突然元彼から連絡があるだけでも驚くのに、さらに離婚しただなんて言われたら…あなたはどうしますか?

奥さんと別れたということは、元彼は今はフリー、彼女募集中の状態です。

元カノとしては迷いますよね。

まだ彼のことが好きで忘れられないと思っていたのなら、すぐにでも復縁して「今度こそは、私がお嫁さんの席に座りたい!」と思うかもしれません。

でも、すぐに答えを出すのは危険です!

離婚が人に与える精神的な影響は非常に大きく、離婚を経験したということは彼は正常な精神状態ではない可能性があります。

それだけでなく、離婚した男の心の中は複雑。

バツイチになった元カレから連絡があると「私のことまだ好きでいてくれたんだ…」と嬉しくなる気持ちは分かります。

だけど、好意ではない感情で元カノに連絡してくるのが男です。

奥さんと破局した彼氏から連絡があったら、喜ぶ前に稀の本心を確認しなくてはいけません。

今回は、離婚して元カノに連絡してくる男性の心理と復縁や結婚を考えるべきかの判断ポイントについてお話します。

まず奥さんとの別れを経験した男性の心理状態について説明し、続いて、バツイチになって元カノに連絡してくる男性の本音、バツイチの元カレから連絡があった時の対処法、バツイチ元彼と復縁したほうが良いかどうかをケースごとに解説します。

「実は嫁さんと別れちゃって~」と彼から連絡があった時には、すぐに行動に移さないことと、彼の言いなりにならないことが重要です。

あなた自身の人生を大きく変えてしまう恐れのある出来事なので、焦って動かないようにしてください。

この記事を読んで慎重に対処できるようにしておけば、後悔のない選択ができますよ。

本日のメニューはこちら

離婚を経験した元彼の心理状態

誰でも良いから慰めてほしい


バツイチになった男性は孤独感を非常に強く感じています。

妻を娶って一人前の男だという自負があったところから、バツイチ男という立場に変化したことで惨めさもあるでしょう。

そして、人生の崖っぷちに立たされた元彼は、誰でも良いから慰めてほしいと思って手あたり次第に連絡をしてしまいます。

いつもなら男のプライドが邪魔をして自分から女性に連絡を取らないタイプだったとしても、離婚後には1人でいるのが絶えられなくなり、命の次に大切なプライドを捨てでも誰かに連絡をしたくなります。

妻に去られた男性はとにかく癒しに飢えており、落ち込み過ぎると仕事も手につかない状態になるので、自分でも「このままだとヤバいな…」と危機感を感じ、お金を出して女性と一緒に過ごせる時間を確保する男性もいます。

離婚すると輝きを取り戻す女性が多いのに対し、離婚後の男性はかなり深刻な状況に追い込まれてしまうことも珍しくありません。

婚姻関係を解消することと、好きになった女性が去って行くことが同時に起こる離婚は、男性にとって非常に辛いものです。

女なら誰でもいいという心理状況になってしまうのも仕方ないのでしょう。

精神的にピンチ過ぎて危険


離婚経験者の方なら分かると思いますが、あっさりと離婚が成立した場合でも心身ともに激しく消耗するのが離婚の恐ろしさです。

結婚をするまでも山あり谷ありの過程を経るカップルが多いと思いますが、離婚はその何倍もハード。

子供なしでお財布が別なら、届出を出すだけですぐに離婚が成立するでしょうが、たったそれだけでも数日間何も食べられなくなるほどの精神的ダメージを負います。

ましてや、子供がいて親権で揉めて家庭裁判所で争って…なんてことになると、離婚前後の数年間は記憶がないという状態になる人もいるほどです。

そんな辛い経験をした男性は身も心も傷ついて、他の病気を発症してしまいそうな状態。

実際に離婚後にうつ病を発症してしまう人も数多くいます。

最悪の場合には、婚姻関係が破綻したショックが原因で、自ら命を絶ってしまう男性もいるので、元彼もかなり危険な状況に置かれている可能性があります。

最悪の精神状態になって抜け出せずに苦しんでいる人は、ワラにも縋る思いで元カノに連絡をしてきます。

とにかく何かしないと自分自身がおかしくなってしまうような危機感を抱いたのでしょう。

こういったケースだと、電話で話したりメールの内容を読んだだけで「何か様子がおかしい」と感じると思います。

不安過ぎると人は精神状態が反転して異常に明るくなることもあるので、暗く落ち込んでいる場合だけでなく、通常では見られないテンションになっている時もピンチ過ぎる状況になっている恐れがあります。

結婚したのは間違いだったと後悔している


結婚はタイミングが重要なので、10年付き合った彼女と別れた後に3か月しか付き合っていない彼女と結婚した、なんて話が巷にはごろごろあります。

付き合った期間が長くても結婚しないカップルはたくさんいますし、たいして好きじゃないけれど何故か結婚した夫婦も世の中に結構います。

元彼が深く考えずに奥さんと結婚したのであれば、破局した後に「どうして結婚なんてしたんだろう…この選択は間違いだった…」と後悔しているでしょう。

離婚すれば、誰でも結婚を決意した時のことを悔やみますが、それなりの時間をかけて決意を固めた過去があれば「あの時は好きだったから」と自分を納得させることができます。

しかし、「周囲の友達が結婚し始めたから」「元カノに振られてヤケになって結婚した」「結婚に興味がわいた」など「どうしてもこの人と結婚したい!」という時期を経ていないと後悔が大きくなります。

かといってタイミングを逃してしまうと一生結婚できないままで人生が終わってしまう結果になるかもしれないと思うと、「一度は結婚できて良かったのかも」という思いもよぎり、離婚後の彼の心の中にはたくさん思いが渦巻いている状態です。

生きがいがなくなり人生の目標を失っている


結婚は男にとって責任を伴うものであり、妻や子供など背負うものが増えるのでマイナスのイメージで捉えやすいものですが、この重荷こそが男性の生きがいとなります。

20代前半の若い時期は家族の存在が重く感じられても、30代となり40代を超え…と時間が経つにつれて、重荷だと感じていた家族の存在が仕事を頑張るエネルギーの元になるからです。

男性は何かを守らないといけないプレッシャーがあると頑張れる生き物です。

特に子供がいると、「父親としてしっかりしないと!」と、子供の存在が生きる目標になる男の人が多いです。

だけど、離婚をして子供や妻が離れてしまうと何を目標にして頑張ればいいのか分からなくなり、目標を見失ってしまいます。

男は目的がないと頑張れないので、家族が姿を消してしまう離婚は、彼に強い喪失感を与えます。

それに、仕事で疲れても子供や妻の笑顔を見ると、明日からも頑張れると思っている男性は、離婚によって明日へのエネルギーを蓄える機会を失い、疲れがどんどん蓄積されていきます。

やっと一区切りついてホッとしている


離婚手続きが完了するまでに時間がかかった男性は、バツイチになってしまったものの、一区切りついてホッとした気持ちも持っています。

離婚が成立すると終わったとはいえ悲しいものですが、いつ終わるか分からない離婚調停をしている時期よりはすっきりした気持ちになれるのでしょう。

特に離婚相手の女性に未練がなく、早く終わらせて次のステップに進みたいと思っている男性は、終わった後に悲しみの中に清々しさも感じているはず。

表面的には疲れ切ってボロボロに見えたとしても、ひとつの区切りがついたことで、明日から未来のことを考えられる!と希望も見えてきた状態です。

中には、再婚したい、新しい彼女が欲しい、など次の女性のことが頭に浮かんでいる男性もいます。

婚姻中から不倫をしていた男性は、これで彼女と結婚できる!と思っているかもしれませんし、気になる女性がいた男性はどうやって彼女を落とすかの作戦を立てていることもあります。

次のターゲットが決まっており、目標がハッキリとしているバツイチ男性は特定の相手がいない男性に比べると心に余裕があり、落ち込みも軽くなるでしょう。

離婚して元カノに連絡する男性の本音

元カノは僕に未練があるはず


女からすると非常に不思議なのですが、男は一度でも「好きだよ」と言われると、永遠に彼女は俺のことを好き!と思い込む習性があります。

思い込みの激しい勘違い男ではなくても、一般的な男性も「過去の恋人はみんな僕のことが好きなはず。でも言わないだけだよね。」と言った認識が頭のどこかにあります。

現実的に考えてもう他の男性を好きになっている可能性があることは分かっているのでしょうが、夢のようなシチュエーションを完全に捨て去ることはできず、心の片隅では本気で信じているのが男です。

だから、元カノに連絡さえすれば、すぐにラブラブカップルに戻れると楽観的な予測を立てています。

例え、元カノが結婚したことを知っても「僕への未練があったのに仕方なく旦那さんと結婚したんだ…」と都合よく事実を捻じ曲げてしまうため、バツイチになっても元カノは自分を愛してくれるはず!という自信があるのでしょう。

こんな情けない姿を見せられるのは元カノだけ


バツイチ男になって身も心もズタボロ…これは男にとってはプライドを傷つけられる由々しき事態です。

できるならカッコ悪い姿は誰にも見られたくないと思っている男性が多いでしょう。

しかし、元カノだけは別です。

付き合っている時に情けない姿をさらけ出しているので、離婚でヨレヨレになった姿を隠すことなく過ごせる貴重な存在。

それに、バツイチになって時間的にも精神的にも余裕がない男性は、話を聞いてくれる女性が欲しくても相手探しをすることができません。

そんな時に手が伸びるのが、過去の恋人たち。

特にやさしく話を聞いてくれるタイプの元カノがいたら、真っ先に連絡をするでしょう。

この場合には、好きというよりも、便利な存在として連絡しているだけです。

でも、男にとって便利な女は時に彼女以上に重要視されることがあります。

情けない姿をさらけ出せる相手はそうはいないと実感した元彼は、優しい元カノへの気持ちを恋心だと勘違いして連絡するだけでなく「結婚している時も忘れられなかった」など、しつこくアプローチしてくるかもしれません。

でも、本当に好きなわけではなく、追いつめられた精神状態で勘違いしているだけ。

ここで彼女になってあげても、しばらくして落ち着いたら彼は別の女性を探し始めるでしょう。

元カノと体の関係になれるかも


お嫁さんに去られるという体験をした男性は、性的な行為でしか埋められない寂しさを抱えています。

言葉よりも肌のぬくもりの愛情を求めているので、どうしても女性とエッチしたいのです。

しかも、離婚後は風俗のようなプロでは満足できない人が多いです。

普段は性的に満足できれば十分だと思っていても、妻に去られた後は精神的にも満たされたいと感じるからでしょう。

そこでエッチの対象に選ばれるのが元カノです。

元カノならお願いすればやらせてくれる…と思っている男性が多いのは、別れた後にエッチに応じてしまうケースが非常に多いからです。

あちこちで元カノはやらせてくれたという話を聞いていると、離婚後に体の関係を持ちたいと思ったら元カノに連絡するでしょう。

それに、一度は別れている女性なら、断られてもそこまで惨めな気持ちにならずに済みます。

「別にアイツのことそこまで好きじゃないし!」と言い訳できるので、男にとって元カノは手を出しやすい存在なのです。

バツイチで恋愛する練習台にしたい


離婚後に連絡してくる男性は、これから始まるバツイチ男としての恋愛シーンでの練習台としても元カノを利用します。

これまで未婚の男性としてしか恋愛経験がないと、バツイチ男として再出発するのは勇気がいります。

一般的に離婚歴があると女性からの評価が下がってしまうので、未婚時代のようには堂々と女性を誘えないかもしれない…という不安を抱くのでしょう。

でも、バツイチでずっとおひとり様は嫌なので、なんとかウォーミングアップをして今後に備えたいと思った男性は、元カノを練習台として使います。

元カノと話をしてバツイチ男性がどのような扱いを受けるのかを体験し、「離婚歴のある男って女から見るとどう?」と質問してくることもあるかもしれません。

恋愛市場におけるバツイチ男性のランクや、年齢を重ねた自分自身でも彼女をつくれるかを気にしているのです。

それに、結婚後は妻としか体の関係を持っていなかった男性はエッチのテクにも心配していることがあります。

いつも同じようなパターンでしかエッチしていないと、他の女性を喜ばせられるか自信がなくなってしまいます。

だから手始めに、すぐに誘える元カノを相手にして妻以外の女性とのエッチを試してみたいのです。

どうしても元カノとやり直したい!


離婚後に連絡してくる男性の何割かは、本気でやり直したいと思っています。

ただし、離婚前や直後の場合には、彼自身も本気なのか気の迷いかの区別がついていないことがほとんどです。

どうして離婚するという忙しくて大変な時期に妻以外の女性を好きだと思えるのかというと、別の女性に夢中になっていると、離婚の辛さを半減できるからです。

婚姻関係を解消するということは、辛く耐えがたいことです。

でも、誰かを想っている時だけは現実を忘れることができ、離婚手続きの苦痛から解放されます。

こうでもしないと24時間離婚のことが頭から離れずに、睡眠も食事もとれないような状況になってしまう人もいます。

そうならないように自身を守るためにとる対策法が、妻以外の女性に夢中になって離婚を乗り切るという作戦です。

これは本人が無意識のうちに行っていることが多いので、彼自身も本気で元カノのことが好きだと思っています。

だけど、本心は妻を失う悲しさを直視しないで済むように本心を見ないようにしているだけです。

だから、彼が本気でやり直したいと思っていても、それを鵜呑みにするのは危険です。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元カレから「バツイチになった」と連絡が来た時の対応法

結婚しているならスルーがおすすめ


あなたが結婚して夫がいたり子供がいるなら、バツイチになったと報告があっても聞き流すのがベストです。

そもそも自分から連絡を取りたいと思っている相手ではないのだから、バツイチになってもならなくても関係ないはずです。

突然元彼から連絡があり、しかもバツイチ独身だと知らされると、これからどうなるんだろう…と期待してドキドキしてしまうのは分かります。

だけど、既婚者になっていると新しい恋をする機会が無くなるので、元彼と不倫関係になってしまう女性が多いんです。

既婚者としての毎日は退屈かもしれませんが、どうしても好きな人以外と不倫しても良いことはありません。

あなたが自分から元彼のことが忘れられずに連絡してしまい、そこで彼がバツイチだと発覚したなら話は別ですが、離婚した男性が自ら連絡をしてきた場合は、心を鬼にしてスルーして終わりにしましょう。

話を聞いて彼のことが気になったとしても、一旦落ち着いてください。

既婚者は恋愛感情を忘れていると、一気にのめり込んでしまうことがあるので非常に危険です。

自分は既婚者で久しぶりの男性との会話に冷静でいられない状態だということを思い出して、慎重に対応してください。

慰めの言葉をかけてあげて様子を見る


あなたが独身で彼氏もいない状態なら、まずは「大変だったね」と慰めの言葉をかけて彼がどう出てくるかをじっくり観察してください。

ただの話し相手になってほしいだけな様子だったら、余裕があれば話を聞いてあげると良いでしょう。

もちろん無理をして話す必要はないので、聞いているうちに嫌になったら「忙しいから」と話を途中で終わらせても大丈夫です。

でも、大体の人は一度は好きになった元カレの話を聞いているうちに「かわいそう…何かしてあげたい…」と思えてくるでしょう。

その場合にはかわいそうと思うまではいいのですが、すぐに会ったりはしないほうが安全です。

親しい関係の人がバツイチになるという特別な出来事は人生でそう何度も経験することではないので、慣れていないと感情に流されてしまう危険があるからです。

特に何人かの元カノの中から選ばれた女性だということは、弱っている人を見捨てることができないタイプの女性だということ。

あなたには流されやすい傾向があると考えられるので、落ち着いて行動することが大切です。

とはいえ、彼氏もいない状態だったら元彼とやり直してみるのもひとつの手なので、状況が落ち着いてから冷静に考えて復縁したいと思えればやり直してもOKです。

でも、その決断をくだすのは、連絡がきた時ではありません。

連絡がきた段階では話を聞くことにとどめ、彼の様子をよく観察し、彼がどんな気持ちで連絡してきたかを探りましょう。

それから時間をかけて今後のことを考えてください。

詳しく質問はしないで楽しくお酒でも飲む


バツイチになった経緯を聞いたら絶対に彼を放置できない!と思える人は、バツイチ男になったと報告があっても深く質問をしないほうが良いです。

聞けば必ず彼を慰めてあげたいと思って、下手したら体の関係になってしまうでしょう。

だから、離婚のことには触れずにカラッと明るいムードでお酒でも飲みに行く方法を試してください。

お酒を飲むと体の関係になりそうなら、昼間にカフェで話をするようにしましょう。

とにかく恋愛ムードではなく、友情で彼との時間を楽しんでください。

元彼は女性としてあなたに癒してほしいと思っているでしょうが、その期待に応えないことが大事です。

慰めを求めている男性の相手をすると友達には戻れなくなりますし、あなたにとってもよくありません。

だから、恋愛モードではなく彼を慰めてあげたいと思ったら、友達として接するしかないんです。

本当は会わずに様子を見るのがベストですが、放置するのも気が引ける…という状況になってしまうことがあると思います。

そんな時は緊急措置として友達として慰めてあげる方法を使ってください。

ただし、この方法は絶対に彼と体の関係にならないという自信のある人しか使わないようにしましょう。

元彼と友達として接するのは難易度が高い方法なので、未練がなく流されない性格の人だけが使える方法です。

復縁したいなら冷静に対処すべし


元々バツイチになった元カレのことが忘れられず、いつか復縁したいという強い想いを持っていたのであれば、連絡があったらやり直すための準備をしたいですよね。

でも、離婚した後の男性の心理状況は非常にデリケートです。

動く時期が早すぎると、最初は彼に喜んでもらえて関係を再開できても最終的に上手くいかなくなる可能性が高いです。

だから、すぐには行動に移さずに、まずは冷静に対応するようにしてください。

彼に誘われてもすぐに会いに行くようなことは避けて、段階を追って関係を再開させましょう。

これは、すぐに仲良し関係に戻ってしまうと、あなたが彼にとって愛情を与えたい存在ではなく、ただの逃げ場になってしまうからです。

丁度良い逃げ場になれば、その時は彼を救うことができますが、逃げ場としての女は本命にランクアップすることはできません。

彼にとって都合の良い女で終わってしまわないためには、彼が冷静になるまで待つことが大切です。

今すぐに助けてあげたいと思っても別の人に依頼する


彼が「死にたい…」など深刻な状況になっている時には、なんとかして助けたい!と思うでしょうが、すぐには行動に移さないほうが良いです。

彼の今後の人生を背負う覚悟があるなら「おかしい!」と気付いた時点で助けてあげてもいいのですが、そこまでの関係ではないのであれば変だな…と思ったらそれ以上深く関わらないようにしましょう。

なぜなら、同情で優しくすると、彼はあなたに固執してしつこく迫ってくるからです。

「対応するのは無理、でも何とかしてあげたい…」と思った場合には、彼の友達などに連絡して彼への対応をお願いしてください。

元カノにはすぐに依存する男性も男友達にはそこまで執着しないでしょうから、そのほうが彼にとっても良いことです。

離婚した元彼と復縁や結婚を考えたほうが良いケース

離婚理由に納得できた


結婚や離婚は人生の一大事なので、彼と結婚したいと思っているのであれば離婚理由を必ず聞いておいてください。

中には「なんとなく好きじゃなくなったから…」など簡単な理由で別れてしまうカップルもいますが、戸籍の届出をする結婚や離婚ではそれなりの理由を持っていることがほとんどでしょう。

その理由が正当だと思えて、あなたが納得できてから復縁を検討してください。

一度婚姻関係になったら付き合っている頃のように「気持ちが冷めた」という平凡な理由で離婚することは少ないので、離婚に至ったということは深刻な問題が隠れている男性だと思っておいたほうが安全です。

付き合っている頃には分からず、結婚して初めて知った…知ってたら結婚しなかったのに…という経験をしている女性が世の中には溢れています。

もしバツイチの元カレと復縁する気はあるけれど結婚は望んでいないのであれば、そんなに深刻に考えなくても大丈夫です。

付き合うだけならば、前の時と同じ状況なので問題があったら別れることができるでしょう。

でも結婚まで考えているなら、正確な離婚理由を知っておく必要があります。

恋愛感情を持てても、生活を共にすると耐えられない性癖が発覚する可能性があるからです。

付き合っている段階と結婚ではつながりの深さが大きく違います。

結婚生活は現実なので、恋愛感情だけでは乗り越えられません。

だから、先に「結婚をする気はあるorない」を決めてから、今後のことを考えてください。

結婚目的なのであれば、離婚理由をきちんと知り納得できない限り復縁もしないほうが良いです。

中途半端な関係になってしまうと、あなたにも彼にとってもプラスになりません。

彼の浮気が離婚原因だった、など納得できない場合には潔く彼のことは諦めましょう。

離婚から1年以上経ってから連絡があった


バツイチになった報告が離婚から1年以上経過しており、彼自身が落ち着いた状況での連絡の場合には、復縁を視野に入れても良いでしょう。

離婚後はハチャメチャな状態になるのが普通ですが、1年以上経てば多少は元に戻っているはずです。

とはいえ、離婚の傷を何年も何十年も抱えている男性も多いので油断は禁物。

もう1年も経っているのだから大丈夫!とは思ってはいけません。

離婚から時間が経っていても、結婚前の彼に戻ることはないので、常に過去を引きずりながら不安定な状態で連絡をしてきたという前提は忘れないようにしてください。

離婚1年後の状態は人によってかなり差があるので、まずは普通に会話のキャッチボールができるかどうかを観察しましょう。

近況を聞いたり、あなたの話をするなどして、どういった返事が来るかで彼の精神状態を探ってください。

チェックするポイントは「答えをすぐに聞きたがるかどうか」です。

精神的に追い詰められていて余裕がない男性は「久しぶりに会いたいね」と言った後、すぐに日時や場所を決めたがります。

もし彼がすぐに具体的な日時を決めたがって、あなたを無視するようなことがあれば警戒したほうが良いでしょう。

すぐに会う予定を立てずに待たせたら不機嫌になる場合には、彼の精神状態はまだ不安定なままなので近づかないようにしてください。

「会いたいね」という発言の後も、たわいもない話が続き、あなたへの気遣いを見せながらひとつずつ日時の調整をしてくれるなら話を進めても大丈夫です。

あなたもバツイチで意気投合したら試してもいいかも


あなたもバツイチで久しぶりに彼と話したら、同じ境遇同士話が盛り上がった、というケースはやり直すことをおすすめします。

お互いが離婚経験を経た後ということで、独身同士の付き合いとは全く別の形で関係を再開できるからです。

バツイチにしか分からないことがあるので、お互いを癒し合って、過去の反省を活かせれば、再婚した後も上手くやっていけるでしょう。

お互いがバツイチ同士だった時には、彼の精神状態が落ち着いたら一度は会ってみると良いと思います。

仮に恋愛関係には発展しなかったとしても、同じ苦労をした者同士は生涯にわたって良き友人になれる可能性があります。

結婚や離婚を経験すると人はかなり大きく変わります。

あなたも彼も、独身の頃とは別人のようになった部分があるはず。

良い関係を築ければ、今後も人生の壁にぶつかった時に相談役になってくれるでしょう。

でも、バツイチ同士のケースでは友人として爽やかに付き合うか、恋愛感情を持つ間柄になるかのケジメをしっかりと付けておかなくてはいけません。

一緒にお酒を飲んでエッチはするけど彼氏ではない…という曖昧な存在になると、怠惰な時間だけが過ぎていき、年齢を重ねた頃に捨てられてしまう可能性があります。

完全に割り切った関係を望むなら別ですが、真面目にお付き合いしたいのであれば、彼との関係をハッキリとさせておきましょう。

連絡がある前から元彼が忘れられない存在だった


元カレからの連絡がある前から、忘れられない存在で、行動しなかったけれど復縁したいと思っていた場合も元サヤに戻ることを視野に入れても良いでしょう。

しかし、彼の存在が心に残り続けていたケースでは、現実と理想のギャップで上手くいかないことが多いです。

何年も思い続けていると大半が相手を美化してしまいます。

付き合っていた頃よりも彼は立派で男らしいと思い込んでいるから、何年も好きでいられたのです。

でも、現実は年齢を重ねた男性は、魅力が増しているどころか落ちぶれた印象を持つ人に変わっている可能性だってあります。

若い頃はカッコよくても、今は中年太りの冴えないおじさん…なんてこともあるので、会って直接話すまでは期待し過ぎないようにしてください。

あまりに張り切って復縁への意欲を燃やすと、いざ元サヤに戻れてから「理想と違う…」と破局する確率が高くなります。

それよりも期待し過ぎずに、淡々と彼との再会を楽しんでください。

そうすれば、浮かれすぎることなく着実に彼との関係を形作っていけるはずです。

離婚した元彼との復縁や結婚は避けるべきケース

結婚していて子供がいる


気持ち以前の問題として、あなたが結婚していて大切な伴侶や子供がいる場合にはバツイチ元彼との復縁はやめたほうが良いです。

元彼のほうから連絡があったということは、連絡がなければ彼との接点がないままで人生を送れたかもしれませんよね。

あなたが自主的に動いて、元彼と復縁したいと思っていないのであれば、「やっぱり元彼が一番好き!」と思っても、それは気の迷いです。

既婚者にとって恋はまぶしく輝く存在です。

誰もが、独身時代のように、もう一度恋をしたい!と言う欲望を抱えているので、相手ではなく自分の快楽のために恋をしてしまうんです。

本当に彼のことが大好きでどうしようもないほどだったら、復縁するかどうか悩んでいないはず。

ちょっとでも迷う気持ちがあるのなら、そこで立ち止まって考え直したほうが良いです。

また、家族と一緒に過ごす時間を増やすのもおすすめ。

家族と離れて元彼のことを考えていると、今置かれている状況を忘れて独身者の気分で彼に恋をしてしまうんです。

だけど、家族と過ごせば現実を取り戻せます。

一時の気の迷いで動いてしまわないよう気を付けてくださいね。

離婚直後に連絡してきて体を求められた


離婚直後に連絡をしてきて、しかも体を求められた場合には、どれだけ彼のことが大好きでもお断りしましょう。

この場合には、彼はあなた以外にもたくさんの女性に声を掛けているか、あなたが断ったらすぐに別の女性に声を掛けます。

その程度の扱いをされてもいいのであれば、思い出作りのために彼と一夜を共にしても構いませんが、体の関係を何度か持った後は捨てられる可能性が高いです。

または、カップル関係を続けられても、お互いに依存しあって悪い影響を与え合うカップルになってしまうでしょう。

離婚のショックから、これまでのレールから外れて人生の歩むべき道を踏み外してしまう男性がたくさんいます。

エリートコースを歩んでいた人が、アルコール依存症になったり、女遊びに狂ったりと、何かに取りつかれて人生を棒に振ってしまうことがよくあるんです。

これは離婚後のダメージを受け止めずに、何かに逃げてしまったからです。

離婚したという事実を忘れるために、アルコールやギャンブルに逃げると問題を解決できないままとなり、本人が苦難に立ち向かえなくなります。

あなたと彼が離婚のショックを紛らわすために体の関係になったら、性欲を満たすことで現実から逃げる癖を彼に付けてしまいます。

そうすると、泥沼にはまり、彼は自分で離婚したという問題を乗り越えることなく逃げる人生を送るようになるでしょう。

これでは誰もが幸せになれないので、彼が可哀想だと思っても、復縁はやめておいてください。

せめて、時間が経って彼が現実を受け入れるまで待ってから、復縁するかどうか考えましょう。

付き合っていた頃の欠点がそのままだった


彼と久しぶりに話してみて、別れる原因になったような致命的な欠点が改善されていないことが判明した場合も、やり直さないほうが良いです。

別れてから時間が経っていると欠点に気付いても「前は物凄く嫌だったけど、今は耐えられるかも!?」と思ってしまいがちです。

離れていると大概のことは許せてしまうので、それほど嫌悪感を抱かないからです。

だけど、過去に嫌だと思った部分は、付き合い始めたら同じように嫌になってくる確率が高いです。

年齢を重ねることで、好きになるポイントが変わるのはよくあることですが、嫌いになるポイントがなくなることは滅多にありません。

むしろ人を見る目が厳しくなっていくので、欠点が目につきやすくなるほどです。

過去に嫌だと思った部分を残したままの男を見ていると「成長しない人なんだな…」と思えて次第に恋心が冷めていくはずです。

あなた自身が落ち込んでいるタイミングだった


元カレから報告があった時に、あなたが落ち込んでいるタイミングだった場合も注意が必要です。

これは彼の気持ちに関係なく、あなたが冷静な判断力を失っているから。

仕事が上手くいかない、今の彼氏と喧嘩中、友達に裏切られた、など落ち込む出来事に遭遇している時には、元彼から連絡があっても聞き流しましょう。

できれば、何も返事をせずに話を聞かないほうが良いくらいです。

心が乱れている時には、新しい情報を入れずに過ごすのが一番です。

彼と本当に結ばれるべき運命なら、その後にも関係を再開させるチャンスがやって来ます。

焦って無理に関係を深めるよりも、良いタイミングでやり直せる時期を待つのが得策です。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「離婚が元彼にどんな影響をもたらしたのかを見極めましょう」

占い師 ミミコ
バツイチになったと聞くと、「もう一度お付き合いできる!と」いうことばかりに目が向きがちですが、大事なことは、離婚を経験したことで彼がどう変化したかです。

離婚は人を大きく変えます。

過去の彼とは別人になっていることも珍しくないので、まずは落ち着いて現状把握から始めましょう。

そして彼が大好きだとしても、焦りは禁物。

時間をかけて関係をやり直してください。

慎重に考えて結論を出せば、後悔しない決断がくだせますよ。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事