「憧れの彼氏とお付き合いできたら、きっとラブラブになれるはず…」そんな夢を抱いて、待望のお付き合いをスタートさせたのに、「何故か彼氏がそっけない…」という状況になってしまうと不安で仕方ないですよね。

せっかく付き合っているのだから、理想のカップルになりたい!そう思うことは自然なことです。

でも、理想のカップルになるためには、あなただけが1人で努力をしても関係をよくすることはできません。

理想のカップルは2人の力を合わせて作っていくものなので、常に彼氏の気持ちを考えて行動する必要があります。

この時に重要なことは、あなたの気持ちと彼氏の気持ちの間に大きな溝が生じてしまっている可能性があることです。

まず、男女の気持ちの違いが原因。

それに加えて、彼氏とあなたは別人格の人間なので、どれだけ相性が良かったとしても、全く同じ気持ちになっているとは限りません。

むしろ、あなたと彼氏の気持ちが同じ状態になっていることのほうが、稀だと言えるほどです。

そのため、「彼氏とラブラブになりたい!」「彼氏との関係を良くしたい!」そう思った時には、彼氏の気持ちを理解することから始めましょう。

ここでは彼氏の本心やlineで冷たい対応をする理由などについて説明します。

また、気持ちの伝え方についても解説するので、どうやって行動したら良いか分からないという悩みを抱えている方も読んでみてくださいね。

最後には別れたほうが良いケースも紹介するので、彼氏と別れようかと思っている場合には、同じような状況になっていないかどうかを確かめてみましょう。

彼氏がそっけない…冷たい彼の本心

他のことに忙しくて彼女のことを考える余裕がない


付き合っている関係なのに彼氏がそっけない時の一番の理由は、おそらく忙しさでしょう。

女性にとって恋愛は何よりも重要なことなので、優先順位の一番に恋愛が上がりますが、男性はそうではありません。

特に、社会人になって色々な責任が出てくる立場になると、恋愛のことを考える余裕がなくなる男性が多いです。

女性と同じような仕事をしていても、仕事に対するイメージが男女では違っており、一生続けていくものとして仕事を捉えている男性が多いので、人生=仕事という考えの男性もいるほどです。

仕事で満足できる結果を出してから、余裕を持って恋愛を楽しみたいと考えているので、どうしても彼女に対する優先順位が低くなってしまうのです。

男性にとって恋愛の優先順位が低いということは、好きな女性が大事な存在ではないというのとは意味が違います。

女性は優先順位の高いものから、大事だと思える順位が決まっていくので、自分の優先順位が低いという事実にショックを受けることがあるでしょう。

しかし、男性にとっては仕事と恋愛は全くの別物。

比較対象になるような存在ではないのです。

男性は仕事で疲れた精神や肉体を、恋愛で癒してもらいたいと思っています。

男性にとっては仕事と恋愛はセットになっているようなもので、どちらもが大事な存在。

だから、もしも、彼氏がそっけない態度をとっていても、恋愛に時間を使う余裕がないのだな…程度に思っておきましょう。

これは、時間に関することだけでなく、気持ちにおいても同様です。

仕事のことで頭が一杯になっている男性は、好きな女性と一緒にいてもついつい仕事のことを考えてしまいます。

この時には相手女性に対して好きな気持ちがないのではなく、仕事が落ち着かなければ、恋愛モードになれないだけ。

あなたがどれだけ努力をしても、仕事面での不安が解消されない限り、彼氏の気持ちを自分に向けることは難しいでしょう。

ここで、無理に男性に自分のことを一番に考えて欲しいなどとわがままを言うと、男性はそんな女性とはやっていけない…と感じてしまいます。

仕事のことを考えていてそっけない態度を取られているのであれば、あなたは時間が経って彼の仕事が落ち着くタイミングまで待つのが一番良い方法です。

多少のことであれば、彼氏のことを許し、彼氏の気持ちに共感をしてあげてください。

そうしていれば、彼氏はあなたのことをもっと信頼し、ずっと一緒にいたい女性だと思うようになるでしょう。

男性は気分屋だから


彼氏の態度がそっけないと感じる時に、「昨日はあんなに優しかったのに…」と過去と比較していませんか?

いつもそっけない態度であれば、そこまで気にならないかもしれませんが、昨日まではラブラブだったのに、急にそっけなくされると心配になりますよね。

でも、そんな男性が彼氏だった場合には、性格的に気分屋なだけかもしれません。

男性は女性に比べて、精神的に安定していることが多いのですが、全ての男性がそうとは限らないからです。

それぞれに性格があるので、男性でも女性のようにその時々で気分がコロコロ変わり、態度も同じように変化するというタイプもいるでしょう。

彼氏が気分屋な性格の時には、多少そっけなくされても気にしないのが一番です。

また、すぐにラブラブな状態に戻れることもありますが、時にはしばらく不機嫌な状態が長く続くこともあります。

そのような時には、彼氏と距離をおいて、彼氏の気分に振り回されないようにすることをおすすめします。

彼氏がそっけないことで、心配になってしまうような性格の女性は、彼氏の一挙一動の影響を非常に強く受けるタイプ。

彼氏が意識して行ったことではないことまで、感じとってしまうので、彼氏は何も考えておらずに過ごしているのに、あなただけ1人で疲れてしまう結果になりがち。

それだけでも良いことがありませんが、さらに悪いのは、そこであなたの精神状況が乱れて彼氏に不満をぶつけてしまうことです。

彼氏は、そこまで意識して何かをしているわけではないのに、急に不満をぶつけられると非常に不快な気分になってしまうでしょう。

そういったことを何度も繰り返していると、当然2人の関係は上手くいきません。

トラブルを避けるためにも、自分が一番楽な方法で彼氏との距離をとってみてください。

どうしても寂しい時には、自分の気持ちが乱れ過ぎていないかを意識しながら、彼氏との時間を楽しみましょう。

気分屋の男性は深く考えずに態度をコロコロ変えるので、それに上手く付き合えるようなコミュニケーション能力をつけるのもおすすめです。

気分屋の彼氏とラブラブな関係を続けたいのであれば、それに柔軟に対応できるようなスキルをつけて、あなたが振り回されないように頑張ってみてくださいね。

自分のほうが好きだと思われると悔しい


付き合っている彼氏がそっけない態度をとる理由のひとつが、あなたが彼氏を好きだと思っている気持ちよりも、自分が好きだと思われたくないからです。

付き合っているのだから、どちらもが同じように好きだという気持ちを持っていると女性は思いますが、男性は、どちらがより強く好きな感情があるかにこだわります。

そして、男性としては、自分が彼女のことを好きな気持ちよりも、彼女が彼氏を好きだと思う気持ちが強くあって欲しいと希望します。

つまり、恋愛において自分のほうが相手よりも強い気持ちを持っていると、負けたような気分になるということ。

自分はそこまで好きではないけれど、彼女に追いかけてきてほしいという気持ちもあるのでしょう。

それに加えて、付き合っている時に、彼女を好きだという本心を見せてしまうと、彼女の立場が上になってしまい、男としての威厳が保てないと言った類の感情もあります。

恋愛関係の中で、できるだけ自分を優位に立たせたいという気持ちがあるので、彼女にラブラブな姿を見せられないのです。

しかし、こういったタイプの男性はお酒を飲んだ時など、気持ちが解放されている時に、急に彼女にラブラブな態度で接してくることがあります。

もしも、一度でもそういった態度を見せてくれているのであれば、彼氏の本心はあなたのことが大好きだと思って良いでしょう。

男性はいつも女性に負けたくない!という気持ちを持っているので、あなたが素直に好きな気持ちを表現すれば、彼氏も安心して気持ちを伝えることができるようになります。

あなたのほうが彼氏のことを大好きだと思えるよう、たくさん感情表現をしてあげてください。

そうすれば徐々に彼氏もあなたに本心を見せることができ、ラブラブな関係に近づけるでしょう。

関係が安定したからわざわざ言わなくてもいいと思っている


すでに付き合ってからの時間が経過し、関係が安定している時にも彼氏がそっけない態度をとることがあります。

これは、2人の関係が落ち着いてきたからこそ見せる態度で、そこまで気を使わなくても自分が彼女のことを好きだと、彼女自身が確信を持っているだろうという自信からくる行動です。

彼女とベタベタとした付き合いを望まない男性の場合には、最初は彼女への気持ちを表すために、彼女に合わせてラブラブな態度をとるように努力していることがあります。

相手との関係を上手く築きたいと思うからこその行動で、無理をしているというよりも、彼女にもっと好きになってほしいと思っている気持ちを表した行動です。

しかし、2人の関係が安定してくると、そこまで気を使わなくても彼女は安心しているだろうと思い、意識してラブラブな態度を取らなくなります。

この時には、行動はラブラブではなかったとしても、気持ちはしっかりとラブラブな状態を保っているので、特に心配をする必要はありません。

しかし、もう少しラブラブな関係になりたいと思うのが女心ですよね。

そういった場合には、素直に彼氏に気持ちを伝えてみてください。

もっと甘えたい、寂しいから一緒にいてほしい、など男性にも分かりやすいように伝えれば、彼氏はあなたの気持ちを理解してラブラブな行動をとってくれるようになるでしょう。

でも、男性が負担に思うほどの要求をしないように気をつけることも忘れないで。

自分がどうして欲しいかを言うのは大丈夫ですが、それを彼氏に強制してしまうと、付き合いを続けるのが困難になってしまいます。

彼氏と相談して、2人が満足する丁度いい状態を見つけるようにしましょう。

彼氏がlineで冷たいのはこれが原因

振り回されたくない


彼氏と一緒にいる時の態度だけでなく、lineでの対応が冷たいと思った時には、頻繁にlineを送り過ぎていないかを考えてください。

女性は何でも共有したい気持ちがあるので、朝から晩まで自分の思ったことを男性に伝えたいと思います。

しかし、男性はそうではありません。

無駄話を嫌う傾向があるので、本当に必要な情報だけを知りたいと思う男性が多いです。

仮にあなたのlineに付き合ってくれているとしても、それが彼氏が本当に行いたい事なのかどうかは分かりませんよね。

もしかしたら、彼女に嫌われるのが怖くて合わせている可能性もあるでしょう。

性格の優しい男性の場合には、女性のペースに合わせてlineをしてくれるので、それで何も問題ないと女性は思ってしまいますが、実は男性なりに努力をして我慢をしながらlineに付き合っていることが多いです。

時にはlineに振り回されずに自分のペースで過ごしたいと思っていることもあるようです。

だから、もしlineで彼氏に冷たくされても、「彼氏も自分を優先させる時間を使いたいと感じているのだな」と思っておきましょう。

少し待っていれば、またいつものようにlineでもラブラブな対応をとってくれる彼氏に戻れます。

しかし、覚えておいてほしいのは、急にlineで冷たくしてくる行動が見られたということは、男性があなたとの関係に疲れているのかもしれないということ。

何度も急に冷たい態度をとるようなことがあれば、今後のためにもlineの使い方を彼氏と相談した方が良いかもしれません。

あなたは特に不満なくlineを楽しんでいたとしても、それが彼氏の負担になっている可能性があるので、彼氏の気持ちを聞いてみましょう。

優しい性格の男性は自分から言い出せないことが多いので、あなたが具体的にlineで疲れてない?と聞いてあげたほうが話がスムーズに進みます。

今後のためにも、lineの使い方を彼氏と話し合っておけば、お互いに無理のないlineの使い方が分かってくるでしょう。

気持ちを言葉にするのが面倒


一緒にいる時にはラブラブでもlineだと急に冷たくなるタイプの男性は、気持ちを文字にするのが面倒だと感じるタイプなのでしょう。

男女共に文字で気持ちを伝えるのが苦手で面倒だと感じる人がいますが、男女を比べると男性のほうが言葉を使って気持ちを伝えるのが苦手です。

特に恋愛関係にある女性との会話では、普段は言わないような感情的な内容のやり取りになることが多いので、どういった言葉を使ったら分からなくなるのでしょう。

対面での会話が好きな男性は、lineでのやり取りをするくらいなら一緒にいたいと思うので、lineをしている時間を苦痛に思うこともあるほどです。

女性は会話をしているつもりでlineを使っていたとしても、男性には会話とは思えない面倒くささがあるのでしょう。

彼氏がこういったタイプの場合には、できるだけ対面で会話する機会を増やし、lineの使用頻度を下げる方法をおすすめします。

lineでのやり取りをする時には、話す時とは違った部分の動作が必要になるので、彼氏に無理をしてlineでの関係を強要すると、彼氏が疲れてしまい、もうlineを見たくもないという状態になってしまうと危険です。

そうなってしまうとあなたへの気持ちが冷めてしまうことが多いので、彼氏の負担を減らすような対策を行うようにしてください。

lineの頻度を下げて寂しいのであれば通話を利用してみると良いでしょう。

通話なら対面で話をしている時と同じような感じで、関係を深めることができ、彼氏の負担も軽くなります。

それでも、直接会っている時とは違う苦労があるので、通話する時間帯を考えるなど、細かな配慮を忘れないようにしてくださいね。

別れたいと思っている


lineで冷たい彼氏の中には本気で別れたいと思っている人もいます。

一緒にいる時には周囲からの目があるので、いつも通りに振る舞っていたとしても、2人きりの会話の場になるlineでは、思わず別れたいと言う気持ちが出てしまうのでしょう。

こういったケースの場合には、彼氏がどうして別れたいと思っているかを確認することが大切。

別れてしまう前に問題解決できるよう、彼氏に聞いてみてください。

別れたいと思っているかをストレートに聞くのは抵抗があると思うので、まずは「lineだと冷たいのはどうして?」と素直に聞いてみると、彼氏も気持ちを話しやすくなります。

突然、彼女の嫌な所を話しだすのは難しいので、彼氏もあなたが質問してくれるのを待って、冷たい態度に出ているのかも。

直接言えないけれど、気持ちを察してほしい、どうしたのか聞いてほしいと思った男性はそれを態度で表すことがあります。

lineでだけ冷たいという時には少し言いにくいことが彼氏の中にある可能性が大きいでしょう。

彼女にとって嫌なことを伝えるのが難しいと感じている男性が多いので、女性から質問をしてあげてください。

そして、すぐには答えが出てこなくても時間をかけて彼氏が気持ちを表現できるまで待ってあげましょう。

自分の気持ちを表現するのに慣れていない男性は、気持ちを女性に伝えることに抵抗があるので、気持ちの準備が必要だからです。

時間をかけて丁寧に接することができれば、男性も話しがしやすく、もしかしたら、その時の対応次第で「あなたともう少し一緒にいたい」という気持ちが芽生えるかもしれません。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼氏に寂しいと言ってラブラブになれる伝え方

彼氏に寂しいと言ったらその後すぐにしてほしいことを具体的に言う


彼氏がラブラブな態度で接してくれないと寂しい気持ちがどんどん強くなっていきますよね。

寂しさはある程度は自分で我慢することが大切ですが、不満を抱えたまま関係を続けていても幸せな気持ちになることができません。

できるだけ、寂しくて辛い思いをしなくてすむように、彼氏には寂しく思っていることを伝えるようにしてください。

男性の中には、寂しさを感じにくい人もおり、1人で過ごす時が一番心地よいと思っている人もいます。

そうすると、彼氏がラブラブにしてくれないことで、彼女が寂しい思いをしているということがあると想像することもできません。

自分が寂しい気持ちになることがないので、彼女がまさか寂しいなんて予想もしていないからです。

そういった男性には、あなたがどれくらい寂しい気持ちでいるかを伝えないと、状態を変えることは不可能。

待っていても男性はいつまでも気付かないままでしょうから、あなたが気持ちを伝えるのが非常に重要です。

言いにくかったとしても、勇気を出して寂しく思っていることを彼氏に話してみましょう。

その際には寂しいというだけでなく、具体的にしてほしいと思っていることを伝えることも忘れないようにしてください。

寂しい気持ちにならないタイプの男性は、自分の身に起こったことがないので、寂しい時にどうやって対処していいか分かりません。

もしも、そっけなくされてしまった時には「こういう時には、もっと優しくしてほしいんだけどな~」と重くなり過ぎない言葉で伝えれば、彼氏にそこまでプレッシャーを与えずに要望を伝えることができます。

彼氏は優しくしてほしいと思っている女心に全く気付いていない状態なので、してほしいことをストレートに言ってみてくださいね。

自分から優しくしてあげる


女性経験が少なく、女性の扱いに慣れていないタイプの男性は、女性が寂しくしていることが分かっても、ラブラブな行動をとることに抵抗があってできません。

また、どのような感じで女性に優しくすればいいかも分からないので、なかなか行動に移すことができないのでしょう。

そんな男性には、女性からどんどん優しくしてあげれば、それを見て男性が学んでくれます。

自分が彼女から優しくされたり、慰めてもらったりすれば、こうやって接してもらえれば相手が良い気持ちになるということを体験することができます。

まずは自分がそういった体験をしてみないと、された側がどのような気持ちになるかを考えることができないので、経験値を増やすためにも、自分がしてほしいと思っていることを彼氏に先にやってあげてください。

例えば、手をつないで歩きたいと思っている場合には、彼氏からつないでくれるのを待っているのではなく、あなたから積極的に手をつないでみましょう。

彼氏にとっては、そういった行為をする経験があまりしたことがない可能性がありますよね。

そんな時に彼女のほうからさりげなく手をつないでくれれば、次からは自分もこのような方法で、手をつなげばいいということが分かるはずです。

彼氏の経験値が増えるに従って、彼氏からラブラブな行動をしてくれる頻度が増えるはず。

自分がしてほしいと思ったことを口で伝えるだけでなく、自分から行動してしまう方法は彼氏を大きく変えることができるのでおすすめです。

ただ、あまりに急スピードで行動を起こすと、男性が引いてしまうことがあるので、段階的に少しずつ行動するようにしてくださいね。

lineでの伝え方は連投しないのが鉄則


lineを使って寂しい気持ちを伝えたい時には、連続で同じようなことを言わないように気をつけてください。

寂しい気持ちがピークに達すると、どうしてもそれを分かってほしい気持ちになり、何度も「寂しい」というセリフを繰り返してしまう女性がいます。

これでは、強い寂しさを感じていることが男性に伝わったとしても、重苦しい気持ちにさせてしまうでしょう。

また、寂しさは女性のほうが強く感じやすいので、女性に寂しいと言われて困ってしまう男性も多いです。

特にlineは目で文字を見るので、繰り返し同じセリフが出てくると口で言うよりもしつこさを強く感じるようです。

連続で何度も「寂しい」と伝えられても彼氏が困ってしまうだけなので、寂しいと言う時には1~2回にとどめておきましょう。

また、毎日のようにlineで寂しいと言うのもやめておいたほうが良いことです。

寂しさを伝えたいのであれば、トークのペースを落とし、沈黙の時間をつくるほうが効果的です。

いつもテンポ良く会話しているのであれば、返信が遅いことで何かあったのかな?と彼氏に思ってもらうことができます。

ここで、ポツリポツリと寂しく思っていることを、彼氏に伝えれば、寂しくて辛い雰囲気を彼氏に感じてもらえるでしょう。

ヒステリックに寂しいを連呼されると、男性がげんなりしてしまいますが、控えめに寂しさを訴える女性にはけなげさを感じます。

lineは文字が形として残るので、1回の「寂しい」だけでも彼氏には十分に気持ちが伝わるということを覚えておきましょう。

少し冷たくする


寂しいと彼氏に伝えた後に、わざと少し冷たくすると彼氏が優しくしてくれることもあります。

これは、あなたが大好きでいてくれるいう安心感を抱いてしまっていると、男性はその気もちに甘えてしまい扱いが悪くなることが関係しています。

そのような時には、冷たく接することで、彼氏の気持ちに刺激を与えることができるでしょう。

彼女が妙によそよそしいと、「どうしたんだろう?」と思いますし、「怒らせてしまったのかな?」と心配になります。

寂しいと女性が思うことを深刻に考えていない男性は、寂しいと女性に訴えられてもそれくらい大したことがないと考えがちです。

だから、寂しくらいで別れることになるとは思っておらず、寂いと訴えられても軽く流してしまうこともあります。

しかし、寂しいと伝えた後に彼女に冷たくされてしまうと、「もしかして別れたいと思っているのかも?」と危機感に近い感情を抱き、急にラブラブな態度で接してくることがあります。

寂しいと彼氏に伝えてもまともの取り合ってくれない相手の場合には冷たくする方法も使ってみてください。

この方法は、彼氏の様子を見て冷たさを微調整しないと、本当に別れてしまう恐れがあるので、注意しながら使うようにしましょう。

付き合いたてなのにカレが冷たい理由

まだ彼女の気持ちが信用できない


付き合い始めたばかりなのに、彼氏の態度が冷たい時には、彼氏があなたの気持ちに不安を抱いているのかもしれません。

付き合っているということは、お互いに好きあっているということですが、その気持ちはまだ不安定。

いつ嫌いになって別れてしまうか分からないという状態です。

特に、彼氏のほうが先に好きになって彼女に告白をした場合には、いつも彼女の気持ちに不安を抱いていることも。

自分からお願いして付き合ってもらっているということで、彼女に嫌われてしまうかもしれないという不安が強く、ついつい好きな気持ちを抑えてしまうので、冷たい態度をしてしまうのでしょう。

本当は彼女のことが誰よりも好きなので、もっとラブラブしたいのですが、その後に彼女に振られてしまうと、大きなショックを受けることになってしまいます。

だから、彼女の気持ちを信用するまではそういった行為はしたくないと思っていることもあるでしょう。

中には男性を騙すような女性もいるので、今までに女性で痛い思いをした男性もこのような気持ちになりやすいと考えられます。

男性は女性以上に傷つきやすい一面があるので、振られてしまうかもしれないと感じる女性に対しては、気持ちをストレートに表せない傾向があります。

特に彼女が自分からラブラブな態度をとらないタイプの場合には、自分だけラブラブなことをするなんて恥ずかしいと思ってしまうようです。

もし、あなたが自分からラブラブな行動をとらずに、彼氏の態度が冷たいと思っているのだとすれば、彼氏があなたの気持ちを疑っている可能性があります。

自分からラブラブするのが苦手だったとしても、自分から気持ちをアピールしてみてください。

彼氏からしてもらうのを待っているのではなく、自分からも行動に移しましょう。

特別なことをしなくてもいいので、好きだという気持ちをストレートに彼氏に伝えたり、スキンシップを増やしたりする程度でも男性を安心させることができるでしょう。

恥ずかしすぎて行動に移せない


まだ付き合ったばかりで、彼女に対して恥ずかしい気持ちがあると、男性は素直に気持ちを出せません。

彼女のことが好きでも、彼女の前にいると緊張して何も出来なくなってしまう男性は多いものです。

もしも、彼氏があなたと一緒にいる時に緊張しているような素振りを見せていたら、あなたから話題を提供したり、デートに誘ったりするなど彼氏がほっとできるよう手助けをしてあげてください。

彼女に嫌われたらどうしようと思うと、なかなか話ができなかったり、デートに誘えなかったりするので、女性から話をしてくれれば、男性は「助かった…」という気持ちになるはずです。

本当は男性がリードしてほしいという気持ちがあったとしても、先に女性から提案をすることで彼氏も段々と慣れていければ、リードしてくれる男性になってくれます。

最初に女性がリードしたからといって、その後も同じようなことが続くわけではないので、安心して最初の手助けをしてみましょう。

彼氏はあなたの好みなどが、まだ分からなくてデートに誘えない話が始められないという可能性もありますよね。

だから、デートで行きたい場所など、自分から好きなことを話すだけでも、男性は嬉しく思うでしょう。

男性から話をしてくれない時には、自分の好きなものやことに関することを話し、彼氏に色々なことを知ってもらってください。

そういった時間を過ごしているうちに、彼氏もラブラブな態度をとってくれるようになりますよ。

性格的に感情表現が少ない


付き合ってみたら彼氏が冷たい…と感じた時には、あなたが彼氏のことを誤解していないかを考えてみてください。

彼氏ができたらラブラブな時間が過ごせるはず!と思い込んでいると、男性はみなラブラブな態度をとってくれると勘違いしてしまうからです。

男性にも色々な性格の人がいるので、ラブラブなことをするのが好きな人とそうではない人がいます。

元々ラブラブなことが好きではない彼氏なのであれば、付き合ったからといって、すぐにラブラブなことをしてくれるとは限らないでしょう。

あまり自分の感情を表に出さない人や、スキンシップが苦手な人、人前でラブラブなことをするのが嫌いな人などは、お付き合いをしている彼女に対しても、あっさりした態度で接する傾向があります。

これは、あなたのことが嫌いなのではなく、そういった性格の人からすると当たり前の態度だということです。

だから何も心配をする必要はありませんが、もっとラブラブしたい!と思った時には、その気持ちを彼氏に伝えてみましょう。

こういった性格の男性は、今までも全くラブラブなことをしてこなかった可能性があり、一度ラブラブなことをしてみたら思っていた以上に楽しくてハマってしまったという流れになることもあります。

逆に、やってみたらやっぱり苦手だったという結果になることもあるので、その時には無理をせずに彼氏ができる範囲で協力してもらえば大丈夫。

まずは一度チャレンジしてみるのが大事です。

冷たい彼氏と別れたほうが良いのはこんなケース

体だけを求めてくる


普段は冷たくて、体の関係を求める時だけにラブラブになる彼氏の場合には、早めに別れたほうが良いでしょう。

エッチの時だけでも大事にしてくれるから…という理由で、冷たい態度をとられてもお付き合いを続ける女性がいますが、男性はカラダ目的で付き合っていると考えられます。

もしかしたら、感情表現が苦手でエッチの時以外は冷たくしてしまうのかもしれませんが、それでも普段とエッチの時で態度が大きく違うのは問題です。

せっかくお付き合いをして幸せな関係を築きたいのであれば、ラブラブではなくても普段からあなたのことを大事にしてくれる男性を選ぶ方が賢明。

カラダ目的なのかも…と感じた時には、普段ももう少しラブラブになりたいと彼氏に話をしてみると、その時の対応で本気度が分かるかもしれません。

お願いをしてみて、普段の態度が変わったのであれば、今後も付き合っていけるでしょう。

しかし、適当に話を流されてしまった場合には、カラダ目的の可能性があるので、別れることをおすすめします。

感情的に怒る


寂しいからもっと優しくしてほしい、もっとラブラブな関係になりたい…そういったお願いをした時に「うるさい!」など感情的に怒られた場合にも別れを検討した方が良さそうです。

寂しいという女性の気持ちをうっとうしがる男性は多いものですが、うっとうしいと思いながらも、好きな女性が寂しいと言っているのを聞くと、なんとかしてあげたい!と思うのが普通の男性です。

けれど、自分のことだけしか考えられない男性や、あなたのことを本気で好きではない男性は、寂しいと言われると、彼女が邪魔な存在に思えてきます。

だから、寂しいという訴えを聞くと、感情的にむかっとして大声で怒るなどの行為をするのでしょう。

こういったタイプの男性とは、関係を深めることが難しくなるので、早めに別れたほうが良いでしょう。

あなたの気持ちを理解する意欲が全く感じられない


何があっても絶対に謝罪をしない、話し合いもしてくれないなど、あなたの気持ちを理解しようとしてくれない彼氏の場合にも、別れたほうが良いかもしれません。

男性が絶対に謝らないという態度をとるということは、あなたを大切にするよりも自分のプライドを守りたがっているということです。

関係がもっと良くなるような提案をした時に、全く話を聞いてくれない、適当な返事をするといった行動をとる男性の場合にも同様です。

付き合っている間柄でありながら、自分のことだけを優先させる男性とは、ラブラブになれる可能性が低く、彼の気持ちが向いた時だけラブラブな態度をとってもらえるというバランスの悪い関係になりがちです。

ラブラブになれるかどうかは、心のつながりも重要。

ただ、体だけが触れ合っていれば良いというわけではありませんよね。

心でもしっかりとつながったカップルになるためには、お互いを尊敬しあうような関係が理想です。

でも、相手の男性があなたのことを全く理解する気がないのであれば、お互いに尊敬できるような関係にはなれないでしょう。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「彼氏が素っ気ないのは照れ隠しかも。本音を見極めて」

占い師 ミミコ
彼氏に冷たくされた時には、すぐに彼氏から嫌われてしまったなどと悩む必要はありません。

彼氏が彼女に冷たい態度をとることはよくあること。

一方的に解釈をしてしまわずに、彼氏の心の中を想像してみてください。

そうすれば、彼氏がラブラブな態度をとってくれないのは、ただの照れ隠しなのかもしれない…と考えることができますよね。

男性は女性よりもラブラブな行動に抵抗があるので、なかなか実行に移せない人が多いんです。

だから、彼氏とラブラブな関係になりたいのであれば、あなたのほうから積極的に好きだという気持ちをアピールしてみてください。

そうすれば、彼氏もあなたの気持ちに応えてくれると思います。

【期間限定・10月27日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事