※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

 
今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

 
でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。
 
でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法を予言をもとにお伝えいたしますね。
 

>>予言占いで鑑定する<<
 

 

「パートナーと破局して他人になったはずなのに、ヨリが戻せる予感がする…」こんな感情を抱く女性が少なくありません。

この予感の正体はいったい何なのでしょう?

そして、その直感が的中し見事復縁を果たしたカップルもたくさんいます。

ヨリを戻せそうな気がするだけなら「気のせいでは?」で片づけることができますが、本当に元サヤに戻るカップルが多いのは、それなりの理由があるからでしょう。

ただ問題は、戻れそうだと思った全ての人が復縁できるわけではないこと。

重要なのは、予感があった後です。

復縁できそう…と、安心しきって何もしないと、復縁できる確率が大幅にダウンします。

じゃあ、ヨリを戻せそうな気がしたら、何をすれば良いのか?と思いますよね。

今回は、その疑問にお答えするために、元彼が実際に戻ってきた女性達が予感があった後にしていた事を説明します。

戻れる気がしても、「ただ信じて待っていれば良いんだよね?」と待ち続けているだけでは、彼を逃してしまいますよ。

この記事に書かれていることを活かして元彼ともう一度仲良しに戻ってくださいね。

本日のメニューはこちら

別れたけど戻る気がする予感の正体

彼の表情から感じ取れた直感


別れを体験した人の中には、「私に別れ話をしているけど、別れたいとは思ってないみたい…」といった感じの直感があった人もいると思います。

勘の鋭さを女性と男性で比較すると、圧倒的に女性のほうが勘が鋭いです。

これには科学的な裏付けがあり、言語以外の情報(表情や声の抑揚、態度の変化など)を察知する能力が女性のほうが高いからです。

だから、「すぐに元サヤに戻りそう…」という気がしたのなら、気のせいではなく実際に彼自身が「元サヤに戻っても良いかな」という気持ちを抱えていたと考えられます。

もちろん全ての直感が正しいというわけではありませんが、日常生活の中で感じた些細な予感ではなく、恋人との別れという重大な出来事で感じた予感は当たることが多いです。

別れ話をする時の雰囲気は、ケースごとにかなり差があり、激しく感情をぶつけ合う喧嘩別れ、冷静に話し合う別れ話、悲しみがあふれる別離のワンシーン、など様々。

中には、口では「オマエとはもうやってけないから!」と言っているものの嫌悪感が全く感じられない、彼が離れたくなさそうな雰囲気がある、といった別離を迎えることもあるでしょう。

そうすると、「内容的には一応別れ話をしているけど、彼の本心には別の意志が隠れているみたい…」という気持ちが芽生え、それが「私たちは離れても元サヤに戻るんじゃないかな?」という予感へと変化していきます。

別れた後の彼の態度が優しい


破局する日までは険悪な流れで経過したとしても、いざ別れてから、元彼の態度が優しい、いつも気にかけてくれる、頻繁に連絡が来る、などの好意的なものだった場合には、「私を嫌いになったわけではないみたい…だったら、すぐに復縁できるのでは?」という心情になるでしょう。

どれだけ酷い別れ方をしたのだとしても、一度は深い仲になった恋人同士なので、離れてから恋心が再燃することは珍しくありません。

また、破局してからしばらくの間は気まずい空気が流れていても、ふとしたきっかけが元になり急に元カレの態度が変化するケースも多いです。

よくあるのが、女性側が未練を吹っ切った時に彼の態度が変わること。

いつまでもねちっこい視線で追いかけられていると逃げたくなるのが普通ですが、元カノが未練を断ち切って爽やかムードになると、それを見て安心した男性は態度が優しくなります。

自分は復縁希望ではないのにしつこく好意を寄せられると、どうしても態度が刺々しくなってしまうものです。

でも、強引に復縁を迫って来ないことが分かれば、必要以上に突き放す必要がなくなるので、自然と優しい態度で扱えるようになります。

そういった変化があると「あれ?こんなイイ感じのムードなら、元に戻れるのでは?」と思うでしょう。

別れたら関係が良くなった


結構よくあるパターンが、恋人時代は何をしても上手くいかなかったのに、離れた途端に2人の関係が良くなり、「恋人関係は続けられない…って絶望してたけど、実はあっさりやり直せたりして?」といった希望が芽生えるケース。

恋人同士だと許せないことでも、過去に付き合っていた人という存在に変わった(距離が離れた)ことが原因で関係がグッとよくなるカップルは多いもの。

近づきすぎて上手くいかなくなったのであれば、別れて距離を離したことが幸いして急激に好転してもおかしくありません。

こういった流れになるのは、別れの原因が距離が近すぎることだと気付いていないパターンがほとんど。

別れを迎える前に、距離感を正して付き合い方を変えれば、別離を回避できたのでしょうが、気付けないままだと破局を迎えます。

そして、破局して初めて「こんな感じの付き合い方だったら、もう一度ラブラブになれそう」と、距離感の重要性に気付くのです。

付き合っていた頃にはない「これならばっちり上手くいくのでは?」という自信に満ちた感情を持つと、それが「すぐに元に戻れそう」という予感に変化していきます。

別れてから彼の強い未練を感じる


破局するまでは「私って彼に嫌われちゃったみたい…」と絶望しかなかったのが、別れた後に「元彼がまた私を見てる…未練あるの?」と元彼が好意を抱いていることに気付き始めるケースもあります。

これは、元彼の気持ちが変化して、元カノに未練を持つようになったと考えられます。

別れるまでは「こんな女とは付き合えない!」とネガティブな感情だけを持っていたのだとしても、別れてから「やっぱり手放すんじゃなかった…」と心情が変化すれば、未練が芽生えて復縁したい気持ちが高まるからです。

彼が自分を好いているかも?と思えれば、「私がお願いしたらすぐに元サヤかも?」と期待しても不思議ではありません。

また、中には別れのシーンの時点で未練を感じて、ヨリを戻せそうな気がする女性もいます。

そんな場合には、本当は別れたくないのに、何らかの事情があって別れ話をしていたのかもしれません。

親に反対された、恋愛が仕事の妨げになると思った、彼女を幸せにする自信がない、などの理由で、好きだけれど別れるという決断を下した場合には未練を持ちつつ別れ話をすることになるからです。

男性は、こういった時に本当の理由を隠して「もう付き合えないから…」とだけ言って去って行きます。

多くを語らない性格の場合には、「どうして?」と食い下がっても本当の理由を教えてはくれないでしょう。

フラれたのに、振った彼のほうが未練たらたらっぽかった…と思えれば、「このまま待っていれば戻ってきてくれるはず!」となるのも当然です。

彼が別の人と付き合っても幸せそうに見えない


次のパートナーと一緒にいるところを発見した時に「あれ?私と一緒にいる時と比べて楽しそうじゃない…」と感づいた時も、元サヤに戻れる気がするでしょう。

自分を振って別の女性の元に走ったのだから、さぞべた惚れなんだろう…と予測していたのに、実際には浮かない表情をしていた…なんてことになれば、「彼は私じゃないとダメなのでは?別の人と付き合って私の良さを再確認したんだ!」と一気にハッピーな気分になってしまうかもしれません。

過去に恋人同士だった経験があるので、表情を見れば楽しんでいるのか、表面的な笑顔を作っているだけなのかはなんとなくピンとくるものです。

「一見楽しそうに見えるけど、あれは新しいパートナーに気を使って作り笑顔で対応してるんだな…」と彼の心の中が手に取るように分かると、「新しいパートナーでは彼を満足させられない。ということは、そのうちに私と復縁したくてたまらなくなるはず!」と思え、元に戻る予感が強まります。

別れを悪い思い出にしたくない


元に戻れそうだという予感は、彼の言動とは関係ない部分でも発生することがあります。

破局後には、付き合っていた時代を良い思い出としてとっておきたいと思うのが普通の感覚です。

だけど、「あの人と付き合ったのは失敗だった」と後悔していると、その現実を受け入れられずに、「何とかして良いイメージの思い出に塗り替えられないか…」と思うようになります。

その結果「もう一度、お付き合いをやり直せば、もっと良い思い出に変えられるかも…」と、復縁を夢見るようになり、それがエスカレートすると「ヨリを戻せる気がする」といった状態になるでしょう。

これは予感というよりも、願望そのものですが、願望と予感を勘違いしてしまうのはよくあること。

強く願いをかけているうちに、それが現実のことに思えて、「私をまだ好きみたい」と思い込んでしまうのです。

少し優しくされたり、構ってもらえると「私を好きだからこんなことしてくれるに違いない!」と思えて来て、待っていれば元彼が告白をしてくれるような気分になるのでしょう。

彼氏と別れたのに終わった気がしない恋愛の特徴

最後の最後まで終始穏やかなムードだった


彼氏が戻ってくる予感がする理由は、終わりを感じにくい恋愛をしていたせいかもしれません。

例えば、一度も険悪なムードにならずに円満な最後を迎えると、一般的な「別れ」のイメージと全く違うので恋が終わった実感が持てません。

人が恋人との関係が終わったと感じるのは、口から出る言葉に加えて雰囲気も重要な要素です。

まるで笑い話のように軽い雰囲気で「もうやめようぜ」「そうだね」とあっさり恋が終わったら、まだ彼の特別な人だと感じるもの。

普通なら、いくら円満破局といえ気まずく重いムードが立ち込めるのが別れ話の特徴です。

一切のネガティブな空気がなく笑顔でバイバイしたら、復縁できる予感がするでしょう。

でも、和やかに話が進んだのは彼の作戦だったのかもしれません。

最後まで良い人のままでいたいと思っていたら、心の中にある悪い感情にはフタをして表向きは穏やかな口調で話しをします。

本当に何も不満がないなら別れないので、いくら良いムードの終わり方でも絶対に復縁できる予感が当たるとは言えません。

真実を見極めるために、彼がなぜ笑顔で別れ話をしたのか推測してみましょう。

そうすれば復縁できる確率の見当がつきます。

はっきりと「別れたい」と言われていない


恋の終わりを感じにくいのは、言葉を濁されたケースです。

「別れる」というワードがないだけでなく「終わり」「もう恋人じゃない」といった別れを予感させるワードも一切なかったら、距離を置くだけ…?と勘違いしそうになります。

これは、頭では正式に終わったことを理解していても、決定打となる一言がないと現実を受け入れられないからです。

特に彼がまだ好きだと、希望する未来に近い予測を立てがち。

辛い現実を受け入れるよりも少し夢を見たほうが傷つきませんよね。

無意識のうちに心の傷を予防したくなると、「はっきりとは言われてないから私を嫌いではない、つまり、近々彼は戻ってくるはず」という仮説を立てます。

それが復縁できる予感につながったのでしょう。

彼が最後にどんなセリフを口にしていたか思い出してください。

曖昧なセリフばかりだったら、このケースに該当します。

恋人時代と同じ雰囲気でやり取りしている


恋の終わりを感じにくいのは、破局した後も恋人時代と同じ雰囲気でやり取りしてるカップルです。

最後は悲惨な終わり方でも、仲直りさえできれば穏やかな関係がスタートします。

その際、たまに近況報告するだけなら恋人関係が終わったことを肌で感じますが、全く同じ内容のやり取りを続けてると脳が錯覚を起こすのが問題です。

色っぽい話題や愛情表現が混じる会話をしてたら、今も彼の唯一の人だと感じてもおかしくありません。

この場合には実際に彼があなたに好意を持っている可能性もありますが、わざと思わせぶりな態度をとっている危険があります。

下手したら、恋愛ごっこをしてるだけです。

女の子とのイチャイチャした会話は、暇つぶしやストレス発散に最適。

でも、そこには本気の愛はありません。

良い雰囲気で関われてるなら、嫌われてないのは確実ですが、本物の愛があるかは微妙なところ。

勘違いすると、予想が外れてよりを戻せずに終わります。

期待し過ぎないようにしましょう。

2人で食事に行くなどデートっぽい出来事がある


元彼と今も付き合ってる気がするのは、2人で食事に行ったりしてデートっぽいことをしてる人たち。

疑似恋人ごっこをしてたら、「今も彼の恋人は私!」と感じるし、そのうちに告白されて正式に元サヤに戻る予感がするでしょう。

実際にデートまでしていたら、今後に十分に期待できます。

わざわざ時間やお金をかけて元カノに会うのは、彼にとって何らかのメリットがあるから。

そのひとつが復縁です。

ただし、他の狙いである可能性も残っています。

他に本命の彼女候補がいてデートの下見がしたい、たまには女の子とデートしたいだけ、など色々な狙いが考えられるので油断は禁物です。

普通は他の狙いがあると、失礼にならないよう元カノには隠してデートを楽しみます。

だから、彼がご機嫌であなたとお出かけしていても、よりを戻せないかもしれません。

彼から告白された場合以外は100%安全だと言えないので気を付けましょう。

終わる予感が全くなくある日いきなり終わった


交際中に何も不安なく付き合っていたのに、ある日いきなり別れ話をされて振られた場合も実感を持ちにくいです。

これは心の準備ができてなかったせいです。

しかも十分な話し合いもなく一方的に振られたら、尚更理解しづらいです。

そして彼の心理を推測する手がかりが少ないのがこのケースの特徴。

あまりにも予想外の流れであっさりと終わったら、彼が何を考えてるか分かりませんよね。

そこで過去を振り返る作業をしても、順調に交際できてたと感じてた女性は重要な情報が見つかりません。

いつも通りの毎日だったし、lineの変化もなし…となったら、あとは想像で彼の心理を予測します。

「情報量が少ない=自由に推測できる」なので、「私をまだ好きだけど離れないといけない理由があったんだ…待ってれば戻ってくるよね?」と希望を盛り込んだ結論を出します。

これが、彼が戻ってくる予感です。

情報量が少ないのに良い予感がする場合は、ただの希望的観測かもしれません。

ただ、直感が当たる場合もあります。

可能性は半々なので、あなたはどちらなのか考えてみましょう。

音信不通だったので別れ話ができていない


別れ話をしてなくて音信不通で終わった場合も、彼と今も付き合ってる気分になります。

彼に振られた事実がないのがこのケースの特徴。

状況的には恋が終わってますが、本人から言われたわけではありません。

そのせいで恋人感覚が抜けず、いつかひょっこり戻ってくるのでは?という希望がいつまでも残ります。

しかも、音信不通にする男性は実際に何ヶ月後かに連絡してきて急に恋人関係が再開することが珍しくありません。

過去に同じ体験をした人は、今回も同じ流れになる予感がするのも当然です。

ただ、状況的には非常に厳しいです。

少しでも大事にしたい思いがあったら音信不通にせずにきちんと話し合いをするので、愛が残っている可能性はかなり低いです。

過度の期待をするとショックで傷つく恐れがあるので、現実をよく見て判断しましょう。

占い師 ミミコ
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの感情…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのもおすすめですよ。
当たる!と今一番人気の「アカシックタロット」を初回無料でプレゼントしますね。

別れたけど戻りたい…男性がそう感じる瞬間

離れた途端に強い寂しさを感じた時


パートナーとの関係に悩んだ時に、あの子のがさつなところが嫌、顔がタイプじゃないから盛り上がらない、口うるさい女は嫌いなんだよな…、という感じで、嫌な部分ばかりにフォーカスして今後を考えるのが男の特徴。

これは女にも見られる一面ですが、女は破局後やもっと先(次の彼氏ができるかなど)の未来まで頭で想定して別離を決めるのが違い。

男性のほうが「今」に焦点を当てているので、そこまで深く未来については考えていません。

頭では「彼女ナシは惨めだからイヤだけど…」くらいは思っていますが、今一つ現実味がない感じです。

だから、正式に恋人関係に終止符を打った後に「あの子がそばにいないのってこんなにも寂しいんだ…」と現実の厳しさに強い衝撃を受け、「振ったけどヨリを戻したい…」とついつい弱気になってしまうのです。

また、男が女を振る時には、「俺があの子を嫌いになって振るんだから、あっちは泣くだろうけど、俺は全く傷つかずに済むはず」という予想をしています。

特に、今まで女を振った経験がない男性は、振った後にどんな現実が待っているかを知りません。

もしくは、振った経験はあったとしても、さほど深い関係になっていないと、別れ自体があっさりと終わるので、破局後の異常な寂しさを経験していない可能性もあります。

その場合には、「え?僕が振ったのに…この強い寂しさはなに?」「これから先ずっとあの子がいないなんて…耐えられない!」と、元に戻りたい気持ちが強まります。

元カノの笑顔を見て独り占めしたいと思った時


男が後悔するシーンで多いのは、過去の恋人がキラキラ笑顔で輝いていた時です。

男性にとって女性の笑顔ほど理性を失わせるものはありません。

この笑顔を見るために、嫌な仕事も頑張れる!と思っているので、一度は嫌いになった相手だったとしても、笑顔を見ると好きだった時代に強引に連れ戻されてしまい「ああ…やっぱり僕はあの子が大好き!」と恋心が再燃するケースは多いものです。

恋人時代に彼女の笑顔で励まされていた自分を思い出し、「あんなにも自分が頑張れたのは、あの子の笑顔があったからなんだよな…今の俺が頑張れないのは、あの子がいないせいなのかも?」と心が揺れ動いて徐々に復縁への意欲が高まります。

また、恋人同士だった頃には、その素敵な笑顔は全て俺のモノ!と支配欲が満たされている状態だったのに、今は彼女の素敵な笑顔を独り占めすることはできません。

あの笑顔をもう一度俺だけのものにしたい!と思った頃には、彼の恋心は抑えきれないほどにまでなっているでしょう。

次の女性と付き合ってしっくりこない時


他に気になる人ができて恋人を振ったケースでは、別れを言い出した時には「早く次の女の子とお付き合いしたい!」という感情だけが彼の心を占めていたでしょう。

でも、いざ別の女性と付き合いが始まると、「ちょっと思ってたのと違った…」と意気消沈するのはよくあること。

すでに手に入れている恋人の価値は見えにくいので、恋人以外の女性を過大評価しがちだからです。

これは男女関係なく同じで、女性も彼氏以外の男性が立派で素敵に見えてしまうことがあると思います。

恋愛経験を何度も繰り返し、その事実に気付ければ、そうそう簡単に「あの子は今の恋人よりもいい女だ!」と思うこともありませんが、恋愛経験が少ないとどうしても隣の芝生は青く見えるものです。

それに、恋人関係にならないと分からないことがあるのが恋愛の難しさ。

どれだけ恋愛経験が豊富でも、「この人なら絶対に好きになれるはずだったのに違った…」と初歩的なミスを犯してしまうこともあるでしょう。

そういった感じで、好きになったけど付き合ったら違った…という状態になると、「なんであの子を捨ててまで、こんなイマイチな女の子を選んでしまったんだろう…」と後悔し、数日しか経っていなかったとしても元サヤに戻りたくて仕方ないはずです。

元カノだけが持つ特性が必要になった時


元恋人はとっても聞き上手で励まし上手、などその子にしかない強みがあるケースでは、その強みが必要になった時に「またあの子に助けてほしい!」と思うでしょう。

例えば、落ち込みやすい性格の男性は、誰かに励ましてもらわないといつまでもウジウジ悩んでしまい、憂鬱な毎日の繰り返しになってしまいます。

そんな時、さらに大きな失敗をして翌日出社できないほどの状態になると「今あの子がいたら励ましてもらえたのに…」と感じ、ヨリを戻したい気持ちがヒートアップするでしょう。

友人や家族に悩みを聞いてもらっても一向に気分が上向かず「あの子と話さないと俺はダメなんだよ!」と思えると、彼女がかけがえのない存在だと気付きます。

そんな体験をすれば、元サヤに戻りたくなるのも無理のないことです。

本当の気持ちや真実に気付いた時


破局理由には様々なものがありますが、本当は好きなのに意地を張って別れ話をしたり、好きだからこそ許せなくなって、別離を選んでしまうことがあります。

心の底では恋人と結婚したいと思っていても、「あの子にごめんなさいなんて頭を下げるくらいなら別れたほうがマシ!」と思う人が結構います。

でも、男のプライドを優先させて意地を張り、別離を選んだとしても、どこかで「俺は本気であの子を愛してた」という事実に気付く瞬間がやってくるでしょう。

意地を張っている時には冷静な精神状態ではないので、本当の気持ちに気付けないままでどんどん別れ話を進めてしまいますが、時間が経過して落ち着いて考えた時に本心が見えてくるからです。

それまでは「憎い!悔しい!負けたくない!」くらいの負の感情を抱いていた相手に深い愛情をもっていたと気付いた時の衝撃は相当なものです。

俺はなんてことをしてしまったんだ!と過去を悔やみ、ヨリを戻したいと思うものの、自分から別れ話をした以上すぐに撤回することもできずに悩みます。

また、誤解が原因の場合も、仲直りしたくなるパターンのひとつ。

本当は浮気してなかったのに、友達の嘘の情報を信じてしまった…というケースだと、ヨリを戻したいとは思うものの、誤解して責めた行為が申し訳なさ過ぎて何も言い出せない…という辛い状況に陥っていると考えられます。

真実に気付いて何とかしたいのに身動きがとれない苦しい状況です。

元彼が戻ってきた女性達がしていた事

元カレからのコンタクトを無視しない


元に戻れる予感があるということは、元彼から何らかのコンタクトがあったはず。

全くの音信不通状態では、やり直せる予感は出ないので、あなたが連絡をしなくても彼のほうから連絡をしてくれている状況がほとんどでしょう。

だけど、その時に「あんなひどいフラれ方したから、あの人とはお話したくないな…」「今は冷却期間だから連絡されても困る」などの理由で消極的な感情を持つ人もいますよね。

そういった方は彼からのコンタクトを無視したくなるでしょうが、その行為は危険です。

ここで彼からのコンタクトを完全に無視してしまうと、復縁できる可能性を大きく下げてしまうからです。

「今はダメだけど、もう少し時間が経って心境が変わったら話せると思うから、その時でも良いよね?」と思っている人もいるようですが、予感があった場合には他の場合と違って早い段階で復縁が叶うケースが多いのが特徴。

そのため、後回しにしないほうが安全です。

あなたは「1週間後でも大丈夫だよね…」と思っていても、その頃には彼のやる気が失せているかもしれません。

予感をあったということは、彼のやる気がかなり燃え上がっていると考えられるので、そのタイミングでヨリを戻すのがベストです。

適度な距離を保つ関係をキープ


予感があった時には、一気に距離を縮めたくなるかもしれませんが、適度な距離感を保つのが復縁を成功に導くコツです。

なぜなら、予感を感じさせるほどの熱意が彼にはあるということなので押しすぎないほうが上手くいくからです。

すでに彼が元サヤに戻る熱意を持っているので、後は彼のペースで距離を縮めてくるはず。

それに合わせつつも、恋人同士のような近い距離にならないようにしておけば、「僕がはっきりと告白しないと、元カノが戻って来てくれない」と思わせられます。

あなたが好意的な態度で彼に迫っていけば彼は「待っていればそのうちに元カノが戻って来てくれそう…」と安心して受け身になってしまうのが問題です。

少しでも安心してしまうと、そこで彼のやる気がストップし、「元サヤに戻りたいと思ってたけど、やっぱりいいや」と燃えかけていた恋心の炎を消してしまう恐れがあります。

どうにかしてもう一度元の関係に…と彼に強く思わせるためには、近すぎない距離感をキープすることが大切です。

過去の話を必要以上にしない


元彼とヨリを戻したい人は、過去に悪かった点を反省しているところをアピールしたくなるかもしれませんが、元に戻れる予感があった場合には、過去の話は基本的にNGです。

予感があったケースでは、元彼は破局前にはあなたにネガティブなイメージを持っていましたが、別れてからはポジティブなイメージに変化しているのが特徴。

今すでにやり直す気力が湧いてきているので、わざわざ過去の話をしてネガティブな感情を想い出させないほうが良いからです。

普通の復縁活動だと、嫌われた欠点を直す努力をしたことを伝えるのが基本ですが、予感があったのなら自ら反省点をアピールしなくても、彼はあなたに良いイメージを持ってくれています。

だから、敢えて過去の話をしないようにしてください。

今日あったことや、これからのことを中心に話すようにすれば、今持っているポジティブなイメージを持ち続けてくれて復縁が成就するでしょう。

元カレの些細な変化を見逃さない


元彼が復縁に意欲的だったとしても、一度ダメになったカップルがもう一度関係作りをスタートさせるのは容易ではありません。

彼が今持っているやる気を意地するためには、頑張れば元カノとヨリを戻せる!という希望が必要です。

いくら「またあの子と付き合いたいな~」と思っていたとしても、修復できる望みがないと感じてしまうと絶望感が芽生えるのが問題。

徐々に熱が冷めて「やっぱ別の子にアプローチしよ」と気持ちが変化してしまいます。

それを予防するために、彼の些細な変化を見逃さないようにして、変化に気付いたことをアピールしてください。

いつも僕を見ていてくれるってことは、まだ好きなんだよね?と期待させられれば、彼の復縁への熱意が増して無事に元サヤに戻れるでしょう。

距離を近づけて強引にアピールすると逆効果になりますが、なかなか取り戻せないな~と思わせておいて、「いつも見てるよアピール」をすると非常に効果的です。

「今日は元気ないみたいだけど大丈夫?」「風邪ひいたの?声がいつもと違うね」「最近サッカー始めたって聞いたよ」など、彼を観察して気付いたことを時々伝えれば、彼の気持ちはどんどん燃え上がり、絶対にヨリを戻したい!という強い気持ちを持ってくれるでしょう。

別れたけど戻る気がする予感を感じたらまずするべき事

ただの未練ではないか確認する


予感を感じた時には、「あなたの中にある未練=予感」といった勘違いをしていないかを確認してください。

なぜなら、彼の意志ではなく、あなたの独りよがりでやり直せる予感を持っているのだとしたら、復縁に失敗する可能性が高いからです。

事実を捻じ曲げて、「これはやり直せる予感!」と思い込んでいるだけなら、予感を感じた時の復縁方法では効果がありません。

あなたが一方的に未練を感じて復縁を希望しているのなら、別の方法で彼にアプローチすべきです。

自分に都合のよい解釈をしてしまう癖のある人は注意してくださいね。

あなたの復縁したい欲が強すぎて予感を感じているだけなのか、彼の復縁への意欲を感じてピンときているのかを見極めましょう。

謝罪や感謝を伝えておく


別れる際に彼に失礼なことをしたり、付き合ってた頃の感謝を言いたいと思いながら言えないまま…という人は、すぐに謝罪や感謝のセリフを伝えておきましょう。

どうしてこの作業が必要なのかというと、彼の中に「やり直したいけど、なんか引っかかるんだよな…」とわだかまりを残している可能性があるからです。

あの人が好き!とは思えても、でも喧嘩した時に一言も謝ってくれなかったし…と思うと、自分から復縁したいと言うのが悔しくなってきませんか?

予感があったということは、彼はあなたに好意を持っていると考えられるので、そこからもう一歩段階を進めるためには、彼の行動にストップをかけている障害を取り除かないといけないんです。

復縁を妨げているモノが謝罪であるならば、何よりも先に謝っておくのが大切。

喧嘩ではなくても、悪いことしたな…と思える出来事があった場合には「あの時はごめんね」と素直に謝りましょう。

別れを迎えたということは、何らかの問題があったと考えられるので、ひとつくらいは謝っておくべきことがあるはずです。

感謝に関しても同様で、お付き合いしていたのなら何かしら感謝すべきことがあるのではないでしょうか。

「いつも優しくしてくれてありがとうね」など大した内容ではなくても構わないので、きちんと「ありがとう」を伝えておきましょう。

そうすれば、ブレーキをかけていたものがなくなり、彼があなたに復縁告白をしてくれます。

気まずいままだったら自分から連絡する


別れ話の時に「すぐにヨリを戻せるかも?」という予感があったものの、その後気まずいまま…という人もいますよね。

もし彼が連絡しづらそうだったら、適当な理由をつけてあなたから連絡してください。

一度恋人関係が破綻してしまうと、何かきっかけがないと声がかけづらい状況になることが珍しくありません。

予感があったのであれば、彼はあなたに少しは好意を抱いているはずなので、思い切ってコンタクトをとったほうが良いです。

そうしないと、このまま連絡が途絶えて、復縁できるはずだったのにヨリを戻せないままで終わってしまいます。

タイミングを逃すと、男女の仲は二度と元通りにならないケースが多いです。

そんなことにならないよう、勇気を出してあなたからコンタクトをとってくださいね。

復縁しそうな気がする事を元彼に伝えてはいけないケース

特別な理由がないのにあなたが彼を振った


復縁できる予感があると、それを元彼に言いたくなりますよね。

彼にも同じ思いがあったらよりを戻す夢が叶います。

でも、あなたが彼を振って終わった場合は軽々しく予感の話をしないほうが良いです。

彼の浮気など振られる正当な理由があれば良いのですが、何も悪いことをしてない場合には振られた彼の心境は複雑です。

ショックとプライドを傷つけられた悔しさの両方があるので、元カノが「復縁しそうな気がする」と言ってきたら、これ以上振り回されたくない思いを抱くはず。

自分から振っておいて、今度はよりを戻せる気がする…と逆のことを言ったら、彼が困惑するのも当然のこと。

彼を傷つけた人は、予感の話をする前に振った過去の事実に対して謝罪すべき。

「あなたを傷つけてごめんなさい」と伝えてからなら、予感の話をしてもギリギリ大丈夫です。

彼があなたに対して良い思いを抱いてない場合は、いきなり予感の話をすると嫌われる恐れがあることを覚えておきましょう。

どちらかに今の彼氏・彼女がいる


2人が両想いで予感の話をしたら順調に元サヤに戻れそうでも、どちらか、または両方に今の恋人がいる場合は伝えないほうが良いでしょう。

ここ両想いだと知ったら、今カレや今カノとトラブルが起こるからです。

伝えたいなら、今の恋人と別れる覚悟がついてからにすべきです。

今カレと上手くいってなくて今の恋を終わりにする予定があるなら復縁を目指すのもありです。

だけど、深く考えずに好奇心で元彼に予感の話をするのはNGです。

ゴタゴタしたトラブルが起こってから後悔しても遅いです。

必ず先に起こることまで視野に入れて行動しましょう。

元彼からもうすぐ告白されそう


次はケースバイケースですが、元彼が告白間近の時も何も言わないほうが良いことがあります。

告白直前まで気持ちが盛り上がってる男性は、自分が元カノに愛を告げて最高のシチュエーションでよりを戻す計画を立てています。

それなのに、元カノが気のある素振りを見せると、自分で立てた計画が台無し。

あなたが予感を告げたことで元カノから告白された気分になったら、予定通りの展開にならなかった悔しさで一気に熱が冷める恐れがあります。

元彼の性格によっては告白意欲を奪ってしまうので、どんな反応を見せるか想像してみてください。

待っていれば告白されそうな雰囲気があるなら、まずは余計な口だしをせずに彼の行動を見守りましょう。

彼がなかなか告白に踏み切らなければ、予感の話をしてもOK。

いきなり予感の話をするのではなく、彼の行動をチェックしてしばらく待ってから伝えてくださいね。

明らかに嫌われてる要素がある


予感があるのは事実でも、無視されたり冷たい態度で突き放されてる人は、嫌われてる可能性大です。

彼が悪い感情を抱いてる時には、あなたから予感の話をするのは避けるべき。

彼はまったくよりを戻す気がないので、予感の話をされてもウザいだけだからです。

むしろしつこさを与えて、より状況が悪くなります。

嫌われている時は、彼が聞いてて楽しい話を中心にしましょう。

あなたが予感のことで頭がいっぱいでも、それは彼には興味のないこと。

かなり意識に差があるので、彼目線で考えることが大切です。

元彼があなたをキープしたい・体目的


元彼が優しくしてくる理由がキープや体目的の時も予感の話は避けるべき。

やり直せる予感があると伝えると、キープできたと思わせてしまいます。

それに体目当ての場合も、より強力なアプローチをしてきて、彼に騙される危険が増します。

期待させると厄介な展開になるので、やましい狙いがある元彼には何も言わないのが一番良いです。

ただ、彼の狙いを見定めるのが難しいですよね。

復縁できる予感がした理由を考えてみてください。

交際中よりも元カレが優しいのが理由なら要注意です。

恋人時代以上の優しさを見せるのは、作戦として優しい態度をとっているから。

普通なら恋人関係の時に最大に優しくします。

他にも、あからさまに体の関係を持ちたがったら、復縁ではなくセフレ関係を望んでいるのでしょう。

彼に真剣な想いがない場合は、復縁できる予感自体が間違っています。

彼を諦めて次の恋に進むのが一番良いと思いますよ。

破局した理由が残ったままで解決できてない


元彼と両想い確実でも、破局した理由が残っている場合は、予感の話をするのはやめましょう。

復縁できそうだと言ったら、そのまま元サヤに戻れますが問題はその後です。

別れた原因が残っている状態で復縁すると、また同じ流れになって高確率で再破局します。

2回目の破局を迎えると、次は仲良しに戻るのがますます難しくなるでしょう。

普通に考えて、2回もダメになった人ともう1回付き合おうとは思いませんよね。

しかも、同じ理由で別れたら、何度繰り返しても上手くいかないだろう…という予測しか持てません。

彼と確実に幸せになりたいなら、先に原因をなくす必要があります。

完璧に改善させても、一度ダメになった2人は再破局しやすいもの。

甘い考えでよりを戻すのはおすすめできません。

十分すぎるほどに下準備をしてから、正式にやり直してくださいね。

復縁する予感が当たった後関係を安定させるためにやる事

思っていることを素直に表現する


破局した時にやり直せる予感があったカップルは、本来なら別れなくても良かったのに別れてしまったと言えます。

お互いの心が完全に離れていないのに、別離という選択をしたからすぐにやり直せる予感を感じたのです。

だから、元サヤに戻ること自体はさほど難しくありません。

しかし、問題はヨリを戻した後です。

復縁できただけで喜んでいると、再び同じことを繰り返してしまうでしょう。

破局に至るまでの過程はカップルごとに違うとはいえ、共通しているのは恋人同士のコミュニケーション不足です。

まだ好きだけど別れてしまうのは、相手の好意に自信が持てなくなり不安が強まるからです。

心底憎くなって別れたら、すぐに元通りになれる予感は芽生えないはずなので、「まだあの子が好きだけど、不安に耐え切れない!もう付き合い続けるのは無理!」と思って別れを選んでしまうのです。

だから、彼もあなたも不安にならないよう、思っていることを素直に表現するよう心がけてください。

どうしてそんなことするのか理解できない…と思ったら、それを素直に彼に言えばOKです。

その時に「どうして私以外の女の子と仲良くするの?」と責めるのではなく、「〇〇君が私以外の女の子と仲良くしてるの見ると、悲しくなっちゃうんだよね…」とあなたの心の中を表現するようにしましょう。

そうすれば、彼はあなたが何に不安を感じているのかを理解できます。

そして、彼が自分から心の内を話してくれない場合には、「もっと知りたいから教えて」とあなたから話しかけるようにしてください。

男性は思っていることをなかなか言わないので、話しやすい空気を作ってあげることも大切です。

話し合って付き合い方を決める


破局した時にすぐに元サヤに戻れる予感があったカップルは、好意があるのに付き合い方が不適切で別れてしまった可能性が高いです。

例えば彼女が大好き!と思えても、仕事が忙しい中で無理に毎週末デートをしていると、「寝不足でヘトヘトなのにデート行くのきつ過ぎる…こんなの続けられないよ、別れよう…」という結末を迎えます。

同じ失敗を予防するために、今回は話し合いを十分にしながら付き合い方を決めるようにしてください。

最初に無理をしてしまうと長続きさせられないので、お互いを尊重しながらも負担にならない範囲でお付き合いをするのが成功させるコツです。

それに、一度決めた事を頑なに守るのではなく臨機応変に対応することも大事。

今は彼が疲れてそう…と思えたら、あなたのほうから「今週末のデートは来週に持ち越そうか?」と声を掛けてあげてください。

お互いに労わり合いながら関係を作って良ければ、再破局を予防できます。

前の付き合いでの反省点を忘れない


これは、予感があった復縁したカップルに限った話ではありませんが、前の付き合いでの反省点を忘れないようにしましょう。

好意がありながらも別離を選んだということは、何らかの大きな問題点があったはずです。

喧嘩別れで衝動的に関係が破綻したのだとしたら、付き合いを続けるための努力が足りないということ。

カッとなったら我慢できずに、また別れてしまうかもしれないので、トラブルがあっても対処できるような対策を立てておかねばなりません。

お互いに遠慮ばかりして気持ちの共有ができないことが別離に結び付いたのだとしたら、体面ばかり気にして感情をさらけ出さなかったのが問題。

相手に嫌われることばかりを恐れずに、思い切って言いたいことを言うのも大切です。

他にも、相手の都合を考えずに、自分ペースで好き放題に過ごしていた、自分勝手な距離感で連絡をし過ぎてしまった、など色々な反省点があると思います。

彼と再び一緒に過ごせるようになったのであれば、2人で話す時間を多めに取り、前回の付き合い方の問題点を2人で話し合ってみると良いですよ。

あなた1人で考えていても、彼が何を思っているかを知ることはできません。

2人共が問題点を把握しておくことが大切なので、彼と一緒に前の付き合いでの反省点についてよく話し合っておいてください。

離れていた時に感じたことを共有する


予感があって復縁したカップルは、離れていた時の感情を共有するのがおすすめ。

好きな気持ちがありながら別れを迎えた後は、もどかしい、早く一緒に過ごしたい、復縁できなかったらどうしよう、別れを後悔してる、などたくさんの感情があったはずです。

だけど、普通の復縁と違ってあっさりやり直せてしまうと、離れていた時の感情を忘れがちなのが問題。

またすぐに元サヤに戻れるかな…と油断すると、同じことを繰り返す羽目になるでしょう。

今度も好意を持った状態で別れてしまうと、二度目の復縁もできるでしょうが、これを3回4回と繰り返すと、別れることを前提としたお付き合いしかできなくなります。

何年も付き合って「そろそろ結婚したいな…」と思っても、何度も破局していると「すぐに離婚したらどうしよう」といった不安が大きくなるので結婚に踏み切れません。

また、結婚はしないにしても、「いずれ別れるんだろうな~」という相手と恋愛をしていると、「復縁を繰り返さずに安定して付き合える人と恋人になりたい」と思うのが普通です。

そうなると関係を維持できなくなるため、安易に破局と復縁を繰り返すのは危険です。

そのため、離れていて辛かった時期の感情を共有し、「もうあんなことにならないようにしようね!」と2人で協力し合ってください。


別れた元彼と戻る気がしたのに…予感が外れてしまうケース

仲が良いのは愛情ではなく友情だった


元に戻る気がしたのに予想が外れるのは、彼の中に友情だけしかなく愛が存在しなかったケースです。

すごくいい感じでやり取りできていても、恋心とは限りません。

彼があなたに対して男友達と同じ感覚しか持ってなかったら、毎日長時間電話するほど仲良しでも元サヤには戻るのは困難です。

女性は友達と恋人への想いが曖昧で友達きっかけで恋に展開することが結構ありますが、男性は線引きが明確です。

あなたが彼にとって“女としては見れない友達”だと復縁できずに終わります。

しかも、告白して友達関係にヒビが入ると、仲良し友達ではいられません。

判断を間違えると悲惨な結果になるので、彼の中に愛情があるか確かめましょう。

友情しかない場合は告白しないほうが安全です。

好意を伝える時には、後のことまで考えて決めてくださいね。

あなたからのアプローチを断われないだけだった


彼が好意的な態度を示していても、単に断れなかっただけの可能性もあります。

気が弱い男性は、元カノからのアプローチを受けた時に気を使って優しく対応します。

すごくいいムードで会話できていても社交辞令かもしれません。

元カノとトラブルが起こると厄介だと感じた男性はスマートな態度を見せますが、「鬱陶しいな…」が本心。

告白してもOKはもらえないでしょう。

みんなに良い顔をしたい八方美人タイプや誰にでも優しい人もこのケースです。

彼があなたに気を使っているなら、愛情を持っていません。

交際中の様子を思い出してください。

元彼が、裏で愚痴を言いながら人当たりの良い人を演じてたなら、今回も嘘をついてます。

告白に踏み切る前にしっかりと彼の本心を見極めて失敗を防ぎましょう。

自分に都合良く解釈していた


戻る気がしたのに振られるのは、自分に都合良く解釈した人です。

情報を正しく解釈せずに、「私を無視してるのは嫌いだからじゃなくて恥ずかしいからだよね」と間違った事実を作り上げると告白しても振られます。

意外とこのケースが多いので、もう一度予感の正体を確かめてください。

十分な裏付けがあって元に戻れそうな気がしましたか?

勘が当たることも多いとはいえ、ネガティブな情報を無視してはいけません。

例えば、彼に無視されるのは嫌悪感を持たれているから。

lineのやり取りが長続きしないのは関心を持たれてないからです。

明らかに状況が悪い情報がある場合には、良い予感がしても思い込みの可能性が高いです。

冷静に情報を分析しましょう。

占いや他人の意見に流されてた


予感が芽生えた理由が占いや友達の意見を聞いてから…という人もいますよね。

占い師から「元彼に好かれてます」と言われたり、友達から「元彼くん〇〇ちゃんのことまだ好きみたいね」と言われたら期待して復縁できる予感が芽生えます。

第三者の意見は正しい場合と間違っている場合の両方があります。

占いは確実に当たるわけではないし、第三者の意見は適当に口にしただけかもしれません。

自分以外の人の意見が元になっている時には、浮かれずに自分自身で精査することが大切です。

本当に元彼にその気があるのかを正しく見極めましょう。

自分の目で情報を集めたら予感が消えたなら、それが真実です。

告白する前には必ず、自分自身で彼の気持ちをチェックしてくださいね。

しつこくし過ぎて元彼の中の好意が消えた


予感があったのに残念な結果に終わった人は、しつこくして嫌われた人です。

予感があって両想いだと思えると、ついついしつこいアプローチをしてしまうのがデメリットです。

最初は両想いでも、あまりにも好き好きアピールをされると男性はやる気をなくします。

正式に交際しなくても俺にメロメロなら放置しとけば良いか…と思うからです。

だから、両想いの予感がしても過度なアプローチをするのは危険です。

おすすめなのは、我慢して控え目なアプローチに止めること。

そのほうが彼のやる気を高められます。

それに嫌われるリスクも減らせるので、告白する前にはやりすぎになってないか確認しましょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「予感があったら彼の気持ちを確かめて!次は長続きする関係を目指そう」

占い師 ミミコ
別れを迎えながらも元サヤに戻れる予感を感じたのであれば、あなたが思った通りに復縁できる可能性が高いです。

ただし、予感だけでは復縁を叶えられません。

予感を感じたのであれば、彼の好意が残っている可能性が高いので、彼の心をじっくり観察しましょう。

そうすれば、彼ともう一度やり直すために何をすべきかが見えてくるはずです。

復縁を叶えた後は、もう二度と彼と離れないような対策を十分に行ってくださいね。

あなたが知りたい事を一度に全て知る方法があります。


お読み頂きありがとうございます。

この記事を読んだあなたの中には、たくさんの知識とこれまでになかった新しい考え方が備わったはずです。

それらを駆使すれば、悩みはスッキリ解決しそうですか?

「こうすれば私は幸せになれる!」というビジョンが、今はっきりと思い浮かんでいますか?

もしもイマイチうまく思い浮かばないなら、一度に知るべき答えを全て教えてくれる方法を今から試してください。

アカシックタロット」で占えば、恐ろしいほど全部分かります。

復縁成功の可能性や絶望的な状況から幸せを掴む方法…他にも「これが知りたかったの!」という重要なポイントを、初回無料で詳しく診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事