※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

妻子ある男性との恋の終わりは突然やって来ます。

本来、お付き合いしてはいけない立場の相手だということで、双方が精神的な辛さを感じて好意がある状態なのに、別れを選んでしまうことも珍しくないのが不倫の特徴です。

だけど、付き合っている時には「もうこんな関係には結末を迎えなくては…」という気持ちで別れたものの、「破局してからも彼(彼女)のことが気になって仕方ない…」と思ってしまう人も多いでしょう。

離れた方が良いと頭では分かっていても、恋心が残っている状態で別れると未練が残るのが普通です。

特に家庭持ちの男性が振られるという形で関係を終わりにした場合には、一方的に別れを告げられた男は心に深い傷を残し、未練を強めていきます。

関係を持たないという選択をしたものの、もう一度彼とやり直したいと思えてくると、破局後に男性が何を考えているか知りたいですよね。

今回は、既婚男性が別れた後に未練を抱くのかどうか?既婚者が振られた後に密かに感じていることについて説明します。

それに加えて、男が未練を残す女の特徴、既婚男性が独身女性と復縁できない…と悩む理由、復縁したい妻子持ち男性が出すサインについても解説するので、家庭のある男性と復縁したいと思っている方は参考にしてください。

ただし、不倫関係を続けている限り結婚して一緒に幸せになるというゴールはありません。

妻子ある男性との復縁を考える時には、本当にもう一度彼と深い関係になりたいのかを自分自身でよく考えてから行動に移すようにしましょう。

本日のメニューはこちら

別れた後の男の気持ち…既婚者が振られた後密かに感じていること

未練は破局直後からどんどん大きくなる


家庭のある男性は、家族という帰るべき場所があるとはいえ、彼女から振られた時には、家族のことなんて考えられなくなるほどのショックを受けます。

家族がいる立場で他の女と関係を持つということは、それなりの理由があるからです。

家族以外に求めるものは人によって様々ですが、どうしても自分にとって必要だと思ったからこそ、妻以外の女性に温もりを求めてしまうのです。

未婚の人の恋愛でも、彼女に癒しを求めるという意味では同じですが、既婚者の場合にはそもそも妻以外と関係を持つことはいけないものだという大前提があります。

既婚男性はそのことを知っていながらも、家庭外に女を作っているということなので、独身者のように単純に「女の子と一緒にいたい」という欲求とは少し異なります。

そのため、妻子ある男性の不倫相手に対する感情は、考えようによっては未婚者の男性よりも重いとも言えます。

浮気が知られたら自分に相当の被害があると分かっていて、妻以外の女と関係を続けているのだから、簡単な気持ちではないでしょう。

もちろんすべての妻子ある男性が不倫相手に本気だというわけではないでしょうが、セフレ関係のように完全に割り切った相手以外には少なからず愛情を感じているのが普通です。

家族への責任感や仕事の重圧など、リアルな現実では逃げ場のない男性にとって、付き合っている彼女と一緒にいるひと時は、まさに癒しの時間。

「この時間があるから辛い毎日を何とか過ごせる…」と精神的に依存している状態の既婚者男性も珍しくありません。

彼にとってそれほど大きな存在である女性から別れを告げられたら、破局した瞬間から相手への未練が芽生え、会えない時間と共にどんどん「彼女のことが忘れられない。…」という名残惜しい感情が強まっていきます。

かといって、独身者のように「彼女に振られちゃったんだよね~」と気軽に相談できる場所もなく、男友達に相談することもできないのが余計に辛さを増します。

ここで、相談する人がいれば、まだ救われるのでしょうが、社会的に許されないことをしているので、相談できる人がいるケースはほとんどないでしょう。

ひとりで辛い気持ちに向かわないといけない男性は、彼女への想いを断ち切ることができません。

妻への気持ちを再確認し彼女をより愛おしく思う


妻子ある男性は付き合っていた彼女に振られた後に「でも、俺には妻も子供もいるし…これをいいきっかけにして、家族を大事にすれば大丈夫!」と自分自身に言い聞かせます。

振られた直後はそれなりのショックを受けていても、家庭に帰ればすぐに家族と顔を合わす環境にいる男性は、振られてもすぐに立ち直れると高を括っているのです。

しかし、家族との生活が再び始まり、妻や子供を今まで以上に愛そうと思っても、すでに何年も付き合いのある妻に今さらときめくことができません。

これは、浮気をしていた頃は独身時代のようにドキドキとトキメキの毎日だったからです。

精神的にウキウキしている恋愛モードになってしまっている男性は、また以前のように妻にも恋愛感情を抱けると予測していますが、現実はそう簡単ではありません。

深く知っている妻を今さら見ていても新しい発見もなく、妻自身も家の中では女を意識せずに過ごしているので、男としては恋愛感情を抱きにくいのです。

しばらくの間は付き合っている彼女ばかりに夢中になっていると、久しぶりに年齢を重ねた妻を見て「アイツいつの間にか随分年をとったな…」と老いた妻にショックを受ける男性もいるほどです。

そういった経験をして、既婚者の男性は「やっぱり妻では満足できない…」と思い、再び付き合っていた元カノのことを思い出します。

「あの子は妻にはない物を持っていた女性だったのだ…」ということを身を持って思い知らされると、彼女への愛おしさが増していき、忘れられなくなっていきます。

これで隠れてコソコソしなくて済む


不倫をしている最中は付き合っている彼女と一緒に過ごす時間が生きがいになっているとはいえ、「妻や周囲の人に知られたらどうしよう…」という恐怖感を持っているのが浮気中の男の心理状態です。

浮気していることを知られたら、今まで築き上げたものが全て台無しになってしまうほどのリスクが降りかかってくるので、楽しさよりも恐怖感のほうが大きい男性もいるほどです。

だから、振られた時には「悲しい」「ショック!」という気持ちと共に「これで、もう隠れてコソコソしなくて済む…」という安堵感を持つのが独身者との違いでしょう。

どれだけ愛していたとしても、周囲に見つかったらいけないという苦しみがあるのが不倫関係なので、愛する気持ちが強ければ強いほど「いけないことをしているのに離れられない…」という葛藤を抱えているのです。

浮気相手とはいえ、自分にとって必要である女性から別れを言い渡されるのだから「離れたくない!」とは思うものの、「これで離れるきっかけができた…」と自分以外の誰かに幕を下ろしてもらって安心している男性がたくさんいます。

何度も「妻以外の女と関係を持つのはこれで最後にしよう」と思いながら、別の女性の肌を求めてしまう人ほど安堵感を抱きやすく、自身でコントロールできない欲求にストップをかけてくれたことにホッとしているのです。

別の男ができて用無しになったのかも?


付き合っている彼女のことを愛していると言っても、自分は妻がいる立場ということで、彼女を2番手の女にしているという負い目がある既婚者の男性は、彼女に振られた時に「1番にしてくれる本命の彼氏ができたのかな?」という悔しい気持ちを持ちます。

しかし、浮気相手だということで、強く出られないので、正直に「他に好きな人ができたの?」「俺はもう用無しなの?」とは怖くて聞けません。

正直に聞きたいとは思っても「もう2番手の女は嫌だから…」と言われると自分は何も言い返せなくなってしまうからです。

それに、「奥さんと離婚して私と結婚して!」と言われて関係を続けるのが難しくなるパターンが多いことを知っていると、自分から身を引いてくれたことに対して、「離婚して!とせがまれるよりはマシだな…」と、納得させることができます。

別の男ができると「悔しいから奪い取りたい!」と思う未婚男性が多いのに対して、既婚者の場合には「うるさいことを言わずに身を引いてくれて助かった」と思うのが違いです。

別の男ができて本命彼氏ができてしまったこと自体は悲しくても、そのほうが彼女にとって幸せなことだと理解できれば気持ちを収めることができるのでしょう。

ただし、相手が独身の場合には彼女の幸せを願うことができますが、既婚者同士の場合には少し違います。

既婚者女性が新しい男を作ったということは、本命と言っても彼女にとって浮気相手だという事実には変わりありません。

そうすると、「俺は別の男に負けた」という気持ちが強くなり、気持ちの整理をつけることができなくなり、「アイツから奪い取りたい!」いう感情が出てきます。

相手が独身男性だったり、自分よりも年齢がかなり若い等はっきりとした理由があればまだしも、同じような既婚男性に乗り換えられた場合には、「俺のこと捨てるなんて許せない!」という怒りの感情が芽生え、すんなりとは現状を受け入れられなくなります。

何がいけなくて振られたんだろう…


結婚しているのに未婚者の気分で恋愛を楽しんでいる男性は「僕の何がいけなくて振られたんだろう?」という疑問を持ちます。

これは、不倫関係に悩む彼女の気持ちを理解していないからで、浮気相手にされていることに苦しんでいることに気付いていないのです。

通常の独身同士の恋愛だと、相手への愛情が冷めてしまわない限り簡単には破局しませんから、不倫のように関係を続けていくのにしんどくなって終わりを迎えるということは滅多にありません。

その感覚だけで付き合っている彼女との時間を楽しんでいる男性は、「いつも上手くいっていたのに彼女は何が不満だったんだろう…あんなに楽しそうにしていたのに…」と別れの理由が理解できずに困惑します。

明確に嫌いになって破局を迎えた場合でも、独身同士のカップルに比べると「不倫をやめたい」という思いが強い女性が多いのが特徴的な部分です。

だから、不倫関係を終わらせる別れ話が出た場合には、気持ちどうこうよりも今の関係を続けていくことに不安があることが離れたい理由になっているケースがかなり多いでしょう。

その複雑な女心に気付くことができない既婚者の男性は、どれだけ不倫の辛さを説明されても理解できずに、別れを切り出されたことに不満を抱きます。

励みになるものがなくて頑張れない


浮気相手から振られてしまった既婚男性は、やっと見つけた人生の生きがいのような存在を失ってしまって「励みになるものがなく、何も頑張れない」と落ち込んだ状態になります。

結婚して家族を養わなくてはいけない男性は、常に自分よりも家族のことを優先させて生活をしなくてはならず、プレッシャーを抱えた状態です。

そんな時に励みになるものが心を奪われている浮気相手なので、振られてしまうと頑張る活力が湧いてこずに何もできない状態になってしまいます。

しかし、そうは言っても1人の社会人として仕事をして、家族サービスもしなくてはいけない状況が続き、どんどんストレスが増していきます。

浮気相手ができるまでは自分自身でストレスを解消させる努力をしていたとしても、癒してくれる彼女ができると、努力してストレス解消をするよりも1人の女性の力の大きさを実感し、「女性に癒してもらうのが一番良い!」という価値観へと変化していきます。

不倫を経験し、その価値観が根付いてしまっていると、一般的に言われているようなストレス解消法では満足できず、頑張れない状態のままで無理に仕事や家族の相手をしているという状態が続きます。

男が未練を残す女の特徴

運命の出会いだと感じられる共通点がある


既婚者の男性が強い未練を感じる女性は、妻以上に共通点の多い女性です。

趣味が一緒、好きな食べ物が一緒など以外にも、考え方が似ている、話のテンポが心地良いなど、ピンとくる部分で運命を感じられる相手に出会うと「この女性が本当の運命の相手だったのだ」と思い、忘れることができません。

一度結婚をしていると、ひとりの女性と深く知り合っているので、男女のつながりの強さを知っているのが独身男性との違いです。

友達関係にはない男女特有の関係性の深さを知っているからこそ、運命の出会いだと思えるほどの共通点がある女性と出会うと、別れた後に未練が強くなります。

妻と出会った時にも、同じように運命を感じて結婚するという結果になってのでしょうが、初婚の場合には初めてのことばかりで、結婚相手が運命の相手かどうかをしっかりと確認する余裕がありません。

しかし、実際に結婚を経験すると、長く男女が一緒にいることの意味を考え始めて、ずっと一緒にいられるのは運命の相手しかいない!という考えが強まっていきます。

そのため、独身者に比べると「運命を感じられる相手」を求めているのが既婚者男性の特徴で、理屈では説明できないほど心惹かれる女性に出会うと、「絶対に一緒にいたい!」という未練を残すことになります。

自分の都合に合わせてくれた女性


既婚者の男性はとにかく忙しく、恋愛のために使う時間を作るのが難しいという問題を抱えています。

本当は家族との時間よりも浮気相手と一緒にいたいと思っても現実的にそれは無理なことなので、自分の都合の良い時間に会える浮気相手に好感を抱きます。

もちろん女性として好きだという前提はありますが、例え「女としては最高!」と思えても、自分の都合の良い時間に会うことができないと関係を続けるのが難しくなり、早々に破局してしまいます。

だから、不倫関係を続けている時に、常に自分の都合を優先して合わせてくれる女性がいると「この子とずっと一緒にいたい…」と思えて愛が深まっていきます。

相手の都合に合わせたいと思っても、時間的な余裕のない既婚男性は簡単には合わせることができないので、合わせてくれる女性に特別感を持つようになり、そのうちには「彼女がいないと困る!」と思うようになります。

決して都合の良い女という位置づけではなく、安定して自分を満足させてくれる女性だということで浮気相手への愛が深まっていくのです。

そんなかけがえのない存在である女性から振られてしまった場合には、別の女性を探そうと思っても同じように接してくれる人は滅多に見つからないという理由で、「あの時の彼女ともう一度やり直したい…」と思えて未練がなくなりません。

家庭的な雰囲気があり家事が得意


家庭的な雰囲気のある女性は男からモテますが、既婚男性の場合にもそれは同じです。

妻が家事をしていると「所帯じみた女だな…」と思えて魅力を感じない既婚者も、浮気相手の女の子が家事の話をすると「家庭的で素敵だな」と思うものです。

しかし、独身同士のように常に一緒にいられる関係ではないので料理を振舞ってもらう機会は滅多にありません。

相手が未婚女性の場合には、彼女の家で食事を作ってもらうこともできますが、既婚者同士の場合には外で食事をするのが精一杯なので彼女の得意料理を口にすることができず、妄想ばかりが膨らみ、「彼女の手料理を食べてみたい!」という欲求が強まっていきます。

実際に料理を作ってもらったりして食べた経験をすると欲求が満たされて、別れた後にも未練を残しにくいものですが、一度も口にしたことがないとなると「別れる前に料理を作ってもらえる機会を作れば良かった…」とやり残したことへの未練が湧いてきます。

若々しさがあり少女のような可愛げがある


女にはいつまでも可愛らしさを持っていてほしいと思っているタイプの男性は、年齢を重ねても少女のような一面のある女性を忘れることができません。

自分と同じような価値観や知識があり話が合う女性がいいと思いつつも、自分よりも知識量が少なく、どこか子供っぽい女性と一緒にいるとほっと落ち着けるという男性は多いものです。

特に頭を使う仕事をしていて、厳しいビジネスの世界に身を置いている男性ほど、プライベートでは仕事のことを忘れられる雰囲気の子供っぽい女性を好みます。

さらに、妻に選ぶのは自分と似たようなタイプの女性が多いので、浮気相手には余計に癒しを求める男性が多くなります。

かといって、単に年齢が若いだけの女性だと、それはそれで「ついて行けない…」と世代間格差を感じて付き合い続けられないので、自分と同じような年相応の常識はありつつも、若々しさを残し、少女のような純粋な部分のある女性がいると、既婚者の男性は我を忘れて夢中になってしまいます。

また、そういった若々しく純粋な気持ちを残した女性は、不倫することが滅多にないのでなかなか出会えないタイプの女性だということも関係し、既婚者の男性の心の中にいつまでも残り続ける女性となります。

自由な価値観でのびのび生きている


不倫をする女性に多いのが、既存の価値観に振り回されずに自由な感性でのびのびと生きているタイプの人です。

結婚という形に縛られることもないので、「浮気相手でも平気!」という考えの女性もおり、既婚者男性にとって新鮮な驚きを与えてくれる存在になります。

罪悪感を持ちながら不倫をしている既婚者にとっては、新しい価値観に触れること自体が癒しとなり、自分のしていることを正当化する理由にもなります。

「彼女が言うように、不倫することはそんなに悪いことではないんだ…」と思えると、既婚者の男性は自分がしていることを認めてもらえた気分になり、不倫への罪の意識が薄れ、相手女性への真剣度が増していきます。

一度ブレーキが外れてしまうと、「結婚していたって恋愛しても良いよね!」と自信が持てるようになるので、独身時代のように不倫を楽しめるようになり、彼女を本気で好きになってしまいます。

そんな気持ちを持った女性から別れ話をされたら、当然忘れることはできず、いつまでも未練を持ち続けることになります。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

既婚男性が独身女性と復縁できない…と悩む理由

バラされたら怖いから


既婚男性が独身女性と復縁をするかどうかを考えた時に障害になるものが、「これ以上深い関係になって、トラブルになった時に全部暴露されたらどうしよう…」ということです。

既婚者の自分と違って、立場が強い独身者の女性が何かの拍子に「これまでのことを全部ばらすよ!」と脅すことはよくあること。

他の不倫経験者やネット上の情報で、未婚女性から脅された話を聞いた既婚男性は、「ここら辺で関係を終わらせておいたほうが安全かもしれない…」と思うと復縁に踏み切ることができません。

独身者と既婚者の関係の場合には、未婚の相手に対してどこか負い目があるので、関係を持ちたいという気持ちと関係を持ちたくないという相反する気持ちが同居しているのが既婚者男性の特徴です。

どれだけ、独身女性のことが好きでも、もしかしたら自分の人生を棒に振ってしまうかもしれないというリスクを考えると気軽にやり直したいとは言えないのでしょう。

彼女の将来に責任がとれないから


独身女性の将来の心配をしている既婚者の男性の場合には、「今後の彼女の人生に責任がとれないから…」という理由で、元サヤに戻ることを躊躇してしまいます。

真面目に相手のことを想っているケースに多く、真剣に好きだと思うほど、「俺がいることで彼女の本当の幸せの邪魔をしている…」と思えて、離れているのが正解だという正論が頭に浮かぶと安易にやり直すことはできません。

浮気相手としての関係が短期間だった場合には、そこまで将来のことを考えることもないでしょうが、1年を超えて付き合っているなど親密になってくると、彼女自身のプライベートな事情も分かってくるので情が湧いてしまい、割り切った考えを持てなくなる既婚者男性が多いです。

最初は体目的で浮気相手として付き合っていたとしても、付き合いが長くなるにつれて、相手の人生を背負っているような気持ちへと変化してきます。

そうなると男性も純粋に体だけの関係を続けるのが難しくなり別れを選んでしまいます。

好きだからもう一度、関係をやり戻したいと思うものの、人生の重さを知っている既婚者男性は気軽に独身女性の人生を背負う覚悟を持てずに復縁したいと言い出せません。

離婚してほしいと言われるのが辛いから


付き合っている時に一度でも「離婚してほしい」と言われたことのある既婚男性は、離婚話をされるのが怖くて復縁に積極的になれません。

既婚者にとって最もつらいのは離婚をせがまれることです。

かといって本気で婚外恋愛を楽しみたいという希望のある男性にとっては、少しも妻に嫉妬されないのも寂しいという複雑な感情を持っています。

完全に割り切った関係であるならば「離婚」という2文字を口にしただけで関係は終わり、後腐れなく男性は別の女性を探し始めるでしょう。

しかし、離婚してと言われるのが最も嫌だと思いつつも、「奥さんと離婚して、わたしと結婚して欲しい」と言われるほどに自分だけに夢中になってほしいという気持ちもあるのが既婚者男性の心理です。

自分は妻がおり、浮気相手は2番手だという自覚がありながらも、相手にとって自分は一番でありたいと思ってしまうのは、人間なら誰しも持っている欲望なのでしょう。

だから、浮気相手に本気で好きになってほしいと思っている既婚者男性はわざと離婚をほのめかすようなことを言って、彼女に「結婚したい相手」と思ってもらえるように仕向けます。

しかし、実際に浮気相手の独身女性が「奥さんと離婚して!」「私と結婚して!」と言ってくると「面倒なことになった…」と思うようになり別れを選びます。

その後、もう一度彼女から本気で愛されたいという欲望がある既婚男性はやり直すことを検討しますが、「じゃあ離婚できるのか?というとやっぱり無理…」という結論になり復縁に踏み切れません。

独身の男にとられるのが怖いから


独身の女性と付き合っている既婚者男性の心の中には「そのうちに独身男性にこの子を奪われてしまうかもしれない…」という不安があります。

他の男に渡したくない!と思いつつも既婚者ということで正々堂々を独身男性と戦うことができないので、もし彼女に他に好きな人ができたら何も言えずに引き下がらなければいけない…と思うとモヤモヤした気持ちも出てきて、「もう未婚の女性との関係はやめにして、既婚女性と浮気しよう!」と思うようになります。

ただ、既婚女性の場合には夫がいるということで、独身女性のように夢中で自分だけを求めてはくれません。

そう考えると、自分の欲求を満たしてくれるのは独身の彼女だけだと思い、未練が強まります。

しかし、既婚者である自分は独身の彼女の結婚相手になれないことを考えると最終的には独身男性に譲らなければいけない立場。

大好きな彼女を自分のものにできないのであれば、やり直すこと自体をやめて傷を深くしないようにしよう…と思い、復縁を諦めてしまいます。

忘れられない…復縁したい既婚者男性が出すサイン

lineのアイコンを変える


既婚者の場合には復縁したいと思っても、それをストレートに出せないという葛藤を抱えています。

そのため、直接「やり直したい」と訴えてくるよりも、lineのアイコンを変えるなど直接的ではない方法で何らかのサインを出してくるでしょう。

今までは一度もアイコンを変えたことがない男性が、急に別のアイコンにした場合には高確率で復縁したい相手へのアピールです。

アイコンを変えるくらいなら、誰かに突っ込まれても「なんとなく~」と言い訳しておけば怪しまれませんし、これがきっかけになって別れた彼女から連絡が来るのを待っているのです。

また、口下手な男性やプライドの高い男性もこのような言葉以外の方法で復縁したいサインを送ってくることが多いでしょう。

口で気持ちを表出するのが苦手なタイプの男の人は、どうにもやりきれない感情を抱えながらも、それを相手に伝えることができません。

だけど、何かしないと気がおさまらないのでダメ元でアイコンを変えて、少しでも彼女の心が動くことを期待します。

プライドの高い男性の場合には、自分からやり直したいと言うのが悔しいので回りくどい方法でアピールしてくるのが特徴。

自分からは「好き」だと言わないようなタイプの人はアイコンを変えるなどの分かりにくい方法で復縁したいサインを出してきます。

また、妻と浮気相手が知り合いの場合なども、妻にバレない方法でやり直したい気持ちを浮気相手に伝えようと思うので、メッセージではなく言い訳のできるアイコンの変更などの方法をとることgあ多いでしょう。

二人だけに分かるサインで意思表示する


不倫の場合には、周囲にバレないように2人だけのルールがあるカップルがほとんどです。

lineをする時間が決まっている、電話はしない、などカップルごとにルールは様々ですが、別れた後に付き合っていた頃のルールを使って復縁したい気持ちを彼女に知ってもらいたいと考える男性もいます。

例えば、社内恋愛でネクタイの色によってその日に会えるかどうかを連絡するというルールになっていたカップルの場合には、別れた後に「今日は絶対に会いたい!」という意思表示をするカラーのネクタイをつけてこられると、それを見た元カノから何か反応があるのではないかと期待して、既婚者男性は「今日は絶対に会いたい」というカラーのネクタイをして出社してきます。

それ以外には、何度かワン切りすることで、「今すぐ連絡して!」という意思表示をしていたカップルなどは、別れた後にもワン切りのルールを使われると、女性側が思わず連絡をしてしまうことがあります。

このように、周囲にバレないために作った2人だけのルールを使って彼が接触を試みようとしている時にもやり直したいという気持ちが隠れているということです。

元カノと似たような女性にアプローチしている


浮気相手と別れた後も顔を合わす関係の場合には、元カノと似たような女性にアプローチすることで、やり直したいサインをアピールしてくる既婚者もいます。

そもそも不倫関係なので、堂々と関係を再開させたい!と言い出せない既婚男性は復縁したい相手と似たような女性を褒めたり、好意を表すことで、まだ元カノへの気持ちが残っていることを示そうとします。

「仕方なく元カノに似ている別の女性に相手をしてもらおうと思っているけれど、本当に好きなのは君だけだよ」という気持ちを表すために、別の女性と親しげに話をした後に、わざわざそのことを元カノに話しに来る既婚男性もいます。

「あの子、君に似てると思って話してみたけどイマイチだったな~」など、まだ好きだというようなことをほのめかす発言をしてくるでしょう。

元カノ側が気にしてコンタクトしてくるのを待っているので、「最近〇〇と仲がいいの?」と聞いた時に、饒舌になって話を始めたら、それは明らかに復縁したいサインでしょう。

既婚男性が別れた後抱く未練はこんな感情です

妻以上の存在になっていたのに…


既婚男性が浮気相手に抱く感情の大部分を占めるのが「妻以上に大切な存在だったのに…」というものです。

離婚してくれないと思うと奥さんよりも大事にされていないと感じる女性が多いものですが、離婚するかどうかと気持ちは別物だと思っておいたほうが良いでしょう。

確かに、本気で好きだという気持ちを形にするために離婚という手段をとる男性もいますが、大多数はどれだけ不倫相手のことを好きになっても離婚はできないと考えます。

これは恋愛感情ではなく家族に対する責任感で、独身の人が親に対して「親なんだから老後の面倒をみてあげないと」と感じるものに似ています。

これまで育ててもらった親に対しての責任感を持っている人が多いと思いますが、既婚男性の家族への責任感は親への気持ちの何倍も強いと思ってください。

自分で相手との結婚を望んで、子供までもうけたのだから、男性の覚悟は相当なものです。

いくら本気で浮気相手のことを好きになっても、そう簡単には離婚できないと思うのが当然でしょう。

だから、離婚はできない…と言っていたとしても、浮気相手が妻よりも大切な存在で何よりも守りたいと思っているんです。

そこまで強い好意を抱いていると、妻以上に重要だと思える女性を失った既婚者の喪失感は大きく、ショックから立ち直ることができないほど。

むしろ、妻の存在を毎日目にするたびに、妻以上に思えた存在の女性を思い出し、「どうして妻以上に好きになった女性と添い遂げられないんだろう…」と悲しさが増していきます。

もう次の相手は見つからないかもしれない


既婚者男性が女性に振られた時に思うのは「これが俺の人生で最後の恋だったかもしれない…」という気持ちです。

結婚した時点で、一度は恋愛関係になる女性ができることを諦めたことになりますが、不倫することで、予想外の恋を経験することになります。

自由に恋愛できる独身者と違って既婚者の場合には恋愛しないのが当たり前という条件があるので、自分でよほど頑張らない限り次の相手は見つかりません。

そうすると、振られた瞬間に「もう次の相手が見つからないかもしれない…。オレの相手をしてくれるのは彼女だけだったのに…」という何とも言えない虚しさがこみ上げてきます。

振られてショックというよりも、「全てが終わってしまった…」という虚無感に近く、全ての気力が失われる感覚に近いです。

特に不倫願望があるにも関わらず、なかなか相手が見つからずに苦労し、やっとのことで見つけた女性に振られてしまった男性は、より大きな喪失感を持つことになるでしょう。

せっかく毎日が楽しくなっていたのに


結婚してからの毎日に強い不満を抱いて浮気に手を出してしまった男性は、不安を解消する手段である不倫が終わってしまうことで、また退屈な日常に戻ることを考えてうんざりした気持ちになります。

妻との関係がさほど悪くなく、これといった不満があるわけではないけれど、何となく楽しいこともなくてつまらない…と感じて浮気する男性は、自分自身の生活を華やかにするために女性を求めます。

退屈で平凡な毎日に潤いを与えてくれる浮気相手は既婚男性にとってオアシスのような存在で、徐々になくてはならない重要な位置づけへと変化していきます。

最初は自分勝手な理由で女性を求めていたにも関わらず、浮気相手ができることで、毎日に張り合いが出ることを知ると、女性の存在の大きさを実感し、「俺が求めていた刺激はこれだったんだ!」と新発見したような気持ちになります。

不倫初体験の男性は、最初の衝撃が大きく浮気相手と別れた後に何も頑張れないような状態になってしまうことも珍しくありません。

つまらない結婚生活にスパイスを与えてくれる不倫の虜になっている男性は、浮気相手から振られることで退屈な日々に急激に逆戻りして、そのギャップの大きさに苦しむことになります。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「既婚男性が別れた後に感じる未練はとても苦しいもの」

占い師 ミミコ
既婚男性と恋をすると、別れた後には家族のもとに帰っていったように感じるので、破局後も元気に過ごしていると思う女性が多いようですが、実際は非常に苦しい類の未練を抱えているのが既婚男性の特徴です。

見た目的には家族と一緒にいて何も変わっていないように見えても、既婚男性の心の中では葛藤する気持ちや、どうしてももう一度彼女とやり直したい気持ちなど数多くの感情が渦巻いています。

不倫関係を始めた時点で罪悪感を持っている人が多いので、恋愛の終わりにも未婚者にはない感情を抱きます。

既婚男性と復縁したいと思っている場合には、彼の辛い気持ちにも目を向けて、彼が自分からもう一度やり直したい!と思えるような態度をとるようにしてくださいね。

【期間限定・11月17日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事