復縁をしたいと思った時には、その気持ちを元彼にどのような形で伝えるかを事前に考えておくことが大切です。

復縁告白は今後を決める大事なポイント。

復縁したいと元彼に気持ちを伝えることで元彼の気持ちは大きく変化しますが、その時に元彼がやり直したいと思っているとは限りません。

もしも元彼の気持ちの中に復縁の二文字がなければ、あなたの復縁したいという気持ちは彼に動揺を与えてしまうだけです。

そのため、復縁告白をする時には様々なシチュエーションをベストな状態にしておく必要があります。

それはタイミングだけでなく手段においても同様で、直接顔を見て話をするのか、メールやlineなどで伝えるのか、または電話を使って話すのか、同じような話をしたとしても手段が違うだけで成功の確率が大きく変わってきます。

その中で電話は復縁に向いていないという定説があります。

電話は用件を伝えるためには優れたツールですが、復縁とは相性が悪いと言われているのは何故でしょう。

今回は電話を使って復縁告白をする時の注意点として、復縁のための電話が逆効果になってしまうケースを紹介します。

また電話を使って元彼に復縁をしたい方のために復縁告白を電話で行う時の大事なポイント、もしも逆効果に終わってしまった時のフォロー方法も紹介しますので参考にしてください。

電話での復縁告白の成功率は実は低い


電話を使っての復縁告白には、デメリットだけでなくメリットもあります。

電話を使って元彼に復縁告白をしたら確実にダメになるというわけではないので、上手に使えば電話でも復縁を成功させられるでしょう。

口頭で復縁告白をした時と同じように、電話も使い方によっては復縁の可能性が低くなることがあるというだけです。

しかし口頭やメールなどとの違いは、電話の場合には成功率がかなり低くなってしまうということです。

それは電話での復縁告白はメリットよりもデメリットの方が多いからです。

電話を使う時にメリットを十分に生かして、デメリットをカバーするような使い方ができれば復縁告白を成功させることができますが、それはかなり難しいでしょう。

電話にまつわる良い思い出があるなど、電話を使うことに対する特別なメリットがあるカップルだった場合には電話での復縁告白の成功率が良くなる可能性がありますが、特に電話に関する特別なメリットがない普通のカップルの場合には、電話での復縁告白は成功率が低いと思っておきましょう。

しかし、電話も使い方次第でメリットを大きく生かした方法にすることができます。

様々な事情があって電話でしか元彼と話ができないと言った方もいるでしょう。

その場合には電話を使った方法でしか復縁告白はできないのですから、電話のメリットを生かした使い方をするようにしましょう。

復縁のための電話が逆効果になってしまうケース


電話を使って復縁報告をしたい人のために、これだけは気をつけてほしいというケースをあげました。

電話で復縁することが難しいと言われている理由も説明しますので、電話を使いたいと思っている人はよく読んで理解してください。

中には少し時間のかかるものもありますが、復縁は焦ってするものではありません。

一度の電話で絶対に復縁を成功させてやるという気持ちになると会話を強引に進めてしまう恐れがあるので、ここに書かれていることをよく理解し、計画的に電話を使うようにしてください。

思い立って急に電話をする


電話は24時間いつでも自分の好きな時にかけることができます。

そのため、緊急時にはとても便利な存在ですが、復縁の場合にはそれが危険につながります。

復縁をしたい人にとって復縁成功までの道のりは大変長く感じますし、また精神的な負担もかなりかかります。

追いつめられた精神状態になった時には、今すぐに元彼に復縁告白をしたい…と思うことがあっても不思議ではありません。

特に不安になりやすい夜などは気持ちが不安定になってくると、今すぐ元彼の声を聞きたい、と思ってしまうこともあるでしょう。

その時に電話を使えば、元彼の声を聞くことができると気付けば、自然と電話に手が伸びてしまいます。

しかし、元彼の声を聞くことができたとしても、何を話したら良いかを考えていないので、元彼の気持ちを考えずに唐突に復縁告白をしてしまう危険があります。

電話をするという行為は顔が見えない相手の声を聞くことができるので、メールなどよりも相手を近く感じることができます。

急に思い立って電話をしたような場合には、元彼の声を聞くことで元カノの気持ちが一気に高揚し、相手のペースを考えずに話をしてしまいがちです。

復縁告白は相手の状況が最も良い時に行うのが基本です。

しかし、思い立って電話をしたタイミングはあなたの都合の良いタイミングであって元彼にとっては良いとは限りません。

思い立って急に電話をすることは最も避けたいパターンです。

電話をしておきながら用件をなかなか言わない


元彼の声を聞きたいという目的で電話をしてしまった場合に多いのが、用件を先延ばしにすることです。

復縁をしたいと思っている人は、元彼のことが好きだという強い気持ちを持っています。

その気持ちが強過ぎると、いつまでも元彼の声を聞いていたいと思ってしまうでしょう。

特に久しぶりに元彼に電話をした場合などは、元彼の声を聞いた途端にドキドキとして冷静でいられなくなることがあります。

電話をかける前には復縁告白をしようと固く決意していたとしても、「ここで復縁告白をして元彼に拒絶されたら、もうこうして元彼の声を聞くことができなくなる…」という不安がわき、大事な用件を先延ばしにしてしまいます。

元彼は「電話をかけてきたということはなにか用事があってのことだろう」と推測して、電話にでます。

もしかしたら、食事の最中など手が離せない時だったとしても、メールのように後で確認というわけにはいかないので、電話を優先してくれているかもしれません。

それなのに、元カノに内容のない話を長々と続けられたら、元彼はうんざりしてしまいます。

電話をしてすぐに復縁告白をしたほうが良いというわけではありませんが、いつまでも本題に入らないような電話は避けておきましょう。

元彼の生活パターンに合わない時間帯にかける


復縁告白と普通の告白の違いは、付き合っていた期間があるかないかです。

これは大変大きな違いで、告白をされる時に電話をされて、もしも彼が寝ているような時簡帯だったとしてもまだ付き合ったことがない彼女の場合には「仕方ないな」という気分になるだけです。

親しい間柄でもなければ、どういった生活パターンで生活をしているかを知らないことが多いからです。

しかし、一度付き合ったことがある間柄で、いつも元彼が寝ている時間や、忙しくしている時間帯に電話をしてしまうと、元彼の気持ちはそれだけで冷めてしまいます。

付き合ったことがある間柄であれば、自分の生活パターンを把握していて当然だと元彼は思っているからです。

特に電話をするのが好きな女性の中で、自分の生活パターンに合わせて電話をしてしまう癖がある人は要注意です。

好きな時に電話をかけるのが普通だと思っていると、相手の生活をイメージすることができません。

普段から電話に出る相手のことを想定して時間帯を選ぶという気遣いをしていないので、復縁告白のための電話をかける時も、自分の都合を優先した時間設定になりがちです。

電話の音が出ないよう設定をしていなければ、寝ている時でも着信音が鳴ります。

普通の人は電話に意識が向きますし、電話に出ないといけないような気持ちにもなるでしょう。

そういった意味で電話は受け取る側の負担が大きな連絡手段です。

自分にとっては都合が良い時間帯だったとしても、それが元彼にとってもベストな時間なのかを必ず事前に考えましょう。

特に元彼の仕事が不規則な勤務だったり、夜型の生活をしていたりするなど、一般的な生活パターンと大きくずれている時には十分な配慮が必要です。

また付き合っている時には、寝ている時など都合の悪い時に電話がかかってきても彼氏ならそこまで機嫌が悪くなることはありあせん。

付き合っているという特別な状態にあるからこそ、寝ている時でも電話が来ても大丈夫という思いが彼氏の中にはあるからです。

だから別れる前に寝ている時に電話をしても大丈夫だったから…と思わないようにしてください。

すでに別れた後であれば、電話がかかってくることさえ元彼は嫌だと思っているかもしれません。

自分の精神状態が悪い時に電話する


電話をする時には元彼のことだけを考えて時間などを決めればいいわけではありません。

電話は声を直接聞くことができるので、電話をかける元カノ側の精神状態が揺さぶられることがあります。

自分では普通だと思っていても疲れていたり、なにか気がかりなことがあったりすると、元彼の声を聞いた瞬間に心が大きく動いてしまうものです。

その時に冷静に対処できればまだ良いのですが、気持ちが変化していることに気付けないままで会話を進めてしまうこともあります。

その結果、計画していた復縁告白の内容が上手く伝えられなかったり、元彼の発言に不適切な返答をしたりしてしまう危険が大きくなってきます。

酷い場合には話の内容が支離滅裂になってしまって、言いたいことが元彼に上手く伝わらないこともあります。

これでは復縁告白が上手くいくわけありません。

復縁告白をする時に緊張しないという人はいないと思うので、緊張していつも通りの行動がとれない可能性があると思っておきましょう。

特に疲れている時は自分の精神状態に気付きにくくなっているので要注意です。

また夜には一日の疲労が溜まっていることが多いので、思っているよりも体が疲れていことがあります。

中には夜のほうが体調が良いという方もいるので一概には言えませんが、自分がどのような時に疲れを感じるか、どのような時に精神的に不安定になるかを日ごろからチェックしておくようにしましょう。

特に女性はホルモンの影響で不安定になりやすいので、そういった面からも自分自身のサイクルを十分に把握しておくことをおすすめします。

そうすれば自分の状態が悪い時に復縁告白をしてしまうことを避けられるでしょう。

自分の精神状態のことを何も考えずに復縁告白の電話をしてしまうと、失敗の可能性が大きくなることを忘れないでください。

長く会っていない場合


別れてから長く元彼に会っていない場合に、突然電話で復縁告白をする方法は成功率を下げてしまう方法です。

長く会っていないのでメールやlineよりも気持ちが伝わりやすい電話を使ったほうが効果的だと考える人もいるかと思います。

確かに電話はメールなどよりも感情が分かりやすいので、久しぶりにあなたの声を聞いた元彼の気持ちが復縁に向くかもしれません。

そういったメリットはあるのですが、電話は流れが重要です。

電話で話初めて、すぐに復縁告白をするのでは元彼にとって衝撃が大きすぎて適切な方法と言えません。

自然な会話で元彼の気持ちの準備をつけながら、良い流れで復縁告白の話にもっていくと、成功率が上がります。

しかし元彼の近況が全く分からないような状態であれば、最初の段階で雰囲気を良くするのが大変難しくなります。

電話はリアルタイムで行うので、無言の時間が長くなったり、微妙な空気が流れると、雰囲気が悪くなります。

そこから復縁告白の流れにもっていくのは至難の業です。

ぽんぽんと会話が弾むような雰囲気で、元彼の気持ちを良くしてから復縁告白を行うのが成功率をあげる秘訣です。

しかし、長く会っていないと最初の段階でつまずいてしまい、そのまま悪い雰囲気の中で復縁告白をしてしまうというあまり望ましくない状態になってしまう危険があります。

長く元彼と会っていない時には、メールなど他の方法で先に近況を確認するなど、なんらかのステップをおいてから電話をするという流れにするのがおおすすめです。

元彼が電話が苦手な性格


電話がそもそも好きではないという男性もいます。

女性はおしゃべり好きなので電話でたわいもない話をすることに楽しさを感じますが、男性の中にはそういったことに全く興味を持てない人がいます。

元彼がそういったタイプの男性だった場合には、電話をすること自体に強い不快感を持っているので、復縁の成功率はかなり低くなります。

そういったタイプの男性にとっては電話をしているという行為自体がイライラを与える原因なのです。

女性側が電話が良いと思っていても、男性は同じように思っていないかもしれないということを覚えておきましょう。

男性の中には本当は電話が嫌いだけど仕方なく電話を使っているという人もいるので、よほど電話が好きだという男性以外は電話が苦手くらいに思っても良いかもしれません。

平均的に女性よりも男性のほうが電話を嫌う傾向があるので、元彼の性格をしっかりと見極めて電話を使うかどうかを決めてください。

大事なことは電話以外の方法が良いと元彼が思っている


大事な話をする時にはどういった手段を使うのがベストかは、人によって好みが大きく分かれるものです。

面と向かって伝えられるのが良いと思う人もいれば、大事な用件こそメールなど形に残るのもが良いと思う人もいます。

中には手紙など手書きのものがベストだと感じる人もいるでしょう。

あなたが元彼の表情が見えないメールよりも気持ちが伝わりやすい電話を使ったほうが良いと思っていても、元彼がどう思っているかは分かりません。

本来なら復縁の話は面と向かってしてほしいと元彼が思っていたとしたら、「こんな大事な話を電話ですますなんて手抜きしている」といった気持ちを持たれてしまうかもしれません。

あなたがどれだけ真剣な思いでいたとしても、その真剣さが彼に伝わらずに誤解されてしまう恐れがあるということです。

復縁告白はかなり重要な出来事なので、伝達手段にこだわりがある男性の場合には、電話が不適切だと思われると復縁の成功率を下げるということを覚えておきましょう。

別れた直後にかける


電話で復縁告白をする時に限りませんが、復縁はタイミングが非常に重要です。

別れた直後に気持ちが抑えきれずに電話をして、そこで元彼に感情的に復縁告白をしてしまう女性がいますが、それでは復縁成功率が下がってしまいます。

元彼と別れた直後に会えなくなることで気持ちに焦りが生じると、ついつい身近にある電話を手にとってしまいがちです。

別れた直後は自分の精神状態をコントロールできないので、勢い余った行動をしてしまう女性がたくさんいます。

そこで電話を手にしてしまうと、我慢できずに元彼に電話をしてしまうことがあるので、別れた直後は絶対に電話をしないなど自分の中で決まりを作っておくのがおすすめです。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

元彼との電話でやり直す方向へ持っていく方法

先に言いたいことをまとめておく


元彼との電話では流れがとても重要です。

復縁告白をする時のことだけを考えていると、どうやって復縁告白を切り出そうか、どのような言い方で復縁告白をしようかなど、それだけに目が向きがちです。

しかし、復縁告白そのものがいかに元彼の心に響く素晴らしい内容だったとしても、そこに至るまでの過程がいまひとつでは、成功率を下げてしまうでしょう。

そのため、電話をかける時には、何から話し始めてどんな感じで話を進めていくのかをしっかりとイメージしておく必要があります。

もちろん電話は双方のやり取りで話が進むので、実際の流れはその時になってみないと分かりませんが、それでも準備をしておくのとしないのでは雲泥の差があります。

元彼がどんな感じで返答をしてくるのかを考えながら、いくつかのパターンを用意しておくと良いでしょう。

電話をかける前に話忘れないことをメモに箇条書きにすることはよくあることですが、箇条書きだけでは不十分です。

箇条書きだと話忘れは防げても、話の流れまでは作れません。

最初にこの話をしてから、次はこれ、といった感じで全体の流れと雰囲気も考えておきます。

復縁告白をする時には誰でも緊張するので、先に簡単な予行練習をしておくのもおすすめです。

電話をする時期を事前に決めておく


復縁は時期がとても重要です。

何も考えずに勢いでタイミングを決めてしまってはいけません。

どの日がベストなのかを決めるのは難しいと思いますが、ある程度ここらへんで電話をしようと決めておけばその日に向けて自分の気持ちを落ちつけることができます。

復縁は感情的にではなく、常に物事を冷静に進めるのが基本。

それは復縁自体がとても感情的な流れになりやすいからです。

復縁をしたいかしたくないかの意見が分かれている二人が会話をするのですから、話がスムーズに進まないのが当たり前です。

元彼が復縁をしたいかしたくないかどちらの気持ちを持っているかは分かりませんが、あなただけでも冷静に対処することができれば、電話での復縁でも成功率があげられます。

メールなど文字だけのやり取りに比べて感情的な面が大きく影響するのが電話の怖さです。

そのためすぐに電話がかけられる状態だったとしても、ある程度の日にちを決めてその日に向けて自分の精神状態を整えておきましょう。

気持ちだけでなく生活が乱れないようにする、疲れないように仕事の調整をするなど、できることはたくさんあります。

先に電話をする時期を決めて、そこに向けて自分の調整をしっかりと行ってみてください。

復縁したい理由を明確にしておく


電話をする時には相手がどのような状況かがわかりません。

最初に「いま話す時間ある?」と聞かれた時には、聞かれた側は実際に電話が何分ほど続くか分からない状態です。

だから用件を聞くくらいの時間はあると判断した場合は「大丈夫」と答える流れになります。

しかし、元彼の中では3分くらいと思っていても、あなたの想定は10分かもしれません。

元彼の予定を大幅に超える時間の電話になってしまうと、「すぐ終わると思っていたから電話OKしたのに...」「次の予定があるのに困ったな…」という状況になってしまいます。

そんな状況で元彼に復縁告白をしても、時間に気をとられている状態では元彼も簡単にOKは出せないでしょう。

場合によっては不快な気分になってしまっていたら、絶対に復縁なんかしたくないという悪い気持ちを持たれてしまうかもしれません。

復縁告白を電話で行う時には話は短く要点を押さえた内容にするのが大原則です。

その上で男性が聞いて分かりやすい内容になっているかどうかもチェックしておきましょう。

気持ちばかりを並べると元彼が理解しづらい内容になってしまいます。

自分の気持ちを伝えたいという気持ちは分かりますが、復縁したいという気持ちを元彼理解してもらわないと言いたいことが伝わりません。

元彼の立場に立って、元彼が理解しやすいような言い回しを使いましょう。

あまりにもストレートでは衝撃が強すぎますが、周りくどいよりは分かりやすいと思います。

男性は気持ちの動きが女性とは少し違うことがあるので、女性が気持ちを表す感情ばかりの話をしてくると、何が言いたいのかさっぱりわからない…という印象を持たれてしまう可能性があります。

ストレートな言葉を使って拒絶されるのが怖いと感じている人は、分かりにくい言い方になってしまうことが多いので特に注意しましょう。

「復縁するのはどう?」のような聞き方では、あなたが復縁をしたいと思っているかどうかがはっきりと伝わりません。

「私は復縁をしたいと思っている」など大事な部分はシンプルに伝えることをおすすめします。

電話が必要になる口実を準備しておく


電話を使って復縁告白をする時におすすめなのが、電話をかけなくてはいけないような理由を先に用意することです。

誰でもそうですが、突然電話がかかってくると少し身構えてしまいます。

それが別れた彼女だったりした場合には、元彼は「何の話だろうか…」と考えているでしょう。

もしかして復縁の話だったらと思うと気が重くなってしまう男性もいるかもしれません。

そんな時に元カノが明確な理由を話してくれれば、元彼は安心してリラックスできます。

最初に「〇〇のチケットを友人にもらったけど、〇〇好きだったよね?よかったら譲るよ」など電話の理由を話すようにすれば、会話を良い流れにもっていけます。

男性は無駄話を嫌う人が多いので、理由のある電話だと分かるとそれだけで気分が変わってくるからです。

最初に話の雰囲気を良くしておけば、その後はスムーズに復縁したいという話ができるでしょう。

事前にメールやlineをしておく


電話をする時に相手の状況がどうしてもつかめない、元彼が不規則な仕事をしているなどの場合には事前にメールやlineをしておきましょう。

別れた後の関係が上手くいっていない場合にはメールやlineをするのも気まずいと思ってしまうかもしれませんが、事前確認はかなり重要です。

突然の電話に抵抗を感じる性格の男性であれば、丁寧に電話をしてもいい時間を確かめておく方が無難です。

大切なことはどのような伝え方をするかです。メール内容が「電話しても良い時間を教えて」という内容だと、必ず時間を指定しないといけないと相手にプレッシャーを与えてしまう危険があります。

そのため「もしよかったら、電話しても良い時間を教えてもらえるかな?いつがいいか分からなかったら無理にとは言わないので」のように、相手が特定の時間を指定しなくても大丈夫という気持ちになれるような内容にしましょう。

予定がはっきりとしていない人の場合には、いつが大丈夫か聞かれると困ってしまうことがあります。

また元彼が真面目な性格だった場合には、時間指定をしたら確実に電話に出なくてはいけないというプレッシャーを感じてしまうでしょう。

メール内容で元彼に悪いイメージを持たれてしまわないように注意をしながら事前確認を行ってくださいね。

常に冷静に自分の感情を意識する


電話は二人の会話で成り立っているので、元彼がどのような対応をしてくるかはその時までわかりません。

あなたが全く予想していなかった対応をしいてくることもあるでしょう。

その場合にはそこで元彼にどう対応するかが、復縁の成功率に大きく影響します。

ここで感情的な対応をしてしまうと復縁の可能性がゼロになってしまう危険があるので十分に注意してください。

電話は声だけでなく相手の息づかいが聞こえてくることもあります。

大きなため息をつかれたりすると、話の雰囲気が悪くなっていることを感じ、不安になってしまうかもしれません。

また元彼が感情的にあなたに悪い意味の言葉を投げかけてくる可能性もあります。

その時には常に冷静に自分の感情を意識してください。

むかっとして言い返してしまえば、復縁の可能性が限りなく低くなってしまいます。

何を言われたとしても、場の状況が悪くなったとしても、そこに飲み込まれてはいけません。

感情の変化を感じた時にはすぐに発言するのではなく、一呼吸おきましょう。

これは悪いパターンだけでなく良い流れになった時も同じです。

元彼が予想していなかった良いことを言ってくれた時に舞い上がってしまうと、間違っておかしなことを言ってしまう恐れがあるからです。

良い時も悪い時にも常に冷静に!普段は電話をあまり使わないという人は、メールをする感覚で電話を捉えているかもしれませんが、電話はメールの何倍も感情的になりやすいツールです。

声が聞こえるだけでなく、背景の音も聞こえることで相手の様子をリアルに想像でき、その分感情が激しく動きます。

メールやlineにはない部分があるので電話に慣れていない方は特に感情的にならないよう気をつけてください。

復縁に逆効果な電話をしてしまった時のフォロー方法

時間をおく


復縁に逆効果な電話をしてしまった時にはフォローしたいという気持ちがあるので、すぐにもう一度電話をかけてしまう人がいます。

これは元彼の気持ちを逆なでしてしまう行為です。

一度の電話で嫌な気持ちになっているのに、そこに立て続けに電話をされたら普通の人はより悪い印象を抱いてしまいます。

逆効果の電話をしてしまった時はすぐに電話をかけたくなってしまうと思いますが、電話をするのは我慢してください。

ここで我慢できなければ状況は悪化するばかりです。

場合によっては元彼が二度と口を聞いてくれなくなるかもしれません。

そうなったら復縁はまず成功させられません。

ここでは我慢して時間が経つのを待ちましょう。

どれだけ最悪な電話内容だったとしても復縁できる可能性はゼロではないので、まだ挽回するチャンスがあると信じて、時間の流れを待ちましょう。

時間さえ経てば、悪い電話のイメージが元彼の中で薄れていきます。

そうすれば、いつか必ずチャンスがやってきます。

元彼の友達に謝罪の気持ちを伝えてもらう


復縁に逆効果な電話をした後に、どうしても元彼に謝罪の気持ちを伝えないと気がすまないという方は元彼の友達にお願いしてみてください。

元彼は直接あなたから話をされると電話のイメージを思い出してしまい、さらに悪いイメージを持たれてしまいます。

でも男友達からであれば、抵抗なく話を聞けるでしょうし、そこで元彼が本音を漏らしてしまうこともあります。

男友達から元彼の本音を聞くことができれば、それによって次にとるべき行動が分かってくるはずです。

元彼がどんな気持ちになっているかを知ることができれば、それを生かした復縁計画が立てられます。

男友達であれば、元彼の性格をよく分かっているので上手く話しを進めてくれるでしょう。

電話をして正直な気持ちをもう一度話す


元彼と共通の友達がいない、自分の気持ちをどうしても伝えたい、という場合には、もう一度電話をかける方法もあります。

最初の電話から時間が経っている場合のみに使える方法です。

この時には話の内容を完璧に準備しておきましょう。

すでに電話が逆効果になってしまったのですから、二度と失敗を犯さないようにしなくてはいけません。

感情的にならないよう細心の注意を払うということを忘れてはいけません。

もしも、また感情的になってしまうかもしれないと少しでも不安がある場合には、電話をしないほうが良いでしょう。

電話で話す時には短く用件を伝えて、早めに切りましょう。

ここですぐに元彼の気持ちを変えようと思うと、話がしつこくなり失敗を重ねてしまいます。

ここでどれだけ頑張ったとしても、元彼の気持ちは離れてしまっているので簡単にはあなたのほうを向きません。

そこでショックを受けてしまうと、この電話でなんとか彼の気持ちを動かしたいという欲がでてしまうのです。

もう次の電話はできないかもしれないと焦ってしまうと、そのような行動になりがちなので注意しておきましょう。

逆効果になった後の電話は、悪い雰囲気のままで終わるのが当たり前です。

すぐになんとかしようとするのではなく、今回は気持ちを伝えることが目的だと自分に言い聞かせてください。

一回の電話でそんなに簡単に気持ちは変わらないということを覚えておいてください。

ただし、気持ちが変わるきっかけを与えることはできます。

その場では不機嫌な態度をしていたとしても、それにショックを受けるのではなく、不機嫌なのが当たり前と思うようにしましょう。

そして、場の雰囲気が悪かったとしても誠実に自分の気持ちを伝えて、最後には「電話で私の話を聞いてくれてありがとう」と感謝の気持ちも忘れないようにしてください。

最悪の雰囲気のままで会話が終了すると、電話を切ったあとも嫌な気持ちのままですが、最後に「ありがとう」の一言があるだけで電話を切った後の気持ちは大きく変わります。

二度目の電話でも恐らく雰囲気が悪いままになってしまうでしょうが、この一言があるかないかで今後の流れを大きく変えられる可能性があります。

メールやlineで謝罪する


電話で失敗をした時にはメールやlineの出番です。

電話よりも受け取った側の負担が少ないので謝罪するには最適でしょう。

しかし忘れてはいけないことは、重過ぎる内容にしないということです。

謝罪の気持ちが強過ぎたり、どうしても復縁を成功させたいと思う気持ちのあまり、かなり長い謝罪メールを送ってしまう人がいますが、これでは元彼をうんざりさせてしまいます。

謝罪のメールは簡潔に分かりやすくが基本です。

何度もごめんなさいと書いても謝罪の気持ちを強くすることはできません。

何度もごめんなさいと書くことで自分の気持ちはおさまるかもしれませんが、読むほうにとってはしつこいだけです。

一度しかごめんなさいを使ってはいけないというわけではありませんが、過度に何度も繰り返すような文章は避けるようにしましょう。

そして分かりやすく書くこともとても重要です。

言い訳ばかりを並べるのではなく、結果的にどうなのかを先に書きましょう。

「反省している」「後悔している」などの言葉は文章の早い段階に持ってこないと、最後まで読んでもらえなかった場合には言いたかったことが伝わらないままで終わってしまいます。

すでに機嫌を損ねているのですから、面倒だと感じたら最後まで読まないことだってあり得ます。

それではきちんと謝罪の気持ちを伝えることができないので、先に結論を書いた内容にすることをおすすめします。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「リアルタイムのやり取りだからこそ慎重に」

占い師 ミミコ
これを読んで電話で復縁告白をする時のことがイメージできたでしょうか。

復縁は事前の準備がとても重要です。

電話は便利な方法なので、いつでもできるという手軽さから、準備をせずに使ってしまう人が多いものです。

普通に使う分にはそれでも大丈夫なのですが、復縁告白に電話を使う時は話が変わってきます。

何も考えずに電話を使うと、ついついいつも通りの使い方をしてしまいますよね。

電話で復縁告白をしたいと思っている方はまず先に電話の特性を理解してください。

電話はリアルタイムのやり取りをすることができるので、同じ時間を共有できるというメリットがあります。

しかし、リアルタイムのやり取りにはたくさんの落とし穴があるんです。

そこを上手くカバーしながら電話を使うようにしましょう。

復縁に最適な電話の使い方をしてくださいね。

【期間限定・10月20日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
当サイトオススメ!Uraraca
占いアプリuraraca(うららか)
●心がモヤモヤしたらすぐ相談!
手軽に本格占いをするならUraraca。
カンタン操作でいつでも心が上向くアドバイスがもらえます。

●こんな悩みが解決します
・彼は私のこと本気で愛してる?(不倫)
・二人はこの先どんな関係になるの?(片思い)
・彼とやり直せるのはいつごろ?(復縁)

気になったら今すぐダウンロード!
あっという間に解決します。

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事