※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

あなたも知らなかった自分、裏の顔、最大の魅力…、こんなことを知りたくありませんか?

  

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

  

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

  

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

  

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

  


 

急にlineが返ってこない時は、彼に心境の変化があったのかもしれません。

もしあなたに興味がなくなったら…返事が遅くなりますよね。

でも、やむを得ずレスポンスできないだけの可能性もあります。

いろいろな状況が考えられるので、彼の気持ちを想像してみましょう。

もう1つの大事なポイントは、必要以上にあなたが不安になっていること!

lineの返事がなくなると落ち込む女性のタイプも紹介するので、あなたが当てはまってないか確認してくださいね。

基本的に男性からレスポンスがない場合は、気にしないのが一番です。

心配しすぎると間違った対応をしがちなので、あなたの心の整理もしましょう。

そして、最大の悩みである「返事がない時にどうすればいい?」という疑問にもお答えします。

今後のために、彼からの返事がきやすいやり取りの仕方も教えるので参考にしてくださいね。

本日のメニューはこちら

男性からのlineが急に返ってこない理由

急に忙しくなってlineする時間がない


まずは急に返事ができない状況になる理由を考えてみましょう。

1つ目は、忙しくなってやり取りをする時間がないことです。

これまでは時間的な余裕があったので即レスできても、仕事が急に忙しくなったり、家族が病気になったりしたらlineしてる暇がありません。

単純な理由ですが、忙しさが原因のケースが非常に多いです。

つねに時間の余裕があるのはごく一部の人だけで、学生さんでも友達との約束で急に忙しくなることがあるし、社会人ならバタバタしてるのが普通です。

しかも忙しさは急にやってきます。

予定していたなら「明日から忙しいから返事おくれるかもしれない」と相手に報告できますが、職場に行ったら予想外のトラブルが起きててんやわんや…こんな状況が珍しくありません。

そのままスマホを見る暇がなければ返事が遅くなります。

これはすべての人に起こりうることで、あなたへの気持ちとはまったく関係のないこと。

返事がなくて不安になった時は「きっと忙しいんだろう」で済ませればストレスになりません。

気になるのは分かるのですが、心配し過ぎて疲れてしまうのは考えものです。

「どうしよう!何も手につかない!」とパニックになった時は、彼は忙しいのだと捉えて気持ちを落ち着けましょう。

疲れていてlineする気にならない


忙しさと似た理由が「疲れ」です。

これも社会人あるあるで、よっぽど優雅な生活を送っていない限りみんな疲れをごまかしながら毎日を過ごしています。

頻繁にやり取りをしていた頃は疲れが軽度でも、残業で帰りが遅くなった日から疲れがとれずlineする気にならない…という流れになるのはよくあること。

もっと言うと、特別な出来事がなくても「なんかダルイからスマホ見る気にならない」と感じることすらあります。

彼もなんらかの事情があって、スマホを見たりlineする気にならないだけかもしれません。

仕事が忙しかったり、いつも予定がいっぱいな毎日を送っている人は、急に疲れが限界を超えて動けなくなることが多いです。

彼の事情で疲れている時は、あなたへの気持ちに変化があったわけではないので、疲れがとれれば前と同じ雰囲気でやり取りできます。

ただし、疲れている彼をさらにぐったりさせる対応をすると、あなたに連絡したい気持ちが復活しない恐れがあります。

あとで紹介する「正しい対処法」に必ず目を通してくださいね。

うっかりして返事を忘れている


次もあなたへの気持ちとはまったく関係ない理由です。

彼は返事をするつもりでうっかり忘れてしまったのかもしれません。

たとえば、返事のメッセージを考えている最中で寝落ちしたら、翌朝は急いで出勤の支度をして、そのままlineのことを忘れます。

仕事関連で重要度の高い連絡が入ったら、そちらを優先することもあるでしょう。

誰もがいくつもの用事を同時進行させて処理しているので、うっかりレスポンスを忘れてもおかしくありません。

気づいた時期が早ければ返事をしますが、1日以上たっていたり、「今さらこの話で連絡するのはちょっと気が引ける」と感じたら送信せずに様子を見ます。

彼もうっかり忘れたまま連絡ができないなら、そのうちにメッセーがくるだろうし、あなたのlineを待っているかもしれません。

返事が返ってこないのが初めての出来事だったら、このケースの可能性があります。

ただ忘れてるだけなら心配しなくても良いでしょう。

なにかに夢中で取り組んでいる


男性からの返事が途絶える理由で意外と多いのが、なにかに夢中で取り組んでいることです。

仕事はもちろん、趣味のことも多いし、ワールドカップなど期間限定のイベントもあります。

男性は仕事で絶対に成功させたい案件に取り組み始めたら、女の子とのlineが後回しになるのが普通です。

仕事に夢中になっているなら、彼は将来性のある有望な男性です。

なにも不安になる必要はないので、彼の仕事が落ち着くまで待ちましょう。

趣味の場合も同様で、真剣に打ち込める趣味がある男性は素敵ですよね。

趣味に夢中になるのも彼の魅力のひとつなので、やり取りする時間ができるまで待つのが正解です。

それに大事な趣味がある男性は自由にさせてくれる女性が好き。

趣味への理解があることをアピールするためにも、うるさくしないほうが良いでしょう。

ワールドカップなどの期間限定イベントは、急にハマり出す人が多いのが特徴です。

サッカーを例にすると、もともとサッカーが好きで熱中する人だけでなく、ワールドカップが始まって観てみたら急にハマってlineを忘れるタイプの人もたくさんいます。

その場合は、何の前触れもなく急に返事が返ってこないので、相手女性は不安でたまりません。

だけど、彼は単にイベントに気をとられているだけ。

イベントが終わったらすぐに元通りになるので、それまでは連絡しないのが一番安全です。

これもあなたへの気持ちには何も変化がないので、深く心配する必要はないでしょう。

彼女や奥さんにバレそうになった


次は少し危険なケースです。

一部の男性は本命彼女や奥さんがいるのに、女性とlineします。

しかも本命や妻の存在を隠されると、相手女性は本気になるでしょう。

彼に怪しそうな雰囲気はありませんでしたか?

もしパートナーがいる人だったら、浮気がバレそうになって連絡しないのかもしれません。

または最初から何週間かやり取りして、最後は音信不通で終わらせる計画だった可能性もあります。

いろいろな狙いがありますが、共通しているのはただの火遊びでしかないこと。

パートナーがいる場合は、このまま連絡がこないか、きても最後には悲しい別れを迎えます。

彼に本命の相手がいそうな時は、次の恋に進むことをおすすめします。

やり取りが面倒になってきた


彼が急に返事を送らなくなったのは、やり取りが面倒になったせいかもしれません。

よくあるのは、毎日長時間lineをしていた人達です。

知り合ってしばらくはお互いに興奮状態なので、全部の余暇時間をlineに費やしたくなるでしょう。

でも毎日頻繁に会話をしていると、急に「なんか面倒だな」と感じる瞬間がやってきます。
その後が運命の分かれ道です。

やる気が戻ればやり取りが持続しますが、やる気が戻らないと返事が途絶えます。

彼も面倒だと感じた後にやる気が戻らなかったのでしょう。

このケースに当てはまる時は、彼のやる気が戻るまで待つのが正解です。

あなたとのやり取りに飽きているので、下手に返事を催促するとブロックされて関係が絶たれます。

いきなり飽きるケースもあるとはいえ、大体は何度か返事がなくなってから本格的に連絡が途絶えます。

急に返事が来ないことがこれまでに何回もありましたか?

彼の態度が冷たくなったなど、悪い兆候があった場合は今がターニングポイントです。

しつこく連絡をして嫌われると絶望的な状況になるので気をつけましょう。

スマホの不具合など


lineの返事がない時は、スマホの不具合の可能性もあります。

滅多にないこととはいえ、急にスマホが壊れたり紛失するのは誰でもあること。

スマホの調子が悪かったら連絡できないのは仕方ないことです。

確認するのが難しいのですが、lineのことでこれ以上悩みたくないなら、スマホのせいにするのもひとつの手です。

このまま連絡が途絶えて関係が終わったとしても、スマホのせいにすれば気が楽ですよね。

彼に嫌われたのか?なぜ連絡がないのか?と悩み過ぎて疲れた時は、不具合があって連絡できないと考えましょう。

吹っ切れて次の恋に進めそうなら、新しい出会いを探すのも良いですね。

それくらい明るい気持ちでいたほうが、物事がうまく進みます。

原因が見つからずに困った時は、スマホの調子が悪いのだと思ってくださいね。

lineが急に返ってこないのはなぜ?彼の気持ちは?

なぜか熱が冷めた


ここからは彼が意図的に返事をしないケースについて考えてみましょう。

よくあるのは、急に熱が冷めてレスポンスを送らない男性です。

「時間に余裕はあるし、体も疲れていない…でも、あの子とlineする気にはならない」彼もこんな気持ちになったのかもしれません。

この場合は2種類あって、好きだけど気持ちが落ち着いた場合と、好きではなくなった場合があります。

前者なら恋心が落ち着いただけなので、返事が遅くなってもさほど心配する必要はありません。

ただし、ここで対応を間違えると好きな気持ちが消えるので注意してください。

返事がないのは「大好き」から「ちょっとは好き」に彼の気持ちが変化したからです。

ここであなたからガンガンlineを送ると温度差を感じた彼の気持ちはもっと冷めます。

いまは彼と同じ温度感でlineを少なめにするのがおすすめです。

後者の場合はもっと危険度が高いです。

好きな気持ちが消えて興味を失っているので、今は静かにするしかありません。

時間がたてば徐々に関心が戻ってくる可能性があるので、それまで待ちましょう。

他の女性に意識が向いている


考えたくないことですが、彼があなた以外の女性に気が向いている時も返事がきません。

良い出会いがあって夢中になれる人がいたら、連絡が急に来なくなるでしょう。

マッチングアプリなど出会いの場で知り合った人の場合、あなた以外ともやり取りしているのでライバルに奪われた可能性が非常に高くなります。

恋人が欲しくてパートナーを探してる人だったら、積極的に出会いを求めて行動してもおかしくありません。

もし他の女性に意識が向いている場合は、ここで彼を諦める選択肢も検討しましょう。

あなたが一番の女性だったら、他の人には声をかけないし、連絡も一番に返すはず。

やり取りしているのに一番になれない場合は挽回が難しいです。

後で紹介する対処法を使っても振り向いてもらえない場合は、別の人との恋も視野に入れてくださいね。

返事をなくしたらどうなるか試したい


告白を意識した男性が考えるのは、「返事しなかったらどうなるか知りたい!」ということ。

自分からlineしなくても連絡がきたら脈ありだと確信がもてて告白に踏み切れます。

向こうから自主的に連絡がこなければ、脈なしと判断して告白を控えるでしょう。

相手の気持ちを探るために急にレスポンスを遅くする男性もいます。

駆け引きとも似ていて、相手の出方を知るために故意に行動を変えるのが特徴です。

彼にこの心理があったら、あなたの気持ちを試されてます。

ラブラブだったのに急に様子が変わった場合は、告白をするための準備かもしれません。

たまには余裕のある素振りをみせたい


毎回即レスをしていた場合は、余裕のある態度をみせたくなって返事を遅らせたのでしょう。

基本的に男性は、「勝手に向こうが寄ってきた状態」を好みます。

自分から追いかけるのはダサいので、「相手女性から連絡がきたから返してるだけ…」という状態が理想です。

でも大半は男性が一生懸命lineを送って仲良くなるので、理想と現実のギャップを感じた時に返事が遅くなります。

それに余裕がある男でいないと、相手に好きになってもらえない不安を抱くこともあるでしょう。

彼も急に「余裕のある男になりたい!」と強く思って返事をわざと遅らせているのかもしれません。

このケースの場合は特に心配する必要はなく、しばらく待っていればいつも通りのレスポンスがくるはずです。

プライドが高いタイプの人はこのケースになりやすく、関係がひと段落した時にハッと我に帰ってlineの返信速度が変わります。

追いかけられることを望んでいるので、あなたからアプローチしても良いケースです。

必死な自分が恥ずかしくなった


彼が無我夢中であなたを追いかけていた場合は、急に自分が恥ずかしくなって返事を止めたのでしょう。

お気に入りの女子をみつけると男性は冷静さを失います。

なにがなんでも手に入れたいと思ったら、寝るのも忘れてlineするほどです。

狩猟本能があるので、獲物を見つけた時の集中力は半端ないです。

彼らの集中力が途切れるのは、獲物が手に入りそうになった時。

「この子は俺のモノだ」と安心した瞬間に、一生懸命な自分が恥ずかしくなります。

「俺ダサい…」と感じたら、あなたとのlineも自粛するでしょう。

でも熱が冷めたわけではないので、少ししたら我慢できずに連絡をするはずです。

彼の様子がいつもと変わらないなら、あなたへの気持ちも変わっていません。

ただ自分自身を恥ずかしく思っているだけなので、気持ちの整理がつくまで待っていましょう。

そのうちに、これまでと同じ頻度でやり取りできる関係に戻れます。

lineを続けても付き合えないと思った


彼が返事を送らないのは、今後に不安を感じたせいかもしれません。

まだ正式な交際関係でない場合、彼はあなたと付き合えることを目標にやり取りをしています。

あなたの態度がそっけなかったり、他に本命がいそうな雰囲気があったら、付き合える可能性がないと予測してレスポンスをやめるでしょう。

これは男女に共通する心理で、片思いの人と結ばれないと分かったら諦める人が大半です。

あなたも彼に脈なしだと思わせる態度をとっていませんでしたか?

誤解されている場合は、すぐに真実を知ってもらわないといけません。

正しい対応をして彼の心を取り戻しましょう。

イラつくことをされて怒っている


危険度が高いのは、彼がイライラして返事をしないケースです。

返事が途絶える前の会話を見返してください。

悪気なく言った言葉でも、彼が不快だと感じたら返事を拒むでしょう。

彼のお給料や学歴について失礼なことを言ってませんか?

あとは身長など見た目の話で男性を傷つけてしまうこともよくあります。

不躾な発言をする人だと思われると挽回がかなり難しくなります。

直前の会話だけでなく、彼とのやり取りを何日も前までさかのぼってチェックしましょう。

心当たりがあった場合は、すぐに謝罪するなどして彼の機嫌を直す対処が必要です。

電話で話したらイメージと違った


lineだけの知り合いの場合は、電話した後に連絡が途絶えやすいです。

ネットの出会いだと、「文字だけのやり取りだと気が合うと思っていたのに、いざ電話で話したらイメージと違った…」こんな出来事が多発します。

どうしても文字だけでは相手を十分に知れないので、電話して初めて相手の雰囲気が分かるんですよね。

そこで相性ばっちりだと思えれば良いのですが、何割かは文字のイメージとは大きく違って急に熱が冷めます。

電話の後に返事がない場合は、彼を諦めるのがおすすめです。

電話して無理だと思われた場合は挽回がかなり難しいので、次の恋に進みましょう。

安定した関係だから返事なしでも大丈夫だと思った


彼とのlineがかなり長く続いている場合は、安定した関係だから返事なしでも大丈夫だと思われたのでしょう。

「一度返事をなくしたくらいで2人の関係は壊れない…」と思ったら、既読スルーしてもおかしくありません。

これもよくあるパターンで、あなたに好かれてる自信を持ったら、lineの態度が変わります。

追いかけてる時はこまめに対応しても、手に入った後は手抜きするのが普通です。

すっと追いかけるのは無理なので、眠たい時や疲れてる時だったら返事をしないことがあります。

とくに必要性のない内容だと、時間に余裕のある時しか返事をしないでしょう。

それに、もしかしたら彼の中では2人は正式に付き合ってると見なしてるのかもしれません。

何ヶ月もlineして2人のお出かけもしてるなら、正式な恋人関係だと思っても不思議ではないので彼に質問してみてください。

恋人関係になれているなら安心ですよね。

占い師 ミミコ
いったん休憩!ここまで読んだ内容を一度頭の中で整理してみましょう。
「これは当てはまる!」と感じたのはどの内容でしたか?
彼の本当の気持ち…あなたへの本音…これからどうすべきかも全部まとめて知りたいなら、一度占いを受けてみるのがおすすめですよ。
特にオーラ診断は近い未来を占うので、幸せになれる2022年の過ごし方なども分かっちゃいます。
当たる!と今一番人気の「オーラ診断」を初回無料でプレゼントしますね。

「急にlineが帰ってこない!不安!」と感じやすい女性のタイプ

即レス~数分以内に返事をすることが多い


次はlineの返事がないと不安になる人と不安にならない人の違いを考えてみましょう。

あなたはメッセージが届いたら数分以内に返事をする習慣がありますか?

自分自身の返信スピードが速いと、それが当たり前だと感じるので相手からの返事が少し遅いだけで不安になります。

彼は半日に一度まとめて返事をする習慣の人かもしれませんよね。

出会ってからしばらくは頑張ってあなたのペースに合わせていても、どこかで限界がきて自分のペースに戻ります。

その時に不安になるのは返信スピードが速い人なので、あなたもlineの使い方を少し変えてみるのがおすすめです。

彼と同じ期間をあけて返事をする習慣にすれば温度差がでにくい上に、あなたの不安も和らぎます。

基本的に返事が早い人ほど、相手からの返事で悩みやすいです。

彼からの返事で不安になった時は、lineの使い方をゆっくりペースに変えてみましょう。

スマホを見ている時間が長い


相手からの返事が気になるのは、スマホを見ている時間が長い女性です。

なぜならlineが届いた通知を心待ちにしてしまうからです。

スマホの画面を見てると、「早く返事来ないかな」と考えてしまいますよね。

気にすればするほど心配になるので、スマホを見ない時間を長くするのがおすすめです。

スマホから離れて別のことをしていたほうがあっという間に時間が過ぎるし、ソワソワしません。

もしくは通知を切るのもひとつの手です。

lineアプリを開いかないとメッセージがきたことが分からない状態にしておけば、多少は彼を考えずに済みます。

意図的にlineから離れることが大事なので、視界に入らない工夫をしてくださいね。

男性とlineしたり恋愛した経験がすくない


男性からのlineで悩みがちなのは、経験値の少ない女性です。

男友達がいなくて男性とlineした経験がなければ、女子同士のやり取りが当たり前なので、既読スルーされただけでショックを受けるでしょう。

でも男性は深い意味なく既読スルーするもの。

単純に「男性の普通」を知らないから心配になるんです。

恋愛経験がすくない女性も同様で、男性のlineの使い方に慣れてないと小さなことで違和感を持ちます。

大体は特別な理由がなく、男女でlineの使い方が違うだけです。

もし耐えられないほど不安になった時は、「これはよくあることだ」と自分に言い聞かせましょう。

フラれるかと思うと怖くなりますが、返事がこないのが日常的なことだと分かれば少しは不安が減るはずです。

考えすぎると病んでしまうので「よくあること」で済ませるのが一番ですよ。

相手男性をものすごく好き


lineの返事が少し遅れるだけでものすごいストレスを抱えるのは、相手男性にべた惚れしてる女性です。

理由はシンプルで、大好きだと小さなことでも不安になるからです。

返事が遅いと、嫌われた?飽きられた?ライバルに奪われた?と色々な想像をしてぐったり疲れます。

これは仕方のないことですが、好きすぎるとしんどい恋になることが多いです。

今回もlineひとつで疲れているなら、自分自身の気持ちを少し落ち着けたほうが良いでしょう。

恋愛以外のことに目を向けて彼への気持ちを抑えてください。

仕事のことだけを考える時間をつくったり、友達と遊ぶ時間を増やせば彼への気持ちがすこし落ち着くはず。

24時間ずっと彼のことを考えていたら、返事が遅れた時のショックは相当なものです。

でも別のことに意識を向ければ、返事から意識をそらせますよね。

返事を待つ時間が苦しくならないよう、この方法にも取り組んでみましょう。

悪い予想ばかりしてしまう性格


悪い予想ばかりする女性はline以外でもストレスを感じることが多いです。

「彼に嫌われた…振られるのは確定。私は一生結婚できない」と最悪の未来をイメージしたら、落ち込むのも当然です。

悪い予想をしてると、今後もつらい恋になるので、この機会に良い予想をする練習をしましょう。

「急に返事がきて告白された」

「彼以上の人に出会えて結婚できた」

など、内容は何でも良いので、嬉しくなる予想をしてください。

良い未来をイメージすれば返事がくる可能性が高くなるし、仮に返事がこなくても明るい気持ちで次の恋に進めます。

なにひとつ悪いことはないので、すぐに考え方を変えましょう。

この記事には既読無視された相手とラブラブになれた人の体験談があります。

明るい未来をイメージするために、ぜひ読んでみてくださいね。

相手に好かれている自信がもてない


返事がこないと絶望するのは、好かれている自信がない女性です。

lineのやり取りが日常的にできていても世間話だけだったり、彼の話を聞くだけの関係だと、自分が好かれてるとは思えませんよね。

ましてや、都合のいい女のような扱いを受けていたら、利用されてると感じるでしょう。

そんな関係で返事がこないと、このまま捨てられる恐怖を感じます。

このケースの場合は対処法が難しいのですが、彼の特別な存在になれてないなら今が大事な時です。

ここでしつこく彼に連絡すると、ブロックされたり完全に嫌われて二度とやり取りできないかもしれません。

彼とのご縁をつなげるためには、間違った対応をしないことが大切です。

あとで紹介する対処法を参考にしてくださいね。

気持ちを切り替えることが苦手


好きな人からの返事がなくて不安になるのは、気持ちの切り替えが苦手な人です。

いつまでもlineのことが頭から離れなければ、どんどん不安になるでしょう。

気持ちの切り替えができないと、他の問題でも落ち込む時間が長くなります。

彼とのlineで不必要に悩みたくなければ、思い切って忘れましょう。

レスポンスのことは忘れて、今あなたがするべきことに集中すればOKです。

仕事や自分磨きなどに意識を向ければ、不安が軽くなります。

すぐには気持ちが切り替わらなくても、繰り返しチャレンジしてくださいね。

lineが急に返ってこない時はどうすればいい?

何もしないで待つのが基本


ここからは、lineが急に返ってない時の具体的な対処法を紹介します。

lineが急に返ってこない時は、数日間は待っていてください。

忙しさや気分が変わるまでには時間がかかるので、もどかしくても待つのが一番良いです。

大体はこちらから連絡しないと、「どうしてる?」と気になって男性から連絡したくなるもの。

目安は2~3日です。

どんな会話内容だとしても2日間は静かにしましょう。

最近会ってない関係なら会う予定をたてる


ネットの出会いで彼と一度もあったことない、最近ずっと会ってない、という場合は、「一回会わない?」と誘う方法が有効です。

男性は会えないと熱意が続かないので、lineのやり取りだけがダラダラ続くことを嫌います。

彼にもその心理があったら、会う約束をすることで一気に熱が戻るはず!

「デートできるならlineしたい!」と思わせるために、「〇日空いてる?ご飯しない?」こんな感じでサラッと誘ってみてください。

仮に第一候補は別の女性でも、会えると分かったらデートにOKするでしょう。

そこで好印象を残せば、あなたが本命彼女になれます!

仕事が忙しい場合でも、誘われたら悪い気はしないし、落ち着いた頃にデートの予定を変更すれば良いですよね。

特別な理由なく返事がなく、彼と会ったことがない、もしくは前回会ってから長い間会ってない人はこの方法も検討してくださいね。

彼の望む連絡頻度を考えるor聞いてみる


返事が来ない原因がやり取りの頻度の場合は、彼の希望に合わせる対処法が正解です。

そのためには彼に質問しないといけません。

「毎日lineすると疲れちゃう?」「どれくらいが〇〇君にとって負担にならない?」などの質問をしてみましょう。

ただし、彼から返事がきてスムーズにやり取りできるようになってから聞いたほうが良いです。

追いLINEとしてこの質問をするのは良くないので、しばらく待ってから質問してくださいね。

親しい関係なら電話するのもアリ


彼と友達期間が長い場合は、思い切って電話してもOKです。

基本的な信頼関係ができていれば、電話をしても悪影響は少ないでしょう。

男性は文字のやり取りよりも声で会話するほうが好きです。

面倒な手間もなく、女の子の声が聞けるので、lineに飽きても電話なら盛り上がるかもしれません。

しかし、電話で「なんで返事してくれないの?」と聞くのはNGなので気をつけてください。

lineには触れずに楽しい話題で話しかけましょう。

返事がこないのに追いLINEを何通も送らない


待っていても返事がないと、追いLINEしたくなりますが、何通もメッセージを送ると彼が余計に返信しにくくなります。

追いLINEの恐ろしさは見た目です。

トークルームを開いた時に、あなたからのメッセージがずらっと並んでいると彼の心がぐっと重くなります。

最悪の場合は、そのショックで返事をするのが嫌になるので、追いLINEは1通までにしましょう。

その後は、彼から返事がくるまで待っていてくださいね。

翌々日以降にまったく関係ない話題を振ってみる


彼からの返事が待ち切れない場合は、翌々日以降にまったく関係ない話題を振る方法もあります。

「明日は何する予定?」こんな質問をスルーされて返事がない場合、同じことを何度も聞くのは避けたいので、「友達のA子が入院したらしいよ」などまったく違う話にしましょう。

たまたまスルーしたメッセージに興味が持てないだけの時は、内容を変えれば返事がくるはずです。

ただ、ある程度期間を空けたほうが良いです。

翌日にまたlineをすると彼に重い印象を与えるので、2~3日待ってから次のメッセージを送りましょう。

新しい話題も無視されたら、それ以上はなにもせずに様子を見てくださいね。

間違っても長文lineは送らないこと!


返事がないと色々な質問をしたくなりますが、長文lineは禁止です。

返事をしないのがどんな理由だったにしろ、前のメッセージに返事をしてないのに長文が送られてくると彼は確実に悪いイメージをもちます。

平常時でも長文は嫌われる傾向があるので、スルーされた時には絶対に避けるべきです。

どんな内容のメッセージでも、短くまとめてから送信しましょう。

ふざけた内容はやめたほうが良いケースもある


彼があなたにイライラしてる場合や、仕事が忙しくてお疲れの場合、ふざけた内容のメッセージが届いたらブロックしたくなるかもしれません。

彼に悪いことをした場合は真面目な態度で謝るべきだし、仕事が忙しい時は十分な配慮をするべきです。

基本的には重さを感じさせない気楽なノリが最適ですが、彼の心情によっては不適切だと受け取られる可能性があります。

相手の気持ちを十分に考えてメッセージを決めてくださいね。

「予定が分かったら連絡する」と言われて返信がない場合は、この記事も読んでみましょう。

急にlineが返ってこない状況を予防する方法

やり取りの量をへらす


急にlineが返ってこない問題を根本的に解決したい場合は、やり取りの量を減らすことをおすすめします。

返事をしたくないのは、大体が頻繁にやり取りしてる場合です。

返す回数が多ければ負担になるし、面倒だと感じる可能性も高まります。

たとえ仕事が忙しくても、1日に1~2通だったら無理なく返せるかもしれません。

人によって適切な量は違いますが、少ないほうが負担が減るのは共通している点です。

彼の希望を参考にしてやり取りの量を今よりも減らせば、返事が途絶える悩みが軽くなるでしょう。

自分の話は控え目にして相手が喜ぶ会話にする


返事が急になくなるケースで多いのは、どちらかだけが自分の話をしていること。

会話はキャッチボールなので相手の発言を受け取ることも必要です。

それなのに自分の話を一方的にしていたら、相手が疲れて返事をする意欲を失います。

あなたは彼が喜ぶ話題を提供していましたか?

これからは彼が嬉しくなる会話を目指しましょう。

そのためには、彼が興味をもっていることや彼の価値観を知る必要があります。

SNSなどを確認するか、直接彼に質問をしてたくさんの情報を集めることが第一歩です。

そうすれば、今後は返事が来ない確率が下がるはずです。

適度なタイミングで自分から話を終わらせる


返事が来ない理由のひとつが、会話がなかなか終わらないことです。

長く続く会話は楽しい反面疲れます。

毎日1時間もラリーしていたら、疲れて返事が送れないこともあるでしょう。

このパターンになりがちなのは、「じゃあね」と話を終わらせるのが苦手な人です。

決め手になるセリフが出てこないので、だらだらと会話が続きます。

これも非常に彼の負担になることなので、あなたが自分で会話を終わらせるのがおすすめです。

夜遅くなった時や長時間lineをしてる時は、「もう遅いからまたね」と終わりを告げれば彼の負担を減らせます。

それに気遣いができることをアピールする効果まであるので、ぜひ意識的に会話を終わらせましょう。

この工夫をするだけで、返事が来ない問題が一気に解決するかもしれませんよ。

lineの返事についてグチグチ言わない


lineの返事がなくて困っていても、その点について彼を責めないことが大切です。

「よく既読スルーするのはなんで?」この質問をされると、男性は逃げたくなります。

他には「返事が遅いと不安になる」などもNGワードです。

男性はlineで細かいルールをつくられることを嫌います。

いちいち返事を気にされると、憂鬱な気分になってlineを続けるのが嫌になるでしょう。

だからlineの返事についてはグチグチ言わないのが正解です。

彼が気軽にやり取りできる女性を目標にしてくださいね。

そのほうが両想いになれる確率が高くなります。

彼に既読スルーされる確率が高い人は、この記事が参考になりますよ。

未読スルーされた場合は、こちらの記事にも目を通しておきましょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「lineが急に返ってこない時は原因を探すことから始めましょう!」

占い師 ミミコ
lineの返事がない時は、原因を探してみましょう。

だいたいは忙しさやタイミングの悪さなので、さほど心配する必要はありません。

彼を怒らす発言をした場合だけは謝罪してくださいね。

あとは気にしすぎないことも大切です。

のんびり待ってたら連絡があるはずなので、悪い予想をするのはやめましょう。

追いLINEを予防するためにも、明るい気持ちで過ごしたほうが良いですよね。

暗い気持ちを吹き飛ばして自分の生活に集中するのが一番です。

スマホを見ない時間を増やして、ストレスを感じる日々から抜け出しましょう。

オーラ診断でオリジナル診断カルテをプレゼント!


こちらの記事をお読み頂きありがとうございます。

オーラの色や広がり方はメンタルや体調等、チャクラの状態によって変化していくもの。

当サイトのオーラ診断はオーラの色を占うだけでなく、診断カルテを元に今の運気を細かく解説。

今後の運気をあげていくアドバイスもいたします。

まずは診断カルテをチェックしてみましょう!

※20歳未満は利用できません。

占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事