※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 

「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。
 

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<

親子ほど年下…例えば20歳年下の男性を好きになったら「この恋は諦めるべき?でも彼が好き…」という心理で悩むのが普通です。

年下彼氏を持つ女性が増えてきているとはいえ、10歳以上の超年下彼氏はまだまだ珍しい存在。

ましてや親子ほどの年の差がある20代男性と40代女性の恋愛は数が少ないです。

年の差が理由で、「好きだけど結婚できない…」という悩みを抱えている女性もいますよね。

でも、フランスのマクロン大統領の妻は25歳年上で中学時代の恩師という間柄。

超年の差カップルでも幸せになれた良い事例がないわけではありません。

あなたも超年下彼氏と良い関係を築きたいのなら、これから紹介する20歳年下の彼氏と幸せになる秘訣を参考にしてくださいね。

今回は20歳年下の彼氏が年上女性と交際した時の気持ちの変化、超年下彼氏がいる女性の悩み&対処法、20代男性が40代女性との結婚に踏み切れない心理的理由、親子ほど年下の彼氏と結婚したい女性が幸せになる方法を紹介します。

色々な障害が多い超年の差恋愛ですが、気も持ちようひとつで幸せいっぱいの日々を過ごせるようになりますよ。

本日のメニューはこちら

20代男性が40代女性を好きになる心理とは?20歳年下の彼氏の気持ちの変化

付き合う前:年上女性と付き合うことへの憧れ


あなたよりも20歳年下ということは、彼氏は20代か30代前半くらいですよね。

20代で恋愛経験が少ない時期の男性は、ぼんやりと年上女性とのお付き合いに憧れを抱いています。

「絶対に年上が良い!」と明言している男子だけでなく、「そもそも年上と付き合ったことがない…だけど、年上のお姉さんといけないことをしてみたい…」そんな憧れを持つ人がたくさんいます。

また40代以降の女性だと婚姻歴がある方も多いですよね。

それも若い男性の興味を引く要因となります。

男は「人妻」というワードに弱いです。

女的には「人妻=不倫」なので良いイメージを抱けないと思いますが、男にとっての人妻はそれだけで何倍も女性が輝いて見えるほど魅力的な言葉。

普通の「彼女」にはない包容力や豊富な性経験、家事が得意で何でもお世話してくれそう…と男が求めるイメージを満たしているのが人妻だからです。

もうひとつの理由が、「他の男のもの=人妻」というイメージです。

他の男の女を奪いたい、他の男よりも優れていると認めて欲しい…そんなライバルに勝ちたい!という欲もあって「人妻」「かつて人妻だった」という条件に男は萌えます。

その結果、「20歳も年上の女性を大好きになってしまった!でも年の差なんて関係ない!彼女と付き合いたい!」となってお付き合いを始めます。

この時には、付き合った先に何が待っているか?などの思考は皆無です。

人生経験の少ない20代男性は今後の未来がどうなるか考える余裕がありません。

だから、目の前にある40代女性との恋愛に突っ走ります。

冷静に考えて恋愛する年代ではないため、憧れの年上女性と良い感じのムードになったら「彼女を愛している!」「年齢なんて関係ない!」と気持ちが盛り上がり、その勢いで交際したいと言い出します。

付き合う前:年上女性なら受け身で楽に恋愛できる


超年上女性との交際を希望する男性の一部は「自分がリードするのではなく受け身で恋愛したいから20歳くらい年上の人が良い」と考えています。

通常は男は女よりも優位に立ちたい生き物なので、「主導権を女に握られるのは耐えられない」「年齢が20歳も上だと彼女に支配されそうで嫌だ」といった心理を持っています。

だけど、20歳年下の彼氏になるタイプの男性は「お任せして恋愛したい」「彼女が僕の上に立って欲しい」という心理を抱えています。

4~5歳程度年上なだけなら、年齢の差をカバーできるので男が優位に立つ関係性を作ることが難しくありませんが、20歳も年の差があったらカバーしきれないので必然的に女性が上に立つシーンが増えます。

その状態が耐えられない!と思う男のプライドがある人は超年上の女性との恋愛に挑戦しません。

でも、受け身の恋愛を望んでいる男性は「女が上の関係性も悪くないかも…むしろ、経験豊富なお姉さんに色々なことを教えてもらえるなんて楽しそう…」と捉えるため、20歳の年の差をさほど気にせず恋愛できます。

あなたの彼氏も交際を始める前に「40代のお姉さんにリードしてもらいたい」という思いを抱えていたかもしれません。

お付き合いが始まってから、べったり甘えてきたり、お世話をされて嬉しそうにしていたら受け身の恋愛を望んでいたのでしょう。

交際を始めた直後:年上女性ならではの落ち着き感に癒される


20歳年上の女性との交際が始まると、「20代の女の子にはない落ち着き感がすごくイイ!」と年上女性の魅力にメロメロになる男性が多いです。

20歳も年齢差があると親子ほどの年の差なので、まさに母親と一緒にいるような感覚になり、通常の恋愛とは全く違った安心感の虜になるからでしょう。

男にとって母親の存在は特別です。

同性同士の娘と母親にも強い絆がありますが、息子と母親は全く違う種類の絆を持っています。

息子は子供でありながらも異性である母親を守ってあげたい存在だと思っており(=恋愛相手への想いと同じ種類の感情)、それでいて最も気が許せる相手でもあります。

「男は基本的にマザコン」という言葉がある通り、息子から見た母親は他のものでは代替できない特別感があるのです。

普通の恋愛をしていると母親のような特別感を抱くことはないため、20歳年上の女性との交際で「こんな体験は初めて!」と思うと恋心が燃え上がっていきます。

交際を始めた直後:弱い男でも受け入れてもらえる居心地の良さ


交際開始後に20歳年下彼氏が持つ心理の2つ目が、「弱い自分をさらけ出せて甘えられるのって快感!」です。

男は女の子と恋愛する際には、常に「しっかりしてないと!」「弱い男は嫌われる」といったプレッシャーを持っています。

それが心地良いと感じるタイプもいれば、「いつも強い自分でいないといけないのって、正直言うとシンドイ…」と思うタイプもいます。

後者の場合には、20歳年上の女性と付き合った時に「弱い自分でもいい関係って心地良いな」と思えて超年の差カップルの楽しさにハマります。

失敗をしても「年下だからしょうがないか…」とお相手に思ってもらえるため、不必要に責められたり、「情けない…」と言わんばかりの冷たい視線を浴びせられずに過ごせるからです。

年上に興味がないと思っていた男性によく見られるパターンで、実際に年上女性と交際するまでは素の自分でいらえることの心地良さを知らず、20歳の年の差恋愛を体験して「俺が求めてたのはコレだ!」と初めて目覚めるのです。

交際が長くなる頃:他の人みたいに若い女の子と付き合ってみたい


交際を始めた直後は20歳も年上の女性との恋愛の新鮮さに心躍らせている20代男性ですが、時間の経過と共に「他の人みたいに若い女性と付き合ってみたい…」という欲が出始めます。

これは男性の本能でもあり、人としても自然なことです。

誰でも同じ人と長く付き合っていると他の異性への関心が出始めますし、大多数の人が同世代と付き合っているのを見ると「自分も…」となるでしょう。

特に20代だと周囲からの見え方を気にする傾向が強い世代です。

年齢を重ねると「自分は自分!人は人!」と思えるようになってきますが、20代ではそこまでの自信が持てないので周囲に流されがちです。

それに加えて、男性は1人の女性だけで満足するのは難しい特性があります。

例え同年代の彼女がいたとしても目移りするのが男です。

「今の彼女との付き合いに飽きてきちゃったな~」と思えば、年の差の有無に関係なく他の女性への関心が高まります。

交際が長くなる頃:彼女の加齢スピードが速まってきた気がする


超年の差カップルだけにある特徴が、若い側の男性が女性の老化スピードの速さに驚くことです。

誰でも年を取るとはいえ、20代の10年と40代の10年は加齢スピードが違います。

女性は40代に入ると一気に衰えが進み、一生懸命頑張らないと「老けた」と思われます。

そのため、20歳男と40歳女で交際がスタートした時は「僕の彼女は40歳だけど綺麗!」と自慢に思っていても、3年後には「彼女の老化スピードが速すぎる!たった3年で物凄くおばちゃんになった!」と20代彼氏に思われる可能性があります。

現実問題として、女性は40代以降に見た目の現状をキープするのは難しいです。

30代までは若々しさを維持できても40代に入ると努力だけでは抗えない部分があり、見た目を重視する男性が相手だと「こんなおばちゃんには魅力を感じない」と思われるかもしれません。

親子ほど年下の彼氏とは別れるべき?20歳年下の彼氏がいる女性の心理・悩み

若い女子に彼を奪われそうで不安が絶えない


女にとって「加齢」は恐ろしさを感じる存在です。

美しさへの意識に敏感な人は20代後半になると「どうしよう…30代になるのが怖い…30歳を超えたら女として終わり…」と人生に絶望するほど。

そこまでの危機感がない人でも、のんびりしてられるのは30代前半まででしょう。

40歳が近付くと一気に衰えを感じ、「若いのが羨ましい…」と年下女子への妬みのような心理が芽生えます。

そして、それまではチヤホヤしてくれていた男性が、「女は若いに限る!」などと言っているのを聞くと益々不安が強まるばかり。

「若い女には勝てない」と惨敗を認めることになり、20歳年下の彼氏もいつかは若い女子に奪われてしまうのでは?という不安が消えません。

同年代の男子を相手にしていても、女子は「彼氏が別の女に奪われたらどうしよう…」という心理を抱えるもの。

ましてや20歳年下の彼氏なら耐えられないほどの恐怖心を抱いても仕方ないでしょう。

20歳年下の彼氏と付き合いたいか?というアンケートでは9割の女性が「付き合いたくない」と答えており、その理由の多くが「若い子にとられそうだから」です。

仮に20歳年下の男性と相思相愛になれても、幸せ感よりも不安が強まるのが超年の差恋愛の女性心理です。

一緒に外を歩くと親子に間違われそう


20歳の年の差カップルだと人前での見られ方も気になります。

最も怖いのはカップルではなく親子だと認識されること。

「年の差カップルなんだ~」まではぎりぎり耐えられても「ママと息子の組み合わせだよね?」と思われるとどうしようもなく悲しくなる女性がほとんどでしょう。

周囲からの批判を気にする、気にしないには個人差がありますが、親子と見間違えられるほどだと「息子みたいな子と付き合ってみっともない」「若作りしてムリしてる痛い女」「若い子をたぶらかす性悪な年増女」など、耐えがたい非難を浴びることが多いもの。

40代女性だと社会を知り尽くしているので、批判される前から「酷い扱いを受けるんだろうな~」と予測できて20歳年下彼氏とのデートが楽しめません。

20代の彼氏は世の中について経験が浅いため「そんなに気にする必要ないよ~」なんて問題にはしていないでしょうが、実際に40代女性とデートをすると友達に「お前、かーちゃんとお出かけしてんの?ダサッ!」と言われて強いショックを受けることが珍しくありません。

最悪の場合には、友達の一言が原因で20代男性から別れを告げられます。

お金や体だけが目当てなのではないか?


20歳も年上だと経済的にも彼氏より潤っている女性が結構います。

そうすると、彼氏の住む家の家賃の一部を負担するなど経済的な援助をする流れとなり、次第に「私は金のために利用されているのでは?」といった心理が芽生えます。

他には「体が目的なのでは?」と悩む40代女性も多いです。

経済的な援助をしていなくても、無料でいつでもヤラせてくれる女性がいれば男が寄ってくることを知っているからです。

豊富な人生経験があると「普通に考えて20代男子が40代女性を相手にするはずがない…ということは体目的?」となるのでしょう。

若い女子とも頻繁に遊びに行きながら40代女性との交際を続ける20代男子もいるので、そんな状況に置かれるとますます「お金のためだけに私を利用してる?」という心理が強まります。

世間体を気にして周囲に年下彼氏を紹介できない


本当は彼氏の友達や家族に彼女として紹介して欲しい、自分の友達や家族に20代彼氏を自慢したい…そんな思いがあっても、批判的な扱いを受けるかもしれないと思うと誰にも紹介できないままで関係を続けることになります。

恋愛の初期は2人で一緒にいるだけで幸せでしょうが、付き合いが長くなってくると結婚を意識するのが普通です。

頭では彼はまだ若いし結婚なんて頭にないんだろう…と分かっていても女性なら結婚を忘れてお付き合いをすることはできません。

無理だと思っていても「結婚できたら…」「愛し合っているんだから年の差を乗り越えて結婚したい!」そう感じます。

しかし、結婚ともなると彼の家族の同意をもらわなくてはいけません。

彼の母親は自分と同じ40代…女友達と一緒です。

「自分と同じ世代の女が息子と結婚したいと言ってきたら…どう考えても反対されるに違いない」と予測できるので紹介できないままで時間が過ぎるでしょう。

または、紹介しても激怒されて受け入れてもらえない日々が続くケースがほとんどです。

彼が頼りなくて安心して甘えられない


20歳年下の彼氏を持つ女性の心理は「若いからっていう理由があると彼氏に対して寛大になれる」ですが、あまりにも頼られっぱなしになると「私もたまには安心して甘えたい…でも20歳年下の彼氏は頼りなくて満足できるまで甘えきれない…」と満たされない心理になります。

20歳も年上だったとしても、女だったら好きな男に甘えたいもの。

だけど、20歳年下の彼氏は甘えさせてくれない…同年代の男性と比較すると圧倒的に落ち着き感や安心感が不足している20代男性への不満が募っていく女性は珍しくありません。

仕事でトラブルがあったり、プライベートで困難な状況になった時には「こんな時には支えてくれる頼りがいのある彼氏が欲しい」と思えてきて、「このままこの子と付き合ってて良いのかな~別の人を探そうか…」と心が揺らぎます。

性的な面での不一致感がある


身体的な機能が年代によって違うため、性的な面でのギャップに苦しむのも超年の差カップルの特徴です。

性的な面での不一致は主に2つ。

1つ目は性欲が旺盛な20代男性との性生活に疲れてしまうパターン。

体力的な衰えがあると、元気いっぱいの彼氏の性欲についていけません。

でも、40代女性は性生活で不満を抱かせると20代男子がすぐに離れて行くことを知っているため無理をしてでも彼の欲求に答えようとします。

その結果、「20代と付き合うのは体力的にしんど過ぎる…」という悩みを抱えます。

2つ目は性生活の内容に関する不満です。

経験が浅い20代男性は自分本位のエッチをすることが多く、40代女性は物足りなさを感じます。

それまでに他の男性との経験があると「同世代の男は女を悦ばせるテクがあるけど若い子は自分勝手なエッチばっかり…」と比較してしまうからでしょう。

かといってストレートに性の不満をぶつけることもできずに悶々と悩むことしかできません。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

超年下彼氏と別れないために!20歳年下の彼氏がいる女性の心理・悩みへの対処法

彼氏の愛を信じて余計な心配をしない


20歳年下の彼氏との恋愛では、愛を信じる力が必要です。

相手が誰であっても信じる気持ちが大切ですが、普通以上に彼を信じてあげられないと幸せな恋愛はできないでしょう。

なぜなら、20歳年下の彼氏と付き合うこと自体がハードルが高いため、不安なく恋愛するためには信じる以外の対処法がないからです。

自分磨きをして美しさをキープすれば多少は自信を付けられるでしょうが、20歳という年齢差を完全に埋めることは不可能です。

どれだけ頑張ったところで20歳年下の女子に若さで適うわけはないので、できることは彼の愛を信じることくらいです。

冷静に考えて、20歳年上の女性が彼と同年代の女子よりも不利なのは紛れもない事実。

それなのに「若い女に負けたくない!」「彼を奪われてたまるものか!」と敵意を向けると余計に苦しくなるだけです。

だから、「私は20代女子には若さでは敵わないけど、彼は40代の私を好きだと言ってくれているから今の私で良いんだ」と思って彼氏の愛を信じましょう。

頼りないところがあったとしても20歳年下の彼氏は一生懸命になってあなたを愛してくれていますよね。

だったら彼の愛を疑わずに「今の幸せを満喫しよう!」と思うのが一番です。

若い子に奪われるかも?という不安を抱えたところで年の差が解消するわけでもないし、彼の心を引き止められるわけでもありません。

それよりも「僕を信じてついて来てくれてる」と彼に思ってもらったほうが2人の関係が上手くいきますよ。

不安に感じていること・不満点を彼に話す


20歳も彼氏が年下だと「私が我慢しないと!」と感情を制限してしまいますよね。

でも、彼とは恋愛関係にあるのだから立場は平等です。

あなたのほうが人生のベテランだったとしても、恋人同士なら何でも言い合っても問題ありません。

「あなたの友達にママだと思われるのが心配」「エッチの時はもう少し私の意見も聞いて欲しい」など不安や不満点を正直に彼に話してみてください。

超年上の女性を好きになる男性は、パートナーの意見に対して「うるさい!生意気いうな!」という態度ではないはず。

人生経験が浅いためあなたの不安を正確に理解してもらうのは難しかったとしても、「じゃあ、不安がなくなる方法を一緒に考えよう」くらいには思ってくれるかもしれません。

20歳も年下だと「言っても伝わらないし…」と諦めたくなると思いますが、良いパートナシップを築きたいのであれば年齢を言い訳にせずに何でも言い合える関係を目指すべきです。

すぐに問題が解決しなくても、言いたいことを伝えられるだけであなたの不安や不満が軽くなると思いますよ。

頭で考え過ぎずに感情を優先させて自由に甘える


彼に甘えられない…という悩みを抱えている方は、頭で考え過ぎずに「は~疲れた!今誰かに甘えたい!」と思った時に感情を優先させて自由に彼に甘えてみてください。

「甘えすぎると20代には重すぎるから…」「彼の負担になりたくない」などと考えていると甘えるチャンスを逃して遠慮しながらしかお付き合いできません。

20歳も年上の女性を選ぶ男性が「彼女にたくさん甘えたい!」という心理を抱えているのは事実なので、その期待を感じ取ると「彼が甘えたがってるから、私が甘えるのは控えめにしよう」と気を回す40代女性が多いです。

その状態に不満を抱えているのなら思い切って20代彼氏に甘えてみましょう。

男は母親から頼られると「ママを守ってあげないと!」と思う生き物です。

年齢の上下に関係なく女性を守りたいと思っているので、あなたが思っているよりも「年上彼女に甘えて欲しい」と強く感じているはず。

だけど、年上の彼女が自ら甘えてこないと「彼女は大人だから甘えなくても平気なのかな」となって、あなたの本心に気付けないままで時間が過ぎます。

逆にどんどん甘えて頼ってみれば、それが彼を成長させるきっかけになります。

「彼女は大人だけど僕がいないとダメなんだ」と思わせれば、頼りがいのある男性に成長していきますよ。

心に余裕を持つよう意識して結婚を迫らない


20歳年下の彼氏から好意を寄せられると嬉しい反面、戸惑いもありますよね。

親子ほど年下の男性から恋愛対象に見られることは滅多にないので素直になれないのも分かります。

でも、「大事な存在だ」「愛してる」と言ってもらえたのなら「20歳も年下の男性に選ばれた私ってスゴイ!」と思っておきましょう。

この心の余裕が持てることで、彼に対して重すぎる発言を減らせる効果が期待できます。

40代になると「早く結婚したい」と思いますよね。

「私は彼に選ばれた女だ」という心の余裕がないと、他の若い女にとられる前に自分のモノにしておきたい!と思えて「早く結婚して!」「早く子供が欲しい」などと彼に迫ってしまうリスクが高まります。

当然のことながら20代で結婚を急かされると男は逃げたくなりますが、これは相手女性が20代でも40代でも同じです。

また、40代女性と恋愛するところまでは抵抗がなくても、結婚は別だと考える男性も少なくありません。

だから結婚を迫って彼に嫌われないためにも「私は選ばれた女」という誇りを持って過ごしましょう。

強引に結婚を迫る女が男から嫌われるのは年齢に関係なくすべての恋愛のセオリーです。

あなたは早く結婚したいと思っていても、彼は同じ気持ちではないことを覚えておきましょう。

金銭面などで援助し過ぎないように注意する


20歳の年の差カップルは金銭面でも注意が必要です。

20歳年下の彼氏がいると、デートは割り勘か女性が多く出すケースが普通。

同年代だと男が奢るパターンのほうが多数派ですが、年の差カップルだと年収が高い年上女性が多く負担する流れになるからでしょう。

金銭面での負担割合は個々のケースによって正解が違うため、どうすれば一番良い!という答えはありません。

ただ、デートの食事を割り勘にするだけなら問題ありませんが、生活費などを毎月渡すのは避けたほうが安全です。

金銭が絡むと愛情の種類が変わっていき、愛よりもお金の繋がりを重要視する傾向があります。

最初はあなたを本気で愛していても、金銭的援助を受けているうちにパトロンのような気分になり愛情が薄れていきます。

良い恋愛関係を続けるために援助し過ぎないよう注意してくださいね。

好きだけど結婚できない?20歳年下の彼氏が年の差婚に踏み切れない心理的理由

経済的に養っていける自信がない


「20歳年下の彼氏と結婚したいけど彼が結婚にOKしてくれない」

「そもそも20歳年下の彼氏との結婚を望んでも良いのか?」

など、超年の差カップルは結婚に対して様々な悩みを持つと思います。

現実問題として20歳年下の彼氏との結婚を叶えることは容易ではありません。

その理由のひとつは、年下彼氏が「経済的に家族を養っていける自信が持てない」ことです。

今の時代に20代で十分な収入を得ることは難しく、「この給料じゃ結婚は到底無理」と諦めている男性がたくさんいます。

20歳年上の彼女がいると、「40代男性と同額程度は稼げないと結婚できない」と思えることも関係しているでしょう。

お互いに20代だと「安月給だけど仕方ないよね」と逃げ道ができますが、自分よりも高給与の彼女がいるとそんな悠長な気分にはなれません。

今後の可能性を捨てる勇気が持てない


結婚したら他の女性との関係を持てなくなるため、「今の40代の彼女に一生を捧げて良いのか?」という迷いも出ます。

20代で女性経験が少なければ今後の可能性を捨てる勇気を持てないのも仕方ないことです。

いくら心の底からあなたを愛していても、「運命の人とこれから出会うかも…」と思えると決心がつきません。

40代のあなたは残された可能性が彼よりもぐっと低いです。

この先にそんなにいい出逢いもないだろうしな…と思っていませんか?

でも、20代男性はこれからの未来への期待が大きい世代です。

「いま人生のパートナーを決めてしまうのは早い気がする」と思えるのも自然なことでしょう。

子供が持てない人生だと後悔しそう


結婚相手を選ぶ基準のひとつになるのが「子供を産めるか」です。

20代男性だと「子供なしの夫婦でも良いかな」と楽観的な予測を持つ人が多いものですが、20代の後半に差し掛かると「やっぱり自分の遺伝子を残しておきたい」と考えが変わります。

個人的な価値観なので全ての男性が子供を欲しがっているわけではありませんが、自分の生きた証として子供を作りたいと思う男性が多数派です。

そうすると、できるだけ若くて妊娠できる可能性の高いパートナーと結婚したくなります。

すでに40代になっていると妊娠できる確率が低いため、子供が持てない?という理由で結婚を渋られるかもしれません。

ぬくぬくした環境だと成長できない


20代男性が40代女性と付き合うと、何でもお世話してもらえて居心地が良いと感じる一方で「今のようなぬくぬくした環境では俺は成長できない」と焦りに似た心理を抱えます。

男は苦境を乗り越えながら大きくなっていくため、母親の愛に包まれたかのような環境だと不満を抱くからでしょう。

他の男性が女の子との関係で苦労しつつ恋愛偏差値を上げていたり、誰にも頼らずに努力している姿を見ると「俺ももっと色々な経験をしないと!」と思い、のんびりとした結婚生活に抵抗感を覚えます。

あなたが母親のように何でもお世話をしてあげていると、刺激に飢えた20代男性は結婚に踏み切れません。

今はいいけれど20年後が心配


結婚は恋愛と違って何十年単位での付き合いになるため、20年30年後を考えると不安になります。

ただでさえ未来が心配になるものなのに、20歳も年の差があったら尚更です。

25歳と45歳で結婚したら、20年後には45歳と65歳です。

働き盛りの男性と65歳の女性の生活を想像すると不安になるのも当然です。

よっぽど彼女を愛していて「20年後に彼女が65歳になっていても愛し続ける自信がある!」と思えれば結婚に踏み切れますが、そう思えるケースは滅多にないでしょう。

このように20歳年下の彼氏が40代女性との結婚に踏み切るには多くの問題を抱えています。

それでは、どうすれば超年下彼氏を持つ女性が幸せを手に入れられるのでしょうか?

次は、40代女性が20代男性との時間を楽しむコツについてお話します。

親子ほど年下だけど…20歳年下の彼氏と結婚したい女性が幸せを手に入れる秘訣

永遠の関係ではなく思い出作りだと割り切る


親子ほど年下の男性との結婚を望む女性が幸せになる秘訣は、永遠の関係ではなく思い出作りだと割り切ることです。

10年後も30年後も彼と一緒にラブラブでいたい!という目標を掲げると叶う確率が極めて低く、叶えられない望みを持つことで苦しみが増します。

実際に超年の差カップルを経験している人達の意見を聞くと、「とりあえず今が幸せだから満足してる」or「彼との将来を考えると不安でたまらない」に二分されます。

幸せを実感できている女性は永遠の関係を望んでいないのが違いです。

20歳年下の彼氏と末永く仲良し関係でいようと思うと、乗り越えられない問題の多さにウンザリして今の幸せを見過ごしてしまうでしょう。

障害の多い「20代男性×40代女性」の恋をしている時に「ずっと今の関係をキープしたい」と思っている人は不安に耐えられなくなり別れを選びたくなります。

でも、

「彼と出会えただけで幸せ」

「いつかは終わる関係だけど思い出ができれば良いと思っている」

「先のことは分からないけど精一杯愛してくれる彼に感謝してる」

と思える女性は、結婚してもしなくても幸せを実感できています。

これは超年下彼氏と幸せな時間を過ごす上で最も重要なことです。

だから、あなたも彼との結婚にこだわるのではなく「今が幸せだからいっか!」「20歳年下の彼氏に愛される貴重な経験ができている」と考えてみてくださいね。

考え方を少し変えるだけで、彼との時間をもっと楽しめるはずですよ。

いわゆる「普通の結婚生活」に囚われない


20歳年下の彼氏と結婚したい女性は、「普通の結婚生活」に囚われないことも大切です。

家族が揃って暮らすのが普通…そんな既成概念があると年齢差の大きい相手と幸せになることは難しいです。

そもそも20歳の年の差カップルは珍しい存在なので、いわゆる「普通の結婚生活」を目指してしまうと「20歳も年の差がある夫婦は普通じゃない」と思えて幸せを感じられません。

でも、週末婚で平日は別々に暮らす…など柔軟な形でお付き合いや結婚生活を送れば無理せずに自分達らしい恋愛関係が築けます。

また、過去の結婚で前夫との子供がいる場合もありますよね。

そして子供の年齢と20歳年下の彼氏の年齢がほぼ同じだったりすると、親子関係を築くのは困難です。

子供はお兄さんくらいの年齢の人を「お父さん」とは思えません。

それなのに「普通の結婚生活」にこだわると「お兄さんではなくお父さんと呼びなさい!」と子供に強いてしまって親子関係まで上手くいかなくなります。

そのため、「普通の結婚生活」を目指すのではなく「自分達らしい家庭の築き方」を心がけましょう。

世代間ギャップをポジティブに捉えて楽しむ


20歳年下の彼氏が相手だと、半端ない世代間ギャップがあると思います。

親子ほどの年の差なので、2人の間に壁を感じるほどでしょう。

でも、超年の差でも幸せになれた女性達は世代間ギャップをポジティブに捉えて楽しんでいるのが特徴です。

「若い人の意見にはツイていけないわ~」とあなたが思えば2人の溝が深まるだけ。

「世代が違うから理解できない」ではなく「若い人の感覚って面白い!」「もっと彼の価値観を知りたい!」と積極的に新しい考えを受け入れましょう。

違いを残念がると、彼との時間を楽しめませんよね。

20歳も年の差があるんだから考えが違って当然です。

もし自分の知らない世界に出会ったら「どうせおばちゃんには分からない話だし…」と拒否するのではなく、「私にも教えて!」と彼に聞いてみてください。

知らないままだと「若い人の感覚は不思議…?」としか思えないでしょうが、自分も同じ世界に飛び込んでみると「こんなの初めて!楽しい!」と思えますよ。

浮気心を出さずに年下彼氏との恋愛に集中する


20歳年下の彼氏がいると、「捨てられた時のために保険をかけておきたい」と思うせいか同年代の彼氏探しをしながら超年下彼氏と交際する女性が結構います。

いざという時のショックを和らげるために保険をかけたい気持ちは分かりますが、20歳年下の彼氏が本気で好きなら浮気心を出さないほうが幸せ感を得やすいです。

保険をかけることで「これで安心できる!」と思えれば良いのですが、ほとんどはどちらとも中途半端な気持ちしか抱けずに「余計に苦しい」「どうすべきか分からなくなった…」という結果になります。

これは20代男性を本気で好きなのに、無理をして同世代の男性とも関係を持つことで心が混乱するからです。

20歳年下の彼氏を本気で愛しているなら、浮気心を出さないほうが良いですよ。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「20歳年下の彼氏の心理を理解して幸せなカップルになろう!」

占い師 ミミコ
20歳年下の彼氏がいる女性は、常にいい女で居続けるための努力を欠かさないようにしましょう。

20代男性に好かれる40代女性は男心を掴む魅力を持っているのは確かです。

それに、平均レベルよりも若々しさや美しさを兼ね備えているはずです。

これからも女らしさを失わない努力を続ければ超年下彼氏の心を繋ぎ止めておけますよ。

それに、美しさをキープしておけば、いつの日か超年下彼氏とお別れする日が来たとしても、他の男性からたくさん声をかけてもらえるでしょう。

また、20歳年下の彼氏は「僕の彼女は20歳も年上だけどかわいい!」と、あなたを自慢したい心理を抱えています。

彼が自慢したいほどの彼女だという誇りを持って、超年下彼氏との時間を楽しんでくださいね。

【期間限定・5月31日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事