※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 

「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。
 

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<

一度目の復縁が上手くいって大喜びしていたのに、また彼氏と別れそう…こんな状況になると、「もう私たちは駄目になってしまうんじゃないか」と不安になりますよね。

最初の別れも辛かったと思いますが、2回目以降の別れは「同じことを繰り返す」という重みが加わり、さらに不安が大きくなってしまうという違いがあります。

確かに1回目に比べると、2回も別れてしまった場合には、やり直すのが難しなるのは事実です。

とはいえ、実際に2回目の復縁を成功させているカップルもたくさんいますし、ふたりの関係によっては1回目よりもスムーズにやり直せる可能性も残っています。

問題は2回目の復縁の場合には、1回目に比べて別れることへの抵抗感が薄くなり3回目の別れにつながりやすいということ。

2回目の別れだと心配する気持ちが強くなるのは、2回目の復縁ができても3回目の別れを迎えてしまうのでは?という予感があるからでしょう。

そんな方のために、今回は2回目の復縁を成功させつつ3度目の別れを防ぐ方法をお伝えします。

また、二度目の別れを決心する男性心理や二度目の復縁が難しい理由、2回目の復縁を成功させる方法、3度目の別れを防ぐコツについても説明します。

最後に、二度目の復縁体験を紹介するので、これを読んで勇気を出してください。

何度でも別れても良いというわけではありませんが、少しでも可能性が残っているのなら、わずかな望みを捨てないことが大切です。

これからに目を向けて希望を持ちましょう!

本日のメニューはこちら

二度目の別れを決心する時の男性心理

1回目の時のようにドロドロするのが嫌だから早めに別れよう


男性によっては、最初の別れよりも二度目のほうが別れる決心をつけるのが早いことがあります。

これは1回目の別れがつら過ぎたので、同じ思いを繰り返さないようにしたいと思うからです。

1回目の時にぎりぎりまで別れない状況を続けてしまうと、ふたりの関係がどんどん悪くなり、好きだけど憎い…というドロドロした感情を持ってしまい、非常に辛い状態になります。

1度目の別れはふたりともが初めてのことなので、手探りの状態で物事を進めて行くのが特徴で、真剣に付き合っている人達ほど「なんとか別れないようにできないものか…」と粘ってしまうんです。

そのまま、別れずに関係を修復させられるカップルもいますが、多くは一度ダメになった関係を戻すことはできず、どんどん険悪な雰囲気になってしまいます。

冷静に話し合いができていればいいのでしょうが、意地の張り合いのような状態になってしまうと、一緒にいればいるほど関係が悪くなるでしょう。

そういった状態になってしまってから別れを迎えた場合には、別れた後にお互いを憎むような気持ちが強まり、相手にこの世から消えてほしいという感情を持ってしまうこともあります。

最初は好きだと思って付き合った大切な恋人をこのように思ってしまうと、単に嫌いだからイライラするというだけでなく、「どうして自分で好きになった人にここまでネガティブな感情を持ってしまうのだろう…」と自己嫌悪に陥るよう気持ちもプラスされ、耐えがたいほどの苦痛を感じることも…。

このように1回目の別れが彼の中で最悪の思い出になっていると、2回目はそうなる前に別れておこう…と思うようになるのです。

1回目の別れがあっさりとしたもので、別れた後に対して辛い気持ちにならなかった場合には2回目の別れにもそこまで思い入れがないでしょうが、最初の別れに悪い思い出があると、その時のことを思い出し「もうあんな思いをするのはたくさんだ…あんなことになるんだったら傷の浅いうちにさっさと別れておいたほうがマシ!」という気持ちが出てくるからでしょう。

こういった気持ちになる男性は別れることに悪いイメージを持ってしまっているので、2回目の復縁を成功させたいのであれば、関係が悪くなり過ぎる前に彼の意志を尊重して別れを受け入れたほうが、今後のためになります。

あなたたちの最初の別れが彼にとってつらい体験だった場合には、2回目の別れでも同じことを繰り返してしまうと2回目の復縁は絶望的になってしまう恐れがあるので注意してくださいね。

あなたと付き合った思い出が悲しく辛いものだったという印象になってしまわないよう、引き際を見極めることが大切です。

離れたほうがお互いのためになる


彼が一度目の別れで、離れてみることに思っている以上のメリットがあると思っていた場合には、もう一度別れて距離を取りたいと思って2回目の別れを決心します。

離れたほうがお互いのためになると思っている男性にとっては「別れる」という形になっていても、その意味は「一時的に距離をとる」に近い意味があります。

だから、元彼が「最初に別れた時と同じように少し離れる時間を持ちたい」というような内容のことを口にしている場合には、もう一度最初の別れの時のような状況に戻せば、関係を戻せると思っているのでしょう。

つまり、頭の中ですでに2回目の復縁を予定しているということで、彼自身もあなたともう一度やり直したいと思っているということ。

ただし、別れたいと思っているということは、もしかしたらこのまま関係が終わってしまうかもしれないという予感も持っています。

離れてみて関係が良くなったらやり直す気持ちはあるけれど、2回目の別れを前にしてあなたに対する気持ちが少し離れてしまっているのです。

これは、一度離れた後に関係が良くなりやり直したものの、再びお付き合いを再開し関係が近くなるとまた仲が悪くなるという経験を通して、「もうカップルとしてやっていけないのではないか?」「自分たちは相性が悪いのでは?」といった不安を抱えているからです。

こういった問題が生じている時には、離れている時と同じような距離感を保ってお付き合いを続けていけるよう、彼との距離感をコントロールをすることが大切。

離れていれば上手くいくのだから、付き合っている関係になっても意識的に距離を保ち、近づきすぎないようにすれば関係を良い状態のままで保てます。

また、重要なことは、距離感さえ上手く保てればふたりは付き合うことができると彼にも知ってもらうこと。

あなただけが1人で距離感をコントロールしようとしても、彼が毎日会いたいと言ってきたら、距離を離してお付き合いをすることができませんよね。

だから、まずは別れたいと思っている彼氏に対して、距離を保ちながら付き合いを続けられないか聞いてみてください。

その際に、私たちは離れてさえいれば上手くやっていけるということを伝え、ふたりで今後どうしていけばよいかを話し合いましょう。

それでも彼が別れたいと言ったら、素直にそれに従ってください。

すでに距離が近すぎて関係が悪くなってしまっているので、とにかく離れている時間を作ることが大切です。

この場合には彼氏もやり直す気持ちが残っているので、しつこくし過ぎないほうが、復縁できる可能性を残せます。

また彼女の欠点を発見してしまったから別れたい


彼女の嫌なとこに耐えられずに別れた場合で、欠点を改善して復縁できたケースの場合には、最初とは違った欠点が見えてしまって2回目の別れを決意していることもあります。

これは、一度目の問題が解消したら、新しく次の欠点が見えてきてそれに耐えられなくなっている状態です。

このような場合には、彼女が変化して新しい欠点ができていることもありますが、多くは彼氏の気持ちが冷めてきて欠点が目につくようになったと考えられます。

誰でも欠点はありますが、好きになると欠点なんて気にならないという精神状態になります。

極端なことを言うと、好きな気持ちさえ強ければ欠点なんて我慢できてしまうのです。

付き合い始めの頃は相手のことが好き過ぎて、欠点があったってそれさえも可愛いと思えてしまうのが人間です。

でも、恋愛初期のような状態を永遠に続けることは不可能なので、いつまでも欠点が見えない状態はキープできません。

全てのカップルが、最初は全てを許せてしまうというラブラブ状態でスタートして、徐々に欠点が目につくようになって関係が悪くなる…ということを繰り返しています。

では、どうして別れるカップルと別れないカップルの2パターンになるかというと、好きな気持ちと欠点の度合いを天秤にかけて、欠点のほうが勝ってしまうと「別れたい…」という気持ちになってしまいます。

つまり、好きな気持ちが物凄く強ければ大きな欠点でも我慢できますが、好きな気持ちが少ししかないと、ちょっとの欠点も耐えられなくなります。

そして、欠点がひどすぎて好きな気持ちだけではカバーできないと、それも別れにつながってしまいます。

逆に、好きな気持ちが少ししかなくても、欠点がほとんどない状態なら付き合いを続けられるでしょう。

付き合いを続けるコツは欠点のマイナスポイントをできるだけ少なくすることと、好きな気持ちをできるだけ強くすること。

どういったバランスが一番良いかはカップルごとに違うので、あなたたちの場合はどういった感じか考えてみてください。

あなたの欠点があまりにひどいなら、欠点を治す努力をするのがベストな方法ですが、些細な欠点なのに彼がイライラしていると感じるなら、欠点を治すよりも彼にもっと好きになってもらえる努力をしたほうが上手くいきます。

彼の中の「彼女が好きだ!」という気持ちを強めれば、あなたの些細な欠点にイライラしなくなって関係が良くなるはずです。

2度目の別れを迎えているカップルは、すでに相応の時間を一緒に過ごしているはずなので、意外と欠点そのものよりも好きな気持ちが冷めたことが別れの原因かもしれませんね。

なんで彼女は変わってくれないんだろう


最初の別れの原因をいまだに直してくれずに2回目の別れを決意している男性は、何度言っても嫌な部分を治してくれない彼女に対して、「なんで彼女は変わってくれないんだろう…」と呆れるような気持ちになっています。

ここまで来ると、彼氏の気持ちがほぼ完全に冷めてしまっており、「彼女に対して期待するだけ無駄…」という感じの状態です。

この場合には、このまま付き合いを続けてもさらに彼氏に嫌われてしまうだけなので、早く別れたほうが復縁できる可能性を残すことができます。

しかし、呆れられるほどの思いを抱かせてしまうと、やり直すのは非常に難しいです。

最初の別れを決める時にも、彼女の悪い部分を許せずに彼氏自身も苦しんだでしょうし、相手に期待しないほうがマシだと思わせてしまうのは恋愛において危険な状態です。

彼氏が「なんで彼女は変わってくれないんだろう」と思って別れたいと考えているなら、あなたはもっと危機感を持って彼氏の気持ちを考えなくてはいけません。

最初の別れと同じ理由で彼氏が別れたいと思っているのなら、すぐに問題点を改善する努力を始めましょう。

それだけでなく、彼氏に何度も同じことでウンザリさせてしまっていることを詫びる気持ちがあることも伝えておいたほうが良いです。

その上で、本気でダメなところを治す気があるということも言っておきましょう。

そこまでしても彼氏の気持ちが戻ってくるかどうかは分かりませんが、どうしても復縁したいと思うなら、彼が嫌がっている欠点を全力で治すようにしてください。

恋愛って難しいから、少し1人になりたい


同じ女性と一度だけでなく二度も上手くいかないという経験すると、もう恋愛自体に疲れてきて、1人でのんびりした時間を過ごしたいと思っている男性もいます。

真面目に恋愛をするタイプに多く、なんとかして彼女と上手くやっていけるよう彼も全力で努力をしていたのでしょう。

それなのに、2回も別れたいと思ってしまうなんて、恋愛は思い通りにいかないものだ…と恋愛恐怖症のような状態になっています。

実際に恋愛は理論だけで成功させられるものではなく、タイミングや説明できないような感情でふたりの関係の行方が決まります。

今までは努力さえすれば物事を成功させてきたような器用なタイプの人は、こんなにも説明のつかない恋愛なんてもうこりごりだという気持ちになってしまうのです。

恋愛経験が少なく、勉強ができる、スポーツが得意など優等生タイプの男性に多く、今までは努力すれば全てを成功させられたのに、恋愛は努力でどうにもならないことを知り、恋愛に嫌気がさしてしまっているのでしょう。

この場合には、恋愛の難しさが嫌になっているだけなので、休息が十分にとれれば、再びあなたと恋愛関係になりたいと思ってもらえる可能性が残っています。

だから別れても十分にやり直せるチャンスがあると考えられますが、問題は彼が恋愛に疲れてしまっていることです。

カップルとしても理想的な姿を追い求めるあまり、恋愛を純粋に楽しめなくなっています。

こういった場合には、彼がリフレッシュできるよう長めの時間が必要です。

あなたは2回目の別れをした後すぐにでも復縁をしたいと思っても、彼の気持ちが十分に休まるまで我慢するようにしてくださいね。

何度も別れと復縁を繰り返してしまうカップルの特徴

深く考えずに勢いや雰囲気、相手の押しに流されて行動する


何度も恋人と離れたり引っ付いたりしてる人々のほとんどが深く考えないタイプ。

頭で考えて行動するのが苦手な人は、その時の勢いや場の空気、相手の押しに流されて大事な決定をくだすのが特徴です。

自分の中で情報や感情を筋道立ててどちらにするか決めるのではなく周囲の流れに身を委ねるので、後になって「やっぱりこれは私が望んだ関係ではない」と思えてあっさり別れたり、元サヤに戻ったりを繰り返します。

それでも本人がストレスを感じていないケースもあるので、流されて決めることが絶対に悪いわけではありません。

恋愛は頭で考えすぎると動けなくなるので、ある程度は流される柔軟さも必要です。

しかし、2回目の復縁を叶えた後に3回目の別れを迎えたくないなら、今までとは物事の決め方を変えないといけません。

なんで2回も彼と別れたのか考えた時に、理由が説明できますか?

「だって彼が終わりにしたいって言ったから…」しか答えられなかったら、考える深さが浅すぎる証拠。

そのままだと、何度も別れたり引っ付いたりするカップルになる危険が高いです。

勢いや場の雰囲気だけでなく、「私が〇〇したい理由は~~だから!」「前回の私の反省点や課題は~~なところ」と説明できるレベルまで思考を深めましょう。

論理立てて恋人との関係を整理できれば、2回目の復縁を成就させた後に同じ失敗をせずに済みますよ。

2人共が情熱的な性格で一緒にいると感情が高ぶって冷静に話せない


感情的な性格だと、恋愛中にドラマの主人公になり切ってしまうので盛り上がり過ぎて破局と復縁を繰り返しがちです。

「私たちはロミオとジュリエットのように結ばれない恋をしている…」と思い込むと、劇的な出来事を起こしたくなって急に別れ話をするからです。

恋愛中に大事件が起こることを期待している人が結構います。

恋愛は自分や相手との関係に酔うのが楽しみでもあるので、ドラマの主人公になること自体はOKです。

問題は、感情が高ぶり過ぎて冷静な話し合いができないこと。

映画のヒロインになった時に少しだけでも冷静な思考力が残っていれば、盛り上がっても別れの直前で回避できます。

2人で会うと何故か興奮して大泣きしながらの会話になる、無茶を言いたくなって喧嘩を吹っかけてしまう、などの傾向がある人はこのパターンです。

情熱的な性格で冷静な視点がゼロになる瞬間があると、大体な決断をくだしてしまうので別れを止められません。

ドラマチックな恋愛をしたいのならそのままでも良いのですが、3回目の別れを予防したければ1%は冷静さを残しておきましょう。

恋人との別れ話になったら「今の私は冷静な視点がゼロになってない?落ち着いて!」と自分に呼び掛けてください。

我に返ることができたら、最悪の流れを防げます。

愛情ではなく寂しさが理由でやり直したいと思っている


愛情の有無ではなく「寂しさ」が理由でやり直したいと思う人も、何度も別れたり引っ付いたりするカップルになります。

しかも、本人の自覚がないケースが多いので要注意です。

彼への愛は本物!と思っている人の中にも「寂しいのがイヤ!」という深層心理が隠れていることが多いです。

寂しさがメインの感情だと、離れている時には身を引き裂かれるほど苦しくなるので、熱烈に復縁を望みます。

でも、よりを戻した後は寂しさが緩和されてわがままな心理が目を出し「彼氏のケチなとこが嫌い!別れたい!」と思い始めて再破局…これの繰り返しです。

誰でも多少は持ち合わせている心理で、交際中は欠点が目につくのに、離れていると寂しさが強まるのが普通です。

それが度を超えると簡単に別れを選ぶようになるので、何度も別れと復縁を繰り返すカップルになります。

これは他の要素と併せて持っていることが多い傾向で、深く考えない+情熱的な性格+寂しさが理由でよりを戻したい、と3つの要素があると1人の人と長く付き合うのは相当難しいです。

あなたの心の中にも強い寂しさが隠れていないか振り返ってみましょう。

寂しさを理由にして異性に依存すると、恋が上手くいかないことが多いです。

別れた原因が残ったままなのに我慢できずによりを戻した


2人の恋が終わった原因が何も解決していないのに元サヤに戻るカップルも同じ失敗を何度も繰り返すでしょう。

どうして問題が解決していないのに易々とよりを戻してしまうかというと、我慢が足りないからです、

誰だって欠点を直すのは気が重いもの。

「欠点を直さないといけないと分かってるけど頑張るのシンドイんだよね~」と真剣に取り組めないと、楽な道を選びたくなって強引に復縁を持ち掛けます。

ここでお相手が突っぱねれば何度も別れたり復縁するカップルにならずに済みますが、元彼も我慢が足りない性格で「悪いところ治ってないけど、そろそろ彼女が欲しかったんだよね…OKしちゃお!」と受け入れると元サヤに戻ります。

同じ状態で交際をスタートさせたら、同じ理由でダメになるのは確実です。

しばらくは楽しい時間を過ごせても長続きせずに破綻します。

恋愛経験も人生経験も少ない若い世代はこのパターンになりがちです。

どこかで我慢しないといけないことに気付いて成長しない限り、何度も別れたり引っ付いたりするカップルから卒業できません。

冷却期間を置く必要があったのに離れる時間をとらずに元サヤに戻った


恋が終わった理由や状況などから考えて冷却期間を設ける必要があったのに、何らかの事情で離れる時間をとれずによりを戻したカップルも別れる結果になるでしょう。

恋愛は2人でするものですが、1人にならないと気付けないことがたくさんあります。

彼への正直な想いや恋愛に望むもの、自分自身の弱点などは、落ち着いて考えないと見えてきません。

人の気持ちは揺れ動くものなので、元彼の姿を目にすると好きではないのに「あの人と一緒にいたい」と思い込んでしまうことがあるからです。

交際経験のある人が視界に入ったら、動揺して本心が見えなくなるのも自然なこと。

だからこそ冷却期間が重要で、復縁後の2人の関係を良くするキーポイントでもあります。

冷却期間中なのにいつもの癖で元彼に連絡したら彼も暇そうで、それから週に1回ご飯に行く習慣になってしまった…など、冷却期間中に彼と接点を持ち続けてなし崩し的に元サヤに戻ると、その後に別れる結果になりやすいです。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

二度目の復縁は実はかなり難しい…その理由

2人ともが関係を維持させることに疲れているから


二度目の復縁が難しいと言われているのは、別れを繰り返したことで、ふたりともが恋愛に疲れて投げやりな気持ちになってしまうからです。

普通にお付き合いをしていても、恋愛関係だと相手の発言に一喜一憂して疲れてしまうことが多いものですが、別れるという体験は精神的にも肉体的にもかなり消耗します。

しかも、別れで絶望的な気持ちになった後に復縁が成功すると、今度は天にも昇るような最高に幸せな気持ちになりますよね。

この気持ちの乱高下があることで、エネルギーが奪われていくのです。

実際に経験していると分かると思いますが、物凄い幸せと物凄い不幸を行ったり来たりするのは非常にしんどいですよね。

復縁は一度は壊れた関係を元に戻すことなので、多大なエネルギーを必要としますが、2回目の別れを終えたカップルで、二度目の復縁を成功させるほどのエネルギーが残っているカップルは少ないです。

二度も別れを選択するまでには、たくさんの喧嘩も経験しており、相手への負の感情も大きくなっています。

それに、一度目の復縁で「次こそは上手くいくはず!」という期待を持っていたのに、その希望さえも二度目の別れで打ち砕かれた状態。

2回目の別れを終えて「もう希望のかけらも持てない…」という状態になると、とても復縁をしようという気持ちになれないのです。

一度目の約束が守られていないから


二度目の復縁が最も難しいパターンは同じ理由で別れてしまった場合です。

説明するまでもありませんが、同じ理由で別れを繰り返したら、嫌いになった側の気持ちは完全に冷めてしまいます。

1度目は大好きな恋人のことを信頼して、「これからは心を入れ替えて欠点を治してくれるはず…」と思って復縁したのに、最初と同じことを繰り返されたら、誰だって耐えられませんよね。

例えば、時間を守るのが苦手な部分に耐えられずに最初の別れを選び、これからは時間に遅れないようにすると決意したことがきっかけで復縁が成功したとします。

それなのに、復縁後にまた約束の時間を守ってもらえずにドタキャンばかり…なんて状態になったら、別れたくなるのが普通です。

このように、最初の別れの理由と2回目の別れの理由が全く同じだった場合には、2回目の復縁はかなり難しくなるでしょう。

相手への不信感が強まっているから


2回も別れるという結果になったことで、相手への不信感が強まっているということも、2回目の復縁の難しさに関係しています。

恋愛関係になると「もしかして浮気しているのでは?」「本当は私のこと好きじゃないのかも?」など疑いの気持ちが芽生えるのが特徴。

友達関係ではこういった気持ちにはなりませんよね。

恋人関係だと相手にとって唯一無二の存在でありたいと思えるからこそ、相手を疑ってしまうのです。

その時に重要なのが、相手を信じられるかどうか。

相手に対する不信感がなければ、疑いの気持ちが芽生えても「彼を信じよう…」と思えるから、自分の中で何とか処理することができます。

しかし、不信感が強くなってしまうと、次から次へと不安な要素が出てきて、「もうこの人とはやっていけない…」という気持ちになってしまいます。

2回目の別れを経験すると、何度も相手に裏切られるような経験をすることになるので、相手を信じることができなくなり、「もうこの人を信じられない」「やり直しても上手くいくはずない」といった気持ちが芽生えてしまうのです。

2回の別れを経験していると、相手に強い不信感を抱いてしまうことが多いので、復縁が非常に難しくなるのでしょう。

周囲から2回目の復縁はやめておけと言われるから


一般的に復縁の1回目までは「やり直せて良かったな!」と周囲から好意的な意見をもらえることが多いものですが、2回目の別れを経験すると、周囲の意見がガラリと変わり「2回も別れたんだから、もうその相手はやめておきなよ」と言われることが増えます。

何度も別れたり引っ付いたりするのは良くないことだという考えが一般的なので、周囲にそう言われると「じゃあ、復縁はやめておこうかな…」となってしまっても仕方ありません。

特に、周囲からどう見られているかを気にするタイプの性格の人は、周囲の視線が気になって復縁に踏み切ることができなくなるでしょう。

それでも「彼女が好き!」という強い気持ちがあれば、やり直そうという気持ちになれるのでしょうが、復縁しようかどうか迷っているという状態だと、「大勢に人がやめといたほうが良いって言うから…」と復縁に対して前向きになれずに、そのまま相手への気持ちが薄れてしまい関係が終わってしまいます。

1回目の復縁の場合には、そこまで復縁したいと思えなくても、相手が一生懸命にやり直したいと言ってきたら、それだけで「復縁してもいいかな」と思うのに対し、2回目の場合には、本人がどうしても復縁したい!という気持ちがないと、周囲からの反対意見に左右されてしまい復縁を諦めてしまうということです。

2回目の復縁の難易度を下げるためにやっておくべきアプローチ前の準備

過去に起こった出来事を整理して反省点などを明確にしておく


2回目の復縁を目指す場合には、過去の出来事の整理が必須です。

最初に彼とお付き合いを始めて1回目の終わりを迎え、復縁、そして2回目の破局…と非常にたくさんの段階を経験しています。

1回目の別れや最初のお付き合いの時のことを忘れていませんか?

物事を整理しないと、思い出せるのは恐らく30%くらいです。

イベントや行事など節目の出来事は記憶に残っていても、日々の些細なやり取りや自分自身の気持ちの変化、彼の変化はほとんど覚えていないはず。

交際が途切れずに長続きしていたら過去を忘れても問題ないのですが、よりを戻したいならこれまでの歴史を復習する必要があります。

どこかに2人が長続きしない決定的な原因があるので、それを見つけ出す必要があるからです。

過去に起こった出来事をひとつひとつ振り返って分析してみてください。

恐らく問題点はひとつだけでなく、いくつかあります。

障害になっているものを明確にしておけば、難しい2回目の復縁を成功させやすいですよ。

恋愛から離れる時間を作って新しい魅力をつけたり疲れをとる


過去を振り返る作業と同じくらい大事なのが、恋愛から離れる時間を作ること。

2回も別れていると相当疲れが溜まっていたり、思考能力も煮詰まっているはず。

たくさん悩んで迷っていると思うので、「考えろと言われても、これ以上はムリ!いっぱい考えたけどいい案が浮かばない!」と壁にぶつかった状態です。

だから、頭の中がぐちゃぐちゃになってきたら、恋愛を忘れて自分磨きに専念したり、リラックスする時間をとりましょう。

2回目の復縁を成就させるためには問題点の解決が必要不可欠ですが、新しい魅力を付けておいたほうがもう一度好きになってもらいやすいです。

徹底的に嫌われている場合には欠点を直すだけではよりを戻せないので、自分を成長させる物事へも取り組んでみてください。

魅力アップのための取り組みを行えば、それが過去の振り返り作業を休む時間となり英気を養えます。

これまでの経過の中で何がいけなかったのか他人の意見を聞いてみる


何度も同じ過ちを犯さないためには、自分以外の人の意見を聞くことも重要です。

1人で考え込んでいるよりも何倍も新鮮な見え方が知れて、見えていなかった反省点に気付くきっかけになります。

この時には仲の良い女友達だけでなく、男性の意見を聞くのもオススメです。

男目線の話を聞くと、元彼の考えていることが理解しやすいです。

あなたには見えていない世界があるので、全く立場の違う人や人生の先輩である年長者の意見も参考になりますよ。

他には、2回目の復縁を成功させて、その後上手く関係を維持できている成功者の話も非常に役立ちます。

何も考えずに闇雲にアプローチして2回目の復縁を叶えると、高い確率で3回目の別れがやってきます。

2度あることは3度あると言われている通り、何も対策をしないと同じ結果を繰り返す可能性が高いです。

再破局を予防するためには、色々な人の意見を聞いて視野を広くしておくことが大切です。

最低限スムーズに連絡が取り合える状態に近付けておく


アプローチ前にしておく準備のひとつが、元彼とスムーズに連絡がとれる状態にしておくこと。

音信不通状態や、自然消滅して気まずくて連絡できない…などの問題があったら解決させておきましょう。

1回目の復縁と同様、連絡が自由にとれないと成功率が著しく下がります。

職場や学校で強制的に顔を合わす機会があれば個別連絡できなくてもアプローチのしようがありますが、会えない環境の人は連絡先の確保が命綱です。

2回目の別れ方によっては連絡手段が断たれたり、気軽にやり取りが行えない関係の人がいますよね。

そのままの状態でアプローチしても効果が出にくいので、連絡ができて彼の返信をもらえる状態にするのが一番にすることです。

前回やり直した時とは違うパターンの復縁計画を立てる


2回目の復縁にチャレンジする時には、前回とは違う作戦でアプローチするのがオススメ。

同じ方法で彼に近付くと「前の時もこうやって元カノが連絡してきてやり直しちゃったんだよな…それでまたダメになったから、次は騙されないぞ!」と彼に警戒されるからです。

よりを戻す出来事はインパクトがあるので、そこに至るまでの経過を彼が覚えている可能性が高いです。

鈍感な人だと同じ作戦でも順調に良い関係に戻れますが、途中で勘付かれて上手くいかなくなるケースが多いと思います。

話しかける会話のネタやデートの誘い方など、同じ作戦よりは目新しい作戦のほうが彼の関心を引きやすいですよ。

難しくてもやり直せる!2回目の復縁を成功させる方法

冷却期間を長くして、お互い相手に良い感情が抱けるまで待つ


2回目の復縁をしたい場合には、1度目以上に冷却期間が重要になってきます。

2度目の別れを終えた後は、ふたりともボロボロの状態になってしまっていることが多いでしょう。

そこまで疲弊してしまうと、何をしても上手くいきません。

物事を冷静に考えるような余裕も残っていないので、とにかく心身を休めるために冷却期間を長くとるようにしてください。

冷却期間中の過ごし方も重要で、焦りは禁物です。

1度目と違って2度目は「もう復縁できないかもしれない」という不安が強いので、より焦りやすくなっている状態です。

でも、ここで焦ってもまず上手くいかないので、とにかく時間が経つのを待ってください。

時間の経過と共にあなた自身の気持ちが落ち着き、自信を持って「復縁したい!」と思えるようになります。

「今すぐに何かしなくては!」という状態で行動してもマイナスにしかならないので、前向きに「復縁のために頑張ろう!」と思えるようになるまで、冷却期間を置きましょう。

また、気持ちの整理だけでなく、どうしたら二人ともが幸せになれるのかなど、復縁のための計画も綿密に立てる必要があります。

冷却期間中の過ごし方で、復縁できるかどうかが大きく変わってくるので、自分にとって必要な時間だと思って冷却期間を大切にしてください。

一度目の復縁の何がダメだったか話し合いをする


2回目の復縁の場合には、好きだという感情だけでは成功させるのは難しいでしょう。

何度も別れを繰り返してしまうカップルは、お互いの良いところや悪いところを冷静に見れていないことが上手くいかない原因です。

好きだから一緒にいるのは、恋愛において重要なことですが、好きな気持ちだけでは上手くいかないのであれば、感情だけでなく冷静な話し合いが必要だということです。

もしも、ふたりともが論理的な話が苦手なタイプだった場合には、物事を系統立てて考えられる友達にも話し合いに参加してもらうなど、第三者の力を借りましょう。

友達に適任者がいない場合には、恋愛カウンセラーなどカップルで相談できる場所を利用するという方法もあります。

一度目の復縁の何がダメだったかを明確にしないことには、同じことを繰り返してしまう危険があるので、自分たちだけで問題点がハッキリしない場合には他者の手を借りてください。

また、好きな気持ちがあると相手に遠慮して言いたいことも言えなくなってしまうことがありますが、できるだけ気持ちを率直に伝えたほうが良いです。

すでに2回も別れているのだから、お互いが不満を抱えている状態になっていますよね。

そのまま無理やり2回目の復縁をすると、復縁後にまた関係が悪くなってしまうリスクが高いので、話し合いでは素直な気持ちを表出することが大切です

もし、彼が話し合いに応じてくれない時には、自分だけでも何がいけなかったかをよく考えてみてください。

あなただけの考えでも答えが出たら、それを彼氏に話してみれば、彼はあなたの意見に対してのコメントをするはずです。

少しでも彼がどう思っているかを知れば、それを手がかりに復縁計画が立てられます。

復縁は悪いことではないと説明する


彼氏が復縁に対してネガティブな感情を抱いているのであれば、復縁は悪いことばかりではないということを伝えるのがおすすめです。

彼氏と話ができる状態であれば、しつこくない程度に「復縁をして結婚したカップルもいるんだって」など、世の中には復縁をしている人が多いことを離してみてください。

そもそも復縁することは滅多にないと思い込んでいる男性の場合には、実際に復縁しているカップルが多いことを知っただけで、復縁に前向きになることがあります。

そして、「別れを経験することで、カップルの関係が良くなることもある」「一度別れて大変な思いをしたから、その反省を活かして上手くやっていけることもある」など復縁の良い側面を彼氏にお話ししてみましょう。

理想主義的な男性の中には「別れ=悪いもの」だと思っている人もいますが、実際の恋愛では、別れるまではいかなくても喧嘩など感情がぶつかるような出来事は避けては通れないものです。

別れてしまったとしても、その経験が二人が深く理解し合う機会になるということが理解できれば、彼も2度目の復縁に対するイメージが徐々に変わってくるでしょう。

この方法は押しつけがましくならないように行うことが大切なので、一方的にべらべらと話すのではなく、途中で「○○君はどう思う?」など彼の気持ちも聞きながら話を進めてくださいね。

2回目の復縁は成功して終わりじゃない!やり直した後に訪れる試練

付き合いが長くなることでなんとなくダラケて倦怠期に突入する


2回目の復縁に成功した後は、達成感で一杯で充実した気分になれるでしょう。

でも、その後にやってくるのは「なんか彼と付き合うの飽きちゃったかも…」というだらけた気分。

2回もよりを戻しているカップルは交際期間が長い傾向があるので、復縁直後からいきなり倦怠期に突入する危険があります。

年単位の長い交際期間があるカップルは要注意です。

全てを知り尽くしている元彼と元サヤに戻っても、トキメキは最初の1種間しか持続しないかもしれません。

せっかくよりを戻せても「なんで私たちは付き合ってるんだっけ?なんか全然楽しくない…」と盛り上がっていた恋心が下火になったら倦怠期を迎えているサイン。

ここで安易に別れを選んだり彼の扱いが雑になると、3回目の破局まっしぐらなので気を付けましょう。

長いお付き合いでは刺激を感じなくなるのが普通です。

元サヤに戻った直後だと「久しぶりに一緒にいれるからラブラブな時間が過ごせるはず!」と期待しがちですが、現実はもっと地味だったりします。

そんな平凡な時間の中にも幸せを感じられる瞬間があるので、盛り上がらなくても小さな幸せを探して過ごしましょう。

そうすれば、息の長いお付き合いができるカップルになれますよ。

よりを戻せたことで満足しきってしまい恋愛への意欲がなくなる


1回目にも言えますが、よりを戻した後に燃え尽き症候群になると恋愛への意欲がなくなり「なんか頑張れない…やる気が出ない…」という悩みを抱えます。

2回目ともなれば色々なストレスや疲労が蓄積しているので、元サヤに戻るまでは無我夢中で頑張れても、願いが叶った後に息切れしてぐったりする時期がやってくるかもしれません。

特に復縁への思い入れが強く必死になって努力していた人ほど燃え尽き症候群になりやすいです。

解決策としては、復縁活動中に頑張り過ぎないことと、燃え尽き症候群になったら次の目標を立てることです。

よりを戻すまで血眼になって全てを復縁に注力するのではなく、仕事や趣味などもしながら復縁活動に取り組みましょう。

そして、願いが成就した後に燃え尽きたことに気付いたら、新しい目標を立ててやる気をパワーアップさせてください。

これまでは元カレとラブラブになるのが目標。

それが達成したら、次はクリスマスに今までにしたことないデートをする、結婚の話を進める、など目標を立てれば問題は解決します。

やる気が出る目標を立てて、復縁後にもイキイキした日々を過ごしましょう。

別れてもやり直せると知ると気が緩んで浮気リスクが高まる


2回も別れたのに元通りになれたことを知ると、気が緩んで浮気リスクが高まるのも試練です。

人間は誘惑に弱いので、浮気がバレて振られても元通りになれるだろう…と思えると、フラフラと別の異性と関係を持ちたくなります。

全ての人の浮気願望が高まるわけではありませんが、たくさんの人と関係を持ちたい傾向が強い男性は浮気したい気持ちが強まるでしょう。

好奇心旺盛だったり浮気癖がある女性は、よりを戻した後に安定した関係が築けると、なんとなく退屈な気がして軽い気持ちで浮気に走るかもしれません。

過去に浮気されたり、浮気した経験がある場合には気を付けましょう。

1回目に元サヤに戻った時のような感動がなく彼と一緒にいてもつまらない


2回目の復縁は恐らく1回目よりも感激が少ないと思います。

誰でも経験回数が多いと「慣れ」がでて新鮮さを感じにくくなるからです。

1回目は人生で初めての出来事なので、嬉しさや驚きが最高潮まで高まり幸せな気分で元サヤに戻った後の時間を楽しめます。

でも2回目3回目と回数が増えるにしたがって感動が薄まり、喜びも半減します。

だから、念願の復縁が叶っても「あれ?もっと幸せな時間になるかと思ったけど、彼と一緒にいてもつまらない…」と拍子抜けするかもしれません。

これは、次も最高の時間になるはず!と期待し過ぎて起こる現象。

だから、2回目は1回目に劣るもの…と知っていれば、がっかりする気持ちを減らせます。

2回目の復縁活動をする時には、期待し過ぎずに「1回目には劣るんだろう」と思っておきましょう。

そうすれば「思ったよりも2回目も嬉しいじゃん!」とハッピーな気分になれますよ。

前回と同じ流れになると再度ダメになる気がして不安で苦しい


2回目の復縁が成功してしばらくすると、「今回も最後には離れ離れになってしまうのでは?」という悪い予感が襲ってきます。

1回だけならまだしも、2回も上手くいかなかった人とのお付き合いなので不安になるのが普通です。

苦しくなった時には、1人で抱え込まずに彼氏に相談しましょう。

不安を口に出すことで少しは心が軽くなり、2人で悩みを共有すれば「次は別れないようにしよう」という決意が固まります。

恐らく彼氏も同じ不安を抱えているので、またダメそうだな…と怖くなったら早めに相談してください。

2回もダメになっている2人は、意識して破局予防をしないと関係が悪化して修復が難しくなります。

不満を抑え込んでイライラを彼にぶつけると、悪い予感が本物になる確率が高いです。

小さな不安のうちに相談しておけば大爆発を防げるので、最悪の事態になる前に関係を修復できるでしょう。

3度目の別れを防ぐコツはこれ!復縁活動中にすべきこと

別れた原因を間違えていないか確認する


二度目の復縁をする前に絶対に考えておいてほしいのは、本当は別の原因があって別れたのではないか?ということです。

別れ話の時に彼から言われた理由は、実は表向きの理由で、真の理由が別にあることがよくあるからです。

また、はっきりと彼氏から別れの理由を聞かされていない場合には、解決すべき原因を間違えて捉えてしまっているからだったかもしれません。

それに、メインの理由以外にも細かな不満がたくさんあって、それが積もり積もって別れに至ったという可能性もあります。

復縁前にできるだけ不満点を少なくしておくことが関係を長続きさせるコツなので、別れた原因についてはしつこすぎるほどによく考えておいてください。

そして、あなた自身も心の奥底に、自分では気付いていない彼氏への気持ちがあるはずです。

自覚していない彼氏への不満があると、「気づかないうちにイライラとして彼氏に酷いことを言ってしまう⇒彼氏に嫌われる⇒別れる」と、彼氏への不満が原因で嫌われるような行動をとっていることもあるんです。

だから、彼のあなたに対する不満だけでなく、あなたの本心にも目を向けて考えてみてくださいね。

別れることに対する意識を変える


2度も別れて復縁を望んでいるのであれば、思い切って別れへの意識を変えてみてもいいかもしれません。

世の中には別れを繰り返しながら関係を作っているカップルも結構います。

これは、2人にとっては喧嘩をしたり、別れたりすることが必要だから、そういった形で関係を深めているとも言えます。

中には離婚と結婚を繰り返すような人もいるのですから、何度も別れるのも付き合い方のひとつのスタイルなのかもしれません。

もちろん、何度も別れて復縁してを繰り返すのは理想的な形とは言えませんが、だからといってそれが絶対にダメだというわけでもないんです。

恋愛はふたりが幸せになることが一番大切なので、当人にとって必要なら別れや復縁を繰り返すのがベターな場合もあります。

そう考えてみると、3度目の別れもそこまで恐れる必要はないでしょう。

覚えておいてほしいのは、別れを恐れすぎるのはあまり良いことではないということです。

「別れたくない!」という思いが強すぎると、恋愛を楽しめなくなり二度目の復縁をする時にも、「とにかく彼に嫌われないようにしないと!」とビクビクしてしまいます。

それが良い方向に作用すればいいのですが、逆効果になってしまう危険もあります。

それよりも、「もう2回も別れたんだから3回目の別れだって怖くない!またやり直せるはず!」くらいの明るい気持ちを持ってみてください。

そこまで吹っ切れたら、楽しんで復縁活動ができます。

あなたが毎日ウキウキと過ごしていれば、そのポジティブパワーに惹かれて彼にもう一度好きになってもらえるはずです。

どうして復縁したいのか、自分自身に聞いてみる


2回目の復縁をする時には、どうしてそこまで彼との関係を続けたいのかを自分自身に聞いてみることも必要です。

多くの女性は別れを繰り返すたびに「私と彼は相性があまり良くないんだ…」と思えていき復縁に消極的になっていきます。

しかし、二度も別れてもやり直したいと思うということは、何か特別な魅力が彼にあって、あなたが彼と一緒にいる自分が一番好きだと思えるからでしょう。

ここで注意しておかないといけないことは、彼への執着が強すぎて手放せないだけという人もいること。

そういったケースでは、彼と一緒にいる時の自分があまり好きではないと思えるのが特徴です。

彼のことが大好きで復縁したいと思えるけれど、彼と一緒にいる時の自分は本当の自分とかけ離れていて、あまり好きな自分ではない…と思えた場合には、彼を手放したくないだけで復縁を望んでいる可能性があります。

もしそうだとすると、復縁が成功してもあなたは本当の自分を出せないままで我慢をする状態を続けなくてはいけません。

そんな状態では、すぐに3回目の別れがやって来てしまうでしょう。

こういった場合には、彼との時間を心から楽しいと思えていないということなので、もう一度復縁活動を続けるかどうか立ち止まって考えてみたほうが良いです。

人によっては、ここで自分自身の気持ちに気付くことで、彼への執着を手放すことができます。

執着を手放しても彼のことが好きだと思えれば、復縁のための努力を続けてください。

そうすれば、彼の前で素の自分を出すことができるので、今までよりも良い関係になれて3度目の別れを回避できます。

何度も別れてしまっているのは、自分の中に原因があるかもしれないので、二度目の復縁を成功させる前にじっくり自分の気持ちと向き合っておきましょう。

二度目の復縁体験談

デートのお誘いを断り続けていたら、元彼からやり直したいと言われた


彼と私は大学の同級生で、卒業後にお互いに忙しくなって別れてしまいました。

それからもしばらくはお互い忙しいままだったのですが、私は半年もすると仕事を覚えて時間に余裕ができました。

そこで彼に復縁をお願いすると、彼自身は仕事で疲れ切っており誰かに癒してほしいと思っていたようで、すんなりと復縁することができたんです。

それからは忙しい彼氏の世話をするために彼氏と半同棲のような生活をしていましたが、仕事ばかりで私のことを構ってくれない彼氏に不満が溜まっていき喧嘩ばかりに…。

結局復縁してから1年も経たずに二度目の別れをすることになりました。

それからしばらくしたら彼氏から連絡があって…でも今度は私が仕事で忙しい日々を過ごしている時期だったので、デートに誘われても断ったりしていたんです。

お互いに忙しくて会えるのは1~2か月に1回という感じで、距離を置いた関係でしたが、それがとても心地良くて。

そうしたら彼も同じように思っていたようで、「こんな感じでたまにしか会えないけど、もう一度やり直さない?」と言ってくれたんです。

私は「こんなたまにしか会えない関係でいいのかな?」と不安もありましたが、思い切って復縁してみました。

そうしたら、今までとは違ってお互いの生活を優先させつつ付き合えるようになって、とてもいい関係が保てています。

(30歳/女性/保育士)

二回目の別れの後、徐々に関係が良くなったケース


私と彼の最初の別れは、お互いの価値観が合わずに喧嘩ばかりになってしまい、さんざん揉めた挙句に大ゲンカをしてそのまま口をきかずに別れたという感じでした。

それから半年ほどしてから、復縁したのですが、ふたりとも自分の意見を主張するタイプなので、また喧嘩ばかり。

今度はお互いにもう駄目だと思って、話し合いで別れを決めました。

前の時のように感情的になることなくお別れすることができたので、2回目に別れた後は普通にLINEのやり取りをするような友達付き合いが続いていました。

私たちは友達だと上手くいくのに付き合うと喧嘩ばかりになるということが分かり、ふたりで「なんで付き合っている時にはあんなに喧嘩ばっかりだったんだろうね」なんて笑い話をするほどに仲良くなって。

しばらくそんな友達関係が続いていたんですが、やっぱり彼のことが好きだなーと思えてきたんです。

あんなに何でも言い合えるのか彼だけだし、また喧嘩ばかりになっても良いからもう一回だけチャレンジしてみたいと思って、その気持ちを彼に正直に話ました。

彼はやり直す気なんて全くないと思っていたら、「試しに付き合ってみるか」との返事。

驚きましたがすごく嬉しかったです。

それからカップル関係に戻ったら、やっぱり喧嘩が増えてしまいましたが、それでもなんとか上手くやっていけてます。

これまでの経験を活かして、お互いに引き際が分かったというか…。

今では別れに発展するほどに喧嘩がひどくなることがなくなったので、なんとかうまくやれているのだと思います。

(26歳/女性/事務員)

正直に話し合いをした結果、気持ちのすれ違いに気付けた


彼は口下手な人で彼女の私にも滅多に自分の気持ちを話しませんでした。

それでも、最初は好きだとかたまに言ってくれていたから上手くいっていると思っていましたが、毎日1人で話をしているような気持ちになり、彼との時間を楽しめなくなっていって…。

彼も私が不機嫌にしているのが不満だったみたいだけど、彼は嫌なことがあると黙り込んでしまうタイプ。

無言の喧嘩が続いて、デートしても険悪な空気になってしまうことが増えていきました。

そんな時に彼氏が別の女性と楽し気に話している姿を見つけて、「私とは何もしゃべらないくせに!」とムカッとしてしまって…。

それを彼に伝えたら、うっとうしいと思われたみたいで、彼に別れたいと言われてしまいました。

その後、別れて後悔した私からお願いをして復縁できましたが、やっぱり、彼は私が話しても「うん」と言うだけ。

「これで付き合っているって言えるの?」と私が問い詰めることが増えて、2度目の別れを迎えてしまいました。

別れてから彼が楽し気に話していた女友達と話す機会があって、彼女から「彼が私に嫌われないかを気にして、話ができずに困っている」と相談されたと聞きました。

それから、彼にすぐに連絡をして、その話は本当なのかと聞き、彼の正直な気持ちを知ることができました。

彼も正直に本心を話したら楽になったみたいで、そのまま和やかな雰囲気になってもう一度やり直すことに。

正直に話をするのって大切なんだなと思いました。

(33歳/女性/公務員)

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「彼氏と2回目の別れ話が出ても諦めるのはまだ早いです」

占い師 ミミコ
彼氏と2回目の別れ話が出ると、もう今度こそ駄目かもしれない…と思う女性が多いと思います。

だけど、カップルの関係によっては2回別れることで、やっと上手く付き合えるような関係になることもあるんです。

それに、別れを繰り返すことでお互いが「次こそは!」という決意を持てれば、今までよりも良い関係になれるんですよ。

何度も別れてしまうのは、自分たちにとって必要な過程だと捉えることも大切です。

過去のことを悔やんでいるだけでなく、これから良い関係が作れるよう、過去の別れを最大限に活かせるようにしてくださいね。

【期間限定・9月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事