※この記事を読む前に必ず読んでください。

 

復縁や不倫など難しい恋愛の悩みを抱えていませんか?

 
今あなたの中にある悩みを無くして、幸せになりたいですよね?

 
でも復縁や不倫の難しい恋愛の悩みは簡単には解決できないですよね…。

 

でも大丈夫。たった一つだけ悩みが解消され幸せになれる方法があります。そのたった一つの方法をタロットカードをもとにお伝えいたしますね。

 

>>タロットを引く<<

 

「別れる時に顔を合わせるのは気まずい…別れ話はlineでも良いよね?」

「lineで彼氏に終わりにしたいと言われた!最後なのに会わないのはなぜ?」

今回はそんな疑問を抱えている方に向けたお話です。

顔を見て別れ話をするのが一般的ですが、会わないほうがいいケースも存在します。

どちらにもメリットとデメリットの両方があるので、あなた達に適した方法で最後の挨拶をしましょう。

これから、最後に会うデメリット、会わずに終わらせた時のデメリット、彼氏が最後に会いたがらない心理、会うか会わないかで迷った時の答えの出し方、会わずにlineで円満に別れるコツについて解説します。

終わり方の良し悪しで、今回の恋のイメージが大きく変わります。

最悪の終わり方をすると後味の悪い思いをするので、できるかぎり爽やかな気分で終わらせたいところ。

ただでさえ険悪ムードになりやすい別れ話ですが、コツを押さえれば笑顔でバイバイできますよ。

本日のメニューはこちら

あなたも会わないほうがいいかも?別れる時に会うデメリット

顔を見ると決意が揺らいで話が前に進まない


顔を合わせて別れ話をするデメリットは、決意が揺らいで話が前に進まないこと。

一度恋を終わらせると決めても、目の前で恋人が悲しそうな顔をしていたら迷うからです。

好きになる時は勢いで関係を進展させられますが、終わり際は論理的に考えて答えを出すのが普通です。

何度も迷って「もう少し頑張ってみる?いや!もうこれ以上は我慢できない」と、継続or終わりを行ったり来たり。

よほど愛が冷めてない限り簡単には答えを出せません。

だからこそ、ちょっとしたことで決心が揺らぎ、決めたはずなのに恋人を捨てるのが惜しくなります。

あなたから別れ話をするなら、最後まで話を進める固い意志がありますか?

それに、彼がショックを受けてションボリしていても恋人との決別を実行できますか?

彼に情が湧いていて「あの人がショックを受けてる姿を見たらとても冷酷なことは言えない」という予感がするなら心の準備不足。

今の状態だと、最後まで話ができずに失敗する可能性が高いです。

会って別れ話をすると、よほど固い意志がない限りスムーズに最後まで進まないのがデメリットです。

感情的に罵り合う終わり方になる


顔を見て別れ話をするデメリットは感情的になること。

会わない方法と比較すると、喧嘩になる危険が非常に高いです。

lineのやり取りの何十倍も泥沼化するリスクがあるので、喧嘩っ早いタイプの方は特に注意が必要です。

最悪の場合は、お互いの人格を否定するようなセリフを言い合って相手への憎しみが芽生えます。

どちらかだけが相手を嫌いになっただけならまだ良いのですが、双方ともが不満を抱えているカップルは罵り合いになる危険大です。

「最後にアイツを打ちのめさないと気が済まない!」と思っていたり、思われていませんか?

もし負の感情があるなら、会ったのが原因で最後に大喧嘩をするかもしれません。

普段から喧嘩が多かったなら、会って話すと高確率で喧嘩で終わります。

今までに1回も喧嘩をしてない仲良しカップルでも、気持ちが変わったことを伝えたらどちらかがカッとなって初めての喧嘩が勃発する危険があるほど。

それくらい最後の時は感情的になるものです。

これは、愛した相手だからこそ人一番強い憎しみを持つからです。

恋人が大好きで恋愛にのめり込んでいたカップルほど、最後は泥沼になります。

情熱的に恋をするタイプの人が会って話をする場合は冷静さを残すことが大切です。

最後のシーンをイメージして、落ち着いて対処できるか確認しましょう。

泣いてすがって最悪の印象を残す


彼氏はあなたが嫌い、あなたは彼がまだ好き、こんな関係だと別れたくないと泣いてすがって最悪の印象を残すのがデメリットです。

目の前に手放したくない人がいたら、力づくでも自分のものにしておきたいですよね。

ただ、男性からすると、最後に会った時に抱きついたり、腕を引っ張ってしつこく粘る女性は恐怖でしかありません。

女に力で負けることはないとはいえ、男性が怖いのは女の執念です。

泣いている女性にねっとりと恨みがましく体を触られたら、男性はゾッと背筋が凍りそうになります。

そんな恐怖を味わわせたら、二度と関わりたくないと思われるでしょう。

大好きな人からそんな扱いを受けるのは辛いですよね。

彼を大好きで引き止めないと気が済まない女性は、会わない別れ話のほうが穏便に終わる可能性が高いです。

不機嫌になった彼氏から暴力を受ける


最後に会う最大のデメリットとも言えるのが、不機嫌になった彼氏から暴力を受けること。

最後の時は険悪ムードになるのが普通。

会って別れ話をすると、イライラした彼から顔を叩かれたり蹴られるなどの暴力を受ける危険があります。

彼の愛が残ってない場合には危険度が高いです。

これまでに散々嫌われることをしていたら、少し間違った対応をしただけで殴られるかもしれません。

力の強い男性からの暴力は生命に結び付くほど危険なもの。

会わなければ、その場で暴力を振るわれる危険はゼロなのでこの差は大きいです。

何よりも重要なことは『安全』です。

大怪我をする流れだけは何としてでも避けなければなりません。

彼が暴力を振るう傾向がある場合は、会わない別れ話をおすすめします。

目の前に相手がいると気持ちを整理しにくい


最後の話し合いでは色々な感情がごちゃ混ぜになって、上手く相手に説明できない人が多いです。

でも、目の前に相手がいない”会わない別れ話”なら、スマホを置くだけで1人になれます。

だから、lineで別れ話をすると、考えを整理しやすく「頭が混乱して何も言えなかった…」という流れになりにくいです。

会って話をすると、目の前の彼に圧倒されたり、彼の視線が気になって考えをまとめるのが難しいです。

その結果、何も言えずに終わって後悔を残しやすいのがデメリットです。

どんな形で終わるにせよ、最後に正直な気持ちを吐き出したいですよね。

別れ話が成立したら、もう彼と会話できないかもしれません。

緊張すると頭が真っ白になる、彼氏がいると遠慮する、といった傾向があるなら会って話をした時に上手く話せない可能性が高いです。

気持ちを整理する自信がない方は、話す内容をあらかじめ考えておくか、会わない別れ方にしましょう。

発言が形として残らないので振り返れない


別れ話が口頭でのやり取りだと、形に残らないのがデメリットです。

特に最後の話し合いは、ギリギリの精神状態で行うもの。

怒り、悲しみなどで普段とは違う状態になるので、冷静に会話内容を覚えている人は稀です。

その時には必死になって話したものの、家に帰る頃には茫然として何があったか思い出せないことがほとんど。

その後に「復縁するために別れ話の振り返りをしたい」「最後に何を話したか思い出して彼への未練を断ち切りたい」と思っても時はすでに遅し。

話した内容を思い出せないのでもどかしい思いをするでしょう。

lineで別れ話をすると、一文字も漏らさずに記録できるのがメリットです。

彼が何を思って別れたくなったのか?何を不満に思っていたのか?が一目瞭然です。

終わった後に二度と振り返らないなら記録なしでも問題ありませんが、何かがあって振り返りたい時には会話内容を覚えていないことがデメリットになります。

勇気を出さないと正直な気持ちを打ち明けられない


対面での会話だと、恥ずかしさや照れくささ、相手への遠慮などで正直な気持ちを打ち明けられないのが問題です。

lineだと何でも素直に言えるのに、顔を合わすとあまのじゃくになるタイプの人がたくさんいます。

あなたもこのタイプだと、会って別れ話をしたら最後まで正直な気持ちを打ち明けられずに終わるかもしれません。

勇気を振り絞って言いたいことを言えたら良いのですが、タイミングを逃したり思い切って言い出せないと後悔が残ります。

また、普段は何でも言えても、泣き崩れている彼氏を見たら嫌いになったとは言えない恐れもあります。

それに、暴力的になって威嚇されたら怖くてとてもじゃないけど正直な気持ちなんて言えません。

相手の出方次第で言いにくさが強まるのも、会って別れ話をするデメリットです。

基本的には最後に会うべき!会わないで別れるデメリット

別れた実感を持てず次の恋に進めない


次は会わずに恋を終わりにする問題点について考えてみましょう。

基本的には別れ話は会ってするものだと言われています。

その理由は、会わないで別れる方法には大きなデメリットがあるから。

最大のデメリットは、会って話をしないと別れた実感が持てず次の恋に進めないことです。

どんな出来事でも、目の前で直接相手と話すのと、lineでのやり取りを比較すると雲泥の差があります。

「君が好きだから付き合いたい」と顔を合わせて言われると現実にあった出来事として脳にインプットされますが、lineで言われただけだと現実味が薄れますよね。

人は五感をはじめとした周囲からの情報で現実を認知する脳の仕組みになっているので、その時の雰囲気や音の具合、目から入ってくる情報、匂いなどすべてを総合して判断します。

対面とlineだと、lineのほうが情報量が圧倒的に少ないです。

文字が並んでいるか、スタンプや画像程度の情報しかないので、脳が「これは現実だ」と思いにくいです。

半分は架空の世界での出来事だと思えると、別れ話が終わってもまだ恋人がいる気分から抜け出せず次の一歩を踏み出せません。

目の前で別れを告げられると物凄いショックを受けますが、それくらいの衝撃がないと新しい恋愛に飛び込めないのです。

会わないで終わりにすると、ショックが少ない代わりに現実として認めるまでに時間がかかる傾向があります。

あなたも会わないで別れる選択をしたら、すぐには前の恋人を吹っ切れず、何週間~何ヶ月も悶々とした時間を過ごすかもしれません。

誤解されて意志が正確に伝わらない


対面とlineの大きな違いは意志の伝わり方です。

顔を見ながらの会話だと相手がどんな意図でその話をしてるかが分かりやすいのに比べて、lineは文字だけなので相手の表情が見えません。

笑いながらなのか泣きながらながら文字を打っているのかが相手に伝わらないと、誤解されるのが問題です。

軽い冗談のつもりで言ったことを真に受けらたら、一気にムードが悪くなります。

イラっとされてブロックされたら、二度と弁解できないまま。

そんな終わり方はイヤですよね。

そこまでではないにしても、会わないで別れると、嫌いだから振ったのにまだ好きだと勘違いされたり、誤解させて相手を怒らせることがざらにあります。

事務的な用件を伝えるだけならlineでも十分事足りますが、こと別れ話に関しては正確に意志を伝えるのが難しいです。

最後まで誤解されたまま終わる危険があることも、会わないで別れる方法の大きなデメリットです。

軽い気持ちで恋愛していたと思われる


会わずに終わると「俺の存在ってその程度だったんだ…遊びだったんだな」と思われるリスクが高いです。

会って話す方法に比べたら、lineでの別れ話は手抜きしてるように見えるからです。

こちらからlineで別れ話を持ちかけたら、高確率で「なんでこんな大事な話なのにlineなんだ!」と彼をイラっとさせるでしょう。

彼も別れたがっていたら手間をかけずに終れて良かったと思うでしょうが、心のどこかで「アイツは適当な気持ちで俺と付き合ってたんだ…少し悲しい」とも思うはず。

会って話をするのが最低レベルの礼儀だと思う人がほとんどなので、大事な話をする時にlineだと失礼な印象を与えるのがデメリットです。

これは、彼が会わずにlineで別れ話をしてきた時も同様です。

彼の提案をあっさり受け入れてlineだけで終わらせると、その程度しか好きじゃなかったと思われでしょう。

適当な気持ちだと思われると、破局後に良い友達関係を築きにくく、復縁成功率も下がります。

本気で愛していたことをアピールしたいなら、対面で話すことをおすすめします。

マイナスイメージを払拭するチャンスがない


会わないで別れるデメリットは、マイナスイメージを挽回するチャンスがないこと。

これまでに悪いイメージを持たれている場合は、別れ話をする時が名誉挽回のラストチャンスです。

ここで頑張らないと、最低最悪のイメージを残したままで恋が終わり。

その後に何をしても後の祭りです。

喧嘩していがみ合っていても、最後に会って話せばかわいらしい雰囲気で「ごめんね」と謝れます。

そうすれば復縁できる確率が大きく上がるでしょう。

lineでそこまでの効果を出すのはかなり難しいです。

顔を見せなければ反省してる様子をアピールできないし、誠意がほとんど伝わりません。

マイナスイメージを払拭しておきたい人は、最後に会って話す方法のほうが向いています。

長時間のやり取りになると疲れてやる気がなくなる


通常、別れ話は長々と会話が続くもの。

「別れよう」「そうだね」で終わるカップルは滅多にいません。

なぜ嫌いになったのか?本当に別れるのか?修復は不可能なのか?など、2人が納得できるまで長い話し合いが必要です。

そうすると、lineの文字を打つのが嫌になってきて、大事な話だと分かっていても「もう文字を打つの疲れた…どうでもいいや」と投げやりになるのが会わない別れのデメリットです。

口頭でも会話時間が長くなると疲れるのだからlineでは尚更です。

会わずに別れ話をして十分な話し合いができないと、破局後に確実に後悔します。

何時間もlineするのが平気な人は良いのですが、普通の感覚だと別れ話を長々とlineでするのは相当シンドイです。

これはあなただけでなく彼にとっても大問題です。

彼がline嫌いなら、lineではまともな話し合いができません。

その場合には、必ず会って話し合いましょう。

別れた後に会いたいとお願いしても会ってもらえない


最後にlineで別れ話をすると、破局後に会いたいとお願いしても会ってもらえない可能性があります。

「最も重要な別れ話ですらlineで済ませたなら、どんな用事があってもlineでいいじゃん!」と思われるからです。

「最後にきちんと顔を見て話したい」と言われた相手なら、呼ばれたら1回くらいは会っても良いと感じますが、lineしかしてないとそこまでの意欲が湧きません。

復縁希望だと、会ってもらえないのはかなりの痛手です。

会わない限りよりを戻すことはできないので、確実に破局後に会いたいなら最後はlineで済ませないほうが良いでしょう。

絶対ではありませんが、lineの別れ話は手抜きだと思われがち。

真面目な気持ちをアピールするためにはきちんと顔を合わせるのが基本です。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「恋と運命の真実」でアナタの恋愛の悩みを鑑定しますね!またアナタに合った悩みの解決方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

会いたくないと言われた…彼氏が会わないで別れることを望む心理

絶対に泥沼になるから会うのが怖い


別れる時に彼氏に会うか会わないかで悩んでいる方の一部は、彼氏から「会わないで別れたい」と言われてますよね。

彼氏からの提案だった場合には、どうしてその発想になったのかを知ることが大切です。

彼の抱えている心理を知れば、最も適切な対処法が分かるからです。

まず、彼女に会わずに恋を終わらせたい理由のナンバーワンが、会ったら泥沼になって面倒くさいから。

都合が悪くなると「イヤだ」と言って無言になる、嫌なことがあると大泣きする、何を言っても「私は違う!」の一点張り、こんな彼女を持っていたら、男性は別れるために会うのが怖いと感じるでしょう。

あなたがいつも不機嫌になると無視するクセがあったら、「どうせ別れ話をしたって無言で何時間もダンマリされるから、lineでサクッと話を終わらせよう!」と彼に思われても仕方ありません。

悪意があるのではなく、話し合いができない相手だと認定されたのが会ってもらえない原因。

それ以外にも、愛が重すぎて「私を捨てるなら死ぬ!」と叫ぶタイプもlineで済まされがちです。

目の前で大騒ぎされる危険が大きかったら、会うのが怖いのも無理ないこと。

彼ときちんと話し合いをしたことがありますか?

彼に避けられるような対応をしていたら、会いたくないと言われたのはあなたの態度に問題があったからです。

会うことすら面倒なほど冷めてる


次は最も信じたくないパターンですが、彼が会いたくないのは会うことすら面倒なほど冷めているからかもしれません。

まったく興味がなくなり、大事にしようとカケラも思えない状態です。

彼に物凄く失礼なことをして呆れられている、喧嘩を繰り返して徹底的に嫌われている、などあなたに原因があるケースと、特別に悪いことをしてないけど恋心が完全になくなったケースの両方があります。

どちらにしても「あの子に会うために時間や手間を使うのがもったいない」と思われていて、lineのやり取りもなしでフェードアウトさせたいほどの気持ちです。

ここまで冷めている時には、会いたいと無理強いすると高確率で連絡が取れなくなって終わります。

ブロックされて連絡すら取れなくなる危険があるので、彼のやる気がまったくなさそうな時には、lineでの別れに承諾したほうが良いです。

別れ話が苦手で嫌なことから逃げたい


別れ話を好きな人はいませんが、普通の何倍も苦手な人はいます。

彼らは意地でも別れ話をしたくないので、最も手早く終わる方法を好みます。

会って話す方法だと会いに行く時間がかかり、話す時の緊張も半端ないです。

そんな思いをしたくないので、lineでササっと済ませたいのです。

憂鬱だけど、lineを送るだけなら少し頑張ればできます。

でも会話するつもりはないので、lineで「俺たちは別れたってことでよろしく」的な事後報告の連絡しかないでしょう。

こちらがお願いしても「もう決めたから」くらいしかレスポンスしてくれません。

彼がこのパターンなら、苦手なことから逃げたい心理が最も強いです。

交際中もイヤなことがあると逃げるクセがある彼氏なら、別れ話を避けたいと思って「会いたくない」と言ったのでしょう。

穏便な別れ話をして“いい人”のままで終わりたい


悪者になりたくない思いがある男性も、会わないで別れたがります。

なぜなら、悪いイメージを残すと彼にとって不都合なことがあるからです。

対面だとカッとした時に嫌味を言ってしまいますが、lineならそんなミスを予防できます。

彼女から罵詈雑言を浴びさせられても、スマホから離れて深呼吸すれば怒りを抑えられるので優しい彼氏のままでいられるでしょう。

このケースになりやすいのは、彼氏の性格が八方美人、共通の友人がたくさんいる、振った恋人をキープしたい男性など。

あなたの彼もこの心理がないか考えてみましょう。

彼女に駄々をこねられると強行突破できない


気が弱いタイプが会いたがらないのは、別れ話をした時に彼女に負けそうだと感じているから。

別れたいと伝えても「やだよ!絶対に別れないよ!」と言われて説得できないと別れが成立しません。

そんな流れになることが分かってるので、最後まで話をするためにlineを使います。

いつもあなたが主導権を握っていたら、彼は「対面だと強行突破できないからlineを使うしかない…」と思っているはず。

口では敵わなくても、lineなら一方的にでも恋を終わらせることができます。

交際中の力関係を思い出してください。

あなたが彼を尻に敷く関係だったら、歯向かえないのが会えない原因。

逆に言うと、彼はそこまでしてでもあなたと別れたい意志があります。

いつも言いなりになっていた彼からlineで別れ話をされたら、「今回は絶対に恋を終わらせるぞ!」という強い覚悟があっての行動です。

会わないで別れるのが普通だから会う必要ない


彼がlineで別れ話をするのは、いつものことかもしれません。

過去の恋人とも毎回会わないで別れていたら特別な意味はなく、いつも通りにlineで最後の話し合いをしてるだけ。

会う必要性を彼は感じてないのでしょう。

この場合には悪い意味がないので、彼の希望を尊重してlineで話し合いをするのが最も安全です。

彼の過去の別れ話の仕方を聞いたことがありますか?

いつもlineだったら、それが彼の恋愛スタイル。

特別に嫌われているわけではないので心配は無用です。

遠距離や多忙など、会えない正当な理由がある


会わないで別れたいと言う場合には、遠距離や多忙など正当な理由があるケースもあります。

会うためには飛行機に乗らないといけない距離だと、別れ話はlineか電話で・・・となっても不思議ではありません。

多忙で彼女と会う時間を確保できない時もlineか電話で・・・となるでしょう。

他には体調が悪い、精神的に別れ話をする余裕がない、なども正当な理由だと言えます。

あなたは「遠距離でも会って話すべき!」と思っても彼も同じとは限りません。

努力しないと会えない状況だと、いくら大事な話だとしてもlineや電話で済ませがちです。

心配なら、彼に直接質問してみるのがおすすめです。

遠距離だけど対面で最後の話をしたいなら、その気持ちを伝えましょう。

無理強いするのは良くありませんが、何も言わずにいると後悔します。

納得できる理由があるのか彼に聞いてみてくださいね。

さて、ここまで会う・会わない両方の色々なパターンを紹介しましたが、「私はどっちにすれば良いのか分からない…」と思っている方もいますよね。

そこで、次は迷った時の答えの出し方について説明します。


別れる際に会うか会わないかで悩んだ時の答えの出し方

会う:彼がlineの文字のやり取りが苦手


会わないで別れる場合は、彼がlineのやり取りが得意なことが条件です。

デートの日程を決める時くらいしかlineをしないタイプだと、深い話は対面じゃないとできません。

文章を読むのが苦手な男性はメッセージを正しく把握するのが困難です。

勘違いされて話がスムーズに進まない可能性が高いので、最低でも電話で話すか、ベストなのは直接会って話すこと。

どんな理由で別れるにしても、彼のlineスキルがない場合は会うことをおすすめします。

会う:一途に尽くしてくれる彼氏だった


交際中に一途に尽くしてくれた彼氏の場合も、会って話をすべき。

手をかけてもらったなら、それに応える必要があるからです。

そこまで大事にしてくれた場合は、嫌いになって振るにしても人として最低限のマナーを守りましょう。

それに、一途に愛すタイプはひとつ間違えるとストーカー化します。

愛が重い分だけ執着も強いので、彼にきちんと納得してもらったほうが安全です。

大好きでいられると別れ話をするのが憂鬱でLINEで済ませたくなりますが、後々を考えると今丁寧に対応すべきです。

1日で終わらなかったとしても、根気強く話し合いを続けてくださいね。

会う:交際期間が長い・結婚の話が出ていたなど深い関係


交際期間が長く真剣なお付き合いだった場合も、別れる時に会ったほうが良いでしょう。

一概には言えませんが、何年も交際していたのに最後がlineだけだと彼もあなたも寂しい気持ちになるからです。

これは今だけの感情ではなく、この先何年か経ってからの心配もあります。

30代40代になってから「私は20代の7年をあの人に捧げたのに最後はあっけない終わり方だったな…」と過去に悔いを感じるかもしれません。

「7年間を捧げるだけの価値のあるお付き合いだった!悔いなし!」と思うためには終わり方が重要です。

きちんと笑顔で終わる別れになるよう、会ってじっくりと彼と話し合いましょう。

結婚の話が出ていたら尚更です。

人生で結婚を意識したお付き合いは何度もあるものではないので、そこまで深い関係になれた相手なら良い思い出にするために会って話をしてくださいね。

会わない:過去に別れ話をしたけど話し合いにならなかった


最後に会わないほうがいいカップルの特徴は、過去に話し合いをしてトラブった経験があることです。

別れ話が出たけど喧嘩して話し合いにならなかった、お互いにダンマリで話が前に進まなかった、などの経験をしていたら、今回も同じ流れになる可能性が高いです。

2人共が気性が激しいタイプですぐに手が出るなら、喧嘩を予防できるlineにしましょう。

向き合うと素直になれない者同士の場合もlineが最適です。

文字だけだと心配な場合は、通話機能も使ってコミュニケーションをとってくださいね。

離れていたほうが話がスムーズに進む人は、会わないで別れる方法がおすすめです。

会わない:彼氏にひどく嫌われて会ってくれそうにない


彼氏に会わないで別れ話がしたいと言われた人など、ひどく嫌われて彼が会ってくれそうにない場合もlineや電話を使うしかありません。

無理を言うと余計に彼の機嫌を損ねるので、刺激しないで要望を受け入れたほうが安全です。

彼とまだ付き合い続けたい場合や破局後によりを戻したい場合は、彼の希望に沿うのが一番。

それに、しつこく粘ると余計に印象が悪くなるので要注意です。

彼が別れを決めているなら、何を言っても別れを回避できない可能性が高いので引き際を心得ておくことが大切です。

ただ、いま以上に嫌われてもいい方は、あなたが望む方法を彼に打診しましょう。

自分が納得できない最後では意味がないので、別れを回避したり復縁しなくてもいいなら、「会って話したい」と希望を伝えればOKです。

しかし、歩み寄る姿勢を見せないと、ブロックされて自然消滅するので気を付けてください。

会わない:暴力や束縛などすでに身の危険を感じている


今すでに暴力を振るわれていて身の危険を感じる場合は、会わないほうが良いです。

彼の希望に逆らうと余計に危険度が増すので難しいのですが、できるなら会わずに話が終われば危険が少ないですよね。

彼に会いたいと言われても2人きりになる場所を避けて、人の目があるところで会うなど安全対策をしてくださいね。

束縛されている時も同様で、ストーカーのようになってるなら、別れ話している最中に何をされるか分かりません。

でも、彼を納得させないとさらにストーカー行為が悪化するので、lineで無理な時は誰かについてきてもらって彼と会って話をしましょう。

身の危険を感じている時には、会うにしても会わないにしても安全第一で行動してください。

会わないからこその注意点!LINEで円満に別れるコツ

昼間にやり取りをする・必要があれば会って話す方法に変更する


lineでのやり取りは昼間がベストです。

なぜなら、夜は精神状態が不安定になるからです。

人は夜になると不安を強く感じるメカニズムになっているので、別れると決めたのに心配で前言撤回するリスクが高まります。

それに感情的になりやすいので冷静な話し合いができません。

仕事があると日中のやり取りは難しいと思いますが、別れ話は非常に重要な出来事です。

彼と休みの日が一致する時を狙って昼間にlineしましょう。

もし、夜まで話が長引いたら早めに切り上げて残りは翌日に持ち越してください。

何日もlineしても答えが出ない時には、会って話す方法に変えるべき。

そのままlineを続けても答えが出ない可能性が高いです。

彼に会って話すことを提案して、話し合いの仕方を変更しましょう。

会って話せれば決着がつくはずです。

たくさん言いたいことがあっても長文は避ける


大事な別れ話になると長文になりがちです。

最後だと思うと、たくさん言いたいことがありますよね。

でも、長文になると彼のやる気を奪うのが問題です。

あまりに長々と書かれていると、読むのがしんどくなってきてlineをやめたくなります。

一般的に女性よりも男性のほうが長文に弱いです。

女性は長文を苦なく理解できても、男性には無理なのです。

彼とのやり取りがいつも短文ばかりなら、長文を送るのは危険です。

別れ話で大切なのは、結論を出すこと。

意味のない長文ばかりが送ったら、ウンザリした彼からの返事が途絶えて終わります。

そんな中途半端な終わり方はイヤですよね。

長文を避けて、彼が会話しやすいやり取りを心がけましょう。

誤解されそうな曖昧なセリフは絶対に使わない


勘違いされたり誤解されるのが会わないで別れるデメリットです。

そのため、曖昧なセリフはできる限り避けるべき。

別れたいと言いながらも「嫌いになったわけじゃないよ」と言ったら、彼はまだ交際を続けたくなります。

他にも、「本当は別れたくないけど」も使いがちなセリフ。

恋人を悲しませたくない女性が言いたくなるセリフですが、彼を混乱させるだけなのでNGです。

別れたいなら、ストレートに「あなたとはもうやっていけないから別れたい」と言いましょう。

また、彼からの別れ話をされて別れたくない場合は、「私はこの先も付き合いたい」とハッキリ言うべき。

ここで意地を張って「別に〇〇君がいなくても良いけど」なんてメッセージを送ると、別れを回避できない上にその発言がトーク履歴に残ります。

よりを戻せる可能性まで下げてしまうので不用意な発言は慎みましょう。

彼が大好きな女性は、後々の復縁活動のことまで視野に入れた発言を心がけてください。

感情的になって「振られたら自殺するかも」なんて脅すと、そのトーク履歴を見るたびに彼はあなたと復縁しない決意を固めます。

愛を伝えることが大切でも、彼の負担になるほどだと逆効果です。

メッセージを送る時には冷静な視点でチェックすること!

何度も読み返して大丈夫だと思えた言葉だけを送信してくださいね。

不平不満は聞かれない限り言わず感謝の気持ちを必ず書く


別れ話をするとついつい過去の不平不満が出るもの。

それが自然なことですが、lineは後に残るのがマイナスポイントです。

ネチネチと嫌味を言うと、彼が翌日にその発言を読み返して「アイツは本当に性格悪いな…別れて正解だった」と思われます。

彼に聞かれて話すならまだしも、自主的にネガティブな話をするのはやめましょう。

その代わりに、感謝のセリフを多めに入れるのがおすすめです。

読み返した時に感謝の言葉が多ければイメージアップ間違いなしです。

復縁希望の方はもちろん、よりを戻す気はなくても良い思い出にしたいなら感謝を中心にした内容にすべきです。

少なくとも1回は「ありがとう」を入れてくださいね。

感謝する内容なら多少長くなっても嫌がられる心配はないでしょう。

別れたくなった理由を明確に述べる


あなたから振る場合には、別れたくなった理由をはっきりと書くことが大切です。

明確な理由がないと彼が納得できないからです。

口頭での別れ話でもはっきりと理由を言う必要がありますが、言葉でしか意志表示できないlineはよりはっきりと言葉にする必要があります。

表情や声で意志を伝えられないので文字だけが頼りです。

愛が冷めたなら「嫌いになった」と言葉を濁さずに伝えましょう。

他に好きな人がいるなら、ストレートにその旨を書けばOKです。

中途半端な言い方をして期待させると、最終的にショックが大きくなります。

最初にストレートに嫌いだと伝えるとショックを受けた時には辛くても、早く立ち直れるのがメリットです。

ズバッと伝えて彼のダメージを最小限にしましょう。

別れを切り出す前に連絡を少なくしておく


あなたが振る場合には、lineで別れ話をする前に連絡頻度を減らして別れの予感を感じさせるのがおすすめです。

まったく予想もしてなかったことを言われたら、現実を受け入れられないほどのショックを受けます。

それだと別れ話が難航します。

でも、少し嫌な予感がしていたら、スムーズに話が進むでしょう。

line以外でもデートの回数を少なくするなど、心が離れていることを知らせるのも効果的です。

これくらいの下準備をしておかないと、会わないで別れる方法を成功させるのは難しいです。

突然恋人から終わりにしたいと言われたら、「会ってきちんと聞かないと納得できない!」と思うのが普通です。

嫌な予感がしていたら、「やっぱりね…そうだと思ってた」と受け入れやすくなるでしょう。

会わないまま別れようとする彼氏に最後に会いたいお願いをOKしてもらう方法

「借りていたお金やデート代を支払う」と言う


顔を合わさずに終わりにしたいと彼氏が思っているなら、会ってもらうためにひと工夫が必要です。

心を動かすために必要なものは、彼にとってメリットがあることです。

最もダイレクトにお得感を与えられるのが「お金」です。

借りているお金を返すと言えば、高確率で彼と会えます。

または、これまでにかかった「デート費用の一部を返したい」と言うのもオススメ。

お金がもらえると分かったら、恋愛感情とは違った意味でのモチベーションが湧いてきて「絶対に最後に会う!」と決意を固めるでしょう。

この作戦を使う時には金銭の準備が必須です。

口約束だけして実際にはお金を返却しなかったら、あなたの信用はゼロになって最悪の印象を残します。

お金関連の嘘をつくと人間関係の根底が崩れ落ちて、「恋人以前に人として無理…」と思われて二度と口をきいてもらえないかもしれません。

だから、事前に彼に渡せるお金を用意してから、この作戦を実行してください。

手元にお金がないのに「借りてた5万円返すよ」と言うのは禁止です。

その注意点さえ守ればかなり成功率の高い方法です。

「買ってあったプレゼントを渡したい」と伝える


彼が会わずに終わりにしたがっている時には「〇〇君が好きな××のスニーカーを買ってあって…プレゼント渡すために会えないかな?」と提案しましょう。

お金ほどの威力はありませんが、欲しいものが手に入るとなったら憂鬱でも対面での別れ話へのやる気が湧いてくるはず。

この作戦の注意点は、彼が絶対に欲しいものをチョイスすること。

彼が絶対に会いたくないと思っているなら、相当欲しいものにしないと行動させるのは難しいです。

ただし、お金と違って「感動」がプラスされるのがメリット。

現金だとお得感や嬉しさを感じても彼女の愛はさほど感じません。

デート費用を払ってくれたら「いい子だな」と思われてイメージアップしますが、プレゼントはそれ以上の効果を出せる可能性があります。

滅多に手に入らないレアものを贈れば、自分のために努力してプレゼントを手に入れた彼女の愛に胸が熱くなるでしょう。

それに、「もう買ってあるから〇〇君にあげれないと捨てるしかない…」と言えば、もったいなさを感じて会いに来てくれる確率が高まります。

彼が欲しがっているものを知ってる方はこの作戦が一押しです。

感動ストーリーをプラスすれば、別れを回避できる可能性がありますよ。

「1分で良いから〇〇君の顔が見たい…だめ?」と聞く


会いたがらない彼氏に行動を促すためには、「無理強い」と「こちらの希望のごり押し」は禁止です。

すでに恋人に会いたくないほど愛が冷めているので、無理強いしたらフェードアウトされる危険が高いからです。

だから「お願いだから!!」と何度も頼み込むのはNG。

鬱陶しさを与えるだけなのでしつこくしないのが大原則です。

そして、「私は会いたい」とこちらの希望をやたらと伝えるのも危険行為です。

なぜなら、愛が冷めた相手から希望を伝えられても「そんなん知らんし」と呆れられるだけだからです。

そのため、控えめに質問する方法が最も安全です。

悪い印象を与えないコツは、彼が喜ぶ言いまわしを使うこと。

「〇〇君の顔を1分で良いから見たい」これなら彼の心が熱くなります。

「顔を見るだけで良い」と言われたら愛されて実感を持つでしょう。

さらに「1分だけでいい」とわずかな時間だと数字で示すことで、より訴えかける力が増します。

最後は「ダメかな?」と控えめに聞けば完璧です。

これくらい謙虚な態度でお願いすれば悪い印象を与えるリスクが低いです。

復縁希望の方など、イメージダウンを絶対に避けたい方はこの方法が向いています。

「10月20日の19時に××で待ってます」とlineする


彼と会話にすらならない時には、お願い作戦が使えません。

まともにやりとりができず「別れよ」の言葉しかない時は、日時を指定して待っていると伝えましょう。

他にも、いくら話しても彼の心が動きそうにない時には、最終手段として待っていると伝える作戦を使ってください。

日時を指定されたら、間違いなくその日を気にします。

完全に冷めていても、ソワソワと落ち着かない時間を過ごすはず。

そこで急に「ちょっと顔見とくか」となったら儲けものです。

運にかけるしかないのがデメリットですが、絶体絶命の時はこの方法で最後のチャンスにかけましょう。

大事なポイントは、彼が確実に外出できる日時にすること。

当たり飴ですが、仕事中だったら会ってもらえません。

平日は残業が入るかもしれないので、休みでヒマを持て余してる時間帯がベストです。

日時の設定が最も重要なので、彼のライフスタイルに適したタイミングを見つけてください。

また、場所選びも間違えないように!

彼の家のすぐ近くや、気軽に立ち寄れるところを指定しましょう。

遠くのお店や知り合いに会いそうな場所は避けるべき。

日時と場所で成功率が大きく変わるので、十分に戦略を練ってから彼に提案してくださいね。

「絶対に15分で終わらせるから会って話そうよ」とお願いする


ほどほどに良いムードで会話できる関係なら、「15分だけ」など時間を指定してお願いするのもありです。

しかし、彼が「なんとなく会いたくないから、別れ話はlineにしよう」と思っていることが条件です。

嫌われてたり、面倒くさい女だと思われてる方がこの方法を使うとイメージダウンするので気を付けてください。

もうひとつの条件は約束を守る女だと信頼されていること。

いつも嘘ばかりついてたら「15分だけ」と伝えても信じてもらえないからです。

だから、遠距離などやむを得ない事情があって好意が十分に残っているのに仕方なく別れるケースが対象です。

「15分だけなら良いか」と彼の心が動けば、対面でお話できます。

「本当に会わないで終わりにしても良いの?」と質問する


次は彼氏の決意を揺るがす方法です。

無理に「私と会って!」と訴えるよりも効果的で、どんな状況の人でも使えるのがメリットです。

方法は「私と今後一生会えないけど○○君はそれで本当に良い?後悔しない?」と質問すること。

この作戦は、怖いほどに冷たさを感じさせるのがポイント。

できるだけあっさりと別れ話を受け入れて、「じゃあこれで私たちは二度と会えない関係だね。〇〇君は言い残したことない?」と聞けば彼の心の中で何らかの変化が起こるはず。

恋人を振る時、男性は別れ話のことしか考えてません。

その先に何が起こるかははっきりとイメージで来てないので、「二度と会えない」という事実を突きつけられると決意が揺れます。

その勢いで「やっぱ1回だけ会って話そうよ」と彼が口にする可能性があります。

確実ではありませんが、意外と上手くいく方法です。

コツは彼が会いたいと言うまでは、こちらから会う意欲を見せないこと。

さっぱりした態度のほうが彼の心を動かせます。

彼の決意が変わらなければ「ああ、会わなくて良いよ」と拒否されるだけなので、どんな状況の人でもマイナスイメージを与えずに使えます。

別れた後から考えたら「あの時会わないで良かった!」と思える要因

彼が機嫌が悪くなると人を傷つける発言をする


最後に会うかlineにするか迷っている場合は、顔を見なくて良かった!と後から思う要因を知っておきましょう。

判断基準のひとつになるので、あなた達にこれから紹介する要因がないか確認してください。

まず機嫌が悪い時に人と傷つける暴言を吐く彼氏の場合はlineのほうが安全です。

カッとなって「お前みたいな最低な女は最初から好きじゃなかった」と言われたらショックですよね。

後々まで心の傷になると苦しむのはあなたです。

ひどい暴言を聞かずに済ましたい方は会わない別れを選びましょう。

参考になるのは過去に喧嘩した時の彼の態度です。

無神経な言葉で傷つけられた経験があるなら今回も同じ流れになるかもしれません。

対面だと感情的になって喧嘩モードになりやすいです。

lineで別れるとあまりにも呆気なくて「会って話すべきだった…?」とモヤモヤが残ることがありますが、必ずしも会うのが正解とは限りません。

彼の言動に傷つけられるくらいなら平和な最後が良いと思った方は、lineを使った別れ話を検討しましょう。

彼が人を説得させるのが上手い・口が達者だった


あなたが振りたい時には、ボーイフレンドのトークスキルを必ずチェックしてください。

口が上手いタイプだと、会って話した時に説得されて別れ話が失敗に終わるからです。

いつもボーイフレンドに口で勝てないと感じているなら、今回も説得されて交際を続ける羽目になる恐れがあります。

恋人同士はどちらかが話し上手で残り一方が聞き役メインの組み合わせが多いです。

つまり、会話の主導権を握っている人がいて、大体は話し上手な人の思い通りの展開になります。

男性が主導権を握っているなら、次々と交際を続けるべき理由を述べられて最後には離れる気持ちが消えてなくなります。

そして数ヶ月後にまたボーイフレンドを振りたくなり…この繰り返しでいつまでも別れられません。

その流れを予防したいなら、lineで別れを告げて、何を言われても信念を貫きましょう。

感情的になりにくいlineなら、ボーイフレンドの誘導尋問に負けずに別れ話を最後まで遂行できます。

ダメ男なのにハマってしまい冷静さを欠いていた


見た目が特上のダメ男にハマって冷静さを欠いている時は、lineを使った別れ話が向いています。

ボーイフレンドの外見に惚れた女性は、顔を見て話すとダメ男から離れられないからです。

「やっぱりカッコいい!」と彼の長所に目が向いたら、最低のダメ男が輝いて見えます。

これではいつまでも別れ話ができません。

それ以外にも、ボーイフレンドの顔を見るとすぐに気持ちが揺れる人は、顔が見えないlineのほうが冷静に話せます。

浮気されてボロボロに傷ついてるのに、外見レベルが高い彼氏を振るのが惜しい方もいますよね。

見た目が魅力的だと浮気されても交際を続けたい気持ちは分かります。

だけど、あなたを傷つける男とは離れるべき。

これ以上辛い思いをしないよう、会わない別れ方で決着をつけましょう。

好きだけど結婚に向かない男性で別れる決意が揺れていた


「恋人がプロポーズしてくれない」この理由で別れを決めた場合は、決意をキープするのが難しいですよね。

ボーイフレンドとしては申し分ない人だと何度も決意が揺れて、別れるまでに時間がかかる恐れがあります。

しかし、結婚を望むなら無駄な時間をかけずに次の恋に進むべき。

年齢が若ければ若いほど良いパートナーが見つかりやすいからです。

実際にプロポーズしない彼氏を振って婚活をした女性の中には「あそこで元彼を振ったからこそ、旦那と結婚できた。顔を見たら別れられなかったから、lineで別れ話をして良かった」と思っている人が結構います。

1つの恋を終わらせないと、未来の旦那さまに出会えません。

結婚できる相手と出会うために苦しい別れを検討してる人は、顔を見ると失敗しそうならlineを使う方法を視野に入れましょう。

会ったら絶対にエッチしてセフレになっていた


最後に会う方法のデメリットは、お別れエッチをする可能性があること。

最後に1回だけして綺麗に清算できれば良いのですが、そこからセフレ関係がスタートすると最悪です。

大事な話し合いになると、なぜか彼がベタベタしてきて最後にはエッチして終わる…こんな経験がある人は、今回もお別れエッチになる可能性が高く、そこからセフレ関係がスタートするかもしれません。

「セフレになっちゃうかも…」という予感がする場合は、会わない方法を検討してください。

または、エッチに誘われても絶対に断る決意をつけてから会いに行きましょう。

感情な別れ話になると、その勢いで肉体関係になる確率が上がります。

流されないよう心の準備をしておいてくださいね。

会わないで別れたなら実践可能な復縁のきっかけを作る方法

彼の忘れ物を知らせるlineを送る


会わないで別れた場合には、ボーイフレンドの私物が家に残っているケースがほとんどです。

探せばひとつくらい忘れ物があるので、発見したらお知らせのlineをして会う約束をしましょう。

このきっかけはタイミングが重要です。

やっと別れ話が終わってほっとしてる元彼にlineすると、無視される危険があります。

それに、彼が会わずに別れたいと思ってる場合は、顔を見たくないほどあなたを避けるので、忘れ物をしらせても「捨てといて」の一言で済まされるかもしれません。

貴重なチャンスなので、先に会えそうなタイミングを探してください。

基本的には間隔を空けたほうが成功しやすいです。

もうひとつのポイントは忘れ物の種類です。

ハンカチ一枚だと、取りに行く意欲が湧きません。

でも一点物のGパンなら絶対に取り戻したいと思いますよね。

彼の大事なものが家に残ってないか家の中を探しましょう。

しばらくSNSもお休みして数ヶ月後に元彼にlineしてみる


最後に顔を見せていないなら、そのまま姿を消す作戦が効果的です。

彼が元カノの顔を見たのはもう何ヶ月も前。

しかも最後のお別れの時にどんな表情だったか分からないので、破局後の様子を予想してます。

そんな時に目を通すのがSNSです。

復縁したい方は、彼の関心を引くためにSNSも少しお休みして情報を隠してください。

どこからも情報が入って来なかったら、「ひどく落ち込んで泣いてるかも…それとも意外と元気?」としばらくは元カノに意識が集中します。

上手くいけば、隠れているだけでボーイフレンドからlineがくるので、そこでお茶にでも誘ってください。

または、lineのやり取りをする約束をして今後につなげます。

ボーイフレンドのアクションがない場合は、半年くらいしたらlineすればOK。

その頃にはあなたへの悪い感情が薄らいでいるので、良いムードでお話できる可能性が高いです。

彼にlineで振られた人は顔も見たくないほど嫌われてる恐れがありますが、沈黙期間をつくれば復縁できる可能性が出てきます。

しつこくすると逆効果なので、彼の前に少しも姿を見せないようにしてくださいね。

元彼好みのイベントを企画してSNSで参加を募る


あなたが彼に会いたくなくてlineで振った場合は、彼の中に好意が残っていたらよりを戻せます。

でも個人lineを送るのが気まずい場合は、元彼好みのイベントを企画してSNSで参加を募りましょう。

彼が行きたがっていたお店での飲み会、彼がハマってる趣味の集まり、など関心を持ってるテーマなら参加しやすいです。

彼が反応を示さない時には、直接声をかけてもOK。

不安なら友達にお願いしてください。

大勢で集まる場所なら会わずに別れた時の気まずさを払拭できます。

他には、1対1で会うのは心配な場合にも、大人数でのイベントに誘う方法が最適。

みんなでワイワイと楽しい時間が過ごせれば、仲良しに戻りやすいです。

「最後の挨拶できなかったからお礼したいんだけど…」と伝える


時間が経って彼の気持ちが落ち着いて頃なら、「最後に会えなかったからお礼したい」と言って呼び出したり、lineを送る方法があります。

お礼のためなら悪いイメージを与えないので、復縁希望の人はきっかけのひとつとして活用しましょう。

おすすめなのは、「最後がlineできちんと挨拶できなくてごめんなさい。お礼の気持ちを込めて」こんなメッセージと共にlineギフトを贈る方法。

コーヒー一杯程度の気軽なプレゼントなら悪いイメージは与えないでしょう。

そこから会話が再開すれば、復縁に繋がります。

穏便に別れた後に時々lineして「たまには会おうよ(笑)」と誘う


会わずに別れて復縁したい場合は、穏便に終わらせるのが復縁成功率を上げるコツです。

ボーイフレンドが早く別れたがっていたら粘らずにさっと話を終えて、その後に良いムードで連絡を取り合える関係になってください。

悪いイメージを残さなければ、破局した後も時々近況報告し合えます。

大切なポイントは、すぐに会いたいと言わないこと。

焦ると失敗するので、忘れた頃にlineする程度の距離を離した関係を続けます。

そうすればそのうちに彼から「ランチでも行こう」とお誘いがあるはず。

何ケ月経ってもアプローチがなければ「ねえ、たまには会って話そうよ(笑)」と軽く誘ってみましょう。

ずっと平和な時間を過ごせば会える可能性が高いです。

時間をかけて信頼関係を作るのがコツなので、何ヶ月かかけてじっくりと取り組んでくださいね。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「会わないで別れるか会って話したほうが良いのか十分に考えて!」

占い師 ミミコ
別れ話は会って話すのが一般的です。

特殊な例を除いて、会って話したほうがスムーズに意志の疎通ができるでしょう。

ただ、どうしても会いたくない理由がある場合や、会うデメリットの方が大きい場合は、lineでの別れ話を検討してください。

判断基準になるのは、彼とのlineでの会話です。

日常から深い話をlineでできているなら問題ありませんが、事務連絡だけだと別れを切り出してもまともな会話になりません。

あなたの気持ちや彼のタイプなど、色々な条件を吟味してベストな方法を見つけてくださいね。

【期間限定】あなたの恋愛の悩みを今すぐ解決します!

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの恋愛の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【恋と運命の真実】の占いを初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
占い師マダムアリアから初回無料で鑑定!

復縁したいあの人とうまくいかない…なかなかやり直せない…復縁できる可能性はあるのか…と悩んでいませんか?

こちらLINE@に登録して頂けると、当サイトの著者「高瀬ミミコ」が占いや復縁のノウハウを教えてもらった、占い師マダムアリア先生が初回無料にて占い、復縁の可能性や、今の彼の気持ち、お2人の今後がどうなるかをお送り致します。

復縁の事で不安や悩みがある方は、是非初回無料鑑定をご利用下さい。

友だち追加

※20才以下はご利用不可

おすすめの記事