※この記事を読む前に必ず読んでください。

復縁の事で悩んでいるアナタへ。

 

まずは、あなたの復縁成功の可能性を初回無料鑑定致します。

 

絶対に復縁したい方は、まず復縁の可能性を診断してみましょう。

 

>>復縁の可能性を診断する<<

彼氏から急に別れを切り出された時はショックで何も考えられなくなるのが普通です。

付き合っている時に「上手くいってないな…」と感じていたとしても、それを「別れ」という言葉で聞かされると、目の前が真っ暗になってしまう人もいるでしょう。

彼氏が別れたいと言ってきた時に大切なことは、そこで感情的にならないことです。

感情的になると別れを受け入れることしかできなくなり、場合によっては更に彼に嫌われるような行動をとってしまう恐れがあります。

そうなってしまうと、別れたくないという気持ちがどれだけ強かったとしても、二度と彼とは付き合えなくなってしまうかもしれません。

彼に別れを切り出された時に必要なことは、どうすれば彼を説得できるかを考えることです。

彼は既に別れを決めているので、あなたが感情的になって話をするだけでは、そのまま別れるという結末になってしまうでしょう。

そうなってしまわないよう、彼氏から別れを切り出された時にするべきことをまとめました。

別れ話をされている時に冷静でいられる人はほぼいないと思いますが、事前にするべきことを知っていれば、多少は気持ちに余裕を持つことができるでしょう。

さらに彼に別れを思いとどませることができる説得方法、具体的に別れの理由ごとの話し合い方や説得が成功した例、裏技などを紹介します。

本日のメニューはこちら

男性が思わず別れたくなる女性の特徴や共通点

価値観が凝り固まっている


見た目や雰囲気で「あの子可愛いな~付き合ってみたい!」と男心が刺激されたとしても、付き合ってから「この子の価値観って…」と相手に思われるとフラれることが多いです。

価値観は人によって違うのが普通なので、意見が分かれることそのものは問題ではありません。

ダメなのは、価値観が凝り固まっていて他人の意見を受け入れず、かつ、それに本人が気づいていないパターンです。

例えば、「絶対に大学は行くべきだよ!だって今の時代、大学くらい出てないと、まともな会社に就職できずに負け組になるだけだよね。大学進学しないって人は何を考えてるんだろうね?おかしいよね?」なんて発言をされたら、「俺は大学行ってないけど…」と言うことさえできません。

「大学に行った方が良い」という価値観を持つのは全く問題ないことですが、「大学に行くべき!」となった時点で「この子とはちょっと無理そう」と感じ、「大学に行かない男は価値なし!」となれば「無理!別れたい!」と思ってしまうでしょう。

しかも、価値観が凝り固まっている女性は、自分が絶対に正しいと思って意見を曲げません。

その上、自分の価値観に同意しない人を人間以下のように扱うため、とてもじゃないけど一緒に居られない!と男に嫌われてしまいます。

このタイプの女性は主張内容が明らかにおかしいのではなく、正論であるからこそ、嫌われていることに気付けないケースが多いです。

「私が言ってること間違ってないよね?」という自信があるので、嫌われる原因になっていることに気付けないのです。

学歴が高かったり、社会的に成功している人にも多いパターンなので、いつもチヤホヤされていると指摘される機会が少なく、気付かないままとなってしまうのでしょう。

他の男性と比較ばかりする


常にモノゴトを何かを比較して価値を確かめようとする女性にありがちなのが、他の男性と比較ばかりして嫌われるパターンです。

この手のタイプは、自分自身も他人と比較しがちなのが特徴。

「あの子よりは可愛いけど、私のほうが太ってるかも。でも顔は私のが小さいから勝った!」などと、ランク付けをして自分よりも上か下かで人を判断します。

その癖が身体に染みついているので、彼氏ができると友達の彼氏と全てを比較し始めます。

「クリスマスになにが欲しい?」と聞かれれば、欲しいものを考える前に「友達は彼氏から何をもらってるんだろう?」という思考が先に来て、すぐに友達への聞き込みがスタート。

事細かく周囲の人がどんなプレゼントをもらっているかを調べてから、「同じくらいの値段のもので、友達に自慢できるものを選ぼう!」という方向性で希望を固めていきます。

全てがその調子なので、彼が周囲の男性よりも劣っていると感じると「友達の彼氏はもっと高いプレゼントをくれた!」「〇〇の彼氏はデートでいつも奢ってくれるらしい」などの不満を口にします。

これでは彼氏は「この子は何のために僕と付き合ってるんだろう?」と思うのも当然。

「僕は彼女が友達に話すためのネタに利用されてるだけ?」と感じると早々に別れたくなるでしょう。

ここまで酷くなかったとしても「他の男と比較されてけなされてる…」と感じると別れたくなる男性が多いものです。

男の心を揺るがす色気がない


男にとって色気は、なくてはならない大切な存在。

女の子というだけで色気を感じる男性もいますが、大半は「この子のこういうところがたまらなく可愛い!」というその子にしか感じない色気に魅力を感じて好きになります。

付き合う前にそういった色気を感じて「この子を彼女にしたい!」と思って告白したものの、付き合い始めたら最初のように色気を感じなくなってきた…と気持ちが変化して別れたくなるケースもあります。

身なりに気を使わなくなった、すっぴんを見たら可愛くなかった、など様々なパターンがありますが、意外と多いのが「恥じらいがなくなった」という理由です。

男は恥ずかしがっている女を見ると無性に興奮し「この子を自分のモノにしたい!」と欲情します。

だけど、付き合っていると実際のところ、彼氏に対する「恥ずかしい」という感情は薄れていきますよね。

それは仕方ないことなのかもしれませんが、恥ずかしさを全く感じなくなり「全部見られても平気!」と女性が思うようになると、トキメキを感じなくなった男性は別れたくなることを覚えておいてください。

男性の心を繋ぎ止めておきたかったら、どれだけ長く付き合っていたとしても「恥じらい」を忘れないようにしなくてはいけません。

度を越した負けず嫌い


負けず嫌いな女性は、男から見ると「必死になっちゃって…可愛いヤツ」という意味で人気が高いです。

しかし、それは「可愛げのある負けず嫌いに限る」という前提の話。

度を越した負けず嫌いで、負けたことを引きずる女は嫌われます。

例えば、同じ業界の仕事をしているカップルだったら、お互いの業務内容が分かるので「負けたくない!」とお互いが闘志を燃やすことがあると思います。

そこで「彼氏に負けて悔しい~」と言っているだけなら「可愛らしいな」と思って見てくれるでしょうが、「絶対に負けない!」と意気込み過ぎて「このプロジェクト終わるまでは口きかないから!秘密が漏れたら困るし!」とまで言われたら「え?俺よりも仕事が大事?」と思った彼氏の心は冷めていきます。

そして、彼氏以上の成績を収めて「どう?私にも実力があるってことが分かった?」と上から目線で言われたら「強い女は嫌い・・・」と思われて別れ話をされるリスクがさらにアップ。

負けず嫌いな女が好まれるのは、可愛げあってこそなので、本気で勝負を挑んでくる女性は男性に敬遠されがちです。

別れたくないなら早めに気づこう!彼氏が別れたい時に出すサイン

衝動的な行動がなくいつも冷静


男性は女の子と一緒に居ると、「もう駄目だ我慢できない!」という気持ちになって衝動的に行動してしまうことがあります。

人によって差がありますが、谷間が見えそうな場面に出くわして「見たい!」と思った瞬間、無意識に目が向いてしまうのが男性です。

「かわいい!」と思うと同時に「抱きしめたい!」と衝動的な行動をとりたくなるのが普通で、恋人という間柄ならそれが顕著にあらわれます。

だから、女性として性的な魅力を感じているのなら、急に手を繋いできたり、いきなりべたべたしてきたりと衝動的な行動が見られるはずですが、好意がなくなるとそこまで感情が高ぶらないので、いつも冷静な行動に変わります。

いつも通りにキスをしてくれてエッチもするけど、どこか冷静…といった変化が見られた時には恋心が冷めている証拠。

元々冷静なタイプの男性は見極めが難しいかもしれませんが、よく見ていれば違いに気付けるはずです。

彼女だけに見せていた顔がなくなる


恋人関係になると「こんな一面があったんだ!」と思えるような彼女だけが知る顔があるのが普通。

外ではピシッとした会社員なのに、彼女の前では甘えん坊…なんてことがよくあります。

だけど、別れたいと思うようになると、彼女の前でも他の人と同じ顔しか見せなくなるのがサインのひとつ。

すれ違いばかりで会う機会が減って、久しぶりに会ったのに甘えん坊な様子を見せない…という場合には、別の女性がいて、そちらで甘えさせてもらっている可能性があります。

彼女だけにしか見せられない姿で過ごすのは、男にとってなくてはならない時間です。

これまでは私の前で見せていたはずなのに、最近見ない…と感じたら、別の場所でその欲求を満たしてもらっているということです。

名前を呼ぶ回数が激減する


これは女性にも当てはまる特徴かもしれませんが、好きでなくなると名前を呼ぶ回数が減る傾向があります。

逆に好意が強まると名前を頻繁に呼ぶようになるので、過去に付き合い始めた頃などに彼があなたの名前を呼ぶ回数が多くなったかどうかを思い出してください。

好きになり始めた時期に名前を呼ぶ回数が増える男性が名前を呼ばなくなったら、別れたいと思っている証。

好きな人の名前を呼びたいと思うのは自然な感情で、嫌いになると名前を口にするのも嫌になるのが人間です。

名前を呼ぶか呼ばないかは、本人が意識していなくても行動にあらわれるものなので、別れたいと思い始めた初期の段階で気付けるサインだと思っておいてください。

「最近名前を全く呼ばれない」と感じているのなら、彼の中ではあなたと別れることがすでに決定しているのかもしれません。

新しい情報を教えてくれない


男性は基本的に情報共有することに煩わしさを感じるため、好きな人以外に情報を教えたいとは思いません。

大好きな恋人であれば、新しく興味を持ち始めたことを話したい!と自然に思えるので、時間をかけて興味のあることを教えてくれるでしょうが、好きな気持ちが冷めてくると「分かってほしい」「自分を知ってほしい」という欲求が薄れるので、話すことに面倒さを感じるようになり、段々を自分からは話さなくなります。

少し嫌ってるだけのうちは「最近、ラグビー好きなんだ?」と聞けば「あ、そうなんだよね~」と教えてくれるでしょうが、別れたくなると「ラグビーに夢中みたいだね」と聞いても「うん、まあね」だけで終わるようになります。

ラブラブな時期は、こちらから聞かなくても「最近はラグビーに凝っててさ~」と教えてくれていた段階から徐々に変化していくのが特徴で、最終的には質問しても無言だったり「うん」だけになるでしょう。

できるだけ早い段階で気付けていれば、対処のしようがあります。

「最近、彼が私に好きなものや事の話をしてこなくなったな…」という危機感を持ったら、早めに原因を突き止めて対策をとったほうが良いですよ。

占い師 ミミコ
ここまでで、良くわからなかったり、不安な部分はなかったですか?もしも宜しければ「エレメントタロット」でアナタの復縁成就の可能性を鑑定しますね!またアナタに合った復縁方法もアドバイスできますのでお待ちしております!

 

彼氏から別れ話をされたらまずすること

彼氏の発言内容を正確に理解する


彼氏から別れ話をされた瞬間には動揺してしまうと思いますが、まずは冷静になりましょう。

彼は別れたがっているのですから、話は2人の関係を終わらせる方向へ進みます。

彼氏の話に口を挟みたくなっても、彼の話を途中で遮らないようにして話を最後まで聞きましょう。

その時に重要なことは、彼が何を言っているのかを正確に理解することです。

別れ話をする時にはショックで彼の言葉が頭に入って来ないことがあるので、彼の言っていることを誤解してしまう人もいます。

付き合っていた2人が別れるのですから、感情が高ぶるのは当たり前なのですが、そこで感情の波にのまれてしまうと、彼が話している内容を理解することができなくなってしまいます。

付き合いが長く彼のことは何でも分かっているという気持ちで話を聞いていると、「彼はこう考えているんだろうな…」と先入観を持って解釈をしてしまうことがありますが、これが誤解を生む原因です。

別れを切り出された時のショックと彼への先入観が合わさると、彼の話を正確に理解することが難しくなります。

ショックが大き過ぎると、彼の発言内容が全く頭に入らないという女性もいます。

特に最初に「別れる」という話をされて、その後に別れの原因を説明された時には、別れるという言葉のインパクトだけで頭がいっぱいになり、別れに至った原因を冷静に聞くことができなくなります。

どうして別れることになったのかという原因を知らなくては、やり直すことは不可能です。

別れるという事実だけに固執してしまうのではなく、別れの原因に目を向けて彼の別れ話を聞くようにしてください。

別れたがっている男性はなるべく手短に別れ話をするので、一瞬でも気を抜くとあっという間に別れ話が終わってしまいます。

終わった後に彼に確認しようとしても、聞くことさえできないかもしれません。

別れ話には関係をやり直すための重要なキーワードが必ず入っています。

一言も聞き逃しのないよう、彼の発言を正確に把握しましょう。

彼氏の気持ちに共感する言葉をかける


別れ話を聞く時には、常に彼の気持ちが分かるよう表情をしっかり見ておくことが大切です。

付き合っていたのであれば、彼の表情や態度を見れば、彼がどのような気持ちになっているかが分かるはず。

彼が怒っているのか悲しんでいるのか、などどのような気持ちになっているのかを考えて対応策を決めましょう。

別れを意識するのは気持ちのすれ違いを感じた時が多く、その際には男性が女性に理解をされていないと感じる気持ちも含まれます。

男性は女性に全てを理解されたいと思っています。

女性に支えられているという安心感があることで、男性は相手の女性に好意的な気持ちを持ちます。

そのため、別れ話という大切な場面では彼の気持ちを理解して共感的な態度で接することが非常に重要です。

彼に共感をするためには、彼がどのような気持ちでいるのかを知ることが必要不可欠なので、表情をよく見るなどして彼がどんな気持ちでいるかを考えましょう。

その上で「悲しかったんだね…」「苦しませてごめんね」など彼の気持ちに寄り添うような一言をかけるようにしてください。

別れ話の最初の一言がネガティブなものになってしまうと雰囲気が悪くなるので、彼の気持ちを尊重したことが言えるように心がけておくことが大切です。

自分の精神状態を落ち着ける


別れ話をされている時に気持ちを落ちつけようと思っても、簡単にはできないでしょう。

でも、「自分は今、冷静な状態ではない」と再確認することで、その時には気持ちを落ち着けることができます。

冷静にならないと!と焦ってしまうと、余計に緊張して彼の別れ話が頭に入って来なくなってしまいます。

まずは自分を落ち着けるために、「今は大変な状況だから自分は冷静ではない状態になっているけれど仕方ない」と思ってください。

別れ話をされた時に焦らないためには、自分を無理に冷静にさせず、自分の気持ちを受け入れることが大切です。

その後に、どうすれば落ち着くことができるかを考えます。

ただ落ち着かないと!と頭で考えているだけでは、なかなか気持ちを変えられないので、ゆっくりと深呼吸をするなどして、気持ちを落ち着けましょう。

深呼吸は鼻から息をゆっくりと吸って、出す時も時間をかけて行います。

緊張していると呼吸が浅くなるので、呼吸を意識するだけでも精神的に良い効果が期待できます。

それ以外にも、自分がこれをすると落ち着くという方法がある場合は、試してみてください。

おまじないのようなものでも、自分が信じているものであれば、十分に効果があるでしょう。

別れ話の中のポイントを整理する


別れ話を聞く時には、全てが終わった後に大事なポイントを抜き出して整理することが大切です。

それは、別れ話が必ずしも分かりやすい内容だと限らないからです。

彼も緊張して話をしているでしょうし、理解しにくい言い回しだったり、曖昧な言葉を使ったりして別れを切り出されることもあります。

その時には、別れるという話の結論だけを見るのではなく、どういった過程で別れを選択しなければならなかったのかを、もう一度考えてみましょう。

まず別れ話の中で直接別れに結びついたエピソードなど、大事なポイントを押さえましょう。

それをリストアップして、どこをどうすれば、別れを回避できるのかよく考えます。

ただ闇雲に別れたくないと言っても、彼は気持ちを決めて別れ話をしているのですから、別れたくないという言葉だけでは不十分です。

彼の気持ちを変えるためにも、別れ話の中の大事なポイントをしっかりと押さえることが大切です。

彼氏が別れを思いとどまる説得方法

彼の言いたいことを理解していることをアピールする


彼の別れ話の中には、彼が一番言いたかった言葉があるはずです。

別れは男性にとっても大きな意味があるので、彼も必死になって別れ話をしているでしょう。

でも、別れ話は泥沼のような展開になることが多いので、彼もそれを覚悟して話していることが多いと思います。

そんな時に彼が本当に言いたかったことを、相手に分かってもらえれば、予想外な展開にあなたにいつもよりも好意を抱く可能性があります。

別れ話をしている状態なので心は既に離れてしまっているでしょうが、別れ話をする時はまだ最後のチャンスが残っています。

今までに悪いイメージが蓄積されていれば、予想外に良いイメージを与えることが、大きな変換のチャンスにもなります。

別れるほど嫌いになっていた彼女が、別れ話をしっかりと聞いてくれて、さらに自分が言いたいことをはっきりと理解してくれたら、少し見直すような、彼はそんな気分になるでしょう。

もしも、価値観が違うことが別れの原因だった場合には、「そんなに私との距離を感じてたんだね…あなたが私に合わせてくれていたから、あなたに負担が集中したんだね…」など、彼が不満に思っていることを理解したということを伝えます。

彼が別れを決意するまでにはたくさん悩んだはずです。

彼の気持ちを一番に考えて、心の底から彼を理解するように努めましょう。

そして、彼が自分の一番言いたかったことを理解してくれたと感じれば、もう一度彼女と一緒にやり直してもいいかな…という気分になるでしょう。

彼を否定しないようにすることが大切なポイントです。

自分が悪かった点をすぐに反省する


別れ話の最中は悲しい、苦しい、焦り、怒り、信じたくないといったマイナスの感情で占められています。

そのような時に、彼氏があなたの欠点が耐えられないから別れるという内容の話をしたら、事実を受け入れることさえできないかもしれません。

しかし、ここで欠点を責められたことを受け入れることができなければ、2人の関係は終わりです。

彼は別れるという覚悟を決めるほど、あなたの欠点について悩んだり苦しんだりしてきたはずです。

欠点は人に言われて気付く事柄であることが多いので、自分にとってはそれが欠点だと気付いていないことがあります。

例えば無理なわがままばかりを彼に言う人は、わがままをすることで相手がどのような気持ちになるのかを理解できていません。

自分はわがままを言うだけなので、わがままに対して問題意識を持っておらず、「わがままは止めて欲しい」と言われても、「たいしたことじゃないから適当に聞いておけばいい」という感情になってしまいます。

これでは彼氏の心はどんどん離れていってしまうでしょう。

彼と別れたくないのであれば、自分の欠点を受け入れて反省する必要があります。

自分にとっては些細なことだったとしても、それが彼にとっては耐えがたい苦痛になっているということを再認識しておきましょう。

彼が別れ話をしてきた時には、悪かった点についての謝罪の言葉を伝え、反省しているということを彼に分かってもらえるようにします。

「欠点を直してくれるのであれば、やり直してもいいかな…」と彼に思ってもらえれば成功です。

彼の言葉にすぐに反論しない


別れ話の最中は、彼の一言一言に反論したい気持ちがわいてくる人が多いと思います。

特に絶対に別れたくないと思っている女性は、彼の別れ話の最中に「それは違う!」と口を挟んで、彼が別れを思いとどまるようにしたいと考えます。

しかし、別れ話をしている彼からすると、いつもそのように言いたいことを最後まで言わせてもらえないという状態に嫌気がさしているかもしれません。

女性は男性よりもコミュニケーション能力が高いので、口では男性に負けないというタイプの人が多くいます。

そういった女性は、普段から彼が話している最中に自分の意見を言って話を中断させるような会話をしていることがあるので、別れ話をしている最中も彼の話の途中で自分の意見を言いたくなってしまいます。

でも、別れ話は普段の会話とは種類が違います。

彼も別れ話をする前にたくさん悩んで勇気を出して、別れを告白していると考えると、途中で口を挟まれたり、反論されたりすると、ますますあなたのことを嫌いになってしまうでしょう。

そうならないためにも、まずは彼が自分の気持ちを最後まで言えるよう、我慢して聞き役に徹しましょう。

自分が言いたいことは後で話せばいいので、彼が何を言っているのかを聞き洩らさないよう、聞くという行為に集中してください。

真剣に話を聞いてくれていると彼が感じてくれたら、大事な話をしている時には自分の意見を尊重してくれると感じるはずです。

普段は口うるさいと感じていたとしても、ここぞという時には自分の意見を尊重してくれると分かれば、別れを思いとどまるような気持ちが芽生えるかもしれません。

どうすれば別れないでいてくれるかを彼に聞く


別れを思いとどまらせるためには、別れる原因がなくなるような改善策を考えることが大切です。

そのためには、彼自身にどうすればいいかを直接聞くことをおすすめします。

自分で改善策を考えることも非常に重要なことですが、それが本当に彼の希望と一致しているかを確認することも、同じくらい大切なことです。

彼の希望を違うことをしても、彼の気持ちを満足させることはできないので、彼自身の口からどうしてほしいのかをはっきりと聞くことで、目標を明確にすることができるようになります。

それだけでなく、彼の希望を聞くことで、彼自身にあなたが頑張って彼に合わせるための努力をしいているというアピールにもなります。

カップルはお互いの歩み寄りが大切。

彼が別れ話をするということは、既にあなたのほうに歩み寄ったけれど、これ以上は無理だと判断したためでしょう。

別れ話をされているということは、あなたが歩み寄る必要があるということです。

ここでは自分の意見を前に押し出すのではなく、できる限り彼の希望に沿うような話の流れにしましょう。

そして、彼の希望に合わせる気持ちがあるということを、彼に知ってもらう必要があります。

どうすれば別れないでいてくれるかを彼に確認する時には、ただ聞くだけでなく、どうしたら彼の希望に沿った形に変えていけるのかの具体的な話までするのがポイント。

口で悪い所を直すというのは簡単ですが、それでは彼に納得してもらえません。

彼に本気でやり直したいと思っていることを伝えるためには、彼の希望を満たすために自分がどのように変わるかまでしっかりと彼に伝えてください。

別れ話をするまで思いつめていた彼も、彼女が彼に合わせて変わってくれるということが分かれば、やり直したいと思ってくれるでしょう。

冷静に彼と話し合いをする


別れ話をする時の大事なポイントは感情的にならないことです。

感情的になってしまうと、余計に話がこじれて、やり直せる可能性が低くなってしまいます。

特に喧嘩別れのように、感情的になっている時に急に別れを切り出された時には要注意です。

喧嘩をすると今までの不満が一気に爆発して、悪い所ばかりを強く感じるようになります。

そのため、普段はそこまで目につかなかった欠点が我慢できないほどに感じられ、もうやっていけない!と感情的に別れを決めてしまうことがあります。

もし彼がそのような状態になっているのであれば、一緒になって感情的になってはいけません。

必ず、冷静に、そして時間をかけて彼の怒りが収まるのを待ちましょう。

喧嘩別れの時に忘れてはならないものは、悪いことばかり考える精神状態になっているということです。

人間はその時の精神状態によって、同じものを見ても良いと感じたり悪いと感じたりと見方が大きく変わってきます。

「彼の話が面白い」という長所も、精神状態が悪い時には「いつもしゃべりすぎてうるさい」など短所に見えてくることがあるというのは、精神状態の影響が大きいからです。

喧嘩をしている時には全てが悪く思えてしまうので、彼の気持ちの中ではあなたに最悪な感情を抱いてしまっている可能性があります。

そんな時にさらにイメージを悪くしてしまうと、二度と付き合いたくないという気持ちを持たれてしまいます。

そのため、彼が感情的に別れ話をしている時には、あなたは冷静になって彼の良い所を見つけるように心がけましょう。

そして、できれば彼の良い所を彼に言葉で伝えましょう。

別れ話をするほどに心が乱れている彼氏も、自分の良い所を言ってもらえたら、気持ちが良い方向に動きます。

「いつも面白い話をしてくれる〇〇くんが好きだよ」など、具体的に彼の良い所を褒めれば、お別れムードを変えることができるでしょう。

彼が感情的になっている時には一緒になって感情的になるのではなく、必ず冷静に状況を見るようにしてください。

そして、彼の良いところを伝えて、彼の機嫌が直るのを待ちましょう。

感情的に別れを切り出された時には、気持ちを落ち着けるだけで別れを回避できることがあります。

付き合い始めの良い思い出の話をする


別れ話をしている時には彼の気持ちの中には、嫌いになったあなたの姿しかありません。

付き合い始めの頃はお互いに好意を持っていたはずですが、その気持ちは心のどこかに消えてしまっているのでしょう。

また、別れるという状態になっているということは、付き合い始めの頃とあなたが変化している可能性が高いので、自分自身で付き合い始めた頃を思い出すことも大切。

今よりも彼のことを大事にしていた、わがままを言わなかったなど彼への気持ちがいつの間にか変化していることに気付くはずです。

まずは自分が変化したことを理解して、付き合い始めた頃の自分に戻れるかどうかを考えてみてください。

もう一度あの頃のように彼を大切にできると思えれば、「付き合い始めた頃の私に戻って、一からやり直したいと思っている」と彼に伝えましょう。

そうすれば。「最初の関係に戻れるのであれば、やり直せるかもしれない…」という気持ちを抱きやすくなります。

付き合い始めた頃の思い出話の中に、特に印象に残っているものがあれば、そのエピソードを話して彼にも付き合い始めの頃のあなたの姿を思い出してもらうと効果的です。

別れの理由ごとの話し合い方

遠距離が原因で彼に別れようと言われた場合


気持ちのすれ違いだけではなく、離れているという状況が理由となって別れを決意することもあります。

特に一緒にいることを何よりも重視するような価値観を持っていると、遠距離でなかなか会う時間が作れないというのは、関係を続けている上で大きな障害になります。

また、遠距離恋愛は始めてみないと分からないという点も重要なポイント。

今までに他の相手との遠距離恋愛経験があるから、今回も離れていても大丈夫という気持ちで遠距離恋愛を始めたら、予想外に会えない時間が辛く感じ、別れたくなるということもあるでしょう。

恋愛関係は相手によって同じ条件でも全く違った気持ちになるのが特徴です。

ましてや、一度も遠距離恋愛をしたことがない場合には、会えないことがこんなに辛いなんて知らなかったという気持ちになるかもしれません。

それくらい距離の問題は大きく、別れの原因が距離だった場合には、根本的な解決策を見つける必要があります。

可能であれば、仕事を変えたり住むところを変えたりして、彼の近くに行くという選択肢を彼に提案してみてください。

距離の問題を解決するためには、近くに行くのが一番です。

すぐに実現することが難しそうな時には、彼の近くに行く意志があるということだけでも伝えてください。

今すぐにはできないと分かっても、そこまで彼女が思ってくれるなら、もう少し頑張ろうという気持ちを彼に持ってもらえます。

または、会える頻度が増えるように、あなたが彼の住んでいる場所へ行く回数を増やすなど、行動できる解決策を示しましょう。

距離が原因の場合には、問題さえ解決できれば別れなくても済むことが多いので、諦めずに解決策を探してみてください。

わがままに疲れたと言われた場合


男性が女性の欠点に疲れたという時には、欠点を直すしか方法はないでしょう。

恋愛関係で相手に合わせて自分を変えたくないというポリシーを持つ女性もいますが、欠点を直すことは彼好みの女性になることでもありますが、あなた自身が人間としてステップアップする機会でもあります。

彼のためだけに欠点を直そうと思うと、自分が我慢してばかり…という気持ちになってしまうので、自分をより良く成長させる機会だと思って欠点を直すと彼に伝えてください。

嫌々言われたら彼もいい気はしないでしょうから、前向きに頑張るというポジティブな姿勢を見せることが重要です。

口では欠点を直すと言っても実際にそれを行動できるかどうかは別です。

欠点を直すと口で言うだけではなく、本気で直す気持ちでいると彼に分かってもらえれば、彼の別れたいという気持ちが少しは落ち着くでしょう。

欠点を直すからやり直したいという時のポイントは自分の発言に責任を持つことです。

過去に同じような理由で別れ話をされて、直すと言ったのに直さなかったという前歴がある場合には、この方法は使えなくなってしまいます。

必ず責任を持って発言するようにしましょう。

他に好きな人ができたと言われた場合


別れの原因が他に好きな人ができたから、というものである場合には、まずは自分が身を引きましょう。

他に好きな人ができたということは、あなたにはない魅力を持っている女性と出会ったということです。

ここで感情的に別れたくないと訴えたところで、彼の気持ちはまず戻ってこないでしょう。

新しく好きな女性がいると言われた時には、新しく好きになった女性の話には触れず、あなたが彼と一緒にいれて良かったことや感謝していることを彼に伝えましょう。

新しく好きになった女性に嫉妬心を抱いてしまうかもしれませんが、そこを我慢して彼とあなたの関係に集中しましょう。

そこであなたのベストな状態を彼に見てもらえれば、新しい彼女よりも良い印象を与えられるかもしれません。

すぐには別れを取り止めてくれなかったとしても、彼の心に変化が起これば、もう一度あなたとやり直したいと思ってもらえる可能性があります。

もしも、彼が新しい彼女と別れた時には、あなたのことを思い出してもう一度やり直したいと思ってもらいたいですよね。

そのためには、できるだけ良い関係を築いておくことが重要です。

将来が見えないと言われた場合


お付き合いをしている場合には、そこまで先のことを考えずに軽い感覚で付き合っているカップルと、人生を共に過ごす計画を立てているカップルの2通りがあります。

人生を共に過ごすという覚悟を決めているカップルの場合には、将来が見えないという理由で別れを切り出されることがあります。

将来を共に過ごしたいと考える場合には、ただ好きだという気持ちだけではお付き合いを続けることができません。

金銭的な感覚や、人間としての価値観、子供に対する考えなど様々な部分でも考えが一致して初めて将来を共にするイメージを持つことができます。

そのため、その女性との家庭生活がイメージできないと、好きだけれど生活を共にすることはできないという不安につながります。

恋愛関係は上手くいっていても、将来が見えないという理由で別れたいと言われたら、冷静に話し合いをしましょう。

将来の問題点に関しては、どちらか一方だけが考えて答えを出すのではなく、2人で問題を解決することが大切。

将来が見えないという理由で別れを切り出されたのだとしたら、それはあなたが彼との話し合いの機会を十分にとっていなかったことが原因です。

今まで話し合いをしたかったのにできていないのであれば、この機会に彼が将来についての話をしてきてくれるでしょう。

仕事が忙しすぎるところが不満点だった場合には、働き方をもう一度考えてみてください。

将来の予定が彼と会わないという時には、お互いが満足できる折衷案を2人で考えることを提案してみましょう。

ここで彼があなたとの未来をイメージすることができれば、別れを回避できます。

ときめかなくなったと言われた場合


恋愛関係が友達関係と違うのは、トキメキがあるかないかです。

感情の問題なので、ときめかなくなったと言われたら、できることはあまりないかもしれません。

男性は目新しい女性に好意を感じやすいので、長く付き合っているとどうしてもときめきを感じにくくなります。

できることとしては外見など見た目を大きく変えることです。

男性は女性よりも見た目で好きかどうかを決めます。

中身がタイプでも外見が好みではないと、好きにはならないこともあるので、彼好みの外見になっているかどうかを意識しておきましょう。

それだけでなく、時々は大胆にイメージチェンジをするなど彼に新鮮だと思ってもらえるよう努力することも必要です。

こういった努力をせずに、彼から別れを切りだされた時には、ときめいてもらえるよう自分が努力するということを彼に伝えてみてください。

ときめかなくなったという理由で別れを切り出された場合には、すぐに別れたいというよりも、このままの関係が続くのであれば別れたいと思っていることが多いので、頑張るということを伝えれば、彼が別れを先延ばしにしてくれる可能性があります。

外見を変えるだけではときめかない男性も多いので、外見だけでなく内面も成長していけるよう努力をしましょう。

また、彼の好みを把握しておくことも重要。

好きな芸能人や女性のタイプなどを調べて、彼の好みに近づけるようにすると、彼の気持ちを取り戻せます。

別れ話の説得が成功した例

彼の気持ちに気付いていることを話した


彼が別れ話をした時に彼女が説得をして別れずに済んだというカップルの場合には、女性が彼の気持ちを十分に理解できていたということでしょう。

彼が別れ話をしている時はやり直す最後のチャンスだと思って、全てにおいて彼を優先させて考えることが大切です。

彼が別れ話の中で最も言いたいと思っている事柄を見つけて、共感する態度で接しましょう。

この方法で別れ話を説得できる女性の特徴は、自分の意見を強く主張しないということです。

ここで「私はこう思う」と言った発言をしてしまうと、彼は受け入れられていると感じなくなってしまいます。

常に主語は彼だという気持ちで、「〇〇な気持ちになったんだね」「それだと嫌になって別れたくなっちゃうよね」と彼の気持ちを代弁すれば、彼の別れたいという気持ちを動かすことができます。

自分の言っていることが相手に伝わっているということが分かれば、彼もあなたともっと話をしたいという気持ちになりますし、別れたいと思っている自分の気持ちを聞いてもらえただけで満足するかもしれません。

彼にこの女性は味方になってくれると思ってもらえれば、別れを止めることができるでしょう。

小言を言うのをやめると宣言した


小言が多すぎると彼に別れ話をされて、小言を言うのは止めると宣言して彼を説得したカップルがいます。

この場合には、彼が望むものを素直に聞き入れたという点が大事なポイントです。

男性は自分の好きなように過ごしたいと思う人が多いので、女性から見るとだらしなかったり、もうちょっとなんとかしてほしいと思う部分が出てきますが、そこを何度も指摘されると男性は一緒にいたいと思えなくなります。

小言が多いと言われた時には、小言を言うようなことをしないでほしいと反論したくなると思いますが、このような理由の場合には彼が嫌がらないような言い方に変えるなどいくらでも対策はあります。

彼が別れたいと思うほど小言を言われることに不快感を覚えているのであれば、彼の希望通り小言を言わないようにするという解決策を出すのが最善です。

別れの原因になるような欠点は、彼にとってかなりストレスとなっているものだと考えられるので、別れたくない場合にはできる限り受け入れましょう。

時間をかけて話し合いをした


別れ話をされた時に、そこでは話をするだけでなく、きちんとお互いの意見を出し合って別れを回避できることがあります。

この時に大切なことは、情報を整理するということです。

別れ話をする時には感情的になっていて、とにかく全てが嫌だという状況に近くなっています。

このままでは建設的な話し合いはできません。

彼の気持ちをしっかりと理解して、どこを直せば再び関係を続けていけるかをポイントごとに考えるようにしてください。

例えば、喧嘩別れをする時などは、喧嘩の原因と別れの原因が連動してしまいがちです。

この場合には喧嘩の原因を解決さえすれば、別れを回避できるということです。

別れ話をされた時には、彼の気持ちと自分の気持ち、そして2人が置かれている状況などを加味して、時間をかけて話し合いをしてみてください。

別れたくないあまり…こんな別れ話や説得は逆効果

無理に別れたら恨むからね!と脅す


言うまでもないことですが、「別れたら~~するからね!」と人を脅す方法は逆効果です。

誰だって「別れたい」と言っているのに「別れたら恨む!」なんて言われたら最悪の気分になってしまいますよね。

ただ、実際の別れの場面ではこのような脅し文句が登場することが多く、それが怖くて別れを躊躇してしまう人がいるのも事実です。

「別れたら自殺する!」なんて発言をされたら、「何かあってからでは困る…」と思うと、一旦別れ話を保留にしておこうと思うのも理解できます。

こういったケースが多いせいか、脅せば別れを回避できると思っている人が一定数いるようですが、別れ自体は回避できても、彼の心はどんどんあなたから離れて行くばかりです。

とりあえず別れずに済んだというだけの話であって、彼の心を取り戻せていないことに気付かなくてはいけません。

別れずに形だけの付き合いを続けられればいいのであれば、脅しで強引に繋ぎ止める方法が有効でしょうが、ほとんどの人が形だけでなく彼の心を自分に向けたいがために脅しを使っているのだと思います。

だけど、一度でも脅しを使うと、彼の中であなたは「金輪際関係を絶対に持ちたくない女」にカテゴライズされてしまいます。

そんなことになったら、最終的にフラれた後にやり直すことは不可能。

彼女としてだけでなく人間としても関係を持ちたくないと思われるので、脅し文句で引き止める方法は使わないようにしましょう。

そんな人だと思わなかった!と責める


好きな人が離れていく恐怖に耐えきれないと、人は相手を責めてでも繋ぎ止めようとします。

その際に「そんな人だと思わなかった!本当は違うんだよね?そんな酷いこと言わないよね?」と言ってしまうと、「勝手に解釈されて迷惑!」と思われて、彼はあなたをますます嫌いになっていきます。

現実を認めたくないのは分かりますが、彼も勇気を出して別れ話をしているのだから、別れ話を否定された挙句に酷い人扱いされたらウンザリしてしまうでしょう。

優しい性格の人の場合には、このセリフを言われて「ああ、彼女が可哀想」と思ってくれて別れ話を撤回してくれるかもしれませんが、その後には罪悪感で付き合う関係になるだけ。

心の底から愛し合うカップルに戻ることはできません。

別れを回避できる可能性があるとはいえ、今後の2人のためにはならないのでおすすめできない方法です。

大泣きして何も言わない


別れ話でよくあるシチュエーションが、別れ話を聞いてショックを受けた女性が大泣きし、何も言わなくなって男性が困るパターン。

これは狙ってやっているというよりも、本当にショックを受けて涙が止まらず話ができない状況になっているだけなのかもしれません。

だけど、何も言ってくれないと男性は余計に今の状態が嫌になり「こんな女と付き合うんじゃなかった…最悪」と言った心持ちになります。

泣いているほうは自分のことしか考えられないので悲しい気分に浸っていられるでしょうが、その間にどんどん彼の心が離れて行くということを覚えておいてください。

泣くのだとしても、彼が困惑して困り果てるような事態にはならないような配慮が必要です。

具体的なポイントは2つ。

1つ目は、別れ話を了解した旨を伝えること。

2つ目は、彼がこの場を立ち去って良いという許可を与えることです。

つまり、大泣きしていたとしても「別れたいのは分かった」と別れ話を受け入れたことを伝え、「私は悲しいから、まだここにいるけど○○君は帰って良いよ」と彼に立ち去る許可を与えなくてはいけないということ。

この2点さえできていれば、彼は「別れ話に納得してくれたし、帰って良いって言ってくれたから、気が引けるけど帰ろうかな」と行動を決定づけられます。

せめて、ここまでしておけば良い印象を与えられるので、挽回できる可能性が出てきます。

泣いてばかりいるだけだと「別れ話の結論は?」「僕っていつまでここに居ればいいの?」と彼が別の部分でイライラしてしまうので気を付けてくださいね。

体の関係に持ち込んで説得する


積極的な女子だと別れ話をされた途端に抱き着いて、そのまま体の関係に持ち込み「まだ付き合ってくれるよね?」と説得する方法を使うことがあります。

実際にこの方法で何度も彼氏を繋ぎ止めてきた人がいるのも事実ですが、高確率で浮気されるのでおすすめはできません。

体の関係になれば一時的には理性が失われるので「別れないでね」と甘えられれば「あー、うん…そうだな」と返事をしてしまうのでしょうが、彼の冷めた心はそのままなのが問題です。

気持ちが冷めても体の関係を持てるのが男なので、エッチをしたからと言って、再び好きになってくれたわけではありません。

絶対にこの子から離れられない…と感じさせるようなベッドテクがあるのなら別ですが、ただ体の関係を持つだけでは説得にはならず時間稼ぎができるだけ。

体の関係を持って気持ちが復活する可能性はかなり低いでしょう。

それよりも言葉で気持ちを話し合い、別れないでやり直せないかといった話し合いをしたほうがよっぽど建設的です。

どうしても別れたくない時の裏ワザ

距離を置くという関係にすり替える


どうしても別れという選択をしたくない場合には、別れたいと言われた時に「別れる前に距離を置いてみない?」と提案してみましょう。

距離を置くというのは会わない時間を作るということで、一見別れと同じような意味を持ちますが、別れたのか距離を置いているだけなのかの違いは大きいものです。

距離を置くだけなら、やり直すという前提条件があるので、彼の気持ちを引き留めておけます。

何度も使える方法ではありませんが、どうしても…という時には使ってみてください。

相手の希望に100%合わせる


別れの原因があまりにも理不尽だったり、実現させることが困難だったりする場合にも、やってみるという選択肢を取ることで別れずに済むかもしれません。

例えば10キロ痩せて欲しいいと言われた時などは、絶対にできないという気持ちになりますが、そこで諦めてしまうと終わりです。

実現できるかどうか分からないけれど、できる限りやるという姿勢を見せることができれば、彼も別れを思いとどまってくれるでしょう。

「私にはあなたしかいない」と涙目で訴える


男心をくすぐる方法で別れをしないようにするには、涙の力を借りるというものがあります。

男性は女性から特別な存在だと思われることで、その女性を守ってあげないといけないという気持ちを抱きます。

特に「あなたしかいない」「あなたがいないと生きていけない」などの発言で男性は心が動きます。

そこにさらに涙目が加われば、やっぱりこの女性を大事にしてあげないと!と男性に思わせることができるでしょう。

普段とは違った顔を見せることとがポイントです。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「上手に話し合えば別れたくない気持ちを分かってもらえます」

占い師 ミミコ
別れ話をされた時には、関係が終わってしまった…と思うかもしれませんが、別れ話をする段階では、まだチャンスが残っています。

ここで終わってしまったと諦めてしまうと、彼の言う通りに別れることになってしまうでしょう。

最後に状況を逆転させるためには、話し合いの内容がとても重要。

彼の気持ちを尊重して、もう一度やり直したいという誠実な態度で話し合いをすれば、彼にその気持ちが届きます。

まだチャンスがあるということを忘れずに、次につながるような話をしてくださいね。

そうすれば別れずに、もう一度彼とやり直せるでしょう。

【期間限定・12月15日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー

おすすめの記事