破局してしまう理由の中でも後悔を抱きやすいのが喧嘩別れをした時です。

お互いが好きになって付き合い始めたカップルでも、一度喧嘩が始まると相手の全てが悪く見えてしまうこともあるでしょう。

喧嘩別れの怖いところは、別れる気がなかったのに感情的になってしまったせいで別れるという選択肢を選んでしまうことです。

好きで付き合い始めたのですから、通常は別れたいと思うことはあっても、そのまますぐに別れを選択することはありません。

どうしても我慢できなくなった時に、ついに別れを決意するのであって、感情だけで別れを決めてしまわないのが普通です。

しかし、喧嘩別れの場合には、そこまで嫌いになったわけでもないのに、勢いで別れてしまうので、お互いに後悔する結果になるのでしょう。

特に男性にとっては女性と喧嘩するというのは大きな意味を持つこと。

喧嘩別れをした後の気持ちは女性と男性では大きく違います。

喧嘩別れをして復縁したい時には、喧嘩をした後の男性の気持ちを理解することが大切です。

ここでは喧嘩別れをした後の彼の気持ちを説明し、喧嘩別れからやり直せた成功例を紹介します。

音信不通の彼から連絡がきたケースや、喧嘩別れ後の適切な連絡時期などについてもお話するので参考にしてください。

本日のメニューはこちら

喧嘩別れから連絡なし…別れた彼の気持ちは?

男としてのプライドで絶対に自分から連絡したくない


喧嘩別れをした後は、お互いに別々の時間を過ごし、どちらかが連絡をすれば復縁できる可能性が出てきます。

しかし、どちらからも連絡をしないままでは復縁につながることはありません。

そのため、女性は喧嘩別れをした後に、復縁のために自分から連絡をしたほうが良いのかどうか迷う人が多いのですが、男性は自分から連絡をしない人の方が多いと言われています。

喧嘩別れの後に自分からは連絡しない男性は、喧嘩に対して女性と違った視点を持っているため、喧嘩別れをした後の気持ちも一般的な女性とは異なっているのが特徴。

自分から連絡をしないからといって、その男性が復縁したくないという気持ちでいるとは限りません。

心のどこかでは復縁もアリだなという気持ちがあっても、男としてのプライドが邪魔をして、自分から連絡をするという行動がとれないだけです。

男性にとってプライドはかなり重要な位置づけにあり、プライドを傷つけられるくらいなら復縁はしない!という決意を持つ男性が多いものです。

特に相手が女性ともなると、同性相手よりも強くプライドを傷つけられる気持ちになるので、自分から謝るなんてことは絶対にしたくないと考えるのです。

彼女への好きだという気持ちがかなり強かったとしても、プライドが邪魔をして行動に移せない男性が多いので、喧嘩別れの後には女性が気を利かせて動くほうが復縁をしやすくなるでしょう。

彼女の気持ちが理解できないので何を話していいか分からない


喧嘩別れをした後に冷静になった男性の心理状況としては、「やっぱり女性は何を考えているのか分からない…」という気持ちになっていると考えられます。

女性は人の気持ちを察するのが上手なので、喧嘩別れをした後に「〇〇くんは私が言ったことで傷ついたんだな…」と相手の気持ちを考えることができますが、男性はそこまで気がまわりません。

どうしても、自分の価値観に当てはめて考えてしまうので、女性がどうして怒ったのか、どうして喧嘩になったのかを考えても、今ひとつピンとくる答えが出てこないのでしょう。

また、女性の気持ちを間違えて解釈してしまうのも男性の特徴です。

女性としてはそんな気持ちで言った訳ではないことを勝手に自己解釈して、「そうに違いない!」と思い込んでしまう男性もいます。

そうすると、もう彼女は二度と自分と話をしたくなのではないか?こちらから連絡をしたら余計に嫌われてしまうのではないか?という気持ちになっていきます。

男性は自分から行動をして拒否されることを極端に嫌うので、せめて自分から傷つかないように行動を起こすのはやめておこうという流れになるのでしょう。

また、普段から女性の気持ちを察するのが下手な男性は、喧嘩の時以外でも「女性の気持ちが分からない…」という悩みを抱えているので、「彼女のことを考えるのに疲れた…」という気持ちにもなります。

女性は男性に分かって欲しいと思うので、男性は女性を理解しようと努めますが、女性の心を男性が完全に理解するのは難しく、女性がそれに満足できないと度々喧嘩に発展してしまうということになります。

そういたことを繰り返していたカップルの場合には、男性が女性の気持ちを気遣うことに疲れてしまって、連絡をしてこないという可能性もあります。

なんであんなことをしてしまったんだろうと後悔している


感情的に怒ってしまう性格の男性は、喧嘩別れをした後に激しく落ち込んでいることがあります。

男性は女性よりも気持ちの動きがダイナミックです。

特に怒りの感情は女性の何倍も強いエネルギーを持っているので、男性によっては自分で怒りをコントロールできない人もいます。

こういったパターンでは男性自身も怒りっぽい性格だと気付いているのですが、かっとなると何も考えられなくなってしまうのでしょう。

だから喧嘩の時には別人のように怒る男性は、喧嘩後に普段の自分に戻ってから、女性に対して強く怒ってしまったことに対して罪悪感を抱くようになります。

喧嘩の時に自分で納得して怒っているのであれば、ここまで後悔をすることはないのでしょうが、自分でもコントロールできていないと気付いているので、悔しいという気持ちも混ざっています。

こういったタイプの男性は何度も感情的に喧嘩を繰り返す傾向があるので、過去にも同じような後悔をしています。

何度も繰り返すうちに、どうして自分は感情をコントロールできないんだろう…という自己嫌悪の感情もわき自分に自信がなくなっていきます。

そのため、こんな自分では彼女に嫌われて当然だという気持ちになってきて、なかなか自分から連絡ができないのでしょう。

別れたことですっきりとしている


元彼の性格によっては、喧嘩別れになったとしても、別れられたことですっきりとした気持ちになっている可能性があります。

女性と違って男性は自由でいたいという欲が強いので、基本的に一人の女性だけに縛られるのが苦手です。

自由になりたい欲は個人差がかなりありますが、男性ならだれでも思っていることなので、喧嘩別れをした後には心のどこかで、これで自由になれた…とホッとしているでしょう。

しかし、この気持ちは一時的なもので、安心した後には急に寂しさが襲ってきます。

いつも一緒にいた女性がいないことで、切ない気持になってきますが、気楽だと感じている気持ちも残っているので、ふたつの気持ちの間で揺れ動いている状態です。

つまり、自分から元カノに連絡をすればやり直せるかもしれない…という期待を持ちながらも、やり直したら自由が失われてしまう…という両方の気持ちを持っているということ。

どちらの良さも手放したくないという気持ちがあるので、行動に移せずに時間だけが過ぎていきます。

ここで、彼女がいないことへの寂しさの方が強くなれば、男性の方から連絡をしてくるのでしょうが、自由さも手放したくないという気持ちが強いと、なかなか連絡することができません。

特に仕事が忙しいなど時間的な余裕がないと、このまま1人で過ごしたいと考える男性が多いようです。

元カノに合わす顔がない


喧嘩別れの時に普段は見せないような姿を元カノに見せてしまった場合には、男性自身が恥ずかしさや後悔の気持ちを強く持つことがあり、それが原因で連絡できないこともあります。

特に暴力的な行動や大声を荒げるなど、女性を怖がらせるような行動をとってしまった後に男性は落ち込みやすいです。

本当はもっと女性を大事にしたいと思っているのに、女性に暴力をふるってしまった自分にもショックを受けているからです。

男性はホルモンの影響でどうしても女性よりも暴力的な行動をとってしまいます。

普段はそこまでのことをしないにしても、喧嘩になると気持ちが高揚して別人になってしまう男性は多いものです。

男性にそのような行動をとられた時に、女性は強い恐怖を感じます。

喧嘩の後は女性に怖がられていることを分かっているので、男性は女性に合わす顔がないという気持ちになり連絡をとれないのでしょう。

こういったことがあっても復縁をしたい時には、暴力が酷くならないよう対策を行いながら復縁を進めることをおすすめします。

男性自身も暴力的な行為や声を荒げることを直したいと思っているのであれば、きちんと努力をすれば直すことができます。

同じことを繰り返してしまわないためにも、ただ復縁するのではなく良い関係が築けるよう努力していきましょう。

喧嘩別れのその後すぐに彼とやり直せた成功例

女性が先に謝罪した


喧嘩別れの後にすぐやり直せた成功例として最も多いのは、女性側から先に謝ったケースです。

これは喧嘩の原因に関係なく、どちらが先に謝ったかというところがポイントです。

喧嘩の原因によっては、女性が謝る必要は全くないということもあるでしょうが、関係を続けたいのであれば、喧嘩の時には先に女性が謝ったほうが良いでしょう。

先に謝るというのは、彼の要求を全て受け入れるという意味ではありません。

彼の要求を全て受け入れていたら、それは平等な関係ではなくなってしまい、良い関係を築くことができなくなります。

謝罪をするというのは、そういった意味ではなく、「喧嘩になるようなことをしてごめんなさい」と謝るということです。

原因や彼の要求に対してではなく、喧嘩になっている状況に対して自分も非があったと認めるということです。

喧嘩は片側だけに原因があって始まることもありますが、付き合っているカップルなのであれば、原因だけを追求するのではなく、お互いを思いやる気持ちが重要です。

時には彼が悪いことをしていたとしても、好きな相手だと思って多少は受け入れましょう。

そうすれば、彼が一方的に悪い喧嘩の時でも、「ごめんなさい」という言葉が出てくるはずです。

最初に自分も悪かったということを伝えれば、彼の気持ちは大きく変わります。

男を立ててくれると優しい女性だと思ってもらえれば、彼もこれ以上無茶を言うのはやめておこうという気持ちになってきます。

彼氏の気持ちがそこまで変化してから、次に自分の要求を伝えましょう。

先に自分の要求を伝えてしまうと、彼の怒りはもっとヒートアップしてしまいます。

喧嘩の時には、謝罪と自分の要求を伝える順番を間違えないようにしてください。

喧嘩の時には、まず女性が引くというパターンを作っておけば、復縁が成功するだけでなく、その後の2人の関係も良い状態を維持しやすくなるでしょう。

ほめ上手な会話を心がける


喧嘩別れをした後の会話の仕方次第では元彼の気持ちを復縁に向けることができます。

喧嘩をしたということは何かの不満があったということになりますが、ここで「~するのはやめて」と言うと男性は気分を害します。

何かを要求するのだとしても、女性が男性を立てるような伝え方をして、復縁が成功したというケースがあります。

これは、男性は常に褒められたいという心理を上手に使った方法です。

「~して!」と要求を伝えるのではなく「~してくれたら嬉しいな」という言い方をすれば、男性はやってあげようという気持ちになります。

喧嘩別れをして険悪な雰囲気になってしまっている時には「〇〇くんは今も十分優しいけど、もっと優しくして欲しい」など、今で既に十分満足しているということを先に伝えるようにすると、男性の受け取り方が変わります。

ここで、「もっと優しくして!」というと男性は責められているように感じますが、「今でも十分優しい」と現状に満足していることを伝えれば、悪い気はしません。

喧嘩別れをした後は、元彼のことを責めたくなっているかもしれませんが、ここで彼にさらに要求を突き付けてしまうと関係が悪くなってしまいます。

復縁をする時には、彼の気持ちを振り向かせることが重要。

とにかくたくさん元彼を誉めましょう。

会話の中で彼が言ったことに対して「〇〇くんのそういうところが好き」と具体的に褒めるのもおすすめです。

普段はそこまで褒めないような間柄だったとしても、復縁を叶えたい時には積極的に褒めることが大切。

口頭では恥ずかしい時にはlineやメールなど文字で連絡をとれば、元彼のことを褒めやすいと思います。

自分の気持ちを素直に伝えた


女性が「別れてしまうのは、すごく悲しい」「〇〇くんがいないとダメなの…」「喧嘩別れしたことを後悔している」など気持ちをストレートに伝えることで、喧嘩別れの後にすぐに復縁できることがあります。

これは、男性が女性の素直な気持ちを聞いて、初めて気持ちに気付くからでしょう。

女性は男性の気持ちが大体分かるので、男性にこう思っている!ということを言われても、そこまで驚きませんが、男性は女性が気持ちをストレートに表現して初めて「そんなことを思っていたのか!」と気付きます。

喧嘩の時にも男性は自分の感情で頭がいっぱいになっており、女性の気持ちまで考える余裕が持てません。

そのため、女性はできるだけ自分の気持ちを正直に男性に伝えることが大切です。

男性は曖昧な表現だと誤解してしまうことがあるので、喧嘩別れをした後には、できるだけ分かりやすく自分の気持ちを伝えましょう。

口頭で伝えるのが恥ずかしい場合には、メールやlineを使う方法もありますが、顔を見て伝えたほうが気持ちが伝わると思います。

また、「喧嘩で感情的になって発言しただけで、本心ではないことを言ってしまった」と喧嘩中に発言したことは本当の気持ちではないと男性に伝えることができれば、傷ついた男性の気持ちを癒すこともできるでしょう。

喧嘩の最中に酷いことを言ってしまった場合には、その言葉で男性がプライドを傷つけられたり、彼女が信じられなくなったりしていることがあるので、早めに本心ではないと訂正をしておきたいところです。

酷い発言をしながら「別れて悲しい」と言っても、自分勝手な発言だと思われてしまうことがあるので、もし喧嘩の最中に反省すべき発言があるのだとしたら、先に謝っておきましょう。

こちらから連絡をせず彼の気持ちがおさまるのを待った


喧嘩別れをした後は一切連絡を取らずにいることで、元彼から「復縁したい」と連絡が来ることもあります。

こういった方法は男性の性格によって使い分けることが非常に重要です。

寂しがり屋、気分屋の男性であれば、この方法が使えます。

喧嘩別れをした後に元カノから連絡がないことで、いてもたってもいられずに自分から連絡をしてしまうからです。

男性はいつも一緒にいた彼女が傍にいないことを実感するにつれて、やっぱりやり直したいという気持ちになる人が多いものです。

気分屋の男性の場合には喧嘩の時だけ機嫌が悪く、普段は落ち着いている人もいるので、喧嘩の時の自分の行動を後悔して、冷静になってから連絡をしてくる可能性が高くなります。

寂しがり屋の男性は、喧嘩の時には嫌な気持ちになっても、それは一時的な感情だったと気付けば、彼女が近くにいない状態に耐えられなくなって、自分から連絡をしてくるでしょう。

この場合には彼の気持ちが冷静な状態に戻ることが大切なので、彼のペースで復縁を進めましょう。

中途半端な時期に元カノから連絡を受けてしまうと、感情が喧嘩の時に逆戻りしてしまう恐れがあります。

男性は女性よりも気持ちの切り替えに時間がかかります。

元カノは喧嘩別れをしたことを過去のことだと感じていても、まだ元彼は喧嘩別れの嫌な気持ちを引きずっている可能性があります。

そうならないためには、彼の気持ちが落ち着いて彼から連絡をしてくるまで、じっと待つという方法を試してみてください。

また、元彼の性格がプライドが高い場合には、この方法は逆効果となってしまう危険があるので、元彼の性格によって使い分けることが大切です。

一緒に喧嘩の原因をなくす努力をしようと相談する


喧嘩の原因には様々なものがあると思いますが、中には努力すれば原因自体をなくせるものもあります。

例えば、一緒に暮らしていて家事分担で喧嘩になった時には、家電を購入するという方法で喧嘩を回避できます。

食器洗いひとつとっても、毎日のことになると、ストレスがたまり喧嘩の原因になることがあります。

そういった誰も悪くないことが理由で喧嘩になっている時には、どちらかが我慢をするのではなく、別の方法で解決策を考えてみてください。

食器洗いが原因で何度も喧嘩をするくらいであれば、食器洗浄機を買えば喧嘩の原因がなくなります。

もしも、喧嘩別れの原因になったものが、元彼も元カノもどちらもが悪くないものであった場合には、我慢以外の方法があります。

中にはすぐには解決できないものもありますが、2人で話し合いをして、できる範囲内での解決策を探しましょう。

ここで、やってくれない元彼が悪いと相手を責めてしまうと、関係が上手くいかなくなります。

喧嘩の原因が些細なことの場合には、自分自身も元彼も疲れがたまっている時がほとんど。

普段なら笑って済ませられることも、疲れているとイライラの原因となり、2人ともが疲れていると何でも喧嘩になってしまいます。

喧嘩をした時には、自分か相手のどちらかが悪いと決めつけないようにしてください。

疲れが原因となっていることもあります。

また、喧嘩の原因が予想外のものだという可能性もあるので、自分達が我慢をしなくても喧嘩をなくせる方法を考えてみてください。

喧嘩の原因が分かれば、一緒に喧嘩の原因をなくすための努力をしようと彼に伝えると効果的です。

彼自身も自分かあなたのどちらかが悪いと思っていることが多いので、新しい解決策を示されれば、喧嘩別れに対するイメージが変わります。

喧嘩をしなくてもすむのだと分かれば、復縁は上手くいくでしょう。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋愛タロット占い」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

音信不通の彼氏から連絡が来た復縁成功例

別れた彼女が生き生きとしている姿を見て、彼から復縁したいと言ってきた


彼からの連絡が全くない状態だったのに、久しぶりに元カノの姿を見た後、急に元彼のほうから連絡してくることがあります。

これは元カノが幸せそうに過ごしているところを見たのが原因です。

喧嘩別れをした後だから、元カノはショックを受けて暗い気持ちで過ごしているはずだと思い込んでいたら、実際には予想よりも幸せそうな顔をしていたりすると、男性は何とも言えない気持ちになります。

別れた彼女はいつまでも自分のことを好きでいてくれるという気持ちを持つ男性にとっては、考えてもみなかったことだからです。

別れた後なので、新しい彼氏ができていることもあるでしょうし、喧嘩別れのことを忘れて前向きに生活をしている可能性も十分にあります。

しかし、男性によってはいつまでも自分のことを一番好きでいてくれるはずと思う人がいます。

このタイプの男性は、現実的にそう思っている人と、願望としてそう思っている人の2種類があります。

現実的に彼女はいつまでも自分のことを好きだと表いる自信家の男性は、自分がいないところで彼女が幸せになっていると、もう一度取り戻さなくては!という気持ちになり、自分から復縁したいとアプローチしてくるでしょう。

願望として元カノには自分を一番好きでいて欲しいという気持ちがある男性の場合には、幸せそうにしている元カノを見た時に「もう一度やり直せたら、今度は上手くいくのではないか…」という、別の願望を持ちます。

その結果、自分から元カノに連絡を取り、もう一度やり直したいという話をするようになります。

元カノが追いかけてこなくなり、彼の気持ちが変わった


喧嘩別れをした後に女性側から何度か「復縁したい」「別れないで!」と言われていたのに、ある時を境に連絡がなくなったのを機に、男性から連絡をしてしまうケースがあります。

この場合には、最初に女性から復縁を迫ったという経緯が関係しています。

喧嘩別れをした後の男性は、喧嘩が終わって冷静になってみると、別れるほどの出来事ではなかったな…と感じることが多いようです。

しかし、一度別れると決めたことを撤回するのは恥ずかしいし男らしくないと考えます。

そんな気持ちの時に元カノがやり直したいと言ってくれれば、もう少し時間をおいてからやり直そうという気持ちになるでしょう。

元彼の中では、最初に元カノから「やり直したい」と言われた時には拒否しておいて、次にもう一度言われたら、今度は本気でやり直そうと計画を立てます。

これは、一度断って、もう一度復縁したいと言われたら断るのも悪いという言い訳ができるから。

すぐに復縁してしまうのは男らしくない、だから一回は断って、2回目に言われたら仕方なく元サヤに…という感じで関係を修復したいということです。

それなのに、1回目の復縁を断った時点で元カノからの連絡が途絶えてしまい、一向にアプローチがないとなると、元彼は焦りだします。

もしかして元カノの気持ちが別の男性に移ってしまったのではないか?と考え、ここで初めて元カノを失いたくない!という強い気持ちを抱きます。

追いかけられている時には、このような気持ちにはならないので、自分がもう元カノからアプローチを受けていない状態になって初めて元カノの存在の大きさに気付くのでしょう。

彼女の方から歩み寄る姿勢を見せたことで男心が満たされた


元彼からは音信不通でも、連絡手段が残っている時には、元カノの方から復縁のお願いをすることができます。

その時にただ「やり直したい」というだけでなく、元彼が納得できるような案を出せれば、元彼が復縁してもいいという気持ちを持ってくれます。

感情的な話だけでは男性の気持ちを動かすことはできませんが、しっかりと論理的な内容になっていれば、男性は「なるほど!」と思いやすくなります。

男性は理由があって行動をすることが多いので、感情だけでは気持ちを変えることができません。

特に理屈っぽい男性の場合には、彼自身が納得できるような復縁のための理由が必要になります。

例えば、彼の仕事が忙しいことが発端となり喧嘩別れをしてしまったのであれば、「これからは仕事が忙しくてもうるさいことを言わない」という理由だけでは、男性は納得しません。

「私も新しい習い事を始めてあなただけに依存しないようにする。あなたの仕事が忙しい時期には、自分も予定を入れるなどして、忙しいからといって喧嘩にならないように気をつけるように努力する」ということを伝えれば、それなら復縁してもいいかもと男性に思わせることができます。

喧嘩の原因になったことに関して男性を責めるのではなく、女性から歩み寄る姿勢を感じさせるのが、復縁を成功させるためのポイントです。

男性は女性が自分に合わせてくれると感じた時に、男心を満たすことができます。

男性側がリーダーシップをとって関係を深めたいと思っている場合には、このように女性が合わせるかたちをとるほうが関係上手くいきます。

全てを彼の都合に合わせる必要はありませんが、彼を思い通りに動かそうとすることはやめましょう。

彼のペースを守りながら、できる限り自分が合わせるような工夫をすれば、復縁をした後も良い関係でいられるでしょう。

彼に連絡したい…どのくらいの期間そのまま待つべき?

最低でも1週間は必要


喧嘩別れをした後にすぐ気持ちを切り替えることができる女性は、別れた当日にでも連絡したいという気持ちになることがあります。

しかし、喧嘩別れをした当日に元彼に連絡するのはやめておきましょう。

女性は男性よりも気持ちの整理が得意で、早く次のステップのことを考えることができます。

しかし、男性は女性よりも気持ちの切り替えに時間がかかります。

ましてや喧嘩別れをした当日ともなれば、何も考えたくないという気持ちになってただイライラしているだけの可能性もあります。

そんな時に復縁したいという話をしたら、余計に元彼を不快な気持ちにさせてしまいます。

そんなことにならないよう、喧嘩別れをした後1週間は連絡を取らないようにしましょう。

1週間が経過したとしても、元彼の気持ちの整理はまだできていない状態である可能性が高いです。

そのため1週間後に自分から連絡をした時には、できるだけ用件を簡潔に短時間だけのやり取りですませるようにしましょう。

また、ここで元彼に復縁するかどうかの結果を求めるような発言はしないように気をつけてください。

まだ元彼の気持ちの整理がついていない状態なので、今後を冷静に考えることができません。

復縁をするかどうかは非常に難しい問題なので、焦って聞き出すと拒否されてしまうリスクが高くなります。

1週間後に連絡をした時には、自分の気持ちを伝えるだけにしてください。

その時にも元彼を責めるような発言は避けなくてはいけません。

ただ謝罪の気持ちを伝えるだけにして、復縁するかどうかはもう少し時間が経ってから話すようにしましょう。

1ヶ月は空けるのがベスト


喧嘩別れをした後に1ヶ月ほどの時間が経過していれば、十分に元彼の気持ちも落ち着いているでしょう。

また1ヶ月というキリの良いところで元彼に連絡を取れば、「1ヶ月経った」ということが連絡を散り始める時の口実に使えます。

ぴったり1ヶ月後に連絡し「今日で別れてから1ヶ月経ったね。その間ずっと〇〇くんのこと考えてたよ」という話で始めれば、喧嘩別れをした後も元彼のことを気にかけていたということを強調できます。

このように言われて嫌な気持ちになる男性は滅多にいないので、上手に活用してみてください。

1ヶ月ぶりに連絡を取る時には、会話の始まりが重要です。

久しぶりだということで緊張してしまい、険悪なムードになってしまうと、そこから先の話も悪い方向に進んでしまいます。

こちらが復縁をしたいと思っていることを好意的に受け取ってもらうためにも、元彼のことをまだ好きだということが伝わるような雰囲気で会話を始めましょう。

1ヶ月という期間は喧嘩別れの記憶を整理するのにちょうど良い長さで、かつ、元カノへの気持ちも消えてしまわない時期です。

ただし、男性のタイプによっては1ヶ月では短いと感じることもあるので、元彼の様子を見て決めましょう。

1ヶ月が経過しても、まだ喧嘩別れのことを引きずっている男性は意外と多いもの。

もしかしたら早いかもしれないと感じる時には、時期を先に伸ばしましょう。

3か月ほど経てば冷静に話し合いができる


もしも、元彼が気持ちの整理をつけるのが苦手な人だったり、繊細で傷つきやすい性格だったりする場合には長めに連絡をしない期間をとることをおすすめします。

傷つきやすい性格の人は、喧嘩別れをしたことで、もう傷つきたくないという気持ちになると、そのまま誰とも付き合いたくないという気持ちを持ちます。

1ヶ月程度では、まだ元カノと関わるのが怖いという気持ちのままの人もいるので、彼の心の傷が癒えるのを待ちましょう。

3か月ほど経てば、ほとんどの人が、喧嘩別れをしたことを過去のこととして認識できるようになるので、そろそろ連絡をとっても良い時期に入ります。

もしものことを考えるのであれば、元彼の親しい友達などに情報をもらい、元彼が元気になっているかを確認しておくと安心です。

3か月ほど経つとお互いに会話をしていた時の雰囲気を忘れてしまうので、きっかけ作りが難しいのがデメリット。

また、元彼はあなたからの連絡がもう二度とないと思っているかもしれないので、いつもと違った方法で連絡をすると、気付いてもらえない可能性もあります。

普段からlineをよく使うのであればlineを使い、電話が多い場合には電話にするなど、彼が気付きやすい方法で連絡をしてください。

そして、最初は少し緊張するかもしれませんが、こちらが緊張すると元彼が身構えてしまうので、さりげなく、明るく会話を進めましょう。

そうすれば、元彼もいつものペースを思い出し落ち着いて話し合いをしてくれるはずです。

復縁の話を出す時にも重々しい雰囲気にならないよう、自分のほうから「あの時はごめんね」と伝えるようにして、元彼を傷つけない方法で復縁をお願いしてみてください。

喧嘩の原因以外にも別れる理由が合った場合には、連絡の時期を慎重に考えよう


最終的には喧嘩別れというかたちになったけれど、実はそれ以外にも大きな原因があったという場合には長めに連絡しない期間を作ることをおすすめします。

例えばどちらかが浮気をして、それが原因で喧嘩になっている時などは、喧嘩別れとはいえ、浮気という理由の方が大きな別れの原因。

些細なことで喧嘩別れをするのとは話が違ってきます。

こういった場合には、できるだけ連絡をせずに問題をどう解決するかを考える時間を持つことをおすすめします。

あなたが浮気をしているのであれば、元彼とのことよりも先に浮気相手との関係をきっぱりと絶つために時間を使わなくてはいけません。

彼のほうが浮気をしたのだとしても、彼が気持ちの整理をつけて、浮気相手との関係を綺麗しておかなくては、復縁をしても幸せにはなれません。

このように他に大きな理由がある場合には、喧嘩別れだったとしても、冷却期間を長くする必要があります。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「喧嘩別れから復縁できるかは自分が大人になれるかどうか」

占い師 ミミコ
喧嘩別れをするということは、2人ともが感情的になってしまっているということ。

どちらかだけでも冷静に話ができるような大人の感情を持つことができれば、喧嘩をすることはあっても別れまでには至らないでしょう。

特に喧嘩をした時には女性側の対応がとても重要なんです。

まずは自分が大人になれているかどうかを確認してみてくださいね。

喧嘩別れから復縁することができても、あなたが大人になりきれていなければ、また同じことを繰り返してしまいます。

何度も喧嘩別れを繰り返していると、相性が悪いのかも…という気持ちになってしまうので、あなただけでも大人になりましょうね。

どちらか片方が大人になれれば、それにつられてもう片方も成長してくるはずです。

先にあなたが大人になって復縁を成功させ、それから彼にも徐々に大人になってもらいましょう。

喧嘩で別れたのであれば、冷静になって話をすれば復縁の可能性が十分にありますよ。

彼を責めるのではなく、自分から先に謝って復縁の流れを良い雰囲気で始めるのが成功の秘訣です。

頑張ってくださいね。

【期間限定・8月18日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、通常1500円の【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、通常1500円の【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事