※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

もうすぐお正月!「元カレにあけおめlineやあけおめメールを送りたい…!」と思いますよね。

音信不通状態が長く続いている人も、お正月のあけおめ連絡なら返事が返ってくる可能性がありますよ。

だけど、年明け初メールだからってなにをしても良いわけではありません。

お正月だという理由でハイテンションになっている人が多いので、彼がいつもよりも好意的な返事をしてくれる確率が高いとはいえ、ここで失敗すると悲しい1年の幕開けになってしまうので十分に気を付けてください。

復縁希望の方はお正月のお祝いムードに流されず、着実に彼との関係を再構築できるような行動をとりましょう。

今回は、年末年始・正月にやり直す必勝テクニックとして、どんな口実であけおめlineやメールを送れば復縁できるかについて説明します。

実は、あけおめメールやあけおめlineは送る口実がポイントなんです。

たくさんの人が一斉に新年の挨拶をする時期なので、あなたの連絡がその他大勢に埋もれてしまわないようひと工夫した方法を使いましょう。

本日のメニューはこちら

あけおめlineやメールが復縁のきっかけになりやすい理由

家族に恋愛模様を聞かれて意識が変わるから


お正月は家族で過ごすことが多いため、実家に帰ったり、両親兄弟などとのんびりと過ごす人が多いですよね。

元彼もお正月休みには普段は会えない両親や親戚と会っているかもしれません。

仮に実家に帰省しない場合でも、「お正月だから」という理由で親から何度も連絡が来ることがあります。

普段は親からの連絡があっても、面倒だから電話に出ない、返信しない、という対応をとっている人もお正月だけは会話をするのではないでしょうか?

そして、お正月に独身男性が親から言われることは「結婚はまだなの?」「お付き合いしてる人がいるなら連れて来なさいよ」「彼女はできた?」「好きな人はいるの?」などなど、恋愛・結婚関連がほとんどです。

学生さんならともかく、社会人になると、親は結婚相手の心配をするのが普通。

親になったということは、自分自身が結婚を経験しているということなので、自分と同じように息子にも結婚をして幸せになって欲しいと思っているからでしょう。

しかし、結婚経験の無い独身男性からすると、これ以上ないほどの面倒な話題です。

毎年のように結婚を急かされて「だから正月はイヤなんだよ…」と思っているでしょうが、心の片隅には「早く結婚して親を安心させてあげないとな」という優しい心を持つ男性が多いものです。

だから、彼が彼女ナシなのであれば、親に結婚や恋愛の話をされた時に「元カノと今も付き合ってたら結婚してたのかな?」なんてことを考えていても不思議ではありません。

そんな時にしばらく会っていなかった元カノからあけおめlineが届いたら、自然と返事をしたくなるでしょう。

もしかしたら「親に突っ込まれるのも面倒だから、元カノともう一回付き合っちゃおうかな」と意識が変化するかもしれません。

お正月は普段会えない両親と話すことで、いきなり恋愛意欲がアップする可能性があります。

時間的余裕があり前向きに考えられるから


普段は仕事で忙しいタイプの男性は、お正月休みだけがまとまった休暇だったりします。

そうすると、普段とは時間の流れが変わることで、精神状態も変化するんです。

忙しい時には、恋愛の優先順位が下がるため、元カノのことを考えることもなく、むしろ「面倒なことはしないでくれよ」くらいの感情を持っているでしょう。

でも、お正月気分でのんびりと過ごしていると「元カノは今頃どうしてるのかな?」と過去の恋人を思い出す余裕ができます。

いつもは連絡をしても「あ~元カノからメール来てるけど、見てる余裕ないよ!」「メールは読んだけど返信どうしよう?考えてる暇ないし…」といった感じなので、よほど彼のやる気がある時でもない限り返信は期待できません。

忙しい最中に連絡をしてくる女性は、嫌いを通り越して「一切関わりたくないほど鬱陶しい」という状態になる恐れがあるので、それを察知している女性は連絡さえもできないのではないでしょうか?

元彼がそんな多忙タイプだった場合は、お正月は1年に1回だけのビッグチャンスです。

彼がお正月にゆっくりできることがはっきりしている場合には、何らかのアクションを起こして関係を修復させましょう。

あけおめlineがきっかけで関係が良くなれば、忙しい日々の中でも「この子とは話をしたいから、睡眠時間を多少削ってでもやり取りをしたい」と思わせられますよ。

微妙な関係の相手でも悪印象を与えないから


恋人関係が破綻した後に気まずいままな状態の人もいますよね。

あなたは復縁希望だったとしても、彼が復縁どころか口もききたくないと思っている場合は、顔を合わせる機会があっても声もかけられないと思います。

そんな険悪ムードな人でも、「お正月だから」という理由があれば、復縁したい相手に連絡してもOK。

普段はよっぽどの用事がないと、気まずい相手に連絡をするのがはばかられるでしょうが、新年の挨拶は別物です。

受け取った彼も、お正月の挨拶だと思えば悪い気持ちにはならないでしょう。

関係が良くない場合には長々と連絡するのはダメですが、いつもよりも新年のほうが成功率が高いのは確かです。

微妙な関係になってしまって困った…と頭を抱えている女性は、あけおめメールを上手に活用しましょう。

滅多にないチャンスなので、この機会を逃さないようにしたほうが良いですよ。

お正月休みでお誘いのチャンスが多いから


お正月は年末から年始にかけてまとまった休みを取っている人が多いのが特徴で、仕事始まりまでにイベントも盛りだくさんです。

つまり、「休日」+「イベント=お誘いのチャンス」という二大要素が組み合わさったことで、気になる人へのアプローチが非常にやりやすい状態。

平日は仕事、週末は趣味、という過ごし方をしている人が相手の場合には、デートのお誘いをしようと思っても、誘うチャンスが見つかりません。

でも、お正月休みの最中なら、「1月4日までは休み」「じゃあ、初詣行こっか?」「いいよ!」と、ポンポンと物事が上手く行きます。

もちろん彼がその気になるという前提条件がありますが、普段の日常に比べたらお正月のほうが誘ってもおかしくない空気感があるのは大きなメリット。

いつもなら「その日は用事があるから」と断られていた人でも、お正月休みにお誘いすれば「暇だし、たまには元カノと出かけるか!」と彼がOKしてくれるかもしれません。

嫌いな相手でも挨拶だけは返してくれるから


彼に徹底的に嫌われてフラれてしまったけど元サヤに戻りたい…と思っている人もいますよね。

その場合にも、あけおめメールを活用したほうが良いです。

なぜなら、新年の挨拶だったら相手を嫌っていても「一言くらいは返事しとくか」と思わせられるからです。

嫌いだから無視しよう!と思うのは当然のこととはいえ、無視をして気分が良い人はいません。

できれば無視をせずに穏便な人間関係を築きたい…と誰もが思っているはず。

お正月は「年初めから誰かを無視して嫌な気持ちになるよりは、最初くらい爽やかなやり取りしとくか…」と、思ってもらえるので、嫌われていても返信が期待できます。

そこからすぐに復縁できることはないでしょうが、一度でも返事をしてくれたら会話を広げるチャンスになります。

連絡して一言も返事がなければ、それ以上積極的に行動することができません。

だけど、一言だけでも返事をしてくれた場合は、「返事くれてありがと!すごい嬉しい!」と気持ちを伝えられます。

それを見た元カレが「え?そんなに俺を好きだったの?」と驚いてくれれば、今後急展開する可能性が出てきます。

いつもとは違うムードで会話できるから


お正月はどこか厳かなムードがあるのも復縁に効果的な理由です。

いつもはバカ話しかしないようなフレンドリーな関係だったら、お正月に「明けましておめでとうございます!」と敬語を使うだけで「いつもの元カノと雰囲気違う…なんか、こういう感じの女の子って良いな」と思ってもらえるかもしれません。

くだけた会話しかしていないと「今さら敬語を使うなんて気恥ずかしいし…」と普段は思うでしょうが、あけおめlineなら違和感なく丁寧な言葉使いになれるはずです。

それに「もう彼と知り合って5年も経つし…今さらよろしくも何も…」という場合でも、「今年もよろしくお願いします!」と新年の挨拶としてなら言えるでしょう。

復縁希望の方は、「いつもと同じ」ではなかなか望みが成就しないことを知っておいてください。

彼と別れた後に会話はできるようになったけど、友達以上にはなれず関係は平行線のまま…という女性が非常に多いです。

そこから先に一歩コマを進めるためには、今までと同じことをしていては無理。

2人のムードをがらりと変えるようなきっかけが必要です。

お正月が持つ独特の雰囲気を使って、いつもと違う一面を見せられるあけおめメールを送るのが復縁を叶えるコツ。

特別感を出せるチャンスはそうそうないので、お正月の連絡を活用して関係性を一歩前に進めましょう。

あけおめlineやメールを送る時に使うと効果的な連絡の口実

初夢に元彼が出てきて…


お正月だけに使える口実が「初夢に○○君が出てきて…」です。

あなたを少しでも意識しているのであれば、ドキッとさせて復縁を有利に進められます。

もし、彼が多少の好意を持ってくれていて、復縁成就まであと一歩という感じなら、「一緒にご飯食べてた」「デートで歩き疲れてお茶してた」といった明るい未来を感じさせる内容が最適。

彼が乗り気になった時に「これが現実になるといいな~」と漏らせば、そのまま元サヤに戻れるかもしれません。

彼がそこまであなたに好意を持っていない場合には、ここで恋愛の雰囲気を感じさせると重すぎるので、絶対に「デートしてた」などとは言わないでください。

それよりも、元彼が「なにそれ(笑)」と笑ってしまうようなあり得ない状況の話がおすすめ。

「初詣に行ったら、○○君が屋台で焼きそば作ってる夢だった(笑)」という感じで、ありそうでない出来事にしておけば思わず笑ってしまい、夢の続きを聞きたくなるはずです。

彼が返事をしてくれて、話を聞いてくれそうだったら

・A「夢で〇〇君の作った焼きそば買って食べたら激ウマで驚いた(笑)」

・B「夢で買った焼きそば落としちゃったんだけど、〇〇君が新しいの無料でくれた(笑)」

・C「夢で私の焼きそばだけ大盛りサービスしてくれて嬉しかった(笑)」

など、彼に良い印象を抱いている雰囲気の話にしておけば、間接的に好意を伝えられます。

さらに、

・A「○○君は何でもできる優秀な人だから料理も上手なんだ~って夢の中で思ってた」

・B「夢でも○○君は優しくて素敵だったよ(笑)」

・C「いつもサービス精神旺盛なところが○○君の良さだよね。それが夢にも表れてたみたい」

といった感じで続ければ、彼を誉める口実につなげられます。

昨年の謝罪と今年の目標


お正月前に別れたカップルは、あけおめメールは謝罪のチャンス。

すでに「ごめんなさい」と口にしているかもしれませんが、もう一度「悪かった」と伝えることで、彼の怒りが収まっていく可能性があります。

喧嘩別れをして一度も謝らないまま別れた人は、あけおめlineで謝っておいたほうが絶対に良いです。

何かのきっかけがないと謝罪しにくいものですが、新年の挨拶なら「去年は迷惑かけてごめんね」と謝っても何らおかしくありません。

喧嘩別れした彼は、あなたから謝罪をしてくれたらすぐにでもやり直しても良いと思っている可能性もあります。

また、別れたということは、何らかの悪い点があったということなので、ぜひ「いつもワガママでごめんね」「〇〇君の話を聞き流してて悪かったと思ってる」など、彼への謝罪を入れたメッセージを作成してください。

あなたが自分から振って別れたけれど元サヤに戻りたい…なんて場合にも、謝罪が口実になります。

「新年早々暗い話してごめんなさいだけど、あなたを振ったことをすごい後悔してて…」と触れておけば、やり直せる可能性があります。

ただし、謝罪を入れる場合には今年の目標とセットにして前向きな雰囲気で終わる内容にしてください。

暗いメールをお正月にもらって嬉しい人はいないので、おめでたいムードを壊さないよう気を付けましょう。

謝った後に「でも、今年は後悔の無い1年になるよう頑張るつもり!」とポジティブさを感じさせる文章に変化させておけば、謝罪の暗さを緩和できます。

長く連絡を取っていないから気になって…


ありきたりではありますが「しばらく連絡ないから元気かなと思って…」と音信不通の相手にあけおめメールをするのもアリです。

「ずっと気になってたんだけど連絡できなくて…お正月だから、思い切ってメールしました」という感じで始めれば「僕をずっと気にかけてくれてたんだ」と思ってもらえるでしょう。

ただし、音信不通になった理由がはっきりしない場合に限ってのみ「ずっと気になってたけど」という言い回しを使ってください。

連絡をし過ぎて嫌われたパターンでは重すぎるので、こういった伝え方はNGです。

明らかな理由があって音信不通になっている場合には、「あけましておめでとう!元気にしてるか気になってます…私は〇〇君の言われた欠点を直すために頑張ってます!」と、欠点を直す努力中というアピールをしたほうが印象が良くなります。

どちらにしても、お正月に「あなたが元気かどうか心配している」と言われたら、「返事しておかないとな…」と思わせることができるでしょう。

どうしても挨拶をしておきたくて…


lineをブロックされていて、メールで連絡を取りたいけど、しつこいと思われそう…と悩んでいる方は「おけましておめでとう!突然メールしてごめんね。しつこいかな…とも思ったんだけど、どうしても○○君には挨拶をしておきたくて…今年もよろしくお願いします!」とメールしましょう。

本来はブロックされているなら彼からの連絡が来るまで何もしないのが一番ですが、少しは彼と関わりを持っておきたいですよね。

何もできない歯がゆさに耐えられない!と思っているのなら、イチかバチかであけおめメールをしてください。

「挨拶だけでいいから、どうしても一言伝えたくて…」と控えめな口実を使えば、彼の心を動かせるかもしれません。

成功率は高くありませんが、嫌われている自覚がある場合で「でもお正月には何かアプローチしたい!」と思っているなら、「どうしても挨拶したくて…」という口実が良いですよ。

おみくじに書いてあったから…


面白い話が好きな彼が相手なら「おみくじに連絡しろって書いてあったからlineしました(笑)」という口実がおすすめ。

お正月の挨拶メールは数が多いと読み流されてしまい、返信をもらえないのがデメリットです。

普通に「ハッピー・ニュー・イヤー」といった内容で、かつそこまで興味を持てない元カノが相手となったら印象に残らないのも無理ありません。

それではあけおめlineの良さを活かしきれないので、他の人は使わない口実を使ってください。

「おみくじ引いたら、『前の恋人に連絡すると吉』って書いてあったんだよね(笑)おみくじに従ったから、今年は良い1年になるはず!(笑)ご協力ありがとう!」という感じで送れば、他の人と差をつけられます。

これを言われたら、面白い話が好きな男性は突っ込まずにはいられないので、高確率で返事が来るでしょう。

重い雰囲気や真面目な内容では彼の気を引けないかも?と思った方は、この作戦を使ってください。

綺麗な写真がとれたからおすそ分け!


「初日の出の綺麗な写真がとれたからおすそ分けするね~」という口実を使えば、彼の心に残り続けるあけおめメールになるでしょう。

この作戦は、いかに素敵な写真を撮るかが重要なので、お正月前にリサーチしておいてください。

でも、遠くの特別な場所に行かなくても、澄んだ青空を撮って送るのも効果的。

もちろん有名な場所まで行って、素晴らしい写真を撮るのが一番ですが、そこまではできない…という方は身近にある物でも彼の気持ちをこちらに向られるものを探しましょう。

お正月は華やかな飾りつけをしている建物も多いですし、天気が良ければ神社の木々の緑と青空だけでも十分素敵な写真がとれます。

お正月に写真を使って彼にあけおめメールを送りたい人は、とにかく色々な場所に足を運んでたくさん写真を撮りましょう。

様々な角度で写真を撮れば、その中の1枚くらいは良い出来の写真があるはず。

それを使ってあけおめの挨拶をすれば、画像を見た彼が「元カノの挨拶はセンスが良いな」と思ってくれます。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「幸せのレシピ」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

送る話題だけじゃない!あけおめlineやメールで一層距離が近づく工夫

わざとタイミングをずらして印象付ける


年が明けた0時ちょうどにあけおめlineを送るのが一般的ですが、破局した関係なら、タイミングをずらしたほうが良いです。

なぜなら、一番に連絡が来たほうが嬉しいのは、ラブラブな恋人同士だけだからです。

別れた彼女が0時きっかりに連絡してきたら、間違いなく「重い…」と感じられます。

0時ぴったりは両想いの相手だけに使える方法なので、復縁希望の方は1月1日の昼間以降に送ったほうがベターです。

他の人と差をつけるために0時前(23:59など)に送る方法もありますが、これは関係がかなり良くなっている人しか使ってはいけません。

すでに好意を持っている人からなら、0時前に送られてきても「お前フライングやぞ!(笑)」と笑って許せますが、そうでなければ「本命彼女でもないのに、年末の大事な時間にlineしてくるなんて…常識ない女」と呆れられてしまうからです。

「これから1年が始まる!」と思っている31日の夜は貴重な時間。

一番好きな人以外からうるさい連絡があるとムカッとしてしまう人が多いものです。

元カノという立ち位置になっているということは、悪いイメージを持たれているケースが大半なので、彼の迷惑になる0時前の送信は止めましょう。

元旦の昼~2日の昼辺りが無難な時間帯ですが、人気者で沢山の連絡が来ていると予測される場合には3日の昼まで待ってもOKです。

必ず自分で作成した文章を入れる


お正月専用のスタンプがあると、「せっかくだからコレを使いたい!」と思うかもしれませんが、自分で作成した文章のほうが好印象を与えられます。

華やかなイメージのあるスタンプを使うと見た目が豪華になるという良さがある一方で、手抜きした感が出てしまうからです。

もちろんスタンプを使ってはいけないというわけではなく、自作した文章+スタンプはOKです。

でも、スタンプの数は1~2個だけにしておいてください。

せっかくだから…という理由で、スタンプを連打すると、受け取った彼が「鬱陶しい」と感じるリスクが高まります。

最初に送ったあけおめlineに好意的な返事が返ってきてやり取りがテンポよく進めば、スタンプをいつも通りに使っても構いませんが、送り始めの1通目では自作した文章を使ってスタンプは控えめにしてください。

丁寧な言葉で感謝を伝える


お正月は彼に新しい自分を見せたい!という狙いがある人は、いつもとは違った口調であけおめメールをするのも良いですよ。

でも、普段は敬語なのにお正月に急にラフになるのはおすすめできません。

やはり、新年の始まりに適した雰囲気というものがあるので、いつも以上に丁寧にするほうがイメージに合います。

割とくだけた話し言葉でやり取りをしている人は「あけましておめでとうございます。いつも感謝してます!」だけでも彼の心を揺さぶれます。

普段は言えないことも、口調を変えると言えてしまうというマジックがあるのでぜひ活用してください。

また、素直になれなくて「ありがとう」の一言がなかなか言えない女性もいると思います。

付き合っていた頃も心の中では彼への感謝があったけど、言葉にして言い出せなかった…という方は、今からでも遅くないので、しっかりと感謝の気持ちを彼に伝えましょう。

「言わなくても分かってるだろうし…」と思うかもしれませんが、分かっていたとしても言葉で表現することが大事です。

付き合っている頃に一度も「ありがとう」と言ってもらえなかったのに「いつも感謝してます。ありがとうございます」と書かれたメールが届いたら思わず胸が熱くなってしまうはず。

「付き合ってた頃と違って柔らかい雰囲気の女性になったな」と感じてもらえれば、復縁できる可能性が大きくアップします。

あけおめlineやメールに返信があったら!年末年始や正月にやり直す必勝テクニック

既読で終わらせてSNS経由でコンタクトをとる


さりげない内容のあけおめlineをして、返事も当たり障りないものだった場合には、そこでやり取りをいったん終了させましょう。

お正月は時間があるとはいえ、あけおめメールは挨拶的な位置づけなので、長々とやり取りをすると「それが目的?」と悪印象を与えてしまうからです。

彼がどんどん質問をしてくるなど、話す気満々の場合にはやり取りを続けてもOKですが、少しでも話す意欲が落ち着いてきたらすぐに切り上げたほうが良いです。

ましてや「あけましておめでとう!」だけなど、社交辞令的な返しだったのなら、既読で終わらせなくてはいけません。

元カノという関係だと、「復縁目的?それとも純粋に挨拶だけのつもり?」と彼は必ず考えます。

ここでグイグイと話かけると「元カノはもう一度付き合いたいと思ってるんだな。俺のことまだ好きってことね」と彼に勘付かれてしまいます。

全ての謎を解決させてしまうと、元カレがあなたの好意に安心して、「そのうち復縁すればいっか~」としか思ってくれません。

でも、既読になったのに彼女からは何も言ってこない…となると、「お正月の挨拶で連絡してきただけか…」と残念な感情を抱かせられます。

元カノからあけおめlineがあると期待してしまうのが普通なので、あえてそっけなくしたほうが彼の関心を引けます。

そして、その後はSNSにお正月らしいことをしている様子を積極的にアップして、彼からコンタクトがあるのを待ちましょう。

お正月に連絡を取ってから音沙汰がなければ、彼のほうから近付いてきてくれるはずです。

いいねもコメントもしてくれない場合には「お正月休みまだ残ってるのにヒマ~~(笑)」とアピールするのもひとつの手です。

彼のほうから話しかけてくれれば、その後の展開に期待できますよね。

お礼を伝えて初詣に誘う


お正月は初詣という誘いやすいイベントがあります。

返信が来てお誘いにOKがもらえそうな雰囲気を感じたら、思い切って初詣に誘いましょう。

復縁希望のあなたは2人きりで初詣に行きたいと思っているでしょうが、「2人で会う=デート」と思わせてしまうと彼が了解しづらいかもしれません。

だから、最初は「みんなで初詣行けたらな~って思ってて」という感じで話し始めれば、警戒せずに「俺も行こうかな」と彼が言えるはず。

共通の友人がいる場合には、最初はグループで会うことを提案するのがおすすめです。

もう一押しいけそうな流れになったら「本当は〇〇君と2人で行きたかったりするんだけど(笑)」と冗談交じりで聞けば「じゃあ2人で行く?」と話がスルスルと進むかもしれません。

初詣に誘って断られた場合には「分かった!またなんかあったら誘うね!」と言って話を終えれば、次のお誘いがしやすくなります。

どうしても会う機会を作りたい人は「お守りとかいる?代わりに買ってこようか?」など、会う理由を作る作戦も使ってみてください。

今年の抱負について話す


お正月と言えば、今年の抱負を発表するのが恒例。

彼がいつもお正月に「今年は~~~な1年にしたい!」と宣言するタイプだったら「今年の目標は決まってる?」という感じで話を続けても良いでしょう。

1年の始まりにふさわしい話題なので、彼も違和感なく話を続けてくれるはずです。

そこで「今年は去年とれなかった資格にもう一回チャレンジしようと思って」と、彼の目標を聞いたら「すごいね!○○君なら絶対に合格できると思うよ!頑張ってね」と前向きに励ましましょう。

ここで大事なのは「でもその試験って難しいんでしょ?」などと出足をくじく発言をしないこと。

どんな目標だったとしても、励まして応援するのが基本です。

普段なら「そうなんだよね~合格率が低いから…」と彼が何とも思わずに返してくれるかもしれませんが、お正月に掲げた目標にケチをつけられるとムカッとするでしょう。

そんな失敗をしないよう、いつも以上にポジティブな発言をするよう心がけてください。

いつも応援してる!と励まされたら「元カノは別れても俺の見方でいてくれるんだ」と思ってもらえて関係が良くなりますよ。

できれば会って挨拶したかった…と伝える


返信があって明るいムードの場合には「lineで手抜きな挨拶しちゃってごめんね~本当は会ってお正月の挨拶したかったんだけど…」と伝えれば、「ん??俺と会いたいと思ってくれてる?」と期待させられます。

この作戦は嫌われていない状態でないと使えませんが、「会いたい」と言われて嬉しく感じるくらいには良い関係を保てている場合には効き目があります。

何も理由なく「会いたい!」というと、復縁希望なのがバレバレですが、「会って挨拶したい」という言い方をされると「会いたいのが目的?それとも挨拶が重要ってこと?」と疑問を残せます。

「元カノがどういう意図で会いたいって言ってるのか確かめたい!」と好奇心をかき立てられれば、「じゃあ、正月休みの間にどっかで会う?」と彼のほうからお誘いしてくれるかも。

彼が何も言ってきてくれない場合には「私は年始の挨拶は会ってしたい派なんだよね~」ともう少しプッシュするのも効果的です。

彼と2人の時間を過ごせれば、一気に距離を縮められそうですよね。

初飲み、初ディナー、初デートなど「初~~」しない?と誘う


お正月にデートに誘いたい場合には、言い方も重要。

普通に「ご飯しない?」だと「どうしようかな~~?」と考える隙を与えてしまいますが「初飲みしようよ!」と「今年初」ということを強調すれば、「お!いいね!初飲み!」と勢いでOKがもらえます。

彼がワイン好きなら「初赤ワインはどう?」と誘うなど、何にでも「初」をつけられるので、彼の好みに合わせた誘い方を考えてみてください。

また、お正月にしか使えないもうひとつの誘い方が「新年会しようよ!」です。

普通の飲みに誘われても行く気にならない人でも、新年会という名目でお誘いがあると「1年に1回だし行っとくか!」と思わせられるのがメリット。

年初めにしか使えない名前を使って彼を誘い出せば、OKしてくれる確率を上げられます。


あけおめlineやメールに返信がなくても諦めないで!逆転復縁を叶える年末年始・正月の過ごし方

気にせずに楽しく過ごしSNSにアップする


あけおめメールに返信がないとかなり落ち込んでしまうと思いますが、その姿を元カレに見られると「しつこく追いかけてくる重い女」というレッテルを貼られてしまうため、返信が来なくても楽しくいつも通りに過ごしていることをアピールしましょう。

特別なことをする必要はありませんが、お出かけする機会があったらSNSにアップするなどして、楽しくお正月休みを満喫していると思わせておくのが一番良いです。

「返事しなくて気まずいと思ったけど、あんま気にしてないみたい…」と彼が受け取れば、「重い女」と思われていた悪印象を塗り替えられます。

逆に、「元カノからのあけおめlineスルーしちゃった…彼女に悪いことしたな…でも今さら返すわけにもいかないし」と思っている場合にも、いつも通りに過ごしているほうが彼も連絡しやすいでしょう。

返信がないということは、今の段階ではやり直せる可能性が低いということなので、好きだと思っていることを悟られないほうが良いです。

まずは彼があなたに連絡しやすいような状況を作るために、いつも通りに過ごすようにしてください。

「もう僕への未練はないみたい」と警戒されなくなれば、友達としてなら関わりを持ってくれるようになります。

そこから時間をかけてやり直す作戦に変更しましょう。

お正月休みの間は自分磨きに集中する


あけおめメールに返信がなかった場合には、もう一度連絡をして初詣のお誘いなどをしたくなるかもしれません。

でも、連続で誘うと成功率がさらに低くなるため、いっそのこと彼と過ごすのは諦めて、自分磨きに専念しましょう。

ダラダラと寝正月を過ごすと正月明けには体重だけが増えている状態ですが、じっくりと自分磨きをすればお正月休みの間にイメージチェンジすることが可能です。

思い切ってヘアスタイルを変えたり、初売りに行っていつもは着ないタイプの服を買う、新しいメイク法を練習する、気になっていた本を片っ端から読む、など時間のあるお正月休みにはできることがたくさんあります。

お正月に自分磨きをしておけば、次に彼に会った時に「綺麗になったな」「面白い話をする女性になったな」と印象アップに役立ちます。

お正月が終わった後は「バレンタイン」という行事があるので、次の目標にシフトチェンジして自分磨きに励んでください。

お正月らしい料理をSNSに投稿


お正月はおせち料理やお雑煮など、その時にしか食べないものがあるのも特徴。

彼が料理好きな女の子がタイプの場合には、お正月にぴったりな料理を作ってSNSに投稿するのもおすすめです。

特にお雑煮は地域によって具や味付けが違うので、彼の出身地ならではのお雑煮を作ってアップするのが効果的です。

京都出身なのだとしたら「今日のお雑煮は京都風!丸餅と白みそにしたよ~」と写真と共にアップすれば「懐かしい!京都の雑煮って白みそなんだよね!」と彼が反応してくれるかもしれません。

付き合っていた頃に「うちの雑煮は~~~風で」と彼が言っていたのであれば、それを再現すると彼の目に留まりやすいです。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「お正月は復縁のチャンスがたくさん!あけおめlineを上手に使おう」

占い師 ミミコ
復縁を叶えたいのであれば、お正月の過ごし方はかなり重要です。

何もせずに正月休みを終えてしまうともったいないですよね。

年始の挨拶だから…という特別な理由があれば、彼氏との関係が最悪でも連絡でき、そこから一気に逆転するのも夢ではありません。

ただし、行動すれば何でもいいというわけではないので、関係が良くなるようなあけおめメールを考えてくださいね。

年の初めに良いスタートが切れれば、今年中に復縁できる可能性が高まりますよ。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事