なんとなく彼氏の様子がおかしかったり、彼氏からの愛情が感じられなくなったりすると、「私に冷めちゃったのかな…?」と疑う気持ちが出てきますよね。

愛情表現が豊かな男性が急にそっけなくなったら、「もう私には興味がないんだ…」と思えてきて、どうしたらいいのか分からなくなってしまう女性もいます。

こういった時に重要なことは、本当に彼氏はあなたに冷めてしまったのかどうかを確かめることです。

もしも、彼氏が冷めたように見えても、あなたへの愛情がしっかりと残っているのであれば、不要な心配をせずに彼氏を信じていたほうが関係が上手くいきます。

彼の気持ちを間違えてしまい卑屈な態度をとったりすると、それが原因で彼の気持ちが本当に冷めてしまう恐れがあるので、間違った行動をしないように注意しなくてはいけません。

しかし、あなたが「彼は私に冷めてしまった」と感じるということは、彼の態度が今までとは違うということでしょう。

今回の記事では男が冷めた時の行動一覧を示していますから、あなたの彼氏がこれらの行動に当てはまっているかどうかをチェックしてみてください。

最初に、彼氏が冷めてきた時にまず取る態度、次に完全に冷めたときの行動について説明します。

これらの項目と彼氏の行動が一致する場合には、その後に紹介する一度冷めた気持ちが復活する男性心理の操作法を参考にしてください。

また、彼氏に冷められた時愛情を復活させるlineについても触れるので、実際の行動とlineの両方でアプローチしていくのが良いですよ。

そして、最期には冷めたと誤解しやすい愛情表現について解説しますので、彼の気持ちを誤解してしまっていないかを必ずチェックしておいてください。

あなたが心配しているだけで、彼はまだあなたのことが好きだという可能性は十分に残されています。

それに、仮に冷めてしまっていたとしても、彼の気持ちを取り戻すことは不可能ではありません。

この記事に書かれていることを活かして、あなたと彼氏の関係をより良いものにしていってくださいね。

彼氏が冷めてきた時にまず取る態度

彼女の目を見ない


彼氏がお相手女性への気持ちが冷めてきた時に、一番に変化することは、相手の目を見なくなるということです。

言葉以外に相手の表情や身振りなども見てコミュニケーションをとる傾向のある女性に比べて、男性は雰囲気を感じ取るのが苦手で言葉中心のコミュニケーションになりがちです。

だから、男同士で話をしている時などに相手の顔を見ずにそれぞれが会話を続けることが当たり前になっており、女性との会話でも目を見ずに話すことが多いです。

しかし、そんな傾向のある男性でも彼女だけは別。

特別な感情を抱いているので、相手の顔を見たいという意識が芽生えて、好きな女性の顔はしっかりと見つめます。

これは、男性が視覚情報で性的な興奮を感じることとも関係しているのでしょう。

スタイルの良い女性を見つけると目で追ってしまう男性が多いのは、視覚で捉えた情報を元にして気持ちが盛り上がるからなんです。

だから、恋愛感情を抱いている彼女に関しても、好きだという気持ちがあると、目を中心に顔をじっと眺めるようになります。

でも、彼女への性的な関心が失われてしまうと、付き合っている関係だとしても、その他大勢の女性の一員としてしか見れなくなります。

その結果、今までは会話中に彼女の目をじっと見つめてくれていたのに、顔も見ずに会話を続けるという態度に変化していきます。

恥ずかしがりやで普段から、女性の目を見ないで話す癖のある男性だったとしても、好きな女性の顔を見たいと思うので、あなたが彼氏の目を見ていない時などにこっそりと顔を見つめていたはず。

だから、彼氏が会話中にどこを見ているかをチェックしておくと、あなたのことをどう思っているかが分かりますよ。

会話中にうわの空になる


彼女への気持ちが冷めてきた男性は、一緒に話をしている最中に他のことばかり考えてしまい、態度がうわの空になります。

これは、男性がひとつのことだけに集中してしまう特性と関係しています。

いくつものことを同時に進行させられる女性と違って、男性はひとつのことだけに意識を集中させて物事をこなします。

いくつかのことを同時に行っているように見えたとしても、男性の心の中にはメインとなる物事が決まっており、それ以外はほとんど頭にない状態です。

だから、誰かと会話をしている時にも、何か考え事が始まってしまうと、相手の話が一気に頭に入って来なくなります。

ここで重要なのは、男性が聞きたいと思う話は自分が興味を持っている対象に限られるということです。

相手に悪いから…という気持ちで、興味のない話も上手に聞くことができる女性に比べると、男性は興味が持てない話は頑張っても頭に入ってこないのです。

好きな女性に関しては、強い興味を持っているので、何も考えなくても話に夢中になります。

だけど、気持ちが冷めてしまうと、頭では彼女の話を聞かないとな~と思っていても、どうしても別のことを考えてしまい、彼女の話を真剣に聞くことができません。

彼氏自身も自覚がないかもしれませんが、あなたが話をしている時に彼がどことなく他のことに気を取られていると感じたら、それはあなたへの興味が薄れ、話の内容が頭に入ってきていないのかもしれません。

会話の中で質問をした時に、すぐに返答が返ってこなかったリ、質問を聞き直されたりする場合には、彼があなたの話を聞いていないということです。

連絡頻度が減る・返信が遅い・テンションがいつも同じ


付き合っている彼女との連絡の仕方は個人差が非常に大きなものですが、いつもに比べて連絡頻度が減ったり、返信が遅くなった場合には気持ちが冷めている可能性があります。

ただし、連絡頻度は付き合ってからの時間によっても変わりますし、その時の状況で急に様子が変わることも多いのですぐに判断してしまわないことが大切。

彼からの連絡が少ない、返信までに時間がかかる…といった変化があった時には、連絡の内容にも意識を向けてください。

冷めてきたのであれば、頻度や返信までにかかる時間よりも、内容が手抜きだったり短文ばかりになったりと言った変化がみられるはず。

また、あなたが困っている様子の連絡をしているのに無視するなど、その時々の状況を総合的に判断する必要があります。

それだけでなく、一時的に時間がなく連絡できないということもあるので、一定期間様子を見て、本当に連絡頻度や返信にかかる時間が変化しているかどうかもチェックしておいてください。

冷めた時の特徴は、同じような態度が増えることなんです。人はその時によって機嫌のよい時と悪い時があるので、やり取りを繰り返していると、気分の変化を感じられる返事が返ってくると思います。

だけど、気持ちが冷めてしまった時には、相手が何を言っても感情の起伏がないのでいつも一定の感情レベルでのやり取りが続くようになります。

嬉しい内容のやり取りのはずなのに、彼が一緒に喜んでくれない雰囲気の返信だけだった、体調が悪いなど少しネガティブな内容のやり取りでも心配するような言葉がなく冷静な返事だけだった…といった場合には冷めている可能性が高いです。

連絡頻度や返信速度以外にも、やり取りをしている時の彼のテンションに注目してみると彼氏が冷めているかどうかが分かるでしょう。

疲れてるから…という言い訳が増える


彼女に対しての気持ちが冷めてしまった男性は、彼女にために時間を使うことに抵抗感を示すようになります。

これは、もともと恋愛に関する意識の違いも関係しています。

恋愛相手だったとしても自分の時間を無駄に費やしたくないと思う男性が多いので、どうしても好きな女性か自分にとって利益のある相手に対してしか時間を使いたくないと思っています。

多少つまらないと感じる時間でも、和を乱さないようにしようと気を使う女性が多いのに対して、つまらないんだったら早く帰りたい、と思うのが男性心理です。

だから、彼女への気持ちが冷めてくると、彼女と一緒にいる時間は自分の時間が奪われているような気持ちになってしまい、早く帰りたくなってしまうのです。

そういった経験を繰り返すうちに、彼女と一緒に過ごす時間をなくしたいという気持ちが芽生え、適当な言い訳をして、彼女の誘いを断ろうとします。

でも、気持ちが冷めていると余計な嘘をつくのも面倒だという思いもあるので、言い訳が手抜きです。

まだ多少は彼女への気持ちが残っている時は、誘いを断るにしても「別の用事があるから」「友達に誘われているから」など、聞いた彼女が納得しそうな言い訳を考えます。

しかし、気持ちが冷めてしまうとそれさえもやる気が起きないので「疲れている」という自分勝手な言い訳を何度も使います。

「疲れている」という理由なら口裏合わせも必要ありませんし、何度使っても怪しまれないという点も特徴です。

でも、疲れていると言われて彼女が良い気持ちになるはずありません。

好きだと思っているなら「嫌われないような言い訳にしないと!」という意識がありますが、冷めているので「嫌われてもいいや…」という適当な気持ちで「疲れるから…」という言い訳を使っているのです。

誘いを断られるだけでなく、適当な言い訳を何度も使われるようになったら、彼の気持ちが冷めていると思っておいたほうが良いでしょう。

デートの帰り際があっけない


男性が相手女性に冷めてしまった時には、デートの帰り際の態度が冷たくなります。

好きなもの同士が一緒にいる状態から離れる時というのは、離れがたい気持ちがあるのが普通。

時には、デートの帰り際になってから、離れられずに長いこと一緒にいてしまった…というカップルも多いはず。

だけど、彼の気持ちが冷めてくると、一緒にいる状態から離れる時に、名残惜しさを感じなくなります。

これまでは、「帰るのが嫌だ…」「もっと一緒にいたい…」といった気持ちが芽生えて、なかなか離れることができなかったのに、冷めると別れ際に何も感じなくなるので、あっさりとサヨウナラの挨拶ができてしまいます。

彼女のほうは、まだ彼氏のことが大好きで離れたくないという素振りを見せても自分にその気がないので、冷めた彼氏はさっさと帰ってしまうでしょう。

多少は彼女のわがままに付き合って、しばらく話をすることもあるでしょうが、自分が早く帰りたいという気持ちがあるので、彼女がお願いをしても彼氏は彼女を置いて帰ってしまいます。

デートの最中は楽しそうにしていても、帰り際が妙にあっけないと感じた時には、彼の気持ちが冷めているかもしれないということです。

男が完全に冷めたときの行動一覧

会話が続かない


男の気持ちが完全に冷めると、相手女性への興味や関心も一気になくなります。

男性は女性への気持ちの変化の波が大きいのが特徴で、好きだと思うと何も見えなくなるほど、彼女のことだけで頭がいっぱいになりますが、少しでも冷めてくると、そこから急降下で興味を失っていきます。

女性のように「少し嫌いになったけど一晩寝たら気持ちが復活した…」という小さな波がありません。

好きか嫌いかの両極端なので、完全に冷めてしまうと、会話が全く続かなくなります。

あなたのほうから一生懸命話をしていたとしても、彼の反応が鈍くなると会話のキャッチボールが成立しなくなり、いつもあなたからの一方通行のような状態になってしまうでしょう。

気持ちが完全に冷めている時の特徴は、あなたが話をしている内容に全く興味を示さなくなること。

普通は好きな女性が何に興味を持っているかを知りたいと思うので、あなたが「〇〇が好き」などと言ったら「例えばどんなのが好きなの?」などと、詳しく知りたそうな素振りをしてきます。

でも、完全に冷めてしまっていると「〇〇が好」と言っても「そうなんだ」だけの返事だったり、ひどいと無視をされて返事さえも返ってこない…という辛い状況になってしまいます。

ただ、もともと会話のキャッチボールが苦手な人もおり、好きな気持ちがあっても上手く会話を掘り下げられない男性も珍しくありません。

彼氏の性格によって多少の違いがあるので、普段の様子との変化を見るようにすると、彼が冷めたかどうかを確かめることができます。

怒りの感情を見せてもスルーされる


あなたが彼に対して怒りの感情を見せた時に、何も対応してもらえずスルーされてしまったとしたら、彼の気持ちが完全に冷めているということでしょう。

女性は感情表現が豊かなので、男性よりも怒りの感情を頻繁に表出します。

男からすると「そんなことで?」という内容でも、女性はカリカリと怒ってしまうことがあります。

この時に男性は自分と違った怒りポイントを持つ女性に対して驚きの気持ちを持つので、急に怒りの感情をあらわにされるとどうしていいか分からずに、何かしなくては!という気持ちだけで、女性に落ち着いてもらうための声掛けなどをします。

まさか、こんなことで怒られると思っていなかった…という気持ちがあるから、あっさりと無視することができないんです。

しかし、気持ちが完全に冷めてしまっている場合には、彼女の気持ちが大きく変化しても、それに対して心が動かされません。

場合によっては彼女が怒っているということにさえ気付いていないのです。

それくらい心が離れてしまうと、彼女が怒っていても放置するという対処法に変わります。

自分には関係ないことだという気持ちになっているので、彼女が怒っていても何も感じないのです。

女性を怒らすと面倒だから何とかしておきたいと思う男性が多いので、あなたが怒っているのに放置されてしまった…という経験があったら、彼の気持ちが完全に冷めている証拠です。

デートをドタキャンする


彼氏のあなたへの気持ちが完全になくなってしまった時は、デートの誘いを断られるだけでなく、約束をしたデートもドタキャンされてしまうでしょう。

男性にとって好きではない女性とのデートほど苦痛に感じるものはありません。

自分が落としたいと思える女性にだけにしか興味がないので、すでに心が離れてしまった女性とのデートには何も価値が見いだせないのです。

男性が女性を喜ばせたいと思うのは、好きな女性に対してだけ。

特にわざわざデートをして時間やお金を使うのは、好きだと思える女性だけが対象なんです。

あなたへの気持ちが多少は残っているので、デートのお誘いに了承したのでしょうが、それからデート当日までの間に彼の気持ちが完全に冷めてしまったという可能性も考えられます。

徐々に気持ちが冷めていき、ついには完全に冷めてしまったので、我慢をしてデートをすることがイヤになったのかも。

気持ちが冷めていてデートをドタキャンする時の見分け方は、自分でドタキャンをしているのに謝罪の言葉がないことです。

彼女に対して悪いと思っていたら、ドタキャンをしたことに対する謝罪は十分すぎるほどにあるのが当然。

だけど気持ちが冷めていると、今後もデートに誘ってほしくないと思っているので、むしろドタキャンをしたことで彼女に嫌われたいという思いさえ持っているのです。

だから、全く悪びれる様子もなく平気な態度でドタキャンをしてきて、あなたを不快な気分にさせるでしょう。

それは彼の気持ちが完全に冷めてしまったからなんです。

今後の話を一切しなくなる


彼氏の気持ちが完全に冷めると、あなたとこれから一緒にいるという前提条件がなくなるので、これからの話が全く出てこなくなります。

とりあえず付き合っている関係を続けているだけなので、今目の前の事務的な用事しか話に出てきません。

本当に好きな相手だったら、ずっと一緒にいるという予定で過ごしているので、「次は〇〇に行きたいね」と言った話や、これから先の二人の関係(結婚など)についての話題が自然と出るはずです。

しかし、気持ちが冷めてしまっていると、あなたとは別れるつもりで会話をしていることになるので、今後の話は出てこなくなり、やらなくてはいけないことだけの会話になっていきます。

そういった時には、未来についての話をあなたから始めてみると、彼の本心が分かります。

あなたが「今度〇〇でデートしようよ!」と誘った時に、少しでも考えておくという素振りが見られれば、まだ気持ちが残っているということ。

お誘いに対して「遠いから無理」「興味ない」など否定的な返事だった場合には、完全に気持ちが冷めていると考えられます。

スキンシップを拒否する


スキンシップを拒否するのも、気持ちが完全に冷めてしまった時の特徴のひとつ。

男は多少気持ちが離れてしまっても、スキンシップなら受け入れてくれます。

女性のように好きな人だけにしか触られたくない!という強い気持ちがないので、そこまで嫌いでない限り、女性とのスキンシップには良い印象を抱いている男性が多いでしょう。

しかし、気持ちが完全に冷めてしまうと、スキンシップをされても男として興奮するどころか煩わしいと感じてしまうのです。

これはすでにあなたとのスキンシップを何度もとっているということとも関係しています。

男性は同じ女性とのスキンシップを繰り返していると飽きてきて、別の女性に関心を抱くようになります。

それでも彼女として好きだという気持ちがあれば、そこまで刺激的ではなくても好きな女性とのスキンシップを楽しむことができます。

しかし、好きな気持ちがなくなると、飽きた女性からのスキンシップは新鮮味も面白味もないものと感じられてしまうのです。

関係の浅い女性が相手の場合には、そこまで好きではなくても新鮮味が強いということでスキンシップを楽しめますが、あなたとは既に付き合っている関係ということで新鮮味を感じられません。

その上、気持ちが完全に冷めてしまっているのだからスキンシップを絶対にしたくないという気持ちになってしまうのでしょう。

あなたから積極的にスキンシップをしにいったのに拒絶されて終わった…という時は完全に気持ちが冷めているということです。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

一度冷めた気持ちが復活する男性心理の操作法

こちらからのアプローチをやめる


男性の気持ちが冷めてしまった時には、女性からはなにもしないのが一番いいです。

気持ちの変化があった時には、1人になりたいと思う男性が多いので、彼の気持ちの整理がつかないうちに口出しをすると余計に嫌われてしまうからです。

彼が冷めてしまったと思うと、なんとかして気持ちを取り戻したいという思いになる女性が多いですが、何をしても逆効果になることが多いということは覚えておいてください。

女性は悩んでいたり、気持ちが変化したりした時には、周囲に相談をして、そのアドバイスに感銘を受けて物事を解決に導く…という流れをとることが多いです。

でも、男性は周囲のアドバイスはあまり聞いていません。

自分自身で答えを出したいと思っているので、周囲から何を言われても気持ちが変わらないんです。

だから、冷めた気持ちを復活させるためには、彼自身が自分の気持ちをしっかりと理解できるよう、1人の時間を与えるようにしましょう。

あなたへの気持ちが冷めていることに、もしかしたら彼自身も気づいておらず、どうしていいか困惑している可能性もあります。

彼女への気持ちが冷めた変化に一番驚いているのは彼自身かもしれないんです。

だから、まずは彼が今後について考えられるよう、あなたは余計な口出しをしないようにしましょう。

時間が経てば自然と気持ちが戻ってくることもあるので、今以上にうっとうしいと思われないようにすることが大切です。

何も言わず待つ姿勢を見せる


彼を1人にさせて置く時には、彼がいつ戻って来てもいいように「待っている」という意志だけは伝えておきましょう。

ただ、完全に気持ちが冷めている時には「待っている」という姿勢が重く感じてしまう男性もいるので、あまりしつこくアピールはしないようにしたほうが良いでしょう。

それよりもあなたからの連絡をせずに彼からの行動を待ち、彼が連絡をしてきてくれた時に「ずっと待ってたよ」と伝えたほうが効果的です。

待っている間に不安な気持ちになるでしょうが、自分のペースで気持ちを伝えてしまうと、彼の気持ちを取り戻すのは難しいです。

すでに彼が冷めてしまっているのであれば、とにかく待つことが大事。

我慢できない時には「大変そうな状況だから、私は遠くから見守っているね。必要な時には声をかけて」のような内容の連絡だけして、後は待つようにしましょう。

「どうして冷たいの!」などと彼を責めるようなことは絶対にしないでくださいね。

冷めた気持ちに気付いたことを伝えて冷たくする


彼氏が完全に冷めている場合には、しつこく追い回すのは逆効果なので、あなたが彼の気持ちに気付いており、それでも冷静な態度を貫くという方法がおすすめです。

冷めた気持ちを彼女に感づかれた場合には、男性は「彼女が自分にすがってくるだろう…」という予測を持っています。

だから、その通りに行動すると、彼はますますあなたへの気持ちが冷めてしまい、予定通り別れるという流れになってしまうでしょう。

そこで彼が思ってもいなかった対応をとれば、彼が再びあなたのことを好きになってくれる可能性があります。

「なんか私に冷たいけど、もう冷めちゃったってことだよね。仕方ないけど冷めたならしょうがないよね」と思い切って彼を突き放してみてください。

まさかそんなことを言われると思ってもみなかった彼氏は「ちょっと待ってよ!」と反応してくるはずです。

そこでもあなたは凛とした姿勢で彼に対応してください。

弱みを見せてしまうと、彼の気持ちがそのまま離れてしまうので、あなた自身の中で「彼を失ってもいい!」という思い切りを持つことが重要。

「彼がこのまま離れてもいい!」という覚悟を持って彼と話をすれば、その気持ちが彼に伝わり、このままでは彼女に振られてしまう…という危機感をもってもらえます。

この方法は、彼から別れを言い渡されるというリスクもはらんでいますが、まだ別れ話を一度もほのめかされていない状況なら、すぐに別れ話になってしまうことはないでしょう。

でも、やり取りをしている間に険悪な雰囲気になってきたら、あなたのほうから身を引いてくださいね。

そうしないと、本当にそのまま別れることになってしまいます。

彼氏に冷められた時送ると愛情が復活するのはこんなline

応援している気持ちを表現


彼氏が冷めてしまったと感じた時には、とにかく「あなたの邪魔をしない!」という気持ちを知ってもらうことが重要です。

そのためにはlineで彼を応援しているという気持ちを伝えましょう。

しばらく離れている時にはしつこく連絡をしないのが基本ですが、数日に1回程度なら「応援してる」という内容のスタンプくらいなら大丈夫でしょう。

本当はこういったアプローチもしないほうが良いケースが多いのですが、彼がこのまま本当に離れて行ってしまう予感があり、何かしないと落ち着かない…という場合には、「応援している」という意志を伝えてください。

これなら彼もそこまで不快にはならないでしょうし、疲れている時に応援してる!というスタンプが届いたら、頑張ろう!という気持ちになってくれるはず。

そのような時には彼のほうから「ありがとう」などと返信があるかもしれませんが、これには返信をしないほうが良いです。

しつこく感じられると逆効果なので、あくまでもさりげなく、彼が忘れたころにスタンプを送るだけにしておいてください。

あなたの気持ちが落ち着いてきたら、スタンプも送るのをやめて様子を見ていたほうが、彼の気持ちが早く戻ってきます。

何度か応援しているという意思表示をした後は、できるだけ彼と距離をとりましょう。

笑ってしまう失敗談


彼との関係をガラッと変えたい時には、思いっきり明るい話題もおすすめ。

効果的なのは笑ってしまう失敗談。

くだらない感じで気楽に読める内容が望ましいです。

これは、頻繁にlineをしていると効果が半減してしまうので、しばらく彼への連絡をストップさせるところから始めてください。

最低でも2週間ほど連絡を取らないようにするか、事務的なやり取りだけにとどめておきます。

その後に、笑ってしまう失敗ネタを短く簡潔にまとめて彼に送信しましょう。

彼のほうは冷たくしている彼女からの連絡に、急に何事かと思って警戒するでしょうが、読んでみたら面白い話だったというギャップを使って気持ちを取り戻せます。

それまでは険悪なムードを感じていたのに、やっぱり彼女と一緒にいると楽しいな!と意識を変えられたら作戦は成功。

ここで彼が良い反応を示してくれたら、あなたも明るい雰囲気でやり取りを再開しましょう。

重い雰囲気をからっと良いムードにチェンジさせることがこの作戦のポイントです。

これからどうするか彼氏に決めてもらう


lineを使って彼の気持ちを取り戻す時には無理強いをしないことも大切。

あなたから「もう一度元に関係に戻りたい!」としつこくされてしまうと、彼の気持ちはもっと離れてしまいます。

だから、あなたが寂しく思っていることや、また元のような関係に戻りたいと思っていることだけを簡単に伝えて「あとは〇〇くんが決めて」と、彼に最終判断を委ねる方法も使ってみてください。

男性は自分で恋愛の主導権を握りたいと思っているので、彼女に「決めて」とお願いをされると少し嬉しい気持ちになります。

女性の要望通りに事が進むのを気に入らないと感じている男性が多いものなんです。

そのため、彼氏が決めたことに私はついて行くという姿勢を見せれば、彼の心を取り戻せます。

ここですぐに「じゃあ別れよう」と言われてしまうかもしれませんが、その場合には「考えさせて」と返事をして時間稼ぎをしてください。

もう別れる決意がついている場合には時間が必要です。

別れたいと言われた時に「いやだ」と否定しないことが大切。

あなたが今後を決めてしまうのではなくあくまでも主導権は彼氏にあるということを意識してもらってください。

常に彼の決定に従うという姿勢で接し、ただ別れに了承しないよう、上手くやり取りをコントロールしましょう。

男が冷めたときの行動と誤解しやすい愛情表現

彼氏から連絡してこない


彼氏からの連絡がなく、あなたからばかり連絡をしているので彼の気持ちが冷めてしまった…と思う女性もいるでしょう。

彼氏からの連絡頻度が少なくなるのは、あなたへの新鮮味がなくなったからです。

だから、言い方によっては気持ちが冷めたともとれるのですが、冷めたと言っても関係が安定してきたという良い意味合いです。

付き合っている関係の二人は相手の態度によって行動が変化していきます。

最初、彼はあなたの態度を知らない状態からスタートするので、頻繁に連絡をしてくれていたのかもしれません。

しかし、いざ関係を初めてやり取りを繰り返しているうちに、あなたからの連絡が頻繁にある状態に慣れると、自分からは連絡をしないのが普通だという意識に変わってきます。

そうすると彼の中ではあなたが連絡をする⇒それに対して自分が返事をする、という流れが当たり前に感じられるようになってくるのです。

最初は彼氏から連絡があったのに、徐々に連絡が少なくなった場合には、それが彼にとってもっとも心地良い状態だからです。

あなたから連絡をしてくれると、自分を求めてくれていると実感できる喜びもあるでしょうし、あなたが定期的に連絡をすることで愛情を確信し落ち着いてあなたとの関係を作っていけると思っているのです。

あなたは彼氏からの連絡を待っているのでしょうが、彼もそれは同じ。

あなたから連絡があるのを心待ちにしているので、あなたが送った連絡で彼はいつも大喜びしているんです。

そう思えば、彼がいつも受け身で連絡を待ってしまう気持ちも理解できますよね。

あなたからの連絡だけで不満に思う時には、連絡頻度を少なくして、今度はあなたが待ち役をやってみてください。

我慢強く待っていれば、彼のほうから連絡をしてきてくれますよ。

そっけない態度をとる


彼氏の態度がそっけないという時には、気持ちが冷めたのかと思ってしまう女性が多いですが、どういった時にそっけない態度をとっているのかを確認してみてください。

そっけない態度をしていても、それが一時的なものであれば、全く問題はなく、単に機嫌が悪いか忙しいなどの理由があるからでしょう。

彼氏がそっけない態度をとってしまうということは、あなたに甘えているからなんです。

本来男性は女性の気持ちを察するのが苦手なので、好きだと思うと、どうしていいか分からなくなり、必要以上に優しくしてしまったり、嫌われるようなことを言ってしまったりします。

だけど、もうそんなに頑張らなくても彼女は自分のことを好きでいてくれる…という安心感を持つと、今度は素の自分を出すことができるので、調子が悪い時など余裕がなければ彼女のことを構わなくなります。

いつもそっけない態度で全く構ってくれない…という時には、何かの問題があると考えられますが、一時的なら何も心配する必要はないでしょう。

また一時的と入っても、男性は一度機嫌が悪くなると引きずることもあるので、人によっては1週間ほどずっと機嫌が悪いまま…という人もいます。

だから、彼の態度がそっけないと思ったら、まずは様子を見て一時的なものかどうかを確かめてください。

デートプランが手抜きになる


デートプランが手抜きになったから冷めたのでは?と思う女性も多いです。

しかし、デートプランに関しては、段々手抜きになっていくのが普通。

女性は毎回デートを楽しみにしているのでしょうが、デートプランを考える男性は大変だということを忘れてはいけません。

用意されたデートに行くのは当日だけでOKですが、デートプランを考えている彼氏は何日もかけて予定を立てているのです。

最初はそこまでしても彼女を喜ばせたいと思っているものですが、それを長く続けるのは難しいです。

特に仕事などが忙しい男性だと、毎回素晴らしいデートコースを考え出すのは時間的に無理。

だから、デートコースにこだわるのではなく、デート中の彼氏の態度に注目してください。

一緒にいて嬉しそうにしてくれていたら、彼の気持ちは冷めていないので大丈夫。

彼の普段の生活を考えてみて、デートのことまで考える余裕がなさそうだな…と思えたら、あなたがデートを企画してみるのもいいですよ。

自分でいきたい場所などを盛り込んでプランを考えれば、彼にとっても嬉しいこと。

デートが手抜きになっただけで彼の気持ちが冷めたと思い込まずに、二人で素敵なデートができるよう協力し合うことが大切です。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「一度冷めた気持ちが復活する男性は少なくありません」

占い師 ミミコ
「彼氏の気持ちが冷めてしまったのでは?」と心配し始めると、「別れを言い渡されてしまうのではないか…」と心配になる女性が多いでしょう。

しかし、一度冷めた気持ちが復活する男性は意外と多いんです。

男性自身が彼女に冷めてしまったことに気付いていないケースも多いので、あなたが早めに対処するだけで彼の気持ちを取り戻せる可能性もあります。

冷めている時には、女性からしつこくし過ぎないようにすれば、彼の気持ちが徐々に変化していきます。

焦ると上手くいかないので、時間をかけて彼の気持ちが変化するまで待つようにしてくださいね。

【期間限定・10月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事