※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 

「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。
 

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<

元彼と復縁できたのは嬉しいけど、家族に報告しづらい…そんな悩みを抱えていませんか?

恋愛は2人でするものとはいえ、できれば家族全員に祝福してもらいたいですよね。

しかし、親心は複雑です。

子供が愛する人と復縁し幸せそうにしていれば「良かった」と思う一方で、「また破局して傷つかなければ良いけど…」という不安も同時に抱えています。

親は子供よりも人生経験が豊富なので、アレコレ色々なことを考えてしまうからでしょう。

それに、「子供には絶対に幸せになって欲しい!そのためなら自分が悪役になっても構わない!」と思うのも親ならではの心境。

「一度ダメになった人と交際するのはやめなさい!」と親に言われると「うるさいな~口出ししないでよ!」とあなたは感じるでしょうが、「嫌われても良いからあなたには絶対に幸せをつかんでほしい!」そう思うが故の行動なのかもしれません。

今回は、復縁は親に報告すべきか?という疑問点について考え、家族に言い出しづらい時の対処法、交際に口出しする父母との付き合い方をお教えします。

報告後に反対されたら別れたほうがいいケースも紹介するので、今後を決める際に役立ててくださいね。

本日のメニューはこちら

そもそも親に復縁の報告をするべきなのか?報告なし派と報告あり派の特徴

報告なし派:結婚を視野に入れていない若い世代


「恋人と別れたり引っ付いたりするのをイチイチ親に言う必要はないよね?だって結婚なんて考えてないし」という若い世代は、復縁しても報告義務はないと思っています。

恋愛と結婚は別物で、入籍するかもしれないなら自分の恋愛事情を親に話すけど、普通に異性と付き合っているだけなら親に言う必要はないと考えているからです。

親は娘が恋愛するだけでも、「悪い男に騙されないか?」「たまには彼氏を家に連れてきてほしい」「どんな人と付き合ってるか詳しく聞きたい」など、娘の恋愛事情が気になっているのでしょうが、「結婚するわけじゃないから口出ししないでよ!」と言われると何も言えなくなってしまうのでしょう。

それにここでうるさくすると、いざ結婚相手を選ぶ時にも相談してもらえないかも?なんて心配もしつつ、娘の恋愛事情をこっそりと見守っているのが実情です。

結婚適齢期を迎える前の世代であれば、親も「今はまだ入籍のことは頭にないみたいだし、好きにさせておくか」とそこまで深刻にはならないのでしょう。

報告なし派:経済的に自立していて親に頼る必要のない人


完全に自立して生活費は全て自分の稼ぎから捻出、お金のことで親に頼ることは一切ない人も恋人との関係を親に言う必要性をそこまで感じていません。

自分は一人前の社会人だという自覚があるので、恋人とよりを戻したくらいでは報告しなくても良いと思えるからです。

最終的に結婚の意志をお互いで確認して本決まりになってから双方の親に挨拶すれば十分だという意識があり、普段から家族に悩みを相談することは滅多にありません。

経済的に自立している人は、仕事やプライベートで様々な悩みが出ても、会社の同僚や友人に相談することで問題を自分で解決することが多いです。

だから、復縁したことを友人には報告するかもしれませんが、親には言う必要はないという認識でいます。

報告あり派:20代後半以降で結婚と恋愛の関係性が深い世代


女性だと20代後半以降、男性だと30歳を超えたあたりから結婚適齢期に入り、本人も親も「恋愛=入籍」という感覚になります。

そうすると、交際の行きつく先は「結婚」という暗黙の了解があるので、「まだ入籍するかは未定だけど、元彼とよりを戻したことを親に報告しとかないとな…」という感覚になりやすいです。

また、婚活をするなど、結婚に向けた準備を始めている人ほど、恋愛と婚姻関係の結びつきがより強くなります。

中には交際初期の段階から、「今度の人は結婚相手として合格!」「今付き合ってる男性は良い旦那さんになりそうな人」などと嫁目線で男性を見定め、それを家族に逐一報告している女性もいます。

報告あり派:何でも親に報告する仲良し家族


「両親に隠していることは何もない!」「交際する前に好きな人ができたらすぐにお母さんに話す!」なんて仲良し家族の人は、年代に関係なく復縁の報告をするのが当たり前だと思っています。

これまでも何でも話してきて、恋愛事情を報告するのが日常化していたら、元彼とよりを戻したことを言わないという選択肢が存在しないのでしょう。

高校生や中学生で結婚とは無縁の世代の人でも、仲良し家族の場合には全て報告するのが当然という価値観だと「言いづらくても親には報告しないと!」と感じると思います。

これは、もし元カレが仲良し家族で隠し事のない親子関係の場合には、彼の両親にあなたの情報が全て筒抜けになっているということ。

だから、あなたの浮気が理由で破局したなど、明らかにあなたに非がある時には復縁後に良い顔はされないでしょう。

すでに色々な事実を知られており悪いイメージを持たれると復縁後に関係を良くするのは難しいです。

報告あり派:実家暮らしで言わなくてもバレてしまう人


親に報告をしたくはないのに、実家暮らしで毎日顔を合わせていると隠し通せずに「実は前の彼氏とまた付き合ってて…」と言わざるを得ない状況になることも。

デートで夜遅くまで出かけていたら「お付き合いしてる人がいるの?誰なの?」と突っ込まれるのが普通ですし、元彼が家まで送ってくれて姿を見られた...なんてことも起こりえます。

この場合には、当人は報告せずにこっそり付き合いたいと思っているものの、心配してくる親を納得させるために元彼との関係をきちんと報告する必要性に迫られます。

実家暮らしだと、別れた時のショックを受けた様子も見られているでしょうから「あんなに娘を傷つけた男と交際してる?許さん!」という流れになりやすいです。

特に学生さんなどで経済的に自立していない状態だと、親としては心配で仕方ありません。

そうすると、親から口うるさい指摘を受けがちです。

反対されそうで怖い!復縁したけど親に報告しづらい…と感じる時

婚約までしたのに破局し、それから復縁した


両親に復縁したことを言っておかないと!と思える状況になるのは、結婚を視野に入れたお付き合いをしている時。

入籍するのなら親の同意を得てから…と思うのが一般的だからです。

そのため、復縁した後に入籍する可能性が高ければ高いほど、「早く両親に説明しないとな…」と切羽詰まった状況に追い込まれます。

単純に付き合いが長く「次は結婚を前提としてやり直そう!」と元サヤになるカップルもいれば、前回婚約までしてお互いの家族に紹介済み…なのに破局したという経緯があってよりを戻し、結婚前提のお付き合いを再開させるカップルもいます。

どちらの場合でも、親に言いづらい…と思うものですが、最も言い出しにくいのは後者のタイプ。

娘が連れてきた男性に対して「この子がうちの娘の夫になるのか…」と覚悟を決めるまでには、親は様々な悩みがあったはず。

本当にこの男性で大丈夫かな?と時間をかけて考えて、やっと「この人なら合格!」と決断します。

そこまでの苦労をしたにも関わらず縁談が流れ娘は泣いてばかりの日々…こんな経験をしたら元彼との復縁に賛成できませんよね。

反対される結果が見えているので、元婚約者とよりを戻した時には両親に報告しづらく感じるでしょう。

破局後にゲッソリ痩せるなど過度な心配をかけた


彼に振られたショックで1週間で5キロも痩せた、破局後に精神的に不安定になり荒れた日々を送った…などの過去がある場合にも、復縁報告をしづらいと感じると思います。

別れた後にショックを受けている姿を見せれば、親は当然心配します。

彼に振られた事実を話さなかった人もいるでしょうが、「ここまで大きなショックを受けているのは恋愛相手と何かあったんだろうな…」と親はピンときているはず。

言った言わないに関わらず「交際中の男性と上手くいかない状況なんだな」「お付き合い中の相手との間に何か問題が発生してるんだろうな」と親なら気付いているでしょう。

その上で「今回の彼氏は女を不幸にするタイプだ」「あの男性はうちの娘にはふさわしくない!」「こんなに娘を傷つけた最低なやつ」として両親は捉えます。

娘や息子が落ち込んでいる様子を見たら交際相手を悪者にしたくなるのが親心です。

「うちの子は一生懸命お相手を大事にしたのに、向こうは不誠実な態度だった、そんな人とは二度と関わらないで欲しい!」親ならこんな気持ちになりますが、あなたはそれを感じ取ってますよね。

そうすると、「は~彼のイメージ最悪なのに、元サヤの話したら渋い顔されるんだろうな~」と思えて言い出しづらくなります。

過去に交際や復縁に強く反対されていた


金銭トラブル、浮気癖、暴力、薬物、酒癖が悪いなど問題を抱えている男性とのお付き合いは、言うまでもなく親に反対されます。

これまでも交際中や復縁活動中に「あの男に近付くのはやめなさい!」と何度も両親に言われていた場合は、復縁の報告をしたくないに決まっています。

女を不幸にすると言われているタイプの人を好きになると、常に周囲からの反対をされる状況で恋愛をせねばなりません。

このケースの場合には親だけでなく友達や知人たちからも「そんな男はもうやめなよ」「どうしてわざわざ不幸になる道を選ぶの?やめときな!」と様々なことを言われるでしょう。

また「私は彼が好き!」と堂々と言える状態で復縁したならまだしも、「彼に強引に言い寄られてうっかりよりを戻しちゃった…」こんなケースだと、自分の中で覚悟が決まっていないので、報告をするのが嫌で仕方ないです。

ダメな男と分かっていても、何故か離れられない…そんな曖昧な動機で復縁した場合には、親への報告に強いストレスを感じます。

別れた後に慰めてほしくて相手の悪口を言った


前回の破局時に家族に慰めてほしくて交際相手の悪口を言いまくった場合も報告作業に対して気が重くなるでしょう。

悪口を言った時にはそれが正直な気持ちだったとしても、そこまでヒドイ扱いをした人と再び恋人関係になったと伝えるのは単純に恥ずかしいですよね。

「彼は私よりも別の女を選んだ…生きてる価値もない最低野郎!」過去にここまで扱き下ろした相手と再びラブラブになってしまうと、あの時の発言を撤回したい…そんな気分になるはず。

よりを戻したことを両親に言ったら「は?あんた最低野郎って言ってたじゃないの?そこまで嫌いになった相手と復縁?どういうこと?」と責められるのは間違いありません。

それに、自分の子供が最低評価をくだしている交際相手に対して両親が良い感情を抱いていないのも問題です。

自分が蒔いた種とはいえ、「あんなにも悪口言った人とやり直したなんて言えないよ!」とどうして良いか分からない気持ちになるでしょう。

相手がバツイチや子持ちなど婚姻歴がある


よりを戻した相手がバツイチや子持ちなどで婚姻歴に問題があると言いづらさが増します。

特に言いにくいのが、不倫交際をしていて、相手が婚姻関係にあったパートナーと離婚して戻ってきた場合。

「前の彼氏とよりを戻して…」と話せば、気になった両親は彼について色々な質問をぶつけてくるでしょう。

その時に正直に事情を説明すると、自分達が不倫の恋をしていたことがバレてしまいます。

前の交際時には不倫関係であることを隠していたり、結婚の可能性がゼロだからと言う理由で内緒のお付き合いをしていた人は、親に復縁報告することで不倫の事実がバレるという別の問題が発生します。「

「奥さんと離婚して私の元に来てくれた彼とやっと結婚できる!それは嬉しいけど、そのためには両親にこれまでのことを報告しないといけない…」といったケースだと、さっさと報告を済ませたいと思うものの、なかなか一歩が踏み出せない状態になります。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

自分の親に復縁報告がしづらい時や復縁を認めてもらえない場合の対処法

前回と同じことを繰り返さない証拠を見せる


復縁報告がしづらいと感じている方は、「また同じこと(別れ)になるのでは?」と反論されるのが心配ですよね。

子供から復縁報告をされた時に親が一番に思うことは、「再破局して今以上に傷つくかもしれない」なので、そこの不安を払拭できれば祝福してくれると思います。

そのためには2人が上手くいかなくなった理由を明らかにして、どうすれば両親を説得できるか考えましょう。

彼の浮気が原因で破局したのなら、彼に「二度と裏切りません」という決意を示してもらう必要があります。

あなたがワガママ放題して振られたのなら、ワガママを直して、親に「今の状態なら大丈夫だろう」と思ってもらわなくてはいけません。

言いづらい…と思っているということは、親に納得してもらえる状態ではない可能性が高いので、報告する前に了承してもらえるような証拠を作っておくと良いですよ。

何をすれば両親が安心してくれるかを考えて、効果的な証拠を提示してくださいね。

説得力のある方法で報告すれば、きっとあなた達の恋愛を応援してもらえます。

両親への感謝の気持ちを伝える


復縁を親に報告して認めてもらいたいと思うと、「どうすれば論破できるか?」という思考になりがちですが、反対されても心配してくれている両親に感謝の気持ちを伝えるだけで上手くいくかもしれません。

できちゃった結婚の時に、子供の将来を心配した親から「こんなヤツと結婚するのは許さん!」と反対されることがありますが、この時には「どうして許してくれないの?」「お願いだから結婚を許可して!」と訴えるよりも「心配してくれてるの本当にありがたいと思ってる」と言ったほうが両親の心を誘導しやすいです。

親も人間なので、親の気持ちを子供に理解して欲しいと思っていて、頑なに「許可してよ!」と言うよりも「お父さんは私を心配してるから、反対するんだよね」と言われたほうが心に響くからです。

それは復縁報告の場合も同じ。

「彼は素晴らしい人だから応援してよ!」と主張するだけでなく、「いつも心配してくれて私のことを一番に考えてくれてありがとう」と伝えてみてください。

すぐに効果があるかは分かりませんが、娘が両親に感謝していると知ったら段々と考えが変わっていくはずです。

自分の考えを主張するだけでは親を説得できそうにない…そんな壁にぶつかったら、両親への感謝を素直に伝える方法も取り込んでみてください。

「この子は親の気持ちもよく理解してくれている」と思わせられれば、彼との復縁を認めてくれるでしょう。

元彼の話題は出さずに静かに過ごす


元彼の話をしただけで大騒ぎされて「あんな奴とは会うのもやめろ!」などと強く拒絶された場合には、しばらく元彼関連の話を出さないようにして静かにしておくことをおすすめします。

親としては自分が付き合って欲しくない男と娘が関わるのは、なんとしてでも阻止したいこと。

暴力を振るう男や、別の女性に心変わりした男性との復縁を素直に喜べる親はいません。

あなたも「お父さんに元カレとのこと言いづらいな~」と憂鬱な気分でしょうが、親も娘の交際相手に関しては様々な思いを抱えています。

だから、ショックすぎる相手との復縁を冷静に受け止めるまでに時間が必要なんです。

話し合いができないほどに両親が取り乱している場合には、説得は一時中断して心が落ち着くまで待ちましょう。

しばらくは悶々と悩む両親の姿を目にするかもしれませんが、一定期間経てば親のほうから「元彼との話だけど…」と話題に出してくれるはず。

親も復縁後のあなたの様子が気になっているので、そのままうやむやにはしないと思います。

だから激怒されて会話にならない時には、それ以上何もせずに話し合いができる時期が来るまで少し待っていてくださいね。

両親に今後の予定(結婚)について話す


両親が一番気にしているのは、あなたの将来です。

交際するのは良くても結婚を考えた時には許せない!そう思ったら、復縁にも反対するでしょう。

まだ入籍の予定がなかったとしても、長い視点で考えた時に娘が不幸になるような男との付き合いには反対したくなるのが普通です。

そのため、今後についての不安を取り除ける方法で説得するのもおすすめです。

1年以内に結婚式を挙げる予定なら、具体的にどんなスケジュールになっているのかを説明したり、結婚後の家計計画、家族計画について話すなど。

心変わりして離れていった元彼に結婚意欲があると分かれば、「次こそは娘を幸せにしてくれるだろう」と思ってもらえます。

親は将来のことを考えずに一時の気の迷いで復縁して娘が傷つくことを恐れているので、一時的な感情ではなく将来のことまで見据えて復縁したと示せれば説得力が増します。

両親を安心させられる予定を提示できれば、応援してもらえるはずです。

口出しされない環境を作るために自立する


あなたが実家暮らしで経済的に両親に依存している場合には、自立するのもひとつの手です。

すぐに実家を出たり経済的に自立するのは難しいかもしれませんが、どうしても復縁を認めてもらえないなら実力行使もアリです。

「親は一切関知しなくてもあの子は自分の力だけで幸せになれる」と思えれば、親子の関係でも大人同士の付き合いができるので「娘の恋愛事情に口出ししなくても良いか…」と親と子の心の距離が離れます。

何をしても両親が許してくれない…となった場合には、強引に理解を求めるよりもコツコツ努力して自立したほうが認めてもらえる可能性が上がります。

彼の親に復縁報告をして認めてもらえない場合の対処法

彼と一緒に嫌われた理由を考える


自分の親は元カレとの交際を認めてくれたけれど、彼のご両親から反対されている場合には、何が理由で嫌われているかを最初に考えてください。

この時には、あなただけでは限界があるので元彼に協力してもらわなくてはいけません。

1人でどれだけ考えても、彼の両親に関する真実を突き止めるのは無理です。

もし直接話ができる関係なら聞きに行ってもOKですが、反対している相手に本当のことを話してくれるとは考えにくいので、息子である元彼に聞いてもらったほうがベターです。

息子から質問されたら、どうして納得できないかの理由を話すはずなので、それを元にして嫌われた理由をハッキリとさせましょう。

一度別れたことで信用されていないのであれば、信用を回復するための取り組みが必要です。

交際中に関わりが深くなっているケースほど、問題が複雑化しやすいです。

あの子を信用してうちの息子を任せたのに!と思うと「裏切られた」という感情が芽生えやすいからです。

これまではいつも優しくしてくれていたのに、復縁後は態度がガラッと変わった…なんてことがよくあるので、彼の家族との関係作りは慎重に進めてください。

彼から両親へ説明してもらう


あなたの印象が悪くなっている時には自分で直接彼の両親を説得するよりも、彼に依頼してお任せしたほうが上手くいきやすいです。

特に母親との関係が悪くなった場合には女同士で話すよりも、息子から言われたほうがスムーズに話が進みます。

母親からすると、息子の彼女は基本的に「私の大事な息子を奪った女」です。

母親は息子に対して娘にはない感情を覚えるのが普通なので、娘の彼氏には寛容でも、息子の彼女には厳しい…そんな母親が多いです。

だから、あなたに対して敵対心を持っていると考えると、どれだけ説得力のある説明をしても受け入れてもらうのは困難でしょう。

自分の口からきちんと説明したい!と思うのも分かりますが、母親相手には出しゃばらないほうが良いです。

正式な挨拶に伺う


彼が説得しても一向に両親の考えが変わらない時には、正式なご挨拶に伺う方法を試してください。

適当な雰囲気で挨拶すると「それくらいでは了承しないわよ!」と思われるでしょうが、きちんと菓子折りを持って丁寧に挨拶すれば心を動かせる可能性があります。

ただ、タイミングが大事なので、両親が激怒している時には動かずに様子を見て怒りの熱が冷めるまで待ってください。

息子からの説得に耳を傾けてくれるようになり、あと一押しで2人の交際を祝福してくれそう…それくらいまで事態が良くなってきたら、正式に挨拶に行く時期です。

まだ結婚するかどうかは決めていなくても、結婚の挨拶と同じくらい緊張感を持ってのぞみましょう。

この時には彼にもスーツを着てもらうなど2人で足並みを揃えてください。

「服装なんて関係ないでしょ?」と思うかもしれませんが、親からすると格好はかなり重要です。

ビシッとした格好で改まって挨拶されると「そこまで真剣なら認めてあげても良いかな」と思うのが親の感覚です。

なんだかんだ言っても外見で判断されるので、あなた達の本気度を知ってもらうためにも正装して挨拶に伺いましょう。

女性はスーツやワンピースなどにストッキングとパンプスで、正統派の服装が最適。

おしゃれさよりも親世代の人に信用されることを目的にして服装選びをすれば、適切な恰好が分かるはずです。

そして、親好みの菓子折りを持参し、結婚を許可してもらう時と同じ感じで「私たちの交際を認めてください。お願いします」と頭を下げれば、ほとんどのケースでOKがもらえると思います。

問題は挨拶さえさせてもらえないケースもあること。

徹底的に嫌われていると「家に来られるのは迷惑」と拒絶されるかもしれません。

その場合には、挨拶への許可が下りるまで地道に待ちましょう。

強引に押しかけると「非常識な女」認定されて逆効果。

あちらの両親が話を聞いてくれるようになるまでは、彼に説得を続けてもらってください。

しばらくは何もせずに様子を見る


復縁後にお相手の親に許してもらえない場合には、何もせずに様子を見るのもおすすめです。

最初は「え?前のあの子とまた付き合う?ダメよ!」と思っても、時間が経つにつれて心の整理ができれば「息子も大人なんだし…私が口出しするようなことでもないのかもね」と親の気持ちが変化するかもしれないからです。

親としては息子の将来が心配なので、元カノとよりを戻したと聞けば「一度ダメになった相手なんだから上手くいくはずない!」と危機感を持って反対したくなるものです。

破局後に彼が落ち込んでいたり、仕事や学業に支障をきたしてたりすれば「これ以上苦しむ息子の姿を見たくない」と思って、ついつい口出ししたくなりますが、そのうちに「息子が決めたことを尊重してあげよう」と意識が変化することはよくあります。

この時には親自身がじっくりと考える時間を持つことが大切なので、焦って顔を出さないほうが良いです。

彼と相談した結果、「しばらく静かにしていよう」と提案されたら、もどかしくても時間が経つのを待ちましょう。

デートをすると親の感情を逆なでしそうな恐れがあるのなら、会う回数を控えてください。

運が良ければ、何もしないでも復縁を認めてもらえます。

様子を見る期間の目安は3ヶ月ほどです。

待てど暮らせど状況が一向に良くならないのであれば、2人で相談して次の作戦を決めましょう。

嫁として認めてもらえるよう努力する


彼の家族はあなたのことを嫁候補として見ているので「家事ができない」「金銭管理が下手」「貞操観念がない」などの理由で、嫁として失格!と思っている可能性もあります。

彼に確認してもらった結果が、嫁としての資質が不足しているという理由なら両親が求める理想的な嫁の姿に近付くしか方法はありません。

復縁後に彼との結婚を視野に入れているのであれば、少し早い花嫁修業だと思って嫁としての資質を身に付ける努力を始めましょう。

この時に重要なことは、両親の言いなりになる必要はないということ。

家事の分担や、金銭管理の方法、貞操観念などに関してはパートナーである彼と決めるべき問題です。

この機会に彼の価値観を確認して「料理は彼がするから私はできなくても良い」という結論になったら無理に頑張る必要はありません。

理想の嫁になったほうが親に受け入れてもらえる可能性が高まりますが、両親の望む嫁を一生続けるのは本意ではないですよね。

だから彼と相談して2人で理想の家庭像を作り上げ、それを両親に理解してもらったほうが結果的にあなたが幸せになれます。

①嫁として認めてもらえる
②2人が望む家庭が築ける

このふたつの目標を両方とも達成できることを目指して取り組んでください。

「この子なら嫁として合格だし、息子と幸せな家庭を築けるだろう」と思ってもらえれば、交際を認めてもらえます。

積極的に彼の両親と関わる


短時間で親に好かれるのは難しいので、復縁に反対されている方は時間をかけて彼の両親と関わって少しずつイメージアップさせる作戦も使ってください。

どこかに出かけたらお土産を買ってきて渡す、両親が興味を持っていることについて自分も詳しくなって会話の糸口にする、大掃除など人手が必要な時にはお手伝いに行く、など両親に気に入られるような付き合い方ができれば徐々に印象が良くなるはず。

冷たい態度で接せられると「距離を置きたい…」と思うかもしれませんが、納得されない関係を続けたくないのであれば何らかの働きかけを行ったほうが良いです。

何もせずに彼とのお付き合いを続けていると、「反対してるのに関係を切らないなんて…常識のない子」と益々イメージが悪くなる危険があります。

無理やり押しかけるのはNGですが、話くらいはしてもらえる関係なら少しずつ接点を増やし、あなたの良いところを見てもらいましょう。

そうすればそのうちに彼との交際を応援してもらえますよ。

親に復縁報告して反対されたら交際自体を考え直したほうが良いケース

彼が親の言いなり(味方)になっている


「うちの親がお前のこと認めないって言ってるから付き合えない…」と親の意見に100%従う気満々な男性との復縁は前途多難です。

マザコンタイプ以外にも、父親の言うことには逆らえない、恋人よりも家族が大事、などのタイプだとお付き合いの許可がもらえないとあなたとの交際を前向きに考えてくれないでしょう。

明らかに親に従っているわけではなくても、一番大事な場面で恋人よりも親の味方になる男性とは別れたほうが良いです。

例外は、あなた自身も「恋人よりも親が大事」な価値観の持ち主の場合。

「私も親の意見を重視するから彼の考えに一切の不満はない!」そう思えるなら、2人で協力して双方の両親に認められる努力をしてください。

でも、少しでも「え?私よりもママが大事なわけ?」と引っかかったなら、今後も交際を続けるかどうかを慎重に決めましょう。

結婚前の段階で彼女よりも家族(実家)を大切にする男性だと、今後は今以上に親を優先させてあなたは二の次にされます。

「それはちょっと…」と思えるなら、この機会に新しい恋に進みましょう。

理由なく彼の親に嫌がらせをされる


どれだけ考えても嫌われる原因が分からない、声をかけても無視されるなど嫌がらせレベルの対応をされるなどのケースも諦めたほうが良いです。

そこまで酷い扱いをする相手とは努力しても上手くいく可能性がかなり低いからです。

こういった対応をする人のタイプは2つ。

1つ目はあなたとの相性が極めて悪いタイプ。

2つ目は息子の嫁には徹底的にきつく当たるタイプです。

1つ目の場合には、人間同士の相性が悪いので今後も仲良くなるのは難しいです。

お付き合いするだけならまだ耐えられるでしょうが、結婚すると後悔する結果になるので、今度どうするかを真剣に考え直したほうが良いです。

「夫婦仲さえ良ければ義理の実家とは上手くいかなくても何とかなるだろう…」と、安易な考えで結婚に踏み切るのは危険です。

婚姻関係を結ぶと、お相手の家族や親戚との強制的な付き合いを余儀なくされます。

義理の実家での女同士の問題にはノータッチで助けてくれない男性が多いので、よく考えて今後を決めてください。

2つ目の場合には、相手が誰であれ息子の嫁には厳しいので、どれだけ頑張ってもキツイ対応をされ続けるでしょう。

「それでも彼が好きだから一緒にいたい!」と思えれば良いのですが、結婚を許可してもらえても嫁いびりをされてあなたが苦しい思いをするかもしれません。

絶縁される可能性が極めて高い


彼が人間として致命的な欠点を持っていて、「あの男との付き合いを続けるのなら、この家から出ていけ!絶縁する!」と言われているのなら、復縁を一旦先延ばしにしたほうが良いです。

このまま「うちの親は分からずやだし、もう知らない!絶縁でも何でもすれば良い!」と強引に彼との関係を進めてしまうと、本当に絶縁されて二度と実家に帰れない事態になるかもしれません。

娘がかわいくない親はいないのであなたが歩み寄ればいつかは関係を修復できると思いますが、一時的にでも絶縁状態になると人生を変えるほどの大きな出来事があった時に困ります。

絶縁している最中に親が事故に遭い急逝した…なんてことがあったら悔やみきれません。

それに数年以内に結婚を考えているのなら、結婚式に親が参列してくれなかったら悲しいですよね。

毒親など絶縁に値する理由があれば関係を断っても問題ありませんが、そこまでの問題がないのであれば復縁が理由で親子関係にヒビが入るのは避けたいところ。

勢いだけで絶縁するのはおすすめできません。

両親が絶縁するとまで言っている場合には、復縁するにしても時期を先延ばししたほうが安全です。

あなた自身が彼との将来に不安を感じている


復縁報告をして反対された時には、あなた自身が彼との将来に不安を感じていないかもチェックしてください。

何を言われてもこの人と一緒になれば私は幸せになれる!という自信さえあれば、家族の反対はさほど気にならないはず。

いつかは両親も彼の良さを分かってくれるだろうし…と前向きに考えられるのであれば、復縁して幸せになれます。

でも自分自身の中に「やっぱりこの人とはよりを戻さないほうが良いのかな?」と迷う気持ちがあれば、交際するか考え直したほうが良いです。

すぐに別れを切り出さなくても良いので、どうして将来に不安があるのか?本当はたいして好きではないのではないか?他に好きな人ができないから固執しているだけでは?など、自分自身の気持ちを振り返ってください。

反対されて心が揺らぐということは、その程度しか愛情がない証拠です。

さらに、将来に不安を感じるのなら、復縁に踏み切れない何かがあるのでしょう。

親に許してもらえない相手と幸せになるのは想像以上に大変です。

それだけの覚悟がないのであれば、別の相手を探したほうが今後に期待が持てます。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「親への復縁報告で悩んだら彼に相談して乗り切ろう!」

占い師 ミミコ
復縁報告をして親に反対された場合には、両親の不安をなくすような働きかけをするのが基本です。

あなたや彼を心配して口出ししてしまうのだから、不安材料がなくなれば認めてもらえるはず。

家族とのトラブルは悩ましい問題なので、考えても正解が分からず苦しい時間を過ごすかもしれません。

そんな時には悩み過ぎずに休憩して様子観察するのがおススメです。

どうして良いか分からなくなった時には、彼に相談して乗り切りましょう。

2人で協力して問題を乗り越えてくださいね。

【期間限定・9月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事