※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

「諦めなければいつかはよりを戻せる!」と言われていますが、粘り続けているうちに「この状態をいつまで続ければ良いの?」と不安になりますよね。

でも、苦労の末に元カレを取り戻せた人は、粘り勝ちした人が多いです。

中には破局後にすんなりと元の関係に戻った人もいますが、それはほんの一握り。

ほとんどの人が、くじけそうになりながらも粘り続けた末に元カレの心を取り戻せたのです。

そして、やり直せた人を見ると、「ウザい…」と思われずに上手に粘るのが成功に導くコツだということが分かります。

今回は、本当にやり直したい時の粘り方とウザいと思われずよりを戻せる秘策をお教えします。

「あなたの片思い状態=今は彼にやり直す気がない」ということなので、粘るのをやめたら彼とラブラブになれる可能性はほぼゼロ。

それも悲しいので、もう少し頑張って粘ってみましょう。

また、元カノからストレートに「復縁したい」と粘られた時の男性心理、これ以上頑張っても決してやり直せない諦め時についても説明します。

元カレの心の中を想像しながら上手に粘って、復縁を勝ち取ってくださいね。

本日のメニューはこちら

元カノからストレートに「復縁したい」と粘られた時の男性心理

すごいガッツだな…どうしてそこまで?


彼の心が完全に冷めて「前の恋人には興味が持てない…」という状態になっていると、必死になってよりを戻そうと訴えてくる女性を見て「すごいガッツだな…どうしてそこまでやる気があるの?」と不思議な感覚になっているでしょう。

恋人時代の最後の別れ話の時には、彼も恋人に対する熱意が残っているので、必死に粘る彼女を見て「かわいそうなことしたな…」「別れないほうが良いのかな」「この子を捨てるのは忍びない…」といった罪悪感で心が揺れ動きます。

しかし、別れてからの時間の経過と共に徐々に心が離れて行き、全く未練が残っていないと、必死に食い付かれても心は冷めたまま。

まるで第三者のような感覚で、冷静に状況を判断します。

そして、女の子が感情的になっているのを見ても「他人事」としか捉えられないので、嫌悪感というよりも疑問を強く感じます。

特に過去の女性に固執しないタイプの男性だと「俺は別れた恋人にこんなに熱くなれないわ…全く理解できない」という感じでしょう。

逆に、復縁したくなったことがある男性は、前の時の俺を見ているようだ…と過去を懐かしみますが、女の子がここまでストレートに訴えてくることに多少の違和感を持つかもしれません。

男が告白するならともかく、女の子がフラれた元カレに粘るのを見て「女もこんなに粘ってくるもんなんだな~」と熱いガッツに感心するのでしょう。

好きなのはありがたいけど…終わりにしたい


過去に自分が好きになった女性から「復縁したい」と言われたら、男性は「そんなにも好きになってくれたのはありがたい」と思います。

ただし、「好きになってくれてありがとう」は、恐らく8割以上の男性が持っているのでしょうが、感謝よりも「終わりにさせてよ」という感情のほうが強いことがほとんど。

「ありがたいな…」とは思っても、「それよりも僕を解放して!」という欲望のほうが勝るのです。

感謝の気持ちと解放させてくれ!という気持ちは、粘っている時期の長さとも関係します。

復縁活動初期の頃で、別れてから1ヶ月程しか経っていなければ、「面倒だな」とは思うものの、感謝のほうが強いので「何回も僕を求めてほしい」とちらっと思えるほど。

だけど粘る時間が長くなると、徐々に鬱陶しさが増し、ありがたみが薄れていきます。

そして、どこかの時点で比率が逆転し「鬱陶しい!!」がメインの感情になるでしょう。

そこからは、感謝は一気に少なくなり、あっという間に「鬱陶しい」が9割、ありがたみ1割という状態に。

特に粘り方を間違えて、自分勝手にしつこく復縁を迫るような方法を続けると、早い段階でありがたみが消失します。

この子は俺のこと一生好きなんだろうな


別れた恋人にストレートに「よりを戻したい」と言われると「俺が振ったのにまだ好き…ということは、この子は俺を一生好きなんだろうな」という結論に達する男性もいます。

そもそも、別れた恋人は口では何も言わなくても僕を一番好きなはず!という期待と希望が混じった感情を持つ男性が大多数です。

その前提に加えて、はっきりとよりを戻したい!と告白されたのであれば、期待が確信に変わり「この子は一生俺のモノ」くらいの気分になるのでしょう。

女性が男性に「好きだよ」と言われても「ホントかな?」「体目当てでは?」と少し疑ってしまうのに対し、男性は女性に好意を示されると、何も疑わずに全てを信じます。

だから、一度振った前の恋人に「まだ好き」と言われたら「この子は本気で俺のこと好きなんだ」とすぐに思い、そこには疑いの気持ちは微塵もありません。

だからこそ、「一生」という長いスパンで自分が心を独り占めできるという発想になるのでしょう。

どうしたら僕の気持ちを理解してくれるんだろう


これまでに彼女の要求を断り続けていた男性は、「またか…どうしたらよりを戻す気がないってことを理解してくれるの?」とウンザリした気分になります。

この場合には好意の有無どうこう以前に、自分の意に反して前の恋人がしつこく粘ってくるのに疲れ切った状態。

心の中では「復縁どころじゃないよ!話しかけてくること自体が迷惑!」と叫び出したいほどでしょう。

この状態になると、面倒なことから逃げたい性格の男性は、前の恋人を無視し始めます。

復縁する気は1%もないのだから、無視して嫌われても彼にとって何もデメリットがないからです。

少しでも「あの子に好かれていたい」「○○に好きって言ってもらえるモテる男で居続けたい」という気持ちが残っていると無視まではできません。

でも、やり直す気が1%以下になって限りなく可能性が低くなると嫌われてもお構いなし!な状態になり、かなり大胆に避けるようになります。

ここまでの状況になるのは、単に何度か告白をしただけでなく、会話の中でも「この子は僕を理解しようとしてくれない」と思われるほどに一方的に話を進めた、いつも感情的に訴えてきて会話にならない…などの要素があることが多いでしょう。

ここまでしつこい女だったとは…失敗したな


世の中には「復縁する」という概念がない人もいます。

「一度でも嫌いになったら、生まれ変わるまで嫌いなまま」という価値観です。

このタイプの人は、「別れ」で2人の関係は完結しているので、一度でもよりを戻そうと迫られると「あり得ない」と感じます。

それでも、数回程度までは「僕が振ったんだし、忘れるまでに時間がかかるよね」と受け入れてもらえるでしょう。

しかし、半年以上も経ったのにぐずぐずと好意を寄せられ続けると「いい加減、前に進めよ!」とイライラし始めます。

過去に囚われて時間を無駄にするのが嫌いなのが特徴で、生産性のない時間を過ごしている前の恋人に失望し始めて「あんな女と付き合うんじゃなかった…失敗だったな」とイメージがどんどん悪化。

特にストレートに「復縁したい!」と訴える方法は不向きです。

そもそもよりを戻すことに意味を感じていないので、「復縁するメリット」を説明してもらわないと「前の恋人とラブラブに戻りたい!」という人の気がさっぱり理解できないのです。

それなのに、一方的に気持ちだけをぐいぐい押し付けられると、訴えを聞いている時間さえも無駄なものに思えて、「話を聞くのもイヤ…」という状態になるでしょう。

どうしよう…押しの強さに負けそう…


元カノに「元サヤに戻りたい!」と言われたり、「お願い!」と頼み倒されたりしているうちに「押しの強さに負けてこのまま了承してしまいそう…」と決心がぐらつく男性もいます。

女性から告白された経験が少ない、一度もない…という経験値の人や、流れに身を任せて恋愛したいタイプはこの展開になりやすいです。

元カレが自分で引っ張って行く性格ではない場合には、強く復縁を訴えただけで復縁が叶うこともあるでしょう。

ただ強引に復縁を叶えたケースでは、やり直してから短期間で「やっぱり付き合うのは無理…悪いけど」と再破局してしまうケースが非常に多いです。

それも当然のことで、片方が持ちかけた勢いだけで関係を再開させているので、心は離れたままだからです。

押しに弱いタイプだと、力で押し切りたくなるかもしれませんが、強引にやり直した場合にはその後に問題が起きやすいことを知っておいてください。

復縁後に良い関係を築くためには、彼の心を無理やり奪い取るのではなく、2人で少しずつ心を通わせてから関係を再スタートさせたほうが良いですよ。

元彼が心を動かされ復縁を前向きに考えてくれる粘り方

「あと3ヶ月間だけ頑張らせて!」とお願いする


おすすめの粘り方は「3ヶ月間だけ」と期間を指定して粘る方法。

ゴール時期を設定すれば、どれだけ嫌悪感を抱いていた相手でも「それなら良いかな…」と思うはず。

でも、この粘り方の難しさは、3ヶ月後までによりを戻せなかった場合には、宣言した通りにきっぱりと諦めないといけないこと。

「3ヶ月だけだから!」とお願いされた瞬間は彼が少し乗り気になるでしょうが、3ヶ月経っても心に何も変化が起きない可能性もあります。

その場合には、素直に諦めるしかありません。

そういった意味では、まず自分自身で覚悟を決めてから取り組む方法であると言えます。

心配なら「あと6ヶ月だけ頑張らせて!」と期間を長くできますが、それでは効果が薄れます。

この粘り方は短い期間設定にするからこそインパクトがあり、彼を納得させられるので、長くても3ヶ月までにしておくのがおすすめです。

そして、1ヶ月や2週間などもっと短い期間に設定すれば効果はさらに倍増します。

残り期間が2週間しかないと告げられると、急に手放すのが惜しくなるのが人の心理です。

「いつまでも俺のモノだと思っていたのに、2週間後には俺の元から去って行くのか…」と思うと、1日1日が貴重なものに思えて、その感情の高ぶりで「やっぱりやり直しとかないと後悔する!」と彼の背中を押す力を発揮できます。

手放すとなると途端に惜しくなる性格の男性にはこの方法が最強です。

「もう諦めるべきだと分かってるんだけど…」と伝える


彼が「なんで復縁なんかに夢中になってるの?」という価値観の場合には、「諦めたほうが良いのは分かってるけど」とあなた自身もジレンマを感じていることを伝えましょう。

そうすれば、「なんだ、元カノも分かってるけど感情が止められないだけってことね」と少しはあなたの気持ちに共感してもらえます。

時には「分かってるのに諦めきれないの?」と少しキツイ言い方をされるかもしれませんが、このタイプには理論で勝負しないほうが良いです。

同じ土俵で戦いを挑まれるとカチンときて反論したくなるので、「バカだって分かってるけど、それでも好きなんだよ」とでも言っておきましょう。

そのほうが「かわいい女だな…」と思ってもらえて、彼の心を動かせます。

論理的な思考を持つ男性は、なんだかんだ言いつつも、感情的に動く女性が好きです。

同じレベルでテキパキと会話できる女性にも魅力を感じますが、「本当にバカな奴だな~」なんて言って自分のほうが上に立てる女性といると居心地が良いと感じるからです。

だから、彼と同じ雰囲気で話しをするよりも、思い切って「かわいい女」を演じたほうが粘った後の成功率を上げられます。

この粘り方はかわいげが非常に重要なので、男性をムカッとさせないよう気を付けてください。

そして効果を高めるために、「○○君は頭が良いから分からないかもしれないけど、私は諦めたほうが良いって分かっててもできないんだよ…」と彼を誉めましょう。

そうすれば、「完全に納得できたわけではないけど、この子はかわいいから復縁を検討してみるか…」と彼に思ってもらえます。

「迷惑だよね…ごめんね」と謝る


元彼がウンザリしている様子だったら、それ以上プッシュするのではなく「迷惑だよね…ごめんね」と簡潔に謝ってしばらくアピールは控えましょう。

ウンザリしている元彼が一番言いたいのは、「俺の迷惑とかは考えてないわけ?」という怒りです。

その怒りの感情を鎮めないことには、どんなセリフを使っても心を動かすのは無理でしょう。

怒りの感情が芽生えている時には、他のポジティブな感情の全てを消し去るほどの状態です。

どうにかしてもう一度好きになってほしいと思って知恵を絞って頑張っても、怒りを消し去るほどの効果は出せません。

だから、まずは

①彼が迷惑だと思っていることを承知している

②それなのにしつこくして申し訳ない(謝罪)

このふたつを伝えて、彼の怒りが収まるのを待ちましょう。

復縁は引く:押すが7:3くらいでちょうど良いものです。

特に元カレの反応が思わしくない時は、早めに引いたほうが後に可能性を繋げられます。

でも、無言で引くだけだと彼の怒りを鎮めるのに時間がかかる上、再びプッシュしたい時に悪い印象が残ったままになってしまうので、「迷惑だよね…ごめんね」のセリフは必須です。

彼の気持ちを理解していることと、謝罪を伝えてから静かに待つ期間に入りましょう。

そして、彼の機嫌が直った頃に、ここで紹介している別の方法で再びアピールしてみてください。

彼がムカッとしないようアプローチできれば、徐々に彼の心が移り変わっていくはずです。

「こっそり待ってるからその気になったら教えて」と言って去る


彼が復縁に乗り気ではない場合には、押すよりも引いたほうが上手くいきます。

でも、何も言わずに姿を消してしまうとあまり効果がありません。

少し彼にアピールをしておきたい人は「こっそり待ってるね(笑)その気になったら教えて!」と明るく言って、しばらく彼のそばから離れましょう。

このセリフは真面目に言うと重すぎるので、サラッとした雰囲気で伝えて、彼から離れている時も明るく楽しそうに過ごしてください。

「いつまでも待っていてほしい」が男の本音ですが、振った元カノに「待ってる」と言われると「勘弁して…」と思うのが普通。

付き合って嫌いになったから別れたのに、それでも待ってると言うのは、いくらなんでも重すぎです。

だから、彼の重荷にならないように配慮しつつ「いつまでも待っていてくれる元カノ」という立ち位置を確保しておきましょう。

男にとって「いつまでも待ってくれる存在」は特別です。

母親レベルで頼りたくなるので、別れた恋人だったとしても彼の中で他の女友達とは一線を画した存在で居られます。

この方法は少し時間がかかるかもしれませんが、根気が勝負に勝つコツです。

根負けして再びしつこくすると逆効果なので、とにかく辛抱強く待っていてください。

徐々に彼のあなたを見る目が優しくなり、そのうちに彼のほうから話しかけてくれるようになるでしょう。

そこまで彼の心が変化したら、あなたからも話しかけて大丈夫。

恋人同士に戻るかは別として、あなたと接点を持ちたいという意欲が芽生えているので、上手く持っていけば無事に元サヤに戻れるでしょう。

「私が勝手にやってるんだからこのままで良い」と伝える


粘り方の大事なポイントは、「彼が振り向いてくれない」という点にフォーカスするのではなく、「私が自主的に行動している」と自分で自覚すること。

相手が思い通りに動いてくれないことに気持ちが集中すると、彼を責めた粘り方になってしまい逆効果だからです。

だから、「私が勝手に復縁したいって思ってるだけだから、このままの関係でいい」と宣言してしまう方法もおすすめです。

男性は好きでいられるのは嬉しくても、何かをしろと強制されるのに嫌気がさしているのです。

「もう一度付き合って!」「私を好きになって!」と要求されるとウンザリしますが、勝手に好きでいられるだけなら「じゃあどうぞ!」という感じ。

勝手に見つめているだけなら、彼も許してくれるでしょう。

そして、何も要求してこない女性は男から人気があります。

普通は好きになったら「私を見て!」「lineの返事をして!」と要求が増えるので、見てるだけで良いという女性は滅多にいません。

そんなレアキャラになって彼のそばに居続ければ、彼の心があなたに向いてくるはず。

この方法は彼からアプローチが来るまでじっと待つのがポイントなので、彼の態度が優しくなっても何も要求せずにもう少し我慢しましょう。

「この子は頑なに見てるだけなんだな…」と思うと、もっと振り向かせたい!俺に夢中にさせたい!と思うのが男です。

そこまで気持ちを引き付けられれば、恋人関係に戻るのは難しくありません。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元彼にとって負担以外の何物でもないウザい粘り方

「どうしてダメなのか理由を説明して!」と粘る


自己中思考になった女性が犯しがちなミスが「どうしてダメなのか理由を説明して!」と彼に問い詰める粘り方。

このセリフを言われたら、彼の心の中は「ウザい…」だけで埋め尽くされます。

「は?なんで俺が説明する労力を使わなきゃいけないわけ?」

「理由?お前が最低の女だからに決まってんだろ?そういう質問するところが一番嫌い!」

と、怒りがふつふつと沸き上がり、殴り倒したいくらいの気持ちになるかもしれません。

いま恋人同士という関係なら、「ダメな理由を説明して!」と要求するのはぎりぎりセーフ。

でも、すでに破局して恋人ではない関係なのに、図々しく彼に答えを要求するのはアウトです。

せめて「説明してくれる?」「どうしてダメか聞きたいんだけど…教えてくれる?」と控えめに依頼するなら、そこまで彼を怒らせないでしょうが「ウザい…」と思わせてしまうのは同じ。

仮に彼が理由を説明してくれたとしても「鬱陶しいから早く解放してほしい」という目的があって話をしただけでしょう。

あなたとやり直したくて説明をしたわけではないので、理由を聞いたところで復縁に結び付けられるわけではありません。

「私のこと好きだって言ったのに!」と粘る


付き合っていた頃には、彼が「好きだよ」と言ってくれたかもしれませんが、過去の発言を持ち出すのはNGです。

これは恋人同士だけでなく人間関係トラブル全般でよくあるパターンで、「前に○○だって言ったよね?」と相手を責めるコミュニケーション法からは何もメリットが生まれません。

誰だって時間が経てば意見や希望が変わりますし、過去の発言で揚げ足取りをしても今の気持ちが変わることはまずないからです。

このセリフを口にすると、「そんな過去のセリフを持ち出されても…これじゃあ話すだけ無駄」と思われて相手の意欲を奪ってしまうでしょう。

それに、恋愛の「愛してるよ」ほど曖昧なものはありません。

契約ではないのだから、過去に「愛してるよ」と一言いっただけで永遠の愛を誓ったと思われたら「この子には二度と愛情表現しないでおこう」とどんどん心が離れて行くだけ。

フラれてしまい、彼をなかなか取り戻せないと「なんで?前はあんなにラブラブだったのに…」と思う気持ちは分かります。

でも、過去と今は気持ちが変わっていて当然。

過去の話を持ち出すと、彼からのイメージが悪くなる一方なので、「私を好きだって言ったのに!」は使わないようにしてくださいね。

「幸せにしてくれる男の人だと思ってたのに…」と粘る


「幸せにしてくれるんじゃなかったの?」も、「ウンザリ…」以外の感想がないセリフ。

愛している彼女に「幸せにしてね!」と言われると、俺の命に代えても守り抜く!と決意が固まるのが男ですが、それは相手を愛しているという前提条件があるからです。

恋人時代にあなたを大事にしてくれて、将来を誓い合ったとしても、愛情が冷めてしまうと「幸せにしてあげたい」なんて気持ちは綺麗さっぱり消えてなくなります。

しかも、男性は女性への責任を強く感じているので、心の中では「幸せにしてあげられなくて悪かった」と罪悪感をすでに持っています。

だから、それを女性側からしつこく要求されると「分かってるよ!」とブチ切れる寸前。

今から宿題をしようとしていたのに、「宿題早くしなさいよ!」と言われると「分かってるよ!あ~やる気なくなった!」という気分になりますよね。

自分自身で認識していていることを他人に指摘されるとムカッとくるのが人間です。

特に男性はその傾向が強いので、「幸せにしてくれるんでしょ?」と彼の罪悪感に上乗せする言い方は、神経を逆撫でするだけ。

このセリフには「あなたは期待外れな男」と批判じみたイメージがあるので、口にするのはやめましょう。

「そんなこと言ったら後悔すると思うよ…」と粘る


彼の判断が誤っているという意味で使われる「後悔すると思うよ」というセリフは、男性のプライドを傷つける言葉です。

元カノが去って行った後に後悔する男が多いのは事実だとしても、それを彼に言うと「ほんっとに生意気で鬱陶しい女!」と悪いイメージを植え付けてしまうでしょう。

付き合っていた頃から同等に話しができるフラットな関係を築いていた女性はこのセリフを言いたくなるでしょうが、復縁の場合にはあなたが彼にお願いする立場だということを忘れてはいけません。

恋人時代はフラットな関係だったとしても、今はあなたの立場が下です。

彼に指図するようなセリフを使うと、彼の心がそっぽを向いてしまうだけ。

彼の選択が間違っていると指摘するのはやめたほうが良いでしょう。

元カレに好きな女性や新しい彼女がいる時の粘り方

「私も○○さんみたいになれるよう努力するね」と前向きに頑張る


元彼がいま好きな女性の○○さんのようになりたい!と言うのは、押しつけがましくなく彼に好かれたいと思っている気持ちをアピールできる方法です。

このセリフを聞くと「元カノは僕に好かれようと必死なんだな」と健気さを感じ、人として良い印象を抱きます。

仕事面でも同じ出来事がよくあると思いますが、ライバルがいて「絶対アイツを蹴落として私が1番になってやる!」と言っている人と、「ライバルの〇〇と同じくらい優秀になりたい!」と言う人では後者の方が人間性を評価されます。

心の中では「ライバルが失敗してほしい」という欲があったとしても、それに打ち勝つほどの「自分自身を成長させたい!」という気概を持つことが大切です。

そうすれば、あなたの人間性を見た彼が「この子は素晴らしい人格を持っている」と感じ、男女の関係を超えた尊敬の念をもってくれるでしょう。

その結果、すぐには復縁が叶わなくても、「ずっと関わっていきたい女性」として彼が好意を持ち続けてくれます。

無理に新しい女性から奪うよりも、「彼が好きになった人と同じくらい魅力的になるね!」と努力できる女性になる方法がおすすめです。

気楽に話せる女友達を続けて粘る


難しいことは苦手…というタイプの女性は、誰でもできる「気楽に話せる女友達を続ける」という粘り方にしましょう。

恋人としては興味を持てないけど、友人の1人としてなら関係を持ち続けたいと思う男性は多いもの。

近すぎず、遠すぎずの距離感をキープできれば、いつかは復縁できるチャンスがやって来るでしょう。

正直なところ、気楽に話せる女友達になってしまうと、そこから恋人関係にステップアップさせるのは大変です。

完全に友達にはなってしまわずに、少し特別な女友達の位置をキープしたほうが後々の復縁成功率を上げられます。

でも、特別な女友達の位置に居続けるのは難しく、セフレになってしまったり、嫌われてブロックされたり…とハードルが高いんです。

だから、上手く距離感を保てそうにない…と思うのであれば、その他大勢の中の1人になってじっくりと次のチャンスまで待つ作戦のほうが安全です。

また、気軽に話せる友達だと、彼に特別扱いしてもらえないことで精神的なストレスを感じるのもデメリット。

だけど辛抱強く待っていれば、今の彼女と上手くいかなくなった時にあなたに相談してくれるかもしれません。

そんなチャンスが来るまで、根気強く待ちましょう。

「しばらく静かにしてるね…」と言って離れる


元彼のタイプによっては意外と効果があるのが「しばらく静かにしてるね…」としょんぼりする粘り方。

特に、これまでストレートに「復縁したい!」と告白したり、ガツガツ復縁活動をしていた人におすすめ。

強くプッシュされ続けるのに慣れている男性は「ウザい」と思いつつも、女の子に追いかけられる状況に心地良さも感じています。

自分が好きになってほしい相手(今カノ)と話す時には「嫌われないようにしなくては!」と緊張するので、「好きだけど疲れる」という相反する感情を抱えます。

しかし、嫌われても良いと感じている元カノが相手だと「無様な姿を見せて嫌われても構わないし…」と思えるので何でも好き勝手振舞えて楽なんです。

元カレがいまの彼女が大好きで「絶対に手放したくない!」と感じている様子なら、「好き過ぎて疲れる」という精神的な疲労も抱えているはず。

そんな時には、どんな姿を見せても構わない元カノの存在が息抜きになり、居心地の良さが芽生えるものです。

だから、「嫌い」「やり直す気はない」と口では言っていたとしても、いざ元カノが「しばらく静かにしてるわ…」と離れて行くと、「え?息抜きする場所がなくなっちゃうんだけど…困るよ」という気分になるでしょう。

こんな感じで彼の心を引き付けておけば、「いないと困る存在」になれます。

そして、静かにしてるね…と言った後は徹底して彼と距離をとってください。

そのうちに彼から連絡が来るはずなので、その時に「○○君と離れてるの寂しかったよ」と気持ちをアピールしましょう。

彼も元カノを求めている状態なので、いつもよりも彼の心にグサリと刺さる効果が期待できますよ。

粘るのはもう終わり…これ以上頑張っても決してやり直せない諦め時

普段温厚な彼が3回以上激怒した


付き合っている時に声を荒げたことがないような温厚な男性に「いい加減にしろよ!」「ウザいんだよ!」などと激怒されたら、それは復縁できない可能性が高いサイン。

恋人時代に滅多に大声を出さないタイプの男性は、「女性に手を出すのは絶対にダメ」という価値観を持っていると思われます。

男同士だったら多少の乱暴をしてもOKだけど、女性は別。

女性に殴られようと罵倒されようと、男は女に威圧的になってはいけない…と思っているのです。

だから、喧嘩になったとしても、暴力や大声のような力で勝とうとはしてこなかったはず。

そんな男性が激怒したのなら、よっぽどのことです。

それに、あなたが女に見えなくなっているのかもしれません。

彼女でなかったとしても「女」として大切にしないといけないと思うと、気を使って丁寧に接します。

でも「女」に見えなくなると、他の男友達と同じ感覚になってしまうので感情のブレーキが弱まり、イラっとした時に大声をあげてしまうのです。

彼がその状態になっているのなら、あなたを女として見れなくなっているのかも。

温厚な男性に3回以上激怒されたら、復縁の諦め時だと思ってください。

無視される期間が半年以上続く


「絶対に元サヤには戻らない!」と決意を固めた男性は、しつこくアプローチしてくる女性を無視し始めます。

無視の種類は様々で、ブロック、着信拒否、声をかけられても返事をしない、といった徹底的な無視から、挨拶はしてくれるけど質問してもスルーされる…的なソフトな無視もあります。

徹底して無視された場合には、復縁できる可能性が低いことは分かりますよね。

でも、実はソフトな無視のほうがもっと状況は悪いです。

徹底して無視をするタイプの男性は、ふとしたきっかけで急に嫌悪感がなくなって「元カノと元サヤに戻るのもアリかも?」と急展開を起こす可能性が残されています。

ソフトに無視をするタイプは、頭で考えて自分にとってデメリットが最も少なくなるよう戦略的に無視をしているのが違い。

だから、一時の感情でコロッと態度を変えることはないです。

言い方は悪いけれど「腹黒い」タイプなので、ソフトに無視をされて半年が経過したら、復縁を諦めたほうが良いです。

挨拶を返してくれるから…と思うと期待したくなるでしょうが、それはあなたへの愛情が残っているわけでなく、彼自身が「小さい男」と思われたくないだけ。

周囲からの評価を下げないための彼の戦略なんです。

一応は返事を返してくれるけど、明らかに嫌われている…という不穏なムードが半年以上続いている時には諦めたほうが良いですよ。

頑張り続けても、今後も同じ状態が何年も続くと考えられます。

返信が徐々に少なくなり反応がなくなった


「復縁したい」と宣言して断られた後にも返信があった、だけど、徐々にやり取りの回数が減り、最後には反応がなくなった、こんなパターンの人が結構いると思います。

この場合には、待っていても返事が来る可能性は低いです。

ただ、向こうも「久しぶりにやり取りしたいけど、きっかけがない…」と思っている可能性が残されているので、最後にあなたからメールかlineで「どうしてる?元気?」くらいの軽い連絡を入れてみましょう。

そこで、やり取りが再開したらやり直せるかもしれません。

それでも一向に返事がないようだったら諦め時です。

目安としては、彼の最後の連絡から6~8ヶ月ほど。

それだけ長い期間全く連絡がないのであれば、次の恋に進むことをおすすめします。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「復縁は粘り方が重要!負担にならない女を目指しましょう」

占い師 ミミコ
そもそも復縁は存在自体が相手の負担です。

付き合うことに限界を感じたから別れを決意したのに、もう一度関係をやり直したいと言われたら「面倒だな…」と思うのが普通ですよね。

だから、押しつけがましく粘るのではなく、彼の負担を最小限にするような粘り方を考えてくださいね。

負担にならない女になれれば、元サヤに戻れる可能性をアップさせられますよ。

【期間限定・1月19日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事