかし、他人同士が一緒に過ごすのですから、欠点がゼロということはまずないでしょう。

結婚生活は、相手の欠点とどう向き合っていくかが重要だということも覚えておいてください。

お互いに多少のことなら我慢できるという状態にしておけば、「結婚してもやっていけそう…」という気持ちになるので、結婚の話がスムーズに進みます。

そのためにも、できる限りの欠点は改善させて相手に不満を抱かせないようにしておくことが重要です。

お互いに悪いところを受け入れると言っても、我慢の限界ぎりぎりの状態では幸せになれません。

それに、片方ばかりが我慢を強いられていると感じると関係がぎくしゃくしてしまいます。

だから、復縁前には別れる原因となった悪い部分が解消されているかどうかをしっかりとチェックしておいてください。

別れる原因となったことが解消し、それを見た元彼がもう一度あなたのことを本気で好きになってくれれば、やり直した後に結婚することができます。

欠点を改善せずに勢いだけで復縁すると、結婚前に破局してしまう危険があるので注意しておいてください。

既婚友達の説得


既婚友達に「結婚するなら彼女がいいと思うよ」と説得をされたことがきっかけでやり直すことになったカップルもいます。

ここでのポイントは相手が結婚を経験していることでしょう。

結婚をしたことがない人にとっては結婚後の世界は未知のもの。

結婚を身近に感じている女性と違って男性は結婚に対するイメージさえ持てないことが多いのです。

だから、結婚をしたいと言われても現実味が感じられず、ついつい先延ばしにしてしまう…という態度をとってしまうのでしょう。

そんな男性でも既婚の友達から話を聞く機会があると、徐々に結婚に対する印象が変わってきます。

女性に対して新鮮味やドキドキ感を感じることを重要視する男性が多いものですが、既婚男性に「結婚相手なら落ち着いて一緒にいれる子のほうが良いと思うよ」などのアドバイスを受けて元カノへの見方が急に変わることがあります。

男性はきっかけさえあれば一瞬で結婚相手に求めるものが変わります。

結婚を意識したことがないような男性は特にそうでしょう。

だから、復縁がなかなかうまくいかないと思っていても、彼が既婚友達から何らかのアドバイスを受けて結婚に対する価値観が変わった時には、急に彼のほうから復縁しようと言ってきてくれる可能性があります。

新しい相手と上手くいかなくなって…


別の相手と付き合ったことで、元彼・元カノの良さを再確認してやり直すことができたというカップルも多いです。

恋愛は経験してみないと分からないことが多いので、好きという気持ちだけでなく付き合った期間をどう過ごすかが大事です。

恋愛の難しさは2人で関係を作っていかなくてはいけないところ。

相手に合わせるという行為が必須です。

だから、今の相手と付き合っていた時には当たり前に感じていたことが、相手が変わってから初めてその価値に気付くということがよく起こります。

例えば、食事をするお店を決める時。

元彼はいつもあなたと相談をして決めていたのに、新しい彼氏は自分1人で決めてしまうような人だったら、元彼があなたの意見をきちんと聞いてくれていたことに気付くでしょう。

元彼と一緒にいる時には食事をする場所を決める時には2人で決めるのが当たり前と思っていたかもしれませんが、世の中にはそれさえもしてくれない男性もいるのです。

そういった経験をすると元彼の良いところを再発見する機会となり、もう一度元彼とやり直したい…と思うようになりますよね。

元彼も同じように新しく付き合った女性と過ごすことであなたの良さを再確認してくれたのだとしたら、それがきっかけとなってやり直せる確率が上がります。

このように別の相手を体験したことで元彼・元カノの良さを再確認したケースは復縁後の関係が安定するので、そのまま結婚できることが多いです。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元カレと復縁して結婚できた理由

結婚したい気持ちが強まった


元彼と復縁した後に結婚まで発展させることができた理由のひとつは、お互いの結婚への真剣度が高まったということ。

結婚は人生の中でも大きなイベントなので、誰もがするものだというイメージはあっても、そこから最後の一歩を踏み出せない人が多いです。

これは、結婚は恋愛とは違って個人同士だけでできるものではないということも関係しているでしょう。

個人としては好きでも親戚の人と上手くいかない、義理の両親との関係が悪いと言った理由で結婚が上手くいかないケースもあります。

恋愛よりも様々な問題が起こることが多いのが結婚の特徴ですが、「それでも結婚したい!」という強い気持ちがあれば、多少の問題は乗り越えられます。

逆に、「そんな面倒な関係が増えるなら結婚しなくても良いかな…」と思える時期は、好きな相手がいても結婚しないままで過ごすことになるでしょう。

結婚は現実的な側面が大きいので、結婚するメリットとデメリットを天秤にかけて、メリットの方が大きいと思ったら結婚するという人が多いです。

その時に重要な要素となってくるのが、「どれくらい結婚したいと思うか」。

結婚したいという気持ちが強ければ、デメリットが大きかったとしても、それを上回るほどのメリットを感じることができるからです。

「彼女とどうしても一緒にいたい!」「これから一生彼女と生活していきたい!」という気持ちをして男性に持たせることができれば、多少の壁があったとしても結婚の夢を叶えることができるでしょう。

喧嘩が少なくなるような対策をした


長い結婚生活を上手く乗り切るためには、喧嘩との付き合い方も考えておく必要があります。

喧嘩の怖いところは、精神的なダメージが大きいところ。

喧嘩の回数が多い、大きな喧嘩をすることが多い、といったカップルはお互いが喧嘩のたびに精神を消耗していきます。

一緒にいて楽しいと感じても、喧嘩してしまうと楽しい時間が台無しになるほどのダメージを受けます。

何度もそんな喧嘩を繰り返していると、「結婚して一生を共に過ごすことはできない…」と彼に思われてしまうでしょう。

小さな喧嘩だったとしても、彼がそれを嫌がっている場合には、小さないざこざもできるだけなくしたほうが良いです。

長く一緒にいても疲れない相手だと思ってもらえないと、結婚をすることは難しいのです。

少しのことでぶつかって喧嘩をしてしまうカップルだった場合には、復縁できても喧嘩を繰り返してしまいがち。

だから、問題が起こった時には喧嘩で解決するのではなく、冷静に話し合うようにするなど具体的な解決策をしっかりと考えておいてください。

また、あなたがすぐにカッとなるなど喧嘩の原因を作っているのであれば、我慢するクセを付けるなどの対策をしておきましょう。

喧嘩の回数が増えてしまうと、彼はあなたと結婚したいとは思わないので、喧嘩しなくても済むようにしておくことが重要です。

喧嘩をする回数が少なくするような対策ができれば、復縁後に結婚できる可能性が高まります。

別れないような努力をするようになった


復縁後に別れないような努力をすることができるようになったカップルは、結婚まで関係を発展させられることが多いです。

これは、一度別れを経験しているカップルは別れてしまう苦しみを知っているからでしょう。

復縁を経験したカップルは、別れた経験がないカップルよりも別れないための努力をするようになると言われています。

恋愛は2人の歩み寄りが重要。

どちらかだけが権利を主張すると関係が悪くなってしまいます。

そのため、関係を長続きさせて結婚に結び付けるためにはお互いの努力が必要不可欠です。

歩み寄る姿勢を忘れてしまうと、再度別れるという危険が大きくなってしまいます。

復縁後に結婚まで叶えられたカップルは2人ともが歩み寄りの姿勢を大事にしているのが特徴。

もう別れたくないという気持ちを忘れずに持ち、どうしたら別れずに済むのかを常に考えておけば、自然とお互いを大事にすることができます。

別れないための努力としては、相手の嫌がることをしないというものもあります。

自分にとってはたいしたことがないことでも、それに相手が不快感を抱くことがありますが、そこで「たいしたことないことなのに…」と終わらせてしまわないことが大事です。

自分にとっては害のないことでも、相手は嫌だと思っているということを忘れないようにしましょう。

お互いがそういった姿勢を持ち続けることができれば、復縁後の関係が深まり結婚までトラブルなく過ごせるようになります。

相手の生活ペースを乱さないようにした


結婚生活を考える時に大切なことが、相手との距離感です。

結婚は生活を共にするので嫌でも相手との距離が近づきます。

でも、ここで距離の取り方を間違えてしまうと、共同生活をしていく上で息苦しさを感じるようになってしまうんです。

例えば、1日中彼氏と一緒にいたいと思っても、彼は1人の時間がないとストレスに感じるような性格かもしれません。

一般的に男性のほうが1人でいたがる傾向があるので、あなたがずっと一緒にいたがるような性格だった場合には彼に重たいと思われていないかをチェックしておいたほうが良いでしょう。

1人の時間を持たせてくれないような女性と結婚すると、結婚後に大変な思いをすると感じた男性は結婚への意欲を失ってしまいます。

復縁をした後に結婚までしたいと思った時には、結婚したら今後も長い時間を一緒に過ごすということを思い出しましょう。

彼と一緒に過ごしたいと思うのであれば、彼にも同じような気持ちを持ってもらう必要があります。

そのためには、彼との距離感を適切に保ち、彼が自分のペースで生活をしていけるような配慮をすることが大切。

男性は、結婚してからもできる限り自分のペースで過ごしたいと思っているので、彼の時間を不必要に奪うようなことは避けておいたほうが賢明です。

あなたが常に一緒にいたいと思っていても、彼はそうではないかもしれないということを覚えておきましょう。

復縁&結婚がうまくいくコツ

結婚を焦らない


復縁後に結婚するために最も重要なことは、結婚を焦り過ぎないということです。

とにかく結婚がしたい!と思うと何も周りが見えなくなってしまう女性がいますが、それでは結婚はできても幸せになることはできません。

それに、結婚後に彼との関係が悪くなって別れてしまうリスクも上がります。

また、結婚だけに夢中になっている女性を見ると、男性は結婚のための道具のように扱われていると感じ気持ちが冷めます。

女性にとって結婚は非常に重要な存在で我をも忘れてしまう存在だということは分かりますが、結婚は1人ではするものではないということを思い出しましょう。

結婚は2人が幸せになるためにするものです。

あなたが自分のためだけに結婚をしたいと思っているのであれば、気持ちを入れ替えて彼の幸せについても考えてみてください。

結婚をした後に2人ともが幸せになれることを目標にすれば、結婚することを焦ってしまう失敗を減らせます。

結婚することだけを目標にしないように注意してくださいね。

そうすれば、復縁後に結婚できる可能性が高まります。

関係を丁寧に築く


復縁をした後に結婚に結び付けるために大切なことは、関係を丁寧に作っていくことです。

結婚は長期戦なので、すぐに結果を出そうとすると失敗します。

例えば、今すごく彼氏に会いたいと思っても、明日の仕事で朝が早いなどの理由がある時には、彼に会いに行くのはやめておきましょう。

その時の気持ちだけで行動してしまうと、長続きしなくなり結婚する前に気持ちが変わってしまいます。

結婚をするということはその後何十年も彼との時間があるということ。

無理をしなくても関係を続けていけるような付き合い方をするようにしたほうが良いです。

すぐに会えなくても、「また会える時があるから…」と気持ちを落ち着けて、長い目で考えるようにしてください。

あなたが無理をして関係を深めることに急ぐと、それに付き合っている彼は疲れてしまって結婚する前にあなたとの関係を終わらせたいと思ってしまうかもしれません。

特に復縁をしてすぐの頃は感情が高まりやすいので、無茶をしてしまわないよう気を付けましょう。

本当に結婚したい相手かどうかよく考える


復縁した後に結婚までしたいと思ったら、彼と本当に結婚したいのかどうかを自問自答してください。

結婚したい!という気持ちが強すぎると、本当はそこまで好きではなくても、結婚してくれそうという理由で男性を選んでしまうことがあるからです。

そこに好きだという気持ちがあれば問題はないのですが、結婚するためだけの相手だと思っていないかは確認しておく必要があります。

復縁をする時にも結婚という目的を叶えるために行動していると、彼への自分の気持ちを忘れてしまうことが多いです。

結婚のことを考えずに、ただ彼と一緒にいたいと思っている時には好きな気持ちがあることが多いですが、結婚のための復縁になると彼が好きかどうかよりも結婚することが一番になっていることが多いんです。

そうすると、結婚はできたとしても、その後に「本当はこの人のことが好きではなかった…」という事実に気付き、あなたが後悔する結果になってしまいます。

また彼にとっても良いことはひとつもありませんよね。

復縁までは夢中でも、復縁した後に結婚相手にするほど好きではなかった…と気付くことがあります。

復縁した後に結婚までしたいと思っているのであれば、彼のことを結婚相手として本気で好きかどうかをもう一度確認しておいてくださいね。

復縁結婚に必要な期間はこのくらい

付き合っていた期間が長ければ半年


復縁前に彼と付き合っていた期間が何年もあるなど、長く一緒にいる場合には半年ほどの短期間で結婚することができるでしょう。

長いカップル期間がある場合には、結婚までの時間がかかり過ぎると、結婚のタイミングを逃してしまう恐れがあるので、期間を長くし過ぎずに結婚してしまったほうが良いです。

とはいえ、彼の気持ちも考えなくてはいけないので、無理に早める必要はありませんが、タイミングを逃さないようにすることが重要だということは覚えておいてください。

もしも、もっと早く結婚の話がまとまりそうな時には、早くても大丈夫。

ただし、復縁後の関係が濃い場合に限ります。

いくらそれまで付き合っていた期間が長かったとしても、復縁後はイチからのスタート。

きちんと一緒にいる時間を作り、なるべく会話の時間を確保するようにしましょう。

2人の関係が復縁後すぐに安定するようであれば、早めに結婚に踏み切っても大丈夫でしょう。

別れの原因が解消していれば半年~1年


別れる原因となった事柄が完全に解消している場合には、半年~1年ほどで結婚することができます。

復縁後に結婚するためには同じことを繰り返さないことが最も大切なので、トラブルになりそうな問題は先に解決させておくことをおすすめします。

復縁してから直せばいいか…と思っていると、そのままズルズルと改善するきっかけを先延ばしにしてしまうことが多いからです。

復縁後は彼との新しい関係が始まります。

彼との時間が楽しいと感じると、わざわざ欠点を治すような努力をしなくてもいいか…と甘えた気持ちが出てしまうのが人間です。

恋愛関係が上手くいってしまうと、努力することを忘れてしまう人が多いので、できるだけ復縁前に努力しておきましょう。

問題点が全て解決されていたら。彼との時間を楽しむことに集中できますし、彼とのトラブルの回数も減らせます。

新しい気持ちでやり直した場合は1年半


彼との関係をリセットし、新しい形で付き合いを再開した場合には、関係を築くための時間が必要なので結婚までに1年半ほどかけたほうが良いでしょう。

場合によっては1年半以上の時間をかけてから結婚をしたほうが良いこともあります。

別れてから時間が経って復縁をした場合には、彼もあなたも大きく変化していると考えられます。

だから、最初の付き合いで親しくなっていたとしても、もう一度2人の絆を強くするための時間を設ける必要が出てくるのです。

付き合った経験があるからといって、相手のことを知っていると誤解して結婚してしまうと失敗のもとです。

お付き合いした経験があるということは忘れて、もう一度ゼロから彼のことを知るつもりで関係を作っていってください。

そうすれば、最初と同じような失敗をすることもなく、彼と違った関係を築くことができます。

復縁後に結婚をしたい場合には、最初の関係を忘れてしまったほうが関係が良くなります。

過去に囚われてしまうと、どうしても同じことを繰り返してもう一度別れてしまうような結果になりやすいので、元彼だったとしても別の男性だと思ってください。

そして、新しい関係を築くように心がけましょう。

別の相手と付き合った期間が長いケースは2年


別れてから別の相手と長く付き合っていたという場合には、普通のカップルと同じように長い時間をかけてからの結婚をおすすめします。

別の異性と一緒にいる時間が長いと、その時の癖が抜けきらずになかなか次の相手との関係を作れないというケースがあります。

過去に付き合っているから…と思っても、別の異性と過ごした時間が長いと、その時のことはほとんど忘れてしまっていることが多いでしょう。

気持ちの切り替えに時間のかかる男性は尚更で、中には前の彼女のことを引きずったままで復縁をしてしまう男性もいるので、その場合には前の彼女のことを忘れるまでの時間が必要です。

冷静にあなたと向き合って結婚を考えることができるまで待ちましょう。

前の彼女のことを覚えていると、辛い思いを忘れるために結婚してしまおうと思う男性もいます。

こういった理由で結婚してしまうと必ず後で揉めることになるので、結婚前に過去のことを清算し、気持ちの整理をしておくことが大切です。

あなたも前に付き合っていた彼氏が忘れられないままだと、当てつけのような気持ちで結婚に踏み切ってしまう恐れがあります。

そういった失敗をしないためにも時間を十分にとって、気持ちの整理をつけてから結婚するようにしてください。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「数年後に「良かったね」と笑いあえる復縁結婚をしましょう」

占い師 ミミコ
復縁してからの結婚が実現するパターンは多くの人が夢見る理想の復縁だと言えるでしょう。

しかし、復縁することはできても、そこでつまずいてしまうカップルもいます。

復縁することは考えていても、結婚は頭にない状態だと恋愛と結婚の違いでトラブルが起こってしまうのです。

だから、あなたが復縁後に結婚をしたいと思っているのであれば、必ず先を見越して彼との関係を作るようにしてください。

結婚は好きな気持ちだけではすることができないので、長期的な視点を持って彼との関係を考えておきましょう。

そうすれば、数年後に「良かったね」と笑いあえる復縁結婚をすることができますよ。

【期間限定・8月25日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事