※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 

「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。
 

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<

「いつもだったら連絡をくれるのに、どうして?」

小さなことが原因だからこそ起こりやすい喧嘩からの別れですが、いつもなら先に謝ってくれる彼氏から連絡がこなくて悩んでいませんか?

もしかすると、溜まりに溜まったフラストレーションに彼が耐えきれず、本当にあなたとお別れをしようとしているのかもしれません。

この記事では喧嘩が原因ではないかもしれない、彼から連絡がこない本当の理由や喧嘩別れをしたあとの男性の心の動き方を徹底的に解説しています。

また、喧嘩をしてそのまま音信不通にしてしまう男性心理とその理由、逆に喧嘩別れをしても連絡をしてくる男性心理とその理由も合わせてご紹介しています。

彼から連絡がこなくて不安になっている方も、連絡はきたけどどう接していいか分からないという方も、この記事を読んで悩みを解決していきましょう。

本日のメニューはこちら

「別れよう」は本心じゃないかも!?喧嘩した彼が別れを持ち出す時実は彼女に求めている事

「私はこのまま付き合いたい!!」と言って欲しい


喧嘩した時の別れようの99%は本心じゃないと言っても過言ではありません。

大半が感情的になって発しているだけです。

本心ではないとはいえ「そろそろ終わにすべき?」と思い始めていることもあるでしょうが、ほとんどは彼女に「やだ!私は付き合ってたい!」と言って欲しいがために「もう終わりにするから!!」と意地を張ってしまうケースです。

これは女性にもよく見られる現象で好きな人と喧嘩したり、不安で苦しくなり過ぎた時に「もうヤダ!終わりにする!」とセリフと感情が裏腹になってしまった経験があるはず。

その時には「そんなこと言うなよ~」「ちょっと待ってよ!俺はいやだよ!」というセリフを期待してましたよね。

彼氏も同じで、あなたに「いやだ!私は〇〇君が好き!」と言って欲しくて「別れよう」と言ったのでしょう。

喧嘩中は感情的になっているので、「わ~こんなこと思ってないのに勝手に口が憎まれ口を叩いちゃう!」という状態。

素直に「俺は仲直りして付き合い続けたい」と言えれば良いのですが、そこは男のプライドがあるので簡単には頭を下げられません。

彼自身も素直になれない自分にヤキモキしていると思いますよ。

「ごめんなさい…」の一言を待っている


彼はあなたの謝罪を待っています。

喧嘩の原因になった事柄によっては、彼は100%あなたに非があると捉えているかもしれません。

恋人同士で衝突があった時に「こんな結果になったのは全て彼女のせいだ」という心理を抱える男性が少なくありません。

100%とは言わなくても、「俺も多少悪いとこあったけど比較したら彼女のほうが悪い」と思っている男性がほとんどです。

その次にくる感情は「悪いことしたんだから謝るのが普通だろ?早く謝ってよ!」なので、謝らないことには何も始まりません。

彼が謝罪を待っているなら、「謝るまでは口もききたくない」という心理なので何を言っても説得するのは難しいです。

喧嘩した後の話し合いをしているのに彼氏が一向に離を聞いてくれない、無視される、何を言っても態度が変わらない…などの様子が見られたら、謝罪があるまでは話しをする気になれないのでしょう。

彼はあなたに謝罪させるための脅しとして「別れよう」を使っているのです。

感情的になっている頭を冷やして欲しい


「これで俺たちの関係を終わりにする」はインパクトがあるセリフなので、あなたを落ち着かせるために言ったのかもしれません。

わーわーと叫んで相手の話が耳に入らないほどに興奮している女性がいると、「は~ヒステリーが始まった…これじゃあ何しても無駄だな…頭を冷やして欲しいよ」と男性は思います。

感情的になった女性は男にとって扱いにくい存在。

何とかしたいと思った時に思い浮かぶのが「別れるって言えばちょっとは興奮が冷める?」という考えです。

この時には嫌いか好きかではなく、ひとまずこの場を収めたい気持ちが強いです。

何度も彼女が大騒ぎする経験をしていると「この子のご機嫌取りは疲れた…別れるって言って頭を冷やしてもらおう」としか思えなくなります。

あなたが普段から気分屋で急に激怒するタイプなら、なだめるのに疲れて「別れたい」を使ったのでしょう。

喧嘩を終わらせてリセットしたい


物事を深く考えるのが苦手だったり、恋愛は楽しいのが一番!という価値観で、喧嘩などのトラブル時に話し合うのが苦手な人もいます。

女性は問題が起こった時こそ2人で協力し合いたいと思う傾向がありますが、男性は「話し合いとか面倒なことはなしにしよーぜ!」と思ってる人が結構います。

彼氏もそう思ってたら、「なんか喧嘩で不穏なムードになちゃったけど全部リセットしたい」という狙いで「別れよう」と言います。

本気で別れるというよりも、とりあえず今の暗い空気を換えることが一番の目的です。

彼は自分の発言が元で別れ話が本格化しても、「翌日に別れ話を持ち越して、明日になったら何事もなかった顔して話を再開してサッサと元通りになれば良いや」と思っています。

まさか本気で終わりになるとは微塵も思っていません。

真面目な話し合いになるとスルーされたり、そもそも話し合いにならないタイプの彼氏ならリセットしたいという意味の「別れよう」です。

今の発言にどれだけ傷つけられたか知って欲しい


あなたが何かを発した途端に「もう別れる!」と急にブチギレた時には、その発言に傷つけられたことを知って欲しくて最上級レベルの否定的な言葉である「別れたい」を使ったのでしょう。

喧嘩の最中は相手を打ち負かすために、最も傷つくことを言いがちです。

彼氏が身長が低いのを気にしていると知っていると普段は背の高さに関する話をしませんが、喧嘩になった時に「身長の話をしてショックを与えてやりたい!」と企みます。

そして、「チビのくせに!身長が低い彼氏でいつも恥ずかしい思いしてるんだからね!」と言ってしまう。

こんなこと言われたら相当傷つくし、「それだけは言わない約束だろ?」と恋人に言いたくなりますよね。

でもそこで「身長のこと言うなよ!」と言うのも悔しいので、代わりに別れを口にします。

この場合には本気で別れるつもりはなくても「もう何でも良い!」とヤケになっているので危険です。

彼のコンプレックスを刺激した後に終わりにしたいと言われた方は、早く誤ったほうが良いですよ。

彼氏と喧嘩して別れそうな時の危機回避方法

「私は仲直りしたいけど別れたいって思ってる?」と聞く


喧嘩中に危険なムードになってきた時に別れを回避するためにすべきことは2つ。

1つ目は「私は付き合いを続けたい」と意志表示をすること。

2つ目は彼にも「別れたくない」と言わせることです。

愛してる、好きだと言えれば一番良いのですが、喧嘩中に愛情表現をするのは難しいのでとりあえず「私は仲直りしたい」と言えば十分です。

そして、これだけだと彼氏は「よし!彼女は俺がまだ好きなんだな」と安心できますが、そこで終わってしまい破局を回避できない危険があります。

だから、彼にも「俺も別れたくない」と言わせるために「終わりにしたいと思ってる?どっち?」と質問しましょう。

聞かれたら「いや…俺だって今すぐにって訳じゃないけど…」くらいは言ってくれるはず。

このセリフが聞けると喧嘩のムードが穏やかになってきますよ。

そのまま「じゃあ喧嘩してても意味ないから喧嘩は終わりにしよっか?」と言えばあっさり仲直りできます。

お互いが納得できる妥協点を提案する


彼氏の浮気が原因で喧嘩になったなど、はっきりとした理由がある場合はお互いが納得できる妥協点を提示すれば喧嘩の解消につながります。

「今回の浮気は許すけど、二度としないって約束して!」とあなたの希望を示せば彼もできる限りのことはしてくれるでしょう。

ただ単に「浮気するなんてひどい!人でなし!」と責めるだけだと喧嘩が終わらないだけでなく、破局して言わる可能性が高いです。

浮気した彼氏が悪いのだとしても、キィキィギャーギャーと責められたら男は彼女から逃げたくなってきます。

だから、悔しさがあっても一方的に責め続けるのではなく、どうしたら自分が納得できるのかを考えてください。

喧嘩からの別れを回避するためには相手を責め過ぎないことが大切です。

あなたの提案を拒否されたら、どこまでなら許せるかをもう一度2人で話し合って、どちらもが満足できる方法を考えましょう。

時間がかかるかもしれませんが、色々な案を出せばどこかで「それならいっか」と思える妥協点が見つかるはずです。

完全に連絡を絶って冷静になれるまで待つ


ピリピリムードが収まらず、混乱してどうして良いか分からない時には、無理に話し合うのではなく距離を離してしまったほうが良いでしょう。

ただ何も言わずに離れ離れになると別れるつもりだと誤解されてしまうので、必ず「このままだと本当にダメになっちゃうから3日後に改めて話し合いしない?」と相談してください。

対面で言いにくかったらlineやメールでも大丈夫です。

頭を冷やすために連絡をとらないと伝えておけば、彼も安心して1人の時間を作れます。

顔を合わせているとイライラが募ってくるものですが、会わないだけで急に冷静になれて謝るのも苦じゃないと思えます。

お互いにとってメリットがある方法なので、別れる一歩手前になっている方は2人で過ごす時間を減らす・ゼロにする提案をしてみましょう。

暗い気分は終わり!明るくデートに誘う


男性は喧嘩を根に持たない傾向があるので、険悪ムードを忘れて「ね~明日ランチであのお店連れてって!」といつもの雰囲気で明るくデートに誘う方法もおすすめ。

たったこれだけで元通りになれる可能性があります。

これは男性の性格によって不向きなケースもあるので注意してください。

真面目な性格で喧嘩中にふざけるなんて絶対に許さない!という神経質なタイプには不適切です。

真面目タイプだと、明るいムードでデートに誘うと「ふざけんなよ!俺がどれだけ悩んでると思ってるんだよ!」と激怒されて別れを言い渡されます。

だけど、真面目な男性以外は「なんか知らんけど彼女の機嫌直ったみたい!やったー!」くらいにしか考えてないので簡単に仲直りできます。

喧嘩中に明るい態度でお誘いするのは難しいと思いますが、思い切って行動してしまうと意外と上手くいきますよ。

本気で別れたいわけじゃないことを伝える


感極まって「もう別れる!」と自分が言った場合はすぐに前言撤回しましょう。

タイミングを逃すと一気に別れが成立してしまうので、恥ずかしくても「別れたいのは嘘だけど…悲しいからそうやって思っちゃった…本当は別れたくない」と素直な気持ちを伝えてください。

男性は女心を察するのが苦手なので「別れたい」と言われたら言葉通りに受け取ってしまう可能性が高いです。

それに相手に振られたくないと思っている男性が大半なので、振られる前にこっちから振っておこう…と思われると「そんなのお前に言われる雨から俺は別れたいって思ってたよ!」と早く別れたがる危険もあります。

喧嘩した際は、男性は女に負けたくない思いが強まっています。

だから、女性が低姿勢になったほうが問題が解決しやすいです。

この男とは別れても構わないと思うのなら謝らなくても良いのですが、関係を続けたいのならあなたから積極的に謝ったり、仲直りのチャンスを作ったほうが別れを回避できますよ。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

喧嘩別れした彼から連絡なしの本当の理由

気持ちを落ち着ける時間が欲しいから


お互いがヒートアップをした勢いから別れてしまったカップルの場合、気持ちを落ち着ける時間が必要だと感じた彼がわざと連絡をしないようにしている可能性があります。

人間は感情的になるとどうしても冷静な判断ができなくなってしまいます。

そのときは「もうこんな人とは一緒にいられない!」という気持ちから別れを選んでしまったり、「あとから仲直りすればいいや」と深く考えずに離れてしまうことがあるでしょう。

男性が精神的に大人であればそんな気持ちを理解してくれているかもしれませんし、彼自身が「今の状態で話をしても状況を悪化させてしまうだけだ」と自分をセーブしていることも考えられます。

そんなときは無理に仲直りをしようとせず、冷静に判断ができるようになるまで少し時間を置くようにしてください。

あなたが一方的に大丈夫だと思っていても、相手の気持ちがまだ落ち着いていないことがあります。

このまま放っておいたら自然消滅をしてしまうかもと不安になる気持ちも分かりますが、冷静になれないまま連絡をしてまたぶつかってしまってはなんの解決にはなりません。

それどころか何度も喧嘩を繰り返してしまえば、今度こそ完全に破局をしてしまう恐れもあります。

彼が「頭でしっかりと考えてから発言をするタイプ」であるならば今は頭を冷やしている可能性が高いので、もうちょっとだけ連絡を待ってみましょう。

あなたのことが許せないから


彼氏が怒ったまま別れてしまったカップルの場合、まだ怒りの気持ちを引きずっている彼があなたのことを許せていない可能性があります。

このままだと本当に別れることになってしまうとは思いながらも、どうしても喧嘩をしたときの記憶を思い返すとイライラしてしまって連絡をすることができないのです。

「どうして許してくれないの?」と責めてしまうのは逆効果なので、彼氏からの連絡を待つか、不安であるなら一度だけあなたから謝りの連絡をしてみましょう。

今の状態で彼のことを攻撃してしまうと完全にあなたが悪者になってしまう恐れがあります。

男性自身も「彼女のことを許せないのは俺の心が狭いからなのでは?」と自問自答を繰り返しているところです。

そこに「そうよ!あなたが悪いのよ!」とあなたが追撃をしてしまうと「いや、本当はこんなに俺のことを怒らせる彼女が悪いのでは?」と今度はあなたを責めるようになってしまいます。

少し想像をしてみて欲しいのですが、仕事でお客様からのクレームがきたとき、最初は「こちらのミスで申し訳ないな」と思うはずです。

しかし、必要以上に怒られて筋の通っていないクレームをつけられれば「もしかして、わたしのミスではなくてこの人がおかしいのでは?」と相手を疑うようになるでしょう。

人間は自分の限度を超えて攻撃されると、どうしても「ここまで自分を苦しめている相手が悪い」と感じてしまいます。

彼氏の中でのあなたを悪者にしないためには「彼の気持ちを肯定してあげる」ことが大切です。

彼女に対して怒ってしまったことも、それをなかなか許せずにいることも、全てを受け入れてあげましょう。

そして、気持ちが落ち着いたら連絡をして欲しいということを伝えられれば、彼から仲直りのLINEがくるはずです。

忙しくて連絡を後回しにしているから


すれ違いが多くて別れてしまったカップルの場合、彼が忙しさからあなたに連絡をできていない可能性があります。

もともと、時間が合わないことで喧嘩をしたことや今回の別れの原因も彼氏が仕事や趣味を優先することが原因だったということはありませんか?

恋愛や彼氏を優先したい女性と仕事や趣味を優先したい男性とでは、持っている感覚が全然違います。

女性にとって二番目や三番目に大切なものが、男性にとっての恋愛の優先順位なのです。

例えば、彼氏と会えない日は映画を観に行くことが趣味だったとして、優先順位が高いのは明らかに映画よりも彼氏だと思います。

これと同じで、彼は仕事や趣味がない日に彼女と会ったり連絡をするという感覚なので、あなたと彼ではそれぞれ恋愛の優先レベルが違うのです。

自分ではない誰かに「一番好きなものよりも二番目に好きなものを優先してよ!」と言われても、あまり心が動きません。

あなたが「なんで連絡をくれないの!」と一分一秒不安に感じている時間も、相手は仕事や趣味を楽しんでいて、ふと時間が空いたときに「そういえば連絡をしてみようかな」という感覚なのです。

このタイプの男性はマイペースでなにを言われても動じない、もしくは「めんどくさいな」と思うだけなので、彼から連絡がくるのを大人しく待つのが吉でしょう。

彼女からの連絡を待っているから


どちらかが意地を張って別れてしまったカップルの場合、彼があなたからの連絡を待っている可能性があります。

仕事ではすぐに謝れても、彼女に対してはプライドが邪魔をして謝ることができない男性がとても多いのが現状です。

自分が悪いとは分かっていてもどこか女性を見下しているため、連絡をすることができません。

むしろ「なんで連絡をしてこないんだよ」ぐらいに思っているので、しびれを切らした男性から連絡がきたとしても謝罪ではなく「元気?」のようなあなたの近況を伺うような内容でくるはずです。

このタイプの男性は連絡がこなければ「俺と別れたことを後悔するぞ」と考えていますし、連絡がくれば「やっぱり俺の方が立場が上だ」と調子に乗らせてしまいます。

あなたがそれでも彼と一緒にいたいと思うのであれば連絡をすることは止めませんが、そうじゃないのであれば少し彼との接し方や関係を考えた方がいいでしょう。

どちらにせよこのタイプの男性との関わり方は結婚してからも苦労することが多いので、はやめに手を打つことをおすすめします。

また、彼女からの連絡を待っている男性にはもう一つ別の種類があり、あなたの機嫌を伺って連絡ができないタイプです。

根本的に気が弱かったり、本気で彼女が別れたいと言っていると勘違いをしているために自分から連絡をする勇気が出ません。

あなたの彼がこちらのタイプであるならば、子犬のように怯えているだけなので「ごめんね」と素直に復縁を求めてみましょう。

別れて羽を伸ばしているから


あなたから一方的に別れを告げたカップルの場合、彼が一人になった時間を満喫している可能性があります。

彼氏が怒って別れたのであれば、恐らく羽を伸ばしている心配はありません。

というのも、怒っている間は気持ちの浮き沈みが激しいので羽を飛ばす余裕がないからです。

一人を実感すれば彼女と別れたことを後悔し、後悔したと思えば怒りを思い出す…のループなので、むしろ窮屈な時間を過ごしているかもしれません。

しかし、あなたから別れを告げているのであれば男性はなにも感じていない可能性が高いです。

彼自身が怒っているわけではないので苦しむ必要がありませんし、彼女から連絡がきたら返せばいいやぐらいにしか考えていないのです。

ひさしぶりに過ごす一人の時間をただ楽しんでいるだけならいいのですが、別れているからと浮気や異性との交流をしようとする男性もいます。

もしそれがバレても「でもその期間は別れていたし」と言い訳ができるからです。

本当にあなたのことを思っていたり復縁をしたいと考えているなら普通そんなことはできないのですが、もしそんなことをしてしまいそうな彼であるなら間違いを犯す前にあなたから連絡をしてあげましょう。

その問題が起きて傷つくのは彼ではなくあなたです。

喧嘩の勢いで別れたことも羽を伸ばしていたことも男性は特に深く考えていないので、意外とすんなりよりを戻せるはずです。

喧嘩別れした彼をそのまま放置すると後悔する理由

完全にフェードアウトする可能性が高いから


喧嘩別れした後に放置すると、高い確率で彼との縁が完全に切れて見知らぬ他人になってしまいます。

喧嘩した後に何もフォローしてこない性格の男性は、自分から連絡するのはイヤだと思っているのであなたからコンタクトを取らないと今後一生顔を合わさない関係になるでしょう。

彼はあなたからの連絡を待っていますが、喧嘩別れ後に何も言ってこないと分かると「もうあんな奴は知らない」と区切りをつけてブロックされるかもしれません。

連絡手段が断たれると復縁が難しくなるだけでなく、二度と関わりを持てなくなる可能性が高まります。

よりを戻さなかったとしても、何年かして近況を聞きたいと思った時に連絡できないと寂しいですよね。

彼と何らかの繋がりを残しておきたいのなら、放置ではなくフォローすべきです。

喧嘩別れする結果となって悪いと思っていることや、時々連絡をしたい意志を伝えれば彼と良い関係が築きやすくなります。

復縁したくても気まずくて連絡できないから


復縁希望の人は言うまでもなく連絡すべきですが、連絡するタイミングを逃さないことが大切です。

喧嘩別れをした後は気持ちが落ち着くまで待つのが基本とはいえ、待ち過ぎると、「あんな最悪な雰囲気で別れちゃったから気まずくて連絡できない…」と動けない状態になります。

しばらく放置するのなら、いつくらいに連絡をするのがベストなのか?を常に意識して、タイミングを逃すミスを起こさないよう配慮しなくてはいけません。

連絡を入れるタイミングは、喧嘩になった原因や2人の性格・相性によってかなり違ってきます。

些細な衝突で冷静になって考えたらどうでもいいことだったら、期間をあけずに連絡するほうが良いです。

2人共が余裕がなくなってぶつかっただけで愛情はしっかりと残っているので、タイミングさえ間違えなければやり直せます。

逆に、あなたの浮気などで簡単には怒りが消えない理由がある場合には、早く連絡し過ぎるとさらに怒らせてしまうので逆効果。

反省している様子を見せるために、長めの期間をあけてから連絡を入れるのがベターです。

このように適切な連絡機関はケースごとにそれぞれですが、どちらにしても放置し過ぎて「連絡したいのにできない…」という状況を予防することが大切です。

最悪の印象を持たれたままになってしまうから


喧嘩別れ後にフォローなしだと、彼にとってあなたの印象は最悪のまま。

喧嘩した時の鬼のような形相しか思い出せない状態です。

愛し合った関係の人に最悪の印象を持たれたままなのはイヤですよね。

放置したままだと彼の中で「あんな奴だと思わなかった!最初はかわいいと思ったけど騙された!」という印象が最後まで残ります。

だけど、きちんと謝っておけば、「喧嘩しちゃったけど俺が好きになっただけあっていい女だったよな!」と思ってくれるはず。

何らかの連絡を入れれば少しはイメージアップするので、一言くらいはフォローしておいたほうが良いでしょう。

ただししつこい印象を与えるフォローの仕方だと余計にイメージダウンするリスクもあるので、重い長文を送るのではなく受け取った彼が不快に思わない簡潔な内容が適しています。

当てつけですぐに新しい彼女を作られるかもしれないから


あなたに謝って欲しいと思っているのに連絡がないまま放置されると、怒り狂った彼が当てつけですぐに新しい彼女を作るかもしれません。

喧嘩してむしゃくしゃしていると「別の女の子といちゃついてるところを見せて元カノに嫉妬させたい!」と思う男性が結構います。

特にモテて彼女がすぐにできるタイプなら、悔しさが原因で好きでもない女子との交際を開始する可能性が高いです。

本当はあなたと彼が相思相愛で謝ればすぐに復縁できる状態だったとしても、次の彼女を作ってしまうと簡単には元サヤに戻れません。

彼があなたとよりを戻したいと思った時に、新しい彼女が「別れたくない!」とごねると彼は「俺が付き合おうって言ったんだししょうがないか…元カノを諦めよう」と新しい女性との交際を優先させるでしょう。

両想いなのに付き合えないなんてもったいないですよね。

当てつけで新しい彼女を作られないためには、別れた後に放置せずにきちんと謝ることが大切です。

悪口を言いふらされたりデマを流される危険がある


喧嘩別れをしたカップルで起こりがちなのが、勢いで破局した後にお互いが憎しみ合って悪口を言い合うトラブルです。

親しい人に愚痴をこぼす程度なら良いのですが、鬱憤を晴らすために大げさに誇張した悪口を言いふらされたり、ありもしないデマ情報を流される危険があります。

喧嘩したのが最後の記憶になると相手の悪いところばかりが頭に浮かび、「誰かに言わないと気が済まない!」「アイツに仕返ししたい!」という心理になるからでしょう。

全ての人が悪口を言いふらすわけではないものの、自分自身の評価を下げないために彼の気が済む程度には謝っておくかフォローを入れたほうが安全です。

特に喧嘩した時に汚い言葉で罵り合って別れたカップルは危険度が高いです。

その他にも彼の性格を考えると、悪口を言われそう…と思った方は放置せずに何らかの対応をしてくださいね。

喧嘩別れ後にそのまま音信不通になる心理と理由

「俺よりも、もっといい人がいる」という思いやり


彼氏と喧嘩別れをしたあとに音信不通になってしまっている方は、相手が「彼女には俺よりももっと素敵な人が似合う」という気持ちから連絡を絶っていることが考えられます。

喧嘩をしたときに男性を責めるようなことをあなたが言っていたり、普段から「俺なんて…」と自己肯定感が低い彼であったなら、その可能性は高いと言えるでしょう。

今まではなんとなく感じていた劣等感が喧嘩別れをしたことで爆発してしまったことや、心のどこかで「離れたい」という気持ちを持っていたために、この別れがそのタイミングだと思っているのかもしれません。

「連絡を取ってしまうと彼女が自分のところに戻ってきてしまう」あるいは「自分が彼女と一緒にいたくなってしまう」と思い、無理に音信不通になって関係を終わらせようとしているのです。

あなたのことを嫌いになったわけではないので、元カレを説得することができれば復縁は可能です。

ただ、彼の固まった気持ちを溶かしてあげるためには、あなたが弱った彼の心をしっかりと受け入れてあげること、上手く言葉を使い合わせて「それでも好きだよ」ということを伝えてあげる必要があります。

普段からあまり深い話をしないカップルであると、なかなか気持ちを伝え合うのは照れ臭く難しいかもしれません。

しかし、この喧嘩別れを離れるタイミングにはせず、二人の仲を深めるタイミングにしてください。

「泣いてすがられたら嫌だ」という冷たさ


彼氏と喧嘩別れをしたあとに音信不通になってしまっている方は、相手が「泣いてすがられたらめんどくさい」という気持ちから連絡を絶っていることが考えられます。

日常的に喧嘩をすることが多かったり、あなたがヒステリックになることが多いのであればその可能性は高いと言えるでしょう。

この場合は、彼が本当に別れたいと思っているか、彼女の気持ちが落ち着くまでは放っておこうという気持ちから音信不通になっているのかもしれません。

また、あなたを突き放すだけではなく、彼自身も「泣いて別れたくないと言われてしまったら、振り払う自身がない」とも思っています。

まだ彼の中にこの気持ちがあるようなら復縁を叶えることは十分に可能な状態です。

あなたが感情のコントロールをできなくなってしまうのであれば、直接会って話すことや電話で話すことはやめましょう。

そうしてしまうと、元カレの「別れたい」という気持ちがより一層強くなってしまうからです。

LINEやメールがブロックされていないのであれば、とりあえず文章であなたの気持ちを伝えてください。

できるだけ冷静に「声を聞いてしまうと感情が乱れてしまうかもしれないので、ひとまずこのツールで連絡をします」という言葉を添えるといいと思います。

それを読んだ彼は「彼女も自分のダメなところを理解しているんだ。それなら大丈夫かな?」とあなたと向き合う気持ちを持ち直してくれるはずです。

もし、まったくLINEやメールもブロックされていて連絡が取れないのであれば、共通の知り合いなどを介して伝言をしてもらうのも一つの手でしょう。

その際は、必ず「他人を巻き込んでしまって申し訳ないと思っていること」「電話だと感情的になってしまうので、LINEやメールで冷静にやり取りをしたいこと」を伝えてください。

しっかりと相手(共通の知り合いを含めて)を思いやっている姿を見せることができれば、彼もあなたの話に耳を傾けてくれるはずです。

「連絡をしたら彼女の時間を奪ってしまう」という優しさ


彼氏と喧嘩別れをしたあとに音信不通になってしまっている方は、相手が「彼女の時間をこれ以上奪いたくない」という気持ちから連絡を絶っていることが考えられます。

この場合は喧嘩別れをしたことが原因とは考えにくく、付き合っていたときのわだかまりが彼にこのような行動を起こさせているのかもしれません。

お互いに気持ちが薄れていたり、将来のことをあまり考えずにダラダラと付き合いを続けている、または男性側がなかなか結婚に踏み切れないでいる様子はありませんでしたか?

そのことが元カレの中ではネックになっていて「彼女の若い貴重な時間を無駄にしたくない」と思っている可能性があります。

他には、あなたとの結婚が考えられないけれども、そのことを直接言う勇気がないために音信不通という手段を取って別れようとしていることもあるでしょう。

もし、あなたがそれでもよりを戻したいと言うのであれば強引にでも連絡を取ってもいいのですが、それでも一度しっかりと話し合いをすることをおすすめします。

この問題は一人で考えて答えを出すものでもないので、二人の気持ちが落ち着く結果を出せるといいでしょう。

「もう関わらないようにしよう」という決意


彼氏と喧嘩別れをしたあとに音信不通になってしまっている方は、相手が「彼女とはもう関わるのはやめよう」という気持ちから連絡を絶っていることが考えられます。

もうあなたとは付き合い続けることができない思いが「別れたい」という強い決意として行動に表れています。

「別れるのであれば後が引かないようにスッパリと切りたい」と考える方は意外に多いので、信じたくない気持ちもありますがこのような男性がいるのも現実です。

もちろん彼が自分の気持ちに整理をつけるためや連絡を取ってしまうと別れの決意が揺らいでしまうために、元カノとは連絡を取らないと決めている方もいます。

また、家族や友人に「彼女との結婚はやめた方がいい」と言いくるめられているという可能性もあります。

友人が反対している場合は、彼女の性格や付き合っているときの情報を男性側から一方的に聞いているせいで「そんな女はやめなよ」とあなたを悪者のように扱っているのです。

家族に反対されている場合は、彼女の性格だけではなく仕事や家柄で判断をして、結婚を反対していることがあります。

今の時代、そういう風習は減りましたが、未だに昭和を生きた世代の方には当たり前の価値観であったり、田舎や祖父母が家柄を大切にしているとお嫁さんの家系を気にすることがあるようです。

家族や親戚の話はなかなか踏み込んだ関係でないと話すこともないと思うので、一度彼に聞いてみた方がいいかもしれません。

「実は気になる人がいる」という浮気心


彼氏と喧嘩別れをしたあとに音信不通になってしまっている方は、相手が「このままフェードアウトして、他の女性と付き合おう」という気持ちから連絡を絶っていることが考えられます。

もともと付き合っているときから好きな人がいたり浮気をしていた、あるいは彼女に対する気持ちが薄れていたのかもしれません。

気持ちが移り変わることは仕方のないことですが、恋人に「好きな人ができたから別れよう」とはなかなか言いにくいものです。

彼女を傷つけてしまうでしょうし、別れを告げる側が悪者になってしまうのは確実だからです。

自分に非ばかりある別れ方をするぐらいなら、喧嘩別れという二人がウィンウィンになる別れ方がベストだと思っているのです。

この場合は、何度LINEやメールをしても連絡が返ってこない可能性が非常に高いです。

男性には彼女以外のことを考えているという後ろめたさがありますし、それに加えてすでに次の女性に気持ちが向いているかもしれないからです。

こうなってしまうと今の状況から復縁をするのは少し難しいので、ひとまず彼の気持ちをしっかりと聞きたいということと、別れてからも友達でいたいということを伝えるといいでしょう。

喧嘩別れ後に彼から連絡がきた時の心理と理由

別れたくない


喧嘩別れをしたあとに元カレから連絡がきた場合は、あなたとは別れたくないと彼が思っている可能性があります。

連絡をもらったあなた自身もお気づきかもしれませんが、一番単純で分かりやすい行動と理由です。

ただ、謝られたり「よりを戻したい」と言われたわけでなければ「なにを考えているの?」と勘ぐってしまうでしょう。

ストレートに復縁の言葉を出さなくても喧嘩はなかったかのように接してきたり、あなたの機嫌をとるようにしてくるのであれば、自然とよりを戻すことを男性は狙っています。

嫌いな元カノに連絡をしたり、本当に別れたいと思っている彼女に対してフランクに接してくる人はいません。

「なんで連絡をしてきたんだろう?」と考えてしまう人は、しばらく彼に身を委ねてみるといいでしょう。

もし、それでも恋人の関係に戻っているとは思えなかったり、ちゃんと言葉で言ってくれないと不安だというのであれば「わたしは復縁をしたいけど、どう思ってる?」と聞いてみてください。

まれに、中途半端な関係を続けていたら復縁はしていなくて相手には新しい彼女がいたということもあるので、確証が欲しい方はモヤモヤを抱え込まず彼と話し合うことをおすすめします。

勢いで別れてしまったのを分かっている


喧嘩別れをしたあとに元カレから連絡が来た場合は、あなたが勢いで彼と別れてしまったことを分かっている可能性があります。

もしくは、相手も彼女と別れるつもりはなかったのに勢いで別れてしまったからよりを戻したいと思っているのかもしれません。

どちらかが意地を張ってしまう性格だったり、状況的にどうしても「復縁をしたい」と言いづらいことを察して男性から連絡をしてきているのです。

派手に喧嘩をしてしまっていた、あるいは互いのことやあなたのことをひどく言ってしまった場合は相手を許せない気持ちがあると思います。

しかし、意地を張り続けているとだんだん関係を修復するのが難しくなってしまうので、ここは彼からの連絡に甘えてしまいましょう。

別れたくはないけど、どうしても許せない気持ちが残っているというのであれば、そのことを素直に元カレに伝えてみてはいかがでしょうか。

「連絡をくれてありがとう。まだ気持ちがスッキリとしていないので、もう少し落ち着いてから連絡をしてもいい?」と聞いてみてください。

気持ちが落ち着くまでには個人差がありますし、それをきちんと彼に伝えれば二人の心が落ち着いたときにゆっくり距離を縮められるはずです。

寂しくなった


喧嘩別れをしたあとに元カレから連絡がきた場合は、あなたがいなくなった寂しさから彼が連絡をしてきている可能性があります。

そのときは「別れる」という決意がかたくても、頭が冷えれば自分が悪かったことに気がついたり、一人になった寂しさから「復縁をしたい」と思うこともあるでしょう。

男性は、気持ちの整理をつけるまでの期間が女性よりも比較的長いので「なんでこのタイミングで?」という時期に連絡がくることがあるかもしれません。

別れてから最初は一人を満喫していたけど、悩みや愚痴を聞いて欲しいときに彼女がいなくて寂しくなったりしたのでしょう。

人間は怒りさえなくなれば、多少のすれ違いは元に戻そうとできる生き物です。

例えば、あなたが友達に対して不満も抱えていたとして、我慢がしきれなくなって喧嘩をしたり疎遠になったとします。

最初は「もう関わらない!」と決めていても、時間が経てば「なんであんなに怒ってたんだろう?」「やっぱり縁を切るのは寂しいな」と感情に大切な判断を任せてしまった自分を反省することがあると思います。

相手が大切な人であればあるほど、一時的な気持ちで関係を壊そうとしてしまったことを後悔するはずです。

その後悔は、相手が自分にとって必要な存在だと気がついたり、いなくなって寂しいと感じたときに生まれるのです。

彼にとってもあなたが大切な存在だったために、そばにいなくなったことで寂しさが生まれた可能性は高いでしょう。

ただ、まれに寂しさといっても精神的な寂しさではなく肉体的な関係を求めていることもあるので、少しの警戒はするようにしてください。

「一応別れているのだから、友達以上のことはしない!」とハッキリ言えば、元カレの本心が見えてくるはずです。

友達でいたい


喧嘩別れをしたあとに元カレから連絡がきた場合は、あなたとは友達でいたいと思っているのかもしれません。

別れたことは受け入れていますが、友達としては付き合いを続けたい気持ちがあるのでしょう。

この場合は復縁をしたいというよりも、喧嘩をしたままだと友達には戻りづらいから連絡をしてきている可能性が高いです。

よりを戻したいと考えているあなたは「なにを考えているの?」と彼が連絡をしてきた意図を深読みしてしまうと思いますが、相手はそこまで深く考えていません。

「とりあえず気まずくならなければいいや」程度に思っているので、このタイミングで復縁を持ちかけると男性はなにも考えていないので余計に気まずくなってしまうこともあります。

ひとまず、喧嘩別れをしても元カレから連絡があったのはとてもいいことなので、欲張らずに一度関係のほつれを直すところから始めてみましょう。

ちゃんとお別れをしたい


喧嘩別れをしたあとに元カレから連絡がきた場合は、別れの後味が悪くならないように和解をしてから別れたいと考えていることがあります。

誰でも、最後は気持ちよくさようならをしたいと思うものです。

喧嘩をしてお互いにマイナスな気持ちを抱えたまま別れるというのは、一番最悪な別れ方でもあります。

長く付き合っていたカップルなら、なおさらシコリを残したまま終わりにしたくないと思うはずです。

元カレに復縁をする気がないのか、それとも「別れてしまったから仕方がない」と復縁をするアイディアがないのかは分かりませんが、どちらにせよ彼が別れを意識しているのならしつこく連絡はしてこないはずです。

「どうしても和解をしたい!」というよりは「今までの時間を無駄にはしたくないし、どうせなら納得し合いたい」というニュアンスだからです。

あなたが別れたくないと思っているのであれば、お互いが納得をするためにもきちんと話し合いましょう。

彼も「別れたくはないけど、こないだ別れ話をしてしまったから」と、考えを改めてくれる可能性もあります。

また、男性の別れたいという気持ちが強くてどうしても復縁ができなさそうというのであれば、一度円満に離れるというのも一つの手段です。

いざこざがあって別れたカップルよりも、平和に別れたカップルの方がよりを戻す確率はグッと上がるので、焦らずにゆっくり心をかよわせる方法を見つけていきましょう。

復縁をするつもりで元カレと会ってしまうと、そうならなかった時の動揺や気持ちの乱れから再び喧嘩になってしまうことも考えられます。

そんな負のループを繰り返さないためにも復縁ができたときとできなかったときのシチュエーションを想像しておくといいでしょう。

この記事を読んで「思い通りにいかなかったとしても、とりあえず円満に別れればいつかよりを戻せる日がくる」と冷静になれば、彼とは平和な関係を築いていけるはずです。

喧嘩別れしたその後の彼の気持ちの動き

ステップ1:怒りが収まるまでに時間がかかる


男性は、彼女と喧嘩をすると怒りが収まるまでに時間がかかります。

彼の性格や喧嘩の内容によってかかる時間には差がありますが、小さな喧嘩でも一日は怒りを引きずってしまうのが普通です。

それが別れるほどの喧嘩なので、イライラが静まるまででも一週間近くはかかってしまうでしょう。

まだこの時点では復縁をするまでに考えはいたっておらず「元カノを許せない気持ち」と「許せない自分の心の狭さ」と「本当は許したい気持ち」を行ったり来たりのらりくらりとしています。

その喧嘩の内容が仕方のないこと(原因が相手の欠点ではあるけど、その欠点があると分かっていながら付き合っている)であればあるほど、彼女を許せない自分に嫌気がさすのです。

この気持ちにようやく折り合いがつくようになったとき、初めて男性は別れを後悔します。

冷却期間中は連絡をしない方がいいと言われるのはこの男性心理が理由です。

イライラと自己嫌悪で頭がグルグルしているときに連絡がきてしまうと、男性の頭はもっとこんがらがってしまうからです。

「ただでさえ気持ちの浮き沈みが激しいのに、さらに俺の心を乱してくるなんて」と元カノが連絡をしてきたことに怒りの矛先を向き変えかねません。

そのうち「もう全部やめた!」と考えること自体を放置して復縁ができなくなってしまうこともあるので、ステップ1のうちにこちらから連絡をするのは避けましょう。

ステップ2:冷静になってから後悔する


怒りが収まって冷静になれば、男性は別れたことを後悔しはじめます。

「なんで感情に任せてあんなことを言ってしまったんだろう」「どうしてもっと冷静に判断できないんだろう」と反省をする気持ちが芽生えるからです。

気持ちが落ち着いたことで生活や心にも余裕ができるので、余計に彼女と別れてしまった寂しさを感じるタイミングでもあります。

ここまでくると怒りの感情はほぼなく、その代わりに元カノの魅力的だったところを思い出すようになります。

「いつも一言多いから喧嘩しちゃったけど、楽しい子だったよなぁ」とか「文句は多いけど、人のアドバイスはちゃんと聞くいい子だったなぁ」と、大切にしなかったことを後悔するのです。

大切にできなかったことを後悔する=今ならもっと彼女を大切にできるのではないか?という意識や自信が出てくるので、ここから男性は復縁を考えるようになります。

ステップ3:彼女がまだ自分のことを好きか確認したくなる


別れたことを後悔してよりを戻したくなれば、元カノがまだ自分のことを好きでいてくれているのか確かめたくなるのが男性です。

LINEやメールで連絡をとってみたり、SNSで女性の近況を探ってみることをはじめます。

なぜ、復縁をしたくても「復縁をしたい!」と言わずに分かりにくい連絡をしてくるかというと、男性は今でも好かれている自信がないからです。

特に喧嘩別れをしている場合は、その喧嘩で彼女から嫌われるという可能性も十分にあります。

「どれだけひどいことを言っても、あいつは俺のことが好き」なんて言える男性は、とんでもなくナルシストではない限りいないでしょう。

あなたも、ひどいことを言ってしまった相手に対して「嫌われるわけないじゃん」とは思わず、「嫌われているかな?」と思うはずです。

彼にはその気持ちがあるので、どっちつかずな連絡をしてくるのです。

「まだ俺のこと好き?」と真正面から聞いてくることはなく、比較的積極的な男性でも「彼氏できた?」や「今度の休み会わない?」ぐらいの軽いジャブでしょう。

言葉にしてあなたの気持ちを確かめるというよりも、自分が言ったことに対するあなたの反応を伺っている感じです。

ステップ4:復縁に向けて準備をする


元カノから嫌われていない確証が持てたら、次はよりを戻す準備です。

会う約束をしたり、頻繁に連絡をとったりと積極的になるのでこの時点で女性側が「もしかして?」と思うことがあるはずです。

ここまでたどり着けば大きな問題が起こらない限り復縁ができると思っていいでしょう。

ただ、ちゃんと元に戻ったわけではないので不安な気持ちから連絡をしつこくしてしまったり、束縛をしてしまうことがあると思います。

彼があなたのことを雑に扱ったり邪険にしない限りは、向こうにも復縁の意思があるということなので安心してください。

ここで元カレに嫌な思いをさせてしまうと「やっぱり復縁早めようかな」と少し敏感になっている彼の気持ちを乱しかねません。

一応この時点では恋人の関係ではないので、その距離感は考えて元カレと接するようにしましょう。

ステップ5:いざ、復縁!


お互いの気持ちがなんとなく確認できればあとは二人の思いを伝え合うだけです。

男性から言ってくれることもあるでしょうし、彼がシャイなのであれば女性から言ってあげてもいいでしょう。

喧嘩をしてしまったことをしっかりと謝罪して、一時的な感情で別れてしまったことや離れて後悔をした気持ちを伝え合えばきっと復縁は上手くいくはずです。

男性と女性とでは心に仕組みや考え方が全く違うので、完璧には理解ができなくてもお互いが少しずつ歩み寄れば、喧嘩を繰り返すことなくいい関係を築いていけるでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「時には自分から素直になることも必要」

占い師 ミミコ

喧嘩別れをしてしまった二人に向けてのメッセージ、参考になりましたか?

日本は男性を立てることや、恋愛は男性にリードしてもらいたいという風習が強いですが、時には女性からアプローチをする場面も必要です。

彼が頑固であったりシャイであるならば、あなたが素直になること=男性を立てることになります。

男性からリードしてもらうことだけを考えず、相手の性格や二人の気持ちの重さを計って(あなたの復縁をしたい気持ちの方が重ければ、もちろんあなたからアプローチをしなければいけませんよね)臨機応変に身をこなせるようになりましょう。

意地を張り続けてタイミングを逃してしまうことほど、もったいないことはありません。

彼のことが好きなのであれば、その気持ちを尊重していいのです。

恋愛は駆け引きやテクニックも必要ですが、それよりも相手のことを思いやる気持ちが最大の魅力になることもあります。

あなたが彼のことを想う気持ちをしっかりと伝えて、しあわせな復縁を叶えてくださいね。

【期間限定・9月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事