【正義の正位置】愛情が冷めかけてきているのでは?

2020年に最高の恋愛を手に入れられる?そのコツは?

あなたが引いたカードは「正義の正位置」。

2020年に最高の恋愛を手に入れられる可能性は35%です。

正義の正位置は、公平、公正、善行、両立、安定した現実を示します。

正しく良いものというイメージのあるカードですが、恋愛にこの価値観を持ち込むと冷淡で愛情に欠けるという意味に変化します。

彼との関係が表面上は上手くいっているように見えますが、形だけの付き合いになっている恐れがあります。

喧嘩の少ない仲良しカップルとして評判が良くても、実情は言いたいことを言えずに遠慮してるだけ…という形式だけのカップルは多いものです。

最初の段階で関係を深められずに薄っぺらい関係しか築けないカップルもいれば、長く付き合っていくうちに愛情がなくなり冷たい関係になるカップルまで様々です。

あなた達も愛情が冷めてきていませんか?

この先も別れることはないんだろうな…という安定した関係なのでしょうが、幸福感を得られていないのが問題です。

彼氏という存在さえいればいいという割り切った価値観でない限り、今のままの関係を続けていてはあなたは幸せになれません。

2020年は今後の2人の関係について考える機会の多い1年になるでしょう。

思い切ってあなたから言いたいことを言ってみよう

正義の正位置を出したあなたは、彼に全てを打ち明けられていない状態。

もしかしたら、浮気をしたなど後ろめたいことがあるのではないですか?

人としてやってはいけない行為をした悪事を隠すために、必死になって正しさを追求しているのかもしれません。

もし彼に言えないことや隠していることがあるのなら、思い切ってあなたから打ち明けてみてください。

または、彼への不満があるのに、責めるのは正しくない行為だと思って遠慮していることはありませんか?

例えば、彼が太っているのが嫌なのに、容姿について指摘するのは正しい行いではない!と思って我慢してる…など。

道徳的に正しい行いをするのは大切ですが、時にはそれを破って欲求をストレートに伝えることも大切です。

特に恋愛シーンでは、きれいごとだけでは解決できない問題がたくさんあります。

嫌なものはイヤだと言ったり、私はこうしたい!という欲望を相手に言うことで関係を深めていけるので、恐れずに意志を伝えることから始めてみてください。

好きな人に正直な気持ちを言うのが怖い理由には2種類あって、1つ目は「それほど好きじゃないから面倒なことはしたくない」、2つ目は「好き過ぎて嫌われるのが怖い」です。

あなたが1つ目の理由で、彼への気持ちが冷めているのであれば、別の人を探したほうが幸せになれるでしょう。

もし2つ目の理由で、好き過ぎて言えないだけだったら、嫌われることを恐れずに思い切って意志を言葉にしてみてください。

彼の反応が悪ければ強引に意志を貫こうとせずに一旦意志を引っ込めればOKです。

ダメなのは「私はこうしたいから、あなたも従って!」と強制する行為です。

「私はこうしたい!」というだけなら彼に嫌われることはないはずですよ。

占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス「占い師 高瀬ミミコのワンポイントアドバイス」

占い師 ミミコ
正義の正位置を引いたあなたは、今「こうしなければいけない!」という強迫観念のようなものに取りつかれているのかもしれませんね。

正しさを追求すること自体は間違ってはいませんが、もっと素直になって恋愛を楽しんだほうが幸せを感じられますよ。

色々な事情があるので一概には言えませんが、「彼に言えないことがあるのは辛い…」と思っているのなら、思い切って打ち明けてみても良いと思います。

あなたが好きになった男性なのだから、あなたを受け入れてくれるはずです。

【期間限定・11月10日(日曜)迄】絶対復縁したい人以外は試さないでください。

こちらの記事を読んで頂きまして、ありがとうございます。

あなたの復縁の悩みは、少しでも解消したでしょうか?

もしも、まだ

「やっぱり不安がある…。」

「彼の本当の気持ちを知りたい…。」

「あの人は私の事を今どう思ってるの…?」

こんな感じならば、【幸せのレシピ】の占いを初回無料でプレゼントします。

雑誌やテレビでも良く特集されていますが、占いの診断結果で相手の気持ちや自分の未来が解かると、幸せになる為のヒントを知ることができます。

今日は、あなたがこの記事を読んでくれた特別な日なので、【幸せのレシピ】を初回無料でプレゼントします。

復縁成功の可能性や、絶望的な状況からの復縁方法も初回無料で復縁診断できます。

※20歳未満は利用できません。

 
あなたのモヤモヤした気持ちを相談してみませんか?

Uraraca

PR:アンドファクトリー