満月を見ていると、パワフルな印象を受ける人が多いのではないでしょうか。

満月は古くから様々な力があると信じられており、満月のおまじないは元カレから告白される形で復縁が成功すると言われています。

また、満月のおまじないは復縁以外の恋愛にも応用できるので、好きな人から告白してもらいたいと思っている人にもおすすめです。

好きな男性から告白されるという夢のようなシチュエーションを実現させるのが満月のおまじないの魅力です。

告白してもらいたいと思っても、好きな人からは簡単に告白してもらえませんよね。

もう少しで彼が告白してくれそう!という人も、彼の私への気持ちに自信が持てない…という人まで、どんな状態の人でもこのおまじないを使うことができます。

それに、今までに告白されたことがないから、誰かから始めての告白を受けてみたい!なんて時にも利用できます。

様々な告白シーンで使われているおまじないなので、今までに使ったことがないという人は、一度試してみてください。

今回は、満月のおまじないで復縁を叶える方法、元彼から告白される強力なやり方と注意点について詳しく説明します。

満月のおまじないが恋愛や復縁に効果的な理由、満月のおまじないを実行するタイミング、満月のパワーを100%引き出す過ごし方についてもお話するので、満月のおまじないをする前に必ず目を通しておいてくださいね。

本日のメニューはこちら

満月のおまじないが恋愛や復縁に効果的な理由

何かを手放すパワーが強い


月は新月の時点をゼロとして考えるので、新月開始時に一度リセットされて、そこから満月開始までの間にパワーをため込んでいきます。

満月開始後は満杯になったパワーを放出していくので、吸収から放出への切り替えの時期。

月が持っているエネルギーを外に出していく段階に入るので、何かを手放す力が非常に強いのが特徴です。

そのため、復縁を叶えるために障害となっているものを取り除いてくれる作用があり、満月の時期に願いを懸ければ、スムーズに復縁を達成させることができるようになります。

恋愛でも同様に、何か問題があって彼との関係を深めることが難しい…という状況になっている場合には、このおまじないを利用することで、うまくいかなかった男性との関係に終わりを告げ、新しく良い関係のスタートを切ることができるようになるでしょう。

また、目に見えているものだけでなく、見えない部分でも手放す力を活用することができる優れた作用があるんです。

例えば、復縁を困難にしているのが素直になれない気持ちだったのであれば意地を張ってしまうという気持ちを手放すことで、素直に振舞えるようになり、復縁を前に進めることができるようになります。

それ以外にも、本当はもっと男性に甘えたいと思っていても意地を張ってしまってできない…なんて時にも使ってみてください。

どんなものでも、あなたが「これはもう自分にはいらない!」と思っているものを潔く手放してくれます。

手放す力が強いという満月の特徴をよく理解して願いを懸けるようにしましょう。

月が溜め込んだエネルギーを分けてもらえる


満月のおまじないが復縁や恋愛に効果があるのは、月が溜め込んだ力を分けてもらえるからなんです。

新月の状態から徐々に月が満ちていくように、満月には膨大な量のパワーが溜め込まれています。

満月を見ると気持ちが昂るのは満月から発せられる力がそれだけ大きいからです。

あふれ出るほどの力をため込んでおり、それを惜しみなく私たちに分けてくれます。

そのため、受けるパワーの大きさは相当なもので、願いごとを懸ける際には、満月の持つ力の大きさに負けないように注意しなくてはいけないほどです。

非常に強い力があるということは、上手にコントロールしないと暴走させてしまい、作用が逆効果になってしまう危険があるということ。

普段からエネルギッシュに体を動かすことが好きな女性は、元々の気質が激しいので満月の力を取り込む時には過度にパワフルになり過ぎないよう注意が必要です。

また、間違った手順で実行したり、疑うような気持ちを持ってしまうと失敗する危険性が高まります。

満月のおまじないは効果が大きい分、使い方に気を付ける必要があるということを覚えてきましょう。

月が満ちている状態は母性が強まる


満月のおまじないが復縁や恋愛に効果的なのは、月が満ちている状態は母性が強まるからです。

様々な絵画の中で女性像と共に月が描かれているという理由で、月は女性や女神の象徴だと考えられています。

特に月が満ちてまんまるの状態の時には女性の母性が強まり、いつもより男性を引き付ける魅力が増します。

男性は自分が持っていない部分に惹かれるので、母性が強まっている状態の女性を見るといつも以上に魅力を感じ「告白したい!」と思うようになるんです。

普段、元カノや好きな女性に告白をしたいと思っていても踏み切れない…という悩みを抱える男性でも、満月のおまじないで母性を強力にアップさせている女性を目の前にすると「今日、彼女に告白したい!」と告白への決意を固めることができるでしょう。

月の女神アルテミスの力を借りることができる


満月のおまじないをすると好きな男性に告白してもらえるのは、月の女神と言われている「女神アルテミス」の持つ力を借りることと関わりがあります。

女神アルテミスは狩猟と純潔を司る神で、オリンポス12神の1人です。

狩猟と純潔以外にも出産を見守ってくれる神としても有名で、女性と関わりの深い神様なんです。

狩猟は狙った獲物を手に入れることですから、女神アルテミスの力を拝借することができれば、好きな男性の心を手に入れることができます。

彼に告白をしてもらいたいと思っている人は、彼に好きになってもらうだけでなく告白までしてもらわなくてはいけないという難問があります。

好きになっただけでは男性から告白してくれるとは限りませんから、告白するという行動まで起こさせる必要があるということです。

その点に関しても、女神アルテミスの狩猟の力があれば彼の気持ちを強く引き付けることができ、告白してもらえるほどに気持ちを動かすことができます。

月だけでなく太陽の力も届くから


月は自分自身で光り輝いているわけではなく、太陽の光を反射させることで光を地球に届けています。

そのため、月自身が持つ力以外にも太陽のパワーも月を通して地球に降り注いでおり、特に太陽の光が当たる面積が最も大きくなる満月の時には、月の持つ力と太陽の持つエネルギーが一体化する時です。

新月の時は月が内側から発する力が大きくなり、満月の場合には月自身が持つ力と太陽の熱エネルギーが混ざっている力になるのが違いです。

新月の時には月の力をキャッチする能力が高い人のほうがたくさんの力を感じ取ることができますが、満月の時には受け取る側の能力に関係なく強いパワーを感じ取れます。

そのため、いつもなら月のエネルギーを十分に享受できなかったようなタイプの人でも満月のおまじないなら効果が出る可能性があるんです。

今までに月に願いを懸けてもいまひとつ作用が出なかった…という人は満月の力を使うほうが向いているのかもしれません。

太陽のエネルギーは人の気持ちを温める効果があるので、「いつも冷静になってしまいかわいげのない女だと思われてしまう…」など気持ちが冷たいことで恋愛が上手くいってないような女性は、太陽の力も受け取れるこのおまじないのほうが作用が出やすいでしょう。

男性の心を魅了することができる


満月を見ると興奮するという男性が多いのは、満月には男の気持ちを盛り上げ作用があるからです。

そのため、元彼や好きな男性がおとなしいタイプで、告白して欲しいのに行動に移してくれない…というケースでは、彼の気持ちを高めることができる満月の力を使うのがおすすめです。

満月のおまじないには、願いをかけられた男性の気持ちまで変化させる力の大きさがあります。

好きな男性のことを考えておまじないをするようにすれば、満月の力を彼に届けることができるようになり、彼の気持ちをあなたへの告白へと向かわせることができるでしょう。

満月のおまじないを実行するタイミング

満月開始前は厳禁


満月のおまじないをする時に気を付けておかないといけないのは、満月開始前には決して始めないようにすることです。

満月開始前の状態は、開始後の状態とは真逆であると言えます。

見た目的にはほぼ同じだったとしても、開始前の状態は満ちている最中だということですよね。

満月の力は満ち足りてから初めて効果を出し始めるので、開始前に願いを懸けても全く作用が期待できないんです。

空に浮かぶ月の姿だけを見て「今日は満月なんだな…」と早とちりして開始してしまうと、作用が期待できませんから、必ず満月になる瞬間を調べてから始めるようにしてくださいね。

満月開始後に願いごとを決める


満月のおまじないで願いをかける時には、開始前からどんなお願いごとにしよう…と考えてしまうと思いますが、最も良いのは開始後に初めて何を願うかを決めることです。

これは月が満ち足りている時とそうではない時には思考が異なるからです。

人は月の力を常に身に受けているので、月と共に精神状態が変化していきます。

そのため、開始前に願いごとを考えてしまうと、本当に望んでいることとは違う願いをかけてしまう危険があるんです。

「元彼から告白してほしい」という大まかな願いは月の満ち欠けに関係なく同じだったとしても、「思い出の初デートの場所で告白して欲しい」と思うのか「サプライズで告白して欲しい」と思うのかでは、お願いごとが変わってきます。

細かな部分まで決めてからお願いごとを決めたほうが効果が高まるので、開始前はお願いごとについては深く考えないようにしておき、満月がスタートしたら具体的に何をお願いするかを考え始めるようにしてください。

この時には深く考える必要はないので頭に浮かんだイメージを言葉にすればOKです。

直観で「こんなふうに告白して欲しい…」というイメージを感じ取り、それをできるだけ詳細に分かりやすく言葉にしましょう。

そうすれば、このおまじないの作用を最大にすることができます。

満月開始後8時間以内がベスト


満月のおまじないを行うのは、開始されてから8時間以内が基本です。

満月の瞬間が最も作用が大きくなる傾向があり、実行するのに最適な時間ですが、それはなかなか難しいので、自分の生活リズムに合わせて8時間以内で行いやすい時に実行すると良いでしょう。

実行する時に必ず守らなくてはいけないのは、無理をして雑に行動してしまわないようにすることです。

満月の瞬間に合わせて行おうとして、行動が雑になってしまっては本末転倒です。

開始後8時間以内というルールは守りつつ、あなた自身が落ち着いて実行できる時間を選ぶようにしましょう。

また、開始後8時間の中でも前半の4時間は特に力が強いという特徴がありますが、力が強すぎて男性が引いてしまうほどの色っぽさを身に付けてしまう恐れがあるんです。

このおまじないは母性を強める作用がありますが、行き過ぎると女性らしさが強調され過ぎて、相手男性によってはマイナスになってしまうかもしれません。

だから、あなたが告白してほしいと思っている男性の好みによって、いつにするかを決めると良いでしょう。

例えば清楚な女性が好みの場合には、開始後4時間以内ではなく4~8時間以内が適しています。

もし、彼氏の好みが色気のある女性だった場合には、力が最大になる開始直後~4時間以内がおすすめです。

それに、あなた自身のタイプにも関わってきます。

女らしい色気がなくて悩んでいるようなタイプだった場合には、開始後4時間までに済ませておけば、作用が働いた後に程良い状態の女らしさを身に付けることができるでしょう。

しかし、女性らしい体つきをしている、女らしいとよく言われるといったタイプの場合には、作用が強すぎると逆効果になるので4~8時間のタイミングにするようにしてください。

遅くとも開始後48時間以内に終わらせる


満月のおまじないをする時に時間を気にし過ぎるのはよくありませんが、かといって48時間を超えてしまうと作用はほとんどなくなってしまいます。

開始後から徐々に力が弱まっていき、48時間を境にエネルギーの種類が変わってしまいます。

そのため、48時間以内には最後の段階まで済ませられるようにしておいてください。

時間的に厳しそう…という時には、無理をして月の女神アルミテレスを怒らせてしまわないよう、次のサイクルまで待ちましょう。

ボイドタイムを避ける


タイミングを決める時には、必ずボイドタイムを避けるようにしてください。

ボイドタイムというのは月が他の惑星と関係を持たなくなる位置にいる時のことです。

ボイドタイムになると、いつもとどう違うかというと、他の惑星の影響を全く受けなくなることで、月へのエネルギー供給量が一気に減ります。

そのため、ボイドタイムになっている間は体調に変化があったり、落ち着かないような気持ちになる人もいます。

そして、ボイドタイムはおまじないの力も全て奪ってしまうという特徴があり、せっかく実行してもボイドタイムと重なってしまうと、作用がゼロになってしまうんです。

月のエネルギーが暴走するという心配はありませんが、月にエネルギーが一時的に遮断されている状態なので、作用もなくなってしまうんです。

開始後8時間以内が基本ですが、ボイドタイムが重なっておまじないをする時間が確保できない場合には、48時間まで時間を広げて時間の計画を立ててみてください。

ボイドタイムを調べる時には、この「ボイドタイム早見表」を使うと便利ですよ。

ボイドタイム早見表

ボイドタイム日 開始時間 終了時間 満月・新月
2019年 10月2日(水)18:4720:45満月 10/14  06:09~
2019年 10月4日(金)16:355日  02:44 
2019年 10月7日(月)08:2712:43 
2019年 10月9日(水)03:2810日  01:06 
2019年 10月11日(金)18:5612日  13:47 
2019年 10月14日(月)07:0015日  01:25 
2019年 10月16日(水)17:3817日  11:31 
2019年 10月19日(土)11:1519:44 
2019年 10月21日(月)21:4022日  01:30 
2019年 10月23日(水)18:1524日  04:31 
2019年 10月25日(金)22:0126日  05:21 
2019年 10月27日(日)17:2328日  05:30新月 10/28  12:40~
2019年 10月30日(水)02:3507:00 
2019年 10月31日(木)23:311日  11:39 
占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼から告白される満月のおまじないの正しい手順

女神アルテミスに挨拶をする


好きな男性に告白をしてもらうためには、必ず一番先に女神アルテミスへ挨拶をしてください。

ただ彼に振り向いてもらうというだけでなく、告白までしてもらうためには女神アルテミスの力を借りる必要があります。

満月の力だけでも、男性の心を引き付ける効果が期待できますが、告白をして欲しいと思っているなら女神アルテミスへの挨拶は絶対にしておいたほうが良いですよ。

挨拶の仕方に特に決まりはないので、自分でやりやすい方法で女神アルテミスへの挨拶を済ませておきましょう。

神様に自分のことを認識してもらう時には名前と住んでいる場所を伝えるのが基本なので、「初めまして」という挨拶以外にもあなたの名前と住所(その時にいる場所)を入れて挨拶をしてくださいね。

また、女神アルテミスに挨拶をする時には、「絶対に願いを叶えてください」という思いを持ってはいけません。

お願いをする時には感謝の気持ちを中心にしておくのが鉄則です。

突然現れて、あれをしてください、これをしてくださいと自分の欲求だけを伝えても願いを聞き入れてもらうことはできませんから、「大好きな彼氏と巡り合わせてくれてありがとうございます」という感謝の気持ちを持ちながら、女神アルテミスに丁寧に挨拶をしてくださいね。

透明のグラスと炭酸水を準備する


満月のおまじないで必要となるのは、透明なグラスと炭酸水です。

炭酸水はジュースなどではなく水だけのものにしてください。

水以外の成分が入っていて濁っていると効果が半減するどころか、月のエネルギーを暴走させてしまう恐れがあるので必ず水だけの炭酸水を使うようにしましょう。

また、炭酸の入っていない水も不向きです。

泡には満月のパワーを取り込みやすくする作用が期待できるので、水だとパワーを十分にとりこむことが難しくなります。

炭酸水を飲むのが苦手だという人は、炭酸の入っていない水を使ってもOKですが、その場合には月のエネルギーを吸い込ませるのに時間がかかるので、満月になってから数時間程度、外に置いて月光浴をさせておきましょう。

2~3時間程度置きっぱなしにしておけば、炭酸水と同等の効果が期待できます。

満月が見える場所で炭酸水を注ぐ


必要な道具が揃ったら、満月が見える場所に行きましょう。

ここで大切なことはあなた自身が満月の力を感じられる場所に行くことです。

例えばバルコニーから見た時と、玄関から外に出て見た時には、同じように満月を見ていたとしても感覚に違いがあるはずです。

それは、受けているパワーの量に違いがあるからなんです。

だから、作用を高めるために、エネルギーを一番多くキャッチできる場所を探してみてください。

場所選びでは、月との物理的な距離とは関係ないので、1階よりも2階のほうが受け取ることができるパワーが大きいとは限りません。

あなたのその時の波長と月の力の波が一致する場所に入るとキャッチできるエネルギー量が大きくなります。

だから、バルコニーに行くと月に力を強く感じる!と思っても、同じバルコニーの中でも少し移動するだけでエネルギー量が変わるんです。

また、その時の自分の状態によって最適な場所が変わってくるので、前回実行した場所がベストというわけでもありません。

体の声を聞きながら、様々な場所から満月を眺めて一番良い場所を探してくださいね。

場所が決まったら、グラスに炭酸水を注ぎますが、炭酸水を注ぐ前に満月を見つめてから炭酸水をグラスに入れましょう。

ここでは元彼や好きな人のことを考えずに満月のことだけを考えるようにしてください。

そうしないと願いが届かないので月のことだけに集中しましょう。

グラス越しに満月を見る


グラスに炭酸水を注いだら、グラスを持ち上げてグラス越しに満月を見てください。

ここで炭酸水に満月のエネルギーが注入されますから、意識を集中させるようにしましょう。

炭酸水の中に泡が見えると思いますが、泡の中に月のエネルギーが満ちていくようなイメージで満月を見るようにすると効果的ですよ。

グラス越しに眺める時間に決まりはありませんが、炭酸が抜けないようにすることが重要です。

あまり長時間眺めていると、炭酸が抜けてしまうので注意をしながら満月を見るようにしてください。

また、見つめる時間が短すぎると十分に月のエネルギーを取り込むことができないので、ゆったりとした気持ちで炭酸水越しに満月の様子を見るようにして、十分にエネルギーが炭酸水に入ったと感じたら次のステップに移りましょう。

満月の姿が脳裏に焼き付いた状態でお願いする


グラス越しに満月を眺めた後は、いよいよお願いをする段階に入ります。

ここではできるだけ具体的にお願いをするようにしてください。

単純に「元カレから告白してもらえますように…」では力が弱すぎるので、もっと詳しく状況を思い浮かべてお願いをするようにしましょう。

また、ここでは「お願いします!」という気持ちではなく元カレに告白されている情景を頭に思い浮かべて、すでにその状態になっているつもりでお願いしてください。

「元彼に突然呼び出されてもう一度やり直そうと言われてとても驚きました。でも、嬉しかったのですぐにOKしました」など、告白された時のことを報告するような気持ちで満月にお願いをしましょう。

そして、最後には「女神アルテミス、元彼の気持ちを手に入れるお手伝いをしてください」といった感じで、女神アルテミスの名前を入れるようにしてください。

これで満月の力だけでなく女神アルテミスにまで願いを届けることができます。

そして、お願いごとの一番最後には「サモア・シモア・サモア・シモア」と呪文を唱えましょう。

この時にも満月の姿をイメージしながらゆっくりと呪文を唱えるようにしてくださいね。

グラスの炭酸水を飲み干す


お願いを終えたら、目をつぶってグラスの炭酸水を飲み干しましょう。

こうして満月のエネルギーを体に取り込むことで、彼に告白してもらえるような魅力を手に入れることができます。

炭酸水を飲み干した後は、すぐに室内に入り満月を見ないようにしてください。

体の中に満月のエネルギーが入った後は満月を見ないようにして室内に入るのが、このおまじないを成功させるコツです。

お願いをして炭酸水を飲み干した後は、決して満月を見ないようにしてくださいね。

満月のパワーを100%引き出す過ごし方

睡眠時間を長くし、できるだけ体を休める


満月のパワーを100%引き出したいのであれば、睡眠時間を長めにとるようにしてください。

満月のエネルギーを体に取り込むといつもとは違った状態になるので、体がよく動くようにはなりますが、疲れやすい状態でもあります。

いつも以上にやる気が出て、もっと動いていたいような気持ちになるかもしれませんが、満月の力を入れると無理をしがちなので注意が必要です。

なぜなら、満月の時期は体に負担をかけても精神的に興奮状態になっているので、気付くことができないんです。

無理をして動きすぎてしまい願いが叶う前に体の調子が悪くなってしまう人が多いんです。

体の調子が悪くなると満月の力が半減して願いが叶わなくなります。

だから、満月のおまじないをした後は「疲れたな…」と思う前に休むようにしてください。

満月のエネルギーには食欲もアップさせる力があるので、いつもよりもたくさん食べたくなるかもしれませんが、急に食べる量を増やすと胃腸にも負担をかけてしまうので食べる量もいつも通りを保つようにして、とにかく体を休めましょう。

睡眠時間はいつよりも1~2時間ほど長くすることができれば理想的です

もし、睡眠時間を長くとることが難しい場合には、疲れをため込まないようこまめに休憩するなど注意して過ごすようにしてください。

せっかくおまじないをしても、叶うまでにダウンしてしまってはいけないので、睡眠時間を長くとって願いが叶う日に備えておきましょう。

女神アルテミスに毎日感謝する


満月のおまじないの重要なカギとなるのが女神アルテミスの存在です。

満月の力は偉大なので、やり方さえ間違っていなかったら彼の気持ちを取り戻すのはそこまで難しくありません。

しかし、告白をしてもらうのは結構大変なことなんです。

だから、彼があなたに告白したい!と思ってくれるよう、おまじないを終えた後も女神アルテミスのことを毎日思い出し、感謝の言葉を伝えるようにしてください。

声に出さなくても感謝の気持ちを届けることはできますが、確実に効果を出したいのであれば声に出して感謝する方法がおすすめです。

なぜなら、気持ちだけよりも言葉にして声に出したほうが、気のエネルギーが大きくなるからです。

普段の生活でも心で思っているだけなら耐えられたのに、言葉を口にした途端に涙があふれてしまった…という経験をした人が多いと思います。

これは、思っているだけよりも、声に出した時のほうが感情の持つ気のエネルギーが増しているからです。

言霊と言われるようなものがあるように、声に出すことの効果はかなり強力です。

確実に満月のおまじないを効かせたい人は声に出して女神アルテミスへ感謝の気持ちを伝えてくださいね。

月の光の下で過ごす時間を作る


満月のおまじないの効果を高めたい人は、おまじないをした翌日から月の下で過ごす時間を作るのもおすすめです。

しかし、ここでの注意点はできる限り月の姿を目で見ないようにすることです。

おまじない直後と違って、多少月の姿が視界に入ってもそこまで悪影響はありませんが、できる限り見ないようにしたほうが月のエネルギーが暴走してしまうリスクを減らせます。

月を見ないようにしつつ、月の下で過ごすようにしていると、体の疲れがスーッとなくなっていく感覚になると思います。

これは、満月のエネルギーで体に無理をかけている部分が、新月に向かう月のパワーによって癒されているからです。

満月のエネルギーは非常に強力なので、いくら彼に告白してもらうためとはいえ負担が大きいんです。

でも新月に近づくにしたがって補修してくれるパワーが増していくので、満月の力で無理をさせている体を修復することができます。

また体だけでなく、精神的にも癒してくれる力があるので心が疲れてしまった時にも月の下で過ごしてみてください。

体の調子を整えることで、体の中が良い気で満たされればおまじないの効果を最大に近づけることができるでしょう。

水分を一口ずつ体に入れる


満月のおまじないをした後には、できるだけ水分を多めにとるようにしましょう。

これは、身体に入れた満月のパワーを体の隅々まで届けるためです。

満月の力を閉じ込めた炭酸水を体の中に入れても、それだけでは月のエネルギーは一か所に固まったままです。

おまじないをした後に徐々に体の中で月のエネルギーが広がっていきますが、どうしても届きにくい場所があるんです。

月の水が届きにくい場所には個人差がありますが、なるべくすべての場所に平等にパワーを行き届かせるために水を飲んで体の中の流れを活性化しておきましょう。

ただし、水をごくごくと飲めばいいというわけではないので注意してください。

満月のパワーを体に届けたい場合には、一口ずつ水を飲む方法がおすすめです。

一気に飲むと体に吸収されないままで排出されてしまうので、身体の中にすでに入っている月のエネルギーと混ざり合うようなイメージで一口ずつ水を体に入れましょう。

また、この作業は食事中には行わないのが原則です。

通常の食べ物と月のエネルギーは全くの別物なので、食事やお茶の時間ではない時に1人で時間をかけてゆっくりと水を口に含むようにしてください。

一度にたくさんの水を体に入れるのではなく、一日の中で何度かに分けて行うようにしましょう。

満月のおまじないを行う時の注意点

呪文を唱える時には雑念を追い払う


満月のおまじないをする時に絶対に守らなくてはいけないことが、呪文を唱える時に別のことを考えないということです。

おまじないをする時には意識を集中させることが何よりも大切です。

少しでも「このおまじないって効くのかな」といった思いがよぎるだけで女神アルテミスは離れて行ってしまいますし、満月のエネルギーも方向を変えてバラバラに散っていってしまいます。

満月のおまじないを成功させるためには、お願いをしているあなたの姿を女神アルテミスと満月に気付いてもらわなくてはいけません。

その時に必要になってくるのが「サモア・シモア・サモア・シモア」という呪文です。

この言葉を使って、遥かかなたの世界にいる満月と女神アルテミスに存在を知らせるのです。

でも、呪文を唱える時に、雑念が混じってしまうと、呪文としての効果が消失してしまいます。

雑念が少しでも混じると、ただの言葉になってしまい呪文ではなくなるんです。

そうすると、満月のおまじないを失敗で終わらせるという結果につながってしまうので、呪文を唱える時には頭の中を空っぽにして何も考えないようにしてください。

元彼のことに気をとられてしまうのもおまじない中には厳禁です。

もし途中で気が散ってしまった場合には、そのまま続けると満月のエネルギーが悪い方向に働いてしまう恐れがあるので、途中で中断して、もう一度気持ちを落ち着けてから、おまじないをやり直すようにしてください。

雨の日には行わないほうがベター


満月のおまじないは雲で月が隠れている時もできますが、その場合には月の位置を調べておき、頭の中で雲の向こう側に満月がいるイメージをしながら行うことになります。

頭の中ではっきりと満月の姿をイメージできればおまじないの効果を出すことができますが、普通は目で満月の姿が見えないと、そこまではっきりと満月の様子を想像することは難しいでしょう。

だから、満月の姿が見えないような天気の時には行わないほうがベターです。

また、曇りだけでなく雨が降っている時にも、満月のおまじないは行わないほうが良いです。

絶対にしてはいけないというわけではありませんが、月のエネルギーをグラスに入れた炭酸水に満たす時に雨が邪魔をします。

炭酸水と雨は同じ水の性質を持つので、満月のエネルギーが雨の水滴に吸い取られてしまい、炭酸水に十分な量の月のエネルギーが貯められない恐れがあるんです。

満月のおまじないの力を100%発揮したい場合には雨の日を避けたほうが安全です。

時間をかけて行う


満月のおまじないに限った話ではありませんが、おまじないをする時には時間をかけてじっくりと取り組むことが大切です。

これは、ひとつひとつの動作によっておまじないの効果が変わってくるからです。

動作が早いのが悪いわけではありませんが、雑な動作になってしまうとおまじないの効果が半減してしまうというデメリットがあります。

特に月に関するおまじないをする時には、必ず時間をかけて行ってください。

月の力を借りる時には気持ちを集中させることがとにかく大切で、どれだけ長く集中できたかでおまじないの成功率が変わると言われています。

つまり、集中して行っていたとしても2分で終わらせてしまうと、5分かけて集中して行った場合よりも効果が下がるということです。

集中している時間を長く保つためにも、ひとつひとつの動作を丁寧に、そして心を込めて行うようにしてください。

炭酸水をグラスの注ぐ時には、じっくりゆっくりと少しずつ注ぐのが基本です。

その後、グラス越しに月を眺める時にもさっと見て終わりではなく、しばらく月の姿を眺め続けて満月のパワーを水の中に閉じ込めるようにしてください。

目安としては、満月のおまじないの場合には最低でも10分はかけて行って欲しいところです。

集中していると時間の流れを感じなくなるので、10分と言ってもあっという間ですよ。

時間の余裕がある場合には15分以上かけると、効果を100%にできる可能性が高まるので、できるだけ時間をかけて行いましょう。


占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「満月のおまじないで彼から告白される効果は復縁以外にも片思い・結婚のプロポーズなどを引き出してくれます」

占い師 ミミコ
満月のおまじないは告白される確率をかなり高めることができるので、復縁以外にも片思い、結婚のプロポーズなどにも応用して使うことができます。

復縁を叶えるための告白は非常に難易度の高いものですが、満月のおまじないを上手に使いこなすことができれば、元彼に告白してもらうのも夢ではありません。

また、片思いの男性がいてどうしても彼に告白をしてもらいたいと思っている人も満月のおまじないを使ってみてくださいね。

プロポーズをして欲しいと思っている女性は、無理に結婚を迫ると彼に嫌われてしまわないか心配ですよね。

でも、満月のおまじないなら彼のほうからプロポーズしてきてくれますから、嫌われる心配をせずに済みますよ。

それぞれの目的に合わせて、上手に満月のおまじないを使ってみてくださいね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事