※この記事を読む前に必ず読んでください。

「彼との復縁の可能性は何%?」
 

「彼は私をどう思っているの?」
 
「何をすれば彼と復縁できるの?」
 

こんな悩みがあるなら、今すぐ「奇跡のスピリチュアル診断」をご利用ください。
 

「奇跡のスピリチュアル診断」は初回無料で、あなたの復縁成功の可能性や悩みを解決する為の鑑定結果を今すぐお届けします。
 

>>奇跡のスピリチュアル診断で占う<<

復縁を成功させるためには、当然の事ながら「熱意」が必要ですよね。

告白してくれた男性と仲良くなる時には待っているだけで関係が前に進みますが、別々の道を歩むと決めた2人を結び付けるのは想像以上に難しいです。

だから、生半可な熱意では不十分で、細く長くでも太く短くでもなく、「太く長く」持続させられるだけの熱量がないと復縁を成功させられません。

しかし、熱意は使い方を誤ると逆効果にしかならず、下手したら復縁成功率を下げる悪役になります。

結論から言うと、熱意のコントロール法が上手だった人は復縁が叶い、熱意の使い方を間違えた人はよりを戻せずに終わります。

熱意と余裕のバランスが最も大切だということです。

メラメラと燃える恋心を全てオープンにすると「暑苦しい女…ウザい」「あ~しつこい女って最低!」と嫌われてしまうので気を付けましょう。

今回は復縁したい熱意が強すぎて失敗する女性の特徴、熱意の使い方を間違えて失敗するパターン、熱意がプラスに働いた事例、熱意のアピール度合いの決め方、復縁したい熱意が効果的に届く言葉を紹介します。

彼への熱い想いを上手に表出して男心を掴んでくださいね。

本日のメニューはこちら

復縁したい熱意が強すぎて失敗する女性の特徴

恋愛経験が少ない


恋愛経験が少ないと熱意が湧きすぎる理由は、「替わりの男がいる」と思えないから。

何度か彼氏ができると「前の彼氏に振られた時にはこの世の終わりだと思ってたのに次の彼氏ができたらハッピーに戻れた!」という体験をします。

そこで「男は替えがきく」という事実に気付けると、失恋のショックが幾分和らぎ、「今は辛いけど、前みたいに次の人ができればまた幸せになれるよね!」と希望を見出しストレスの程度が軽くなるんです。

そうすると「今は元彼が一番好きだけど、次の人ができるまでの間だけ」と冷静になれて、熱意が湧き出る量が抑えられます。

でも、そういった経験をしてないと、心の底から愛した人がいなくなったら次に期待なんて持てません。

寂しい独り身がずっと続く絶望で心が埋め尽くされるでしょう。

その結果、「絶対に元カレを逃すものか!」と血眼になって、物凄い量の熱意が湧き出してきます。

さらに熱意のかけ方にも慣れてないので、恋愛初心者の女性はしつこくし過ぎて嫌われることが多いです。

経験が少ないと冷静に対処するのが難しいため、意識的に熱意をコントロールしてくださいね。

体育会系出身で不屈の精神力がある


体育会系の部活をしていた女性は、スポ根魂が染みついているので熱すぎるアピールをして失敗しがちです。

青春時代の環境は人格形成にも大きな影響を与えるため、学生時代にびっちり体育会系の環境に身を置いていた人は要注意です。

あなたが「これが普通」と思っているのは、世間的には「暑苦しいレベル」だと思ったほうが良いです。

体育会系の人は打たれ強いので復縁を成功させるガッツに関してはかなり優秀で、少々の事ではくじけない強さがあります。

でも、いつも負けない不屈の精神力を維持するために、熱意が普段から多めに出る体質になっているんです。

だから、あなたが50%の熱意で接しているつもりでもお相手は100%くらいの熱量に感じるし、100%の熱意でガチでぶつかって行ったら150%の本気度をぶつけられたと感じたお相手は「うわ!なにこれ!怖い!」と引いてしまうでしょう。

体育会系出身で不屈の精神力がある女性は友達も似たテンションの人が多いと思いますが、それが平均だと思わない方が良いですよ。

いつものノリで彼にアプローチすると上手くいかないリスクが高いので気を付けてくださいね。

精神的に余裕がない状態になりやすい


焦るとテンパってしまうタイプも熱意のコントロールが下手。

精神的に余裕がない時には誰でも失敗率が上がりますが、ちょっとしたことですぐに精神的にギリギリ状態になる女性は失敗率が各段に高いです。

なんてことない出来事でも余裕がなくなるので、普段から彼を不快にさせイメージがどんどん悪化。

極めつけは、復縁を成功に導くためのベストタイミングがやって来た時。

緊張がピークに達したことで湧き出る熱意を抑えきれず、挽回不可能のミスを犯し玉砕する…こんな悲しい流れになります。

動揺のしやすさを決めるのは、性格的な傾向と彼への愛情の強さの2つ。

だから、彼が大好きな女性は真剣度が高い分だけ熱意の量が多くなりがち。

大好きで仕方ない人を前にすると、何も話してなくてもドキドキが最高潮に達し、湧き出る熱意が止められない人もいるかもしれません。

そうすると、見てるだけで倒れそうなくらい緊張し、話をした時には何を言ってるか分からない「あわあわした状態」になるでしょう。

平常心を完全に失った状態なので、うっかり失言しないよう気を付けてくださいね。

粘り強く説得されると断れない


粘り強く説得されると断れないタイプは「自分だったらしつこくされたら折れちゃうかも…」と思えるから、ついついしつこくしがち。

熱意が自然とたくさん湧くというよりも、意識的に熱意のある素振りを見せるアピールをして失敗するパターンです。

別れた彼氏にもう一度好きになって欲しい…と思った時には、無意識に「私だったら~~されたらよりを戻したくなる」と自分の感覚で計画を立てる人が多いと思います。

まずは自分に置き換えて、「私がされて嬉しいと思うことをしよう!」と考えるのは自然なこと。

そのため、普段から異性にしつこく求められた時に快感を覚えるタイプは、それを彼にしてあげれば復縁が叶うと予測します。

そして、自分を基準にしたレベルで熱意をアピールすると「しつこいく追っかけすぎ」と相手に判断されて復縁が叶いません。

今までに強く勧められて断れなかった経験がある人は注意してくださいね。

気持ちを切り替えるまでに時間がかかる


気持ちを切り替えられないと、別れた後も「私が彼の唯一の恋人」という感覚から抜けられません。

元彼以外の異性に目を向けられないので、持っている熱意の全てを元彼1人に注ぎ込んでしまいます。

その結果、本命彼女時代と同じ量の熱意で「絶対に彼を私のものにする!」と過度に距離を縮めて上手くいきません。

このタイプにありがちなのは、破局直後に熱意をアピールし過ぎて最悪レベルまで嫌われること。

それに、別れ話の際にも踏ん切りがつけられずにしつこく追いかけまわすため、復縁活動のスタート時期はかなり不利な状況になっています。

彼女気どりで彼の周囲をウロウロすると熱意が裏目に出て嫌われるので気を付けましょう。

お調子者タイプ


普段は熱意の量が普通なのに、ラッキーな出来事があると一気に上機嫌になって熱意のコントロールが制御不能になるのがお調子者タイプ。

誰でも調子が上向いてくると、「上手くいきそう!」と期待値が上がるので、湧き出る熱意の量が増えますが、制御不可能な状態にまではなりません。

それは、どこかで「80%くらいの高確率で成功しそうだけど、失敗する可能性も20%ある」と疑ってしまうからなんです。

でも、お調子者タイプは「失敗する確率は0%!成功する可能性100%!」と不安がゼロの状態になって、やり過ぎてしまいます。

しかも、興奮してるせいでミスに気付きにくく、ハイテンションな元カノにドン引きしてる彼氏を見過ごしてさらに失敗を重ねたりします。

これでは、復縁が成功するはずないですよね。

良いことがあると
・有頂天になって急に気が大きくなる
・何でもできる天才だと思えてくる
・興奮して思わず嘘をつく

こんな傾向があったらあなたもお調子者タイプだということです。

復縁したい熱意の使い方を間違えて失敗するパターン

熱意を伝えるために毎日、大量のlineを送信する


失敗で最も多いのが、lineなどの連絡のし過ぎ。

一生懸命気持ちを伝えれば理解してもらえると思うが故の行動なのでしょうが、受け取った側からすると熱意量の違いを感じさせられて冷めるだけです。

「別れた彼女=嫌いになった人」から見たくもないlineが次々と送られてきたら、「俺はこんなに冷めてるのに、何この熱意…?」としか思えないからです。

冷静な眼差しであなたから送られてきたlineを見て「何も感じない…むしろウザい」と思い、しばらくは内容を確認してくれますが、何度も送られてくるlineにウンザリした彼は未読無視するようになります。

ここでlineがストップすれば「元カノも心の整理がついたみたい…良かった」とまあまあ美しい思い出で終わりますが、未読無視されているのにlineを送り続けると「マジ無理…ブロックだ」と完全に追い出されます。

彼の熱意が少ない時には熱い思いで説得しても逆効果にしかならないんです。

例外は、破局したけど彼が熱意を持っている場合。

愛し合っているのに遠距離で離れた、親に反対されてお付き合いを諦めた…そんなケースだったら彼の熱意も高い状態なので、何度も送られてくるlineで心が動かされて復縁が叶うかもしれません。

でも、彼の熱意が低い時には、同じレベルの熱量で接するのが基本です。

気持ちが高ぶり重すぎる発言をしてしまう


彼への気持ちが高ぶると感情のコントロールができなくなり、重すぎる発言をしがちです。

気持ちが高ぶる原因には様々なものがありますが、多くの女性が失敗するのは夜中のおかしなテンションで男が引く発言をすること。

個人差があるとはいえ、朝や昼に比べると、夜は精神的なコントロールが難しい時間帯で何故か感情的になります。

これは人間の体の仕組みと関係しています。

人の体には交感神経と副交感神経の2種類があって、朝と昼は交感神経が優位、夜は副交感神経が優位になる時間。

疲れた体や脳を回復させるために夜は副交感神経が優位でリラックスした「無防備モード」になりますが、無防備モードは敵に襲われるリスクが高くなってる状態。

このハイリスク状態になると人は不安を強く感じ、いつもよりもネガティブ思考になってしまうんです。

その結果「復縁できなきゃ死ぬかも…」など、あり得ない重いセリフを発してしまいます。

夜に手紙を書いたらダメ!と古くから言われている通り、気持ちが高ぶる夜のlineは危険度マックスだと言えます。

何らかの原因で熱意がコントロールできない時には十分に気を付けてくださいね。

相手が見えなくなり不適切なテンションで接する


熱意があるのは良いことでもありますが、真剣な思いが強すぎると周囲を見渡す余裕がなくなるのが問題。

意気込み過ぎるとひとつの目標だけしか見られなくなって、全体像を把握できないからです。

必死になって何かに取り組んでいる時は他の雑音が全く耳に入らないほどの状態になりますよね。

あれは、熱意が高くなって特定の物事に意識が集中してるからです。

復縁活動で同じことをすると、彼が嫌がってることに気付けずに、間違ったアプローチ法でグイグイ攻めてしまいます。

適切なレベルの意気込みだと「このやり方だと彼が不快感を持つみたい…」と気付けて軌道修正できますが、意気込み過ぎると「今日は絶対に元カレに話しかける!」という目標しか見えなくなり、物凄く忙しそうにしているのに強引に話しかけてしまいます。

その結果「邪魔…」と思われてマイナスイメージを植え付けることに…。

しかも、忙しそうな素振りを見せているのに、ハイテンションで長時間べらべらとおしゃべりしてしまうので「鈍感な女…最低」と評価が地の果てまで下がります。

熱意ばかりがあっても、相手の都合に合わせられないと逆効果になりますよ。

連絡が取れないことに焦って彼がいる場所に行く


熱意の間違った使い方の定番がストーカー行為です。

想いが強すぎて熱意過多な状態になると、通常では考えられない行動をしてしまいます。

ストーカーしたら嫌われることは頭では理解していますが、熱意が強すぎると分かっていても体を止められません。

熱意と関わりが深いのが衝動性で、熱意の量と衝動性は正比例します。

つまり、熱意があり過ぎると、衝動性が増すためブレーキが効きにくいのです。

危険だと思いつつも止め役(ブレーキ)がいないので、我慢しきれずにストーカー行為に至るのでしょう。

ストーカー行為をするきっかけで多いのが「連絡が取れなくなったこと」。

やり取りができているうちは熱意のコントロールができていても、返信が来ない・未読無視されるという出来事があると一気に熱意が増して彼の家を突撃訪問してしまいます。

連絡手段が断たれたら「永遠の別れ」が頭に浮かぶので、居ても経っても居られなくなり体が彼の近くに行きたがるんですよね。

好きな人と永遠に別れてしまうと思ったら、とりあえず近くに行かないと!と思えるも納得です。

ただ、ストーカー行為をされた彼は恐怖感で一杯なので、悠長に「分かる~そうだよね~」なんて思えません。

家には行かないでも、会社のそばで待ち伏せする、近所をウロウロするなんてのも立派なストーカー行為です。

ストーカー行為をすると、たった1回でも彼に完全に嫌われるので熱くなりやすい人は注意しましょう。

思い通りにならないことに憤りを感じ相手を責める


ひたむきに何かに取り組んでいるのに成果が出ないと何かを責めたくなりますよね。

必死になったらなった分だけ結果が出て欲しいと思うし、思い通りに行かなかった時のショックも大きくなります。

これが復縁活動中に起こると「私がこんなに頑張ってるのに、どうして振り向いてくれないの?ひどい!!」と矛先は元カレに向かいます。

これも痛いほど分かる心情で、「誰かに八つ当たりしないとやってらんない!」という気分になりますよね。

片思い相手と違って元彼は何でも言える相手なので、成果が出ないとポロっと本音がこぼれるのも分かります。

ただ、何も悪いことをしてない彼の立場に立つと「なんで俺が悪者なわけ?意味が分からない…てか、むかつく!」って感じでしょう。

あなたの頑張りと彼の恋心は全くの別物なので、一生懸命アピールされても彼には拒否する権利があります。

特に、努力家で「目標達成のためなら苦労したってかまわない!」という熱い思いを持っている人は注意してくださいね。

勝手に頑張って1人で疲れて元彼に八つ当たりしがちです。

上手くいかない時に彼を責めると復縁が遠のきますよ。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

復縁したい熱意がプラスに働いた事例

復縁告白の約束事が彼の希望そのものだった


熱意を出すのにふさわしい場面ナンバーワンは復縁告白の時。

復縁を叶える大事なフェーズなので、真面目な態度で重めのセリフでも受け入れてもらえます。

告白シーンでは基本的に曖昧なセリフはNGで、誤解なく意志が伝わるストレートな言い回しが望ましいです。

そして、言葉はシンプルだけど熱意に溢れているのが「黄金バランス」です。

ごてごてと飾り立てたセリフで熱意に溢れているとしつこすぎるし、かといってセリフだけ凝っていて熱意のない伝え方も心に響きません。

だから、「シンプルフレーズ×熱意たっぷり」が最も成功率が高いと言われているんです。

普段は熱意を抑えめにしておいて、ここぞ!という時に熱意を出せば高い確率で成功するでしょう。

また、復縁告白の成功率を上げるコツが、「次は~~します/しません」という約束事。

喧嘩して謝らずに破局したなら「喧嘩の後に意地を張らずにきちんと謝ります」と約束事を決めれば「それなら良いかな…」と彼が検討してくれる可能性が高まります。

でも約束事の内容は何でも良いわけではなく、彼の希望と合致してなくてはいけません。

約束事をしても「そこじゃなくてさ~もっと直すべきとこあるでしょ?」と突っ込みたくなると冷めてしまうからです。

だから、熱意がプラスに働くのは、復縁告白の約束事が彼の希望そのものだった時に限られます。

熱意たっぷりで告白をする時には、彼が許せないと思っている欠点を直す約束をすると効果的ですよ。

アプローチを繰り返すうちに誠意を感じ取ってもらえた


しつこくアプローチするとドン引きされて終わりますが、やり方を工夫すれば成果を出せます。

相手が不快に思わない方法でコツコツと愛情表現を続けていると、時間をかけて頑張ったご褒美として誠意がお相手に伝わるからです。

例えば、lineの連続送信は不快に思われてもTwitterの「いいね」を押すくらいだったら不快に思わないかもしれません。

彼の投稿内容の何割かにそっと「いいね」をして、しつこくならない程度にアプローチを続けていれば「ずっと見守ってくれてる…」と彼に思ってもらえる可能性があります。

この時にはお相手が不快に思わない方法や頻度にすることが最も重要で、最適な方法以外だと「ウザい」と思われて失敗します。

また、短期間で成果を出そうとすると上手くいかないので注意してくださいね。

この作戦は時間をかけてそっとアプローチを続けることで、初めて押しつけがましくない印象を与えられます。

「熱意」というとドカーンと激しいイメージがあるかもしれませんが、辛抱強く待つ種類の熱意もあるんですよ。

褒めて欲しいタイミングや内容がドンピシャだった


激し目アピールをしても大丈夫なのが、ベストタイミングで彼の希望ドンピシャな褒め言葉を口にした時。

なぜなら、彼の熱意もヒートアップしているからです。

例えば、身体改造に挑んで割れた腹筋を手に入れられたら、男は絶対に自慢したくなります。

でも自分から腹筋を見せて歩くわけにはいかないので、「誰か気付いてくれないかな~」と思いながら過ごしているでしょう。

そんな彼を見つけて「○○君!腹筋が割れてる!すごーい!シックスパックじゃない?かっこいい!」と褒める時ならハイテンションでも許されます。

嫌いになった元カノに声をかけられるとイライラする男性もこの時だけは別。

しかも、「シックスパック」という彼が一番触れて欲しいポイントを盛り込むことで、さらに効果倍増します。

彼は「シックスパックを手に入れた男」に一番気付いて欲しかったはずなので、そこを熱意ある態度で褒められたらたまらない気分になるでしょう。

熱意の低い彼に勢いのあるアプローチをしたい人はこの作戦が最適です。

彼が褒めて欲しいと思っていることを探してみてくださいね。

彼が興奮状態でテンションが高かった


何らかの理由で彼自身がハイテンションになっている時には、熱意を強調しても上手くいきます。

誰でもご機嫌になっている時にはテンションが上がるので、普段なら鬱陶しいと思えるレベルのアプローチでも受け入れられるからです。

それに、上機嫌な時なら勢いも最高潮なため、トントン拍子で復縁というゴールに辿り着ける可能性さえあります。

普段は熱意を抑えて蓄積しておき、彼がハイテンションになっているのを見つけたら同じくらいのテンションで会話を盛り上げると関係が良くなりますよ。

自分がハイテンションの時に平静を装ってる人を見ると「なんだよ!つまんないヤツ!」と盛り下がるので、思いっきりノリノリで話しかけてみましょう。

彼がテンションの高い状態になっている時は、あふれる熱意をアピールしたい人にとって逃してはいけないチャンス!

良い出来事があった時だけでなく、ほろ酔いでご機嫌な時も狙い目です。

積極的に関わって一緒に楽しい時間を過ごしてくださいね。

長く会わない時間を経てから再会した


破局後に数か月~数年という長い時間離れていて、久しぶりに再会した時には熱意のある態度で接しても問題ないと思います。

彼の熱量が低くて、こっちは「わー!久しぶり!!」なのに向こうは「あ…どうも」ぐらいでも、そこまで悪いイメージを抱かれないでしょう。

久々の再会だと、振った彼女が相手だったとしても懐かしさが先に立って「おお~~!○○じゃん!」と彼も熱意ある態度で迎えてくれることが多いです。

ここで熱いトークで盛り上がると「元カノってやっぱ良いよね!」と彼の中に復縁意欲が芽生えます。

冷却期間で彼と距離をとっている女性は再会の時を上手く使ってイメージアップにつなげましょう。

久しぶりに会ったという理由があれば、大げさなくらいに喜んで「会いたかったんだよ!元気にしてた?」と言っても好意的に受け取ってもらえる可能性があります。

ただ、別れてからの期間が短いと嫌悪感が残っている危険があるから慎重に対応してください。

年単位での再会なら、熱い想いを伝えても大丈夫ですよ。

彼のタイプや状況によって熱意の使い方を変えれば復縁できる!

熱意120%:追いかけて来て欲しいタイプ


追いかけて来て欲しいタイプはしつこいくらいにアプローチされるのが好きなので、普通の人なら引いてしまうほどの120%の熱意を感じさせてもOK。

むしろ、しつこくしないとどんどん彼が離れてしまいます。

元彼が追いかけて欲しい性格なら、熱意ある態度で彼にアプローチしましょう。

でも、熱意をアピールする方向を間違えないよう注意してください。

つまり、ひたすら押せばいいというわけではなくて、正しい方法であれば強めに押してもOKだということ。

毎日lineを送るのは危険だけど、1週間に1回だけなら送り続けても受け入れてもらえるかもしれません。

どこからがNGかの線引きは元カレの性格や最近の様子を元にして考えてくださいね。

熱意100%:振った側からの復縁告白の時


あなたが振った側で復縁希望なら、熱意は高めのほうが良いです。

自分を振った相手が気の抜けた態度で「また付き合おっか?」と言ってきたら、ムカッとするからです。

自分から振っておいて復縁したいと言うのは自分勝手な行為でもあるので、誠意が伝わるようできる限り熱意を見せるべきです。

特に重要なのが復縁告白の時。

フラれた相手からの告白を受ける彼の心の中は「本気でやり直したいのか?」とあなたの真意を疑っています。

フラれて辛い経験をするとまた同じ思いをするのは避けたいと感じるので、本気かどうかが凄く気になるんでしょう。

だから熱意を100%彼に伝えるつもりで告白しましょう。

あなたの真剣な想いを分かってもらえたら、よりを戻せますよ。

熱意70%:彼がピンチに陥っている時


彼が困っていたり、ピンチに陥ってる時も熱意は高めでOK。

困っている時は必死になって助けてくれる人がいると心がジーンとしますよね。

落ち込んでいる時に「へ~そうなんだ」と流されると寂しくなりますが、「そうだったの!?大丈夫だった!できることあったら何でも言って!」と言われたら嬉しくなるし相手への好感度が増すのではないでしょうか。

だから、落ち込んでいる彼を励ましてあげる時には、熱意70%くらいで接するように心がけてください。

熱意100%まで高くすると、「いや、本命彼女でもない人にそこまで接近されても…」と引いてしまうかもしれないので、100%よりは少し控えめにして70%くらいにしておくと丁度良いでしょう。

熱意50%:ちょっといい感じのムードになった時


復縁活動が順調に進むと、lineのやり取りやデートの最中にいい感じのムードになることがありますよね。

そんな時には興奮して100%の熱意を出したくなると思いますが、ぐっと我慢して!

いい感じになっても余裕があるフリをしていたほうがベターです。

理由は、「もう少し僕からアプローチしないと仲良くなれない?」と彼に思わせられれば復縁成功率が上がるからです。

いい感じになった時には元カレもあなたの様子をチェックしています。

そこでノリノリな様子を見せると「よし俺が一番好きなんだな!」と確信を与えて彼のやる気を奪います。

男は基本的に追いかけている時に熱意がアップするので、あなたの熱意と彼の熱意を同じレベルまで引き上げるために、いい感じになったら熱意を抑えめにしましょう。

特にお調子者タイプでラッキーな出来事があると行動を止められない女性は注意してくださいね。

ここでの対応によって成功率が変わってきますよ。

熱意10%:職場恋愛だった場合


職場恋愛をしていた彼と復縁したい時には、熱意は見せても最大10%まで!

仕事の場に恋愛を持ち込む女は例外なく嫌われるため、会社内では熱意を少しも見せずに過ごしましょう。

そしで、プライベートな場所でだけ10%の熱意を見せて、クールな付き合い方を続けてください。

社内恋愛だと元彼は相当警戒しているでしょうから、熱意のある態度を見せると一発でダメになる危険さえあります。

そのため、10%の熱意でつながり続けて、彼の熱意が戻ってくるのを待ちましょう。

職場での熱意は悪影響を与えるだけなので、社内恋愛の復縁を叶えたいなら感情的な態度は極力控えてくださいね。

熱意-30%:振られた直後~1ヶ月


振られた直後から最低1ヶ月経つまでは熱意は封印しておきましょう。

1%も見せない方が良いですし、別れを受け入れたことをアピールするために熱意はマイナス30%くらいの状態を意識してください。

要は、「復縁なんてしたくないですよ…」くらいの雰囲気を心がけるということです。

振った彼女が復縁意欲満々だと知ると、「マジかよ…勘弁してくれよ」と彼は思います。

あなたとの関係を終わらせるために別れ話をしたのに、直後に「やり直したいです!」って言われたらガッカリしちゃいますよね。

だから表向きだけでも、「前の恋に終わりを告げました」という様子を出しておきましょう。

復縁したい熱意が効果的に届く言葉

「○○君以外の人は考えられない!」


「○○君以外の人は考えられない!」は、鉄板とはいえ熱意との相性が良い言葉。

「あなただけ」アピールをして男心をがしっと掴むセリフです。

特に元彼と別れた後に別の異性と付き合ったり、デートしたりした人に最適で、補足して「別の人と過ごしてみたけど、あなた以外は考えられないと思った」と付け足しておけば、「他の男に勝った!」と彼のプライドをくすぐれます。

「あなただけ」というフレーズは重いイメージがあるものの、使い方を間違えなければ男的にはぐらっとくる魅力があるのも事実。

べったりした言い方で使うと逆効果ですが、潔くストレートに伝えれば良い印象を与えられます。

「○○君以外は考えられない!だからもう一度付き合って欲しい」と、飾り気のない言葉にあなたの熱意をたっぷり込めてくださいね。

「別れて改めて大好きって思った…」


「ずっと好き」は告白のセリフの定番ですが、ちょっと重すぎるのがネックです。

女子は「永遠」を表す「ずっと」が好きですが、男にとってはやや重いです。

それに対して、「別れて改めて大好きって思った」は、区切りをつけて再スタートを切っている雰囲気を出せるのがメリット。

破局した時点で前の恋心に終わりを告げて、そしてもう一度ゼロからあなたを好きになった…という雰囲気が伝わってきませんか?

真剣さを強調すれば、「ああ、もう一回始めてみても良いかも…」と彼の心を揺さぶれます。

シンプルでありながら、何故か心に残るフレーズなのでおすすめですよ。

「○○君のすべてが好き」


熱意が溢れて止まらない!という状態の女子は正直に「○○君のすべてが好き!もう一回付き合って!」と言ってみたら彼を感動させられます。

女の子が全力で「すべてが好き!」と言うのは結構なインパクトがあり、さらに熱意の上乗せで迫力を増せば圧倒された彼が思わず「うん、いいよ」と口にしてしまうかもしれません。

どこまで意気込みを伝えられるかにかかってるとも言えるので、全力で復縁告白してみてください。

真剣な想いが伝われば、よい結果が期待できますよ。

「もう一度だけ私にチャンスをください!お願いします!」


あなたに非があって別れたのなら、お願いする姿勢でアプローチするのも効果的です。

男は女にお願いされるのに弱いですし、「お願いします!」というセリフは誠実さをアピールできます。

これも熱意は最高レベルでOKです。

熱意が足りないと効き目がないくらいなので、ビシッとした態度でお願いして頭を下げましょう。

また、女らしいというよりは男らしさを感じさせるセリフのため、普段は男に甘えるタイプの女の子が使うとギャップ萌え効果も期待できます。

いつもは「え~そんなことないよぉ~」という口調の子から「チャンスをください!」と言われたら、男は「なんて一生懸命なんだ…この子の願いを叶えてあげたい!」と思います。

だから、「復縁はしない」と決めていたとしても、決心がぐらぐら揺らいで「OKしちゃおうかな」という状態まで持って行ける威力があります。

逆に常日頃から男顔負けでバリバリ仕事してるタイプの女子には不向き。

「ビジネスかよ…」と彼が冷めるので別の言葉を使いましょう。

「○○君が喜んでくれると私まで嬉しい」


思わず男が笑顔になるセリフが「○○君が嬉しいと私も嬉しい」で、これを言われたら「元カノを抱きしめたい!」という衝動に駆られます。

「僕の幸せを誰よりも願っていてくれるのはこの子かもしれない…」と感じさせらますし、健気なイメージを強調できるのもメリット。

強引に「やり直そうよ!」と言うのとは正反対で、何も要求せずにただ「愛」を伝えている感じですよね。

これは復縁告白だけでなく、日々の会話でサラッと言うのもすごく効果的で、元彼が喜んでいる姿を発見したら「良かったね!○○君の笑顔を見ると私まで幸せになっちゃう!」と言ってみてください。

こんなこと言われたら当然ドキドキするので、そのセリフを境にあなたと彼の距離が急接近するかもしれませんよ。

「前は私が幸せにしてもらったから次は私が○○君を幸せにしたい」


彼へのリスペクトが伝わる言い回しが、「前は私が幸せにしてもらったから、次は私が○○君を幸せにしたい!」です。

何よりも強調したいのは「私を幸せにしてくれてありがとう」という意志です。

「俺が幸せにしてやった!」と男は思っているので、それを認められると心に響きます。

さらに恩返しとしてあなたを幸せにしたいと伝えればぐっとくるでしょう。

熱意の込め方のコツは、これから頑張る意欲が十分にあることをアピールすること。

次は本気で良い関係を築く努力をするし、全力を懸けてあなたを幸せにする!という熱い想いが伝わる態度で告白してくださいね。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「ここぞというタイミングに復縁したい熱意をアピールしよう」

占い師 ミミコ
復縁の熱意は絶対に必要なものでありながら、それを包み隠さず見せてしまうと元カレからの印象が悪くなるのが難しいところです。

有り余る熱意があったとしても、お相手が不快に思うタイミングでは熱血さを封印しましょう。

そして復縁告白の場面など、熱意を伝えるべきところで誠意があることをアピールすれば失敗せずに彼と良い関係が築けます。

また、告白時以外でも、彼の熱意が高まっている時などチャンスを見つけたら積極的にアピールしてみてくださいね。

適切な場面だったら熱意を丸出しにしても良い方向に働くと思いますよ。

ただし、興奮して判断力を鈍らせないよう注意しましょう。

完全に我を忘れてしまうと失敗するリスクが高くなるので気を付けてくださいね。

熱意を見せつつも余裕を残して対応すれば復縁する夢が叶いますよ。

【期間限定・8月9日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事